結納イメージ

【親も納得】結納で着るべき服装: マナーを守るためのポイント

はじめに

結婚の準備は、喜びとともにさまざまな準備が必要とされる大きなイベントです。なかでも、結納は日本の結婚の伝統的な行事として、両家が初めて正式に顔を合わせる大切な儀式です。そのため、その場のマナーや服装には特に気を使いますよね。

この記事では、結納にふさわしい服装について、基本的な知識から具体的な選び方まで、わかりやすく紹介していきます。服や靴、小物のコーディネートのポイントなど、結納の際の女性の服装に関するさまざまな疑問を解決できる内容となっています。

本記事の目的と内容紹介

「結納の時に何を着ればいいの?」、「正式な装いとはどんなもの?」、「和装と洋装、どちらが良いの?」など、結納の服装については多くの疑問があると思います。この記事では、そんな疑問を解決するための基礎知識と、おすすめの服装や選び方を紹介していきます。

内容としては、結納の基本的なマナーから、洋装や和装の選び方、カラーやデザインのポイント、そして小物やアクセサリーの選び方まで、幅広くカバーしています。どんな場所で行われる結納であっても、この記事を読めば、その場にふさわしい服装を選ぶことができるでしょう。

結納の日は、二人の新しいスタートの日。きちんとした準備をして新婚生活への第一歩を踏み出せるよう、そのサポートとなる記事をお届けします。ぜひ最後までお読みいただき、結納の準備に役立ててください。

基礎知識:結納とは

結納は、結婚の前に両家が行う重要な儀式の一つです。このセクションでは、結納の基本と意義、さらに参加していただく親族はどこまでかなどについてお伝えします。

結納の基本と意義

結納は、結婚を前に両家が互いの意志を確認し合い、正式に結婚の意向を固めるための行事として行われます。昔ながらの伝統やマナーを大切にする方々にとって、この結納は結婚への大きなステップとして欠かせないものとなっています。

結納の際には、結納品と呼ばれる金品が交換されます。結納品は、お互いの気持ちや意向を形にしたものであり、伝統的な意味合いを持っています。

このような儀式を通して、両家が結婚に対する真剣な気持ちを確認し合います。結婚は二人だけの問題ではありません。家族同士の絆も深まるこの機会に、新しい家族としてのスタートを切るための準備として、結納はたいへん意義深いものと言えるでしょう。

結納時の参加者:本人、両家の親族、仲人、他

結納の際には、結婚する本人とその両親、仲人がいる場合には仲人が参加します。兄弟姉妹の参加に関しては、仲人を立てるような正式な結納には、参加しない場合が多いようです。事前に両家で話し合い、家族のどこまでが参加するのかを調整することが大切です。この日のために、どんな服装を選ぶか、というのもたいへん大切なポイントとなります。

結納の服装マナー

結納は結婚を前に両家が正式に会って結婚の約束をする大切な儀式です。この日の服装はどんなものがふさわしいのでしょうか。食事会などのカジュアルな顔合わせとは異なり、結納は格式が高い行事とされるため、その準備や服装選びには気をつけたいものです。ここでは結納における服装のマナーや選び方をやさしく解説します。

一般的な服装のマナーとは?

結納は結婚を祝う儀式の中でも、とても格式のあるもの。日頃から和装に慣れていない女性も、この日は特別に和装を選ぶ方が多いようです。もちろん格式にあったものであれば、洋装でもかまいません。どちらの場合も、正礼装、準礼装、略礼装の3つのパターンがありますので、両家で同じ格式にそろえることが大切です。

和装を選ぶ場合は、正装や礼装の着物を着るのが一般的です。ただし、本人、両親、仲人など、立場によってふさわしい装いは変わりますし、正式な結納を行うのか、もう少しカジュアルなものにするのかでも違ってきます。両家でバランスがとれるように、事前に打ち合わせておきましょう。

洋装を選ぶ際は、ワンピースやスーツの色選びがポイント。黒や紺、グレーなどの落ち着いた色が基本です。デザインもシンプルなものがおすすめ。また、靴やバッグ、アクセサリーも合わせやすい色を選び、全体のコーディネートを心がけると良いでしょう。

