【着物のプロ監修】憧れの黒引き振袖 後悔しないレンタル方法を伝授

【着物のプロ監修】憧れの黒引き振袖 後悔しないレンタル方法を伝授

はじめに

黒引き振袖は、結婚式や披露宴などの婚礼衣装として人気が高い和装の一つです。その深みのある黒色と美しい柄行きは、花嫁の魅力を引き立て、格式高い雰囲気を演出してくれます。しかし、着物に馴染みのない方にとっては、黒引き振袖の魅力や特徴、選び方などが分からないこともあるでしょう。そこで、この記事では、黒引き振袖について着物初心者の方にも分かりやすく解説していきます。黒引き振袖の魅力や歴史着こなし方など、黒引き振袖を選ぶ際に知っておきたい情報を詳しく紹介します。

黒引き振袖の魅力 - 和装美の真髄に迫る

黒引き振袖は、その名の通り黒地に美しい柄が施された振袖のことを指します。黒色は引き締まった印象を与え、花嫁の美しさを際立たせてくれます。また、黒地に映える色鮮やかな柄は、和装ならではの美しさを表現しています。ここでは、黒引き振袖の魅力について、具体的な特徴とともに詳しく見ていきましょう。

黒引き振袖とは?定義と特徴を徹底解説

引き振袖は、振袖の中でも特別に袖が長く、おはしょりを作らずに着るため裾を引きずる優雅な様からそう呼ばれています。黒地は花嫁衣装としての格式の高さを表し、柄には吉祥文様が用いられることが多いのが特徴です。吉祥文様とは、めでたい意味を持つ文様のことで、例えば、松竹梅、鶴や亀、御所車などが代表的です。これらの文様には、長寿や子孫繁栄、夫婦円満など、めでたい意味が込められています。

黒引き振袖の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 長い袖と引きずる様に着付ける裾
  • 黒地に金銀の糸や色糸で柄が織り込まれている
  • 吉祥文様が用いられることが多い(松竹梅、鶴や亀、御所車など)

ここでアンティークきものレンタルゆめやから古典柄が素敵な引き振袖をご紹介します。「扇に御所車の手描き友禅五つ紋付黒引き振袖」黒地にカラフルな手書き友禅の引き振袖。御所車や扇など古典柄を中心に牡丹や梅のお花が描かれています。御所車は花嫁さまを運ぶ車ですので、結婚式にはぴったりのお着物です。

なぜ黒引き振袖が選ばれるのか - 人気の理由

黒引き振袖が婚礼衣装として人気が高い理由は、何と言ってもその格式高い印象にあります。引き振袖の中でも特に黒は格が高いとされており、結婚式の中でも神前式や仏前式など、伝統的な挙式スタイルとの相性が良いと言われています。格式高い和装姿は、厳かな雰囲気にマッチし、より一層引き立つでしょう。また、式後の披露宴や写真撮影の際にも、黒引き振袖は映えること間違いなしです。また、花嫁衣装の中では柄付けが染めを中心としているため、比較的軽量であるという点も好まれる理由です。

黒引き振袖が選ばれる主な理由は、以下のようにまとめられます。

  • 格式高い印象を与えてくれる
  • 花嫁の美しさを引き立ててくれる
  • 神前式や仏前式など、伝統的な挙式スタイルとの相性が良い
  • 披露宴や写真撮影の際にも映える
  • 軽量なため着やすい

黒引き振袖の歴史 - 時代とともに進化する和の美

黒引き振袖の歴史は意外と古く、江戸時代にまで遡ります。時代とともに変化を遂げながらも、黒引き振袖は常に花嫁衣装として愛され続けてきました。「昔の黒引き振袖ってどんなだったの?」「現代の黒引き振袖の特徴は?」そんな疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、黒引き振袖の歴史について、その起源から現代までを詳しく見ていきましょう。

黒引き振袖の起源と変遷 - 古典から現代まで

黒引き振袖の起源は、江戸時代後期の武家の婚礼衣装にあると言われています。当時の武家の婚礼では、黒地の振袖が花嫁衣装として着用されていました。この黒地の振袖が、現代の黒引き振袖の原型と考えられています。江戸時代の黒引き振袖は、武家ならではの格式高さを感じさせる、シンプルかつ品格のあるデザインだったそうです。

明治時代以降、黒引き振袖は武家だけでなく、一般の人々にも広まっていきます。大正時代から昭和初期にかけて、黒引き振袖が婚礼衣装の主流となり、多くの花嫁たちに愛用されました。華やかな吉祥柄は、まさに女性たちの憧れでした。しかし、太平洋戦争により庶民の贅沢は禁止されたこともあり、質素なデザインとなっていきます。

