七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【2024年最新版】七五三を彩る!7歳の女の子のための着物選び

はじめに

七五三は、お子さまたちの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。そんな特別な日に着る着物選びは、親御さんにとってもお子さまにとっても、七五三を彩る楽しみの一つと言えます。しかし、着物や和装に詳しくない方にとっては、どのように選べば良いのか、何を基準にすれば良いのか、迷うことも多いでしょう。

七五三の着物選びは、ただ単に美しい和服を選ぶだけではありません。お子さまの成長を祝い、家族の絆を深める大切な儀式の一部として、その価値を理解し、心を込めて選ぶことが重要です。東京と山梨で、純粋な絹100%の正絹アンティーク着物を中心に取り扱う私たちが、長年の経験と知識を基に、七五三の着物選びのポイントをご紹介します。この記事が、七五三を迎えるお子さまとその家族にとって、有意義な情報源となることを願っています。

七五三:7歳の女の子に選ぶ着物

七五三は、お子さまたちの健やかな成長を祝う大切な日です。ここでは、7歳の女の子が、七五三で着用する着物の基礎知識として、「正絹の着物」「フルセットとセットの違い」について解説します。

正絹とは?七五三におすすめの理由

正絹とは、絹100%で作られた着物のことを指します。絹は天然の繊維で、その美しい光沢としなやかな質感が特徴です。七五三で正絹の着物を選ぶ理由は、その高級感と伝統的な美しさにあります。特に、七五三はお子さまの成長を祝う節目の行事であり、この日だけは特別な衣装を着せてあげたいと考える親御さんが多いでしょう。

正絹の着物は、光の当たり方によってさまざまな表情を見せるため、写真撮影でも映える一着となります。また、正絹は保温性と吸湿性に優れており、お子さまが一日中快適に過ごせるという実用的なメリットもあります。さらに、正絹の着物は丈夫で長持ちするため、家族の次世代に受け継ぐことも可能です。これらの理由から、七五三には正絹の着物がおすすめされるのです。

フルセットとセットの違いとは?

七五三の着物を選ぶ際には、「フルセット」と「セット」の違いを理解しておくことが重要です。フルセットとは、着物に必要な小物が全て揃った状態で提供されるものを指します。具体的には、着物、長襦袢、帯、草履、バッグ、髪飾りなど、七五三で必要となるアイテムが一式含まれています。これに対して、セットとは、着物と帯、場合によっては長襦袢が含まれるものの、草履や髪飾りなどの小物が含まれていないパッケージのことを言います

フルセットを選ぶメリットは、何もかもが揃っているため、別途小物を探す手間が省けることです。また、全てのアイテムが色や柄で統一されているため、コーディネートに迷うことがありません。一方で、セットの場合は、自分で小物を選ぶ楽しみがあり、より個性的なコーディネートを楽しむことができます。ただし、小物選びには和装の知識がある程度必要となります。

どちらを選ぶかは、親御さんの予算や、着物に対するこだわり、準備にかけられる時間などによって異なります。フルセットであれば準備が簡単ですが、セットであればより自分たちのスタイルを反映させることができるでしょう。

七五三着物レンタルのメリットと注意点

七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。そんな特別な日には、美しい着物を着せてあげたいものですが、購入するとなると高価であること、また一度しか着ない可能性が高いことから、レンタルを選択する方が増えています。ここでは、七五三着物をレンタルする際のメリットと、注意すべきポイントについて詳しく解説します。

なぜレンタルがおすすめなのか?

七五三の着物レンタルがおすすめされる理由はいくつかありますが、まず、コストパフォーマンスの面で大きなメリットがあります。先ほどご紹介した正絹の着物やフルセットの購入は非常に高価であるにも関わらず、成長期のお子さまにとっては一度きりの使用になりがちです。しかし、レンタルであれば、一定の料金で高品質な着物を選ぶことができ、経済的負担を大きく軽減できます。

また、レンタルショップでは、豊富な種類の着物から選ぶことができます。古典的な柄からモダンなデザインまで、お子さまの好みや特性に合わせて選べるため、理想の一日を演出することが可能です。さらに、着付け小物一式がセットになっているため、準備が簡単である点も魅力の一つです。

レンタルのもう一つの利点は、プロの着付けサービスを利用できることです。多くのレンタルショップでは、着付けサービスを提供しており、着崩れの心配なく七五三を迎えることができます。これらのメリットから、七五三の着物レンタルは多くの家庭にとって魅力的な選択肢となっています。

