枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式【utk06】

【2024年最新版】打掛の色と選び方!結婚式で輝く和装衣装の秘訣

はじめに

結婚式という人生の大イベントを迎えるにあたり、花嫁の衣装選びというのは、とても大切な瞬間の一つです。中でも、和装結婚式において高い人気を博しているのが「打掛」です。この美しい伝統衣装は、結婚式における花嫁の姿を一層引き立て、記憶に残る美しさを約束してくれます。

しかし、打掛選びは、多くの選択肢があるため、どのようにして最適な一着を見つけるかが問題となります。この章では、打掛の意味と重要性、そして結婚式での衣装選びの基本について、やさしく解説していきます。

打掛とは?結婚式での意味と重要性

打掛は、結婚式における花嫁の和装の上に羽織る外套です。伝統的には、白無垢や色打掛など、さまざまな色やデザインがあり、それぞれが持つ意味や歴史が深く関わっています。

たとえば、白無垢はほぼ全ての色が白ベースのもので統一されており、白という純潔を象徴する色を以って、新たな人生の始まりを祝福する意味が込められています。

一方、色打掛は、白以外のさまざまな色や柄の組み合わせで、より豪華で華やかな印象を与えます。その色柄には幸福や豊かさを願う意味が込められており、花や鶴などの吉祥文様が施されることが多いです。

和装結婚式において打掛を着用することは、単に美しい伝統に従うだけではなく、花嫁自身の願いや家族の願いを表現する重要な行為です。

打掛選びは、結婚式のテーマや会場の雰囲気、花嫁の個性や願いを反映させることができるため、じっくりと時間をかける価値があります。

結婚式で着る衣装の選び方

結婚式での衣装選びは、花嫁の個性と結婚式のスタイルを反映する大切なプロセスです。和装の中でも打掛を選ぶ際には、まず自分がどのような雰囲気の結婚式を望んでいるのかを明確にすることが重要です。

神前式などの伝統的な式を希望するなら、白無垢や赤を基調とした色打掛が適しています。一方、もっとカジュアルやモダンな式を考えているなら、さまざまな色やデザインがある色打掛から選ぶのが良いでしょう。

衣装を選ぶ際には、自分の体型や好みのスタイルを考慮することも大切です。打掛は、着る人の体型によって印象が大きく変わるため、試着を重ね、自分に最も似合うスタイルを見つけることが重要です。

また、結婚式の会場やテーマに合わせて、衣装の色やデザインを選ぶことで、全体の調和を保ちながら、個性を表現することができます。

和装結婚式での衣装選びは、花嫁の美しさと幸せを最大限に引き出すための大切なステップです。打掛選びを通じて、自分だけの特別な一日を彩る衣装を見つけましょう。

打掛の色とその意味

結婚式における打掛の選択は、単に美しさを追求するだけではなく、色が持つ意味や文化的背景を理解することから始まります。

和装における色の選択は、花嫁の願いや式の雰囲気を表現する重要な手段です。この章では、打掛を選ぶ際に考慮すべき色の意味と、色別の打掛の魅力について掘り下げていきます。

何色の打掛を選ぶべきか

結婚式で着用する打掛の色は、色の持つ意味などを考慮して慎重に選ぶようにするといいでしょう。

例えば、白無垢は純潔や新しい始まりを象徴し、過去から現在に至るまで伝統的な挙式を含め、多くの結婚式で選ばれてきました。しかし、最近では、個性を表現したい花嫁たちによって、色打掛が選ばれることが増えてきました。

色打掛の中でも特に人気なのは赤です。赤は情熱や幸福を象徴し、花嫁に華やかさと暖かみを与えます。

色選びの際には、結婚式のテーマや季節、そして最も大切なのは花嫁の個性や好みを考慮することが重要です。例えば、春の結婚式には花をモチーフにしたピンクや淡い色の打掛が、秋の結婚式には紅葉をイメージさせる赤やオレンジが適しています。

また、会場の装飾や雰囲気に合わせて色を選ぶことも、結婚式全体の調和を考える上で大切です。

色打掛の魅力と選び方

打掛の色にはそれぞれ異なる魅力と意味があります。白無垢は、その純白さで新たな人生のスタートを象徴し、伝統的な和装の美しさを際立たせます。

一方、赤打掛は、花嫁をより一層引き立て、結婚式に華やかさを加えます。赤以外にも、青や緑、ピンクなど、さまざまな色の打掛があり、それぞれが異なる雰囲気やメッセージを持っています。

色打掛を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  • 花嫁の個性と好み:自分自身がどの色を身につけることで最も美しく、自信を持てるかを考えます。
  • 結婚式のテーマと季節:式の雰囲気や季節に合わせた色を選ぶことで、結婚式全体の調和を高めます。
  • 色の意味:色が持つ文化的な意味や象徴を理解し、自分たちの願いやメッセージを色に込めます。

