桜の花と孔雀の黒留袖【tom04】

【2024年最新】東京で留袖レンタル!試着で理想の一着を選ぶ

はじめに

人生の門出を飾る晴れの日に欠かせない、美しい留袖。結婚式に出席する際、お母さまや親族の女性にとって、留袖選びは大切なポイントです。しかし、一生に数回しか着ない留袖を購入するのは、ハードルが高いもの。

そこで注目されているのが、留袖のレンタルサービスです。本記事では、東京で留袖レンタルを検討している方に向けて、留袖選びのポイントやレンタルの流れについてご紹介します。

留袖とは?:高級着物レンタルのメリット

留袖は、既婚女性が晴れの日に着用する第一礼装で、色鮮やかな柄が織り込まれた、最高級の着物です。特別な日だからこそ、一生心に残る美しい留袖姿で過ごしたいもの。まずは、そんな晴れの日に着用する留袖について詳しくご紹介したうえで、留袖レンタルを利用するメリットについて、見ていきましょう。

留袖は門出を祝う晴れの衣装

留袖は、お子さまの結婚式に出席するお母さまや、親族の結婚式で仲人を務める既婚女性が着用する、晴れの衣装です。その種類は、以下のように分類されます。

留袖の種類特徴
黒留袖黒地に金銀や色糸で柄付け。五つ紋付き
色留袖色糸で柄付け。紋なし。華やかさが人気
白留袖白地に金銀や色糸で柄付け。紋なし

上記の中でも黒留袖は、着物の中でも最も格式が高いとされ、江戸時代に武家の間で礼装として発展してきました。上品な黒の地色に、鶴や松、梅などの吉祥文様が染められた美しい着物。その地色は夫が着用する「紋付」と呼ばれる礼装と同じ色であることから、夫婦そろって黒の礼装を着ることで、家格の高さを示していたと言われています。

現代でも、留袖は晴れの日の第一礼装として、主に親族の結婚式に出席する際に着用されます。お母さまが黒留袖を着ることで、娘の門出を祝福し、親御さんとしての愛情を表現するのだそうです。そんな特別な意味を持つ黒留袖の柄には、一つ一つ由来があると言われています

  • :長寿と幸せを表す縁起の良い鳥
  • :常緑の木として不老長寿、夫婦円満の象徴
  • :節目正しく、しなやかな強さを表す
  • :女性の美しさと気品の象徴

たとえばこちらは、ゆめやで取り扱いのある、昭和の初めころに作られた、錦紗縮緬(きんしゃちりめん)に菊づくしの五つ紋付アンティーク黒留袖です。真っ黒に染められた正絹に、花車、檜扇、菊が手描きされ、部分的に手刺繍や、金泥・銀泥(きんでい・ぎんでい)が丁寧に施されています。まだ仕付け糸が付いたまま、譲り受けました。帯にも、白地に扇が手刺繍されています。扇の中の牡丹や梅も手刺繍で描かれ、手仕事の温もりを感じる一品です。

晴れの日にふさわしい、格調高い留袖姿で過ごせるよう、レンタル店ではこのような品質の高い留袖を豊富に取り揃えています。特に長年続く老舗の呉服店であれば、代々受け継がれてきた経験と知識を活かし、一人ひとりに合った最適な留袖選びをサポートしてくれるでしょう。

留袖レンタル:特徴とメリット

留袖レンタルには、以下のような特徴とメリットがあります。

  • 高価な留袖を購入するよりも、経済的に利用できる。
  • 自分にぴったりのサイズの留袖を選べる。
  • 黒留袖や色留袖など、多様な色柄の中から好みの留袖を選べる
  • 着付けや小物のセットになったお得なプランで、準備の手間を減らせる。
  • 自宅での保管場所や、専門店に出すクリーニングなどのメンテナンスが不要

留袖は正絹(シルク100%)の高級着物であるため、購入すると数十万円から百万円以上の高額になることも珍しくありません。しかし、レンタルなら1回あたり数万円程度の料金で、最高級の留袖を着ることができるのです。

