着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖【hak105】

【着物のプロ監修】袴レンタルガイド:卒業式にぴったりの選び方

はじめに

卒業式は、学生生活の締めくくりとして、忘れられない特別な日です。特に女性にとっては、一生の記憶に残る華やかな装いを選ぶ機会でもあります。その中心となるのが「袴」(はかま)です。袴は、伝統的な日本の衣装で、特に卒業式に着用されることで知られています。この記事では、袴レンタルの基本と、卒業式で袴を選ぶことの意味について詳しく掘り下げていきます。

袴レンタルの基本

袴のレンタルサービスは、卒業式を控えた学生にとって非常に重宝されています。レンタルとは、着物や袴などの衣装を一定期間借りることで、高価な衣装を購入することなく、特別な日にふさわしい装いを楽しむことができます。レンタルの流れは一般的に、事前の予約、店舗での試着、サイズや色、スタイルの選定、着付けの方法、そして当日の着用というステップで進みます。多くの店舗では、振袖や袴をセットでレンタルできるプランを用意しており、料金には着付けや小物のレンタルも含まれています。

卒業式の袴に込められた意味

卒業式で袴を着用することには、ただ華やかに見せたいという理由以上の意味があります。袴は、学び舎を卒業し、新たな人生へと歩み出す女性の成長と自立を象徴しています。色や柄、スタイルにはそれぞれ意味が込められており、例えば、淡い色の袴は若々しさや清潔感を、紺や黒といった濃い色の袴は落ち着きや格式を表しています。また、桜や菊といった季節の花をあしらった柄は、日本の四季を感じさせ、卒業という節目を祝う縁起の良い伝統的な意味を象徴しています。

2024年の卒業式では、伝統を重んじつつも、個性を表現するためのさまざまなスタイルの袴が選ばれています。コーディネートの自由度が高く、自分だけのスタイルを作り出す楽しみもあります。袴を選ぶ過程では、自分の体型に合ったサイズの選び方、着物や袴の色と自分の肌色との調和、当日のヘアスタイルや小物との組み合わせなど、細部にわたってこだわりを持つことが大切です。また、前撮りや当日の写真撮影を考えると、写真映えする色や柄を選ぶこともポイントです。

このように、袴レンタルは卒業式を迎える上で欠かせない要素の一つです。次は、袴レンタルの流れについて、より詳しく見ていきましょう。

袴レンタルの流れ

卒業式で袴を着ることが決まったら、次に必要なのは袴のレンタルです。袴レンタルのプロセスは簡単でわかりやすいステップで構成されていますが、事前の準備と計画性がスムーズなレンタル体験の鍵となります。ここでは、予約から返却までの流れと、事前に準備すべきことについて具体的に見ていきましょう。

予約から返却までのステップ

  1. 予約: 卒業式の数カ月前、特に人気のシーズンでは半年以上前にはレンタルの予約を行います。多くの店舗ではオンライン予約が可能ですが、直接店舗に訪れて相談することもできます。
  2. 下見と試着: 予約後、店舗を訪れて実際に袴や着物を見て、試着をします。この時、色や柄、サイズなど自分に合ったものを選びます。
  3. プランと料金の確認: 袴セットの内容(着物、袴、小物など)と料金プランを確認します。追加のサービス(ヘアセット、写真撮影など)がある場合はこの時点で確認しておくと安心です。
  4. サイズ調整とコーディネートの決定: 試着を通じて、必要なサイズ調整を行います。また、小物の色やスタイルもこの時に決めます。
  5. 前撮り: 前撮りを希望する場合は、卒業式の数週間前から1カ月前に行います。前撮りは、式当日よりリラックスして写真を撮ることができるというメリットがあります。
  6. 当日の着付け: 卒業式当日、店舗または指定の場所で着付けを受けます。プロの手による着付けで、一日中美しい着姿を保つことができます。
  7. 返却: 卒業式終了後、指定された期日までに袴セットを店舗に返却します。多くの場合、クリーニング不要で返却できるので手間がかかりません。

