ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖【hak03】

オレンジ色の着物選びのお作法|季節ごとの選び方や振袖の着こなしテクまで

はじめに

オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。特に成人式や結婚式などの晴れの日にふさわしい色として人気があります。

しかし、オレンジ色の着物を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すれば良いのか、どのようにコーディネートすれば良いのか悩む方も多いでしょう。

本記事では、オレンジ色の着物の魅力と選び方、季節ごとのコーディネート例、そして振袖の着こなしテクニックについて詳しく解説します。

この記事を読むことで分かること

  • オレンジ色の着物の魅力
  • オレンジ色の着物の選び方
  • パーソナルカラー別のオレンジ色の着物の選び方
  • 季節ごとのオレンジ色の着物のコーディネート例
  • 振袖の着こなしテクニック
  • 着物のレンタルについて

この記事を読むことで、オレンジ色の着物の魅力を最大限に引き出し、自分に最も似合う着物を選ぶための知識とコツを身につけることができます。

特別な日を華やかに彩るための参考にしていただければ幸いです。

オレンジ色の着物の魅力と選び方

オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。特に成人式や結婚式などの晴れの日にふさわしい色として人気があります。

オレンジ色の着物は、振袖や訪問着としても多くのデザインが展開されており、個性を引き立てることができます。

ここでは、オレンジ色の着物の魅力と選び方について詳しく解説します。オレンジ色の着物を選ぶ際のポイントや、コーディネートのコツを知ることで、より魅力的な装いを楽しむことができるでしょう。

オレンジ色の着物の魅力

オレンジ色の着物には以下のような魅力があります。

  • 個性と自己表現:オレンジ色は一般的な着物の色と比較しても独特であり、個性的な自己表現を可能にしてくれます。他とは異なる独特の魅力を放つオレンジ色の着物は、特別な日の装いにぴったりです。
  • ポジティブなエネルギー:明るく元気なイメージのオレンジ色は、着る人にも周りにもポジティブなエネルギーを与えます。この色は、活気あふれる成人式の雰囲気をよりいっそう盛り上げてくれるでしょう。
  • 多様なデザインとスタイル:オレンジ色の着物は、レトロからモダンまで、さまざまなデザインやスタイルが展開されています。これにより、一人一人の個性と好みに合わせた選択が可能になります。
  • コーディネートの自由度:オレンジ色は他の色との相性が良く、帯や小物選びの幅が広がります。アクセサリーや髪飾りとの組み合わせにより、より個性的なスタイルを作り上げることができます。

オレンジ色の着物の選び方

オレンジ色の着物を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • パーソナルカラーを考慮する:自分の肌の色や髪の色に合ったオレンジ色を選ぶことで、より美しく見せることができます。例えば、イエベ春の方には明るいオレンジ、ブルベ冬の方には深みのあるオレンジが似合います。
  • 用途に合わせた選び方:成人式や結婚式などのフォーマルな場では、豪華な柄や刺繍が施された振袖や訪問着が適しています。一方、カジュアルな場ではシンプルなデザインの着物が良いでしょう。
  • サイズとフィット感:着物のサイズは非常に重要です。身丈や袖丈、裄など、自分の体に合ったサイズを選ぶことで、着心地が良くなります。レンタルの場合は、事前に試着して確認することをおすすめします。
  • レンタル店舗の選び方:オレンジ色の着物をレンタルする場合、信頼できる店舗を選ぶことが大切です。口コミやレビューを参考にし、品質の良い着物を提供している店舗を選びましょう。

パーソナルカラー別のオレンジ色の着物の選び方は、次の章でさらに詳しく解説します。

パーソナルカラーで選ぶオレンジ色の着物

オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。しかし、オレンジ色と一口に言っても、さまざまな色味があります。

自分に最も似合うオレンジ色の着物を選ぶためには、パーソナルカラーを理解することが重要です。

ここでは、パーソナルカラー別のオレンジ色の着物の選び方について詳しく解説します。自分にぴったりのオレンジ色の着物を見つけるためのポイントを押さえましょう。

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、その人の肌や髪、瞳の色に調和する色のことを指します。パーソナルカラーを知ることで、自分に最も似合う色を見つけることができ、着物選びにも役立ちます

