綸子に八重梅と橘が描かれた一つ紋付訪問着【hou176】

【初心者向け】古典柄訪問着:基本から始める和装スタイリング

はじめに

着物には数々の種類や柄がありますが、その中でも古典柄の訪問着は繊細で美しく、格式高いデザインで多くのフォーマルな場にふさわしい着物です。この記事では、古典柄の訪問着の魅力と、特定の行事や年代に最適な選び方について詳しく解説していきます。

卒業式におすすめ古典柄訪問着

卒業式は、お子さまの節目を祝う大切な行事です。この特別な日に参列するにあたって、親としての品格を保ちながら華やかに装いたい方には、古典柄の訪問着が最適です。ここでは、卒業式にふさわしい古典柄の訪問着の選び方と、30代・40代の親御さんに特に人気のあるスタイルについて詳しく解説します。

卒業式での正しい着物の選び方

卒業式は、参列する親としての装いにも特別な配慮が必要です。以下のポイントを押さえて、最適な古典柄の訪問着を選びましょう。

色と柄の選択:

  • 卒業式は春に行われるため、落ち着いた色合いの訪問着が適しています。例えば、紺色、深緑、桜色などが人気です。これらの色は、控えめでありながらも華やかで、フォーマルな場にふさわしいです。
  • 古典的な花柄や風景が描かれた訪問着は特に卒業式にぴったりです。梅や菊、松などの柄は、格式を保ちつつ華やかさを演出します。

素材と季節の適応

  • 春の卒業式には、薄手の正絹の訪問着が最適です。正絹は光沢があり、見た目も美しいため、フォーマルな場にふさわしい素材です。
  • 袷(あわせ)の訪問着を選ぶと、季節に合った快適な装いができます。

小物の選び方

  • 訪問着には帯が欠かせません。帯は華やかで品のあるデザインを選ぶと、全体の印象が引き締まります。金糸や刺繍が施された袋帯は、卒業式にふさわしい華やかさがあります。 - 草履とバッグも、着物と調和する色を選ぶことで、統一感のある装いが完成します。

これらのポイントを参考にして、卒業式にふさわしい品格のある訪問着を選ぶことで、華やかで記念に残る装いを楽しむことができます。

30代・40代に人気の古典柄訪問着

30代・40代の親御さんが卒業式に着る訪問着には、上品さと落ち着きを兼ね備えたものが特に好まれます。以下に、具体的なポイントを挙げてみましょう。

上品で落ち着いた色合い:

  • 深みのある紺色や深緑、グレーなどが人気です。これらの色は、上品で華やかです。また、若々しさも兼ね備えています。
  • 華やかさを求める場合でも、派手すぎない上品な色を選ぶとよいでしょう。桜色や淡い紫色なども好まれます。

シンプルで格調高い柄:

  • 古典的な花柄や風景が描かれた訪問着は、フォーマルな場にふさわしいデザインです。大きな花柄や絞り、金彩などの技法を使った訪問着は、特に30代・40代の女性に人気があります。
  • 派手すぎず、品格を感じさせるデザインを選ぶことで、卒業式にふさわしい装いになります。

適切な小物の選び方:

  • 帯や帯締め、帯揚げなどの小物も重要です。落ち着いた色合いの帯やシンプルなデザインの帯締めを選ぶことで、全体の調和が取れ、品格あるスタイルになります。
  • 草履やバッグも、着物と調和する色を選びましょう。

これらのポイントを押さえて選ぶことで、30代・40代の親として品格のある、卒業式にふさわしい装いを楽しむことができます。

七五三で映える古典柄訪問着

七五三は、お子さまの成長を祝う特別な行事です。この大切な日に、親としてふさわしい装いを選びたいものです。このような場では、古典柄訪問着が伝統的な美しさと格式を兼ね備えた選択肢として最適です。ここでは、七五三にふさわしい古典柄の訪問着のスタイルと、人気のあるコーディネートについて詳しく紹介します。

七五三にぴったりの着物スタイル

七五三に着る訪問着を選ぶ際には、色や柄素材小物の選び方に注意を払いましょう。以下のポイントを参考にして、お子さまの大切な日を華やかに彩る着物スタイルを選んでみてください。

