着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

結婚式ゲストイメージ1

【初心者向け】結婚式ドレス20代女性編 | 安心の選び方ガイド

はじめに

20代女性が結婚式にお呼ばれした際に何を着て行けば良いのかは、非常に悩ましい問題です。20代は友人の披露宴や親族の結婚式、職場の先輩や同僚の結婚パーティーなどに参列する機会が多く、その際の服装選びで悩む方も多いでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや のファンの皆さまは、もちろん着物がお好きでしょうが、今回は趣向を変えて、洋装に迫ってみます。和装のお作法から発展した、洋装のお作法もありますので、歴史とともにお読みいただければ幸いです。

この記事では、結婚式に参加する20代女性が心掛けたいフォーマルドレスの選び方から人気のデザイン、カラー、素材まで、トレンドを踏まえた服装のマナーを紹介します。また30代、40代、50代の方々にも参考となる内容を取り入れています。

ドレスの基本

結婚式におけるドレス選びは、丈や袖、素材やカラーなど、さまざまなポイントがあります。20代女性に人気のワンピースタイプや上品なレースの装飾、露出を控えめにしたデザインなど、セレモニーや披露宴、二次会などのシーンにぴったりの服装を選ぶことが求められます。

20代におすすめのカラーとデザイン

ブルー、ピンク、ベージュなどのパステルカラー、または大人っぽく上品なネイビーやグレーなどの色が20代女性にはおすすめです。華やかさを演出するために、フリルや刺繍、シフォンなどの素材を取り入れたドレスも人気です。

シーン別の服装選び

披露宴ではフォーマルなロングドレス、二次会ではカジュアルで可愛いスカートやパンツスタイルなど、シーンに応じたコーディネートがポイント。季節に合わせた素材選びや、春夏秋冬それぞれのトレンドカラーを意識するのも大切です。

服装に合わせる小物

バッグやアクセサリー、パンプスなどの小物選びも重要。全身のバランスを考え、派手すぎず、主役である花嫁より派手にならないようにしつつ、自分らしいスタイルを演出しましょう。特に足元を素敵な靴にすると、コーディネートを一層引き立てる効果があります。

フリルや、刺繍や、シフォンのドレスには、アンティークの総ビーズバッグも似合います。アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物や小物をレンタルで皆さまのもとにお届けしています。今、作られているビーズのバッグとは違い、七色かとも思えるほどにゆらゆらと輝くアンティークビーズは、ドレスの価値も、あなたの価値も高めてくれる逸品です。バッグだけのレンタルも承っていますので、アンティークなドレスに合わせてみてはいかがでしょうか。

体型カバーも忘れずに

自分の体型に合わせたシルエットの選び方も重要です。気になる脚をカバーしてくれるふんわりとしたスカートや、ウエストラインを美しく見せるドレスのデザインなど、体型を美しく見せる工夫もお忘れなく。

その他の注意点

マナー違反とされる白や黒のドレスは避け、露出の多いドレスも控えめに。また、透け感のある素材はインナーでしっかりとカバーしましょう。全体的にバランスの良いコーディネートを選べば他のゲストからの印象も良く、結婚式を一層楽しむことができます。

今回の記事ではこれらのポイントを詳しく解説し、近年の最新トレンドや、20代前半、20代後半での違い、他の年代との違いなども紹介していきます。

結婚式にお呼ばれした際の服装選びに悩んだときに、この記事を参考にしていただければ幸いです。最新のファッションを取り入れつつ、マナーを守り、自分らしいスタイルで結婚式を楽しんでください。

