七五三イメージ_kzs

【七五三を祝う】着物レンタルで思い出に残る晴れの日を演出!

はじめに

七五三は、お子さまの健やかな成長を願う大切な伝統行事です。3歳、5歳、7歳のお祝いの節目に、家族揃って神社に参拝し、お子さまの幸せな未来を祈ります。この特別な日には、お子さまの晴れ姿を彩る華やかな着物を用意するのが一般的ですが、良質な着物は購入すると高価なため、レンタルを利用する人も年々増加しています。着物レンタルは、経済的で手軽に七五三のお祝いを楽しめる方法として人気を集めています。本記事では、七五三の着物レンタルについて、基礎知識から選び方、注意点まで詳しく解説します。七五三を控えた親御さんにとって、着物選びの参考になれば幸いです。

七五三の基礎知識:意味と由来、お祝いの時期

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事です。「七」「五」「三」の数字が示す通り、3歳、5歳、7歳の節目に行われるお祝いを指します。七五三の由来や意味を理解することは、この特別な日を迎えるお子さまと家族にとって大切なことです。ここでは、七五三の起源や各年齢のお祝いの特徴について詳しく解説します。

七五三のお祝いの深い意味と由来

七五三は、お子さまの健やかな成長を願う日本の伝統行事です。その起源は、平安時代にまでさかのぼると言われています。当時はお子さまの死亡率が高く、無事に成長したことを神々に感謝し、さらなる健康を願う儀式として始まったそうです。「七」「五」「三」の数字は、陰陽道において「陽」の数とされ、縁起が良いとされてきました。

3歳、5歳、7歳の七五三の違いと特徴

七五三は、お子さまの成長に合わせてお祝いの内容が変化していきます。その違いを知ることで、お子様の晴れの日をより特別なものにできるでしょう。以下に、各年齢の七五三の特徴をまとめてみました。

  • 3歳の女の子が行う「髪置きの儀」:髪を伸ばし始め、初めてのお参り。被布(ひふ) の着用が一般的です。現在では、男の子でもお祝いする傾向もあるようです。
  • 5歳の男の子が行う「袴着の儀」:初めて袴を着用し、一人前の男の子としてのお祝いをします。羽織袴(はおりはかま)を着用することもあります。
  • 7歳の女の子が行う「帯解きの儀」:四つ身(よつみ)や本格的な振袖を着用し、はじめて大人のように帯を締めます。

七五三の着物選びは、お子さまの個性を表現するチャンスでもあります。レンタルでは、多彩なデザインの着物が用意されているので、お子さまの好みや雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいですよ。成長の節目ごとに、思い出に残る装いを選んであげたいですね。

七五三の着物選び:お子さまに合わせたコーディネートのポイント

七五三の着物選びは、お子さまの個性を引き立てるためのコーディネートが重要です。レンタルショップでは、多様なデザインや色柄の着物が用意されているので、お子さまの好みや雰囲気に合わせて選ぶことができます。ここでは、七五三における着物の選び方についてご紹介します。お子さまの成長の節目にふさわしい、すてきな着物姿を演出しましょう。

女の子と男の子の着物の種類と選び方

七五三は、お子さまの健やかな成長を願う大切な行事です。そのため、着物選びは慎重に行いたいもの。まず、お子さまの性別と年齢に合わせて、着物の種類を把握することが大切です。

女の子の場合、3歳では鮮やかな色合いの被布を選ぶのがおすすめです。7歳になると、本格的な四つ身や、大人っぽい雰囲気の着物を選ぶ家庭が多いようです。

紫の縮緬地に扇と花々の五つ紋付三歳祝着」深い紫色の地に手酌や花々を描いた、3歳の女の子用の祝着です。袖や袂、裾にあしらわれた赤色が華やぎをもたらしています。手毬を総手刺繍、小花を手絞りで表したクリーム色の被布を合わせると、さらに愛らしさが引き立ちます。

赤地にパステルカラーの鶴、松、菊の七歳祝着」鮮やかな赤地に鶴や松、菊を描いた7歳の女の子用の祝着です。アンティークの花嫁衣装から仕立てたおめでたい色柄に、成長を祝う気持ちを込めて。

