手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物レンタル】大きいサイズの訪問着|細見えを目指す小物の使い方

はじめに

訪問着は、結婚式のお呼ばれやお子さまのお宮参り、卒業式・入学式など、人の人生の大切な節目に着用される正装の着物です。

既製品の訪問着は標準サイズと呼ばれるものが多く、大きなサイズを求める方が自分に合う着物を見つけるのは、なかなか大変なのが実情です。特に身長が高めの方や、ゆったりとしたサイズ感をお好みの方は、型崩れや着崩れの不安もあるかもしれません。

そこで、この記事では豊富なサイズ展開が魅力の着物レンタル店や大きいサイズの訪問着選びのポイントなどをご紹介します。ご自身の体型にぴったりの一着を見つけて、晴れの日を最高の笑顔で迎えられるようにしましょう。

訪問着の特徴と着用シーン

訪問着は、さまざまなフォーマルなシーンで活躍します。結婚式にゲストとしてお呼ばれする際や、お子さまの卒業式・入学式など、晴れの舞台に欠かせない華やかさを持つ装いが訪問着です。また、ゆったりとした雰囲気を楽しみたいお茶会やパーティーなどにも最適です。

まずはそんな訪問着についての概要と、具体的な着用シーンをご紹介します。

訪問着は幅広く着用できる華やかな準礼装

訪問着は、準礼装あるいは略礼装に分類される着物の一種です。合わせの部分で模様が途切れないように染められた「絵羽模様」が上半身や裾部分に施されていることがその特徴で、よく似た礼装である色留袖には裾部分にしか絵羽模様が入っていないことで訪問着とは区別がなされています。

既婚女性しか着ることのできない黒留袖や、30代前半頃までの未婚女性しか着用できない振袖などと違い、年齢や未婚・既婚の別にかかわらず着用できるのも訪問着の特徴です。

結婚式や卒業式などのフォーマルなイベントに

友人や同僚の結婚式にゲストとしてお呼ばれする場合をはじめ、お子さまのお宮参り、七五三、卒業式・入学式など、ご自身のというよりも人の人生の節目となるフォーマルなイベントが、訪問着を着る絶好の機会となります。訪問着はおめでたい日の行事を演出するだけの華やかさを持ち合わせており、記念となる行事を美しく彩ってくれます。

そのほか食事会やお茶会、観劇や同窓会など、カジュアルなイベントにも対応してくれるのも訪問着のも懐の広さといえるでしょう。

ただ、イベントの都度毎回同じ訪問着を着るのも変わり映えしない、と思われる方も多いかもしれません。特別な日だからこそ、いつもとは違う華やかな装いに挑戦してみたいと思われるのではないでしょうか。

そうしたニーズに応えてくれるのが着物のレンタルサービスです。種類豊富な色柄やデザインの中を揃えているので、イベントごとにぴったりの一着が見つかるはず。トレンド感のある個性的な柄や上品な古典柄など、TPOに合わせて選べるのも魅力的です。

「手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】」は、さまざまな花が手描きされた現代物の手描き友禅の訪問着です。丈も裄も現代のサイズに合わせてゆめやで仕立てました。帯は、七宝柄のおめでたい袋帯を合わせました。青海波や菱紋が織り込まれたベージュ地に、オレンジや緑などの七宝紋様が浮き出ており、おめでたさを象徴しています。

訪問着レンタルで大きいサイズを選ぶポイント

訪問着をはじめとする着物のレンタルサービスで大きいサイズをお探しの際は、自分に合った着物が見つかるよう、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

着物のサイズ表記は洋服とは異なるため、ご自身の寸法を把握しておくことが大切です。実店舗であれば店頭でプロのスタッフが採寸してくれるため、その点は安心です。お店選びに関しても、幅広いサイズに対応する品揃えが豊富なお店を選ぶことが重要です。それに加えてレンタル料金やセット内容、アフターサービスなども充実していればなお良いでしょう。

ここでは、大きいサイズの訪問着選びに役立つ情報をご紹介します。ぜひ参考にして、晴れの日を彩るすてきな一着を見つけてください。

着物のサイズと選び方

着物のサイズは通常、ヌード寸法で分類されます。

サイズの適応はレンタル店舗によって異なりますが、一例として以下の表のような形が目安となります。下記のように、ふくよかな方に向けては「MO」「LO」といったサイズ展開がなされている場合があります。

サイズ身長ヒップサイズ洋服のサイズ
Mサイズ155cm〜165cm98cm未満7〜13号
MOサイズ155cm〜165cm98cm以上15〜21号
Lサイズ163cm〜170cm98cm未満9〜13号
LOサイズ163cm〜170cm98cm以上15〜21号