色選びと柄:

  • 秋の深まりを感じさせる色合いが人気です。例えば、深緑、濃紺、茶色、落ち着いたオレンジ色などは、季節感を反映しつつ、フォーマルな場にふさわしい華やかさがあります。 - 柄には、秋の花である菊や紅葉、長寿を象徴する松などを取り入れるとよいでしょう。これらの柄は、日本の自然美を象徴しており、七五三のお祝いにぴったりです。

素材の選択:

  • 七五三シーズンの11月は寒さが増す時期なので、袷の正絹を選ぶと暖かさと美しさを兼ね備えた装いができます。正絹は光沢があり、高級感があるため、フォーマルな場に適しています。

小物の選び方:

  • 帯は、お子さまと調和する柄を選ぶと一体感が出ます。金彩が施された豪華な帯も七五三にはふさわしい選択です。
  • 草履やバッグは、着物と調和する色や柄を選びましょう。

七五三にふさわしい古典柄訪問着コーディネート

七五三訪問着を着て参列する際のコーディネートは、全体のバランスと調和を考慮した上で、品格と美しさを引き立てることが重要です。以下は、おすすめの古典柄の訪問着コーディネートです。

上品で落ち着いた色選びと古典柄の組み合わせの例

  • 紅色と菊の柄
    紅色の訪問着は落ち着きと上品さを兼ね備えています。秋の七五三にぴったりの色であり、菊の柄を選ぶことで、季節感を演出できます。菊は長寿と繁栄を象徴するため、七五三の祝いにふさわしい柄です。

こちらは、上記のコーディネート例を取り入れた、ゆめやでレンタル可能な訪問着です。美しい古典柄の菊がお祝いの華やかさを醸し出しています。

日本橋・三越で誂えられた訪問着です。光沢のある綸子地に、雪輪、菊、小花、撫子などが細かく手描きされた、大変手間のかかる一点物の訪問着です。帯は、菊、おしどり、花、七宝、撫子、梅などが手刺繍されたベージュ地の現代物の袋帯を合わせました。織りの帯締めもすてきです。

  • 濃紺と松竹梅の柄:
    濃紺の訪問着は、格式と品格を感じさせます。松竹梅の柄は、古くから縁起の良いデザインとされており、特別な日の装いに最適です。松竹梅は、成長や繁栄を象徴し、お子さまの成長を祝う場にふさわしい柄です。
  • 茶色と紅葉の柄:
    茶色の訪問着は、自然な落ち着きを与えます。紅葉の柄を選ぶと、秋の季節感を一層引き立てます。紅葉は、変化と成長を象徴し、七五三のお祝いにぴったりです。

これらの組み合わせを参考にすることで、美しい古典柄の訪問着七五三を祝うことができます。

結婚式のための古典柄訪問着レンタルの基本

結婚式において、古典柄の訪問着は格調高くぴったりな装いです。訪問着を準備するにあたって、レンタルサービスの利用がおすすめです。レンタルでは多様なデザインから選ぶことができ、特別な日にふさわしい着物を手軽に着用することができます。ここでは、結婚式に参列する際の古典柄の訪問着レンタルの選び方と、特に50代・60代が選ぶべきポイントを詳しく解説します。

古典柄訪問着レンタルの選び方:結婚式編

結婚式での古典柄訪問着レンタルを選ぶ際には、以下の点を考慮することが重要です。

  • デザインと色選び
    結婚式に適した訪問着は、華やかで上品な色合いが求められます。深みのある色彩や古典的な柄が特徴の訪問着を選びましょう。花柄や伝統的な模様が施された訪問着は、格式高い場に最適です。
  • 素材の選択
    正絹の訪問着は光沢と肌触りが特徴です。季節や式場の環境に合わせて最適な素材を選ぶことが大切です。春や秋には袷の正絹、夏には軽やかな絽(ろ)や紗(しゃ)の訪問着が快適です。
  • サイズとフィット感
    着物はサイズ選びが非常に重要です。身丈や裄丈などの寸法を事前に確認し、体型に合った訪問着を選ぶことが必要です。レンタルする際は、店舗スタッフに相談しながら、自分の体に合ったサイズを確認しましょう。
  • 小物の選び方:
    訪問着には帯が欠かせません。帯は華やかで品のあるデザインを選ぶと、全体の印象が引き締まります。金糸や刺繍が施された袋帯は、結婚式にふさわしい華やかさがあります。草履とバッグも、着物と調和する色を選ぶことで、統一感のある装いが完成します。

