結婚式の招待状をもらった。何を着ればいい?訪問着?振袖?

黒留袖母親の髪型 | 実績1,000例以上のプロが教える失敗しないコツ

はじめに

結婚式の母親役としての重要性

結婚式の主役は新郎新婦、特に華やかな花嫁さんですよね。ですが、その後ろには、家族や親せき、そして特に母親の存在が大きく影響します。母親は、家族の一員として、また、親としての立場から式全体の雰囲気を左右する重要な役割を担っています。

このような重要な役割を担っている母親が、式場において最も注目されるのがその装い、つまり着物や髪型、アクセサリーなどの全体的なスタイルです。母親が選ぶスタイルは、家族全体、特に花嫁に大きな影響を与えます。洋装の場合でも和装の場合でも、その装いは母親の美しさを引き立て、人々の目を引くことでしょう。中でも、特に注目されるのが留袖です。黒留袖は、その格式高さから結婚式における母親の正装とされ、一般的に多く選ばれています。

黒留袖を着る際のマナーやスタイル、そしてそれに伴う髪型の選び方について、お客さまは非常に敏感です。結婚式という一生に一度の大切な機会に、母親がどのようなスタイルで現れるかが、その日の雰囲気を大いに左右するのです。また、自分自身がどのように見えるか、どんな印象を与えるかについて、母親自身も深く考え、たくさんの時間と労力を使って準備をなさることでしょう。

その準備は決して容易なものではありません。黒留袖の選び方、着付けの方法、そしてそれに合わせた髪型の選び方など、知っておくことが山ほどあります。特に髪型選びは深く悩むポイントの一つです。黒留袖に合わせた髪型とは一体どのようなものなのか、どのようなスタイルが良いのか、またどの美容師に相談したら良いのかなど、さまざまな疑問が浮かぶことでしょう。

本記事の目的と概要

本記事では、母親が結婚式において最も美しく、かつ適切な装いをするための情報を提供します。特に、黒留袖を着る母親のための髪型選びに焦点を当てて、その失敗しない方法を詳しく解説します。黒留袖に合わせた髪型の一覧や、その髪型を選ぶ際のポイント、また、その他の注意点などを詳しく解説していきます。

また、結婚式の準備は一人で行うものではありません。家族や友人、そして美容師などとのコミュニケーションも大切な要素です。母親が髪型を選ぶ際に美容師とどのようなコミュニケーションを取り、どのようにして美容師に自分の思いを伝えるのかについても解説します。

また、よくある質問とそれに対するアドバイスも一緒に提供します。これらの情報を通して、結婚式に向けて準備を進める母親が、より自信を持ってその日を迎えられるようサポートします。最後には全体をまとめ、結婚式の母親に持っていただきたい心構えについてもお話しいたします。

本記事を読み進めていただくことで、母親が結婚式で最も美しく輝くためのヒントが見つかることでしょう。自分に最も似合う髪型を見つけ、美しく着こなす黒留袖。それがこの記事の目的です。最後までお付き合いいただけますと幸いです。

黒留袖を着る時のマナーとスタイル

黒留袖とは何か?

結婚式と言えば、華やかな花嫁の美しさが注目されますが、その背後には母親の存在があります。母親の装い、特に黒留袖は、その場の格式を高め、結婚式の美しさを一層引き立てます。

黒留袖とは、黒地に五つの家紋が入った正式な着物で、主に結婚式などのフォーマルな場で着用されます。黒留袖の特徴は、黒地に色とりどりの模様が描かれていることで、それは見る人の心を捉え、目を楽しませます。また、その模様は下半身に集中しており、身頃は黒一色で統一されていることが多いのが特徴です。

また、黒留袖は「留袖」という名前のとおり、振袖の袖を短く切り留めた着物です。振袖とは異なり、留袖は既婚女性が着用することから、母親が結婚式に着るには最も適していると言えるでしょう。