上記のヒップサイズは、ヒップから太ももの間の一番太い部分のサイズです。

大きいサイズの訪問着レンタルを扱うお店の特徴

大きいサイズの訪問着レンタルに対応しているお店は、LLサイズ以上の豊富な品揃えが特徴です。LLOサイズやLOO、LLOOといったサイズまで展開しているお店もあり、サイズ展開の幅が広ければそれだけ選択肢も広がることになります。

大きいサイズの訪問着を豊富に揃えるレンタル店では、スタッフも豊富な知識とノウハウを持っており、体型に合わせたアドバイスをしてくれる点も心強いポイントです。着付けやヘアセット、和装小物の準備など、面倒な作業に関するサポートも期待できます。

利用しやすい料金プランを提示してくれるお店も増えてきているので、レンタル内容と価格をあれこれ比較してみるのがおすすめです。ご自身に合った条件を見つけて、思い出に残る装いを楽しめるようにしてくださいね。

レンタル訪問着の種類と特徴

訪問着をはじめとする着物レンタルでは、大きいサイズだけでなくその色や柄、デザインまでさまざまなバリエーションの中から自分に合った一着を選ぶことができます。

レンタルなら、いつもとは違う雰囲気の訪問着も気軽に試せるのがうれしいポイントです。着物を購入すると思うと手が伸びにくい華やかな色柄や珍しい素材、流行のデザインなど、新しい魅力にも出会えるチャンスかもしれません。

ここでは、そんな訪問着の種類や特徴を詳しく見ていきます。

色柄や素材で選ぶ、多彩な訪問着

訪問着は、色柄や素材のバリエーションが豊富なのが魅力です。

定番の明るい色はもちろん、藤色や黄色、薄緑などパステルカラーの優しい色、あるいはライトグレーやくすみピンクなどシックな色合いの訪問着もおすすめです。柄も四季折々の花や植物をあしらったものなどバリエーションに富んでいます。

注目したいのが、ぼかしや絞りなどの伝統技法を用いた訪問着。繊細なグラデーションや立体感のある模様は、職人の卓越した技術から生まれる芸術品ともいえます。大きいサイズであっても、きっとそうした上質な一着が見つかることでしょう。

訪問着の生地選びも装いを左右する大切なポイントです。正絹の上品な光沢と柔らかな風合いは、特別な日にふさわしいぜいたくな素材感を醸します。盛夏には絽(ろ)の訪問着で、透け感を楽しむのも粋なものです。

色柄や素材の組み合わせは無数にありますので、自分ならではの一着を選ぶ楽しさを味わってみましょう。レンタル店では着物のプロがアドバイスしてくれるので、ぜひ相談してみてくださいね。

モダンからアンティークまで、幅広いデザイン

訪問着はデザインの種類も実に多彩です。古典的な文様をアレンジしたモダンな柄から、レトロな雰囲気が魅力のアンティーク調まで、さまざまなテイストの中から選ぶことができます。

例えば鮮やかな色使いと大胆な構図が目を引く現代的な訪問着は、個性的でありながら上品な装いを演出します。まるでアートのような柄使いは、ワンランク上の着こなしをかなえてくれそうです。一方、シックな色合いと繊細な柄が印象的なアンティーク風のデザインは、古き良き時代の雰囲気を纏って品格ある佇まいに。まるで大正ロマンや昭和レトロの時代にタイムスリップしたような、独特の風合いが楽しめます。

季節感を取り入れたデザインも人気です。淡い色合いの桜や藤をあしらった春柄の訪問着や、紅葉や秋草が美しい秋の一着など、季節やTPOに合わせて選ぶのもおすすめです。その時々の装いを彩る、旬のモチーフにも注目してみましょう。

訪問着レンタルなら、普段は着る機会の少ないデザインにも挑戦しやすいのが魅力です。ぜひいろいろなテイストの訪問着を見比べてみて、ご自身だけのお気に入りの一着を見つけてください。

大きいサイズの訪問着における小物のコーディネート

訪問着のレンタルにおいては、着物本体だけでなく帯や草履、足袋などといった和装小物もセットになっているケースが一般的です。そうした小物のチョイスも訪問着の印象を大きく左右する重要なポイントとなります。トータルバランスを考えたコーディネートがおしゃれな着こなしの秘訣といえるでしょう。

特に大きいサイズの訪問着では、小物使いで細見え効果を狙うのもおすすめです。レンタル店によっては小物のサイズ交換にも柔軟に対応してくれますので、遠慮なく相談してみましょう。ここではそうした大きいサイズの訪問着に合わせる和装小物の選び方や、着こなしのコツを詳しくご紹介します。