その後迎えた戦後、黒引き振袖は一気に廃れます。高度経済成長により、予想外に庶民が裕福になっていったため、豪華な結婚式にシフトしていったためです。また、この時代は貸衣装が普及したことも影響して、黒引き振袖よりも高価な白無垢色打掛がブームとなったのです。

そんな絶滅しかけた黒引き振袖が現代に復活したのは、近年の地味婚ブームによるものです。身近な間柄だけで、過剰な演出を避けた身の丈に合った結婚式に黒引き振袖はとても都合が良かったのです。

モダンな引き振袖のスタイルとデザイン

近年では、伝統的な黒引き振袖のスタイルを守りつつも、現代的なセンスを取り入れたモダンな黒引き振袖が人気を集めています。「古典的な雰囲気も大切にしたいけど、今っぽさも欲しい!」そんな花嫁さんの願いを叶える、新しい黒引き振袖のスタイルが注目されているんです。

その特徴は、次のようなところに見られます。

  • アンティーク調の柄や色合い
    アンティークの着物からインスピレーションを得た、深みのある色柄が使われています。古典的な雰囲気と現代的なセンスが融合した、新しい黒引き振袖のスタイルです。まるで大正ロマンを感じさせるような、ノスタルジックな魅力がありますね。
  • 大胆な柄や配色
    伝統的な柄行きにとらわれず、大胆な柄や配色を取り入れた黒引き振袖も登場しています。個性的でありながら、品格ある雰囲気を醸し出すデザインが特徴です。「周りの花嫁さんとは一味違う、個性的な黒引き振袖が着たい!」そんな方におすすめのスタイルです。
  • 現代的なモチーフの使用
    吉祥文様だけでなく、洋花や幾何学模様など、現代的なモチーフを取り入れた黒引き振袖も人気です。モダンな印象を与えつつ、和装の美しさを損なわないデザインが魅力です。「和装でありながら、今っぽさも感じられる黒引き振袖が理想!」という花嫁さんに人気のスタイルですね。
  • スタイリッシュな着付けと小物
    着付けや小物にも工夫を凝らし、スタイリッシュな印象を与えるコーディネートが注目されています。例えば、シンプルな帯結びや、洋風の髪飾りを取り入れるなど、現代的なセンスを感じさせるスタイリングも見受けられます。トータルコーディネートで、モダンな黒引き振袖スタイルを完成させるのがおすすめです。

ここでは、アンティークな雰囲気の黒引き振袖をご紹介しましょう。「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒引き振袖」黒地に落ち着いたブルーや赤の鹿の子模様ですので、全体的に落ち着いた印象になります。小さい柄が中心ですので、繊細で上品な黒引き振袖です。

これらのモダンな黒引き振袖は、伝統的な美しさを残しつつ、今の時代にマッチしたデザインが特徴です。花嫁の個性や好みに合わせて、様々なスタイルの黒引き振袖が選べるようになったのは、現代ならではの魅力と言えるでしょう。

黒引き振袖の柄 - 豊富なバリエーションを知る

黒引き振袖に用いられる柄や文様、デザインには豊富なバリエーションがあります。せっかく黒引き振袖を選ぶなら、自分らしい一着を見つけたいですよね。でも、種類が多すぎて迷ってしまう、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは、黒引き振袖の柄について、詳しく解説していきます。

黒引き振袖の柄の種類と選び方のポイント

着物で用いられる柄は大きく古典柄モダン柄の二種類に分けられます。ただ、古典柄の中にも複数種類があります。

  • 四君子文様
    古代中国で縁起が良いとされてきた文様で、蘭、竹、菊、梅の4種を使った気品高い柄です。
  • 有職文様
    平安時代の学者などに愛用されていた文様です。
    3.吉祥文様
    日本で古くから縁起が良いとされてきた柄です。

