七五三・親子プラン お子さま1人とお母様のセット(計2点)【set19】

【プロ監修】七五三を彩るアンティーク着物!性別・年齢別レンタルガイド

はじめに

七五三は、子どもたちの成長を祝う日本の伝統行事です。この特別な日にアンティーク着物を選ぶことで、伝統の美しさと家族の絆を表現することができます。アンティーク着物は、その独特の風合いと歴史が、七五三の日をさらに印象深いものにしてくれます。

本記事では、七五三にふさわしいアンティーク着物の選び方、レンタルのメリット、写真撮影のコツ、着付けとアクセサリーの選び方、そして当日を特別にするアイデアをご紹介します。この一日を家族で楽しむための準備と知識をご紹介することで、皆さんの七五三がより思い出深いものとなれば幸いです。

七五三とは?アンティーク着物でかなえる特別な日

日本の伝統的な成長の節目を祝う行事、七五三。この行事は3歳と5歳の男の子(東日本では5歳のみなど地域差あり)、そして3歳と7歳の女の子の成長をお祝いするもので、家族の絆を深める大切な日とされています。

特に、この特別な日の衣装としてアンティーク着物を選ぶことで、この日の思い出はさらに色鮮やかで意味深いものになります。アンティーク着物は、過去の時代から受け継がれた技術と美しさを兼ね備え、着る人にとっても見る人にとっても忘れがたい印象を残してくれます。

七五三でアンティーク着物を選ぶことは、単に美しい服を着る以上の価値があります。それは、文化と伝統を次世代へとつなぐ行為であり、家族の記憶に新たなページを加えることに他なりません。

七五三の起源と現代における意義

七五三は、長い歴史を持つ日本の伝統行事です。その起源は平安時代にまでさかのぼり、当時は貴族の子どもたちが特定の年齢に達すると健康と長寿を祈願して行われた儀式が始まりとされています。

現代においても、この行事は子どもたちの成長と健康を祝う重要な日として、全国各地で広く行われています。

特に、アンティーク着物を着て神社へ参拝することは、伝統への敬意を示すと同時に、子どもたち自身のルーツとつながる貴重な機会を提供してくれます。

このように、七五三は単なる成長のお祝いにとどまらず、文化と伝統を受け継ぐ意義深い行事なのです。

なぜアンティーク着物が選ばれるのか

アンティーク着物が七五三で選ばれる理由は多岐にわたります。

第一に、その独特の美しさがあります。アンティーク着物は、時を超えた職人の技が生み出す豊かな色彩と繊細な柄で知られています。これらの着物は、見る者に強い印象を与え、写真撮影でも映えるため、七五三の記念にふさわしい選択となります。

また、アンティーク着物を選ぶことは、過去の世代から今の子どもたちへと、大切な価値観や美意識を受け継ぐ行為でもあります。これにより、家族の絆はさらに強まり、七五三の日は家族の歴史において特別な意味を持つようになります。

さらに、環境への配慮からリサイクルやサステナビリティが重視される昨今、アンティーク着物は持続可能な選択肢としても注目されています。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用の親子セットプランから、アンティーク着物からも自由に選べて大変おすすめの、「七五三・親子プランお子さま1人とお母様のセット(計2点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま1人とお母さま、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でもお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。着物はご自由にお選びいただけますし、草履・バッグ等の小物もセットになっていますので、安心してご依頼ください。ぜひ母子揃って和装で七五三のお詣りにお出掛けください。

七五三の着物の選び方

七五三では、お子さまの健やかな成長を祝うため、どのような着物を選ぶかが非常に重要です。ここでは、年齢や性別に合わせた着物の特徴と、選び方のポイントを解説します。これらの例を参考にすることで、七五三に最適な着物選びをしていただければと思います。

年齢・性別による七五三着物の特徴

七五三で着用する着物は、お子さまの年齢や性別に応じて、それぞれ異なるデザインや色彩が選ばれます。以下に、具体的な例を挙げて解説します。

  • 3歳の女の子: たとえば、明るい黄色の地に小さな桜が散りばめられ、衿元は淡いピンクで縁取られた被布セットがあります。このような着物は、春の訪れを思わせ、お子さまの明るい未来と健やかな成長を象徴しています。
  • 5歳の男の子: 例として、深い海色の地に、勇ましい鷲が翼を広げるデザインの袴セットがあります。金糸で縁取られた鷲は、お子さまがこれからも高く大きく飛躍していくことを願う家族の思いを表しています。
  • 7歳の女の子: 振袖の一例には、薄墨色の地に金と銀の糸で織りなされた雪輪と菊の柄があります。この着物は、冬の季節を思わせる落ち着いた色合いと、菊の柄で女の子のしっとりとした美しさと清楚さを演出します。また、雪輪は純粋と清潔を象徴し、7歳の女の子の新たな成長段階を祝福します。

