薄ピンクに雪輪と花々の一つ紋付訪問着【hou166】

【着物のプロ監修】訪問着レンタルを安い料金で!着付け料金節約のポイントも

はじめに

訪問着のレンタルと着付けは、結婚式や入学式、卒業式などのフォーマルなシーンに欠かせません。

しかし、訪問着のレンタルや着付けに関して、以下のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

  • 訪問着のレンタル料金が高くて、予算オーバーになりそう
  • 着付け料金も高いので、できるだけ節約したい
  • プロの着付けを安い料金で利用する方法が知りたい

この記事では、このような悩みを解決するために、訪問着レンタルと着付けを安く利用する方法や、着付け料金を節約するポイントについて、着物のプロ監修のもと詳しく解説します。

この記事を読むことで、以下のようなメリットが得られます。

  • 訪問着レンタルの種類や特徴が理解でき、賢く選べるようになる
  • 着付け料金を抑える裏ワザや、格安で着付けサービスを利用するコツが分かる
  • プロの着付けを格安で利用する方法が理解できる

訪問着レンタルや着付けの料金に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして、賢く節約しながら、美しい装いを実現してください。

訪問着の種類と選び方:シーン別におすすめの柄や色

訪問着は、結婚式や入学式、卒業式など、フォーマルなシーンで着用する礼装用の着物です。

レンタルする際は、シーンに合わせて適切な柄や色を選ぶことが大切です。

ここでは、レンタル訪問着の種類と、シーン別におすすめの柄や色について詳しく解説します。

訪問着の種類と特徴

以下は、レンタル訪問着の種類と特徴をまとめたものです。

  • 正絹製の訪問着:絹100%の高級品、光沢感と上品な雰囲気が特徴
  • ポリエステル製の訪問着:シワになりにくく、お手入れが簡単
  • 古典柄:伝統的な柄、年配の方におすすめ
  • 現代的デザイン:モダンな柄、若い世代におすすめ
  • 季節の柄:桜、紅葉など

レンタル訪問着には、正絹(しょうけん)と呼ばれる絹100%の高級品から、ポリエステルなどの化学繊維を使用したお手頃価格のものまで、さまざまな種類があります。

正絹の訪問着は、光沢感があり、上品な雰囲気を演出できます。

一方、ポリエステル素材の訪問着は、シワになりにくく、お手入れが簡単というメリットがあります。

また、柄や色も豊富に取り揃えられています。古典柄から現代的なデザインまで、年代やシーンに合わせて選ぶことができます。

季節に合わせて、桜や紅葉などの柄を選ぶのもおすすめです。

自分の好みに合わせて、個性が表現できる訪問着を選んでみてください。

ここで、ゆめやで取り扱っている訪問着のレンタルセットから、落ち着いた色合いが魅力の、「シックな地色に相良刺繍で花丸が描かれた訪問着」をご紹介します。

こちらは、相良刺繍のアンティーク訪問着です。

練色からタバコ色という地味なグラデーションに、控えめな色合いで花丸が手刺繍されています。

なめらかで上質な正絹地が、色や絵柄の良さを引き立てている作品です。

シーン別のレンタル訪問着の選び方

訪問着をレンタルする際は、着用するシーンに合わせて、適切な柄や色を選ぶことが重要です。

以下は、代表的なシーンとおすすめの訪問着の選び方です。

【結婚式の場合】

  • 親族の立場に合わせて色を選ぶ。上品な柄や色を選び、品格のある装いを心がける。若い方は派手すぎない程度に華やかな色を選ぶと◯。
  • 式が行われる季節に合わせて、春なら桜、秋なら紅葉などの柄を取り入れるのもおすすめ。

【入学式・卒業式の場合】

  • 母親の年代に合わせて、上品な柄や色を選ぶ。
  • ピンクやグリーンなどの明るい色は、若い母親におすすめ。
  • お子さまの成長を祝う晴れの日にふさわしい、華やかな柄も人気

【お宮参りの場合】

  • お宮参りは赤ちゃんの初めての行事。赤ちゃんが主役なので、母親は控えめながらも上品な柄や色の訪問着を選ぶ。
  • 淡いピンクやオレンジなどの優しい色合いが人気
  • 赤ちゃんの健やかな成長への願いを込めた、古典柄や吉祥文様の訪問着は、お宮参りの雰囲気によく合う。

訪問着のレンタルは、シーンに合わせて柄や色を選ぶことで、品格のある装いを演出できます。

レンタルショップのスタッフとも相談しながら、自分に合った一着を見つけましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている訪問着のレンタルセットから、結婚式、入学式、お宮参りいずれのシーンでも活躍すること間違いなしの、「薄ピンクに雪輪と花々の一つ紋付訪問着」をご紹介します。