事前に準備すべきこと

  • 日程の確認: 卒業式の日程はもちろん、前撮りや試着をする日程も早めに確認しておきます。
  • 予算の設定: レンタルの料金プランを事前に調べ、予算内で収まるよう計画を立てます。追加サービスの利用も検討しておくと良いでしょう。
  • スタイルのイメージ: どのような色や柄の袴を着たいか、どんなコーディネートを希望するか、事前にイメージを固めておくとスムーズです。
  • 身体のサイズ: 試着の際に必要な自分の正確なサイズを把握しておくことで、より適切な袴を見つけることができます。
  • アクセサリーや小物の準備: 袴セットに含まれていないアイテムがあれば、自分で用意する必要があります。ヘアアクセサリーや足袋など、小さなアイテムも大切なポイントです。

袴レンタルの流れを把握し、事前準備をしっかりと行うことで、卒業式当日はよりリラックスして特別な一日を過ごすことができるでしょう。次は、卒業式での袴の選び方について、さらに詳しく紹介します。

鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖【hak105】
「ゆめや」が提供する、白に赤で鹿の子絞りと板締め絞りがほどこされた上質の正絹地に、花々が手描き・手刺繍で描き出された、品格のある豪華な小振袖です。帯や袴は重めの色を合わせるとすてきでしょう。

卒業式での袴の選び方

卒業式の袴選びは、一生に一度の特別な瞬間を彩る大切なプロセスです。色や柄、季節感や学校の伝統に合わせた選び方は、卒業式の日のあなたをより美しく、そして印象的に見せてくれます。ここでは、袴選びの際に考慮すべきポイントを色と柄、そして季節や学校の慣例に分けて詳しく紹介します。

色と柄の選び方

袴や着物の色や柄を選ぶ際には、自分の好みはもちろん、肌色や髪色との調和を考えることが大切です。卒業式は春に行われることが多いので、季節感を反映した明るい色や、春の花をモチーフにした柄が選ばれることが多いです。

  • : 明るいピンクや淡い黄色、優しいベージュなどのパステルカラーは、若々しさと春の訪れを感じさせます。一方で、落ち着いた紺や深い緑、シックな黒は、格調高く成熟した印象を与えてくれます。自分の個性や、卒業式の日にどのようなイメージを表現したいかを考えて選びましょう。
  • : 華やかな花柄や伝統的な格子柄、そして無地のシンプルなデザインまで、袴や着物の柄は多種多様です。大胆な柄は存在感を放ち、シンプルな柄や無地は上品な印象を与えます。また、桜や梅の花など、季節を象徴する柄を選ぶと、卒業式らしい華やかさを演出できるでしょう。

季節や学校の慣例に合わせた選び方

卒業式は、それぞれの学校や地域によって異なる伝統や文化があります。これらの慣例に合わせた袴選びも重要なポイントです。

  • 季節感: 卒業式が行われる季節に合わせて、素材や色、柄を選びましょう。春に行われる卒業式では、軽やかで明るい色合いが好まれますが、寒い地域では暖かみのある素材や色が適しています。
  • 学校の慣例: 学校によっては、卒業式の服装に関する規定や慣習があります。例えば、落ち着いた色の袴を選ぶよう指定している場合や、特定の色を避けるよう求められることもあります。先輩や先生からアドバイスをもらうことで、式典にふさわしい選択ができるでしょう。

袴の選び方一つで、卒業式の日の印象は大きく変わります。色や柄、季節感や学校の伝統を尊重しながら、自分らしさを表現する袴を選ぶことで、思い出深い卒業式を迎えることができるでしょう。次は、レンタルプランと価格について、より詳しく解説します。

レンタルプランと価格の理解

卒業式に袴を着用するにあたり、レンタルサービスを利用する方が年々増加しています。レンタルプランを選ぶ際には、自分のニーズに合ったプランを選び、価格と含まれるサービスをしっかり理解することが重要です。ここでは、レンタルプランの種類とその特徴、そして価格帯とサービス内容について詳しく解説します。