パーソナルカラーは大きく「イエローベース(イエベ)」と「ブルーベース(ブルベ)」に分かれ、さらに「春」「夏」「秋」「冬」の4つのタイプに分類されます。

  • イエベ春:明るく華やかな色が似合います。オレンジやイエロー、コーラルピンクなどが特におすすめです。春の花のような明るい色味が、肌を健康的に見せてくれます。
  • イエベ秋:深みのある暖色系が似合います。テラコッタやマスタードイエロー、オリーブグリーンなどがぴったりです。秋の紅葉のような色味が、落ち着いた印象を与えます。
  • ブルベ夏:ソフトで淡い色が似合います。ラベンダーやミントグリーン、パステルブルーなどが良いでしょう。夏の涼しげな色味が、肌の透明感を引き立てます。
  • ブルベ冬:鮮やかでコントラストの強い色が似合います。ロイヤルブルーやエメラルドグリーン、真紅などが特におすすめです。冬の澄んだ空気のような色味が、シャープな印象を与えます。

イエベ春・秋に似合うオレンジ色の着物

イエベ春とイエベ秋の方に似合うオレンジ色の着物について詳しく見ていきましょう。イエベ春の方は明るく華やかな色が、イエベ秋の方は深みのある暖色系が似合います。

イエベ春の方におすすめのオレンジ色の着物

  • 明るいオレンジ:イエベ春の方には、明るく鮮やかなオレンジ色がぴったりです。コーラルオレンジやサーモンピンクなど、春の花のような色味が肌を健康的に見せてくれます。
  • コーディネートのポイント:明るいオレンジ色の着物には、白やクリーム色の帯を合わせると、全体が軽やかで華やかな印象になります。小物には、黄色やピンクのアクセントを加えると、より春らしいコーディネートが完成します。

イエベ秋の方におすすめのオレンジ色の着物

  • テラコッタオレンジ:イエベ秋の方には、深みのあるテラコッタオレンジが似合います。秋の紅葉を思わせる色味が、落ち着いた大人の雰囲気を演出します。
  • コーディネートのポイント:テラコッタオレンジの着物には、ブラウンやゴールドの帯を合わせると、全体がシックで上品な印象になります。小物には、オリーブグリーンやマスタードイエローを取り入れると、秋らしいコーディネートが完成します。

ブルベ夏・冬に似合うオレンジ色の着物

次に、ブルベ夏とブルベ冬の方に似合うオレンジ色の着物について見ていきましょう。ブルベ夏の方はソフトで淡い色が、ブルベ冬の方は鮮やかでコントラストの強い色が似合います。

ブルベ夏の方におすすめのオレンジ色の着物

  • パステルオレンジ:ブルベ夏の方には、淡いパステルオレンジがぴったりです。サーモンピンクやペールオレンジなど、柔らかい色味が肌の透明感を引き立てます。
  • コーディネートのポイント:パステルオレンジの着物には、ライトグレーやミントグリーンの帯を合わせると、全体が涼しげで優しい印象になります。小物には、ラベンダーやパステルブルーを加えると、より夏らしいコーディネートが完成します。

ブルベ冬の方におすすめのオレンジ色の着物

  • レッドオレンジ:ブルベ冬の方には、鮮やかなレッドオレンジが似合います。コントラストの強い色味が、シャープで洗練された印象を与えます。
  • コーディネートのポイント:レッドオレンジの着物には、ブラックやネイビーの帯を合わせると、全体が引き締まり、モダンな印象になります。小物には、エメラルドグリーンやロイヤルブルーを取り入れると、より冬らしいコーディネートが完成します。

パーソナルカラーを基にしたオレンジ色の着物選びは、自分に最も似合う色を見つけるための重要なポイントです。

自分のパーソナルカラーを理解し、それに合ったオレンジ色の着物を選ぶことで、より魅力的な装いを楽しむことができます。

オレンジ色の振袖選びとおすすめ小物コーデ

オレンジ色の振袖は、その明るさと華やかさで成人式や結婚式などの特別な日にぴったりです。しかし、オレンジ色と一口に言っても、さまざまな色味やデザインがあります。

ここでは、オレンジ色の振袖の選び方と、それに合うおすすめの小物コーディネートについて詳しく解説します。

自分に最も似合うオレンジ色の振袖を見つけ、すてきなコーディネートを楽しみましょう。

オレンジ色の振袖の選び方

オレンジ色の振袖を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • パーソナルカラーを考慮する:自分の肌の色や髪の色に合ったオレンジ色を選ぶことで、より美しく見せることができます。例えば、イエベ春の方には明るいオレンジ、ブルベ冬の方には深みのあるオレンジが似合います。
  • 用途に合わせた選び方:成人式や結婚式などのフォーマルな場では、豪華な柄や刺繍が施された振袖が適しています。一方、カジュアルな場ではシンプルなデザインの振袖が良いでしょう。
  • サイズとフィット感:振袖のサイズは非常に重要です。身丈や袖丈、裄丈など、自分の体に合ったサイズを選ぶことで、着心地が良くなります。レンタルの場合は、事前に試着して確認することをおすすめします。
  • 柄の選び方:オレンジ色の振袖には、古典柄やモダン柄などさまざまなデザインがあります。自分の好みや着用するシーンに合わせて選びましょう。例えば、古典柄は伝統的で上品な印象を与え、モダン柄は個性的でおしゃれな印象を与えます。