これらのポイントを押さえて、結婚式にふさわしい古典柄訪問着を選び、一生の思い出に残る装いを楽しむことができます。

4.2 50代・60代がレンタルで選ぶべき結婚式用古典柄訪問着

50代・60代で結婚式に古典柄の訪問着をレンタルする際には、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 落ち着いた色の選択:
    落ち着いた色を選ぶことが大切です。深い紫やネイビー、暗めの緑などが好まれます。これらの色は、品格を保ちながらも華やかさがあります。
  • シンプルで洗練されたデザイン:
    大人の女性には、シンプルで洗練されたデザインが似合います。過度に派手な柄よりも、控えめで質の高いデザインを選びましょう。古典的な花柄や、上品な模様が施された訪問着がおすすめです。
  • 小物の選び方:
    帯や帯締め、草履などの小物も重要です。全体の調和を考慮した上で、品のある小物を選びましょう。金や銀の糸を使った帯や、上質な帯揚げ、帯締めを選ぶと、より一層豪華な装いになります。
  • 着付けのポイント:
    訪問着の着付けはプロに任せるのが一般的ですが、あらかじめ基本的なポイントを押さえておくと安心です。また、裄丈や身丈のサイズ確認はもちろん、帯の結び方や小物の使い方も重要です。帯揚げ、帯締めなどの小物は、全体のバランスを考えて選びましょう。色合いや柄が調和することで、より美しい装いになります。

これらのポイントを押さえて、50代・60代の方も自信を持って結婚式に参加できる装いを楽しみましょう。レンタルサービスを上手に活用して、自分に最適な訪問着を見つけてみてください。

お茶会に映える上品な古典柄訪問着

お茶会は日本の伝統文化を体現する場の一つであり、参加者の装いにも格式と洗練が求められます。古典柄の訪問着はその美しさと格式から、特に格式の高いお茶会に最適な選択とされています。ここでは、格式の高いお茶会における着物のマナーとスタイル、そして古典柄の訪問着の特徴を詳しく掘り下げます。

お茶会での着物マナーとスタイル

お茶会に参加する際の着物選びは、お茶会の格式や季節に合わせることが大切です。訪問着が選ばれるお茶会は、お茶会の中でも比較的あらたまった、初釜や仲間内でのお茶会などです。通常のお稽古や一般の人も参加可能なお茶会では、かえって訪問着はふさわしくないため注意が必要です。以下は訪問着を着用可能なお茶会での着物マナーとスタイルの基本です。

  • 色と柄の選択:
    お茶会では落ち着いた色合いの着物が好まれます。深緑、茶色、落ち着いた青など、自然を思わせる色が選ばれます。柄は季節に応じた花や自然のモチーフが一般的です。春なら桜や梅、秋には紅葉や菊などが適しています。
  • 小物の選び方:
    帯や帯留め、帯締めは装いを引き締める重要な役割があります。素材や色が着物と調和するものを選び、シンプルで上品なデザインが望ましいです。草履とバッグもシンプルで上品なものが望ましく、過度な装飾は避け、格式を重んじるお茶会の雰囲気に合わせます。
  • 着物の着こなし:
    正絹の訪問着が多く選ばれ、春や秋には袷(あわせ)の着物が一般的です。正絹は光沢があり、美しいため、フォーマルな場にふさわしい素材です。