レンタル時のチェックポイント

七五三の着物をレンタルする際には、いくつかのポイントを確認しておくことが重要です。まず、レンタル期間と料金をしっかりと確認しましょう。レンタル期間はショップによって異なりますので、事前に確認しておくことで当日慌てることがありません。

次に、サイズ選びです。お子さまの成長は早いため、事前に正確なサイズを測定し、レンタルショップに相談することが大切です。また、着物の色や柄だけでなく、素材にも注目しましょう。特に、正絹の着物は肌触りが良く、豪華な見た目が特徴ですが、お子さまの肌に合うかどうかも考慮する必要があります。

レンタル契約をする際には、キャンセルポリシーも確認しておくことが大切です。万が一の事態に備え、キャンセル時の条件を理解しておくと安心です。また、着物や小物の汚損、破損に関する規定もしっかりと確認しておきましょう。

最後に、レンタルショップの評判や口コミも参考にするとよいでしょう。実際に利用した人の声を聞くことで、サービスの質や対応の良さを事前に把握できます。これらのチェックポイントを押さえることで、七五三の着物レンタルをスムーズに、そして満足いく形で行うことができるでしょう。

7歳の女の子にぴったりの着物の選び方

着物の基礎知識とレンタルのメリットやポイントについてご理解いただけたところで、いよいよ7歳の女の子にぴったりの着物選びのポイントをご紹介します。適切なサイズ、素材、そして何よりも彼女が喜ぶデザインを選ぶことが重要です。

色と柄で表現する七五三のお祝い

7歳の七五三の着物を選ぶ際には、色と柄でその日のお祝いの気持ちを表現することが大切です。赤やピンクといった明るい色は、女の子の可愛らしさを引き立てるだけでなく、お子さまの健やかな成長を願う気持ちをも象徴しています。また、紫や緑といった色も、格式高いお祝いの場にふさわしい選択となります。

こちらは、ゆめやでレンタル可能な、アンティーク色振袖から仕立て直した、五つ紋付き7歳用の祝着です。深い紫色の錦紗縮緬に、たくさんの種類の菊の花が手描き、手刺繍で描かれています。地色と対照的な淡い色合いで、とても華やかです。衿、裾回し、振りは赤い絞りの羽織の生地を使っています。色振袖と羽織の両方を使い、帯、巾着バッグ、髪飾りも仕立てています。画像ではやや濃い紫に見えるかもしれませんが、実際は可愛らしい紫色をしているので、7歳のお子さまにもきっと似合うはずです。

次に柄に関しては、七五三はお子さまの成長を祝う行事であることから、お子さまらしさを感じさせる明るく華やかな柄が好まれます。特に、花柄や動物、伝統的な幸せを象徴する柄(鞠、菊、鶴、亀、松竹梅など)は、七五三にふさわしい選択肢と言えるでしょう。これらの柄は、お子さまの長寿や幸せを願う親御さんの気持ちを表しています。また、季節の花をあしらった着物もまた、その時期ならではの美しさを演出し、写真撮影でも映える選択肢となります。

幸福を意味する柄でしたら、こちらの着物もゆめやでお取り扱いがございます。アンティークの嫁入り衣装から仕立てた7歳用の祝着です。真っ赤な平絹に淡いトーンの鶴、松や菊が描かれ、手刺繍が施されています。振りや裾回しには淡いピンク色の絞り生地を使用し、同じ生地からおそろいの巾着バッグを仕立てました。目が覚めるようなきれいな赤は、秋空のもとでも映えることでしょう。

ただし、ただ華やかに映えるだけでなく、着用するお子さまの個性や好みに合わせて選ぶことも大切です。例えば、落ち着いた色合いの着物に惹かれるお子さまもいますし、アンティークやレトロなデザインに惹かれるお子さまもいます。大切なのは、着用するお子さまの「好き」を尊重することです。お子さまの気持ちに寄り添った選択をすることで、より心に残る七五三となることでしょう。

七五三着物の小物使いで差をつける

前章で着物の選び方をご紹介しましたが、着物だけでなく小物使いにもこだわることで、より一層華やかで個性的な装いを実現できます。ここでは、7歳の七五三における小物の選び方をご紹介します。小物一つ一つが持つ意味や役割を理解し、七五三の日に最適なコーディネートを目指しましょう。

