着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【実績500件以上】小学校卒業式で袴を着るのはおかしい?

はじめに

小学校の卒業式に袴を着ることはおかしいのか

時代は変わります。一昔前であれば、小学校の卒業式といえば、制服やスーツが主流で、女の子はワンピースを着るなど、きちんとした服装で出席するのが一般的でした。しかし、最近では小学生の間で袴を着ることが流行りつつあります。小学生が袴を着ることについて、思うところは多いかもしれません。「小学校の卒業式に袴を着ることはおかしいのか」と問い合わせる方が増えている実情をもとに、考えてみましょう。

まず最初に確認しておきたいのが、袴とは何で、どういう場面で着るものなのかという基本的な知識です。袴(はかま)とは、着物の一種で、男女ともに正式な場で着用されることが多い衣装です。特に女性の袴は、華やかな色や柄が特徴的で、卒業式や入学式などのセレモニーでよく見かけます。大学の卒業式では、女性が袴を着ることは一般的であり、袴のレンタル業者も多く存在しています。

一方、小学生が袴を着るという風景は、数年前まではあまり見られませんでした。しかし、最近では小学校の卒業式でも袴を着るお子さまたちが増えてきています。地域によっては、学校が卒業生に向けて袴の着用を推奨するところもあります。

そうした中で、小学生が袴を着ることに対しては賛否両論の声が上がっています。賛成派の意見としては、「子供が一生懸命学んだ成果を誇らしげに見せるためには、袴を着るのが最適」というものがあります。また、「袴を着ることで、子供たちにとって卒業式が一層特別な日になり、思い出深いものになる」という声もあります。

一方で、反対派からは「小学生が袴を着るのは早すぎる」「卒業式はあくまで教育の場であるべきで、華美な装いは不適切」などといった意見が出ています。また、袴のレンタルや着付けには費用がかかるため、「経済的な負担が大きい」「家庭の事情により袴を着ることができない子供が差別を感じる可能性がある」といった問題提起もなされています。

このように、小学校の卒業式で袴を着ることに対する意見はさまざまです。親御さんとしては、どう対応すべきか迷うかもしれません。

本記事では、この問題について詳しく解説します。小学生が袴を着る背景や問題点、小学生が袴を着るための注意点、袴のレンタルについてなど、小学校の卒業式に袴を着ることについて幅広く紹介します。また、ご家庭での対応や事前準備についても触れていきます。

一部の親御さんから「小学校の卒業式に袴を着るのはおかしいのではないか」という疑問が投げかけられている中、この問題について深く考え、自分自身の答えを見つけることが大切です。そのためにも、本記事の内容をよく理解し、朝の準備から卒業式の当日までの対応、袴の手入れや保存方法など、袴を着ることについての知識を身につけておくことをおすすめします。

私たちは、親御さんやお子さまたちが卒業式を楽しみ、思い出深い一日とするために必要な情報を提供していきます。さあ、一緒に袴を着ることについて考えてみましょう。

小学校の卒業式に袴を着る背景

小学校の卒業式の服装について

小学校の卒業式と言えば、一般的には制服や私服を着て参加するのが通常です。これは、学校が教育の場であり、あくまで生徒たちが学んだことを示す場であるため、その服装も学校生活を反映したものとなっています。それが最近では少し変わりつつあり、小学校の卒業式で袴を着る子供たちが増えてきています。

かつての小学校の卒業式では、生徒たちは制服やスーツ、ワンピースなど、各家庭の手によって準備された服装で出席していました。男の子は主にスーツやブレザー、女の子はワンピースやスカートといった服装が一般的でした。また、制服がある学校では、その制服を着て出席するのが通常でした。

しかし、近年、小学校の卒業式において、袴を着る子供たちが増えてきているのは事実です。袴は、一般的には大学の卒業式など、大人が出席する格式高い場で着用されることが多い服装です。その袴が、小学生にまで広がりを見せている現象は、これまでの常識を覆すものと言えるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや でも、小学生向けの袴をご用意しています。着物と合わせて見てみましょう。キリリとかわいらしくてたまらないのが、「黒地に味わいのある丸と花のお召し」と「オフホワイトの袴」のコーディネートです。袴はMサイズ(身長153cm~157cmほど)Lサイズ(身長158cm~162cmほど)の2サイズがございます。