レンタルプランの種類と特徴

多くの袴レンタル店では、顧客のさまざまなニーズに応えるため、多様なレンタルプランを提供しています。主に以下のようなプランが一般的です。

  • スタンダードプラン: 着物、袴、基本的な小物がセットになった基本プランです。卒業式に必要なものがひととおりそろっており、初めて袴をレンタルする方にもおすすめです。
  • プレミアムプラン: スタンダードプランに加え、より高級な着物や特別な小物、ヘアセットなどのオプションサービスが含まれるプランです。特別な一日をさらに華やかに演出したい方に向いています。
  • フルセットプラン: 着物、袴はもちろん、ヘアメイク、写真撮影サービスまで含まれる、トータルコーディネートプランです。事前の準備や当日の手配を一括で行いたい方に最適です。
  • カスタマイズプラン: 顧客の要望に応じて、着物や袴、小物を自由に組み合わせられるプラン。自分だけのオリジナルコーディネートを楽しみたい方にぴったりです。

価格帯と含まれるサービス

レンタルプランの価格は、含まれるアイテムやサービスの内容によって大きく異なります。一般的な価格帯とそれぞれのプランに含まれるサービスの例を以下に挙げます。

  • スタンダードプラン: 約10,000円から20,000円程度。着物、袴、基本小物セットが含まれます。着付けやヘアセットは別途料金が発生する場合が多いです。
  • プレミアムプラン: 約20,000円から40,000円程度。高級着物や特別な小物、ヘアセットのオプションが含まれることがあります。
  • フルセットプラン: 約30,000円から50,000円以上。着付け、ヘアメイク、写真撮影まで含まれるトータルコーディネートプランです。価格はサービス内容によって大きく変わります。
  • カスタマイズプラン: 価格は選択するアイテムやサービスによって異なります。自分で選んだアイテムによっては、プレミアムプラン以上の価格になることもあります。

袴レンタルを利用する際は、事前に複数の店舗のプランと価格を比較し、自分の希望や予算に合ったプランを選ぶことが大切です。また、予約時にサービスの詳細や追加料金が発生する可能性についても確認しておくと良いでしょう。次は、サイズ選びと試着の重要性について、さらに詳しく紹介します。

サイズ選びと試着の重要性

卒業式の袴選びにおいて、サイズ選びと試着は非常に重要なステップです。袴や着物は日常着とは異なるため、正しいサイズを選ぶことで美しい着姿を実現し、快適に過ごすことができます。ここでは、正しいサイズの選び方と試着をするメリットについて詳しく解説します。

正しいサイズの選び方

袴や着物のサイズ選びでは、以下の点に注意してください。

  • 身長と裄: 身長は袴の丈を選ぶ際の基本となります。裄(ゆき)は、肩から手首までの長さで、着物のサイズを決める重要な要素です。裄が合っていないと、袖の長さが不自然に見えたり、動きづらくなったりするため、注意が必要です。
  • ヒップサイズ: 袴はヒップサイズにも影響されます。特に女性の場合はヒップサイズに合わせて袴を選ぶことで、美しいシルエットを保つことができます。
  • 着物の丈: 着物の丈も重要です。短すぎると足元が見えてしまい、長すぎると着崩れの原因になります。着物の丈は、足の甲がわずかに見える程度が理想的です。

試着をするメリット

試着は、ただサイズが合っているか確認するだけでなく、以下のような多くのメリットがあります。

  • 着心地の確認: 着物や袴は長時間着用するため、着心地が良いかどうかを確認することが大切です。特に、動きやすさや素材の感触は、実際に着てみないとわかりません。
  • 全体のバランスの確認: 試着をすることで、袴や着物、小物の全体のバランスを確認できます。色や柄が自分のイメージどおりに合っているか、アクセサリーやヘアスタイルとの相性もチェックできます。
  • 修正や調整の余地を確保: 試着を行うことで、必要な修正や調整があれば事前に対応できます。例えば、袴の丈を少し短くする、着物の裾を調整するなど、当日までにピッタリのサイズに仕上げることができます。
  • 自信を持って当日を迎える: 試着をして全てが完璧であることを確認できれば、卒業式当日をより自信を持って迎えることができます。安心感を持って特別な一日を楽しむことができるでしょう。