お母さまの体型や好み、そして式の雰囲気に合わせて黒留袖を選びましょう。また、着物はレンタルすることも可能で、自分に最適なものを見つけることができます。

ゆめやでご用意している黒留袖は、大正時代から昭和の初めころに仕立てられた着物ばかりで、正絹の輝きとていねいで緻密な手仕事に包まれています。

結婚式参列 お母様向け留袖

黒はお母さまがお召しになる黒留袖で、カラーのものはおばあさまや既婚のご姉妹さまがお召しになる色留袖です。どうぞいっしょにご覧ください。

黒留袖の基本的なマナー

結婚式に出席する母親としての装いは、自分自身を美しく見せるだけでなく、結婚式そのものの格式を保つためにも重要な役割を果たします。そのため、黒留袖を着る際のマナーについて理解しておくことが必要です。

まず、黒留袖を着る際には、その着方に気をつけましょう。黒留袖は正式な着物であるため、着方には一定のルールがあります。右前に着ること(まず着物の右側の身頃を体に合わせ、その上から左側の身頃をかぶせます)、帯は金や銀を基調とした吉祥紋様であること、長襦袢は白であることなど、基本的なマナーを押さえておきましょう。

また、黒留袖は着る人によってその見え方が変わるものです。そのため、自分自身の体型に合わせて適切なサイズのものを選ぶことが重要です。小柄な方は小振りな模様、大柄な方は大振りな模様を選ぶなど、自分の体型に合わせた選び方をすることで、一層美しさを引き立てることができます。

黒留袖のスタイルと合わせるアクセサリーについて

次に、黒留袖のスタイルとそのアクセサリー選びについてです。黒留袖は一見シンプルな装いに見えますが、実はその裾にあしらわれた模様や色使いによって、大変華やかな装いになります。そのため、その華やかさを引き立てるためにも、適切なアクセサリーの選び方が重要となります。

まず、黒留袖に合わせるアクセサリーとして考えられるのが、帯締めや帯揚げです。これらは黒留袖の帯と一緒に目立つパーツであり、その色やデザインによって全体の雰囲気が大きく変わります。金・銀・白の三色のなかで、色の配色バランスやデザインに凝ってみるのも楽しいでしょう。

また、結婚式という特別な場では、ヘアスタイルも重要な要素となります。ヘアアクセサリーを用いることで、より華やかな印象にすることが可能です。特に、和装には伝統的な髪飾りがよく似合います。金色や真珠の髪飾りは、黒留袖の豪華さを引き立て、一層の格式を出すことができます。

ですが、ヘアスタイルやヘアアクセサリーの選び方には注意が必要です。黒留袖だけでも豪華な装いですので、ヘアスタイルやヘアアクセサリーが過剰にならないように気をつけましょう。また、結婚式当日の動きやすさも考えると、ヘアアレンジはシンプルで落ち着いたものを選ぶことがおすすめです。

ここまで、黒留袖を着る際のマナーとスタイルについてお話ししてきました。黒留袖は、その豪華さと格式高さから、結婚式などの特別な場にふさわしい装いです。ですが、その選び方や着方にはマナーが存在し、またヘアスタイルやアクセサリーの選び方にも工夫が必要です。結婚式という一生に一度の特別な日、母親として美しく、かつ品格を持ってその場に立つために、ぜひ参考にしていただければと思います。

結婚式の母親にふさわしい髪型

結婚式での母親の髪型の重要性

結婚式は、人生の中でも特別な日の一つです。そのため、結婚式の出席者、特に母親は、その場の格式に相応しい装いを心掛けます。その中で、留袖や黒を基調とした着物を選ぶことはもちろん重要ですが、同時に髪型もまた大切な要素となります。

結婚式の場において母親の髪型が重要な理由としては、髪型がその人の印象を大きく左右するからです。結婚式の母親は花嫁の背後に立つ重要な存在であり、髪型はその人物像を表現する大切な要素の一つです。良い髪型は、その人の持つ魅力を引き立て、またその場の雰囲気も華やかにします。