帯や小物で印象アップ

準礼装である訪問着に合わせる帯は、フォーマルな袋帯が基本です。観劇や食事会などであれば格調高い文様を用いた名古屋帯を合わせてもよいでしょう。色柄は訪問着に合わせるのが基本ですが、あえて反対色を選んだり、帯自体が主役になるようなインパクトのあるデザインに挑戦するのもすてきです。大きいサイズの訪問着であれば、幅広の帯を選んでウエストのラインをカバーするのもよいかもしれません。

中でも帯揚げと帯締めの組み合わせは、着物のイメージを大きく左右する重要なポイントとなります。例えばシックな色合いの訪問着には、ゴールドやシルバーの帯締めを合わせて洗練された雰囲気を演出。逆に落ち着いた色柄の訪問着には鮮やかな帯揚げを合わせて、上半身に華やかさをプラスするのもすてきですね。ただ大きいサイズの訪問着の場合、ボリュームのある帯締めや帯揚げを選ぶとやや重い印象になってしまう恐れがあるため注意してください。

和装小物に関しては金色や銀色などの箔や、パールやビジューの輝きを取り入れるとより華やかで品格のある装いに。バッグや帯留め、簪などでさりげなくアクセントをつけるのもおすすめです。TPOに合わせてシンプルなデザインを選ぶか存在感のあるアイテムを取り入れるかを使い分けるとよいでしょう。

小物選びのバリエーションは無限大です。いろいろな組み合わせを試せるのも着物レンタルの大きな魅力ですので、洋服のコーディネートを楽しむように、自分らしい訪問着の着こなしを見つけてくださいね。

足袋や草履の選び方も重要

訪問着をはじめ着物に欠かせない足袋は、フォーマルな場では白色の白足袋が原則です。さらに足袋にはフォーマル度を示す指標として、履き口についている薄い金具「こはぜ」の枚数があります。こはぜが5枚のいわゆる「5枚こはぜ」は結婚式のお呼ばれなどの礼装用、「4枚こはぜ」は食事会や観劇といったカジュアル場に用いるもの、とされています。

足袋の素材にも注目してみましょう。伸縮性のある素材を使ったストレッチ足袋は窮屈さを感じにくいため、大きいサイズの訪問着を着用する方にもおすすめ。シルクの足袋は吸湿性に優れています。冬場なら、足元が暖かい裏起毛タイプの足袋も便利です。レンタルセットに含まれている足袋は種類までは選べないことが多いため、ご自身に合うものを別途購入してもよいかもしれません。

草履は台に高さがあるほどフォーマル度が高いとされるほか、色に関しては金や銀がお祝いの場向きといわれています。七五三や卒入学式などお子さまが主役の場では、母親として控えめなデザインにとどめておくのがよいでしょう。

台の高さのある草履は足をスラリと見せる効果もありますので、試着ができるのであれば鏡を通してご自身の立ち姿を見てみましょう。足元は着物姿の要です。履き心地の良い足袋と草履を選んで、一日を快適に過ごせるようにしてください。

訪問着レンタルの利用する際のルール

訪問着を用意するにあたって着物レンタルを利用する際は、レンタル期間や返却方法など、プランの詳細なルールを確認しておく必要があります。

ここでは、大きいサイズの訪問着をレンタルで用意する際に押さえておきたい着物レンタルの要点についてお伝えします。手軽に憧れの着物姿をかなえられるのが着物レンタルの長所です。ちょっとした工夫で、訪問着を纏う一日がワンランク上の特別な日になるはずです。

レンタル期間とサイズ変更の可否をチェック

訪問着のレンタルプランには、レンタル期間や返却方法など、そのプランや店舗ごとにさまざまな条件があります。ご自身が訪問着を利用する予定に合わせて、最適なプランを選ぶことが大切です。あまりにレンタル期間が短いと着用後の返却までバタバタしてしまいますし、かといって期間が長すぎると無駄な利用期間が出る恐れも。

ただ遠方への移動を伴うイベントなどに関しては、余裕を持ったレンタル期間がおすすめです。現地で着付けをしてもらうなどであればその時間も考慮に入れてプランを選ぶなど、スケジュールや着用シーンなどに合わせてレンタル期間を設定しましょう。

また例えば「予約した訪問着よりももっと大きいサイズにすればよかった」というような場合など、サイズに限らずデザインや色柄なども含めて着物の変更ができるかどうかもチェックしておきたいポイントです。手数料や差額をもって変更がきく場合もありますので、規約などを確認してみましょう。

レンタル開始後のトラブル:汚れや破損が出てしまった場合は?