これらの例からも分かるように、七五三で選ぶ着物は、単に美しいだけでなく、お子さまの成長や家族の願いを表現する意味合いも持ち合わせています。そのため、着物選びには、色や柄だけでなく、その背景にある文化や意味も理解することが大切です。

サイズの重要性:年齢別

七五三の着物選びにおいて、サイズは見た目の美しさだけでなく、お子さまが快適に過ごすためにも非常に重要です。ここでは、年齢別に適したサイズ選びのポイントを紹介します。

3歳の女の子

  • 被布のサイズ: 3歳の女の子が着用する被布は、着物よりもやや大きめを選ぶことが一般的です。これは、被布が着物の上から着る外衣であるため、下の着物を覆い、動きやすさを確保するためです。

5歳の男の子

  • 袴の長さ: 5歳の男の子にとって、袴の長さは特に注意すべきポイントです。足元がしっかり見え、歩きやすい長さを選ぶことで、一日中快適に過ごせます。袴はくるぶしの少し上くらいの長さが理想的とされています。

7歳の女の子

  • 振袖の丈と裾回り: 7歳の女の子が着る振袖は、お子さまの成長に合わせて、身丈や裾回りが重要になります。振袖は長い袖が特徴的で、華やかな装いを演出しますが、お子さまがつまずきにくいように、身丈を適切に選ぶ必要があります。裾回りは歩きやすさを考慮し、あまりにも広がり過ぎないサイズ感が好ましいです。

サイズ選びの際は、お子さまが着物を着用したときの全体のバランス、特に身丈や袖丈、袴の長さをチェックし、お子さまが自由に動き回れるかどうかを考慮することが大切です。

また、成長が早い時期なので、少し余裕を持たせたサイズを選ぶことも、快適に過ごすためのポイントとなります。

アンティーク着物レンタルのメリット

七五三でお子さまが着用する着物は、その日の記憶を彩る大切な要素です。特にアンティーク着物は、その美しさと伝統的な価値で注目を集めています。しかし、購入するとなると高額になることも少なくありません。

そこで、経済的な観点からも、そして利便性を考えても、レンタルの選択肢が非常に魅力的に映ります。ここでは、アンティーク着物レンタルのメリットと、セットレンタルを選択する際の注意点について解説します。

経済的な観点から見たセットレンタルの利点

アンティーク着物をレンタルする最大のメリットは、やはり経済性にあります。特にセットレンタルは、着物本体だけでなく帯や小物まで一式そろっているため、別途アクセサリーを用意する必要がなく、トータルでのコストを大幅に抑えることが可能です。

例えば、3歳の女の子の被布セットや、5歳の男の子の袴セット、7歳の女の子の振袖セットなど、年齢や性別に応じたアイテムが一括でレンタルできるため、準備の手間も省けます。

セットレンタル利用時の注意点

セットレンタルを選ぶ際には、いくつかの注意点があります。

  • サイズ感の確認: サイズの選択に細心の注意を払う必要があります。レンタル品は、事前にお子さまのサイズを正確に測定し、なるべく試着するなどして、ピッタリ合うサイズが用意されているかを確認することが重要です。
  • 品質の確認: レンタルするアイテムの品質についても、実際に手に取って確かめるか、信頼できるレンタルサービスを選ぶことが肝心です。口コミやレビュー、経験者の先輩や友人の意見を聞いてみるのもおすすめです。
  • 早めの予約: 春や秋などの人気のシーズンは予約が殺到することも考えられます。着用する日の予約状況も早めにチェックし、希望する日に利用できるかを確認しておく必要があります。

アンティーク着物をセットレンタルすることで、経済的な負担を減らしつつ、お子さまにとって一生の思い出となる七五三を迎えることができます。レンタルの利点を最大限に活かし、七五三の準備を楽しみましょう。