また、髪型は着物やその他のアクセサリーとも密接に関わっています。髪型が着物の色や模様、そしてアクセサリーと調和していると、全体のバランスがよくなり、より華やかで統一感のある印象を与えることができます。

ただし、髪型を選ぶ際には、一般的なマナーも考慮に入れることが必要です。たとえば、母親が派手な髪型を選んでしまうと、主役である花嫁を食ってしまう恐れがあります。また、和装には和装に合った髪型があり、洋装には洋装に合った髪型があります。そのため、着る服装に合った髪型を選ぶことが重要です。

結婚式の母親にとって、髪型選びは容易な作業ではありません。ですが、自分自身を美しく見せるだけでなく、結婚式そのものの成功にも関わるため、しっかりと時間をかけて選んでいきましょう。

髪型の種類と考え方

次に、結婚式の母親にふさわしい髪型の種類とその考え方について紹介します。結婚式に出席する母親の髪型は、基本的には上品で落ち着いたものが求められます。その中でも人気なのが「アップスタイル」です。アップスタイルは、髪の毛を上にまとめる髪型で、特に留袖などの和装によく合います。

アップスタイルにはいくつかのバリエーションがあります。たとえば、全ての髪を高くまとめた「ハイアップ」、後頭部に髪をまとめた「ローバン」、髪の一部を下ろして自然な雰囲気を出した「セミアップ」などがあります。これらの中から、自分の髪の長さや質、そして着物のスタイルや自分自身の顔立ちに合ったものを選びます。

また、ショートヘアやボブの方は、髪を巻いてボリュームを出したり、アクセサリーで飾るなどして、華やかさを演出することが可能です。こちらも、自分の髪型や顔立ち、そして着物のスタイルに合わせて髪型を選ぶことが大切です。

髪型を選ぶ際には、美容室でプロの美容師に相談するのがおすすめです。美容師は、髪型だけでなくメイクやアクセサリーの選び方についてもアドバイスしてくれます。また、美容室には髪型の一覧やランキングがあり、どの髪型が人気なのかを知ることができます。

髪型による顔の印象変化

結婚式の母親が髪型を選ぶ際に考慮していただきたいことの一つが、髪型が顔の印象をどのように変えるか、ということです。顔の形や特徴によって、似合う髪型や合わせるアクセサリーが変わるため、自分自身の顔立ちを理解し、それに合った髪型を選ぶことが大切です。

たとえば、丸みを帯びた顔の方は、髪のボリュームを抑えて顔をすっきりと見せる髪型がおすすめです。また、シャープな顔立ちの方は、髪の毛をフワッとさせて柔らかな印象を出す髪型が似合うでしょう。

髪型と顔の印象の関係については、美容師に相談するのが一番です。美容師は、その人の顔立ちに合った髪型を提案してくれますし、髪型によってどのような印象になるのかも詳しく説明してくれます。

また、髪型だけでなく、アクセサリーやメイクも顔の印象を大きく変えます。たとえば、目元や唇にアクセントをつけることで、顔全体のバランスを調整することが可能です。これらのポイントも含めて、自分自身に合った髪型を見つけていきましょう。

ここまで、結婚式の母親にふさわしい髪型について説明しました。結婚式は一生に一度の大切な機会であり、出席者一人一人がその場を盛り上げる存在です。その中でも特に母親は重要な役割を担っています。髪型選びにはしっかりと時間をかけて、自分自身を最高に美しく見せる髪型を選んでください。

  

お母さまの留袖といっしょに、花嫁さま、お父さま、ご姉妹さまもセットでどうぞ。

ヘアスタイル選びの失敗しないポイント

結婚式での母親にふさわしいヘアスタイルを選択したいですね。自分に似合う髪型を選ぶのは一見難しそうに思えます。そこで、ヘアスタイル選びで失敗しないためのポイントをいくつか紹介します。

