花嫁ヘアスタイルイメージ

【徹底解説】結婚準備に!前撮りで人気の髪型とアレンジ&撮影のコツ

はじめに

結婚を控えた女性にとって、前撮りは一生の思い出となる特別な撮影となります。このセクションでは、その前撮りの魅力と、記憶に残る髪型選びのポイントについて深掘りしてみましょう。

前撮りとは? その重要性を知る

前撮りとは、結婚式を控えたカップルが式を挙げる日よりも前に、写真スタジオや屋外で結婚記念の撮影を行うことを指します。前撮りを行うことで、結婚式の当日よりも、もう少しカジュアルで自分らしい一瞬を切り取ることができます。結婚式のドレスや和装などの衣裳を身に着けて、最高の状態での写真を楽しむことができるのです。

なぜ前撮りが重要かというと、結婚式の当日は、多くのゲストやスタッフとのコミュニケーションや、さまざまな儀式やプログラムに追われ、じっくりと写真を撮る時間が取れないことが多いからです。そのため、前撮りは気楽に、そしてしっかりと自分たちの思い出を残すための撮影として重要視されています。

また、ヘアスタイルやメイク、ドレスや和装の選び方など、結婚式前のトライアルとしての意味合いも持ち合わせています。自分の好みや全体の雰囲気などを前撮りで確認することで、結婚式の成功を引き寄せることができるのです。

記念に残る前撮りの髪型選びのポイント

髪型は、前撮り写真の印象を大きく左右する要素の一つです。そのため、自分のイメージやドレス、和装とのバランスを考慮して、最適なヘアスタイルを選んでください。

まず、どのようなスタイルが自分に似合うかを知ることが重要です。ショート、ミディアム、ロングなど、自分の髪の長さや形に合わせたスタイル、トレンドを取り入れたスタイルなど、最新の情報を取り入れることで、自分らしいヘアスタイルを見つけることができます。

また、ドレスや和装のデザイン、色合いなどとの相性も考慮するポイントとなります。例えば、シンプルなドレスには、ボリュームのあるアップスタイルや、華やかなハーフアップなどがおすすめです。和装の場合は、伝統的なアップヘアや、シンプルで上品なシニヨンなどが合います。

さらに、前撮りの撮影場所やテーマに合わせて、髪型やアクセサリーの小物選びをするのもポイントです。屋外の自然な風景の中での撮影なら、ナチュラルで風になびくスタイルや、花を挿すなどのアレンジがおすすめです。スタジオ撮影の場合は、照明や背景に合わせて、より華やかで印象的なヘアスタイルを選ぶといいでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。特に、花嫁衣裳には力を入れていて、白無垢や色打掛、引き振袖、黒振袖や色振袖など、上質の正絹と職人の手作業による衣装ばかりを集めています。花嫁さまのかんざしや髪飾りも取り揃えていますよ。

まずは、自然の中での撮影にぴったりの髪飾りをご紹介しましょう。大きな花と、木の実やカスミソウなどの10個ほどの造花がセットになったかんざしです。まとめて着けるとボリュームがありますし、左右やライン状に散らしていただくこともできます。和装にも洋装にもお使いいただけますね。詳しい内容は、画像下部の商品名をクリックなさってください。

上段中央「薄いピンクとくすみカラーがナチュラルな造花のかんざし」、下段左端「ナチュラルな造花が一輪ずつに分かれたかんざし」、下段中央「紫のグラデーションに白の牡丹や菊の造花かんざし」、下段右端「6種類10個の独立した造花かんざし

ヘアメイクの専門家や、経験豊富なスタイリストのアドバイスを参考にすることも、最適なヘアスタイル選びのポイントとなります。プロの視点から、自分の髪の特徴やドレス、和装との組み合わせを提案してもらうことで、前撮りの撮影がさらに素敵なものとなるでしょう。

ここまで、前撮りの重要性と髪型選びのポイントについて解説しました。結婚式は一生に一度の大切なイベント。前撮りの撮影を通して、最高の思い出を残すための準備を楽しみましょうね。

人気の前撮りヘアスタイルを紹介

花嫁としての最も特別な日である結婚式。その前撮り写真は、結婚の記念として永遠に残る大切な思い出となるのです。さて、その前撮りでは、どんなヘアスタイルがおすすめなのでしょうか? ここからは、最新のトレンドから人気のヘアスタイルを紹介します。さあ、自分に似合う素敵な髪型を見つけ、特別な日のための準備を楽しんでいきましょう。