紫地にピンクとブルーの桜が満開の七歳祝着」波紋を織り出した紫色の地に、桜を所狭しと描いた7歳の女の子用の祝着です。祝着とお揃いの帯を締め、帯揚げはピンク色、帯締めは水色を選びました。半襟と抱え帯の赤色が、柔らかな色の取り合わせを引き締めています。

一方、男の子は3歳で被布、5歳で袴や羽織袴を着用します。5歳の袴姿は、とても凛々しく、晴れの日にふさわしい装いですね。また、現在では3歳でも袴を着用する家庭も多いようです。

青海波に帆船、折鶴の三歳祝着」青海波を背景に折り鶴を描いた、3歳の男の子用の祝着です。大きな絞りのやわらかい帯を合わせて、体の負担を軽減しています。初めて着物をお召しになるお子さまも、心地よくお過ごしいただけます。

黒紋付に仙台平袴のアンサンブル モノトーンの五歳祝着」黒とグレーの縞の着物に仙台平の袴、黒紋付きの羽織を合わせた5歳の男の子用の祝着です。羽織から個性的な着物がチラッとのぞき、正統派の装いにさりげなくおしゃれ心を感じさせます。

レンタルショップでは、色柄豊富な着物が揃っているので、お子さまの好みを聞きながら、一緒に選ぶのも楽しいですよ。明るい色が好きな子には、カラフルなモダン柄を。おとなしい雰囲気の子には、落ち着いた色合いの古典柄がおすすめです。お子さまの個性を引き立てる着物選びを心がけましょう。

モダンでレトロな柄の組み合わせ方

最近の七五三の着物は、モダンな柄とレトロな柄を組み合わせるのが人気です。例えば、男の子であれば、鮮やかな色合いの矢羽根柄の着物に、古典的な花柄の被布を合わせるコーディネートは、現代的な雰囲気ながらも、どこか懐かしさを感じさせる組み合わせがすてきです。

モダンな幾何学模様と、レトロな市松模様の組み合わせもおすすめです。メインとなる柄を1つ選び、ほかの柄はシンプルにすることで、無理なくおしゃれを楽しめるでしょう。

着物の柄を主役にする場合は、被布や帯は無地や控えめな柄が良いでしょう。逆に、渋めの古典柄の着物には、ポップな色合いの帯を合わせるのもおしゃれです。お子さまらしい元気さと、和の伝統美を同時に表現できる、モダンでレトロな着こなしに挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、柄の大きさやバランスを考えることも大切です。着付けの際は、お子さまの体型に合わせて、柄の配置を調整することが重要となります。大柄すぎず、小柄すぎない、バランスの良い柄合わせを心がけましょう。

色や柄の組み合わせ方は、お子様の個性を表現するチャンスでもあります。レンタルショップのスタッフさんに相談しながら、自由に楽しんでくださいね。

桃から黄へのぼかしに絵羽模様の一つ紋付三歳祝着」黄色からピンク色にぼかしを施した地に、四季の花を描いた3歳の女の子用の祝着です。地紋を織り出した朱色の被布を合わせて、鮮やかな着物の引き立て役に。

赤地にピンク色の雲取と、御所車や四季の花の三歳祝着」赤色とピンク色の背景に御所車や檜扇、松竹梅などの吉祥柄を緻密に描いた3歳の女の子用の祝着です。被布は、赤地に白梅を絞りで表した艶やかな一着。着物と被布が引き立て合い、この時期だけの愛らしさを引き立てます。

七五三の着物レンタルのメリットと注意点

七五三の着物は、購入すると高価なものが多いにも関わらず、お子さまの成長が早いため、リユースが難しいというデメリットがあります。そこで、現在では着物レンタルを利用する家庭が増えているようです。ここでは、着物レンタルのメリットと注意点についてご説明します。

着物レンタル:予算相場

着物レンタルの最も大きな利点の一つは、そのコストパフォーマンスの高さにあります。購入よりもはるかに安価に、華やかな着物をまとうことができます。レンタル料金は、フルセットで1万円から5万円程度が一般的であり、この金額には着物や帯、被布、草履なども含まれるので、トータルでの費用を抑えることができるのです。