結婚式の服装の基本マナー

結婚式は特別な場であり、服装選びも大切なポイントです。今回の記事のテーマである20代女性のケースを中心に、お呼ばれされた際の服装選びの基本マナーをご紹介します。

男女別のドレスコード

結婚式において、男女別のドレスコードを意識することは非常に重要です。男性はスーツが一般的なのに対し、女性の場合はワンピースやパーティードレスがおすすめです。

20代女性:華やかなワンピースやフリル、レース付きのドレスが人気。明るいカラーでフェミニンな印象を演出しましょう。

30代女性:より大人っぽく、上品なデザインやカラーのワンピースが好まれます。ネイビー、グレーなどの落ち着いた色がおすすめです。

40代、50代女性:シンプルでエレガントなスタイルが求められます。素材にもこだわり、セットアイテムなども活用して全体的にまとめたコーディネートが良いでしょう。

色やデザインでのマナー

結婚式にお呼ばれした際の色やデザインの選び方も重要です。

カラー:白は花嫁にしか許されない色なのでNG。全身黒というのも喪服を連想させるため避けた方が無難です。ブルー、ピンク、グリーンなどの爽やかな色や、ネイビー、ベージュなどの大人っぽい色がおすすめ。

デザイン:露出が多すぎるデザインはマナー違反になることがあります。デコルテラインや肩の露出は控えめに。レースやフリルを取り入れたフェミニンなデザインが人気です。

その点において、和装は間違いありませんね。デコルテや肩は見えませんから。ただし、出る部分、手首から先やうなじ、首などのお手入れはぬかりなく!

ちょっとだけ、ゆめやらしく。結婚式のお呼ばれにおすすめの着物を一つ紹介させてください。テーマが20代ですので、未婚の方は振袖もお召しいただけます。振袖では派手すぎる場合や、すでに結婚なさっている場合は、「藤紫色と中紅色のぼかしに春秋花柄の訪問着」の訪問着がおすすめです。

2022年、2023年の最近のマナー変化

最近の結婚式のトレンドは、よりカジュアルなスタイルへと変化しています。

カジュアルな着こなし:近年、二次会などではパンツスタイルやカジュアルなワンピースも受け入れられるようになりました。ただしあまりにカジュアルすぎる服装は避け、きちんと感を出すことが大切です。

季節の色味:季節ごとのトレンドカラーを取り入れる方が増えています。春はパステルカラー、秋は淡いブラウンやオレンジなど、季節感を楽しんでコーディネートするのもおしゃれです。

小物の合わせ方:シンプルなドレスに素敵なバッグやアクセサリーを合わせるというスタイルが人気です。パンプスやストールも選び方次第で全体の印象を大きく変えることができます。

また、最近ではフォーマルドレスのレンタルサービスも多く、価格帯もさまざまなので、おしゃれに気を使いつつ、経済的にも安心して利用できる選択肢が増えています。

ここまで、結婚式の服装に関する基本的なマナーについて解説してきました。新郎新婦の一日をより華やかに彩るゲストとして、ファッションのマナーを守りつつ、最新のトレンドも取り入れて自分らしいスタイルで結婚式を楽しみたいものですね。

20代女性向けおすすめドレスの選び方

20代前半・20代後半別の選び方

20代女性のドレス選びは年代でおすすめのスタイルが異なります。20代前半と20代後半では、結婚式やパーティーなどで着用するドレスの方向性が変わることがあります。

20代前半の女性はフレッシュで華やかなイメージが強く、フリルや刺繍が入った可愛らしいワンピースやライトブルー、ピンクなどの明るい色が好まれます。レースの装飾やふんわりとしたシルエットのアイテムもおすすめです。新郎新婦や親族からのお呼ばれが多い方は、体型の気になる部分をカバーしてくれるデザインや素材を選びながら、自分らしさを表現しましょう。

一方で20代後半の女性は少し大人っぽく、エレガントなスタイルが求められることが多いようです。落ち着いた色味のネイビーやグレー、シンプルなデザインのアイテムを着こなしに取り入れるのが良いでしょう。シフォンやサテンなどの素材も、20代後半の女性に良く合います。

