明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに

袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性用の袴について、その基本的な情報から選び方、着付け方法、そして着用シーンにおけるマナーまで詳しく説明します。

男性用袴の種類と選び方

男性用の袴は、成人式や卒業式、結婚式などのフォーマルな場での和装として広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、選び方にはいくつかのポイントがあります。ここでは、男性用袴の種類と選び方について詳しく解説します。

袴の基本的な種類と特徴

袴には大きく分けて2種類あります。一つは「馬乗り袴」、もう一つは「行灯袴」です。馬乗り袴は、ズボンのように裾が分かれており、馬に乗る際にも動きやすいように設計されています。一方、行灯袴はスカートのようなタイプで、よりフォーマルな場面に適しています。

袴の素材としては、正絹が最も一般的です。正絹は滑らかで光沢があり、高級感が漂います。他にも、紬や綿といった素材があり、季節や着用シーンに応じて選ぶことができます。

色や柄も多岐にわたります。黒や紺といったシンプルな無地のものから、縞柄が入ったものまでさまざまです。縞柄の袴は最もフォーマルな場面で使用され、成人式や卒業式に適しています。また、白やグレー、緑といった色も人気があり、場の雰囲気や個人の好みに合わせて選ぶことができます。

着物と袴のコーディネート例

袴と着物のコーディネートは、全体のバランスを取ることが重要です。まず、袴と羽織の色の組み合わせを考えましょう。縞柄の袴に、黒の羽織を合わせることが最もフォーマルであり、特別な式典に適しています。一方、紺の袴には白地の羽織を合わせると、清潔感がありつつも落ち着いた印象を与えます。

また、袴の柄もコーディネートに影響します。無地の袴はシンプルでどんな着物にも合いやすいですが、一松柄などの柄の入った袴を選ぶことで一層おしゃれな雰囲気を演出できます。

最後に、小物にも気を配りましょう。足袋羽織紐などの小物は、全体のコーディネートを引き立てる重要な要素です。足袋の色は、白が一般的ですが、黒や紺の足袋を選ぶことでよりスタイリッシュに見せることができます。

袴と着物のコーディネートは、色や柄の組み合わせを工夫することで、より一層個性的で魅力的な装いを楽しむことができます。自分の好みや着用シーンに合わせて、最適なコーディネートを見つけてみてください。

袴の色とデザインの選び方

男性用の袴を選ぶ際、色とデザインは非常に重要です。特に、成人式や卒業式、結婚式などのフォーマルな場での着用において、袴の色とデザインはその人の印象を大きく左右します。ここでは、縞柄の袴の魅力とフォーマルな場での着用方法と、その他の色(紺、緑、グレーなど)の選び方について詳しく解説します。

縞柄の袴の魅力とフォーマルな場での着用

縞柄の袴は、フォーマルな場面での着用に適しています。縞柄の袴に合わせる着物の色は黒や紺などがありますが、その中でも黒い羽織に五つ紋が入っているものが最も格式が高いコーディネートです。また、その際には白黒の縞柄の袴を合わせることが一般的です。このようなコーディネートは、特に結婚式の新郎や新郎新婦の親族が着用するのに適しています。

その他の色(紺、緑、グレーなど)の選び方

白黒の縞柄以外にも、袴にはさまざまな柄や色があります。ここでは、それぞれの色が持つ特徴と、適した場面について解説します。

袴は、落ち着いた印象を与えます。フォーマルな場面でもややカジュアルな場面でも使用できる汎用性の高さが特徴です。

  • 特徴: 落ち着いた色合いで、品格を保ちながらもややカジュアルな印象を与えます。
  • コーディネート例: 紺袴に白の羽織を合わせると、清潔感があり、格式を保ちながらも柔らかい印象を与えます。

袴は、おしゃれで個性的な印象を与えます。成人式や結婚式の披露宴などの華やかな場面に適しています。

  • 特徴: 個性的な色合いで、他の色と差別化を図れます。目を引く色なので、主役としての存在感を強調できます。
  • コーディネート例: 緑袴には、同系色の羽織や反対色の帯を合わせるとバランスが取れます。

グレー袴は、柔らかく落ち着いた印象を与えます。どんな場面でも違和感なく着用できる汎用性が魅力です。

  • 特徴: 柔らかい色合いで、落ち着いた雰囲気を持ちます。フォーマルな場面にもややカジュアルな場面にも対応可能です。
  • コーディネート例: グレー袴に黒や紺の羽織を合わせると、シックで落ち着いた印象を与えます。