袴を着るという選択:理由と動機

袴を着るという選択が、小学生の間で増えてきている背景には、何があるのでしょうか。その一つの理由として、卒業式をより特別なものにするという意図が考えられます。卒業式は、6年間の小学校生活の集大成であり、一つの大きな節目です。そのため、普段とは違う特別な服装を選ぶことで、卒業式の特別さをより高めることができます。

また、親御さんがお子さまへ袴を着るという選択をすすめる理由としては、お子さまに自身の成長を実感してもらうためでもあります。袴は、一般的に大人が着るものとされているため、袴を着ることで「大人に一歩近づいた」という自覚を持つことができます。この経験は、お子さまの自己肯定感を高める一助となるでしょう。

しかし、反対に、袴を着ることに否定的な意見を持つ人たちもいます。その理由としては、袴を着ることにかかる費用や、袴の着付けや着崩れの問題、また袴を着ることができないお子さまたちが差別感を感じる可能性などが挙げられます。

小学生の袴着用の歴史

近年の小学校の卒業式における袴着用の増加は、歴史的な観点から見てもたいへん新しい現象です。過去を振り返ると、小学生が袴を着る風景はほとんど見られませんでした。これは、袴が一般的に大人が着るものとされており、また袴の着付けや準備には手間と時間がかかるため、小学生が袴を着るという選択が少なかったからです。

しかし、現代では袴のレンタル業者が増え、お子さま用の袴も増えてきました。これにより、袴を着るという選択肢が広がったと言えます。また、SNSなどの影響で、他のお子さまたちが袴を着ている様子を見る機会も増えました。これらが相まって、小学生が袴を着ることが増えたと考えられます。

以上のように、小学校の卒業式で袴を着るという風潮は、社会の変化や情報の普及により広がってきたものと言えます。それぞれのご家庭で、この新しい流れにどう対応するかを考える必要があります。袴を着ることのメリットとデメリットを理解し、お子さまの意見や感情を尊重しながら、最適な選択をしていくことが求められます。

小学校の卒業式で袴を着る問題点

学校や保護者からの声:賛否両論

小学校の卒業式において、袴を着るお子さまが増えているという現象に対し、学校や保護者からはさまざまな声が挙がっています。この節では、その賛否両論について詳しく見ていきましょう。

袴を着ることに賛成する声の一つに、卒業式という特別な日に相応しい格式高い服装であり、お子さまの成長を祝う意味が込められているという意見があります。親御さんとしては、お子さまが一大節目を迎えるその瞬間に、最高に立派な姿で臨んでほしいという願いがあるのでしょう。また、袴の美しい佇まいは、日本の伝統的な服装の美しさを再認識する機会ともなります。

一方で、否定的な意見も少なくありません。その一つが、袴のレンタルや購入にかかる費用です。袴は、卒業式で一度しか着ることがないにも関わらず、その費用は決して安くはありません。また、小学生が袴を着ることによって生じる問題として、着崩れやトイレの問題も挙げられます。特に女の子の袴は着付けが難しく、一日中きちんとした状態を保つのは容易ではありません。トイレに行く際も、袴の裾を気にしながらとなると、小学生には大変な負担となるでしょう。

さらに、学校側からすれば、全員が袴を着るわけではないので、着るお子さまと着ないお子さまとで服装の差が生じてしまいます。これは、一部のお子さまたちが自分たちとは異なる特別な服装をしていることに対する疑問や違和感を抱く可能性があります。

以上のように、小学校の卒業式における袴着用には、多くの問題点が存在します。そのため、学校や保護者、そしてお子さま自身が、袴を着ることについて十分に理解し、それぞれの立場から最善の選択をすることが重要となります。