対して、モダン柄は幾何学的な模様や洋花など既存の和柄では取り扱われなかった柄の総称です。

人気の黒引き振袖の柄と文様の意味を解き明かす

様々な文様があることが分かったと思いますが、特に和柄であればそこに様々な意味合いが込められています。ここではその一部を見ていきたいと思います。

  • 松竹梅
    松は永久、竹は繁栄、梅は忠実を表す吉祥文様です。この3つの文様が揃うことで、めでたい意味合いが強調されます。

  • 鶴は、千年の寿命を持つと言われ、長寿と繁栄の象徴とされています。夫婦円満の意味合いもあり、婚礼衣装にふさわしい文様と言えます。
  • 扇面
    扇面は、末広がりを表し、将来への発展や拡大を意味します。また、祝いの席で欠かせない縁起物としても知られています。
  • 御所車
    御所車は、高貴な人が乗る馬車を表した文様で、身分の高さや権威を象徴します。花嫁の高貴な美しさを表現するのにふさわしい文様です。
  • 青海波
    青海波は、穏やかな波を表した文様で、平和や安らぎを意味します。結婚式の衣装としても人気が高い文様の一つです。

ここで、ゆめやの着物の中から「梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖」をご紹介しましょう。全体的に梅の赤が目を引く黒引き振袖ですね。黒に赤というのは、メリハリもあり豪華さが増します。帯揚げ・帯締め・抱帯も赤にすることでまとまりが出ます。

これらの吉祥文様は、黒引き振袖の柄に美しく織り込まれ、花嫁の晴れの日を彩ります。文様の意味を知ることで、黒引き振袖選びがより一層楽しくなるはずです。

黒引き振袖のレンタル - 賢く着物を楽しむ方法とは

黒引き振袖を購入すると、かなりの費用がかかってしまいます。でも、一生に一度の晴れ舞台に、憧れの黒引き振袖を着たい!そんな花嫁さんにおすすめなのが、黒引き振袖のレンタルです。ここでは、黒引き振袖のレンタルについて、メリットや注意点選び方のコツを詳しく解説します。賢く着物を楽しむ方法を知って、思い出に残る黒引き振袖姿を実現しましょう!

黒引き振袖レンタルのメリットと注意点を解説

黒引き振袖のレンタルには、購入するのとは違ったメリットがあります。まず、何と言っても費用が抑えられること。黒引き振袖を購入する場合、衣装だけで100万円以上かかることもありますが、レンタルなら10万円〜20万円程度で済みます。「高すぎて手が出ない…」と諦めていた花嫁さんも、レンタルなら夢の黒引き振袖が身近になるはず。

また、自宅での保管スペースが不要なのも大きなメリット。結婚式で一度着用したら、クリーニングして返却するだけなので、場所を取らずに済みます。「部屋が狭いから、大切な衣装を保管するのが心配…」というお嫁さんにも、レンタルはおすすめです。

でも、レンタルにはデメリットもあるんです。例えば、自分のサイズに合った黒引き振袖が見つからないことがあります。レンタル衣装は、基本的に標準サイズしか用意されていないので、体型によっては着心地が悪かったり、フィット感に欠けたりすることも。ただ、洋服と違い着物は体型に左右されづらい特徴があります。余程こだわらない限りは大丈夫です。

他に、レンタル期間が限られているため、前撮りや後撮りの日程調整が難しいというデメリットもあります。「前撮りは和装で、当日は洋装に変えたい!」なんて場合は、レンタル期間が足りなくなってしまうかもしれません。結婚式プランを緻密に詰めていくことで、大体の場合は解消されますが、注意が必要です。

さらに、レンタルした黒引き振袖が思っていたものと違ったり、傷や汚れがあったりするトラブルも起こり得ます。レンタル衣装は、何度も使用されているものなので、細かなキズや黄ばみなどがある場合があります。「理想と現実のギャップにガッカリした…」なんてことにならないよう、事前の下見は絶対に欠かせません。

黒引き振袖のレンタルを検討する際は、これらのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合ったお店を選ぶことが大切です。

ゆめやでは気軽にご家族と衣装をお選びいただける「自宅で下見プラン」をご用意しています。写真で見るのと実際に手に取ってみるのでは印象が違います。また、お母さまの留袖とセットでレンタルしていただける「式場へのお持ち込みにもぴったりな新婦・母親プラン」や、白無垢・色打掛・引き振袖など組み合わせ自由で好きな着物からお選びいただける「組み合わせ自由な婚礼・白無垢・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)」もございます。お客様のニーズに合わせてさまざまなプランからお選びください。

失敗しない黒引き振袖レンタルの選び方と基準

失敗しない着物レンタルは、レンタル料金と内容をしっかりチェックすることが第一です。黒引き振袖のレンタル料金は、お店によってピンキリです。安く抑えたいなら、衣装のみのレンタルプランを選ぶのがおすすめ。逆に、小物や着付けまで含めたフルセットプランなら、トータルコーディネートが楽になります。自分の予算と相談しながら、レンタル内容を吟味しましょう。

