バッグイメージ

【プロが監修】実績40年!顔合わせに最適なバッグとは?

はじめに

顔合わせは、結婚式の前に行う大切な会となります。お互いの家族が初めて顔を合わせ、今後の結婚生活の礎を築く大切な場です。重要な場で気になるのは、やはり服装で、その服装に合わせるバッグも、しっかりと選びたいものです。

顔合わせの重要性とその背景

結婚は、二人だけの問題ではなく、家族同士がつながる大切な瞬間となります。その始まりとなるのが「顔合わせ」です。着物やスーツなど、格式ある服装を選ぶ女性が多く、細部まで気を配りたいものです。特に最近は、シンプルでありながらも華やかさを求める方が増えています。

場所としては、高級感のあるホテルや料亭、レストランで行われることが多いでしょう。場の雰囲気や家族の印象を考慮しながら、服装や小物選びを進めるのがポイントです。ドレスやワンピースを選んだ際には、アクセサリーやバッグ、パンプスとのコーディネートも欠かせません。

店舗に行ってもどれが適しているのか、色や素材、ブランド…と顔合わせにふさわしいバッグに迷いがちです。今回の記事は、そんな女性たちの悩みを解決し、顔合わせにふさわしいバッグ選びの参考となる情報を提供していきます。

バッグ選びの重要ポイント

バッグは、全体のコーディネートを引き締めてくれるアイテムです。ですが、その選び方や持ち方によっては、かえって印象を下げてしまいかねません。以下のポイントを押さえながら、顔合わせにふさわしいバッグを選びをおすすめします。

  • 素材感の確認:レザーやクラッチバッグなど、質感が高い素材を選びましょう。ですが夏場は涼しげな素材や色を選ぶと、涼やかな印象を与えられます。
  • カラーの選択:黒やグレー、ベージュなどの落ち着いたカラーが基本ですが、服装との相性や、会場の雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。
  • サイズ感:大きすぎるバッグは避け、手土産や小物が入る程度のサイズを選びましょう。

探し方は、人気ブランドのランキングや、結婚式を意識したバッグの一覧など、インターネットの検索を利用すると良いでしょう。また、店舗での購入を考える方は店舗のスタッフにアドバイスをしてもらえるので安心です。

顔合わせの前の準備として、選んだバッグに、必要な小物やアクセサリー、手土産などを入れてみて、バッグの容量や開け閉めのしやすさなどを確認しておくと、当日もスムーズとなります。

ゆめやのバッグの中からいくつかご紹介いたしますね。総ビーズのバッグは和装にも洋装にも合いますよ。特にゆめやの総ビーズバッグは、日本のアンティークビーズを使用して作られたものがほとんどですので、一見すると紺やグリーンに見えても、その一粒一粒が玉虫色に輝いています。

最も大切なのは、自分自身が持って気持ちが良いバッグを選びましょう。自分らしい選び方を大切にして、顔合わせの場に臨んでください。

顔合わせとは?

結婚の準備やその前の大切なステップについて、どれくらいご存知ですか? 特に記憶に残る大切なイベントが「顔合わせ」です。ここからは、顔合わせの意味や結婚における両家の会の重要性、結納や結婚式の前の重要なステップについて紹介いたします。

顔合わせの意味とは?

顔合わせは、お互いの家族が初めて顔を合わせる場を指します。結婚を前提とした恋人同士が、お互いの家族に紹介することで、家族同士の関係を築き上げる大切な時間です。この会の中で、家族の気持ちや考えを共有でき、お互いの家族としての絆を深めることが期待されます。

顔合わせは、お互いの家族がどんな人たちなのか、どんな価値観を持っているのかを知る場としても大切です。結婚生活をスムーズに進めるための相談や、家族としての取り決めなどもこの機会に行われます。

顔合わせは緊張するものです。どんな服装を選べば良いのか、どんな小物やバッグを合わせれば華やかでありながらも落ち着いた印象を持たせられるのか、といったことを気にする方も多いでしょう。この記事では顔合わせの際の服装や小物選びのポイントもお伝えしていきます。

結婚における両家の会

結婚は、ただ二人が結ばれるだけでなく、両家が結ばれるといった意味もあります。結婚における両家の会はたいへん重要です。両家が初めて会う場で、お互いの家族の価値観や考え方、結婚に対する意気込みなどを共有できます。

食事を共にすると家族同士の距離も縮まるため、多くはレストランや料亭、ホテルなど、落ち着いた雰囲気の場所で行われます。食事の席では、家族の気持ちや考えを共有し、お互いの価値観を尊重しながら、新しい家族としての関係を築き上げていくことが期待されるのです。