男女別、正式・略式の違い

結納の服装選びにおいて、男性と女性で異なるポイントがあります。また、結納をどのような形式で行うかによっても、適切な服装が変わってきます。

まず、女性の場合:

  • 正式:和装が主流。全員がもっとも格式の高い正礼装で参加します。結婚する本人は振袖、母親や仲人の女性は留袖を着ます。小物は控えめに、髪型はアップにして、全体のバランスを考えることがポイントです。
  • 略式:和装の場合は、本人は振袖か訪問着、母親は訪問着や色無地などが望ましいです。洋装の場合には、母娘ともにワンピースやスーツが一般的です。

次に、男性の場合:

  • 正式:和装では、本人、父、仲人男性ともに、五つ紋付の羽織袴が正式です。洋装の場合には、ブラックスーツが基本。ネクタイ、靴、靴下もブラックスーツにあったものを身につけましょう。
  • 略式:和装の場合には、男性は三つ紋付の羽織袴を身に着けます。洋装の場合には、ブラックスーツかダークスーツがおすすめです。

結納は両家の顔合わせとして行われる場でもあり、準備や服装選びに気を使う方が多いです。ただ、大切なのは心の準備。相手の家族との新しい関係を築く第一歩として、喜びや祝福の気持ちを伝えることが一番です。

男性の結納服装の選び方

結納は結婚の一大イベントで、両家が公式に初めて会う機会となることが多いです。まずは、男性の服装選びについて具体的に解説していきます。

基本のブラックスーツとその選び方

結納の場では、男性は基本的にブラックスーツを着用するのが一般的です。黒は正式な場面でのマナーとして受け入れられていて、結納や結婚式のようなフォーマルな場では最もふさわしい色とされています。

ブラックスーツを選ぶときのポイントとして、ジャケットのサイズやデザイン、そしてスーツの素材に気をつけて選びましょう。ジャケットの丈や袖の長さは、体のラインに合わせて選ぶことが大切です。また、素材に関しては、上品で清潔感のあるものを選ぶことで、より格式のある場にふさわしくなります。

ゆめやのアンティーク着物の中から、男性の正装をご紹介しましょう。黒紋付羽織袴は男性の第一礼装で、五つ紋付きの黒い着物に、縦縞の袴をはき、五つ紋付きの黒い羽織を羽織ります。半衿・羽織の紐・足袋・雪駄の鼻緒などはすべて白で揃えます。

最近は、伝統的な結納を行う家族が減少してきましたが、礼装としてのマナーは変わりません。ただし近年は、ダークスーツを選んでも大丈夫なケースも増えてきました。その際は、事前に両家での打ち合わせや相談を行い、どんな服装がふさわしいか確認しておくと安心です。

ネクタイ、シャツ、靴などの小物の選び方とポイント

ブラックスーツを基本に、小物でのアクセントも大切です。まず結納の場合は、基本的にシャツは白にします。ネクタイは白またはシルバーグレーを着けます。

靴に関しては、黒い革靴が基本です。きちんとした靴を持っていない場合は、結婚の準備として新しい靴を購入するのもいいでしょう。靴下は黒が基本です。

アクセサリーは控えめに。シルバーや白いパールのカフスボタンなど、上品なものを選ぶと良いでしょう。時計はシンプルで派手すぎないものがおすすめです。

結納は正式な儀式であり、マナーや礼装に気をつけることが求められます。ですが、それぞれの家族の考え方やスタイルによって、服装のマナーも少し変わってくることもあります。事前の相談や打ち合わせをしっかりと行い、心地よい結納の日となるよう、準備を楽しみながら進めてくださいね。

女性の結納服装の選び方

結納の場は、両家が初めて顔を合わせる大切な機会です。そのため、服装や髪型、全体の印象には細心の注意が必要です。男性の場合はブラックスーツやダークスーツが基本的となるでしょう。ここからは、女性の服装の選び方や気をつけるポイントについて解説します。

まず、最も大切なのは「清潔感」です。どんなに素敵な服装やアクセサリーを選んでも、清潔感が感じられないと、良い印象を持ってもらうのは難しいです。顔合わせの日は、特にメイクやヘアスタイル、手や爪の手入れなど、全体のケアを怠らないようにしましょう。また、髪型についても、上品なアップヘアやシンプルなストレートがおすすめです。派手なヘアアクセサリーや強いカールは避け、シンプルで落ち着いたスタイルを心がけることで、相手の家族にも好印象を与えることができるでしょう。