実際のトラブル事例と対応策

さて、次に小学校の卒業式で袴を着ることによる実際のトラブル事例とその対応策について見ていきましょう。

一つめの事例としては、袴の着崩れが挙げられます。袴は、一般的な洋服とは異なり、着付けに手間がかかるだけでなく、着崩れしやすいという特徴があります。卒業式という一日を通して、活発な小学生が袴をきちんと着ていられるかどうかは大きな問題です。特に女の子の袴は、複雑な着付けが必要で、動きやすさも制限されるため、トイレの際などに着崩れしてしまう可能性があります。

この問題の対応策としては、まず卒業式の前に、しっかりと着付けの練習を行うことが重要です。また、卒業式当日は、親御さんが同伴して、着崩れが生じた際にすぐに対応できるようにすることもおすすめです。

二つめの事例としては、袴を着ることによる差別感を感じるお子さまがいるという問題です。すべてのお子さまが袴を着るわけではないため、袴を着ないお子さまたちが袴を着るお子さまたちとの間に差を感じてしまう可能性があります。

この問題に対する対応策としては、学校側が服装についてのルールを明確にすることが求められます。具体的には、袴を着ることを許可する一方で、袴を着ないお子さまたちが袴を着るお子さまたちとの間に違和感を感じないように配慮することが重要です。例えば、袴の色やデザインを統一する、あるいは卒業式に着る服装を全員で決めるなどの工夫が考えられます。

以上のように、小学校の卒業式における袴着用については、さまざまな問題が存在しますが、それぞれに対する対応策を考えることで、問題を解決することが可能です。また、このような問題に対する対応は、お子さまが社会と向き合い、考える良い機会ともなるでしょう。

小学校の卒業式で袴を着たいけれども、あまりに華美なものでは浮いてしまいそうな場合には、ゆめやのアンティークが味方になります。「橙色に菊と破れ立涌の小振袖」と「草色の無地の袴 (S)」の組み合わせはいかがでしょうか。袴はSサイズ(身長148cm~152cmほど)Mサイズ(身長153cm~157cmほど)の2サイズがございます。紺色や灰色の袴に変えると、さらに式典感が出るでしょう。

小学生が袴を着るための注意点

袴の着付けとお子さまへの配慮

小学生が卒業式で袴を着るときには、まず着付けについて注意が必要です。袴は和服であり、着方が複雑です。さらに、お子さまが自分で着るのは難しいため、親御さんや保護者が着付けを行うことが一般的です。以下では、袴の着付けとお子さまへの配慮について紹介します。

袴の着付けは、成人式や結婚式などで袴を着るときと基本的には変わりませんが、お子さまが着るときには特に注意が必要です。まず、お子さまの身長や体型に合った袴を選ぶことが大切です。大人用の袴を無理にお子さまに着せると、裾が地面について歩きにくくなったり、腰紐が緩んで着崩れしやすくなるなどの問題が発生します。お子さま用の袴を選ぶ際には、レンタル店などで専門のスタッフに相談すると良いでしょう。

また、袴の着付けは一見難しそうに思えますが、親御さんがお子さまに着せるときには、事前に着付け方を覚えておくことが大切です。インターネットで着付け方を調べたり、着付け教室に通ったりすると良いでしょう。また、卒業式の当日に慌てないように、前日には一度試着をしてみて、着付け時間やお子さまの動きやすさを確認しておくと安心です。

さらに、お子さまが袴を着るときには、トイレに行く際の配慮も必要です。袴はスカート部分が広いため、トイレに行く際には裾を上に持ち上げる必要があります。お子さまにとっては、難しく感じるかもしれません。トイレに行く前に、裾の持ち上げ方を教えておくと良いでしょう。

以上のように、小学生が袴を着るためには、袴の選び方や着付け、トイレの際の配慮など、さまざまな注意点があります。ですが、親御さんが事前の準備をしっかりと行い、お子さまの不安や疑問を解消することで、袴を着て卒業式を楽しむことができます。