顔合わせでは、結婚式の準備や当日の進行など、さまざまな話題が出てきます。結婚式の会場選びや、どのような服装で参加するか、手土産やゲストへの感謝の意を示す方法など、具体的な内容も話し合われることが多いです。

結納や結婚式の前の重要なステップ

結婚にはさまざまなステップがあります。恋人としての関係から、結婚を前提とした真剣な関係へと進展する中で、結納や結婚式の前に行われるのが顔合わせです。

顔合わせは、結納や結婚式の前の重要なステップとして位置づけられます。この場を経て、お互いの家族としての絆を深め、結婚に向けての準備を進められるのです。

結婚の道のりは決して平坦ではありません。ですが、顔合わせを通じて家族としての絆を深めると結婚生活もより豊かになるでしょう。

顔合わせにおける服装とマナー

結婚のステップで、両家が初めて会うのが顔合わせです。女性として何を着ればいいのか、少し迷います。両家の母親や女性の服装は注目されやすいため、おしゃれを楽しみつつマナーを忘れないポイントを、以下で解説していきます。

両家の母親や女性たちの服装

顔合わせの場は、基本的にフォーマルな雰囲気となります。フォーマルと言っても結婚式ほどの堅さは求められないため、バランスを取るのがポイントです。

着物を選ぶ場合は、あまり派手な色や柄を避け、落ち着いた色合いのものを選びましょう。グレーやベージュなどの色がおすすめです。素材も季節に合わせたものを選び、夏には単衣(ひとえ)などの涼しげな素材、冬には袷(あわせ)を選びましょう。

ゆめやのおすすめは、あまり派手ではない訪問着です。顔合わせ会は、フォーマルな雰囲気でありながらも、ほど良い華やかさが求められます。右端は一つ紋が入っていますので、格式の高い顔合わせ会でお召しになってください。

洋服を選ぶ場合は、ワンピースやスーツが良いでしょう。ブランドや人気のアイテムを検索して自分の好みや体型に合ったものを探してみてください。シンプルなデザインにして小物やアクセサリーで華やかさをプラスするのがおすすめです。

特にバッグ選びは重要で、クラッチバッグやハンドバッグなどのフォーマル感のあるものを選ぶと全体の印象がぐっと上がります。色は中性的なカラーを選ぶと、どんな服装にも合わせやすいです。

靴は、パンプスが基本となります。高すぎるヒールは避け、適度な高さのものを選んでください。カラーは、服装やバッグとのバランスを考えながら、落ち着いた色を選ぶのが無難です。

顔合わせでの食事マナーと注意点

顔合わせの場として、レストランや料亭、ホテルの会場などが考えられます。この場では、食事のマナーがとても重要になってきます。緊張はしますが、基本的なマナーを守ると気持ちよく食事を楽しめます。

食事が始まる前に、手をきれいにします。多くのレストランでは、ウェットティッシュが提供されるので、ウエットティッシュを使用して手を拭くのが良いでしょう。料亭では、おしぼりが出されることが多いので、おしぼりを使って手を拭いてください。

食事中、箸の持ち方や使い方に注意しましょう。食べ物を口に入れるときや、話をするときの声の大きさも気を付けます。

食事が終わった後の挨拶や席を立つタイミングも大切です。食事が終わったら、しっかりとお礼を言ってから席を立ちます。席を立つ際は、椅子を元の位置に戻すなどの気配りも忘れずにしてください。

食事のマナーは、緊張もあるかもしれませんが、基本的なマナーを守るだけで、相手に良い印象を与えられます。緊張せず、楽しんで食事をしましょう。

以上、顔合わせにおける服装とマナーについての解説でした。参考にして、素敵な顔合わせの時間を過ごしてください。

顔合わせに合わせるバッグ選びのポイント

結婚の顔合わせは、ファッション選びの中でもバッグが大きな役割を果たします。女性のコーディネートにおいて、バッグは大切なアイテムの一つです。

フォーマルバッグの基本

顔合わせにふさわしいバッグの選び方、フォーマルな場所での基本についてお話しましょう。

バッグ選びの際に、最も考慮すべきはその「素材」と「色」です。レザーは、どのような服装にも合わせやすく、格式の高い会場にもふさわしい選択となります。特に黒やベージュ、グレーなどの落ち着いたカラーは、他のアイテムとのコーディネートもしやすいです。

次に大切なのは「サイズ」です。顔合わせでは、必要最小限のアイテムだけを持ち歩くのがおすすめとなります。小さめのハンドバッグやクラッチバッグが適しています。派手な柄やデザインは避け、シンプルで上品なものを選ぶようにしましょう。