ヘアスタイル選びで考慮すべき点

母親が結婚式でヘアスタイルを選ぶ際には、特に考慮していただきたい点がいくつかあります。まず一つ目は、自分の顔立ちと体型に合ったヘアスタイルを選ぶことです。髪型はその人の顔の形や特徴を引き立て、全体の印象を左右しますので、自分の顔立ちに合った髪型を選ぶことが大切です。

二つ目のポイントは、着る服装とのバランスを考えることです。着物を着る際は、それに合った落ち着いたアップスタイルなどがおすすめです。一方、洋装の場合は、より自由なスタイルを選ぶことが可能です。デザインや色との調和を考えてヘアスタイルを選びましょう。

三つ目のポイントは、式場の雰囲気とマナーを考慮することです。式場が格式高い場所であればあるほど、落ち着いたヘアスタイルが求められます。また、主役は花嫁であるため、あまりにも派手なヘアスタイルは避けたほうが良いでしょう。

美容師とのコミュニケーションも大切ですね。美容師はプロの視点から、あなたに最適なヘアスタイルを提案してくれます。美容室での相談時には自分の要望をしっかりと伝え、美容師の意見も聞いてみましょう。

髪の長さとヘアスタイル選び

髪の長さはヘアスタイル選びにおいて重要な要素の一つです。特に、短い髪の母親は、どのようにスタイリングすれば良いか悩むことが多いかもしれません。

ショートヘアの場合は、ヘアアクセサリーを上手に使って華やかさを演出すると良いでしょう。カチューシャやヘアバンド、ピンなどを使ってシンプルながらもエレガントな雰囲気を出すことができます。また、ショートヘアでもアップスタイルのように髪を部分的に上げて、アレンジを加えることも可能です。

ボブスタイルの場合は、髪の毛を巻いてボリュームを出すことで、より華やかな印象を作り出すことができます。また、ヘアアクセサリーを取り入れることで、さらに洗練された印象に仕上げることができます。

長い髪の場合は、さまざまなアップスタイルが選べるため、多彩な表現が可能です。ただし、長い髪の場合でも、あまりにも派手にしすぎると花嫁を食ってしまう可能性があるため、落ち着いたスタイルを選びましょう。

レンタルかんざしとヘアスタイルの合わせ方

留袖を着る母親にとって、かんざしは必ず着けなければならないものではありませんが、かんざしをうまく使うことで、ヘアスタイルが一層引き立ちます。

黒留袖は第一礼装となりますので、かんざしも格の高いものを着けましょう。材質はべっ甲や漆塗りなどで、螺鈿や金箔、真珠などの細工があるとなお良いでしょう。とは申しましても、本物はお値段もたいへん高くなりますので、べっ甲調や漆塗り風のものを探しても良いかと思います。

どれを選べば良いか迷う場合や、高級なかんざしを挿したい場合には、レンタルかんざしを利用することをおすすめします。多くの美容室や着付け店では、レンタルかんざしのサービスを提供しています。自分の着物の柄や色、そしてヘアスタイルとの相性を考えて、最適なかんざしを選びましょう。

かんざしを選ぶ際には、自分の髪の色とのコントラストや、髪型との相性を考えることが大切です。例えば、黒髪には金色や銀色のかんざし、茶髪には黒や赤のかんざしといったように、髪の色と対照的な色のかんざしを選ぶと、より目立ちます。

また、髪型にもよりますが、アップスタイルの場合は大きめのかんざし、ダウンスタイルの場合は小さめのかんざしを選ぶと良いでしょう。顔の形状や特徴によっても、どの位置にかんざしを着けるかが変わってきますので、美容師に相談しながら選びましょう。