これらのポイントを押さえて、季節感と上品さを兼ね備えた装いでお茶会に参加しましょう。

和の趣を感じる古典柄訪問着の特徴

古典柄の訪問着は、伝統的なデザインと繊細な美しさで、和の趣を深く感じさせます。以下は古典柄の訪問着の特徴的な要素です。

  • 伝統的なデザイン:
    古典柄の訪問着には、歴史的な風景や古典文学に由来するモチーフが描かれています。これらは見る者に日本の美を感じさせ、着る人の品格をも高めてくれます。
    古典柄は、桜や梅、菊などの花々や、松や竹、梅といった日本の伝統的な植物がモチーフとしてよく使われます。
  • 豊かな色彩と柄:
    訪問着は、金彩や刺繍を施した豪華なデザインが特徴です。これらは光の当たり方によって異なる表情を見せ、お茶会の静かな環境でも存在感があります。
    色彩は豊かでありながらも落ち着いたトーンが主流です。深い緑や紫、紺色などが多く使われ、これらの色合いが全体の調和を保ちつつ、上品さを演出します。

これらの特徴を持つ古典柄の訪問着は、お茶会の場で上品かつ格式高い印象を与えます。季節に合わせた適切な素材とデザインを選び、和の趣を感じる美しい装いで、お茶会を楽しみましょう。

パーティーで着たいモダンな古典柄訪問着

パーティーにおいても訪問着を着用することが可能です。訪問着を着ることで、優美さと伝統の美しさを表現することができるでしょう。特にモダンな古典柄の訪問着は、洗練されたデザインで、目を引く装いとなるはずです。ここでは、パーティー向けの訪問着の選び方と、訪問着でパーティーに出席する際の注意点を掘り下げます。

パーティー向けの訪問着選び方

パーティーで着る訪問着を選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  • 色とデザイン:
    パーティー向けの訪問着には、明るく華やかな色合いがぴったりです。例えば、青やピンク、金色などの鮮やかな色が人気です。デザインは、梅や桜などの季節の花が描かれた古典柄がすてきです。これらの柄は、伝統的な美しさを保ちながらもモダンな印象を与えます。
  • 素材の選択:
    イベントの性質に合わせて、軽やかで動きやすい素材を選びましょう。夏は涼しい絽や紗、冬は袷の正絹を選ぶと快適です。正絹の着物は光沢があり、フォーマルな場にふさわしい上品な印象を与えます。
  • 小物との組み合わせ:
    帯や帯締め、帯留めなどの小物を工夫して、装いを引き立てます。華やかな帯締めやモダンなデザインの帯留めを選ぶと、洗練された印象を与えます。例えば、金糸を使った帯や、鮮やかな色の帯締めが人気です。
  • 着付けのポイント:
    着物の着付けは重要です。身丈や裄丈のサイズを確認し、着崩れを防ぐために補正下着を使用します。必要ならプロの着付け師に依頼することをおすすめします。着付けがしっかりしていると、一日中快適に過ごせます。

これらのポイントを押さえて、パーティーにふさわしい訪問着を選びましょう。特別な日にぴったりの装いで、パーティーを楽しんでください。

こちらは、パーティーにおすすめしたいゆめやのレンタル訪問着です。華やかなピンク色が特徴的な着物で、その場の雰囲気を明るく彩ってくれます。

大きな橘が織り込まれた正絹の綸子地がピンク色に染められ、八重梅や橘が手描きされた、抱き柏の一つ紋付き訪問着です。花の縁や波などには金駒刺繍がほどこされ、若々しくかわいらしい印象の訪問着です。たくさんの色が使われていますが、アンティークの上品なしっとり感に包まれています。菖蒲や椿が織りと手刺繍で描かれた帯を合わせました。

訪問着でパーティーに出席する際の注意点

訪問着でパーティーに参加する際には、いくつかの注意点があります。以下のポイントを参考にして、快適に過ごせるようにしましょう。

  • 着こなしの確認:
    訪問着の着こなしは完璧に仕上げることが大切です。身丈や裄丈のサイズ、帯の結び方などを事前に確認し、必要ならプロの着付け師に依頼します。着崩れを防ぐために、補正下着を使うと安心です。
  • マナーとエチケット:
    パーティーでは、他の参加者との調和を考えた装いが求められます。過度に派手すぎるデザインは避け、場の雰囲気に合わせた上品な装いを心がけましょう。
  • 快適性の確保:
    長時間のパーティーでは、動きやすさと快適さも重要です。適切な補正下着を使用し、着崩れを防ぐことが大切です。
  • 小物の選び方:
    帯や帯締め、帯留めなどの小物も重要なポイントです。華やかさを持たせるために、金糸や銀糸を使ったデザインや、鮮やかな色の小物を選ぶとよいでしょう。ただし、全体のバランスを考えて、過度に派手にならないように注意しましょう。