バッグの中の整理も忘れずに、手鏡やリップ、ティッシュなどの小物をスマートに収納する工夫が求められます。

レディース向けのフォーマルバッグ

女性のフォーマルバッグの選び方を詳しく紹介します。

顔合わせの場では、落ち着いた雰囲気が求められます。ブランドもののバッグは、シンプルなデザインであれば安心です。例えば、高級ブランドから出ているレザーのクラッチバッグやハンドバッグは、格式ある場所でも安心して持てます。

ブランドだけに固執するのではなく、素材や色、デザインがフォーマルな場に合っていればブランド品でなくても問題ありません。大切なのは、全体のコーディネートとのバランスなのでスーツやワンピースとの相性を考え、全体がまとまった印象を心がけましょう。

夏の顔合わせの場合は、涼しげな素材のバッグもおすすめです。例えば、麻や籐のバッグも、落ち着いたカラーであれば、十分にフォーマルな場にも通用します。

メンズ向けのフォーマルバッグ

男性のバッグ選びは意外と難しいと感じるかもしれません。基本的なポイントを押さえれば、失敗はありません。

男性のフォーマルバッグとして最も一般的なのはクラッチバッグです。レザー素材のものが主流で、ブラックやダークブラウンなど、落ち着いたカラーがおすすめです。

小物入れやポーチのようなものは、バッグの中に収納しておきましょう。細かいアイテムがバラバラとなってしまうのを防ぐため、整理整頓は欠かせません。

顔合わせの際にはビジネスカジュアルよりもややフォーマルなスタイルを心がけ、バッグも合わせるようにしましょう。過度に派手なものや、カジュアルすぎるものは避けるように心掛けると良い印象を持っていただけます。

ここまで、顔合わせに合わせるバッグ選びを紹介しました。フォーマルな場にふさわしいバッグ選びは、相手に与える印象に大きく影響します。どのバッグを選ぶか迷ったら、この記事を参考にして、最適な選択をしてください。

コーデのポイント

顔合わせの日は、特別な日です。服装はもちろん小物やアクセサリー選びも重要で、服装と合わせるバッグ選びは特に注意が必要です。どのようにバッグと服装をコーディネートすれば良いのでしょうか。さらに詳しく、ポイントを解説していきます。

バッグと服装を合わせる際のポイント

一つ目のポイントは、「カラーの調和」です。洋服の色とバッグの色が調和すると、全体の印象がまとまります。例えば、落ち着いた色のワンピースやスーツを選んだ場合は、同じく落ち着いた色のバッグを選ぶと統一感が出ます。

ですが、全てを同じ色でまとめすぎると単調になってしまうので、アクセントカラーを取り入れるのもおすすめです。例えばグレーのスーツには黒のバッグが合います。

次に「素材の選び方」です。季節や会場の雰囲気に合わせて、バッグの素材を選びましょう。夏のレストランでの顔合わせなら軽やかな素材のバッグがおすすめ、冬の料亭での会ならレザーやしっかりとした素材のバッグを選ぶと良いでしょう。

三つ目は「バッグのサイズ感」です。大きすぎるバッグは、フォーマルな場では浮いてしまいます。小さすぎると、必要なものが入らない場合もあり、顔合わせの際にはハンドバッグやクラッチバッグがおすすめです。バッグの中には、手鏡やティッシュ、小さな財布など、最小限のものが入るサイズを選びましょう。

多くの女性がネットの検索やランキングを参考にしながら、バッグを探しているでしょう。ですが、ブランドやランキングだけにとらわれるのではなく、自分の服装や好み、場所や雰囲気に合わせて、バッグを選ぶことが大切です。

落ち着いた料亭での顔合わせでは、シンプルで格式のあるバッグを選ぶと良いでしょう。一方、カジュアルなレストランでの食事なら、少し気軽なバッグでも問題ありません。

バッグ選びの際には、母親や親しい友人と一緒に店を訪れるのもおすすめです。他の人の意見を聞きながら、自分に合ったバッグを見つけられるでしょう。

顔合わせに持って行くバッグ選びの注意点として、過度な装飾や派手な柄のバッグは避けましょう。顔合わせの場は、新婦となる自身が主役です。派手なバッグは、バッグ自体が主役になってしまう可能性があるので、シンプルで落ち着いたものを選びましょう。

