縮緬に辻が花模様が描かれた、訪問着の中の小紋になります。2枚のきものを1枚に仕立て直した、ゆめやのオリジナルの片身替わりのきものです。

50代におすすめの訪問着:上品なスタイルを手に入れよう

はじめに

訪問着とは、日本の伝統的な着物の一種で、女性の晴れの日に着る礼装です。披露宴やお子さまの七五三、入学式、卒業式などの特別なシーンでの着用が一般的です。訪問着は、色や柄、デザインが豊富で、上品な雰囲気が漂います。50代の女性として選ぶ訪問着は、流れるような美しいラインと落ち着いた色合いがおすすめです。

訪問着はレンタル商品が人気です。一流のブランドの着物を手軽に利用でき、お値段も購入に比べて手頃となります。送料無料で届けてもらい、サイズや柄、フルセットの小物を自分の好みに合わせて選択できる店舗が多いです。

多くの店舗ではおすすめの訪問着一覧や検索サービスも充実しています。身長やサイズ、価格帯などの条件で絞り込み、お気に入りの商品を見つけたら、購入またはレンタルの流れを確認し、注文ができます。バッグや小物といった、着付けに必要なアイテムもセットで選べます。多くの店舗では身近な着付けのガイドや質問への問い合わせサービスも提供されているため、着物初心者でも安心です。

訪問着を選ぶ際は、年代に応じた選び方も重要となります。10代や20代の方には華やかな花柄や明るい色が似合う一方、50代、60代の方には、上品な黒やグレー、落ち着いた色合いがおすすめです。価格も選ぶ際の大きな条件となりますが、高い商品から、リーズナブルに利用できるレンタル品まで、幅広く揃っています。

以上のような情報や順番に沿って訪問着を選ぶと、自分にぴったりの一着が見つかるでしょう。新着の商品も日々更新されているので、季節やシーンに合わせて、最新の着物を楽しめます。24時間対応のオンラインショップも増えていて、いつでもどこからでもお好きな時に訪問着の購入やレンタルができるサービスも利用できます。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を取り扱うレンタルショップです。ゆめやの訪問着もピックアップしてご紹介いたしますね。

今回のご紹介が、これから訪問着を探す際の参考になれば幸いです。50代女性が輝く特別な日を、最高の着物で彩るための、貴女だけのおしゃれの時間を楽しんでください。

50代女性と訪問着

50代の女性が訪問着を選ぶ際に、最も重要となるのが色と柄の選び方です。年代に合った色や柄の意味、季節に応じた選び方など、着物をより美しくより意味深く着るためのポイントをご紹介します。

色と柄の選び方

50代におすすめの色

50代の女性には落ち着いた色合いがおすすめです。黒や深い紫、深みのあるグレーなど、上品で格式のある色は、品格を感じさせる色として定評があります。披露宴やパーティーなど格式の高い訪問着を選ぶ際には、これらの色を意識して選ぶと良いでしょう。

訪問着はブランドの着物も多く取り扱われており、多種多様な小物やバッグ、帯とのセットで、さらに洗練された装いが楽しめます。

人気の柄とその意味

着物には多くの柄がありますが、50代の女性には花や植物の美しいデザインが人気です。花柄は女性のやさしい雰囲気を引き立て、梅や桜、菊などの花々は、それぞれに美しい意味を持っています。

桜は物事の新しい始まり、菊は長寿といったように、柄に込められた意味を理解すると、訪問着を着る楽しみが一層深まります。これらの柄は入学式や卒業式のシーンで選ばれることが多いですね。

季節に合わせた選び方:春の桜、夏の水色、秋の紫、冬のグレーなど

訪問着の選び方には季節も大きく影響します。春には桜の柄やピンク、夏には涼しげな水色、秋には深みのある紫や菊の柄、冬には落ち着いたグレーなど、季節ごとに適した色や柄を選ぶと良いでしょう。

50代の方は、季節感を大切にしながら、上品にまとめる選び方がおすすめです。例えば、春の入学式や卒業式には桜の柄、夏の披露宴には涼しげな色の訪問着を選ぶなど、シーンに合わせて季節感を楽しむことができます。