オレンジ色の振袖を選ぶ際には、パーソナルカラーを基にした色選びが重要です。パーソナルカラーについてはおさらいになりますが、以下のポイントを参考に、自分に最も似合うオレンジ色の振袖を見つけましょう。

  • イエベ春の方:明るいオレンジやコーラルオレンジが似合います。これらの色は、肌を健康的に見せ、明るい印象を与えます。振袖や訪問着に取り入れると、華やかさが増します。
  • イエベ秋の方:テラコッタやブラウンがかったオレンジがぴったりです。深みのある色味が、落ち着いた大人の雰囲気を演出します。結婚式やフォーマルな場にも適しています。
  • ブルベ夏の方:パステルオレンジやサーモンピンクが似合います。淡い色味が、肌の透明感を引き立て、優しい印象を与えます。カジュアルな場でも使いやすい色です。
  • ブルベ冬の方:鮮やかなオレンジやレッドオレンジが良いでしょう。コントラストの強い色味が、シャープで洗練された印象を与えます。成人式やパーティーなど、特別な日にぴったりです。

おすすめの小物コーディネート

オレンジ色の振袖に合う小物を選ぶことで、全体のコーディネートが引き立ちます。以下に、おすすめの小物コーディネートを紹介します。

  • :オレンジ色の振袖には、白や金、黒の帯がよく合います。白や金の帯は華やかさを増し、黒の帯は全体を引き締める効果があります。帯の柄も、古典柄やモダン柄など、振袖のデザインに合わせて選びましょう。
  • 帯揚げ・帯締め:帯揚げや帯締めは、振袖の色味に合わせて選ぶと統一感が出ます。例えば、オレンジ色の振袖には、黄色や赤、緑の帯揚げや帯締めがよく合います。これらの小物を使って、アクセントを加えることができます。
  • 草履・バッグ:草履やバッグも、振袖の色味に合わせて選びましょう。白や金、黒の草履やバッグは、どんな振袖にも合わせやすく、上品な印象を与えます。また、草履やバッグに刺繍やビーズが施されているものを選ぶと、より華やかさが増します。
  • 髪飾り:髪飾りは、振袖のデザインや色味に合わせて選びましょう。オレンジ色の振袖には、赤や白、金の髪飾りがよく合います。花柄の髪飾りや、パールやビーズが施された髪飾りを選ぶと、より華やかな印象になります。

ここで、ゆめやで取り扱っている振袖のレンタルセットから、「橙色に菊と破れ立涌の小振袖」をご紹介します。

こちらは、破れ立涌に菊や梅の花が大きく華やかに咲き誇ったアンティーク小振袖です。橙色の地色が印象的です。模様はすべて手描きで施され、職人の柔らかな気質が表れた作品です。

帯は、黒地に赤い絞りの麻の葉と、紗綾型が織り出された水色に手刺繍から成ります。結び方によってまったく印象が変わりますので、どうぞ工夫なさってください。

肩や袖に十分な柄がございますので、袴を着けてもお召しいただけます。

オレンジ色の着物を使った季節ごとのコーディネート例

オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで季節を問わず楽しむことができます。特に、季節ごとに異なるコーディネートを楽しむことで、オレンジ色の着物の魅力を最大限に引き出すことができます。

ここでは、春、夏、秋、冬それぞれの季節に合わせたオレンジ色の着物のコーディネート例を紹介します。季節感を取り入れたコーディネートで、より一層おしゃれを楽しみましょう。

春のオレンジ色の着物コーディネート

春は新しい生命が芽吹く季節であり、明るく華やかな色が似合います。オレンジ色の着物は、春の陽気にぴったりの色です。

特に桜や梅などの花柄が施された着物は、春らしい雰囲気を演出します。

  • 桜柄のオレンジ色の振袖:春の代表的な花である桜の柄が入ったオレンジ色の振袖は、成人式や結婚式などのフォーマルな場にぴったりです。白やピンクの帯を合わせることで、全体が明るく華やかな印象になります。
  • 梅柄の訪問着:梅の花が描かれたオレンジ色の訪問着は、春のお茶会や友人とのランチに最適です。帯には淡い黄色や緑を選ぶと、春らしい爽やかなコーディネートが完成します。
  • 小物の選び方:春のコーディネートには、明るい色の帯揚げや帯締めを選びましょう。例えば、ピンクや白の帯揚げ、黄色や緑の帯締めを合わせると、全体が軽やかで春らしい印象になります。