バッグと服装をうまくコーディネートするには、カラーの調和、素材の選び方、サイズ感を意識します。その上で自分の好みや場の雰囲気に合わせたバッグ選びがおすすめです。

顔合わせの日は、両家が初めて会う大切な日となります。その日の自分を最高に輝かせるために、しっかりと準備をして、自信をもってその場に臨んでください。

おすすめのバッグと小物

顔合わせの服装に合わせるバッグや小物選びは悩みます。おすすめのレディース用および男性用のフォーマルバッグを紹介します。

レディース用のおすすめフォーマルバッグ

顔合わせの際、服装はもちろん、バッグ選びも気を使います。大切な場にピッタリな、女性向けのフォーマルバッグを紹介します。

  • クラッチバッグ:シンプルで洗練された印象を与えるクラッチバッグは、どのような服装にも合わせやすく、特にワンピースやドレスとの相性が良いです。落ち着いた色や素材で、上品な華やかさを演出できます。
  • ハンドバッグ:小物や手土産を収納できるハンドバッグは、機能性とデザインが両立しています。レザーでシンプルなデザインのものは、格式のある場所での使用にも適しています。
  • チェーン付きバッグ:エレガントな雰囲気を持ったチェーン付きのバッグは、華やかな場でも主役級の存在感を放ちます。

ブランドに関しては、普段よく検索されるブランドや、記事で取り上げられることの多いブランドを参考に選んでください。店頭での実物確認や、人気ランキングなどを参考にしながら、自分の好みや用途に合ったものを選ぶのがポイントです。

靴はシンプルなパンプスを選び、カラーを統一感のあるものにすると全体の印象を引き締まります。アクセサリーは、派手すぎず落ち着いたものを選ぶと、上品な雰囲気を演出できます。

男性用のおすすめフォーマルバッグ

男性も結婚の際の顔合わせには、フォーマルなバッグ選びが求められます。以下、男性用のおすすめバッグを紹介します。

  • クラッチバッグ:男性用のクラッチバッグは、洗練された印象を与えます。必要なものだけを持ち歩く、シンプルなスタイルを好む方に適しています。
  • ショルダーバッグ:少しカジュアルな印象のショルダーバッグも、素材や色を選べばフォーマルシーンにも使えます。レザー製でシンプルなデザインがおすすめです。

男性の場合は、スーツに合わせる小物として、ネクタイやベルト、時計などが考えられます。落ち着いた色や柄を選ぶと全体の印象をまとめられます。

顔合わせは、服装だけでなく、バッグや小物選びも重要です。せっかくの大切な日、全体のコーディネートに気を使い、最高の一日を迎えてください。

まとめ

顔合わせの場では、数あるバッグの中から最適なものを選ぶことが不可欠です。

顔合わせでのバッグ選びの重要性

顔合わせは二人の両家が初めて正式に会う場所です。その瞬間、どんな印象を持たせるかが、今後の関係を築く上で大きな役割を果たします。服装や小物選びは、特に意識して行う必要があります。

バッグは、一見小さなアイテムのように感じられるかもしれませんが、選び方一つで、全体の雰囲気や格を大きく左右するアイテムとなります。レストランや料亭での席に着くとき、バッグをどのように持ったり、置いたりするのかという動作一つで女性としての気品や品格が伝わります。

ブランドや素材、色、形など、バッグ選びにはさまざまな要素があります。どのバッグを選ぶかは、その場の雰囲気や自分の服装、そして何よりも自分らしさを大切にしながら選びましょう。バッグは、ある意味、自分を表現する小さなキャンバスのようなものです。そのキャンバスに、どのような色や模様を描くかは、それぞれの女性のセンス次第です。

本記事でのポイントの再確認

この記事では、顔合わせにおすすめのバッグの選び方を中心に紹介してきました。

顔合わせの場所や時期、服装に合わせて、バッグの素材やカラー選びが大切だと解説しました。例えば、夏のレストランでの顔合わせなら籐などの涼し気なクラッチバッグがおすすめです。料亭での顔合わせには、格式を意識した落ち着いたカラーのハンドバッグが良いでしょう。

私たち女性が日常で持つカジュアルなバッグとは異なり、フォーマルな場では、シンプルでありながらも品のあるバッグを選ぶとで、より一層華やかで上品な印象を持ってもらえることを伝えてきました。

顔合わせやフォーマルな場でのバッグ選びに、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。女性同士さまざまなシーンでの美しいバッグの持ち方を共有して、さらに魅力的な一日を過ごしていただきたいです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【プロ監修】種類豊富!初心者も安心のレンタル訪問着選びと着付けガイド

はじめに 人生の節目となる特別な日。せっかくなら、最高の思い出になる装いで華やかに彩りたいですよね。そんな時に選びたいのが、正礼装である色留袖に次ぐ格を持った「訪問着」です。 上品でありながら華やかな色合いと、四季の美を […]

ひとつ前の記事

浴衣イメージ

着物ブームの真実! 東京の若者が愛する、最新きものの魅力

はじめに 風に揺れる美しい着物の柄、都会の喧騒の中で一瞬時間が止まったかのように感じる姿。最近、街中で若者が着物を着て歩いているのを見かけませんか? 今、日本全国で着物が新しいブームとして注目されているんです。では、どう […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!