例えば、春の結婚式で新しい始まりを象徴するためには、桜の花びらをイメージしたピンクの色打掛が適しているかもしれません。また、秋には豊かな収穫を象徴する金やオレンジが適しています。

色とデザインの選択によって、花嫁の個性や結婚式のテーマをより深く反映させることができます。

和装での結婚式は、日本の美しい伝統と文化を象徴しています。打掛の色選びは、その伝統に新たな息吹を吹き込む花嫁の個性と願いを表現する機会です。自分にとって意味のある色を選び、忘れられない結婚式を創り上げましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている色打掛から、「枝垂桜とオシドリ総刺繍の色打掛一式」をご紹介します。

こちらは、相良刺繍と、中国の蘇州刺繍で総刺繍された、アンティーク色打掛一式です。裾は赤い紅絹でふっくらと仕立てられ、高貴さが一層増しています。総手刺繍で描き出されたのは、枝垂桜とオシドリです。

満開で枝垂れる桜と、桜が舞い落ちる波間で泳ぐ、かわいらしい表情のオシドリが描かれています。赤・オレンジ・ピンクの暖色の中に、緑や青の寒色が効いている、豪華な色打掛です。

打掛の素材とその特性

結婚式の打掛を選ぶ際には、色やデザインだけでなく、素材も非常に重要な要素です。素材によって打掛の雰囲気、着心地、そして式全体の印象が大きく変わります。

この章では、特に人気のある素材である「正絹」に焦点を当て、特性と結婚式における印象の違いについて解説します。

正絹打掛

和装の世界において、正絹はその最高峰とされる素材です。正絹打掛は、光沢感、しなやかな質感、そして豊かな色彩が特徴で、伝統的な結婚式にふさわしい格式高い雰囲気を演出します。

正絹の最大の魅力は、その独特の光沢と深みです。光の当たり方によって表情を変える正絹は、結婚式の写真やビデオでも特に美しく映り、花嫁を一層輝かせてくれます。

素材が結婚式の印象に与える影響

打掛の素材選びは、結婚式の雰囲気を左右する重要な要素です。正絹の打掛は、その豪華さと伝統的な美しさで、結婚式に厳かな雰囲気をもたらします。特に、伝統的な神社での式や格式高い結婚式には、正絹の打掛がよく選ばれます。

正絹は、光の反射によって生まれる独特の深みがあり、式場の照明の下で特に美しく見えるため、写真やビデオでの記録にも最適です。

素材によって結婚式の雰囲気は大きく変わるので、自分の結婚式のスタイルや季節、そして何よりも自分が最も美しく感じる素材を選ぶことが大切です。素材選びによって、結婚式はより一層特別なものになります。

打掛の価格と費用の目安

結婚式を計画する際には、衣装選びが大きな役割を占めます。特に和装を選ぶ場合、打掛の選択は結婚式のスタイルを大きく左右する要素です。しかし、多くの方が気になるのは、打掛を着用するためにかかる費用の相場でしょう。

この章では、結婚式での打掛の費用の実態と、高品質な打掛を選ぶ際のポイントについて詳しく見ていきます。

結婚式での打掛の費用の実態

打掛の価格は、その素材、デザイン、製法によって大きく異なります。一般的に、正絹の打掛は最も価格が高く、その豊かな光沢と繊細な刺繍が価格を左右します。

市場では、シンプルなデザインのものから、手の込んだ刺繍や特別な染め技法を用いた高級品まで、幅広い選択肢があります。購入する場合の価格は数十万円から、特に豪華なものでは数百万円にも及ぶことがあります。

レンタルの場合、費用は購入に比べて抑えられますが、デザインや色、サイズの選択肢に限りがある場合もあります。レンタルの打掛の平均的な価格は十数万円から、高級品になると数十万円程度が一般的です。レンタルでも、結婚式のスタイルや個人の好みに合わせた美しい打掛を選ぶことが大切です。

高品質な打掛を選ぶポイント

高品質な打掛を選ぶ際には、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 素材の品質:絹や正絹など、素材にこだわり、その質感や光沢を実際に確認することが大切です。
  • 製法とデザイン:手縫いの刺繍や伝統的な染め技法が用いられているかどうかも価格に影響します。また、デザインの繊細さや独創性も重要な判断基準です。
  • 着心地:高品質な打掛は見た目の美しさだけでなく、着心地の良さも重要です。特に長時間着用する結婚式では、快適さが保たれるかどうかを確認しましょう。
  • オーダーメイドの選択:予算が許すならば、オーダーメイドで一から打掛を作成することも選択肢の一つです。完全にオリジナルの打掛を作ることで、自分だけの特別な一着を手に入れることができます。

