明治神宮イメージ

明治神宮で七五三!着物の持ち込みはできる?記念撮影の可否も解説

はじめに

日本には多くの美しい伝統と行事があります。子どもたちの健やかな成長を祝う七五三はその中でも特に心温まるものの一つです。七五三はさまざまな神社で行われており、由緒正しい神社として知られている、明治神宮でも行われています。明治神宮で迎える七五三は、神聖な雰囲気で多くの家族にとって忘れられない記念となるでしょう。しかし、初めて七五三を迎えるご家族にとって、準備をする中でたくさんの疑問が浮かんでくるものです。例えば、七五三の着物をどこでレンタルするか、自宅から持ち込むことは可能か、どのように着付けを行うか、また写真撮影はどのように進めるべきかなど、多くの疑問が生じることでしょう。

本記事では、これらの疑問を解決できるような情報を紹介していきます。着物に関する知識がない方でも安心して明治神宮での七五三を迎えられるよう、サポートをいたします。

七五三を明治神宮で挙げるための準備

明治神宮は広い境内と清らかな森に包まれた厳かな空間で、七五三のお祝いを行う最適な場所の一つです。ここでは、明治神宮で七五三を挙げるにあたって、着物のレンタルや持ち込み、予約から写真撮影までの流れをスムーズに進めるための情報をお届けします。

七五三とは?- 神社でお祝いをする意味

七五三は、子どもたちの健やかな成長を願い、家族と共にその成長を祝う日本の伝統的な行事です。この行事では、3歳と5歳の男の子、そして3歳と7歳の女の子が、神社に参拝し、健康と長寿を祈願します。

七五三の起源は古く、平安時代に遡ると言われています。この時代は、子どもたちの死亡率が非常に高かったため、3歳、5歳、7歳を節目として、健康と長寿を願って特別な儀式が行われました。現代においてもその伝統は受け継がれ、七五三として多くの家族がこの大切な節目を祝っています。

七五三を挙げる子どもたちは、通常、色とりどりの着物や袴を身にまとい、髪飾りや小物で飾り立てられます。これらの衣装は、子どもたちの成長と健康を願う家族の愛情を表しており、参拝時には多くの人々の目を引くことでしょう。

七五三のご祈願を挙げた後の授与品として、子どもたちにお守りや千歳飴、絵馬などが贈られることもあります。これらの授与品には、これからの長寿や無病息災などの願いが込められています。また、家族でお祝いの食事を楽しんだり、記念撮影を行ったりすることで、この日の思い出をより深く記憶に刻むことができます。

明治神宮での参拝の流れ - スムーズな一日のために

明治神宮での七五三の参拝にあたって、参拝当日の流れを事前に把握しておきましょう。そうすることで、スムーズな一日を過ごすことができます。また、七五三当日に着用する着物も前もって準備しておくことが重要です。これらの着物はレンタルすることも、購入することもできます。

参拝当日の流れは以下のようになります。

  1. 参拝の準備: 事前に着物や小物を準備し、必要であればレンタルの手配をします。また、着付けやヘアセットの予約も忘れずに。
  2. 七五三当日: 余裕を持って準備を始めるようにしましょう。慌てて準備を行うと、着付けがうまくできなかったり、必需品を忘れてしまったりする恐れがあります。
  3. 明治神宮に到着: プランによっては事前に予約が必要な場合もあるため、事前に確認しましょう。混雑を避けるため、早めに到着することをおすすめします。
  4. ご祈願: 明治神宮の神聖な雰囲気の中、神前でお子さまの成長と健康を祈願します。
  5. 記念撮影: ご祈願後は、境内や庭園で家族写真を撮影する絶好の機会です。自然光の中で、華やかな着物を着たお子さまの姿を写真に残しましょう。
  6. お食事: 明治神宮の参拝を終えた後は、家族でのお食事会で一日を締めくくります。明治神宮周辺には、お祝いにふさわしいレストランがたくさんあります。

このように、明治神宮での七五三参拝は、事前の準備と当日の流れをしっかりと計画することで、スムーズで心に残る一日となります。思い出に残る七五三の日を迎えるために、準備はしっかりとしておきましょう。

着物レンタルの選び方: 持ち込みは可能?