淡いピンク色の正絹に、たくさんの雪輪が描かれ、雪輪の中には花々が踊っています。

絵柄はシンプルですが、格調高い一つ紋付訪問着です。

帯も輝きに満ちた正絹で揃えました。

金銀の地色を背景に、雪輪を変わった形にデザインし、中には花が織り出されています。

雪輪にも、亀甲にも、花菱にも見える、品のあるデザインです。

帯締めはしっかりとした色で、全体を引き締めました。

おめでたい日にぜひお召しになってみてください。

訪問着レンタルの流れと注意点:予約から当日までの準備

訪問着のレンタルは、特別な日のための服装選びを手軽に実現できる便利なサービスです。

しかし、初めての方にとっては、予約から当日までの流れや注意点が分かりにくいこともあるでしょう。

ここでは、訪問着レンタルの基本的な流れと、予約時や当日の準備における注意点について詳しく解説します。

訪問着レンタルの基本的な流れ

訪問着のレンタルは、一般的に以下のような流れで進めます。

  1. 事前リサーチ:レンタルショップのウェブサイトを閲覧し、取り扱っている訪問着の種類や価格、レンタルプランを確認します。
  2. 予約:店舗に直接訪問するか、オンラインで予約を行います。人気のシーズンは早めの予約がおすすめです。
  3. 下見・試着:可能であれば、事前に店舗を訪れて実際に訪問着を見たり、試着したりします。サイズ感や着心地を確かめましょう。
  4. お届け:レンタル期間が近づくと、訪問着がご自宅や指定の場所に届けられます。
  5. 着付け:自分で着付けをする場合は、事前に練習しておくと安心です。店舗で着付けサービスを利用する場合は、当日に時間に余裕を持って訪れましょう。
  6. 返却:レンタル期間終了後は、指定の方法で訪問着を返却します。

レンタルショップによって、予約から返却までの流れは異なることもあります。

事前にショップのホームページなどでよく確認して利用しましょう。

レンタル時の重要な注意点

訪問着をレンタルする際は、以下の点に注意が必要です。

  • セット内容の確認:レンタルプランに含まれるアイテムを事前に確認し、不足しているものがないか確かめましょう。
  • サイズ選び:体のサイズをしっかりと測り、適切なサイズの訪問着を選びます。特に、身丈・裄丈・袖丈は重要なので要チェックです。
  • 着付けの予約:店舗で着付けサービスを利用する場合は、早めに予約を取ることをおすすめします。
  • 小物の準備:レンタルセットに含まれない小物類は、自分で用意するか別途追加レンタルする必要があります。バッグや草履などを忘れずにチェックしましょう。
  • 返却期限の確認:レンタル期間を過ぎると延滞料金が発生する場合があります。返却期限を守るようにしましょう。

訪問着レンタルを利用することで、特別な日のための装いを手軽に整えることができます。

事前の準備と注意点を押さえておけば、当日は安心して訪問着を着こなせるでしょう。

訪問着の着付けを安く利用する方法:プロの着付けを格安で

訪問着を着る際、自分で着付けをするのは難しいと感じる方も多いでしょう。

そんな時は、プロの着付けサービスを利用するのがおすすめです。

しかし、着付け料金が高いのでは?と不安に感じる方もいるかもしれません。

ここでは、訪問着の着付けを安い料金で利用する方法と、プロの着付けを格安で利用するコツについて詳しく解説します。

着付け料金を抑える裏ワザ

訪問着の着付け料金を抑えるには、以下のような方法があります。

  • レンタルショップの着付けサービスを利用する:訪問着のレンタルショップでは、着付けサービスが付いているプランがあります。レンタル料金と着付け料金がセットになっているため、単独で着付けを頼むよりもお得になることが多いです。
  • 着付け教室に通う:着付け教室に通って、自分で着付けができるようになれば、長期的に見てコストを抑えることができます。また、家族や友人の着付けを手伝うこともできるようになります。
  • ヘアセットとメイクは自分で行う着付けだけをプロに依頼し、ヘアセットとメイクは自分で行うことで、料金を抑えることができます。
  • 平日の着付けサービスを利用する:平日の着付けサービスは、利用者が増える土日や祝日よりも料金が割安になっている場合があります。

上記のようなポイントを上手く活用して、安い着付けサービスを選択してみてください。

安い料金で着付けサービスを利用するコツ

プロの着付けサービスを安い料金で利用するために、以下のようなコツを試してみてください。

  • 比較サイトを活用する:着付けサービスの料金を比較できるサイトを活用し、自分のニーズに合った格安のサービスを探しましょう。
  • 着付け専門店を利用する:着物専門店や百貨店では、着付け料金が高めに設定されていることがあります。着付け専門店を利用すれば、リーズナブルな価格で着付けをしてもらえます。
  • 団体割引を利用する友人や家族と一緒に着付けサービスを利用すると、団体割引が適用される場合があります。まとめて予約することで、一人あたりの料金を抑えられます。
  • キャンペーンを活用する:着付け専門店では、季節やイベントに合わせてキャンペーンを実施していることがあります。キャンペーン情報をチェックし、お得な機会を見逃さないようにしましょう。

