七五三・家族プラン お子さま2人とご両親のセット(計4点)【set22】

【2024年最新版】ネットでレンタル!七五三着物の選び方ガイド

はじめに

七五三は、子どもたちの健康な成長をお祝いする日本の伝統的な行事です。この大切な日には、親御さんが子どもたちに美しい着物を着せ、神社に参拝します。

特に3歳、5歳、7歳の子どもたちには、多彩な色やデザインの着物が用意されており、選ぶこと自体が楽しみの一つとなっています。

ネットでのレンタルサービスを利用すれば、袴や七五三セット、被布、訪問着など、さまざまな種類の着物を簡単に、リーズナブルに着用することができます。

また、着付けやクリーニングのサポートも充実しており、七五三の準備を手間なく、楽しく進めることができるでしょう。

今回は、そうした着物レンタルの魅力に焦点を当ててご紹介します。

着物レンタルの基本知識

七五三のお祝いに最適な着物を選ぶには、数多くの選択肢の中からお子さまにぴったり合う一着を見つける必要があります。

着物のネットレンタルサービスは、豊富なバリエーションと手軽さがその魅力となっています。

ここでは、お子さまの大切な日にふさわしい着物をネットレンタルで選ぶための重要なポイントをご紹介します。

ネットで着物レンタルを利用する前に知っておきたいこと

ネットで着物のレンタルを行う前に知るべき重要なポイントがいくつかあります。

まず、七五三で着用される着物の種類について知っておきましょう。

レンタル店で用意されている七五三用の着物には、被布セット、着物と帯のセット、羽織袴のセットなど、さまざまなスタイルがあり、それぞれ異なる年齢や性別での着用が想定されています。

例えば、3歳の女の子の七五三では、色鮮やかな被布セットが一般的ですが、7歳の女の子には本格的な帯を合わせる四つ身の着物が選ばれることが多いです。

また、サイズ選びは非常に重要です。お子さまの身長や体型に合わせて、適切なサイズの着物を選ぶことが、見栄え良く快適に過ごすための鍵となります。

さらに、価格にも注目しましょう。レンタル着物の価格は、選択するスタイルやセット内容によって異なります。事前にネットで価格を確認し、予算内で最適な選択をすることが大切です。

お子さまにぴったりの着物を選ぶためのポイント

お子さまにぴったりの七五三用着物を選ぶためには、色、デザイン、サイズが重要なポイントになります。

女の子の場合、3歳では花柄や色鮮やかな被布セットが人気ですし、7歳では、より大人っぽく華やかなデザインの四つ身の着物が人気です。

5歳の男の子では、落ち着いた色合いの羽織袴セットが好まれます。

着物選びでは、お子さまの性格や好みに合わせた色や柄を選ぶことが、満足度の高いレンタル体験につながります。

また、サイズは特に注意が必要で、短い期間で大きくなるお子さまの成長速度を考慮して少し余裕を持ったサイズを選ぶと良いでしょう。

価格面では、レンタル期間や必要な小物類を含めたトータルコストを考慮に入れ、予算と照らし合わせてプランの選択をすることが重要です。

適切な予算設定には、事前のリサーチも欠かせません。インターネットなどで、さまざまなレンタルショップの口コミなどをリサーチして、自分に合ったプランを提供しているショップを選びましょう。

ここで、当店で取り扱っている七五三用着物のレンタルセットから、ご兄弟、ご姉妹、お2人分の着物が選べて大変お得な、「七五三・兄弟姉妹プランお子さま2人のセット(計2点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。

着物はご自由にお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。せっかくの参詣ですので、ぜひ和装でお出掛けになり、記念に残してください。

年齢別・シーン別レンタルガイド

七五三では、お子さまの年齢に合わせた着物選びが大切です。七五三を迎えるお子さまには、それぞれ年齢に合わせた成長段階を祝う特別な着物が用意されています。

ここでは、3歳、5歳、7歳それぞれの年齢の着物選びについてご紹介します。

3歳のお祝いにはどんな着物?:被布とその魅力

3歳の女の子の七五三では、被布セットを選ぶことが一般的です。

レンタルサービスで用意されているのは、着物と被布、小物を含んだフルセットプランが一般的です。

被布は、幼子の純真さと健やかな成長を願う気持ちを表現するアイテムです。色彩は鮮やかで、お花などの愛らしい柄がお子さまのかわいらしさを引き立ててくれます。

着用はかぶるだけということもあって比較的容易です。お子さまが着用しても違和感のない軽やかな素材が使用されていることが多く、七五三の間中快適に過ごせます。

7歳の女の子と5歳の男の子のための華やかな選択肢

7歳の女の子には四つ身の着物が、5歳の男の子には羽織袴が選ばれるのが一般的です。

七五三で選ばれる四つ身の着物は豊富な色彩と精緻な柄で、成長した少女の美しさを際立たせます。着物に合わせる小物選びも大切で、簪(かんざし)や帯揚げ、帯締め、草履などがコーディネートを引き立てます。