女性の結納服装の選び方

結納の場での女性の服装は、基本的には礼装が求められます。和装と洋装のどちらを選ぶかは、会場や両家の格式、または家族の意見なども参考にしましょう。ただし格式高く行う場合には、新婦になる女性は和装が基本です。どちらを選ぶにしても、基本のポイントがいくつかあるのでご紹介します。

和装の場合
もっとも格式の高い正礼装で行う場合は、本人は振袖が基本ですが、例えば黒がメインの振袖など、おめでたい場にそぐわないような色柄のものは避けましょう。モダン過ぎない、古典的な柄のものがおすすめです。母親などの既婚女性は留袖を着用します。略式で行う場合には、未婚既婚問わず訪問着や色無地などの正装の着物が良いでしょう。袋帯は派手過ぎないものにし、帯揚げや帯締めは淡い色のものをあわせると上品です。

ご本人さまは、振袖が正装となりますね。古典的で清楚な雰囲気のものが望ましいでしょう。ゆめやのおすすめは、生成りやクリーム色、淡いピンクなどです。画像中央は夏物の振袖です。秋冬の結婚式ですと、夏に結納を執り行うこともあるでしょうから、ご参考までにご紹介しておきますね。

成人式でお召しになったような中振袖でもかまいませんが、結納に引き続きお食事会をなさる場合は、結納にふさわしい絵柄の小振袖もおすすめしています。小振袖で軽やかに場を取り持たれてください。

結納にご出席なさるお母さまは、黒留袖か色留袖が正装となります。左端が一つ紋の色留袖、中央が五つ紋の黒留袖、右端が五つ紋の夏用の黒留袖です。ほかにもたくさんご用意していますので、ぜひ黒留袖・色留袖からご覧ください。

略式の場合で訪問着を選ばれるなら、静かで柔らかい印象のものがよろしいでしょう。一つ紋が入っていると格が上がりますので、結納に適しています。ほかの着物も「結納に人気の訪問着レンタル(ご家族用)」からどうぞご覧ください。

洋装の場合
ワンピースやフォーマルドレスが基本です。特に、膝下の丈のものを選ぶと、上品で格式のある場にもふさわしい雰囲気を演出することができます。色はブラックやグレー、または淡い色調のものが上品でおすすめです。ジャケットやショールを羽織ると、さらにフォーマル感が増します。靴やバッグは、シンプルで落ち着いたデザインを選ぶと、服装全体のバランスが良くなります。

ワンピースやフォーマルドレスの選び方

結納の場でワンピースやフォーマルドレスを選ぶ際に、まず気をつけていただきたいのは「適切な丈」です。膝下、もしくはその少し上の丈が無難で、格式のある場にも適しています。また、露出が少なく、胸元や背中が開きすぎていないものを選びましょう。

次に大切なのは「色」です。結納は、両家が初めて顔を合わせる大切な機会ですので、明るすぎる色や派手な柄は避けるのが無難です。ブラック、グレー、または淡いピンクやベージュなどの落ち着いた色がおすすめです。

素材選びも重要なポイントとなります。光沢のあるサテンやシルクは、上品で格式のある場にふさわしいとされています。一方、カジュアルすぎる素材や、ラフなデザインは避けるように心がけましょう。

最後に、結納の服装選びは、結婚式やその他の儀式に向けた準備の一部ともいえます。そのため、心を込めて選び、自分らしい装いで、新しい家族との第一歩を踏み出しましょう。

アクセサリーの選び方:ネックレス、ピアス、バッグ

結納や顔合わせ、結婚式などの正式な場では、服装だけでなくアクセサリー選びも大切です。アクセサリーはコーディネートのアクセントとなり、上品な印象を持っていただくポイントとなります。ここでは、ネックレス、ピアス、バッグの選び方について紹介します。

ネックレス
結納や顔合わせでのマナーとして、控えめでシンプルなデザインのネックレスを選ぶことがおすすめです。特に、真珠やダイヤモンドの小さめのものは、格式のある場での礼装にふさわしいです。また、ネックレスの長さにも気を付ける必要があります。短めのチョーカータイプのような首にぴったりとしたデザインは避け、デコルテを美しく見せる中程度の長さが最適です。