また、レンタル店ではさまざまなサイズの留袖を取り揃えているため、自分にぴったりのサイズを見つけやすいというメリットもあります。店頭でじっくり試着をしながら、プロのスタッフからアドバイスをもらえるので、初めての方でも安心して選ぶことができるでしょう

レンタル店の中には、留袖だけでなく帯や帯揚げ、帯締め、草履やバッグなどの小物、ヘアセットや着付けまでセットになった、トータルコーディネートプランを用意しているところもあります。それらをまとめてレンタルできれば、準備にかかる時間と手間を大幅に減らせるはずです。

大切な記念日だからこそ、自分らしく美しい留袖姿でのぞみたいもの。留袖レンタルを利用して、特別な一日を彩ってみてはいかがでしょうか。

東京で留袖レンタルするなら試着できるお店を選ぼう

東京で留袖レンタルを検討している方におすすめなのが、試着ができるレンタル店です。ここでは、東京で留袖レンタルをする際に、試着できるお店を選ぶメリットと試着の際のポイントを詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、ご自身にふさわしい留袖選びを実現させてくださいね。

試着できるお店のメリット

留袖レンタルの際に、試着ができるお店を選ぶメリットは、大きく3つあげられます。

  • 自分に合ったサイズの留袖が見つかる
  • 実際に着て、色や柄の雰囲気を確認できる
  • プロのスタッフに相談しながら、最適な一着を選べる

まず、留袖はサイズ選びが非常に重要です。着物のサイズは、身丈、裄丈、前幅、後幅などの寸法で決まりますが、ブランドによって若干の差があるのが一般的です。たとえば同じLサイズでも、メーカーによってシルエットが異なることがあります。そのため、試着して実際の着用感をチェックしておくことが、失敗しない留袖選びの重要なポイントと言えます

また、留袖の魅力は、何と言っても柄や色使いの豊富さにあります。吉祥文様が織り込まれた黒留袖もあれば、四季の花々が彩る色留袖など、バリエーション豊かなデザインが人気です。お手持ちの帯や小物に合わせて、トータルコーディネートをイメージしながら試着できるのは、レンタル店ならではの醍醐味でしょう。

加えて、プロのスタッフがいるレンタル店なら、試着の際に体型や年代に合わせた柄選びのアドバイスがもらえるのも心強いポイントです。「自分に似合う色が分からない」「流行の柄を取り入れたい」など、留袖選びのお悩みも、きっと解消してくれるはずです。

試着することで、自分にふさわしい留袖を見つけるには

では、試着の際は、どんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。以下に、自分にふさわしい留袖を見つけるためのチェック項目をご紹介します。

サイズ選び

  • 身丈:かかとが隠れるくらいの長さがベスト
  • 裄丈:指先が少し見える程度が良い
  • 前幅:身頃の前側の幅は、およそ25〜28cm程度
  • 後幅:身頃の後ろ側の幅は、30cm前後

色柄選び

  • 自分の肌の色に馴染むか
  • 好みの色柄か
  • 柄の大きさが体型に合っているか
  • 上品で、晴れの日にふさわしい色使いか

着心地

  • 正絹など、上質な生地が使われているか
  • 締め付けすぎず、窮屈感がないか
  • 袖の動きがスムーズか

留袖は、小物の色味でも雰囲気が大きく変わります。そのため、試着の際は実際に袋帯を合わせてもらうのもよいでしょう。ヘアスタイルや、足袋・草履など、トータルコーディネートのアドバイスも、ぜひスタッフに相談してみてください

最後に、留袖の予算や、レンタル期間など、基本的な条件も店舗スタッフにしっかりと伝えましょう。希望に合ったプランを提案してもらえるはずです。試着を通して、特別な日の思い出作りを存分に楽しんでください。