七五三では、お子さまが着る着物選びが一大イベントです。明治神宮でのお祝いにふさわしい着物を選ぶことで、その日の思い出がより特別なものになるでしょう。明治神宮ではレンタルや購入した着物を持ち込むことができる七五三のプランが準備されています。ここでは、東京でのレンタル着物ショップの選び方と、自前の持ち込み着物のメリットを詳しく解説します。

東京でのレンタル着物ショップ - おすすめポイント

東京には、七五三の着物をレンタルできる店舗がたくさんあります。しかし、たくさんあるからこそどの店舗を選べばいいか悩んでしまいますね。ここでは、レンタルショップの選び方と確認しておきたいポイントについて詳しく解説します。

レンタルショップを選ぶ際には、以下のポイントが重要です。

  • 品揃えの豊富さ: お子さま用の着物はもちろん、家族全員の衣装を着物で揃えたい場合に備えて、大人用の着物や袴も取り揃えているかを確認します。また、色の種類が豊富であることや、柄、サイズが数多く取り揃えられている店舗では、お子さまの個性や好みに合わせて着物を選ぶことができます。
  • 予約のしやすさ: 七五三のシーズンは非常に混み合います。オンラインでの予約が可能か、またどれだけ前から予約を受け付けているかも確認しましょう。
  • アクセスの良さ: 明治神宮など、七五三を検討している神社へのアクセスが良い場所にある店舗を選ぶと、当日の移動がスムーズになります。
  • レンタルプランの内容: レンタルセットに何が含まれているかをチェックしましょう。着物だけでなく、小物一式、ヘアセット、着付けサービスまで含まれていると、準備が簡単になります。
  • コストパフォーマンス: 購入するよりもコストを抑えられるのがレンタルのメリットです。ただし、レンタル料金だけでなく、追加料金が発生しないかも確認が必要です。
  • キャンセルポリシー: 万が一の事態に備えて、キャンセルポリシーを確認しておくことも大切です。

これらのポイントを踏まえてレンタルショップを選ぶことで、七五三の準備をスムーズで経済的に進めることができます。また、店舗を訪れる際には、お子さまを連れて行き、実際に着物を試着させてみるとよいでしょう。そうすることで、お子さまにぴったり合う、着心地の良い着物を見つけることができます。

ここでアンティークきものレンタルゆめやの祝着の中から、三歳・五歳・七歳の着物をご紹介しましょう。
オシドリと百花繚乱の三歳祝着」カラフルで華やかな可愛らしい三歳の祝い着ですね。細かな柄の三つ身の着物とシンプルな赤の被布のバランスが綺麗です。五歳の男の子には、「黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着」はいかがでしょう。第一礼装の黒紋付の子供サイズ。凛々しさがありますね。「紫地にピンクとブルーの桜が満開の七歳祝着」七歳の女児には大人っぽい紫色の四つ身の祝着もおすすめです。小物は可愛らしく赤やピンクでコーディネートすることでお子さまらしさが出ます。

持ち込み着物のメリット - 自前の着物で七五三を

レンタルではなく、家族で受け継がれている着物や親御さんが子どものときに使った自前の着物を持ち込むことは、多くの家族にとって特別な意味があります。

以下は、自前の着物を持ち込む場合の主なメリットです。

  • 家族の歴史を感じることができる: 家族で受け継がれた着物を着用することで、お子さまが家族の歴史の一部として成長していくことを実感できます。
  • オリジナリティを出せる: レンタルと異なり、自前の持ち込み着物は他の人とは被らないため、お子さまの個性を際立たせることができます。
  • 節約になる: レンタル料金を節約できるだけでなく、大切に保管していた着物が再び日の目を見ることで、その価値を最大限に活用できます。
  • サイズ調整の自由度: 事前に専門家に相談してサイズ調整をしておくことで、お子さまの体にぴったり合わせることができます。体にフィットすることで、着心地もよくなり、お子さまも動きやすくなります。
  • 思い出深い写真が撮れる: 家族で受け継がれた着物を着たお子さまの写真は、大切な家族の宝物となるでしょう。

持ち込みを検討する際には、着物の状態を事前にチェックし、必要な場合は専門の業者に依頼してクリーニングや修理をしておく必要があります。また、自宅での着付けが難しい場合には、プロの着付け師を事前に予約しておきましょう。

ご祈願の予約: 必要な手続き

明治神宮で七五三のご祈願を希望するためには、事前に情報を集めておくことが大切です。ここでは、明治神宮での七五三参拝の予約方法と、当日のタイムスケジュールについて解説します。

七五三の予約方法 - 明治神宮での流れ

明治神宮で七五三を挙げる場合、いくつか方法があります。一つはご祈願のみしてもらう場合です。その際は事前予約は不要なため、受付時間内に神楽殿へ行き受付をするようにしましょう。なお、受付時間は9:00から16:00頃までとなっています。