5歳の男の子の羽織袴は、武士をイメージさせる勇ましさと格式を感じさせます。宮参りや初節句の時に着た衣装よりも一回り大きなサイズで、お子さまの成長を感じさせるデザインです。柄も、兜や龍など、どんな困難にも打ち勝って成長してほしいという親の願いを込めたものが人気です。

これらの衣装選びでは、色や柄だけでなく、お子さまの身長や体型に合ったサイズ選びが重要で、プロの着付けで一日を快適に過ごせます。特別な日の記憶を美しく残すために、適切な衣装選びと着付けが不可欠です。

着物で表現するスタイルガイド

七五三において、お子さまの成長を祝う際の衣装としての着物選びは特別な意味を持ちます。

伝統と現代のデザインが融合した着物は、お子さまたちの忘れられない記憶となり、お祝いの日をより印象的なものにしてくれるでしょう。

着物選びで知っておくべきモダンデザインと伝統デザイン

伝統的な着物と現代のスタイルには、デザインや素材の違いがあります。

  • 伝統的なデザイン:古典的な着物には正絹や綿などの自然素材が使用されていることが多く、染めや織りの技術が特徴です。自然界の美を反映した柄や色で、季節や行事に合わせた装いを楽しめます。
  • モダンデザイン:一方、モダンな着物はより幅広い色彩やデザインが特徴で、合成繊維を使ったものも多く見られます。新しい技術や現代のファッション感覚を取り入れ、着用するシーンや個人の好みに合わせて自由に選べます。

七五三の装いでは、伝統的な要素を取り入れつつ、子どもらしい明るい色や柄のモダンな着物が人気です。着物選びの方法として、ネットで予約をして実際に試着することをおすすめします。

お子さまの個性を引き立てる着物の色と柄

お子さまの個性に合わせた着物選びは、お祝いの日をより特別なものにします。

活発で明るいお子さまには、鮮やかな赤や黄色、大胆な花柄や動物柄が似合います。これらの色や柄は、お子さまの活発な性格を表現し、祝いの日の喜びを表現できます。

穏やかで静かなお子さまには、淡い色合いの着物や、シンプルで繊細なデザインがおすすめです。ピンクや水色、小さな桜の花柄や風景を描いた着物は、その子の穏やかな雰囲気を引き立てます

七五三の着物には、羽織や飾りも合わせて選ぶことで、より華やかな印象になります。お子さまが自信を持って着用できるよう、その子の性格や好みを考慮することが一番大切です。

着付けと小物でさらに華やかに

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日です。

大切な日の衣装として選ばれる着物をより美しく着こなすためには、適切な着付けが欠かせません。

この章では、初めての方でも簡単に着付けができる基本ガイドと、お祝いの装いを一層特別なものにする小物選びに焦点を当てて解説していきます。

初心者でも安心の着付け基本ガイド

初めての着物でも安心して着ていただくために、基本から丁寧に説明します。

【3歳の女の子被布セットの着付け】

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。
  5. 帯の締め方:3歳の着物には本格的な帯ではなく兵児帯(へこおび)と呼ばれるやわらかい素材の帯を使用します。兵児帯を着物の腰部分に巻きつけ、後ろで蝶結びにしましょう。結び方にはリボン結びやバラの花を模した結び方などたくさんのアレンジがあるので、お子さまの好みに合わせて選びましょう。
  6. 被布の着用:着物を着たら被布を着物の上から着せてあげましょう。着物の中心と被布の中心が合っていることを確認してください。
  7. 最終的な調整:着物と被布の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