いずれの年代にしても服装のマナー違反は避け、アクセサリーやバッグ、靴などの小物にも注意を払いながら、全体のコーディネートを楽しむことが大切です。

人気のカラーとデザイン

20代女性におすすめのドレスのカラーとデザインについて紹介します。

近年のトレンド感あるカラーとしては、ブルー、ピンク、ベージュなどが人気です。春には淡いイエローなどが爽やかな印象を与え、パーティーでの注目を集めることでしょう。トップスにラメやフリルを取り入れることで、華やかさもプラスできます。

各ブランドから発表される最新のコレクションでは、フェミニンなラインのワンピースや、スリーブに特にこだわったデザインが多く見られます。袖にレースを使ったり、切り替えデザインで体型カバー効果を上げたりといった製品も増えています。

カジュアルでありながらも上品に着こなせるアイテムも人気です。ボリュームのあるスカートとシンプルなトップスを合わせるコーデや、小物を上手に使ったスタイリングなどが特に注目されています。

レンタルと購入のメリット・デメリット

20代女性における結婚式やパーティーなどのお呼ばれドレスの選び方として、レンタルあるいは購入という選択肢があります。どちらにもメリットとデメリットが存在するので、見ていきましょう。

レンタルのメリットは、購入するよりも比較的価格が安く、一度きりの利用ながら憧れのハイブランドのドレスを楽しめる点です。最新のトレンドを取り入れられることや、サイズ調整などをショップで対応してもらえる点も安心です。

デメリットとしては、自分の好みにぴったり合うドレスがない場合もあること、予約や返却の手間がかかることなどが挙げられます。

購入のメリットは、自分のお気に入りのドレスを何度も着用できる点です。自分の体型に合わせて調整も自由に行えますし、同じドレスを毎回違ったアクセサリーや小物と合わせる楽しみもあります。

デメリットはやはり価格が高い場合が多い点。また一度購入してしまうと同じドレスを結婚式の都度着ることになるので、周りの友人に対しては同じドレスを何度も見せることになるかもしれません。

20代女性向けのドレス選び方についてのご紹介でした。最近のトレンドを取り入れつつ、自分に合ったスタイルとマナーを心掛けながら、素敵な一着を選んでください。

シーン別のコーディネート

披露宴での着こなし

結婚式の披露宴では、華やかなドレスの着こなし方にも注意が必要です。お呼ばれされる場合に求められるのは上品な服装です。特に20代の女性ゲストにとって、フォーマルドレスは必須アイテムでしょう。

フォーマルドレスの選び方にはマナーがあります。露出を控えめにし、素材にはレースやシフォンなど、女性らしい感じのものを選ぶと良いでしょう。披露宴でのNGは、カジュアルすぎる服装や黒のドレス。黒一色のコーディネートは喪服と連想されることが多いので避けた方が無難です。

長袖のワンピースやフリル付きのパーティードレスなどさまざまなデザインが人気です。レースの袖はフェミニンな印象を与え、体型カバーにも役立ちます。カラーはネイビー、ピンク、ベージュなどがおすすめ。ブルーやグリーンも上品な印象を与えるでしょう。

小物にも注意が必要です。アクセサリーは控えめに、バッグはシンプルなデザインを選ぶと全体のバランスが取れます。パンプスは色を合わせて統一感を出し、エレガントな雰囲気を演出します。

ゆめやのアンティークの総ビーズバッグから、シンプルでエレガントな逸品をご紹介しましょう。アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物や小物をレンタルで皆さまのもとにお届けしていますが、バッグだけのレンタルも承っていますので、ドレスをエレガントに高める小物として合わせてみてはいかがでしょうか。一見、単色のように見えますが、玉虫色に輝くアンティークビーズは、ドレスの価値も、あなたの価値も高めてくれるはずです。

最近のトレンドとしては、スカート部分がふんわりとしたシルエットのドレスや、細かい刺繍入りの製品などが多いようです。フォーマルな場では露出を控えるマナーから、ボレロやストールなどの羽織りものも人気です。