打掛の価格は、結婚式の予算計画において重要な割合を占めるため、事前にしっかりと情報を集め、検討することが大切です。また、高価な打掛を選ぶ場合でも、その価値を十分に理解し、納得のいく選択をすることが、結婚式をより特別なものにする鍵となります。

高品質な打掛を選ぶことで、結婚式の思い出をより美しく、長く大切にすることができるでしょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている打掛から、「立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」をご紹介します。

こちらの打掛は、立涌紋様、花丸紋、桐が織り込まれた白い絹地の上に、金色で立涌があしらわれ、桜、梅、紅葉、桔梗、菊、桐などの花々が手描きされています。背中に回ると、御所車、檜扇、つづら、宝尽くし、鼓が手刺繍で施してあります。もう作る人がいないかもしれないほど見事な打掛です。

打掛と小物の合わせ方

結婚式において、打掛だけでなく、それに合わせる小物選びも非常に重要です。適切に選ばれた小物は、打掛の美しさを引き立てるだけでなく、花嫁の個性を表現するのにも役立ちます。

この章では、結婚式での打掛スタイルを格上げする小物の選び方と、小物と打掛の色の調和について掘り下げていきます。

結婚式での打掛スタイルを格上げする小物選び

和装における小物選びは、打掛の魅力を最大限に引き出し、全体の印象を統一させるために重要な役割を果たします。以下は、結婚式での打掛スタイルを格上げするための主要な小物です。

  • 伊達衿:着物を重ね着しているように見せる衿で、打掛の胸元をより華やかに演出してくれます。全体のアクセントとなる効果もあります。
  • 筥迫(はこせこ):江戸時代のいわゆる化粧ポーチで実用を兼ねた装身具。小さな巾着と飾り房がついており、色や素材も多種多様で、装いに豪華さをプラスしてくれます。
  • 髪飾り:花嫁の髪型を美しく飾る髪飾りは、和装に華やかさを加える重要な要素です。生花やかんざしを使って、打掛と調和するスタイルを選びましょう。

これらの小物を選ぶ際には、打掛の色やデザイン、結婚式のテーマに合わせて、全体のバランスを考慮することが大切です。

また、小物一つひとつにこだわりを持つことで、より個性的で記憶に残る和装スタイルを完成させることができます。

小物と打掛の色の調和

打掛と小物の色の調和は、和装の美しさを際立たせる上で非常に重要です。色の調和に成功すると、結婚式の装いが一層洗練された印象になります。以下は、色の調和を図るためのポイントです。

  • 色のトーンを揃える:打掛が白無垢であれば、小物も白や淡い色で統一することが一般的です。色打掛の場合は、打掛の主色やアクセントカラーに合わせた小物を選びます。
  • アクセントカラーを活用する:全体の色合いを統一しつつ、伊達衿や髪飾りでアクセントカラーを取り入れることで、和装に深みと魅力を加えることができます。
  • 季節感を考慮する:結婚式の季節に合わせて、小物の色や素材を選ぶことも重要です。春夏は明るく軽やかな色や素材を、秋冬は深みのある色や温かみのある素材を選びましょう。

打掛と小物の色の調和に成功すると、結婚式の和装が一層美しく映え、花嫁の魅力を最大限に引き出すことができます。

打掛と小物を選ぶ際には、全体のバランスと調和を常に意識しながら、自分らしいスタイルを追求しましょう。

打掛を着る方法と準備

結婚式の和装選びにおいて、打掛は花嫁の装いを華やかにする主役の一つです。打掛を美しく着こなすためには、適切な準備と着方を知っておくことが重要です。

この章では、打掛の着こなし方とその準備、さらに打掛に合わせた髪型選びのポイントについて解説します。

打掛の着こなし方とポイント

打掛を着る際には、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 下着の準備:和装の下着は、打掛の着心地と見栄えに直結します。体型に合った補正下着を選び、打掛が美しく見えるように準備しましょう。
  • 着付けの基本:打掛を着る前に、適切な着付けを行うことが重要です。着付け師に依頼するか、事前に着付けのレッスンを受けておくと良いでしょう。
  • 小物の配置:帯締めや帯揚げ、重ね衿などの小物は、打掛の雰囲気を左右します。打掛との色の調和を考えつつ、バランス良く配置しましょう。

髪型と打掛の相性

打掛に合わせる髪型は、全体の和装スタイルを決定づける要素の一つです。以下は、打掛に合わせた髪型選びのポイントです。

  • 和装に合った髪型:一般的に、打掛には伝統的な日本髪や、洋髪と和装の要素を融合させたモダンなアップスタイルがよく合います。
  • 髪飾りの選択:髪型に合わせて髪飾りを選ぶ際には、打掛の色やデザインとの調和を考えましょう。控えめながらも存在感のある髪飾りが、和装を引き立てます。
  • リハーサル:結婚式当日に慌てないように、事前に美容師と打掛に合わせたヘアスタイルのリハーサルを行うことをおすすめします。