袴や着物のレンタルを検討する際は、必ず試着の時間を設け、サイズやスタイル、着心地などをしっかりとチェックすることをおすすめします。次は、着付けとヘアスタイルのポイントについて、さらに詳しく紹介します。

着付けとヘアスタイルのポイント

卒業式の袴姿をより美しく魅力的に見せるためには、着付けとヘアスタイルに気を配ることが大切です。正しい着付け方法をマスターし、卒業式にふさわしいヘアスタイルを選ぶことで、一日中快適に過ごしながら、美しい姿を保つことができます。ここでは、着物姿を美しく見せる着付けのコツと、卒業式におすすめのヘアスタイルについて解説します。

着物姿を美しく見せる着付けのコツ

着物や袴を着る際には、以下のポイントを押さえることで、より美しい着姿を実現できます。

  • 衿元の整え方: 着物の衿元は、清潔感と上品さを表現する重要な部分です。衿元を適切に整え、首筋が美しく見えるようにしましょう。女性の場合、衿を少し後ろに引いて、うなじをきれいに見せると良いでしょう。
  • 帯の結び方: 帯は着物姿のアクセントとなるため、しっかりと結ぶことが大切です。袴を着用する場合は、帯を平らに結び、袴の上部にきれいに収まるようにします。
  • 着崩れ防止: 長時間着物を着用するためには、着崩れを防ぐ工夫が必要です。着付け小物を活用し、特に袖口や裾の部分が動きによって乱れないように気をつけましょう。

卒業式におすすめのヘアスタイル

卒業式の袴に合わせるヘアスタイルは、着物の雰囲気や自分の好みに合わせて選びます。以下は、卒業式におすすめのヘアスタイルの例です。

  • クラシカルなアップスタイル: まとめ髪やシニヨンは、着物姿にクラシカルな美しさをプラスします。顔周りをすっきりと見せることができ、着物の衿元も美しく映えます。
  • 華やかなハーフアップ: 前髪やサイドの髪をほどよく引き出し、残りの髪をアップにするスタイルは、華やかさとカジュアルさを兼ね備えています。アクセサリーを加えることで、さらに華やかな印象に。
  • 編み込みを加えたスタイル: 編み込みは、ヘアスタイルに立体感と動きを与えます。袴の色や柄に合わせて、ヘアアクセサリーをプラスすると、いっそうの華やかさを演出できます。

卒業式の袴姿を引き立てるためには、着付けとヘアスタイルにこだわることが重要です。自分のスタイルに合った着付けとヘアアレンジを見つけることで、卒業式の思い出をより特別なものにすることができるでしょう。次は、和装小物とのコーディネートについて、さらに詳しく紹介します。

和装小物とのコーディネート

卒業式の袴姿をよりいっそう引き立てるためには、和装小物の選び方とコーディネートが重要です。和装小物一つ一つが持つ独特の美しさと意味を理解し、自分の袴や着物と合わせることで、トータルコーディネートの完成度を高めることができます。ここでは、和装小物を使ったスタイルアップの方法と、凛風を生かした飾りの選び方について紹介します。

和装小物を使ったスタイルアップ

和装小物を上手に取り入れることで、袴姿にさらなる魅力を加えることができます。以下は、スタイルアップに効果的な和装小物の例です。

  • 帯締めと帯揚げ: 帯締めと帯揚げは、着物の色や柄とのコントラストを楽しむことができる小物です。帯揚げは帯の上に少し見せることで、装いに深みと華やかさをプラスします。帯締めは色や素材で遊ぶことができ、全体の印象を引き締める役割があります。
  • 足袋: 足袋は和装の基本的なアイテムでありながら、コーディネートのアクセントとしても活用できます。白無地の足袋が一般的ですが、最近では色足袋や柄入りの足袋も人気があり、足元から個性を表現することができます。
  • 草履: 草履は袴姿の足元を飾る大切なアイテムです。草履の鼻緒の色や素材、デザインを着物や袴と合わせることで、足元から統一感のある装いを完成させることができます。
  • 和装バッグ: 和装バッグは、実用性と装飾性を兼ね備えた小物です。袴や着物の色と合わせることで、さりげなくコーディネートに取り入れることができます。