夏のオレンジ色の着物コーディネート

夏は暑さを感じる季節ですが、オレンジ色の着物はその明るさで涼しげな印象を与えることができます。特に、透け感のある素材や涼しげな柄を選ぶと良いでしょう。

  • 青海波柄のオレンジ色の小紋:夏の海を連想させる青海波柄のオレンジ色の小紋は、涼しげでありながら華やかさも兼ね備えています。帯には白や青を選ぶと、全体が爽やかな印象になります。
  • 朝顔柄の浴衣:夏祭りや花火大会には、朝顔柄のオレンジ色の浴衣がぴったりです。帯には紺や紫を選ぶと、涼しげでありながら華やかなコーディネートが完成します。
  • 小物の選び方:夏のコーディネートには、涼しげな素材の帯揚げや帯締めを選びましょう。例えば、麻や絽の帯揚げ、涼しげな色の帯締めを合わせると、全体が軽やかで夏らしい印象になります。

秋のオレンジ色の着物コーディネート

秋は深みのある色が似合う季節です。オレンジ色の着物は、紅葉や秋の実りを連想させる色として、秋のコーディネートにぴったりです。

  • 紅葉柄のオレンジ色の訪問着:秋の代表的な柄である紅葉が描かれたオレンジ色の訪問着は、秋の結婚式やお茶会に最適です。帯には深い緑や茶色を選ぶと、全体が落ち着いた印象になります。
  • 菊柄の振袖:菊の花が描かれたオレンジ色の振袖は、秋のフォーマルな場にぴったりです。帯には金や銀を選ぶと、華やかさが増します。
  • 小物の選び方:秋のコーディネートには、深みのある色の帯揚げや帯締めを選びましょう。例えば、茶色や深緑の帯揚げ、金や銀の帯締めを合わせると、全体がシックで秋らしい印象になります。

ここで、ゆめやで取り扱っているお着物のレンタルセットから、菊の柄が秋にぴったりの、「ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖」をご紹介します。

こちらは、自由な大きさのカラフルなダイヤ柄がほどこされた正絹地に、モノクロの菊紋様が描かれたアンティーク小振袖です。

たいへんインパクトが強く、斬新なデザインと配色の一品です。帯は全体を引き締めるように黒の正絹を結びました。

黒地に浮かぶ花や葉が鮮やかです。重ね衿も同じ黒で引き締め、帯留めは漆工芸の螺鈿(らでん)を留めました。

冬のオレンジ色の着物コーディネート

冬は寒さを感じる季節ですが、オレンジ色の着物はその温かみで冬の寒さを和らげることができます。特に、重厚感のある素材や華やかな柄を選ぶと良いでしょう。

  • 松柄のオレンジ色の訪問着:冬の代表的な柄である松が描かれたオレンジ色の訪問着は、冬の結婚式や新年会に最適です。帯には黒や紺を選ぶと、全体が引き締まった印象になります。
  • 雪輪柄の振袖:雪の結晶をモチーフにした雪輪柄のオレンジ色の振袖は、冬のフォーマルな場にぴったりです。帯には白や銀を選ぶと、華やかさが増します
  • 小物の選び方:冬のコーディネートには、温かみのある素材の帯揚げや帯締めを選びましょう。例えば、ウールや絹の帯揚げ、暖色系の帯締めを合わせると、全体が温かみのある冬らしい印象になります。

オレンジ色の着物は、季節ごとに異なるコーディネートを楽しむことで、その魅力を最大限に引き出すことができます。

季節感を取り入れたコーディネートで、より一層おしゃれを楽しみましょう。

着物のレンタル方法とショップの選び方

着物をレンタルする際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

ここでは、着物のレンタル方法と、最適なショップの選び方について詳しく解説します。

着物のレンタル方法

オレンジ色の着物をレンタルする際には、以下の手順を参考にするとスムーズに進めることができます。

  1. レンタルショップの選定:まずは、信頼できるレンタルショップを選びましょう。インターネットでの検索や口コミ、SNSのレビューを参考にすることが大切です。特に、オレンジ色の着物の取り扱いが豊富な店舗を選ぶと良いでしょう。
  2. 予約の手続き:レンタルショップが決まったら、早めに予約を行いましょう。成人式や結婚式などのシーズンは特に混雑するため、早めの予約が必要です。予約時には、着物のサイズやデザイン、レンタル期間などを確認します。
  3. 試着とフィッティング:実際に店舗に足を運び、試着を行います。オレンジ色の着物が自分に似合うかどうか、サイズが合っているかを確認しましょう。試着時には、帯や小物も一緒に合わせてみると、全体のコーディネートがイメージしやすくなります。
  4. レンタル期間の確認:レンタル期間を確認し、返却日を忘れないようにしましょう。特に、成人式や結婚式などのイベントが終わった後は、速やかに返却することが求められます。
  5. 返却:レンタル終了後は、指定された方法で着物を返却します。多くのレンタルショップでは、クリーニング不要でそのまま返却できるサービスを提供しています。