【5歳の男の子の羽織袴の着付け】

  1. 肌着と足袋の着用:着物を着る前に、まずは肌襦袢や裾除けなどの肌着類を着用します。肌襦袢は着物専用の下着ですが、お子さまが慣れているアンダーウエアでも構いません。その場合はVネックのものが外から見えないのでおすすめです。また、着物を着てから足袋を履くのは難しいので、先に足袋も履いておきましょう。肌着類は着物が直接肌に触れるのを防ぎ、快適な着心地に欠かせません。肌触りが良く、汗を吸収しやすいものを選びましょう。
  2. 体型の補正タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、長襦袢の衿を着物の衿から1cmほど出し、衿元を整えましょう
  5. 角帯の着用:5歳の男の子の場合、帯はお子さまが活発に動いてもずれにくいようにしっかりと腰に巻きます。ただし、過度な締め付けはお子さまが嫌がるので、お子さまに苦しくないか確認しながら帯を巻きましょう
  6. 袴の着用角帯が袴の上から1cmくらい見える位置で袴を着用します。袴の紐をしっかりと腰に結び、適切な丈に調整します。
  7. 羽織の着用:最終的に羽織を着用し、羽織紐で留めます。羽織紐には装飾的な役割もあり、全体のスタイルを引き締めます。羽織の丈や袖の長さもお子さまの体型に合わせて選ぶことが重要です。
  8. その他小物類の装着:羽織まで着用で着たら、草履や扇子、懐剣などの小物類を装着しましょう。

【7歳の女の子の着物の着付け】

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。首筋が美しく見えるように衿を拳一つ分くらい後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方:帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます。
  6. 最終的な調整:着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

七五三の着物の装いを特別にする小物選び

七五三の装いを一層引き立てる小物の選び方は、着物とのバランスが鍵です。

例えば、色鮮やかな牡丹や菊の柄の着物には、シンプルな帯締めや帯揚げを合わせると、全体のバランスが取れます。

また、モダンなデザインの着物には、繊細な刺繍が施された小物を選ぶことで、洗練された印象を与えます。

お子さまの成長の節目である七五三に、最適な着物を選び、それに合った和装の小物を組み合わせることで、より一層華やかで思い出に残る装いを演出できます。

七五三のお祝いは、家族みんなにとって特別な一日です。そんな一日だからこそ、お子さまにはいつもとは違う、華やかな装いを楽しんでいただきたいと思います。

私たちは、そのお手伝いを全力で行います。ぜひ、私たちのコレクションをご覧になり、お子さまにぴったりの一着とそれに合う小物を見つけてみてください。

着物レンタルの注意点

着物のレンタルは、七五三や結婚式などの特別な行事で多くの方が利用する便利なサービスです。適切な着物選びは、記念日をさらに特別なものにしますが、レンタルには注意するポイントがいくつかあります。

ここでは、年齢やサイズ選びの落とし穴とレンタル期間、返却の管理についてのアドバイスをご紹介します。

サイズ選びの落とし穴とは?:プロからのアドバイス

サイズ選びは失敗しないレンタル着物選びのための最も重要な要素です。適切なサイズを選ぶことで着姿が美しく映り、イベントを最大限楽しめます。以下は注意すべきポイントです。

  • 年齢と成長を考慮したサイズ選び:お子さまの着物選びでは、年齢と成長を考慮する必要があります。7歳以上のお子さまは数カ月でサイズが変わるため、実際の行事の数カ月前から計測を始めると良いでしょう。
  • 正絹の特性を考慮したサイズ選び:正絹の着物は伸縮性が低いため、サイズ選びには特に注意が必要です。正絹は肌触りが良く、豊かな色彩を持っていますが、サイズが合わないと着心地が悪くなります。青や水色、緑などの色は人気が高く、本人の好みに合わせて選ぶのがおすすめです。
  • アクセサリーの調整:足袋や草履は、着物とのバランスを考慮して選ぶ必要がありますがサイズにも注意が必要です。足元のサイズが合わないと、歩行時に不快感を感じる原因にもなります。専門店では、足のサイズに合わせた足元アクセサリーを用意しているところも多いので、相談してみるのと良いでしょう。

レンタル期間と返却のスマートな管理

着物のレンタルサービスを利用する際は、レンタル期間と返却の管理が非常に重要です。以下は、レンタル期間と返却に関するプロのアドバイスです。

  • レンタル期間の計画:イベント日程を考慮して、余裕を持ったレンタル期間を設定することが重要です。予期せぬトラブルや準備に必要な時間も考慮に入れましょう。
  • 返却プロセスの確認:レンタル契約時には、返却方法や期限、延滞料金について確認しておくことが重要です。返却日が近づいたら、状態確認を行い、問題がないかをチェックしましょう。
  • 清掃と保管:レンタルした着物は、使用後に適切な手入れと清掃が必要です。多くのレンタルサービスでは、クリーニング込みのサービスが一般的ですが、返却前に着物の状態をチェックし、大きな汚れや破損がある場合は、速やかにお店に連絡しましょう。

着物のレンタルは、日本の伝統と文化を象徴する衣服を、手軽に体験できる素晴らしいサービスです。年齢やサイズ選びからレンタルのプロセス、返却方法まで、プロのアドバイスを参考にして、賢く着物レンタルを楽しみましょう。