打掛を着る準備と、それに合わせた髪型の選び方には、多くのポイントがあります。和装に慣れていない方も多いため、事前の準備と練習を怠らず、プロのアドバイスを積極的に取り入れることが成功の秘訣です。打掛を美しく着こなし、理想的な結婚式のスタイルを実現しましょう。

前撮りやフォトウェディングと打掛

最近では結婚式を挙げずに、フォトウェディングのみを選択するカップルも珍しくありません。また、結婚式とは別に行う前撮りも結婚式前の人気のイベントです。

この特別な日に着る打掛選びは、写真として一生残る記念となるため、特に注意を払うべきポイントがあります。

ここでは、前撮りやフォトウェディングでの打掛選びと、フォトウェディングプランとの組み合わせについて解説します。

前撮りやフォトウェディングでの打掛選び

前撮りやフォトウェディングでの打掛選びでは、以下のポイントを考慮することが大切です。

  • 光の条件と打掛の色:屋外や自然光の下での撮影では、打掛の色や素材が異なる光の反射を見せます。明るい色や光沢のある素材は、自然光の下で特に美しく映ります
  • 背景との調和:撮影場所の背景と打掛の色やデザインが調和することで、より印象的な写真を残すことができます。撮影場所を事前に決め、それに合わせた打掛を選びましょう。
  • デザインの特徴:フォトウェディングは、細部までこだわった撮影が可能です。特に美しい刺繍や独特のデザインが特徴の打掛は、写真でその魅力を存分に表現できます。

フォトウェディングプランとの組み合わせ

フォトウェディングプランを選ぶ際には、以下の要素を検討することが重要です。

  • 撮影スタイル:カジュアルからフォーマルまで、撮影スタイルに合わせた打掛を選ぶことが大切です。プランに含まれる撮影スタイルを確認し、それに合った打掛を選びましょう。
  • プランに含まれるアイテム:多くのフォトウェディングプランでは、打掛以外にも小物やアクセサリーが含まれています。プランの内容を事前に確認し、必要なアイテムを整えましょう。
  • 撮影場所との相性:選んだフォトウェディングプランが提供する撮影場所と、打掛のスタイルが合っているかを考えることも重要です。自然の中での撮影なら、自然光に映える素材や色の打掛を選びましょう。

フォトウェディングと打掛の組み合わせは、結婚式の記憶を美しく残すための重要な選択です。打掛選びからプランの選定まで、細部にわたり慎重に検討し、二人の特別な日を最高の形で残しましょう。

まとめ

結婚式における打掛選びとその活用は、花嫁の装いを決定づけ、特別な日をさらに美しく彩る要素です。この記事を通じて、打掛の選び方から、色や素材、小物との調和、そしてフォトウェディングでの活用方法に至るまで、多岐にわたるポイントを解説してきました。

ここでは、打掛選びで最も大切なことと、結婚式をすてきにするための打掛活用術を再確認します。

打掛選びで最も大切なこと

打掛選びで最も心に留めておきたいのは、自分自身との調和です。和装の美しさは、着る人の個性との調和から生まれます。色やデザイン、素材選びにおいて、自分が本当に心から美しいと感じるものを選ぶこと。

また、結婚式のテーマや季節、会場との調和も重要ですが、最終的には花嫁自身が着ることに満足し、自信を持てる打掛を選ぶことが何よりも大切です。

すてきな結婚式にするための打掛活用術

打掛を結婚式ですてきに活用するためには、小物使いや髪型の工夫が欠かせません。打掛と調和する小物選びによって、より洗練された和装スタイルを完成させます。

また、打掛と髪型の相性を考え、和装にふさわしい華やかなヘアスタイルを選ぶことで、トータルでの美しさを引き出すことができます。前撮りを含めた事前の準備を丁寧に行うことで、結婚式の思い出をより美しく、鮮明に残すことが可能です。

打掛選びから結婚式当日のスタイリングまで、心に留めておくべきポイントを活かし、忘れられない一日を創り上げてください。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/summer-kimono/summer-kimono-ro-sya/
https://kaede-abito.com/blog/utikake-sikumi/
https://news.yumeyakimono.jp/news/23269
https://news.yumeyakimono.jp/news/14421
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/uchikake/
https://matunomidori.work/1169.html
https://propose-to.me/color-shot
http://www.studio-quon.net/shirouchikake/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

小物イメージ

【結婚式】お呼ばれした際の着物の選び方と、和装レンタル利用の流れ

はじめに 結婚式という特別な日にお呼ばれされることは、とてもうれしいことですよね。そんな時、華やかな装いで参列したいと考える方も多いでしょう。特に日本の伝統的な美しさを表現できる着物は、結婚式でのゲストの服装として非常に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!