これらの注意点を押さえて、パーティーにふさわしい装いを整えましょう。訪問着でパーティーに参加することは、日本の伝統と美しさを感じさせる特別な機会です。適切な選び方準備を行い、パーティーでのすてきな時間を楽しんでください。

レンタルするときに参考にしたい年代別古典柄訪問着選び方

訪問着は、フォーマルな日本の行事や式典に欠かせない衣装です。レンタルする場合には、年代に応じた適切な訪問着を選ぶことが大切です。ここでは、30代・40代と50代・60代の女性が訪問着を選ぶ際のポイントを解説します。

30代・40代女性のための訪問着選び

30代・40代の女性に適した訪問着は、現代的な感覚と伝統的な美しさを兼ね備えたものが理想的です。

  • 色と柄の選択:
    明るい色合いやモダンなデザインが特徴の古典柄を選びます。梅や桜など、季節を感じさせる柄がおすすめです。
    色彩は落ち着いたピンクやパステルカラーを選ぶと若々しく、洗練された印象になります。
  • 素材と機能性
    軽やかで動きやすい素材を選ぶことで、長時間のイベントでも快適に過ごせます。
    正絹の訪問着は光沢があり、格式高い場にもふさわしい選択です。
  • 小物のマッチング
    上品な帯や帯留めを選び、全体のコーディネートに統一感を持たせます。
    草履やバッグも、訪問着と調和するデザインと色を選ぶことが重要です。

50代・60代ののための訪問着選び

50代・60代の女性には、品格と落ち着きを感じさせる訪問着が最適です。

  • 色の選択
    深みのある色合い、例えば紺やダークグリーン、ワインレッドなどが適しています。
    古典的な柄であっても、色使いを抑えることで落ち着いた印象になります。
  • 素材の品質
    高品質の正絹を選ぶことで、格式ある場にふさわしい装いになります。
    夏場には絽や紗などの季節感を出す素材も適切に選ぶとよいでしょう。
  • 小物との調和:
    高級感のある帯や帯締め、帯留めを選び、全体の品格を高めます。
    小物は控えめで質の高いものを選ぶことが、洗練された印象を与えます。

このように、年代に応じた訪問着の選び方を心がけることで、どのような場面でもふさわしい装いを楽しむことができます。レンタル時にはこれらのポイントを参考にして、自分に最適な訪問着を選びましょう。

まとめ

この記事では、訪問着の選び方について、卒業式七五三結婚式お茶会パーティーなど、さまざまなシーンにおける古典柄の訪問着の選び方を詳しく紹介しました。古典柄の訪問着は、伝統的なデザインと豊かな色彩が、日本の美しさを現代に伝えてくれます。

また、古典柄の訪問着を選ぶ際は、色や柄、素材に注意し、シーンに合った上品で洗練されたデザインを選ぶことが大切です。レンタルサービスを活用すれば、さまざまなデザインから自分に最適な一着を見つけることができます。今回の記事が、訪問着選びの参考になれば幸いです。

〈参考記事〉
https://www.kimonoichiba.com/media/column/55/
https://ichiru.net/column/which-kimono-should-i-wear-for-tea-party/
https://ichika-wasou.jp/blogs/kimono-private-sort/houmongi-kikonashi

訪問着

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

ゆめやTOP画像_成人式イメージ

成人式の振袖レンタル|プロが教えるベストチョイスは青い振袖

はじめに 成人式は、若者が社会人の仲間入りをする人生の節目を祝うイベントであり、女性にとってはどんな振袖を着るかが大きなテーマになる大切な日です。この記事では、白や黄色と並んで人気のある青色の振袖について、レンタルするた […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!