袴の色とデザインを選ぶ際は、自分の好みや着用シーンに合わせて選ぶことが大切です。各色の特徴を理解し、最適な袴を選んでみてください。

成人式や卒業式におすすめの袴セット

成人式や卒業式は、人生の節目となる重要なイベントです。特に男性にとっては、袴を着ることで一層特別な日となるでしょう。ここでは、成人式や卒業式にふさわしい袴セットの選び方と、人気の袴セットについて詳しく解説します。

成人式に適した袴の選び方

成人式は、20歳を迎えたことを祝う重要な儀式です。この日には、特別な袴を選びたいものです。成人式に適した袴の選び方について、以下のポイントを参考にしてみてください。

成人式に適した袴の色の選び方のポイント

  • 黒袴: 黒袴は成人式の定番です。威厳と格式を備えた色であり、フォーマルな場にふさわしい色です。紋付き羽織を合わせることで、さらに品格が増します。
  • 紺袴: 紺袴は落ち着いた印象を与えます。黒ほど堅苦しくなく、それでいてフォーマルな雰囲気になります。白や金の羽織と合わせると、より洗練された印象になります。
  • 緑袴: 緑は個性的な色合いで、他の参加者と差別化を図ることができます。明るめの緑から深い緑まで、好みや個性に合わせて選べます。

卒業式で人気の袴セット

卒業式もまた、人生の一つの節目として重要なイベントです。ここでは、卒業式に人気のある袴セットと、その選び方について紹介します。

卒業式で人気の袴の色の選び方のポイント

  • グレー袴: グレーは柔らかく落ち着いた印象を与えます。どんな色の羽織とも合わせやすく、幅広いスタイルに対応できます。
  • 茶袴: 茶袴は温かみがあり、カジュアルながらも品格を保てます。春の卒業式で特に人気があります。
  • 白袴: 白袴は清潔感があり、卒業式の晴れやかな場面にぴったりです。華やかな刺繍やデザインを加えると一層際立ちます。

こちらは、グレーの縞柄の袴に合わせる羽織のコーディネート例です。落ち着いた印象を与えるため、卒業式などの式典におすすめです。

着流しでご紹介した、鼠色の正絹の紬の着物と、同じ糸を使ったひげ紬で仕立てられた羽織に、縞袴をコーディネートしました。

袴の色を選ぶ際は、自分の好みや着用シーンに合わせて選ぶことが大切です。各色の特徴を理解し、最適な袴を選んでみてください。

紋付羽織袴のレンタルと購入

紋付羽織袴は、成人式や卒業式、結婚式などのフォーマルなイベントで男性が着用する伝統的な和装です。袴をレンタルするか購入するかは、それぞれにメリットと注意点があります。ここでは、紋付羽織袴のレンタルと購入について詳しく解説します。

レンタル袴のメリットと注意点

袴をレンタルするメリットは多くありますが、注意点もいくつかあります。以下に、レンタル袴のメリットと注意点をまとめました。

レンタルのメリット

  • コストの削減: 購入する場合に比べて、レンタルの方が圧倒的に安価です。成人式や卒業式、結婚式など、特定のイベントでしか着用しない場合は特に有効です。
  • 豊富な選択肢: レンタルショップでは、多種多様なデザインや色の袴を取り揃えています。自分の好みやイベントに合った袴を選ぶことができます。
  • メンテナンス不要: レンタル品は使用後に返却するため、クリーニングや保管の手間が省けます。特に、着物の手入れに不慣れな方には大きなメリットです。

レンタルの注意点

  • サイズの確認: 袴のサイズが合わないと、着心地が悪くなることがあります。事前に試着をして、自分に合ったサイズを確認することが重要です。
  • 予約のタイミング: 特に成人式や卒業式のシーズンは、人気のデザインやサイズが早く予約で埋まってしまうことがあります。早めに予約をしておくことが必要です。
  • レンタル期間の制限: レンタルには返却期限があります。イベント後の返却スケジュールを確認し、期限内に返却できるように計画を立てましょう。

購入する場合のポイントとおすすめショップの選び方

袴を購入することには、長期的なメリットがありますが、考慮すべきポイントもいくつかあります。ここでは、購入時のポイントとおすすめショップの選び方について解説します。

購入のポイント

  • 品質の確認: 袴の素材や縫製の品質を確認することが重要です。特に正絹や高品質の紬など、素材にこだわることで、長く使える袴を選ぶことができます。
  • サイズの選定: 自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。袴のサイズは体型に合わせて選ぶ必要がありますので、試着をしてから購入することをおすすめします。
  • メンテナンス: 購入後は自分でメンテナンスを行う必要があります。クリーニングや保管方法について事前に調べておくとよいでしょう。