ピアス
ピアスも同様に、シンプルで上品なデザインを選ぶことが大切です。ゴールドやシルバーの素材、小さなパールやダイヤモンドが基本です。派手な色や大きなデザインのピアスは控えましょう。

バッグ
結納の際には、クラッチバッグやハンドバッグのような手持ちの小さめのバッグがおすすめです。色は黒や淡いベージュ、グレーなど、落ち着いた色が無難です。また、チェーンやフリンジなどの装飾が少ないシンプルなデザインを選びましょう。

ゆめやの訪問着用バッグの中から、結納にお持ちいただけそうなスタンダードなバッグをピックアップしました。控えめでありながらも、クラシカルな貫禄のあるアンティーク総ビーズバッグです。日本のアンティークビーズは、現代では作り出せない色合いで、七色に輝くかのような揺らめきを持っています。ビーズの留め方も現代とは違い、平坦ではなく数粒をまとめて留めるので、表面に膨らみが出て、重厚感が出るのですよ。じっくりご覧ください。

和装の場合の注意点

和装では基本的にネックレスなどのアクセサリー類はつけません。指輪をつける場合にも、パールやダイアモンドなどのシンプルなデザインのもの一つにしましょう。腕時計は着物の袖を傷めるので着けないことが多いですが、着けてもマナー違反にはなりません。小ぶりのシンプルなものがおすすめです。

結納以外の時の服装マナー

結納だけでなく、結納前後の食事会や二次会、結婚報告の際の服装も気になるところですね。その際のポイントをまとめてみました。

結納や結婚式以外の場合はカジュアルになりがちですが、それでも正装やセミフォーマルな服装が求められることが多いです。ワンピースやスーツを中心に、清潔感のある服装を心掛けましょう。

ワンピース
色は落ち着いたものを選び、デザインもシンプルなものがおすすめです。過度な露出は避け、膝が隠れる丈のものを選ぶと、上品な印象を持っていただくことができます。

スーツ
女性のスーツも、食事会などでのマナーとしてはダークスーツや淡い色合いのものがおすすめです。

シューズやアクセサリー
シューズはハイヒールやパンプスを選び、色は黒やベージュなどの無難な色を選ぶとよいでしょう。アクセサリーは前述のネックレスやピアスの選び方を参考に、シンプルで上品なものを選んでください。

どの場面でも、自分らしいスタイルを大切にしつつ、相手に対する気配りや配慮を忘れずに、服装選びを楽しみましょう。

カジュアルな場面での服装:スマートカジュアルやセミフォーマル

最近では、結納の場がカジュアルなものに変わりつつあるようです。特に都市部では、格式ばった場ではなく、気軽に両家が顔を合わせる機会として捉えられることが増えてきました。そのため、服装もカジュアル寄りのものが選ばれることが多くなりました。

スマートカジュアルやセミフォーマルの服装とは、どのようなものか。基本的には、普段の生活で着る服とは異なり、ある程度の格式を持った服装を指します。ですが、正式な礼装とは違い、少し落ち着いた雰囲気で過ごせるような服装のことを指します。

女性の場合は、ワンピースやスカートにジャケットを合わせたスタイルが人気です。特に、柔らかい色味のワンピースは、女性らしさを引き立ててくれるでしょう。淡いピンクや青など、明るいカラーを選ぶことで、柔らかい印象を与えることができます。靴やアクセサリーもシンプルにまとめることで、全体のバランスを取ることが大切です。パールのネックレスやシルバーのピアスなど、上品な小物を選ぶと良いでしょう。

カジュアルな会場での結納だけど、和装にしたい! と思われる方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたとお母さまに、ゆめやから提案です。ご本人さまのカジュアル結納にはこちら↓↓↓の小振袖はいかがでしょう。

お母さまがカジュアル結納にご出席なさる場合はこちら↓↓↓です。画像では一見シンプル過ぎるように見えるかもしれませんが、左が花やつる草の織り柄、中央が相良刺繍、右がドロンワークと手刺繍で、いずれも手の込んだ美しい着物です。