桜の季節におすすめなのが、「淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」です。現代物の手描き友禅の訪問着です。地紋様が織り出された淡いピンクベージュの正絹地に、菊、牡丹、菖蒲などが咲き、背中から肩にかけての桜は圧巻です。春のイメージが強い訪問着ですが、秋の花も描かれていますので、帯をグレーなどの寒色系にして、秋冬にお召しいただくこともできます。

秋から冬にかけては、温かみのある色合いにしましょう。「紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」は、牡丹、桔梗、菊、桜、藤、紅葉などが、辻が花で描き出されています。桜も描かれていますので、春にお召しいただくこともできます。

白地にオシドリと青い鳥の訪問着」は、年明けから5月頃にかけてお召しいただきたい着物です。描かれたのは牡丹と藤という4月~6月の花ですが、着物は季節を先取りすることがたいせつですので、お正月以降の披露宴や行事におすすめです。

レンタルサービスも充実していて、季節ごとに異なる訪問着を楽しみながら気軽に選ぶことができます。

以上のように、50代女性の訪問着選びは、色や柄の選び方に工夫を凝らしより深みのある装いが楽しめるのです。自分に合った色や意味深い柄、季節感を取り入れた装いで、特別な日を美しく彩りましょう。

サイズと形の選び方

着物の美しさを引き立てる重要な要素の一つが、サイズと形です。特に50代女性は、自分に合ったサイズ感と形、素材の選び方がポイントになります。

50代女性に適したサイズ感

50代女性が訪問着を選ぶ際に、サイズ選びはとても大切です。自分の身長や手の長さに合わせたサイズが、美しい着付けの基本となります。披露宴やパーティーなど、格式の高い場で訪問着を着る際には、特にサイズ選びが重要です。

サイズが合わない着物は、どれだけ美しい色や柄を持っていても訪問着の美しさを十分に表現できません。レンタルなさる場合は、事前に身長やサイズを確認し、一覧から自分に合った商品を選択しましょう。サイズに不安がある方は専門のスタッフに相談すると良いでしょう。

形と付け下げの特徴

着物の種類は着るシーンに応じて選びます。付け下げは訪問着より格が下で、50代女性にとって気軽に着られる着物です。付け下げの特徴として、シンプルで落ち着いた柄が多く、品格を感じさせてくれます。

付け下げはお子さまの入学式や卒業式、七五三など、さまざまなシーンで利用される着物です。気軽なパーティーやおでかけにふさわしい着物として知られています。上品で落ち着いた雰囲気があるため50代女性に特におすすめです。

左から、春におすすめの「アイボリーにチューリップが咲く春の付下げ」、夏の終わりから秋におすすめの「千草色のぼかしにリンドウの付け下げ」、秋におすすめの「濃藍色に葡萄の葉の付下げ」となります。いずれも、訪問着よりも控えめな「付下げ」ですので、付き添いやお出かけにふさわしい着物ですよ。

ブランドによっても、形やデザインの特徴は異なるので、一覧から自分の好みに合う商品を探す楽しみもあります。人気の小物やバッグ、帯とセットでコーディネートするとより美しい装いの完成です。

正絹と化繊、違いと選び方

訪問着の素材には主に正絹と東レシルックなどの化繊の2種類があります。それぞれの素材には特徴があり、選び方も異なります。

正絹は自然な光沢があり、着心地が高いのが特徴です。50代女性には、正絹の温かみと風合いが特におすすめです。特別なシーンで着用する訪問着には、正絹の素材が多く選ばれます。

一方で、化繊は価格が手頃で、お手入れもしやすいのがメリットです。正絹に比べて色や柄のバリエーションも豊富で、気軽に楽しめるシーンに向いています。フルセットでのレンタルも人気で、サイズや色、柄などの選択肢も豊富に揃っています。