おすすめショップの選び方

  • 専門店: 和装の専門店では、品質の高い袴が取り揃えられています。専門スタッフがアドバイスをしてくれるため、初めての購入でも安心です。
  • オンラインショップ: インターネットを利用して、多くの選択肢から自分の好みに合った袴を探すことができます。レビューを参考にしながら選ぶとよいでしょう。

袴のレンタルと購入にはそれぞれに利点と注意点があります。自分の利用目的や予算に応じて、最適な方法を選びましょう。

袴の着付けと着こなしのポイント

袴の着付けは初めての方にとって難しいと感じるかもしれませんが、基本的な手順を覚えれば誰でも簡単にできるようになります。また、袴をおしゃれに着こなすためのコツを押さえることで、より一層魅力的なスタイルを楽しむことができます。ここでは、袴の簡単な着付け方法とおしゃれに着こなすためのポイントについて詳しく解説します。

簡単にできる袴の着付け方法

袴の着付けは、以下の手順に従って行うと簡単に着ることができます。

  1. 準備: 必要なものを全て揃えます。袴、羽織、着物、角帯、紐、足袋、襦袢などです。これらを手元に揃えておくと、スムーズに着付けが進みます。
  2. 襦袢を着る: 最初に襦袢を着ます。襦袢は肌に直接触れる部分であり、着物の下に着るものです。腰紐でしっかりと固定します。
  3. 着物を着る: 次に着物を着ます。襦袢の上に重ね、衿元を整えながら着用します。腰紐で固定し、着物がずれないように注意します。
  4. 帯を巻く: 角帯を巻きます。帯は着物を固定するために重要な役割を果たします。帯をしっかりと巻き、結び目を後ろに回します。なお、袴を履く際の帯の結び方は一文字結びにします。
  5. 袴を履く: 袴を履きます。袴の腰部分をしっかりと持ち、足を通して腰まで引き上げます。袴の前紐を後ろに回し、一文字結びにした帯に交差させ、前側に戻して交差させます。再び後ろ側に戻し、一文字結びの下で蝶結びにします。後板を一文字結びの上に乗せて、後紐を前側に回してから結びます。
  6. 羽織を着る: 最後に羽織を着ます。羽織は着物の上に羽織るもので、袴スタイルを完成させます。羽織紐で固定し、全体のバランスを確認します。

おしゃれに着こなすためのコツ

袴をおしゃれに着こなすためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。ここでは、おしゃれに見せるためのコツを紹介します。

色のバランス
袴と羽織、着物の色のバランスを考えることが重要です。黒や紺、グレーなどのベーシックな色は、どんな色とも合わせやすくフォーマルな印象を与えます。逆に、緑や赤などの鮮やかな色を選ぶと、華やかで個性的なスタイルが楽しめます。

素材の選び方
素材もスタイルに大きく影響します。正絹の袴は光沢があり、高級感があります。一方、紬や綿の袴はややカジュアルな雰囲気になります。イベントの種類や自分のスタイルに合わせて選びましょう。

小物の活用
帯や足袋、襦袢などの小物も重要なアクセントになります。例えば、帯に刺繍や柄が入っているものを選ぶと、全体の印象が引き立ちます。足袋の色を変えることで、さりげないおしゃれを楽しむこともできます。

姿勢と動作
袴を着るときは、姿勢と動作にも注意が必要です。背筋を伸ばし、ゆったりとした動きを心がけることで、袴の美しさを最大限に引き立てることができます。

袴の着付けと着こなしのポイントを押さえることで、誰でも簡単に美しいスタイルを楽しむことができます。初めての方でも、このガイドを参考にして、自信を持って袴を着こなしてみてください。

袴を着用するシーンとマナー

袴は、日本の伝統的なフォーマルな衣装として、さまざまな場面で着用されます。結婚式や式典などの正式な場だけでなく、ややカジュアルな場面でも袴を楽しむことができます。ここでは、袴を着用する具体的なシーンと、その際のマナーについて詳しく解説します。