卒業式の行動マナー:お子さまへの教育

次に、卒業式で袴を着るお子さまへの行動マナーについて教育することも重要です。袴を着ると、自分の服装が他の生徒たちと違うことから、何かと注目されることが多くなります。そのため、袴を着たお子さま自身が、その注目を浴びることについての心構えや、袴を着ている間の行動について理解していることが求められます。

まず、卒業式では、自分の行動が他の人にどのように映るかを常に意識することが重要です。自分がどう見えているか、どう映っているかを考えながら、周囲に気を配り、思いやりのある行動をとることが大切です。

また、袴を着ると動きにくいこともあるため、普段とは異なる行動が求められます。例えば、階段を昇るときや座るときなど、日常的な動作でも工夫が必要です。これらのことを事前にお子さまに伝え、理解させることが大切です。

さらに、袴を着ていると、友達からの質問や注目を浴びることもあります。そのようなときには、自分が袴を着る理由を説明できるように、また、他のお子さまたちの質問や反応に対しても適切に対応できるように教えておくことが大切です。

以上のように、小学生が袴を着るためには、卒業式の行動マナーや、袴を着ているときの配慮など、さまざまな教育が必要です。しかし、それらをお子さまに教えることで、卒業式はお子さま自身にとって、社会性を身につける大切な機会となります。

袴レンタルについて

小学生向け袴レンタルの市場状況

近年、小学生の卒業式で袴を着るお子さまが増えている一方で、その需要に応える形で袴レンタルの市場も拡大しています。多くのレンタル店では、小学生向けのサイズやデザインの袴を用意し、親御さんからの問い合わせも多くなっています。以下では、小学生向け袴レンタルの市場状況について詳しく紹介します。

まず、小学生向けの袴レンタル市場が拡大している背景には、お子さまが卒業式で袴を着ることへの関心が高まっていることが挙げられます。卒業式は、お子さまたちにとって小学校生活の集大成であり、親御さんにとっても感慨深いイベントです。そのため、袴を着て卒業式に臨むことで、一生の思い出に残るような特別な経験をさせたいと考える親御さんも多いのです。

また、レンタル市場では、袴のデザインや色彩にも工夫が見られます。お子さまたちが好むカラフルな色合いの袴や、アニメキャラクターがデザインされた袴など、お子さまたちが喜ぶ袴が多く用意されています。さらに、女の子には華やかな袴、男の子には格調高い袴など、性別に応じた袴の選択肢も増えています。

ただし、袴レンタル市場が拡大する一方で、注意が必要な点もあります。袴は特別な日に着るものであり、レンタル料金もそれなりに高価になります。そのため、袴をレンタルする際には、予算をしっかりと決めておくことが大切です。また、レンタル期間や返却方法など、契約内容を十分に理解しておくことも重要です。

以上のように、小学生向け袴レンタルの市場は活況を呈しています。袴をレンタルする際には、費用や契約内容などに十分に注意して利用しましょう。

ゆめやのレンタルでは、着物と袴をそれぞれご注文いただいています。ちまたのレンタルショップよりも高いかもしれませんが、モノが違います。ゆめやの着物は、大正時代から昭和初期にかけて仕立てられたアンティークがほとんどで、正絹のなめらかさや光沢、職人の手作業による絵柄など、100年の時を刻んできた貫禄に満ちています。

自慢の着物たちの中から、「ぼかしの縮緬に牡丹と揚羽蝶の小振袖」と「山吹色の袴」の組み合わせをご紹介しましょう。幻想的なぼかしの入った縮緬(ちりめん)地に、揚羽蝶や牡丹が手描きや金泥で描き出されたアンティーク小振袖です。袴はMサイズ(身長153cm~157cmほど)Lサイズ(身長158cm~162cmほど)の2サイズがございます。

袴レンタルを選ぶ際のポイント

袴をレンタルする際には、何を重視するか、何を選ぶかによって、その満足度が大きく変わります。以下では、袴レンタルを選ぶ際のポイントについて紹介します。

まず、袴レンタルを選ぶ際の最初のポイントは、お子さまがどのような袴を希望するか、を確認することです。卒業式はお子さまにとって大切な日であり、袴を着ること自体も特別な経験です。そのため、お子さまが袴に対してどのようなイメージや希望を持っているかを知り、その希望を尊重することが大切です。