予約が必要なのは、明治神宮での衣装レンタルプランまたは衣装持ち込みプランを希望する場合です。このプランにはヘアセットや着付け、記念撮影が含まれています。予約は明治神宮公式ホームページ内にある専用サイトから行います。

明治神宮のホームページでは、参拝当日のスケジュールや持参するものについての詳細を確認できるため、足りないものは事前に準備するようにしましょう。

予約をしている場合、参拝当日は予約時間に遅れないように明治神宮に到着してください。たくさんの家族が同じ日に予約をしている可能性があるため、予約時間を守ることが重要です。また、レンタルプランの中にご祈願の費用は含まれていますが、オプションで追加費用が発生する場合には、参拝当日に精算することとなります。

当日のタイムスケジュール - 時間の使い方

七五三当日は、計画的に時間を使うことで、一日をスムーズに過ごすことができます。以下に、自宅で着付けをする場合の効率的なタイムスケジュールの例を紹介します。

  1. : 朝から着付けを始めます。自宅で着付けをする場合は、時間に余裕を持って準備を開始しましょう。着付けができたら、明治神宮に向けて出発します。
  2. 参拝前: 明治神宮に到着したら、まずは神楽殿で受付を済ませます。その後、指定された場所でご祈願の順番を待ちます。
  3. ご祈願: ご祈願の時間になったら、家族全員で神前にて参拝します。参拝後は、境内を散策し、家族で記念撮影を行いましょう。
  4. 昼食: 参拝が終わった後は、近くのレストランで昼食を楽しみます。七五三を祝う特別なメニューを提供している場所も多いため、事前に予約をしておくとよいでしょう。
  5. 午後: 昼食後は、再び明治神宮の境内を散策したり、周辺の観光地を訪れたりする時間です。この時間を利用して、家族でのんびりと過ごし、七五三の思い出をさらに作りましょう。

このスケジュールを参考に、七五三の日を家族で満喫してみてください。事前の準備と計画をしっかりと行っておくことで、七五三をより思い出深いものにすることができます。

七五三の記念撮影: 思い出を残す

明治神宮には、美しく豊かな自然と厳かな雰囲気が漂っています。この特別な場所で家族の記念撮影をすることは、忘れがたい思い出となることでしょう。特別な日の思い出をより美しく形に残すには、プロのカメラマンによる写真撮影がおすすめです。その場合、カメラマンの出張撮影サービスを利用するか、スタジオでの撮影を選ぶことができます。それぞれメリットがあるため、お子さまと家族の希望に合わせた撮影方法を選びましょう。

出張撮影サービス - 明治神宮でプロに写真撮影してもらうことはできる?

明治神宮では境内でのプロのカメラマンによる写真撮影を許可していません。親御さんのスマホやカメラで撮影することはできますが、ご祈願をしている最中の写真を撮影することはできないため注意が必要です。屋外でプロのカメラマンに撮影を依頼する場合には、明治神宮以外の場所を選ぶようにしましょう。なお、明治神宮内にあるフォトスタジオではプロのカメラマンによる記念写真の撮影が可能です。

スタジオVS自然光 - 記念写真の撮り方

七五三の記念撮影では、スタジオでのポートレートや自然豊かな場所での自然光を活用した撮影が選べます。どちらの方法も、お子さまの成長を美しく残すことができます。それぞれの特徴を見てみましょう。

スタジオ撮影のメリット

  • 光の調整が可能で、どのような天候でも一定の品質で撮影できます
  • 背景や小道具を使用して、さまざまなシーンを演出できます。
  • プライベートな空間であるため、気が散ることなく撮影に集中できます。

自然光撮影のメリット

  • 自然の中で撮影することで、季節感や自然の美しさを写真に写すことができます。
  • 自然の中での撮影は、お子さまの自然な表情や動きを捉えやすくなります。
  • 家族でのお出かけ感覚で撮影でき、リラックスした雰囲気の中で自然体の姿を残せます。

どちらの撮影方法を選ぶにせよ、お子さまがリラックスして楽しめる環境を整えることが重要です。また、撮影にあたっては事前に準備をしておくことで、スムーズに進められ、満足できる写真を撮影することができます。

七五三後のお食事会: 会場選びのコツ

七五三の参拝が無事に終わった後は、家族や親しい人たちと共に食事を楽しむ時間が待っています。特別な日の締めくくりにふさわしい場所を選ぶことで、七五三のすてきな思い出を増やしましょう。