これらの考慮点を押さえつつ、結婚式当日には最高のヘアスタイルで出席し、素敵なお母さまになってください。

美容師への予約とコミュニケーション

美容師への予約のタイミングと注意点

母親が結婚式に出席する際のヘアスタイルは、その日の装いや雰囲気を大いに左右します。そのため、美容師への予約はなるべく早めに行うことがおすすめです。また、ただ早めに予約するだけでなく、そのタイミングや注意点についても知っておくと良いでしょう。

まず、予約のタイミングとしては、結婚式の日取りが決まったらすぐにでも行っておきましょう。美容師はその日のスケジュールを前もって組むため、早めに予約を入れることで確実に自分の希望の時間にセットをしてもらえます。特に、結婚式の当日は美容師が多くの人のヘアセットを行うため、予約が埋まってしまうこともあります。そのため、なるべく早めに予約を入れることが大切です。

次に、予約の際には、何を着るのか、どのようなヘアスタイルにしたいのか、事前に考えておきましょう。着物の色や柄を伝えることで、美容師もあなたに合ったヘアスタイルを提案しやすくなります。また、ヘアアクセサリーを使用する場合も、その情報を伝えると良いでしょう。

また、美容師への予約の際には、一緒にメイクの予約も考えてみてください。特に結婚式の場合、ヘアスタイルとメイクは一体となって全体の印象を作り出します。そのため、同じ美容室でメイクもしてもらうことで、全体の調和がとれたスタイルを作ることが可能です。

髪型やヘアスタイルのリクエスト方法

美容師に対するヘアスタイルのリクエストは、その日の自分を最高に見せるための重要なステップです。そのため、どのようにリクエストすれば良いのか、以下にいくつかのポイントを紹介します。

まず一つ目のポイントは、自分がどのような髪型にしたいのか、具体的なイメージを伝えることです。それが、ショートスタイルに小さな飾りを付けたい、ボブスタイルにヘアピンでアクセントをつけたい、長い髪の母親はアップスタイルで華やかさを出したいなど、具体的なイメージを美容師に伝えることで、自分の希望が反映されたスタイルに仕上げることができます。

次に、自分の髪の特性を美容師に伝えることも重要です。例えば、髪が硬い、薄い、多いなどの情報は、ヘアスタイルの持ち具合や完成度に影響を与えます。そのため、自分の髪の特性を美容師に伝えることで、美容師はそれを考慮に入れたスタイル提案をしてくれます。

さらに、美容師にリクエストをする際には、その日の装いや雰囲気も伝えると良いでしょう。着る着物の色や柄を伝えることで、それに合ったヘアスタイルを提案してもらえます。また、洋装の場合も同様に、その色やデザインを伝えることで、全体のバランスを考えたスタイルを提案してもらえます。

当日のヘアセットまでの流れ

結婚式の当日は、何事もスムーズに進めるために、事前に流れを把握しておくことがおすすめです。以下に、当日のヘアセットまでの一般的な流れを説明します。

まず、美容室に到着したら、最初に着付けを行います。和装の場合は着物の着付け、洋装の場合はドレスの着付けが行われます。このときに、美容師や着付け師と最後の打ち合わせを行います。例えば、ヘアアクセサリーの位置や、髪の毛のボリュームなど、細かい部分の調整を行うことがあります。

着付けが終わったら次にヘアセットに移ります。このときに、美容師と一緒に鏡を見ながら、最終的なスタイルを確認します。これは、自分が思い描いていたスタイルと美容師が理解しているスタイルが一致しているかを確認する重要な時間です。

その後、美容師がヘアセットを行います。このとき、美容師は先に伝えた希望や、髪の毛の状態を考慮しながら、最善のスタイルを作り出します。この時間は、リラックスして美容師に任せることが大切です。

ヘアセットが終わったら、最後にメイクを行います。メイクは全体の印象を左右するため、美容師と一緒に最後のチェックを行います。これが結婚式の当日の一般的な流れです。

以上のことを把握しておくことで、当日は安心して美容師に任せることができ、自分の一番美しいスタイルで結婚式に出席することができるでしょう。

よくある質問とアドバイス

結婚式の母親の髪型についてのよくある質問

結婚式に母親として出席する際には、留袖と共にヘアスタイルにも気を配る必要があります。結婚式における母親の髪型については、多くの疑問が寄せられます。ここでは、よくある質問とその解答を一覧にしてみました。

Q1: 結婚式での母親の髪型は、どんなスタイルが良いですか?