留袖の色選び:黒留袖の魅力とこだわりポイント

留袖レンタルを検討する際、まず考えるのが色選びではないでしょうか。中でも定番の人気を誇るのが、漆黒の地に金銀の柄が映える黒留袖です。格式高い装いに欠かせない黒留袖は、親族の結婚式や披露宴、祝賀会など、晴れの舞台にふさわしい一着として重宝されています。

数ある留袖の中から、なぜ黒留袖が選ばれるのでしょうか。また、東京でレンタルする際は、どんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。ここでは、都内の人気店で見つけた、こだわりの黒留袖レンタルプランも交えながら、その魅力と選び方のコツに迫ります。

黒留袖が選ばれる理由

黒留袖が、多くの女性に選ばれる理由としては、フォーマル度の高さ、普遍的な美しさ、そして着回し力の高さが挙げられます

フォーマル度の高さ
黒留袖は、礼装の中でも最高峰に位置づけられる、由緒正しい装いです。黒地に施された、金銀の吉祥文様は、品格と気品を兼ね備えた美しさを演出します。特に、五つ紋付きの黒留袖は、婚礼の席で親族としての役割を果たす際に欠かせない一着です

年代を超えた普遍的な美しさ
「黒」という色は、年齢を問わず品良く装える、まさに普遍的な色。新郎新婦のお母さまから、お祖母さま世代まで、幅広い年代の女性が黒留袖を着こなせるのも大きな魅力の一つです。

着回し力の高さ
一つの黒留袖を、さまざまなシーンで活用できるのも見逃せないポイントです。金銀の意匠が美しい黒留袖は、慶事のお呼ばれにはもちろん、パーティーや式典など、幅広いシーンで活躍します。帯や小物を変えるだけで、古典的な雰囲気にも、モダンな装いにもアレンジできるので、普段使いにも重宝するはずです。

都内の人気レンタル店では、こだわりの黒留袖を多数取り揃えています。未仕立ての反物から、手加工を施した逸品まで、納得のいく一着が見つかるでしょう。上質な正絹素材にこだわったプレミアムなプランや、小物や着付けがセットになったお得なプランなど、予算や希望に合わせたプランが選べるのも魅力です。

黒留袖選びのポイントと注意点

それでは、レンタル店で黒留袖を選ぶ際は、どんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。

まず大切なのは、参列するシーンを考慮した柄選びです。結婚式なら、吉祥文様が織り込まれた古典柄の五つ紋付き留袖を。パーティーなら、よりモダンな雰囲気の黒留袖もおすすめです。レンタル店のスタッフに、シーンに合った柄をリクエストしてみるのもよいでしょう

次に、自分の体型に合った着丈とシルエットを選ぶことも重要です。着丈は、かかとが隠れるくらいが美しいとされています。背の高い方は柄が上に詰まりすぎないように、小柄な方は柄に埋もれないよう、試着の際にはよく確認しましょう。

生地選びも、こだわりたいポイントです。上質な正絹素材なら、黒の発色も良く、柄行きも美しく映えます。袷(あわせ)仕立てなら保温性も高いので、寒い時期の装いにおすすめです。単衣(ひとえ)仕立ての黒留袖なら、夏場の装いにも活躍してくれるはずです。

一方、古いデザインの留袖は、着用するシーンに合わない可能性があるため、注意が必要です。また、シミや汚れ、目立たない部分の破れなども必ずチェックしましょう。自分のサイズにフィットしない留袖は、どんなに気に入ったデザインでも、美しく着こなすのが難しいため、避けた方が賢明です。必ず試着をして、実際に歩いたり座ったりしながら、着心地や柄の出方を確認することが肝要です

ぜひ参考にして、運命の黒留袖を見つけてみてくださいね。大切な記念日だからこそ、自分にふさわしい最高の一着で、特別な一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

留袖レンタル店の選び方:安心して利用できるお店の特徴

留袖の選び方についてご理解いただけたら、次はレンタルについて見ていきましょう。レンタルは、店舗選びからはじまります。

留袖のレンタルを検討しているなら、お店選びにはこだわりたいもの。東京エリアには数多くの留袖レンタル店がひしめいています。人それぞれ、お店選びの基準は異なりますが、共通して押さえておきたいのが、安心感と信頼感です。一生に一度の大切な衣装だからこそ、品質やサービス、きめ細やかな対応力は欠かせません。