東京には、着物姿での来店を歓迎してくれる多くのレストランがありますが、会場選びにはいくつかのポイントを押さえておくことが重要です。アクセスの良さや個室の有無、料理の種類や予算など、事前に確認しておきたいポイントがたくさんあります。また、七五三の食事会では、着物での食事に適した環境が整っているかも重要なチェックポイントです。

都内でのおすすめレストラン

東京都内には、七五三のお祝いにふさわしいすてきなレストランがたくさんあります。明治神宮の周辺だけでなく、東京の中心部にも、家族で楽しめるレストランやカフェが多数あるので、色々と回ってみたいですね。ここでは、その中でも特におすすめのレストランを紹介します。

  • レストランよよぎ: 明治神宮の神楽殿から歩いて7〜8分程度の、フォトテラス明治神宮内にあります。森に囲まれたすてきな空間の中で会食を楽しむことができます。なお、予約をすれば七五三のお祝いのためのメニューを注文することができます。
  • 花がすみ: 明治記念館の中にある懐石料亭です。明治記念館は明治神宮から車で10分程度の場所にあります。個室が完備されているため、家族みんなで気兼ねなくお祝いの時間を過ごすことができます。なお、懐石料理ではありますが、お子さま用のメニューも準備されています。
  • 羽衣:こちらも明治記念館の中にある、鮨、天麩羅、鉄板焼きのレストランです。ここでは、七五三のお祝い向けのお祝い膳やお子さま向けのお弁当が準備されています。お子さまの健やかな成長を家族で祝うにふさわしいレストランです。
  • 表参道うかい亭: 明治神宮の原宿口から徒歩8分程度。店内は豪華な雰囲気でお祝いにぴったりです。また、このレストランでは旬の食材を鉄板料理で楽しむことができます。お子さま向けのコースも準備されているため、家族みんなで美味しいお祝いの食事をいただくことができます。

これらの場所を選ぶ際には、事前の予約が必要な場合が多いので注意しましょう。

着物で楽しむ食事 - 注意点と楽しみ方

着物での食事は、日常とは異なる特別な体験です。しかし、着物は洋服に比べて動きづらいため、食事の際には特に注意が必要です。以下は、着物での食事をより快適に楽しむためのポイントです。

  • 着物に合わせた席選び: 座敷席があるレストランを選ぶと、着物の美しさを保ちつつ、リラックスして食事を楽しめます。椅子席の場合は、スペースが広い席を選ぶことをおすすめします。
  • 小物の準備: 大きめのハンカチは、食べこぼしたときのナプキン代わりに使えるため便利です。膝にかけたり、帯に挟んだりして使いましょう。
  • 料理の選び方: 着物を汚しにくい料理を選ぶことも大切です。例えば、ソースなどが飛び散りにくい料理や、箸で食べやすいものを選ぶと安心です。
  • 子どもの対策: 小さなお子さまがいる場合は、紙エプロンを準備しておくと、着物を汚すリスクを減らせます。

七五三のお祝いの食事は、家族にとって大切な思い出となります。少しの準備と心遣いで、着物での食事も楽しいものになるでしょう。

費用と準備のアドバイス: 予算計画

七五三の準備において、前もって予算を立てておくことは非常に重要です。初めて七五三を迎える親御さんにとっては、どの程度の予算を見積もればよいのか、何にどれくらい費用がかかるのかがわかりにくいものですね。ここでは、七五三には全体でいくらくらいかかるのかと予算の立て方、さらに自前の持ち込み着物での節約術に焦点を当て、費用を抑えつつも心に残る七五三を実現するためのアドバイスを紹介します。

七五三は全体でいくらかかるのか - 予算の立て方

七五三にかかる主な費用は、着物レンタルまたは購入費、着付け・ヘアセット、写真撮影、ご祈願の初穂料、会食の費用などがあります。これらを一つ一つ見ていきましょう。

  • 着物レンタルまたは購入費: 着物はレンタルする場合と購入する場合があります。レンタルは一式セットで1万円から、購入の場合は数万円からと幅があります。
  • 着付け・ヘアセット費用: 専門のスタジオや美容院で行うと、5,000円から10,000円程度が相場です。
  • 写真撮影費用: スタジオ撮影の場合は、基本プランで10,000円から30,000円程度。自然光の中でのロケーション撮影はもう少し高くなることがあります。
  • ご祈願の初穂料: 神社によって異なりますが、5,000円から10,000円が目安です。
  • 会食費用: 参加人数やレストランによりますが、一人あたり3,000円から10,000円程度を見込んでおくとよいでしょう。