外出先やサイズ、形、素材の選び方に気を付け、50代女性にとって、自分らしい訪問着選びが大切です。着物の魅力を十分に楽しむためにも、慎重に選びましょう。

訪問着の用途とシーン別のコーディネート

訪問着は、50代女性にとって披露宴やパーティーなど、特別なシーンで着る着物です。それぞれのシーンに合ったコーディネートを楽しめるのも、訪問着の魅力の一つです。ここでは、結婚式・披露宴での訪問着のコーディネートについて、おすすめのポイントを紹介します。

結婚式・披露宴

結婚式や披露宴は、人生の特別な瞬間を共有する場です。そこでの装いは、品格と格式を兼ね備えたものが求められます。特に母親として参列する場合について詳しく見ていきましょう。

母親としての服装

結婚式で新郎新婦の母親として参列する際に、装いはたいへん重要です。結婚式の新郎新婦の母親は黒留袖が基本ですが、訪問着がだめということはありません。以下のポイントに注意して、上品で素敵な装いを演出しましょう。

  • 色の選び方: 色はシーンに合ったものを選びます。結婚式では黒留袖が一般的ですが、紫やグレーなどの淡い色の訪問着も素敵です。花の柄が施された商品も人気があります。
  • 帯と小物の合わせ方: 帯やバッグ、その他の小物もコーディネートの重要なポイントです。帯は着物に合わせた金糸銀糸のものを選び、バッグや小物は全体の雰囲気に合うものを探しましょう。
  • サイズと着付け: 50代女性に合ったサイズの着物選びが大切です。専門の着付けサービスを利用して、自分に合ったサイズと着付けで、美しい装いを楽しんでいただけます。

お子さまの結婚式で、お立場の問題だったり、会場がガーデンなどの解放的な場所であったりして、訪問着をお召しになりたいお母さまもいらっしゃいますよね。訪問着でも、一つ紋付の訪問着は、訪問着よりも上の格になりますので、安心してお召しいただけます。

錆納戸色に紅葉と亀甲の一つ紋付訪問着」に、金色の帯を結び、鶴が手刺繍された半衿、帯揚げ・帯締めを白にして、正装のコーディネートにしました。ところどころに金泥や金駒刺繍がほどこされ、静かな絵柄の中にも上品な華やかさがにじみ出た作品です。

人気のフルコーディネートレンタルセットの紹介

結婚式や披露宴におすすめの、フルコーディネートのレンタルセットもあります。以下は、特に人気のあるセットです。

  • 黒留袖フルセット: 黒留袖は結婚式に最適な装いです。高い品格を感じさせる黒留袖のセットには、帯や小物も合わせてレンタルできるので、お手軽にコーディネートが楽しめます。
  • 色留袖フルセット: 色留袖は、洗練されたデザインが魅力です。ピンクやグレーなどの色留袖セットは、華やかな印象を与えるため、結婚式での母親としての装いにぴったりです。
  • 訪問着フルセット: 50代以上の方にもおすすめの訪問着セットです。訪問着は、格式が高く、結婚式などの特別なシーンにもふさわしい装いです。帯や小物もセットで、統一感のあるコーディネートが楽しめます。

ゆめやでは、着物をお召しになる際に必要となる小物は全てフルセットでお届けしていますが、さらにお得なセットもございますので、ぜひご覧ください。

結婚式・披露宴では、訪問着のコーディネートでも、母親としての品格の演出が可能です。レンタルセットを利用すれば手軽に素敵な装いが楽しめますので、ぜひ自分に合った着物を見つけてください。最高の一日を、最高の装いで迎えられるように、適切な選択と準備をおすすめします。

七五三・入学式・卒業式

ママや母としての着物選び

お子さまの成長の節目である七五三や入学式、卒業式などの行事があります。そんな大切なシーンの装いを、母親としての役割を感じながら選ぶ楽しさは格別です。50代の方におすすめの着物を選ぶ際のポイントを紹介します。

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う、日本の伝統的な行事です。お子さまが主役のため、お母さまの着物を選ぶ際は控えめな柄をおすすめします。