「高いお金を払うんだから、できるだけ良いものを借りたい!」と思うのは当然ですよね。だからこそ、黒引き振袖の質にもこだわるのも一つです。例えば、アンティーク着物という選択肢があります。アンティークとは、今から100年以上も前の品でありながら、状態、品質ともにとても優れた逸品のことを指します。日本の伝統を身に纏うという意味でもとても価値があります。

ただ、注意しなければならないのは、やはりシミや傷、色あせなどです。「当日まで気づかなかった…」なんて悲劇を避けるためにも、現物を手に取ってしっかり下見しましょう。

サイズ選びに関しては、身長と裄丈に注目しましょう。そして可能な限り、試着をするようにします。柄の見え方も含めて、細かく確認することが満足のいく仕上がりとなります。

黒引き振袖の着こなし

黒引き振袖の着付けは自分では出来ません。しかし、流れや手順がある程度分かった上で着付けされるのと、されないのとでは当日の心構えも変わってきます。特に緊張することではありませんが、ここで一度確認してみましょう。

黒引き振袖の着付けのポイントと手順を徹底ガイド

黒引き振袖はおはしょりを作るか、引きずりにするのかでも変わってきます。神前式で拝殿へ入場する場合などはおはしょりを作って着付けします。手順は以下の通りです。

  1. 下着と長襦袢を着付ける
  2. 黒引き振袖を体に合わせて、衿先と裾の長さを調整する
  3. 黒引き振袖を身にまとい、背中心と衿を合わせる
  4. 黒引き振袖の下前、上前を合わせて腰紐で固定する
  5. 黒引き振袖のおはしょりを作り、固定する
  6. 伊達締めを巻き、帯板を合わせる
  7. 帯を結ぶ
  8. 帯揚げ、帯締めを付ける
  9. 筥迫、懐剣、末広などを身に着ける

この手順を見ると、意外と難しそうに感じるかもしれません。では、引きずりにする場合はどうかというと、上記の手順から5がなくなるので簡単になるように感じます。しかし、難易度は大幅に上がります。なぜなら、おはしょりがあるとその後の衿や裾周りの調整が出来ますが、引きずりで着付けるとそれが出来ません。つまり、着付け全体の精度が求められるのです。そういったことからも、引きずりの優雅な歩き姿はプロの技術の賜物なのです。

黒引き振袖に合わせる小物を知る

黒引き振袖に合わせる小物は、婚礼専用のものとなります。伝統的な赤や白などの他に、近年はカラフルな色柄のものも増えてきており、より現代的なコーディネートが可能となってきました。

花嫁小物は、以下のようなアイテムがあります。

  • 筥迫:昔の化粧小物入れのことで、次第に花嫁の小物として取り入れられました。
  • 懐剣:花嫁の実家の家紋を入れた短剣で、一族の誇りの象徴でした。
  • 末広:扇子のことですが、縁起担ぎと恥じらいの意味があるとされます。
  • 抱え帯:着物の裾をたくし上げる時に用いていた帯でした。
  • 丸ぐけ帯締め:帯締めの中では初期の形状であり、その当時の伝統を伝えます。
  • 髪飾り:伝統的なスタイルは日本髪に角隠しを被ったものです。

これらの小物は、黒引き振袖の豪華さを引き立てつつ、花嫁の美しさを演出してくれます。

まとめ

この記事では、黒引き振袖の魅力や歴史、種類、着こなし方などについて詳しく解説してきました。黒引き振袖は、その格式高い印象と美しい柄行きから、婚礼衣装として人気の高い和装の一つです。着物に馴染みのない方にとっても、黒引き振袖の魅力は十分に感じていただけたのではないでしょうか。

黒引き振袖を選ぶ際は、自分の好みはもちろん、挙式スタイルや体型など、様々な要素を考慮する必要があります。また、小物や髪型、メイクなども重要なポイントです。プロのアドバイスを参考にしながら、自分らしい黒引き振袖姿を探してみてくださいね。

格式高く、美しい黒引き振袖で、最高の一日を迎えられますように。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

大胆な松に鶴が羽ばたく五つ紋付黒振袖【fuk45】

【初心者歓迎】成人式の着物を一から学ぶ!振袖レンタル徹底ガイド

はじめに 成人式は、日本の伝統的な成人を祝う行事であり、女性にとって一生に一度の特別な日です。この大切な日に着る衣装として、振袖は最も人気の選択肢の一つ。しかし、美しい振袖を購入することは、多くの家庭にとって大きな負担に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!