七五三の写真撮影で彩を添えるアンティーク着物

七五三は、子どもたちの成長を祝う特別な日であり、その記念写真は家族の宝物となります。この特別な日の撮影では、アンティーク着物がその写真をさらに特別なものにしてくれます。

この章では、写真でより美しく見せる着物の選び方と、プロに学ぶポージングやアクセサリーの選び方を紹介します。

写真でより美しく見せる着物選び

写真に美しく映えるアンティーク着物を選ぶ際には、色彩や柄が重要になります。

明るい色や華やかな柄の着物は、お子さまの明るい表情と相まって、写真を一層引き立てます。たとえば、鮮やかな赤やピンクの着物に金彩の菊や桜の柄は、伝統的な美しさを際立たせるとともに、お子さまの健やかな成長を象徴します。

また、アンティーク着物特有の繊細な色合いや柄は、温かみのある写真を作り出すのに最適です。撮影環境の光や背景とのバランスも考慮し、着物が最も映える色合いを選ぶことがポイントです。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三のご家族用着物セットプランから、「七五三・家族プランお子さま2人とご両親のセット(計4点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま2人とお母さま・お父さま、合計4着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着、お父さまは男性用着物フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

プロに学ぶポージングとアクセサリー選び

ポージングは、写真の印象を大きく左右します。

自然体でリラックスした姿勢は、子どもらしさを引き出し、温かみのある写真に仕上がります。プロのカメラマンは、お子さまが楽しみながら自然な笑顔を見せるよう、遊び心を取り入れた撮影を心がけます。

また、アンティーク着物に合わせるアクセサリー選びも大切です。例えば、髪飾りは着物の色や柄に合わせたものを選び、シンプルながらも存在感のあるものがおすすめです。足袋や草履は、着物と調和する色を選ぶことで、全体のコーディネートを完成させます。

アンティーク着物を選び、バランスの良い小物を合わせてトータルコーディネートすることで、七五三の記念写真に時代を超えた美しさを加えることが可能です。適切な着物選びと撮影の準備をすることで、お子さまの大切な成長の瞬間を、より鮮やかに残すことができるでしょう。

お子さまのための着付けとアクセサリー

七五三は、子どもたちの一大イベントであり、彼らの成長を祝う美しい日本の伝統です。この節目を華やかに彩るのが、選び抜かれた着物とその着付け、そしてアクセサリーです。

特に、アンティーク着物はその独特の風合いと歴史的価値で、七五三の写真をさらに特別なものにしてくれます。

ここでは、着物の着付けの基本から、写真映えするアクセサリーの選び方までをご紹介します。

着物の着付け:基本とコツ

着物の着付けは、見た目の美しさを左右する重要な要素です。初めての方も多いかと思いますので、基本的なポイントとコツを押さえましょう。

  • 基本の着付け: 着物は正しく着ることでその美しさが引き立ちます。着物の衿元は清潔感があるように整え、帯はお子さまの体型に合わせて締めることが大切です。特に、帯結びは着物の印象を大きく変えるため、七五三にふさわしい華やかな結び方を選びましょう。
  • お子さまに合わせた着付け: お子さまは動き回ることが多いため、着崩れにくいように工夫することが重要です。また、着付けが苦しくないように、適度なゆとりを持たせてあげることも忘れずに。

髪飾りと足袋、その他のアクセサリーの選び方

七五三において、アクセサリーはお子さまの着物姿に華を添える重要な役割を果たします。髪飾り、足袋と草履、そして扇子など、それぞれが特別な日の装いを引き立てるために選ばれます。

  • 髪飾り: 髪飾りは、お子さまの顔周りを明るくし、着物の美しさを際立たせるアクセントです。簪(かんざし)や小さな花を使った飾りは、着物の色や柄に合わせて選びましょう。ただし、お子さまが過度な重さを感じないよう、サイズや重さにも注意が必要です。
  • 足袋と草履: 足袋は、着物の色に合わせた白やクリーム色が選ばれます。草履は、着物や帯の色に合わせて選ぶことで、全体の調和が生まれます。
  • 扇子の使用と携帯方法: 七五三での扇子は、主に装飾品としての役割を持ちます。特に女の子の場合、扇子は帯の前である帯締めの下や、帯の結び目に差し込むことが一般的です。これにより、扇子が着物姿のアクセントとなり、さらに華やかさを加えます。しかし、小さなお子さまが扱う場合には安全に配慮し、簡単に取り出せるようにすることも大切です。
  • その他のアクセサリー: 小さなバッグや、特別な日にふさわしい美しいデザインの扇子は、着物姿をさらに特別なものにします。これらのアクセサリーも、全体のコーディネートに合わせて慎重に選びましょう。