中には、着付け代やヘアセット代も含まれるプランもあるので、お店選びの際はサービス内容をしっかり確認しましょう。お子さまの晴れ姿を、手頃な予算でお楽しみください。

ゆめやでは家族構成や年齢に合わせてお選びいただける、お得な七五三プランをご用意しています。「七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)」七五三のお子さま2人、合計2着のプランです。「七五三・親子プラン お子さま1人とお母様のセット(計2点)」七五三の祝着1着と、お母さまの訪問着1着のプランです。どちらのプランもお子さまの性別を問わず、七五三のどの年齢の祝着でも自由にお選びいただけます。やわらかく体に沿う正絹の祝着に身を包み、思い出に残る晴れの日を迎えていただけます。

フルセットに含まれる小物の種類

着物レンタルの最大の魅力は、着物だけでなく、帯や小物まで一式揃うことにもあります。フルセットには、七五三に欠かせないさまざまなアイテムが含まれています。

例えば、着物や帯、被布(3歳女児の場合)はもちろん、髪飾りや草履、足袋など、着付けに必要な小物が一通り揃っていることが一般的です。男の子の場合は、袴や羽織、懐剣なども含まれることが多いです。これだけの小物が一式レンタルできるので、準備の手間を大幅に省くことができます。特に、髪飾りや草履は、普段使いしないアイテムなので、購入するよりもレンタルがおすすめです。

ただし、レンタルに含まれない小物もあるので、この点では注意が必要となります。例えば、肌着や裾よけ、7歳女児の締め衿などは、自前で用意しなくてはいけないことも。事前に、レンタルに含まれるアイテムを確認し、不足分は別途購入するのがベストです。

小物の準備は意外と大変ですが、レンタルを上手に活用すれば、手間とコストを抑えられます。フルセットプランで、賢く七五三の準備をしてくださいね。

七五三の着物レンタルの流れと手順

七五三の着物レンタルを利用する際は、店舗選びから予約、当日の受け取り、返却までの流れを把握しておくことも大切です。ここでは七五三の準備ができるように、着物レンタルの手順を段階的に解説していきます。

信頼できる着物レンタル店の選び方

レンタル店選びは、七五三準備の第一歩です。信頼できるお店を見つけることが、安心で満足度の高いレンタルにつながります。では、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。

まず、店舗の歴史や実績を確認しましょう。長年の営業実績があり、多くの家族に利用されているお店は、信頼性も高いと言えます。口コミサイトや評判も参考になります。店舗の雰囲気や接客の良さは、利用者の生の声から伝わってきます。

次に、店舗のウェブサイトをチェックします。掲載されている着物のデザインやサイズ、価格帯を見れば、自分の希望に合ったお店かどうか判断できるでしょう。着物のラインナップが豊富で、柄や色のバリエーションが多いお店がおすすめです。

可能であれば、事前の下見も検討してみてください。実際に店舗を訪れ、着物を手に取ることで、質感や状態を直接確かめられます。また、スタッフの対応力や、店内の清潔感なども、この機会に確認しておくと安心です。

信頼できるレンタル店を選ぶことは、七五三準備の肝となる部分です。時間をかけてじっくり探し、理想のお店を見つけてくださいね。

アンティークきものレンタルゆめやでは、貴重なアンティークの祝着や被布をレンタルでご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティーク着物は全て貴重な1点ものです。周りのお子さまと被ることなく、とっておきの装いで七五三に臨んでいただけます。

着物レンタルの予約から返却までの流れ

着物レンタルは、予約から返却まで、いくつかの段階を経て進みます。ここでは、レンタルの一連の流れを詳しく解説しましょう。

まず、レンタル店に予約を入れることから始まります。店舗に直接電話をするか、ウェブサイトの予約フォームに入力します。この際、着物のデザインやサイズ、レンタル期間などを選択します。また、着付けを依頼する場合は、併せて予約が必要です。