結婚式で主役より目立ってしまわないよう、派手すぎず、それでいて華やかさを忘れないコーディネートが求められる披露宴。20代女性にとって、披露宴での着こなし方の模索は難しくも楽しい挑戦となるでしょう。自分にぴったりのドレスを選び、素敵な一日を過ごしたいものです。

二次会でのおしゃれコーデ

結婚式の二次会は、披露宴よりもカジュアルな服装が許されるシーンです。特に20代後半から30代の女性にとっては、おしゃれなパーティードレス選びもお呼ばれ前の楽しみの一つかもしれません。

二次会ではちょっとした露出もOKで、素材としてはサテンやオーガンジーなど光沢感のあるものが人気です。カラーはブラックやシルバーなど、落ち着いた色味も大人っぽくておすすめ。シンプルなデザインにアクセサリーや小物でアクセントを付けるのが良いでしょう。

20代前半の方はフリルやラメ入りのトップス、パンツスタイルなどもトレンド感たっぷりで素敵です。パンツスタイルは女性らしいシルエットのものを選ぶと、きちんと感とおしゃれ感が両立します。

合わせるバッグや靴にもこだわりたいところ。華やかなイメージに合わせたストラップ付きのハイヒールや、シンプルなクラッチバッグなどがぴったりです。ヘアスタイルやメイクも少し強めにして、パーティー感を楽しんでみてください。

二次会では自由度が高いので、普段着ないような個性的なアイテムや色を取り入れてみるのも良いでしょう。何より、自分らしいスタイルで楽しむことが大切です。

夏・冬など季節別のコーディネート

結婚式の服装選びには、季節も大いに影響します。夏の結婚式は、爽やかなブルー系のドレスや花柄のロングワンピースなどがふさわしいでしょう。素材は涼しいシフォンや軽やかなオーガンジーがおすすめ。

一方で冬の結婚式では、深みのある色味のドレスが人気です。ブラックやネイビー、深いグリーンなどが上品でありながらも暖かみを感じさせます。素材には少し厚みのある生地を選び、羽織るストールやボレロでコーディネートすると良いでしょう。

その他の年代(30代、40代、50代)向けの服装

30代向けのスタイリッシュなコーディネート

30代の女性は、自分自身のスタイルを確立し始める時期です。ファッションも同様に、自分らしい着こなしを追求する方が多いでしょう。結婚式やパーティーにお呼ばれされた際の服装選びは、特に重要なポイントとなります。

一般的に30代女性のドレスは20代前半の華やかさから一歩進化し、大人っぽく洗練されたデザインが人気です。例えば上品なネイビーのロングドレスにシルバーのアクセサリーを合わせると、綺麗なシルエットが生まれます。こちらは二次会などにもマッチするコーディネートです。

素材選びも重要で、レースやシフォンなどのふんわりした生地は30代の女性には特におすすめです。トレンド感も忘れずに取り入れたいポイントで、最近ではラメ入りのアイテムやライトブルーのアクセントが効果的です。

シューズ選びでは、スタイリッシュなヒールを選ぶと全体の印象がぐっと引き締まります。小物やバッグの選び方にも気を付け、自分のスタイルを最大限に生かすコーディネートを楽しんでみてください。

40代、50代向けの上品な着こなし

40代あるいは50代女性の服装は、落ち着いた色合いと上品なデザインがポイントです。結婚式や披露宴などのフォーマルな場にふさわしいアイテムを紹介します。

40代の方には、ブラックやネイビーのロングドレスが特に人気です。シンプルなデザインでも素材や形が良いと、とても上品に見えます。50代の方には、ベージュやグリーンなどの落ち着いた色のスーツがおすすめ。素材選びでは、シフォンやサテンのように軽やかで上品な素材が好ましいでしょう。