必須!七五三に合わせる小物一覧

七五三の着物をより美しく見せるためには、以下の小物が必須です。

  • 帯結び用の小物:美しい帯結びを保つためには、帯枕や帯締めが必要です。これらは帯の形を整え、一日中美しい状態をキープします。
  • 足袋:足元の美しさを演出し、着物姿を一層引き立てます。色や柄を着物や帯と合わせることで、統一感のある装いになるでしょう。
  • 草履:七五三の着物には欠かせない足元のアイテムです。お子さま用の草履は、歩きやすさと見た目の美しさを兼ね備えています
  • 髪飾り:髪型を華やかに彩る髪飾りは、七五三の装いに欠かせません。花やリボンなど、着物の色や柄に合わせて選びましょう。
  • 長襦袢:着物の下に着ることで、着姿を美しく見せるとともに、着物を汗から守ってくれます。

これらの小物を選ぶ際には、着物の色や柄、素材に合わせて、全体のバランスを考えることが大切です。特に、髪飾りや草履、足袋は、七五三の着物の印象を大きく左右するアイテムですので、慎重に選びましょう。

足袋や草履、帯の選び方とコーディネート術

七五三の着物を引き立てる小物の選び方とコーディネートには、以下のポイントがあります。

  • 足袋:足袋は、着物の色に合わせて選ぶのが基本です。白やクリーム色はどんな着物にも合わせやすく、無難な選択です。しかし、少し冒険をして、着物や帯に使われているアクセントカラーを足袋に取り入れると、足元からコーディネートに統一感を出すことができます。
  • 草履:草履は、七五三の着物の色や柄、季節感を考慮して選びます。明るい色の着物には、同じく明るい色の草履を合わせると良いでしょう。また、草履の鼻緒の色や柄も重要で、着物や帯とのバランスを考えて選びましょう
  • :帯は着物の中でも特に目立つ部分です。七五三では、お子さまらしさと華やかさを兼ね備えた帯を選ぶことが多いです。帯の色や柄は、着物に合わせて選ぶことが基本ですが、コントラストを効かせることで、より一層着物が映えることもあります。

これらの小物を選ぶ際には、全体のバランスを見ながら、着物や帯、小物それぞれが互いに引き立て合うように心がけましょう。また、七五三の日には長時間着物を着ることになりますので、見た目の美しさだけでなく、お子さまが快適に過ごせるかどうかも重要なポイントです。

七五三の写真撮影で役立つ着物の着崩れ防止術

七五三の記念撮影は、お子さまの成長を祝う大切な瞬間の一つです。特に7歳の女の子の着物姿は、その華やかさと色彩の美しさで、一生の思い出に残る写真となります。しかし、着慣れない和装での長時間の撮影は、着崩れを引き起こしやすく、せっかくの美しい着姿も台無しになってしまうことがあります。そこで、本章では着崩れを防ぎながら美しい姿を保つための準備と、撮影時のポーズについてご紹介します。

着崩れを防ぐための準備とは?

着崩れを防ぐためには、着付けの段階での注意が重要です。まず、着物と帯はお子さまのサイズに合ったものを選びます。特に素材は、正絹など品質の高いものを選ぶことが大切です。正絹の着物は、その美しい光沢としなやかさで、動きやすく、形も崩れにくい特性があります。

  • 着付けの基本:着物の着付けは、襦袢から始め、着物の裾合わせ、衿の合わせ方に注意しましょう。特に、7歳の女の子の場合、帯結びはしっかりと固定することがポイントです。帯結びには、安定感のある「お太鼓結び」が推奨されますが、動きやすさを考慮して「文庫結び」を選ぶ場合もあります。
  • 小物の活用:腰紐や帯枕、帯締めを適切に使用することで、着崩れを防ぎます。腰紐は着物の形を整え、帯枕はお太鼓結びの形を美しく保ち、帯締めは帯の位置を固定します。
  • 長襦袢の役割:長襦袢は着物の下に着ることで、着崩れを防ぎ、また汗を吸収して着物を汚れから守ります。長襦袢の衿元は、着物の衿と美しく重なるように調整しましょう。

七五三の記念撮影でのポーズ

記念撮影では、自然な笑顔とポーズが最も美しい写真を生み出します。以下に、着崩れを防ぎつつ、美しい姿を引き出すポーズのアイデアをいくつかご紹介します。

  • 立ち姿での撮影:足を軽く開いて立つポーズは、着物の美しさを引き立てます。片手に扇子や小さな花束を持たせると、より華やかな印象になります。
  • 座り姿での撮影正座や横座りは、着物の美しいラインを生かした撮影が可能です。座布団の上に座らせ、帯の結び目がきれいに見える角度から撮影しましょう。
  • 小物を使った撮影:着物に合わせた小物を持たせることで、より一層の和の雰囲気を演出できます。例えば、和傘をさしたり、花を手に持たせたりすると、写真に深みが出ます。

七五三の記念撮影では、お子さまがリラックスして自然体でいられるよう、事前にポーズを練習するのも一つの方法です。また、撮影中は着崩れに注意しつつ、お子さまのペースに合わせて進めることが大切です。これらの準備とポーズのアイデアを活用して、七五三の記念に残る美しい写真を撮影しましょう。

七五三の当日をスムーズに過ごすための準備とは?