訪問着の着付けを安く利用するには、レンタルショップの着付けサービスを利用したり、着付け専門店を選んだりするのがおすすめです。

また、比較サイトやキャンペーン情報を活用することで、さらにお得に着付けサービスを利用できます。

訪問着レンタルと着付けの料金相場:安く抑えるコツとは

訪問着のレンタルと着付けにかかる費用は、利用するショップやプランによって大きく異なります。

ここでは、訪問着レンタルと着付けの料金相場を確認し、できるだけ安く抑えるためのコツについて詳しく解説します。

訪問着レンタル料金の相場と節約ポイント

訪問着のレンタル料金は、利用するショップや選ぶプランによって幅があります。

一般的な相場はだいたい以下のようなものとなっています。

  • ホテルや結婚式場でのレンタル:2万円~
  • レンタルショップでのレンタル:1万円~5万円
  • 宅配レンタル:1万円~3万円

ただし、この料金はあくまで目安です。

正絹素材の高級な訪問着や、アンティーク訪問着などのレンタルはもう少しお値段が張る場合がほとんどです。

訪問着のレンタル料金を安く抑えるためのポイントは、以下の通り。

  • 早めの予約:人気のシーズンは需要が高くなるため、早めに予約することで割引が適用される場合があります。
  • レンタルショップの利用:ホテルや結婚式場よりも、レンタルショップの方が料金が安い傾向にあります。
  • 宅配レンタルの活用:店舗での対面サービスはないものの、宅配レンタルは全国どこでも利用でき、料金も比較的安く設定されています。

着付け料金の相場と安く抑えるコツ

訪問着の着付け料金も、利用する場所やサービス内容によって異なります。

一般的な相場は以下の通りです。

  • 美容室での着付け:5,000円~10,000円
  • 着付け師による着付け:4,000円~8,000円
  • ホテルや結婚式場での着付け:5,000円~20,000円

着付け料金を安く抑えるためのコツは、以下の通りです。

  • 着付け専門店の利用:美容室やホテルよりも、着付け専門店の方が料金が安い傾向にあります。
  • ヘアセットとメイクは自分で:着付けのみを依頼し、ヘアセットとメイクは自分で行うことで、料金を抑えることができます。
  • 平日の着付けサービス利用:平日の着付けサービスは、料金が割安になっている場合があります。

訪問着のレンタルと着付けにかかる費用は、利用するサービスや時期によって大きく異なります。

できるだけ安く抑えるためには、早めの予約やレンタルショップの利用、着付け専門店の活用などがポイントになります。

賢く選んで、お得に訪問着を楽しみましょう。

訪問着レンタルと着付け:人気店舗の特徴と選ばれる理由

訪問着のレンタルと着付けサービスを提供する店舗は数多くありますが、中でも口コミで高い評価を得ている人気店舗があります。

これらの店舗には、他店にはない特徴があり、多くの利用者から支持されています。

ここでは、人気店舗の特徴と選ばれる理由について、口コミ情報を基に詳しく解説します。

人気店舗に共通する特徴

口コミで高い評価を得ている人気店舗には、以下のような共通の特徴があります。

  • 豊富な訪問着の種類:季節や年代に合わせた多様な訪問着を取り揃えており、利用者のニーズに応えられる。
  • 高い着付け技術:熟練した着付け師が在籍しており、美しく着崩れしにくい着付けが可能。
  • 丁寧な接客対応:利用者一人一人に合わせたアドバイスや提案を行い、満足度の高いサービスを提供している。
  • 追加サービスの充実:ヘアセットやメイクなどの追加サービスが充実しており、トータルでのコーディネートが可能。
  • アクセスの良さ:主要な駅や観光地に近い立地が多く、利用者にとって便利。

これらの特徴から、人気店舗は利用者のニーズを的確に捉え、高品質なサービスを提供していることがわかります。

人気店舗が選ばれる理由

上記の人気店の特徴をかぶるところもありますが、人気店舗が多くの利用者から選ばれる理由には、以下のようなポイントがあります。

  • ニーズに合った訪問着が見つかる:豊富な種類の訪問着から、自分に合ったデザインや色柄を選べる。
  • 美しい着付けがかなう熟練の着付け師による技術の高さで、美しく着崩れしにくい着付けが実現する。
  • 安心感のある接客:丁寧な接客対応により、訪問着選びや着付けに関する不安や疑問が解消される。
  • トータルでのコーディネートが可能:ヘアセットやメイクなどの追加サービスにより、全体的な仕上がりが整う
  • アクセスの良さで利便性が高い:店舗までのアクセスが良いため、利用者にとって便利で時間の節約になる。