これらの費用を踏まえ、予算を立てる際には、まず必要なサービスをリストアップし、それぞれの平均費用を調べて総額を出します。予算に余裕がある場合は、より品質の高いサービスを検討することもできますし、予算が限られている場合は、節約術を活用してコストを抑えることが可能です。

自前の持ち込み着物での節約術 - 費用を抑えるポイント

七五三の出費で大きな割合を占めるのが着物に関する費用です。そこで、自前の持ち込み着物を活用することで、ここにかかる費用を大幅に削減することができます。

  • 家族からの借用: 祖父母や親戚から着物を借りることができれば、レンタル料や購入費用を節約できます。
  • リサイクルショップの活用: 着物専門のリサイクルショップでは、手頃な価格で美しい着物が手に入ります。ここでは、品質の良いアンティーク着物を見つけることも可能です。
  • 自宅での着付け: 着付け教室で基本を学んだり、オンラインでの着付け動画を利用することで、プロに依頼する費用を節約できます。
  • ヘアセットは自分で: 簡単なヘアアレンジなら自宅で挑戦できます。YouTubeなどには七五三にふさわしいヘアスタイルの動画がたくさんあります。

これらの節約術を駆使することで、七五三にかかる費用を大きく削減し、賢く予算を管理することができます。大切なのは、費用を抑えつつも、お子さまの大切な節目を心から楽しむこと。計画的に準備を進めれば、予算内ですてきな七五三を実現することができるでしょう。

ゆめやは「アンティークきものレンタルゆめや山梨店」「アンティークきものレンタルゆめや東京店」2箇所に店舗を構えています。ご来店いただきますと、実際に着物を試着していただけます。また、ご来店の難しいお客様には、自宅でゆっくり試着していただける「自宅で下見プラン」もご用意しています。

まとめ

七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。七五三は神社でご祈願をすることが一般的ですが、特に明治神宮での七五三は、その神聖な雰囲気と美しい自然に囲まれた環境で、家族にとって忘れられない記憶となるでしょう。最後に、七五三を迎えるご家族がより楽しく、心に残る一日を過ごせるようなポイントをまとめます。

  • 事前準備の大切さ: 七五三の準備は早めに始めることが重要です。特に、着物のレンタルや予約、美容院での着付け・ヘアセットの予約は、早い段階で行うことをおすすめします。
  • 予算計画をしっかりと: 七五三にかかる費用は、予想以上に高額になることがあります。事前にしっかりと予算計画を立て、無理のない範囲で準備を進めましょう。
  • 持ち込み着物の活用: 家族や親族から受け継いだ着物を持ち込むことで、費用を抑えるとともに、家族の絆を感じることができます。
  • 写真撮影を忘れずに: 七五三は一生に一度のイベントです。プロのカメラマンによる撮影や、家族での記念撮影を忘れずに行い、大切な思い出を残しましょう。
  • 家族での時間を大切に: 七五三の準備や当日のバタバタとした忙しさの中でも、家族での時間を大切にしましょう。一緒に過ごす時間が、最も価値のある思い出となります

七五三は、子どもたちの成長を祝うだけでなく、家族が絆を深める絶好の機会です。準備や予算に関わる心配事はあるかもしれませんが、この記事でご紹介した情報を活用していただき、七五三を存分に楽しんでください。心に残る一日を迎えるための準備と計画が、すてきな記念日を作り出す鍵となるでしょう。

〈参考記事〉
https://www.happilyphoto.jp/column/256987/
https://inuzuka.co.jp/blog/shichigosan_gifts/
https://www.meijikinenkan.gr.jp/753/
https://www.meijijingu.or.jp/news/?id=1656578072-297723
https://www.meijikinenkan.gr.jp/photo-studio/
https://m-lifeblog.com/archives/8410
https://www.0298.jp/tips/detail.php?id=415
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail50.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖【hak03】

オレンジ色の着物選びのお作法|季節ごとの選び方や振袖の着こなしテクまで

はじめに オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。特に成人式や結婚式などの晴れの日にふさわしい色として人気があります。 しかし、オレンジ色の着物を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すれば良い […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【着物のプロ監修】東京で結婚式用のレンタル着物を選ぶコツ

はじめに 結婚式に着物でお呼ばれした時、また、自分が主役として結婚式を行う時に、着物選びやレンタルプランについて悩むことはありませんか? 自分の立場に合った着物を選ぶことは大切ですが、初めての方にとっては何から始めればよ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!