記念撮影を最高にするアイデア

七五三は、日本の伝統的な行事で、お子さまの成長を祝う重要なイベントです。この節目では、お子さまが美しい着物を身に纏い、家族とともに美しい思い出を残すことができます。

ここでは、七五三の記念撮影をすてきなものにするためのアイデアをご紹介します。

家庭で行う楽しい七五三撮影のアイデア

家族での七五三撮影は、家族の絆をより深める心温まる時間となります。

まず、前提となる話ですが、撮影のための着物選びに注意を払いましょう。お子さまにぴったりのサイズと、彼らの個性を引き立てる色を選びます。

また、ご家族そろって着物を着用するのもおすすめです。統一感のある和の装いは、神社などでの記念撮影に大変マッチし、格別の記念写真を撮影することができるでしょう。

次に、撮影場所のセッティングが重要です。自宅の中や庭での撮影は、お子さまが最もリラックスできる環境を作り出し、自然な表情を引き出すのに最適です。

和室や子ども部屋を撮影スペースとして使い、家族の日常生活を背景にすると、親しみやすい雰囲気の写真が撮れます。

最後に、撮影時の小道具などを選ぶ際は、お子さまの興味を引くものを選びます。例えば、お気に入りのおもちゃや絵本、家族のペットとのふれあいを撮影することで、楽しく自然な笑顔を引き出すことができます。

ここで、当店で取り扱っている、ご家族の皆さまの七五三用着物を自由に選んでいただける、とってもお得なセットプラン、「七五三・家族プランお子さま2人とご両親のセット(計4点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま2人とお母さま・お父さま、合計4着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。

ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着、お父さまは男性用着物フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

ご家族で装いをそろえて、忘れられない記念となる最高の瞬間を写真に収めていただければと思います。

プロカメラマンによる撮影サービス:その価値とは?

プロカメラマンによる撮影サービスは、七五三の記念日をさらに特別なものにします。

プロのカメラマンは、光と影を使いこなし、お子さまの自然な美しさ、かわいらしさを最大限に引き出してくれるでしょう。

さらに、プロは、着物の色や柄の美しさを引き出し、お子さまのかわいらしいポーズや表情を逃さず、一生の記念に残る写真を撮影してくれます。

さらに、専門の撮影スタジオや七五三用に厳選されたロケーションでは、日常では得られない質の高い写真を残すことが可能です。

プロのカメラマンに依頼すれば、照明や背景、撮影角度を完璧にコントロールし、家族の大切な瞬間を美しく切り取ってくれるのです。

このように、専門家による撮影サービスは、七五三の思い出を格別なものにするための最良の選択肢となります。

ご自分での撮影も味がありますが、せっかくの記念日、プロに依頼してお子さまとご家族の皆さまが心から満足いただける、ロマンあふれる記念撮影を体験してみてはいかがでしょうか。

まとめ

七五三の節目を迎えるお子さまにとって、美しい着物を纏うことは特別な喜びとなります。

着物のネットレンタルサービスを利用すれば、手頃な価格で質の高い衣装を選ぶことができ、家計に優しいのも嬉しいポイントです。

着物の色柄選びでは、お子さまの健やかな成長と幸福を願う意味が込められたものを選びましょう。

肌着選びも重要な点の一つです。お子さまの肌は敏感なので、肌触りが良く、刺激の少ない素材を選ぶことが大切です。絹や綿など、天然素材を使った肌着がおすすめです。

レンタルサービスは便利なサービスではありますが、七五三シーズンは予約が混み合うので、人気の衣装は早めに予約することをおすすめします。

七五三は、お子さまの健やかな成長を願う大切な行事です。家族みんなで着物を選び、お子さまの成長を祝福する時間を過ごすことで、家族の絆はより一層深まることでしょう。

伝統的な美しさを今に伝える着物を通じて、お子さまの輝かしい未来を願ってみてはいかがでしょうか。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail85.html
https://rental.madoi.co.jp/753_rental/knowledge/hifu/
https://www.furacoco.co.jp/column/2024/6370
https://happy-photo-studio.jp/media/9
https://bbth.co.jp/kisste/753-3sai-girlkimono
https://clip.8122.jp/26804/
https://shopping.geocities.jp/kimono-kyoukomati/2023shichigosan/index.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【2024年最新】3歳の七五三用被布選び:選ぶコツから着付けステップまで

はじめに 七五三は、子どもの成長を祝う日本の伝統行事の一つであり、3歳の女の子にとって特別な日です。 その中でも、被布は七五三の主役である女の子をかわいらしく演出する重要なアイテムです。 正絹の美しさと丁寧な仕立てが織り […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!