そこでここでは、信頼して利用できるお店の見極め方と、選ぶ際の注意点をご紹介します。そのうえで、アンティーク着物専門店ならではのこだわりと魅力についても触れていきます。自分にふさわしい一着との出会いを引き寄せるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

信頼できる留袖レンタル店の見分け方

信頼できるレンタル店には、以下のような共通点があげられます。

  • 店舗数が充実していて、アクセスが良好
  • サイズ展開が豊富で、トータルコーディネートが可能
  • 経験豊富で、親身になって相談に乗ってくれるスタッフがいる
  • 料金体系が明確で、追加費用の説明が丁寧
  • 衛生管理と品質管理に気を配っている

まず、意外と見落としがちですが、店舗へのアクセスの良さは大切なポイントです。遠方からの利用も考えると、駅から近い店舗や、複数の店舗展開があるお店が魅力的です。また、時間に余裕を持って通えるよう、休日や夜間の営業体制も確認しておきましょう。

次に、品揃えの豊富さとサイズ展開の広さも大切なポイントです。理想のデザインと、自分に合ったサイズの留袖に出会えるかどうかは、満足度に大きく関わってきます。加えて、帯や小物、着付けやヘアメイクなど、トータルでコーディネートできるお店なら、準備の手間を大幅に省けるのもうれしい特典です。

経験と知識が豊富で、親身に相談に乗ってくれるスタッフの存在も見逃せません。留袖選びが初めての方でも、疑問や不安を解消しながら、納得のいく一着を見つけられるはずです。
下見の際など、何か気になることがあれば、遠慮なくスタッフに質問してみましょう。

料金設定の明瞭さと、追加費用の説明についてもチェックします。留袖のみの料金なのか、小物や着付け料金は別なのかなど、費用の内訳を事前にしっかり確認をしましょう

感染症対策など、衛生面の管理体制にも注目です。着物のクリーニングはもちろん、着付け時の衛生管理、店内の換気や消毒など、安全に利用できる環境か確認すると、当日を安心して過ごせます。

店舗選びでは、各店舗のサービス内容をよく比較しながら、自分に合ったお店を見つけていきましょう。

アンティーク着物専門店のこだわりと魅力

都内にある多くの留袖レンタル店の中でも、ひときわ異彩を放つのが、アンティークの着物専門店です。大正から昭和にかけて作られた、本物のアンティーク着物を取り扱うお店の魅力は、他にはない独特の雰囲気と、品質へのこだわりにあります。

何より、大正ロマンを感じさせる古き良き意匠は、現代にはない味わいを醸し出します。黒留袖特有の重厚感を避けて、柔らかな雰囲気で和装を楽しみたい人にこそおすすめです。

絹の光沢を引き立てるくすみがかった色合いも、レトロな魅力の一つです。柄のラインが美しい本加工の友禅染めは、繊細な意匠を見事に表現しています。

着物として仕立てられてから数十年経つ反物を、現代の着用者のサイズに合わせてリメイクする。そんな手間のかかる仕事を丁寧に手掛けるのが、アンティーク着物専門店なのです。

シミや傷みは念入りにチェックし、思い切ってカットすることもありますが、それでも、柄の配置や柄ゆきを生かしたリメイクで、装いに華を添えてくれます。

たとえばこちらは、ゆめやでご用意のある、明治時代後期から大正時代の、五つ紋付きアンティーク黒留袖です。春霞のようなぼかしが入った黒縮緬地に、八重の桜と、羽を広げた孔雀、つくし、たんぽぽ、すみれなどが手描き、手刺繍されています。「ふき」には綿が入っており、裏には赤い紅絹が使われております。たいへん手の込んだ作品です。帯は、吉祥紋様で埋め尽くされた白い袋帯を合わせました。お身内の結婚式など、桜の咲く季節のお祝いごとでお召しになってください