次に、サイズ感です。袴は伝統的な和服であり、サイズ感が洋服とは異なります。お子さまが快適に卒業式を過ごすためにも、身長や体型に合った袴を選ぶことが重要です。レンタル店のスタッフに相談するなどして、適切なサイズの袴を選びましょう。

また、袴のデザインも重要な選択肢の一つです。袴は見た目が華やかで、着ること自体が特別な体験となります。そのため、お子さまが喜ぶデザインや色を選ぶことが大切です。

最後に、袴レンタルを選ぶ際には、費用も考慮する必要があります。袴のレンタル料金は店舗やプランによって大きく異なります。予算を超えないように、事前にレンタル料金を確認し、比較検討することが重要です。

以上のように、袴レンタルを選ぶ際には、お子さまの希望、サイズ感、デザイン、費用などを考慮することが大切です。これらのポイントを押さえながら袴レンタルを選ぶことで、お子さまの卒業式がより特別な日となるでしょう。

家族で対応するための事前準備

袴を選ぶ際のお子さまとのコミュニケーション

袴を選ぶ際には、お子さまとのコミュニケーションは必要不可欠です。卒業式はお子さまたちにとって大切な節目であり、そのために袴を着ることは特別な体験となるからです。このセクションでは、袴を選ぶ際にお子さまとどのようにコミュニケーションを取り、一緒に選ぶべきかについて紹介します。

まず、袴を選ぶ前に、お子さまの希望を詳しく聞くことが大切です。袴の色やデザイン、着ること自体についての思い、卒業式での自分の姿について、どのようなイメージを持っているのかを詳しく聞きましょう。これにより、お子さまがどのような袴を希望しているのか、また、どのような卒業式を想像しているのかを理解することができます。

次に、袴の選び方について、お子さまに説明することも重要です。袴のサイズ感、色の選び方、柄の意味など、袴選びに関する基本的な知識を伝えることで、お子さま自身が自分の希望と合致する袴を選ぶ助けになります。また、袴選びの過程で、和服に対する理解や興味も深まるでしょう。

また、お子さまと一緒に袴レンタル店を訪れる際には、事前に予約をすることをおすすめします。これにより、お子さまと一緒にじっくりと袴を選ぶ時間を確保できます。店舗のスタッフから袴選びのアドバイスを受けることもできます。

袴選びは、お子さまの意見を尊重することはもちろんですが、大人の視点も必要です。袴の予算、着付けの方法、当日の動きやすさなど、お子さまには考慮しきれない事柄も存在します。そのため、お子さまの希望を尊重しつつ、大人の視点からも適切な袴を選ぶことが求められます。

以上のように、袴を選ぶ際のお子さまとのコミュニケーションは大切です。お子さまの希望を尊重し、一緒に選ぶことで、卒業式がより特別な日となるでしょう。

予約から当日までのタイムライン

袴のレンタルは、卒業式当日に袴を着るだけでなく、予約から着付け、返却までのプロセスが含まれます。このセクションでは、袴のレンタルから卒業式当日までのタイムラインを紹介します。

まず、袴のレンタルは、卒業式の3~6ヶ月前に予約を始めることが一般的です。予約を早めに行うことで、希望する袴が既に予約で満杯になってしまうリスクを避けられます。また、予約時には袴のデザインやサイズ、レンタル期間、費用などを確認しましょう。早期予約の特典を用意している店舗もありますので、比較して、お得にレンタルしましょう。

次に、卒業式の1週間前までに、袴の最終確認とフィッティングを行います。これにより、袴のサイズ感や着心地を事前に確認することができます。また、袴の着付け方法を確認することも重要です。

卒業式当日の朝は、袴の着付けに時間を確保することが必要です。着付けは慣れていないと時間がかかりますので、余裕をもって計画しましょう。また、袴は動きにくい服装であるため、トイレに行く時間も考慮に入れる必要があります。