入学式は、お子さまの新しい門出を祝うシーンです。明るめの色味を取り入れた着物が、お祝いの雰囲気を演出してくれます。
卒業式は、お子さまの人生の節目となる日です。落ち着いた色や柄で品のある装いにしましょう。
以下のポイントで、より心地良い選び方ができるでしょう。

  • 季節に合わせた色選び: 秋の七五三なら秋色の暖色系、卒業式では感謝や別れを意味する色合いのダーク系が素敵です。
  • お子さまとのお揃い感: お子さまの衣装と色や柄を合わせると、一体感が生まれます。
  • 帯や小物の合わせ方: 帯やバッグなどの小物で全体のバランスを楽しみましょう。

着物の世界は奥深いですが、たくさんの種類の中からお気に入りを見つける楽しみもあります。自分に合った一着を見つける喜びを感じてください。

季節や行事に合わせた着付け

お子さまの七五三や入学式、卒業式では、着物の選び方だけでなく、着付けにも工夫が求められます。着物の着付け方は、年齢や身長、着ていく場面で変わるのです。

七五三は、一般的に11月に行われ、秋の装いを楽しめます。秋の花柄や秋色の着物を選んでみてはいかがでしょう。お子さまが主役のため帯結びは控えめに2重太鼓にします。

入学式は、新しい生活の始まりを祝う春らしい装いがふさわしいです。桜の柄などが素敵で50代の方も楽しめます。お子さまが主役のため帯結びは控えめにするとよいでしょう。

卒業式は、多くの場合3月に行われます。ダーク系の色の着物で春の花柄があしらわれた訪問着選びがポイントです。長時間座るため帯結びは二重太鼓などでの出席がふさわしいでしょう。

こうした行事ごとの着付けを知ると、選び方も楽しくなります。母としての訪問着の選び方や着付けのポイントが少しでもお役に立てば幸いです。自分にとって最高の一着を見つけて、大切な日を迎えてください。公式サイト(https://www.yumeyakimono.jp/)も参考にされて、幅広い商品の一覧やサービスを確認してみてください。最高の着物で、お子さまたちの成長をお祝いしましょう。

式に合わせた帯や小物の選び方

着物だけでなく、帯や小物も式の雰囲気に合わせて選びたいものです。帯の色や柄、小物の選び方について、以下にいくつかのポイントを紹介します。

帯は着物の大切なアクセントです。
バッグや小物も、着物や帯との調和を考えると良いでしょう。例えば披露宴で訪問着を着る場合は、シンプルで格式のあるバッグを選ぶと、全体の雰囲気が高まります。

初めての方にとって多くの選択肢から着物に合った帯や小物選びは大変かもしれません。そんな時は、専門店のスタッフに相談するのも良い方法です。着物や年齢に合った選び方のアドバイスが得られるでしょう。

フルセットでのレンタルも人気で、頭から足元までコーディネートして届けてくれるサービスも増えています。一方、価格や条件で検索して、自分に合うものを選ぶ楽しみ方もあります。ゆめやも、小物をフルセットでお届けする店舗です。熟練のスタッフが、最適なコーディネートをご提案いたします。

着物や帯、小物の選び方は、伝統と自分らしさを感じながら進める素敵な時間です。初めての方でも美しい和装を楽しめるでしょう。何よりも、大切な日の美しい思い出づくりの一歩となります。

レンタルのメリットと選び方

レンタル着物の魅力

着物の美しさと格式を感じながら、手軽に楽しめるのがレンタル着物の魅力です。ここでは、金額と品質のバランス、無料の往復送料の利点、洗える訪問着の選び方についてお伝えします。

金額と品質のバランス

お子さまの入学式や卒業式、披露宴といった特別な日のために着物を購入するのは、価格が高いため迷ってしまう方も多いでしょう。そこでおすすめなのがレンタルサービスです。人気のブランドから、さまざまな種類とサイズ、色や柄の着物を選べます。

50代の方向けの美しい留袖や訪問着などが揃っている店舗も多くあります。商品一覧を見ると、ピンクや黒、花柄といった多岐にわたる選択肢があることがわかります。質問やおすすめの選び方についても、店舗に問い合わせてみてください。