結婚式での母親の髪型は、装いや雰囲気に合わせて選ぶことが重要です。和装の場合、特に留袖を着る際には、アップスタイルが多く選ばれます。これは、アップスタイルが着物の色や柄を引き立て、華やかさを演出するからです。

Q2: ヘアアクセサリーは何を選べば良いですか?

ヘアアクセサリー選びも重要なポイントです。シンプルなものから華やかなものまで多種多様なヘアアクセサリーがあります。和装の場合は、伝統的な簪(かんざし)や、着物の柄に合わせた飾りを選ぶと良いでしょう。

Q3: ヘアスタイルはどこで決めれば良いですか?

通常、ヘアスタイルは美容師と一緒に考えて決めます。そのため、まずは予約をして美容師と相談することが大切です。予約の際には自分が着る留袖の色や柄、または洋装の色やデザインを伝えて、全体のバランスを考えたスタイルを提案してもらいましょう。また、式場でヘアセットをしてもらう場合もありますが、その場合も同様に事前に打ち合わせを行います。

Q4: 美容師への予約はいつ頃すれば良いですか?

結婚式の日程が決まったら、早めに美容師への予約を入れることをおすすめします。特に結婚式当日は美容師の予約が埋まってしまうこともあるため、できるだけ早めに行うと良いでしょう。また、ヘアセットだけでなく、メイクの予約も同時に考えると、全体のスタイルが統一され、さらに美しく見えます。

Q5: ヘアスタイルは一日中持ちますか?

ヘアスタイルの持ち具合は、その日の天候や自分の髪の質にも影響されますが、プロの美容師がセットすることで、一日中キープすることが可能です。また、自分の髪の特性(硬い、薄い、多いなど)を美容師に伝えておくと、それを考慮したスタイル作りをしてくれます。

これらの質問と答えを読むことで、結婚式に参列する母親の髪型についての基本的な知識が身につくでしょう。ですが、母親の髪型はその人自身の好みや特性、そしてその日の装いによるため、最終的な選択は自分自身で行うことが最も重要です。

黒留袖を美しく着こなすためのアドバイス

黒留袖は、結婚式などの正式な場でよく着用される和装です。特に結婚式の母親の装いとしては定番とも言えます。黒留袖を美しく着こなすためには、着付けのコツや、着物に合わせたヘアスタイルの選び方など、知っておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、そのアドバイスをいくつかご紹介します。

黒留袖の選び方

黒留袖は基本的に黒地に五つ紋が付いたもので、色と柄が一定なので比較的選びやすいと言えます。しかし、質感や仕立て方にはバリエーションがありますので、自分の体型や好みに合わせて選びましょう。また、結婚式の場では華やかさも求められますので、裾に華やかな柄が施されたものを選ぶと良いでしょう。

ゆめやのアンティーク黒留袖もぜひご覧になってください。黒はお母さまがお召しになる黒留袖で、カラーのものはおばあさまや既婚のご姉妹さまがお召しになる色留袖です。

結婚式参列 お母様向け留袖

着付けのコツ

黒留袖の着付けは専門的な技術が必要なため、プロの着付け師に任せるのが一般的です。自分で着付ける場合や、着付け師にリクエストをする際には、裾を揃えることや、帯結びを適切な位置にすることなどのポイントを把握しておくと良いでしょう。

ヘアスタイルの選び方

前述のとおり、黒留袖にはアップスタイルがよく合います。裾の柄が際立つように、シンプルかつ上品なアップスタイルを選びましょう。また、簪(かんざし)などの和風アクセサリーを使用すると、より一層の和装らしさが出ます。