アクセサリー選びも重要で、控えめながらも高級感のあるアイテムがベターです。パールのネックレスやシルバーのピアスなどがアクセントになるでしょう。

シューズ選びも大切で、シンプルなパンプスや機能性が高い靴が適しています。足元から全身のバランスを考えて上品にまとめることが求められます。

妊娠中や既婚者向けのドレス選び

結婚式やパーティーに招待された際、妊娠中や既婚者の方も当然素敵な服装で参列したいはず。おしゃれで快適なドレス選びのポイントを紹介します。

妊娠中の方には、体型を気にせず楽に着ることができるフリルやプリーツの多いワンピースがおすすめです。たっぷりとした生地のドレスは着心地が良いだけでなく、優雅な印象を与えるメリットもあります。

既婚者の方に関しては、和装の場合は既婚か未婚かによって礼装の違いがあるものの、洋装には「既婚者だからこの服はNG」というものはありません。トレンドを取り入れたブラウスやスカートのセットアップや、大人っぽいグレーのロングドレスなどがおすすめです。

これらも購入だけでなくレンタルも選択肢に加えると、価格やサイズの範囲が広がりさらに選びやすくなります。

以上、各年代とシーンに合った服装選びのポイントを紹介しました。自分の体型や好みに合わせて最適なアイテムを選ぶようにしてください。

服装の選び方と着こなしの追加ポイント

ジャケットやボレロの合わせ方

結婚式や披露宴にお呼ばれした際のフォーマルな服装の中でも、ジャケットやボレロの合わせ方には特に注意したいポイントです。10代から50代まで、幅広い年代の女性に美しいコーディネートが可能なアイテムでもあります。

例えばワンピースにエレガントなジャケットを合わせることで、大人っぽい雰囲気を演出できます。色選びとしては上品なネイビー、ブルー、グリーンなどがおすすめ。ブラックジャケットも定番の一つで、レースやフリルの付き方によって華やかさもプラスできます。

ボレロは肩の露出が気になる方にぴったりのアイテムです。特に20代後半から30代女性に人気で、素材やデザインによってさまざまな印象を与えられます。シフォンやサテン素材のボレロは軽やかで、袖のデザインが腕を美しく見せる効果もあります。

シーンに合わせたジャケットやボレロの選び方も大切です。結婚式でNGなのはカジュアルすぎるもの。素材や色、デザインに気を付けて、全体のコーディネートと調和させることが大切です。

パンプスやアクセサリーの選び方

結婚式やパーティーにおける服装の完成度を上げる重要な要素の一つに、パンプスやアクセサリーの選び方もあります。最新のトレンドを意識しつつ、自分のスタイルやドレスに合うアイテムを選ぶことがポイントです。

パンプス選びでは、足元の美しさと快適な着心地を両立させる必要があります。フォーマルな場では黒やベージュ、シルバーなどの落ち着いたカラーが基本ですが、最近ではピンクやブルーなどの色味も取り入れられるようになりました。

アクセサリーはドレスやパーティードレスのデザインに合わせ、主役を食わないよう控えめにすることがマナーです。レースのワンピースにはシンプルなパールのネックレス、華やかなドレスにはスリーブやデコルテに合わせたアイテムなどが効果的です。

アクセサリーショップやオンラインでの購入も便利ですが、その際は価格や素材、デザインなどをきちんと調べ、参考にしながら自分に合うものを選ぶようにしましょう。

コスパ良く可愛く着こなすコーディネートのコツ

20代の女性が結婚式や二次会などでおしゃれに着こなすためのコーディネートのコツは、トレンドを取り入れつつ、自分の体型や好みに合わせることです。

ドレスやワンピースをうまく着こなすためには、適切なサイズ選びが大切です。素材選びでは、シフォンやサテンなど柔らかく落ち着いたものが人気です。さらにカラーや柄の選び方によって華やかさや大人っぽい印象も変わります。

バッグや小物選びも重要で、全体のコーディネートに合わせてカジュアルすぎないものを選びましょう。フリルや刺繍などの細部にも着目して、自分らしいスタイルを演出すると良いでしょう。

最後に、自分を過度に飾らないことを心掛けるようにしてください。その日の主役である新郎新婦はもちろん、親族や他のゲストにも気を配り、場の雰囲気に合った服装と振る舞いが求められます。おしゃれな服装で参列する喜びを忘れず、素敵な一日を楽しんでください。