無料の往復送料の利点

レンタル着物は往復送料が無料で借りられる店舗が多いです。お子さまの入学式や卒業式など、忙しい時期には、自宅まで届けてくれるサービスは大変便利です。ゆめやも往復送料無料ですよ。

フルセットで届けてくれるサービスもありますから、帯や小物、バッグまで一式揃えられます。

洗える訪問着の選び方

長期間レンタルする際には、洗える訪問着を選ぶという方法もあります。

洗える訪問着は、お手入れがしやすく、何度も利用可能なため、長期間のレンタルにも適しています。

ここまで、レンタル着物の魅力についてお伝えしました。素敵な着物を身に付けて、特別な日をより一層華やかに彩りましょう。

50代向けの購入方法

50代の方にとって、着物の購入は一つの大切な節目となるでしょう。自分にふさわしい着物を探す楽しみ、そこに込められた意味や歴史を感じながらの選び方など、深い魅力が溢れています。

新品の着物選び

50代の方が着物を購入する際に考慮していただきたいポイントがいくつかあります。ここでは仕立て上がりの着物と中古の着物選びを紹介します。

仕立て上がりの着物

仕立て上がりの着物とは、着物がすでに縫い上がっている既製品の状態を指します。標準サイズで作られていて、すぐに着用できるのがメリットです。反物から縫い始めると期間も費用もかかかります。和服の場合は、多少はサイズの融通がきくので、1度仕立て上がりの着物を試してみてはいかがでしょうか。

中古の着物選び

中古の着物の選びは、特別な魅力とともに注意点もあります。50代の女性にとって、中古の着物は新たな楽しみがみつかるかもしれません。中古の着物の選び方に焦点を当ててみましょう。

中古の魅力と注意点

中古の着物には、新品にはない風合いや歴史が感じられる魅力があります。訪問着や留袖、付下げなど、人気の商品でも中古であれば価格がお求めやすくなるので、ブランドの着物も手が届きやすくなります。

中古の着物でも、お子さまの七五三や卒業式、入学式などのシーンで活用できます。特に50代以上の方にとって、過去の流行を感じさせるデザインや柄、色が、新しい魅力として感じられるでしょう。

中古の着物選びにはいくつかの注意点もあります。

中古品であるため、状態の確認が必要です。特に、衿元や袖の状態など、細部にわたる確認が大切です。身長に合うサイズ、袖丈などのチェックも必要となります。調整が可能な場合もあるので店舗のスタッフに確認してみてください。

ラメやぼかしのデザインの選び方

中古の着物において、ラメやぼかしのデザインは特別な魅力を持っています。ラメはキラキラとした輝きがあり披露宴など華やかなシーンにおすすめです。一方、ぼかしのデザインは、柔らかな印象を与えます。

50代の方にも、ラメやぼかしのデザインは新たな選択肢となるでしょう。シーンに合わせて、中古の着物で新しいファッションを楽しみ、魅力と注意点を理解した上で、着心地の良い自分に合った着物選びを楽しんでください。

10代から60代までの比較

年代別の訪問着の特徴

着物は、日本の伝統的な美を反映しており、さまざまな年代で楽しまれています。特に、訪問着は格式の高い着物として知られ、結婚式や卒業式などの華やかなシーンで着用されます。ここでは10代から60代までの、年代別の訪問着の特徴についてお話しします。

  • 10代: 10代の訪問着は、ピンクや淡い色の地色に花柄などが描かれることが一般的です。成人式などでよく着られる振袖と同じように、明るく元気な雰囲気が感じられる色合いがおすすめです。
  • 20代: 20代の女性は卒業式や披露宴など、人生の節目のシーンで訪問着を着る機会が増えるでしょう。ブランド商品の訪問着も人気で、新着情報のチェックが欠かせません。20代後半になるとダーク系の色を基調とした訪問着も着こなすことができ、大人の美しさを表現できます。
  • 30代: 30代は、落ち着いた色合いや柄が中心の訪問着が人気です。七五三や入学式など、家庭のイベントで訪問着を着る機会も増えるでしょう。
    40代: 40代の訪問着は、品格を感じるデザインが特徴的です。帯や小物、バッグとのコーディネートを楽しめます。
  • 50代: 50代の女性が着る訪問着は、流れるようなラインと高い品質が感じられます。留袖や振袖とは違い、大人の風格を感じさせるデザインが人気です。
  • 60代: 60代の訪問着は、落ち着いた色のグレーや深みのある色が特徴です。60代の方の訪問着は、季節感やシーンに合わせた選び方が求められるでしょう。