ショップの選び方

オレンジ色の着物をレンタルする際には、以下のポイントを考慮してショップを選ぶと良いでしょう。

  • 取り扱い商品の豊富さ:オレンジ色の着物の種類が豊富なショップを選びましょう。振袖や訪問着、色無地など、さまざまなデザインやスタイルの着物が揃っている店舗が理想的です。これにより、自分の好みや用途に合った着物を見つけやすくなります。
  • 価格とプランの確認:レンタル料金やプラン内容を確認しましょう。着物のレンタル料金は、着付けや小物のレンタルが含まれているかどうかで異なります。セットプランが充実している店舗を選ぶと、トータルコーディネートがしやすくなります。
  • アクセスの良さ:店舗の立地も重要です。自宅やイベント会場からアクセスしやすい場所にある店舗を選ぶと、試着や返却がスムーズに行えます。特に、交通の便が良い場所にある店舗は便利です。
  • 口コミや評判:実際に利用した人の口コミや評判を参考にしましょう。インターネットのレビューサイトやSNSでの評価をチェックすることで、信頼できる店舗を見つけることができます。
  • サービス内容:着物のレンタル以外にも、着付けやヘアセット、小物のレンタルなどのサービスが充実している店舗を選びましょう。これにより、トータルコーディネートがしやすくなります。

オレンジ色の着物をレンタルする際には、これらのポイントを押さえておくことで、スムーズに進めることができます。自分に最も似合うオレンジ色の着物を見つけ、特別な日を華やかに彩りましょう。

まとめ

この記事では、オレンジ色の着物の魅力と選び方、季節ごとのコーディネート例、訪問着の着こなしテクニックについて詳しく解説しました。

以下に本記事でご紹介した内容をまとめます。

オレンジ色の着物の魅力

  • 個性と自己表現
  • ポジティブなエネルギー
  • 多様なデザインとスタイル
  • コーディネートの自由度

オレンジ色の着物の選び方

  • パーソナルカラーを考慮する
  • 用途に合わせて選ぶ
  • サイズとフィット感を大切に

パーソナルカラー別のオレンジ色の着物の選び方

  • イエベ春:明るいオレンジ、コーラルオレンジ
  • イエベ秋:テラコッタオレンジ
  • ブルベ夏:パステルオレンジ
  • ブルベ冬:レッドオレンジ

季節ごとのオレンジ色の着物のコーディネート例

  • 春:桜柄の振袖、梅柄の訪問着
  • 夏:青海波柄の小紋、朝顔柄の浴衣
  • 秋:紅葉柄の訪問着、菊柄の振袖
  • 冬:松柄の訪問着、雪輪柄の振袖

振袖の着こなしテクニック

  • パーソナルカラーを考慮した色選びを心がける
  • 用途に合わせて選ぶ
  • サイズとフィット感を大切に
  • 柄の選び方
  • アクセントカラーの小物で全体の装いを引き締める

オレンジ色の着物は、季節ごとに異なるコーディネートを楽しむことで、その魅力を最大限に引き出すことができます。

自分に最も似合うオレンジ色の着物を見つけ、特別な日を華やかに彩りましょう。皆さんのこれからの着物ライフがより一層楽しく、充実したものになることを願っています。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/seijin/furiho/orange/
https://kano-wafuku.com/blog/kimono-knowledge/692
https://sakuto.jp/kimono-column/match_kimono/
https://www.buysellonline.jp/blog/kimono-personal-color
https://www.wafukan-ichi.jp/ichi-furisode/furisode_column-top/furisode-personal-color/
https://kimono-rentalier.jp/column/houmongi/wedding-houmongi-color/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

白い土台、黄色と赤の鼻緒に桜の手刺繍の3才用草履【zr3001】

七五三の着物に合わせる小物をレンタルで賢く選ぶ|着物のプロが監修

はじめに 七五三のお祝いでは、着物だけでなく小物選びも重要なポイントです。 特に、レンタルで揃える場合、どのような小物が必要なのか、予算はどのくらいかなど、悩むことも多いですよね。 そこで、この記事では、以下のような内容 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!