七五三では、これらのアクセサリーを通じてお子さまの着物姿を一層美しく見せることができます。髪飾りから足袋、草履、扇子に至るまで、細部にわたる選び方が七五三の装いを完璧にします。このようにして、七五三は家族にとって忘れられない記念日となるでしょう。

七五三の当日をより特別にするアイデア

七五三は、家族が子どもの成長を祝い、さらなる健やかな成長を願う日です。この日をさらに際立たせ、忘れがたい記念にするため、アンティーク着物を身に纏い、手作りのアイテムでその瞬間を彩ってみてはいかがでしょうか。

特に、千歳飴袋とつまみ細工は、親子で作ることにより、より絆を深め、七五三の準備を一層楽しむことができるアイディアです。以下に、これらのアイテムを作る方法をご紹介します。

千歳飴袋の作り方

千歳飴袋は、七五三で子どもたちへ贈られる、幸せと健康を願う象徴的なプレゼントです。オリジナルの飴袋を作ることで、この伝統に親子の個性を加えることができます。

必要な材料

  • 和紙または好みの布
  • 装飾用のリボンやレース
  • 接着剤または縫製用具
  • カラフルなペンやスタンプ(名前や日付の記入用)

作成手順

  1. 布または和紙の準備: 選んだ素材を千歳飴が収まるサイズに切ります。アンティーク着物に合わせて、伝統的な柄や色を選ぶと良いでしょう。
  2. 袋の形成: 素材を袋状に折り、縁を接着剤または縫い付けて固定します。この時、開口部を飾るために余分に素材を残しておきましょう。
  3. 装飾: リボンやレースを袋の開口部につけ、お子さまの名前や七五三の日付を記入します。家族でデザインを考えることで、より思い出深いものになります。

つまみ細工を親子で作る

つまみ細工は、布を折りたたんで花や装飾品を作る日本の伝統工芸です。親子で一緒に作業することで、お子さまの細かい作業への集中力や、家族との協働の大切さを学ぶことができます。

必要な材料

  • 色とりどりの布片
  • 接着剤または縫製用具
  • 髪飾りやブローチのベース

作成手順

  1. 布のカット: 選んだ布を小さな正方形に切ります。色や柄は、アンティーク着物に合わせると統一感が出ます。
  2. つまみ細工の形成: 布片を特定の方法で折り、ピンセットでつまんで花びらや葉の形にします。この工程は、細やかな作業ですが、親子で協力することで楽しみながら完成させることができます。
  3. 組み立てと完成: つまみ細工で作ったパーツを組み合わせて、花やアクセサリーの形にします。最後に、これらを髪飾りやブローチのベースに接着または縫い付けて完成です。

これらの作業を通じて、七五三の準備はただの事前準備ではなく、家族が共に過ごす貴重な絆を深める時間となります。アンティーク着物をさらに引き立てるこれらの手作りアイテムで、お子さまの特別な日をより華やかに、そして思い出深いものにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事を通じて、七五三の祝いを深く理解し、豊かに彩る方法を紹介しました。アンティーク着物の選定、着付けのコツ、レンタルのメリット、写真撮影のアドバイス、そして子ども向けアクセサリーの選び方まで、七五三を特別な記念日にするための幅広いヒントを提供しました。

また、家族で作る千歳飴袋やつまみ細工といった活動を通して、親子の絆を深める楽しい瞬間を作り出す提案もしました。これらのアイデアが、七五三の日をさらに思い出深く、心温まるものにする助けとなれば幸いです。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail01.html
https://insrave.co.jp/kimono/antique/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/465/
https://www.happilyphoto.jp/column/269739/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-howto/
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail104.html
https://magazine.hoket.net/chitose-candy/
https://craftie.jp/style/article/13823
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail32.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

消炭色に若松と丸紋の色留袖【tom16】

【着物のプロ監修】結婚式に叔母として参列|服装選び・着方完全ガイド

はじめに 結婚式に招待されると、何を着て行くかは大きな問題になりますが、特に叔母として出席する場合、その選択はさらに重要になります。 叔母として結婚式に参列する場合、一般的に第一選択となる留袖は、結婚式などのフォーマルな […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!