着物には年代ごとに異なる魅力があります。訪問着は、特別なシーンでの着用が多いため、年代に応じた選び方が大切です。着物の美しい世界を十分に楽しんでいただきたいと願っています。

まとめ

着物の世界は奥が深く、特に50代になると品格も大切です。50代女性に合う訪問着のポイント、レンタルと購入の選び方、季節やシーンに合わせたおすすめの着こなしをまとめます。

50代女性に合う訪問着のポイントの再確認

50代の女性が選ぶ訪問着は、品のある雰囲気と流れるようなラインが特徴です。色合いにはグレーなどの落ち着いた色を選び、帯や小物とのバランスを考えるとよいでしょう。無料で問い合わせができるショップも多く、一覧で人気商品を確認しながら、自分に合ったものを探す楽しさがあります。訪問着のような格式のある着物は、披露宴やお子さまの入学式などお祝いのシーンでの着用がおすすめです。

レンタルと購入の選び方の要約

訪問着は価格が高く、購入とレンタルの選び方には慎重さが求められます。購入の場合は気に入ったものを見つけるのがおすすめです。レンタルは着物のサイズや身長に合わせて選びやすくなります。利用条件や送料も確認し、自分に合った選択をするためのガイドを参考にしてください。

季節やシーンに合わせたおすすめの着こなしの紹介

着物は季節やシーンに合わせて選ぶ楽しみがあります。夏には涼し気に、七五三ではお子さまとお揃いの柄を楽しむなど、バリエーション豊かです。また、セットで揃えられる小物やバッグなども、種類を見て選ぶ楽しさがあります。訪問着の場合は特別なシーンでの着用が一般的ですが、その他のイベントでも十分に楽しめます。50代ならではの訪問着の美しさを感じることができるでしょう。

50代ともなると、このような斬新なデザインの訪問着も嫌味なく着こなすことができますね。「露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着」は、縮緬に辻が花模様が描かれた、訪問着の中の小紋になります。2枚のきものを1枚に仕立て直した、ゆめやのオリジナルの片身替わりのきものです。小紋ですので、フォーマルなお席ではなく、気軽なパーティーや、観劇などのちょっとしたお出掛けにおすすめです。

季節やシーンに合わせて訪問着を楽しんでいただきたく、おすすめのポイントを紹介しました。着物は日本の文化として、いつの時代も人々に愛されています。購入やレンタル、着付けなど、サービスも充実しているため、初めての方でも安心して楽しめます。

この記事で、訪問着の魅力を感じ、新しい発見と楽しみをお持ちいただけたら幸いです。着物の世界は奥が深く、また新しい発見がありますので、ぜひ自分だけのおすすめの着こなしを見つけてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

渋いグリーンに辻が華染めの色振袖【fui60】

【2025年最新版】深緑の着物で成人式の主役に!振袖レンタルガイド

はじめに 成人式は、日本の伝統的なイベントです。この特別な日に着用する振袖は、その人の個性や美意識を表現するための重要な要素となります。特に、自然と調和する落ち着いた色合いの深緑の振袖は、新しい大人としてのスタートを象徴 […]

ひとつ前の記事

クリームイエローに牡丹や菊が咲く小振袖【hou27】

【プロ監修】着物の構造:一目でわかる初心者向け解説

はじめに 私たちが日常で見かけることが少なくなった「着物」。ですが、着物の美しさやその奥深い文化を知ると、その魅力に引き込まれることでしょう。この記事を通して、着物の魅力を少しでも感じていただければ幸いです。 着物の魅力 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!