返却方法についても店頭に直接持ち込むのか、宅配便で送ることができるかのを確認しておきましょう。レンタル期間の延長や返却時間の変更はできるのか、可能な場合どの時点まで対応してもらえるかなども、合わせてチェックしておくとよいでしょう。返却期限に遅れてしまった時のペナルティについてもあらかじめ把握しておくと安心です。

また、万が一着用中に汚れや破損が出てしまった場合についての規定も事前に確認しておくと安心です。汚れやシミの程度により、クリーニング料金が追加で発生することがあります。使用中に発生した汚損に対する保険が用意されていれば、加入を検討してもよいでしょう。

「手描き友禅桜や桐、花の本の蜂蜜色の訪問着【hou08】」は、現代スタイルのお嬢さまにも着物を楽しんでいただきたいと思い仕立てた、長身用のゆめやオリジナル着物です。濃いベージュ色に、桜、桐、千代紙などが、手描き友禅で施されています。帯は、竹や桜などが織り出された、西陣織の袋帯を結びました。帯締め、重ね衿も、ゆめやオリジナルです。

信頼できる訪問着レンタルのお店選び

せっかく訪問着を選ぶなら、信頼できる着物レンタル店で借りたいものです。ではその信頼できるお店とは一体どういったお店なのでしょうか。漠然と「大きいサイズの訪問着をレンタルしたい」と考えている場合、そこをいかに汲み取ってくれるかという点などがポイントになりそうです。

充実の品揃えときめ細やかなサポート

訪問着を扱う着物レンタル店の中には、着物のプロが厳選した品揃えが自慢のお店もあります。特に老舗の貸衣装店などではその豊富な知識と経験を活かして、来店したお客さん一人ひとりの体型やニーズに合わせた訪問着選びをきめ細やかにサポートしてくれます。

例えば肩幅が広めの方にはゆったりとした袖付けの訪問着を提案したり、背の高い方には身丈の長い着物をおすすめしたりと、直接来店するお店ならではのサポートがうれしいポイントとなります。「自分にはどんな着物が似合うか分からない」というような不安も、プロの目利きによって適切なアドバイスをもらえるはずです。

トレンドを押さえた上質な訪問着を多数取り揃えているお店も魅力的です。そういったお店はシーズンごとに新しい柄や色が加わるので、いつ品揃えを見ても新鮮な出会いがあることでしょう。定番の古典柄からモダンなデザインまで幅広いラインナップのあるレンタル店なら、TPOに合わせた訪問着選びも楽しく行えるはずです。

実績豊富なレンタル店ならではの視野の広い提案

創業から長年にわたり着物レンタルを手がけてきたような老舗の店では、サイズ展開の広さはもちろん、着物自体の品揃えの豊富さも魅力です。訪問着に限らず色留袖や色無地、付け下げや小紋など、多彩なデザインが用意されています。

当初はなんとなく訪問着がいいと思っていたものの、着用するイベントについてスタッフに話したら「そのシーンなら訪問着よりもこちらの着物が合う」と別の着物を提案してもらえる、というケースもあります。あるいはご自身の体型から大きいサイズ展開の訪問着を探していたけれど、着付け方法や帯の結び方で標準サイズでも十分着こなせますよ、という案内をされることもあるかもしれません。

そういった引き出しの多さこそ、豊富に実績を持つレンタル着物店ならではの気配りであるといえます。こうしたことから、良いお店探しが良い訪問着探しに直結するといっても過言ではないでしょう。

まとめ

訪問着をはじめとする着物のレンタルサービスは、特別な日のおしゃれを手軽に楽しみたい方におすすめの選択肢です。華やかな色、大きいサイズ、奇抜なデザインなど、ご自身のニーズに合った訪問着もきっと見つけることができるでしょう。

着物を着用する機会に、ぜひ訪問着レンタルを利用してみてください。プロのスタッフによる的確な提案とトータルコーディネートで、理想の着物美人を目指せるはずです。

特別な一日が、より思い出深いものになりますように。着物という日本の伝統文化に触れる楽しさを、存分に味わってくださいね。

〈参考記事〉
https://kashikimono.com/content/abouthoumongi
https://www.kimono-365.jp/kimonoblog/001/訪問着のサイズ表
https://kimono-rentalier.jp/column/summer-kimono/summer-kimono-ro-sya/
https://meishoan.jp/knowledge/manner/tabinokoto1

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

袂と裾に扇模様の五つ紋付黒引き振袖【fuh43】

【着物のプロ監修】格上の着こなしがかなう、黒のアンティーク着物の選び方

はじめに 日本の伝統と美しさを象徴する着物。数ある着物の中でも「アンティーク着物」は、独特の風合いと歴史の重みを感じさせてくれます。特に黒のアンティーク着物は、シックでありながら華やかな柄が特徴で、多くの人々を魅了してき […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!