まとめ

20代女性向け結婚式の服装の要点おさらい

20代女性向けの結婚式の服装は、若々しさと上品さを兼ね備えた装いが求められます。この記事では、結婚式にお呼ばれした際の服装選びに役立つ情報を紹介してきました。

ドレスやワンピース選びには丈や袖の長さ、素材やカラーの選び方などが重要だとお伝えしました。レースやシフォンなどのふんわりとした素材、ピンクやブルー、グリーンなどの落ち着いた色味が20代の女性にぴったり。袖の長さやスカートの丈は、シーンや季節に合わせて選ぶと良いでしょう。

アクセサリーやバッグ、パンプスなどの小物選びも慎重に。露出が多くなりすぎないように気を付けつつ全身のコーディネートを考えて、よりおしゃれな着こなしを目指したいところです。

特に20代後半の女性は、大人っぽく華やかさを演出する服装、ブランドの選び方などにも注目してみてください。二次会やパーティーなどのカジュアルな場では、パンツスタイルなどもおすすめです。

紹介した内容を、お呼ばれのおしゃれに活かして

今回の記事で紹介してきた20代女性の服装のガイドを参考にすれば、どんなスタイルの結婚式にお呼ばれしても上品でおしゃれな装いで式に臨むことができるでしょう。

フォーマルな場であれば定番のワンピースやドレス、レースの装飾などが女性らしい印象を演出します。二次会やパーティーでは、少しカジュアルなパンツスタイルやポップなカラーを取り入れたコーディネートも可能です。

靴やバッグ、アクセサリーなどの小物選びも、全体のバランスを考えながら選ぶことが大切。シンプルなドレスには、華やかなアクセサリーでアクセントをつけると良いでしょう。

最新のトレンドを取り入れつつ、自分の体型や好みに合わせた服装を選ぶことで、より素敵な結婚式のゲストとして式に出席することができるはずです。

次回の結婚式に向けての準備とチェックリスト

次回の結婚式にお呼ばれする際の準備として、以下のチェックリストを参考にしてみてください。

1. ドレスやワンピースの選び方:丈、袖、カラー、素材などに注意。場所や季節に合わせた選び方も大切。

2. 小物のコーディネート:バッグやパンプス、アクセサリーなどの選び方。全体のバランスを考えることがポイント。

3. マナーの確認:露出が多すぎず、主役より華美にならないように。白や黒の色遣いにも注意が必要。

4. トレンドのチェック:最新の人気ブランドやデザイン、カラーのトレンドを押さえておく。

5. アイテムの購入:必要なアイテムを購入するかレンタルするかの計画を早めに立てる。

6. ヘア&メイクの計画:髪型やメイクも早めに計画しておくと、当日に慌てなくて済みます。

以上のチェックリストを参考に、次回の結婚式に向けて準備を進めてみてください。ドレスやワンピース選びから全体のコーディネートまで、この記事で紹介してきた内容を活用し、自分らしい素敵なスタイルで結婚式に臨みましょう。20代女性のゲストの方が、結婚式での楽しいひとときを美しい服装で過ごせるよう願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【2024年最新】初心者安心!東京のお茶会用着物レンタル完全ガイド

はじめに 東京でのお茶会は、都会の喧騒を離れ、日本の伝統美に心を寄せる貴重な瞬間です。本記事では、東京での着物レンタルがいかにしてお茶会の体験を豊かにし、参加者に深い満足感をもたらすかを紐解きます。 東京で着物をレンタル […]

ひとつ前の記事

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【実績500件以上】小学校卒業式で袴を着るのはおかしい?

はじめに 小学校の卒業式に袴を着ることはおかしいのか 時代は変わります。一昔前であれば、小学校の卒業式といえば、制服やスーツが主流で、女の子はワンピースを着るなど、きちんとした服装で出席するのが一般的でした。しかし、最近 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!