結婚式での袴の着用とマナー

結婚式は、袴を着用する最もフォーマルな場面の一つです。特に新郎や参列者として袴を選ぶ際には、適切な色やデザイン、そしてマナーに気をつけることが重要です。

結婚式での袴の選び方

  • 色の選び方: 結婚式では、新郎や新郎新婦の親族は黒紋付羽織袴を着用することが一般的です。一方で、新郎新婦の友人として参列する場合には、黒以外の色紋付羽織袴がおすすめです。袴の色は、合わせる着物や羽織に合わせて選びましょう。
  • デザインの選び方: 黒紋付羽織袴や色紋付羽織袴は結婚式などフォーマルな場面での定番スタイルです。紋付羽織には家紋が入っていることが多く、伝統的なデザインが特徴です。これらに合わせる袴は、黒紋付羽織には縞柄のものを、色紋付羽織の場合にはシンプルな無地の袴から、縞柄や刺繍が施されたものまで、選択肢は多岐にわたります。
  • 素材の選び方: 正絹や高品質の紬など、上質な素材の袴を選ぶことで、見た目の美しさと着心地を両立させることができます。

こちらは、ゆめやでレンタル可能な羽織袴のコーディネートです。家紋は入っていませんが、準礼装として結婚式に参列する場面で着用することができます。

共羽織のアンティークアンサンブルです。すっきりとした紺色の紬で、準礼装としてもお召しいただけます。長襦袢・角帯・袴も爽やかな色合いでまとめました。

結婚式での袴のマナー

  • 着用の仕方: 袴の着付けは、伝統的な方法に従って行います。着物の上に袴を履き、袴紐でしっかりと固定します。その上から紋付羽織を羽織り、羽織紐で固定します。着崩れしないように、しっかりとした着付けを心がけましょう。
  • 動作の注意: 結婚式では、所作も重要です。背筋を伸ばし、ゆったりとした動きを心がけることで、袴の美しさを最大限に引き立てることができます。座るときは、袴の裾が崩れないように注意が必要です。
  • 礼儀作法: 結婚式では、礼儀正しい態度を保つことが求められます。特に新郎や重要な役割を担う場合は、一層の注意が必要です。挨拶やお辞儀の仕方にも気を配りましょう

式典やカジュアルな場での袴の楽しみ方

袴はフォーマルな場面だけでなく、カジュアルな場面でも着用することができます。ここでは、式典やカジュアルな場での袴の楽しみ方と、その際のマナーについて解説します。

式典での袴の楽しみ方

  • 卒業式や成人式: 袴は卒業式や成人式でもよく見られるフォーマルな衣装です。黒や紺などの落ち着いた色合いの袴を選ぶと、品格がありながらも洗練された印象を与えます。シンプルなデザインのものから、縞柄や刺繍が施されたものまで、個性に合わせて選ぶことができます。

カジュアルな場での袴の楽しみ方

  • イベントやパーティー: ややカジュアルなイベントやパーティーでも袴を楽しむことができます。カラフルで華やかな袴を選ぶと、場の雰囲気にぴったりです。また、綿や紬など、軽やかな素材の袴を選ぶと、動きやすく快適です。
  • カジュアルなコーディネート: 袴をカジュアルに着こなすためには、色や柄、素材の組み合わせに工夫が必要です。例えば、明るい色の袴にシンプルな羽織を合わせることで、カジュアルでおしゃれなスタイルが完成します。足袋の色や帯のデザインも、コーディネートのポイントとなります。

式典やカジュアルな場での袴のマナー

  • 適切な着用: どんな場面でも、袴はしっかりと着付けることが大切です。特にややカジュアルな場面では、着崩れしやすいため、しっかりと固定することが大切です。
  • 場に応じた選び方: 式典ではフォーマルな色やデザインの袴を選び、カジュアルな場では明るい色やカジュアルなデザインの袴を選ぶとよいでしょう。

袴は、フォーマルな場面でもややカジュアルな場面でも、その美しさと独自の魅力を楽しむことができます。適切な色やデザインを選び、正しいマナーを守って、さまざまなシーンで袴を活用してみてください。

まとめ

袴は、日本の伝統的な男性のフォーマルな衣装であり、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く着用されています。この記事では、袴の選び方や着付け方法、着こなしのポイント、着用シーンとマナーについて詳しく解説しました。

適切な色やデザインを選び、正しいマナーを守って、さまざまなシーンで袴を活用してみてください。そして、袴の魅力を最大限に引き出し、特別な日の装いを楽しみましょう。

〈参考記事〉
https://www.kimonosugata.info/100qa_a3_1.html
https://www.otokokimonokato.com/c/gr88
https://www.motoji.co.jp/blogs/reading/mens-formal-tpo
https://www.otokokimonokato.com/blog/howtohakama/
https://myhakama.jp/content/male-trivia/manner-man/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!