七五三はお子さまの健やかな成長を祝う大切な日です。特に7歳の女の子にとって、この日は人生で忘れられない思い出となるでしょう。そんな特別な日を迎えるにあたり、当日をスムーズに、そして楽しく過ごすための準備は非常に重要です。準備不足は思わぬトラブルにつながりかねません。ここでは、七五三当日を迎えるにあたっての流れと時間管理、参拝のマナーと心得についてご紹介します。これらの準備をしっかりと行い、大切な一日を最大限に楽しみましょう。

当日の流れと時間管理

七五三当日は、朝から忙しくなることが予想されます。特に着物を着る場合、着付けには時間がかかります。そのため、前日までに以下の準備をしておくことが大切です。

  • 着物と小物の準備:着物、帯、被布、長襦袢、足袋など、必要なものをリストアップし、当日慌てないように準備しておきましょう。
  • 着付けの予約:自宅で着付けをする場合は、着付け師の予約を忘れずに。美容院での着付けの場合も、予約は必須です。
  • 美容院の予約:髪のセットも重要です。七五三の写真撮影も考えて、ヘアスタイルは事前に決めておきましょう。
  • 参拝時間の計画:参拝する神社は事前に決めておき、混雑を避けるためにも早めの時間帯に訪れることをおすすめします。

当日の朝は、以下のスケジュールで進めるとスムーズです。

  1. 早起きして朝食をとる:体力をつけるためにも、バランスの良い朝食を心がけましょう。
  2. 着付け:予約している時間に遅れないように出発しましょう。自宅で着付ける場合は、余裕をもって開始します。
  3. 写真撮影:神社に行く前に、自宅や庭などで記念撮影をするのもよいでしょう。
  4. 神社への参拝:神社での参拝は、心を込めて行います。お参りの後は、境内での写真撮影も楽しめます。
  5. お食事:参拝後は、家族でお祝いの食事を楽しみましょう。

七五三参拝のマナーと心得

七五三の参拝では、いくつかのマナーを守ることが大切です。特に、着物を着用する場合は、和装特有の注意点もあります。

  • 正装で参拝する:七五三はお子さまの成長を祝う重要な行事です。着物での参拝が一般的ですが、着慣れない場合は事前に練習しておくと良いでしょう。
  • 参拝の作法を守る二礼二拍手一礼の作法で、心を込めてお参りしましょう。
  • 写真撮影は他の参拝者に配慮して:神社での記念撮影は、他の参拝者の迷惑にならないように注意しましょう。
  • お賽銭は清潔なお金を:お賽銭は、新札やきれいな硬貨を用意するとよいでしょう。

七五三の当日は、準備と計画が成功の鍵です。この特別な日が、お子さまにとっても家族にとっても忘れられないすてきな思い出となるように、心から楽しんでくださいね。

まとめ

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。特に7歳の女の子にとっては、人生で初めての大きな節目となり、その記念に選ぶ着物は非常に重要です。この記事では、7歳の女の子の七五三にふさわしい着物選びから、当日を迎えるにあたっての準備まで、幅広くご紹介しました。

着物選びは、ただ単に美しいものを選ぶだけではなく、お子さまの個性や好み、そして成長を祝う行事の意味を考えながら選ぶことが重要です。最も大切なのは、お子さまとその家族がこの特別な日を心から楽しむこと。準備の過程も含めて、家族で協力し合い、喜びを分かち合うことができれば、七五三は忘れられない美しい思い出となるでしょう。この記事が、お子さまの七五三を迎える準備に少しでもお役立ていただければ幸いです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

白地にオシドリと青い鳥の訪問着【hou01】

【2024年最新】七五三で輝く母親のための着物レンタルガイド!

はじめに 七五三は、子どもの成長を祝う日本の伝統行事です。この晴れの日には、母親も子どもと一緒に、日本の伝統的な装いである着物を身にまとい、神社参拝に出かけるのが一般的です。しかし、着物を所有していなかったり、あるいは七 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!