世代を超えて受け継がれてきた、本物の着物のぬくもりをまとえる。それは、専門店を選んだ人だけが味わえる、特別な体験と言えるかもしれません。ここにしかない出会いが、きっと特別な一日を演出してくれるはず。あなたの晴れ姿を、アンティークならではの優美な意匠で引き立ててみてはいかがでしょうか。

留袖レンタルの流れと準備すべきこと

留袖の選び方が分かったら、次はいよいよ、レンタルです。レンタルが初めてですと、何から始めたらよいのか、戸惑うかもしれません。ここでは、東京での留袖レンタルの基本的な流れと、レンタル当日に留袖を着用した際に注意点について、イチからていねいにご説明します。

留袖レンタルの基本的な流れ

留袖レンタルは、以下のような流れで進むことが一般的です。

  1. レンタル店探し
  2. 予約
  3. 店舗の下見と試着
  4. 留袖の受取り
  5. 返却

まずは、利用したい留袖レンタル店を探すところから始めます。店舗やプランによって、留袖の種類や在庫状況、付帯サービスは実にさまざまです。複数の店舗の情報を集めて比較検討することで、自分の希望に一番合う店舗を見つけられるでしょう

次に、選んだ店舗に予約を入れます。人気店は早々に予約が埋まる傾向にあるため、なるべく早めの予約を心がけましょう。この際、下見や試着ができるかも確認しましょう。理想の留袖に出会うためには、実際に試着をして、時間をかけて吟味することが何より大切です。

そして迎えたレンタル当日。遅刻しないよう、余裕のあるタイムスケジュールで向かいましょう。お店でお借りするもの、自前で用意するものをしっかり確認して、身支度を整えます。大切なのは、よりすぐりの留袖を着て、心から幸せを感じられること。最高の笑顔で、門出の日を過ごしてくださいね。

返却の際は、丁寧にたたんでお店に持参します。シミや汚れのつき具合によっては、追加料金が発生する場合もあります。お店の方に素直に相談して、適切な対応を取るようにしましょう。

留袖着用時の所作と注意点:褒められる立ち居振る舞い

留袖を美しく着こなすには、以下のような所作を心がけましょう。

  • 歩く時は、足を前に出すのではなく、足踏みをするように小股
  • 座る時は、膝を揃えて足を斜めに倒し、お尻から腰を下ろす
  • 立ち上がる時は、片膝を立て、反対の手を床について、ゆっくりと
  • 手を組む時は、右手を上にして、胸元で重ねるのが美しい所作
  • 着物の裾を持ち上げる時は、親指と人差し指の2本で軽くつまむ

電車やバスに乗る時は、着物の裾を片方の手でまとめるのがマナーです。混雑した車内では、周りの人に迷惑をかけないよう、狭めの位置取りを心がけましょう。

また、一日中美しいシルエットをキープするには、着崩れへの配慮も大切です。エスカレーターやエレベーターに乗る際は、裾をたくし上げるのを忘れずに。会場内を移動する時は、お手洗いに寄って、着付けを直すのもおすすめです。

たとえ見えづらい部分でも、だらしのない裾さばきは避けたいもの。品のある和装美人でいるためには、自分の姿勢を客観的にチェックする意識が必要不可欠と言えるでしょう。

所作の美しさは、周りからの印象を大きく左右するもの。レンタル留袖で過ごす特別な一日だからこそ、所作の基本を学んでおくと安心ですね。

まとめ

本記事では東京で留袖レンタルを検討している皆さまへ向けて、選び方のコツや、おすすめのお店の特徴などをご紹介してきました。人生の大切な節目を彩る、一生に一度の特別な衣装だからこそ、留袖選びは、時間をかけてじっくりと吟味したいもの。周りの意見に惑わされることなく、自分の好みを信じて、運命の一着を選びましょう。留袖を着用する日が、最高の笑顔で迎えられることを、心よりお祈りしております。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選びます。 特にファーショールは、その豪華さでひときわ目 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!