これらの理由から、人気店舗は利用者の満足度を高め、リピーターを獲得しています。

訪問着レンタルと着付けを検討する際は、これらのポイントを押さえた店舗選びがおすすめです。

訪問着レンタルと着付けに関するQ&A:初心者の疑問にお答えします

訪問着のレンタルや着付けに関して、初めての方にとっては疑問や不安が多いものです。

ここでは、訪問着レンタルと着付けに関する代表的な質問をピックアップし、分かりやすく解説します。

訪問着レンタルの予約方法と注意点

訪問着レンタルの予約は、店舗に直接訪問するか、オンラインで行うことができます。

予約の際は以下の点に注意しましょう。

  • 予約時期:人気のシーズンは早めの予約がおすすめ。遅くとも利用日の1カ月前までには予約を済ませましょう。
  • レンタル期間:通常は利用日の2日前から利用日の翌日までの3泊4日が基本。長期レンタルを希望する場合は事前に相談が必要です。
  • サイズ選び:身長やヒップのサイズを正確に測り、適切なサイズの訪問着を選びましょう。
  • 付属品の確認:レンタルに含まれる付属品を事前に確認し、不足がないか確かめましょう。足りないものは別途レンタルや購入が必要です。
  • キャンセル料:予約後のキャンセルには、キャンセル料が発生する場合があります。キャンセルポリシーを事前に確認しておきましょう。

レンタル訪問着の返却方法と延滞料金

レンタル訪問着の返却方法は、以下の2つが一般的です。

  • 店舗に直接返却する:レンタル店舗に訪問着を持参し、返却手続きを行います。
  • 宅配便で返却する:レンタル店舗から送られてきた専用の返却袋に訪問着を入れ、指定された宅配便業者に渡します。

返却期限を過ぎると、延滞料金が発生する場合があります。

延滞料金は店舗によって異なりますが、1日あたり1,000円~2,000円程度が相場です。

返却の際は、以下の点に注意しましょう。

  • 訪問着に汚れや傷がないか確認する。
  • 付属品を全て揃えて返却する。
  • 返却期限を守る。

訪問着レンタルと着付けに関する疑問は、経験豊富なスタッフに相談することで解決できます。

初めての方でも安心して利用できるよう、レンタルショップでは丁寧な対応を心がけているので、分からないことがあれば遠慮なく質問しましょう。

まとめ

この記事では、訪問着レンタルと着付けを安く利用する方法や、着付け料金を節約するポイントについて、以下の点を中心に解説してきました。

【訪問着レンタルの種類と特徴】

  • 正絹訪問着とポリエステル訪問着の違い
  • レンタル訪問着の柄や色の選び方

【着付け料金を抑える裏ワザ】

  • レンタルショップの着付けサービスを利用する
  • 着付け教室に通って自分で着付けができるようになる
  • ヘアセットとメイクは自分で行う
  • 早朝や平日の着付けサービスを利用する

【安い料金で着付けや訪問着レンタルサービスを利用するコツ】

  • 比較サイトを活用して格安のサービスを探す
  • 着付け専門店を利用する
  • 団体割引を利用する
  • キャンペーンを活用する

訪問着レンタルと着付けを賢く利用することで、予算を抑えながらも、美しく着飾ることができます。

この記事で紹介した節約テクニックを実践して、特別な日を思い出に残るすてきな一日にしてください。

自分らしく、自信を持って装うことで、晴れの舞台をより一層輝かせましょう。

〈参考記事〉
https://news.yumeyakimono.jp/news/28566
https://kyotokimono-rental.com/homongi-column/houmongi_rental.html
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/houmongi/615/
https://www.studio-mario.jp/event/omiya/article/026/
https://waplus-kimono.com/kyoto/info/rental-kimono-market/
https://kimono-rentalier.jp/column/faq/faq-kitsuke-fee-average/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/rentalmiyuki/homongi_budget.html
https://kitsuke-school.jp/trivia/908/
https://oikura.jp/magazine/antique45222/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

紅紫色と灰青色の片身変わりに花丸紋の振袖【fui07】

【2024年版】結婚式に参列するための着物レンタル&マナーガイド

はじめに 結婚式への参列で着物をまとうことは、ただ美しさを求めるだけでなく、日本の豊かな文化と伝統に敬意を払う行為と言えます。しかし、着物に慣れていない方にとっては、着物の用意は簡単ではありません。現在、こうした悩みを解 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!