男性の場合は、ダークスーツよりも、グレーや紺のスーツがおすすめです。ネクタイやシャツも柄物よりも無地やシンプルなデザインを選びましょう。靴は革靴で、靴下はスーツの色に合わせるとバランスが取りやすいです。

その他の場面での注意点:食事時、会場探し、他

食事時の服装については、前述のスマートカジュアルやセミフォーマルの範疇で考えると良いでしょう。ですが、食事が行われる場所やその雰囲気に合わせて、少し気を使って服を選ぶことが大切です。

例えば、高級な料亭での食事の場合は、和装が適していることもあります。その際は、訪問着などの正装の着物を選ぶことが考えられます。一方、カジュアルなレストランやカフェでの食事の場合は、洋装が無難でしょう。

また、結納の会場探しについても少し触れておきます。結納の場所は、実家やホテル、料亭など、さまざまな場所が考えられます。その場所によって、服装の選び方も変わることがあります。事前に会場の雰囲気やスタイルをチェックし、それに合わせて服装を考えることがポイントとなります。

結納は、二人の新しい門出の一歩としてたいへん大切な儀式です。そのため、服装選びにもしっかりと気を使い、両家が心地よく過ごせるような準備を心がけましょう。

まとめ

服装選びの基本ポイントの再確認

結納において、どんな服装が適切か気になる方も多いと思います。まず大切なのは、会の格式や場所を意識し、洋装か和装かを選ぶことが基本となります。

洋装の場合は、ワンピースやスーツを選ぶ際に気をつけたいポイントとして、色やデザイン、丈の長さなどが挙げられます。例えば、ワンピースやスーツの場合は、黒やグレーなどの落ち着いた色が適切です。一方、和装の場合は、振袖(本人)や訪問着、留袖(既婚の親族)がおすすめです。

靴や小物も忘れてはいけません。シンプルで上品なデザインの靴や、パールのネックレス、シルバーのアクセサリーを合わせることで、全体の印象がぐっと引き締まります。

服装選びで気をつけるべきこと

結婚の準備や会場での食事、会の流れなど、多くのことを考慮する中で、服装の準備も事前に行いましょう。特に和装の場合は、帯や小物などの合わせも大切です。必要ならば、専門の店やサイトを参考にして、自分のスタイルや好みに合わせたものを探しましょう。

ゆめやでは、着物をお選びいただくだけで、帯・バッグ・草履などの小物は、ゆめやの熟練スタッフがフルセットでコーディネートいたします。ご安心ください。

おすすめの服装や小物のピックアップ

最後に、特におすすめの服装や小物を少し紹介いたします。

  • ワンピース: 黒やグレーなど落ち着いた色のロングワンピースは、どんな場にも合わせやすく、上品な印象を与えます。
  • スーツ: ブラックスーツやダークスーツはフォーマルな場にふさわしく、シャツは白、ネクタイは白かシルバーグレー、靴下と靴は黒を選びましょう。
  • 和装: 正式には振袖や留袖、略式には訪問着や色無地が基本です。古典的な柄で、淡い色のものがおすすめです。
  • 小物: パールのネックレスやシルバーのアクセサリーは、どんな服装にも合わせやすく、上品さを演出してくれます。また、靴は高いヒールを避け、足元も清潔感を意識しましょう。

結納は、一生の思い出となる大切なイベントです。しっかりと準備し、自分らしいスタイルを楽しむことが大切です。何か不安や疑問があれば、家族や友人、専門家に相談するのも良い方法です。大切な日を迎える前に、自分らしいスタイルを見つけ、心から楽しんでください。

〈参考記事〉
https://www.niwaka.com/ksm/radio/betrothal-meeting/clothes-hairstyle/base/01/#anc0
https://bijoupiko.com/bridalnote/archives/3235/
https://7716wedding.com/mag/engagement-clothing/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

ピンク色に牡丹と梅、赤地に家紋と市松紋様の七歳祝着【kod01】

【七五三 7歳】正絹着物をレンタル | 価格と選び方の総合ガイド

はじめに 七五三とは何か:意味と由来 七五三は、7歳、5歳、3歳になるお子さまの成長と健康を祝福する行事です。お子さまたちは可愛らしい着物に身を包み、家族で写真を撮影したり、神社で祈りを捧げたりします。 七五三の由来は古 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!