卒業式後の袴の返却は、レンタル契約に基づいて行います。多くのレンタル店では、卒業式の翌日に返却を求められます。返却時には、袴が汚れていないか、傷がついていないかなどを確認しましょう。

ゆめやのレンタル着物は、クリーニングや補修はゆめやで行います。汚れやキズがあっても、ご自分でお手入れなさらないようにお願いいたします。

袴のレンタルから卒業式当日までのタイムラインは、予約、フィッティング、着付け、返却というプロセスが含まれます。これらを一つひとつ丁寧に進めることで、卒業式当日に袴を安心して着ることができます。

アンティークきものレンタル ゆめや卒業式特集では、70着の袴のほか、付き添いのお母さまの装いなども合わせてご紹介しています。「赤地に雲取、花薬玉の小振袖」と「淡い杏色に牡丹や菊の春秋紋様の訪問着」の花薬玉で娘と母のお揃いにしたり、かわいらしい「アイボリーにチューリップが咲く春の付下げ」で、春爛漫の装いになさってください。

まとめ

この記事では、小学校の卒業式で袴を着るという選択について、その歴史、袴選びのポイント、家族での対応方法について詳しく説明しました。最後に、小学校の卒業式で袴を着ることについて、再考察してみましょう。

小学校の卒業式で袴を着ることについての再考察

私たちが目にする卒業式の風景は、時代とともに変化し続けています。その中でも、最近では小学校の卒業式で袴を着るお子さまが増えているという現象が見受けられます。この背景には、和装に対する関心の高まりや、お子さまが自分の特別な日をさらに彩りたいという希望、また親御さんがお子さまの成長を祝う一環として袴を選ぶという理由があります。

しかしながら、袴を選ぶことには多くの準備と注意が必要です。袴の選び方や着付け、レンタルの予約など、小学校の卒業式で袴を着るためには、家族全員の協力が必要となります。また、袴が着崩れないようにするための対策も必要となります。そして何より、卒業式当日に袴を着て、お子さま自身が満足できるようにすることが最も大切です。

また、賛否両論の意見があることも理解しておきましょう。制服を着ることによる統一感や、袴が教育現場にふさわしくないという意見もあります。しかし、卒業式は一人一人のお子さまにとって特別な日であり、自分らしい服装でその日を迎えることも大切です。親子で相談して、お子さまにも、賛成意見と反対意見を伝えたうえで、袴で参加するか否かを決めると良いでしょう。

袴を選ぶことは、お子さまの成長や自己表現を促す一方で、和服に対する理解や親子のコミュニケーションを深める機会にもなります。卒業式の日は、一生に一度しかない大切な節目です。袴を選ぶことで、その特別な日をさらに思い出深くすることができるでしょう。

以上が、小学校の卒業式で袴を着ることについての再考察です。袴を着ることは、卒業式をさらに特別なものにするための一つの選択です。その選択をする際には、本記事の内容を参考にしていただければと思います。

小学校の卒業式はお子さまの一大イベントであり、その準備は親御さんにとっても大切な経験です。今回の記事が、皆様の卒業式の準備や、袴選びに役立つ情報となることを願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【実績豊富】七五三レンタル着物で男の子を輝かせる!選び方とコツ

はじめに 七五三は、子どもの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に、男の子が5歳になるこの節目には、格式高い着物を身にまとい、家族で神社へお参りすることが一般的です。しかし、着物は種類が豊富で、選ぶのが難しいも […]

ひとつ前の記事

深紅色に桜の手刺繍の袴 (S)【has002】

卒業式で袴レンタル!絶対避けたいタブーとは

はじめに 袴の魅力と卒業式での着用意義 卒業という大切な節目を彩る袴。袴の魅力と卒業式での着用意義を深掘りしていきましょう。 袴は、その美しいシルエットと豊富な色彩、柄により多くの女性の憧れの的となっています。袴とは、一 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!