本紋に花薬玉が描かれた十三参り小振袖【hak79】
お嬢さまの十三参りのために「ゆめや」がご用意したアンティーク小振袖です。本紋が艶やかに浮き出た正絹の綸子地が桃色に染められ、花々や源治車、花薬玉が、手描き、手刺繍で描かれております。きものの所々に使われた色と馴染むような、からし色やエンジ色の袴と合いそうです。

凛風を生かした飾りの選び方

凛風(りんぷう)とは、「凛然たる風格」を意味し、和装における涼やかで清楚な美しさを指す言葉です。凛とした美しさを和装小物で表現するには、以下のポイントに注意します。

  • 髪飾り: 卒業式のヘアスタイルに合わせた髪飾りは、凛風を感じさせる演出をするのに最適です。シンプルながらも上品な花飾りや、伝統的なかんざしを使うことで、和の美しさを際立たせることができます。
  • 扇子: 扇子は、和装に欠かせないアイテムの一つです。持ち歩くだけでなく、ポーズや表情を引き立てる小道具としても活用できます。色や柄を袴や着物と合わせることで、装い全体の調和を図ることができます。
  • 簪(かんざし): 簪は、髪にさすだけで、立体感と華やかさをプラスしてくれるアイテムです。伝統的なデザインのものからモダンなデザインのものまで、幅広い選択肢があります。

和装小物を上手にコーディネートすることで、袴姿の魅力を最大限に引き出すことができます。自分のスタイルに合った小物選びを楽しんで、卒業式をより特別な日にしましょう。次は、最後のアドバイスとして、この記事の内容をまとめて紹介します。

まとめ

卒業式は、学生生活の節目を飾る大切な日です。袴を着用してこの特別な日を迎えるにあたり、袴レンタルの選び方から着付け、ヘアスタイル、和装小物のコーディネートに至るまで、細部にわたってこだわりを持つことが、卒業式をより美しく、そして思い出深いものにする鍵となります。

卒業式で輝く袴レンタルのポイント

  • 早めの予約: 袴レンタルは早めに予約することで、希望の袴を確実に手にすることができます。特に人気のシーズンには、数カ月前から予約を開始することが一般的です。
  • 試着を重視: 袴や着物の試着は、サイズや着心地、全体のバランスを確認するために必要不可欠です。事前に試着を行うことで、当日の着姿をより美しく保つことができます。
  • アクセサリーと小物の選び方: 袴姿を引き立てるアクセサリーや小物の選び方にも注意を払いましょう。和装小物一つ一つが持つ意味や美しさを理解し、トータルコーディネートを楽しむことが大切です。

2024年卒業式に向けてのアドバイス

  • パーソナルスタイルの追求: 自分だけのスタイルを大切にし、パーソナルな魅力を最大限に引き出す袴や小物を選びましょう。自分にとって最適な色やデザイン、アクセサリーを選ぶことで、卒業式の日をより特別なものにすることができます。
  • プロフェッショナルの意見を参考に: 着付け師やヘアスタイリストなど、プロフェッショナルの意見を参考にすることで、より洗練された着姿やヘアスタイルを完成させることができます。特に初めて袴を着る場合は、専門家のアドバイスを積極的に求めましょう。
  • 事前準備とリハーサル: 卒業式当日をスムーズに迎えるためには、事前の準備とリハーサルが重要です。着付けの練習やヘアスタイルの試し結びを行うことで、当日の不安を軽減し、自信を持って式典に臨むことができます。

2024年の卒業式に向けて、袴レンタルから着付け、小物選びに至るまで、この記事があなたの準備をサポートする一助となれば幸いです。卒業式の日を輝かしいものにするために、細部にまでこだわりを持ち、自分らしさを表現してください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖【hak59】

【2024年最新版】卒業式の袴スタイルを格段におしゃれに魅せる小物選び

はじめに:袴と小物で魅せるおしゃれの秘訣 袴と小物のコーディネートの重要性 卒業式や成人式といった特別な日に、袴を着用する際、「小物のコーディネート」が、おしゃれさを左右します。袴自体ももちろん大切ですが、小物をどう組み […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!