レンタル当日は、予約時間に合わせて店舗へと足を運びます。着物や小物を受け取り、着付けをしてもらいます。着付け後は、いよいよ七五三のお参りや写真撮影です。お子さまの晴れ姿を、思う存分楽しんでくださいね。

レンタル期間は、通常2泊3日から5泊6日程度です。ゆとりを持った日程で予約するのがおすすめです。もし、着物のサイズ直しや、小物の追加レンタルなどの要望があれば、予約時に相談しましょう。

返却は、レンタル期間最終日に店舗へ着物を持参します。基本的にクリーニングは不要で、着物を畳んでレンタル時のバッグなどに入れるだけとなります。ただし、万が一汚れや傷がついてしまった場合は、クリーニング代や補償金を請求されることがあります。

以上が、着物レンタルの基本的な流れです。手順を把握して、スムーズに七五三の準備を進めましょう。不明点があれば、遠慮なくレンタル店のスタッフに相談してくださいね。

七五三当日の着付けと髪飾りの装着のコツ

七五三当日は、レンタルした着物を身につけて、晴れの日を迎えます。しかし、着物の着付けや髪飾りの装着は、普段慣れていない人にとっては少し大変に感じるかもしれません。ここでは、自宅で着物を着付ける際の手順と、髪飾りの選び方や付け方のコツを詳しく説明します。当日の準備がスムーズに進められるよう、ぜひ参考にしてください。

自宅で着物を着付ける際の手順と注意点

七五三当日、自宅で着物を着付ける場合は、正しい手順を踏むことが大切です。慌てずに、一つ一つの工程を丁寧に進めましょう。

まず、肌着と裾よけを着用します。次に、長襦袢を着付け、衿を背中心に合わせます。この時、衿元がきれいに抜けるよう、衿合わせに注意してください。
続いて、腰紐を締めて着物の身丈を調整します。着物を着付ける際も、衿合わせと丈に気を付けます。着物の丈は、足首が隠れるくらいが目安です。短すぎても長すぎてもいけません。
二重太鼓を結んだら、帯揚げと帯締めを付けます。最後に草履を履いて、着付け完了です。着崩れを防ぐために、腰紐はしっかりと締めるのがポイントです。

初めての着付けは、少し難しく感じるかもしれません。そんな時は、着付けの手順を解説した本やビデオを参考にしてみてください。動画で手順を確認しながら、ゆっくり進めると良いでしょう

専門家による着付けに頼ることも選択肢の一つですが、家族で協力してお子さまの晴れ姿を作り上げるのも、七五三ならではの思い出となるでしょう。心に余裕を持って、当日の準備に臨んでくださいね。

かんざしや花の髪飾りの選び方と付け方

七五三の着物に合わせる髪飾りは、女の子の可愛らしさを引き立てる大切なアイテムです。かんざしや花の髪飾りを上手に選んで、正しく付ければ、より一層すてきな晴れ姿に仕上がりますよ。

髪飾りを選ぶ時は、着物の色味や雰囲気を考慮するのがおすすめです。例えば、赤やピンクの着物なら、同系色の花飾りを選べば統一感が生まれます。淡いブルーの着物には、白やクリーム色の髪飾りが爽やかに映えるでしょう。古典柄の着物を選んだ場合は、かんざしを合わせるのもすてきです。シンプルな銀色や金色のかんざしなら、古風で上品な雰囲気を演出できます。

髪飾りの付け方は、髪型に合わせて変えるのがコツです。3歳の女の子に多い日本髪や二つ結びなら、後ろ髪の中心に飾りを付けましょう。ハーフアップの場合は、結んだ髪の上部に飾るのが一般的です。ショートヘアやボブの女の子は、耳の上あたりにさりげなく付けるのもおすすめです。

かんざしを使う時は、髪に対して垂直に差し込むように付けます。そうすることで、しっかりと固定され、髪飾りが下がってきてしまうのを防げます。慣れないうちは、練習用のウィッグを使って、事前に付け方を確認しておくと安心です。

当日は、髪飾りを付ける前に、髪をしっかりとブラッシングするのを忘れずに。つやつやの髪に、華やかな髪飾りを添えれば、女の子の晴れ姿がより一層引き立ちます。お子さまの個性に合った髪飾りを選んで、七五三の思い出作りを楽しんでくださいね。