身だしなみのチェック

着物を着る際には、全体のバランスや髪の毛の乱れなど、細部まで気を配る必要があります。また、着物が乱れないように、動き方にも注意が必要です。

以上のポイントを押さえることで、黒留袖を美しく着こなすことができます。それぞれの項目はそれ自体が一つのテーマとも言えますので、より詳しく知りたい方は、それぞれを深く学んでみることをおすすめします。それぞれの項目を押さえ、自分だけのスタイルを見つけ、結婚式を華やかに彩りましょう。

まとめ

結婚式の母親の準備を進めるためのポイント

お子さまの結婚式は母親にとっても大切な機会であり、準備を進めるに当たってはさまざまなポイントが存在します。特に留袖や髪型の選び方は、結婚式での装いを左右します。また、黒留袖は黒地の上に色とりどりの絵柄があしらわれています。留袖を美しく着こなすためには、自分の体型や好みに合わせて選び、専門の着付け師に着付けてもらうことが一般的です。

また、髪型は和装に合わせてアップスタイルがおすすめです。シンプルかつ上品なアップスタイルを選ぶことで、着物の裾の柄が際立ちます。さらに、簪(かんざし)などの和風アクセサリーを使用すると、より一層の和装らしさが出ます。

さらに、一日中続く結婚式ではヘアスタイルが持続することが重要です。プロの美容師がセットすることで、一日中キープすることが可能です。自分の髪の特性(硬い、薄い、多いなど)を美容師に伝えておくことで、それを考慮したスタイル作りをしてもらうことができます。

以上のことから、結婚式の母親としての準備を進めるためのポイントは、次の3つに絞られます。

1. 留袖の選び方:黒留袖を選ぶ際には、自分の体型や好みに合わせて選び、裾に華やかな柄が施されたものを選ぶと良いでしょう。

2. 着付けのコツ:専門の着付け師に任せることが一般的ですが、自分で着付ける場合や着付け師にリクエストをする際には、裾を揃えることや、帯結びを適切な位置にすることなどを心掛けましょう。

3. ヘアスタイルの選び方:黒留袖にはアップスタイルがよく合います。美容師と相談しながら適切なヘアスタイルを選び、簪などの和風アクセサリーを使用すると良いでしょう。

最後に

結婚式は家族全員が主役の一部となる特別な日です。その中で、特に母親は華やかな装いで出席し、式を盛り上げる重要な役割を担います。そのため、留袖や髪型の選び方は、母親自身の見せ方だけでなく、式全体の雰囲気をも左右します。

留袖選びでは、自分の体型や好みに合わせたものを選び、専門の着付け師に着付けてもらうこと。髪型選びでは、自分の髪の特性を考慮に入れつつ、美容師と相談して選ぶことが大切です。そして、それぞれが一体となった時、母親自身が最も美しく、自信を持って結婚式に臨むことができます。

今回の記事が、結婚式の母親としての準備に役立つ情報となり、より素敵な一日を過ごすための参考になれば幸いです。自分自身を最高に美しく見せる装いで、お子さまの結婚式を盛り上げてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【プロ監修】種類豊富!初心者も安心のレンタル訪問着選びと着付けガイド

はじめに 人生の節目となる特別な日。せっかくなら、最高の思い出になる装いで華やかに彩りたいですよね。そんな時に選びたいのが、正礼装である色留袖に次ぐ格を持った「訪問着」です。 上品でありながら華やかな色合いと、四季の美を […]

ひとつ前の記事

婚礼前撮りイメージ

【着物のプロが監修】和装ウエディングフォトの基本とスタジオ選びのコツ

はじめに 和装ウエディングフォトの魅力 結婚式は、一生に一度の特別な日ですね。多くのカップルが、大切な日を記念としてウエディングフォトを撮影していらっしゃいます。中でも、近年注目されているのが、日本の伝統衣装である和装で […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!