思い出に残る七五三の写真撮影テクニック

七五三の写真は、お子さまの晴れ姿を永遠に残す大切な記念となります。レンタルした着物を着たお子さまの姿を、プロのカメラマンに撮影してもらうことで、より思い出に残る1枚が完成することでしょう。ここでは、写真撮影の準備やカメラマンとの打ち合わせ、お子さまの表情を引き出すコツなどを紹介します。家族みんなが楽しめる、笑顔あふれる撮影になるよう、ぜひ参考にしてください。

写真撮影の準備とカメラマンとの打ち合わせ

七五三の写真撮影では、事前の準備と打ち合わせが鍵となります。

まず、撮影方法を決めましょう。スタジオ撮影、出張撮影、ロケーション撮影など、希望に合ったプランを選びます。次に、撮影日時や場所、所要時間を確認し、予定に合わせて家族みんなの都合を調整します。

撮影当日の流れや持ち物も把握しておきたいポイントです。お子さまの着替えや、髪飾りなどの小物の準備は、特に余裕を持って行いましょう。慌てることなく、撮影に臨めるよう、事前にチェックリストを作っておくと安心です。

カメラマンとの打ち合わせでは、家族構成や撮影スタイルの希望を伝えます。きょうだいでの撮影や、和装に合った背景の使用など、具体的なイメージを相談しておくと良いでしょう。

また、お子さまの性格や特徴を伝えることで、カメラマンがより自然な表情を引き出すことができます。例えば、「人見知りなので、徐々に慣れさせてください」や「おしゃべり好きなので、たくさん話しかけてください」など、お子さまの個性に合わせたリクエストをしてみてくださいね。

カメラマンとの信頼関係が築けると、リラックスした雰囲気で撮影に臨めます。家族みんなで、撮影の準備を楽しみながら進めていきましょう。

お子さまの自然な笑顔を引き出す声かけと雰囲気作り

七五三の写真撮影で一番大切なのは、お子さまの自然な笑顔を引き出すこと。そのためには、家族とカメラマンが協力して、リラックスした雰囲気を作ることが重要です。

撮影時は、お子さまが緊張しないよう、明るく楽しい雰囲気を心がけましょう。家族でお子さまに話しかけたり、面白い話をしたりして、和やかなムードを作ります。カメラマンも優しく語りかけることで、お子さまの緊張をほぐしてくれるはずです。

お子さまの興味を引くような話題や、楽しい思い出話をするのも効果的です。「この前、動物園に行ったよね。どの動物が一番面白かった?」など、お子さまが笑顔になれる話を振ってみましょう。

また、お子さまの好きなおもちゃやぬいぐるみを用意しておくのもおすすめです。撮影の合間に、おもちゃで遊ぶことで、お子さまがリラックスできます。カメラマンさんに「ぬいぐるみのお友だちも一緒に撮ろうか?」と提案してもらうのも良いですね。

撮影は、お子さまのペースに合わせることが大切です。無理せず、楽しみながら進められる時間配分を心がけましょう。家族みんなで自然に笑いあえる雰囲気があれば、お子さまの笑顔も自然と引き出せるはず。カメラマンと相談しながら、思い出に残る1枚を撮影してくださいね。

まとめ

七五三は、お子さまの健やかな成長を願う伝統行事です。そんな大切な記念日には、お子さまの晴れ姿を彩る華やかな着物が欠かせません。七五三の着物レンタルを活用して、お子様の健やかな成長を祝う特別な1日を過ごしてみませんか?家族の絆を深め、思い出に残る時間になるはずです。ぜひ、着物レンタルですてきな七五三をプロデュースしてくださいね。

<参考記事>
https://happy-aday.com/article_detail/8767

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三の意味とは?由来とその魅力を解説

はじめに 日本の伝統的な行事の中でも特に色鮮やかで、家族の絆を深める機会として親しまれているのが「七五三」です。この行事は、お子さまたちの成長を祝い、これからの健やかな成長を祈願する美しい風習です。しかし、この背後にある […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!