ショートスタイルの前撮り向けアレンジ

ショートヘアは、シンプルでありながらも大人の雰囲気を出すことができる髪型です。ですが、ショートスタイルには、独自のアレンジ方法が求められます。

まず、ショートの大きな魅力は、その軽やかさ。サイドの髪を少し動きのある形に仕上げるだけで、風になびく瞬間がとても素敵に写真に残せます。また、前髪はすっきりと上げて、華やかなアクセサリーで飾るのもおすすめです。

ボブの魅力を引き立てる前撮りヘア

ボブは、女性らしさを引き立てる定番のヘアスタイル。その中でも、前撮りの撮影では特に人気があります。

ボブのヘアは、サイドの髪をナチュラルに巻き、少しの動きを加えるだけで、自然な風になびく姿が写真映えします。また、ウイッグを使えば、シニヨンなどのアップスタイルを作るのも可能です。

和装やドレスのデザインに合わせて、ボブの長さやカールの方法を選び、最もおしゃれな雰囲気を出すことができます。特に、シンプルな和装との組み合わせでは、ボブの自然な動きとバランスが素敵な印象を残します。

ショートボブでも、ほんの少し編み込みができれば、かんざしを挿していただくことができますよ。お花がぎゅっと一つにまとまった髪飾りが使いやすいでしょう。ぜひ、美容師さんにかんざしの写真を見ていただいて、理想のヘアスタイルを追求なさってください。

上段左端「白から黄色系の牡丹・ダリア・菊・カーネーションの造花かんざし」、上段右端「ナチュラルな白バラの造花に房下がりのかんざし」、下段左端「シックなグリーン系に黒の、つまみ細工と造花のかんざし」、下段中央「ナチュラルガーデンのような白系の造花のかんざし」、下段右端「赤いダリアに金銀紅の水引がアレンジされたかんざし

ミディアムの女性におすすめのヘアスタイル

ミディアムヘアは、多彩なアレンジが楽しめるのが魅力。前撮りの撮影では、そのアレンジを最大限に活かして、さまざまなスタイルを楽しむことができます。

ハーフアップスタイルは、ミディアムヘアの中でも特に人気。髪飾りによってさまざまな雰囲気を作れます。生花を飾れば愛らしい花嫁に、ティアラや大きめのヘッドドレスをつければ華やかな演出ができます。また、凝った編み込みは、髪飾り無しでも上品な大人スタイルに仕上がります。

さらに、和装との組み合わせでは、伝統的な雰囲気とモダンなスタイルの融合を楽しむことができます。

ロングヘアを活かした前撮りの髪型

ロングヘアの女性には、その豊富な髪の量と長さを活かしたアレンジがおすすめ。前撮りの撮影では、そのロングヘアを最大限に活かして、華やかな印象を持った写真を残すことができます。

ロングヘアは、ダウンスタイルでそのままの長さを楽しむのも良いですが、ハーフアップやシニヨン、ポニーテールといったアレンジで、さまざまなスタイルを楽しむことができます。

特に、和装との組み合わせでは、ロングヘアの美しさを最大限に引き立てることができます。サイドの髪を編み込み、バックの髪をシニヨンにすることで、伝統的な雰囲気とモダンなスタイルの融合を楽しむことができます。また、近年はクールな印象が作れるポニーテールも人気です。

かなり長めのロングヘアでしたら、たっぷりと貫禄のあるシニヨンを作ることができます。つまみ細工や造花の菊・牡丹・梅・ダリアなどの大きな花と、藤の花の房下がりが似合いますね。着物の色柄や、出したいイメージによってお選びいただけます。

上段左端「大輪の菊につまみ細工の小菊・梅・藤の房下がりかんざ」、上段右端「【京都・かづら清老舗】菊の花のつまみ細工かんざし」、下段左端「紅白のつまみ細工と造花のかんざし」、下段中央「黒と黄金色の大輪の菊をアレンジ豊かな小花が囲むつまみ細工かんざし」、下段右端「爽やかなブルー系の菊や桜のつまみ細工かんざし

メンズ向け: 男性の前撮りヘアスタイルの選び方

結婚式の前撮りでは、もちろん男性のヘアスタイルも重要。男性の前撮りヘアスタイルでは、清潔感とフォーマル感を出すことが大切です。

基本は七三分けやセンター分け、オールバックなどです。特に誠実な印象になる七三分けは、和装にもおすすめです。

ミディアムやロングヘアの男性は、清潔感を第一に決めましょう。おでこを出し、後ろ髪はおくれ毛が出ないように、しっかりとまとめるようにしてください。

また、ヘアメイクの専門家に相談することで、自分に合ったヘアスタイルを見つけることができます。撮影の日には、自分らしいヘアスタイルで、最高の一枚を残すことができるでしょう。

ここまで、前撮りの撮影のための、人気のヘアスタイルをまとめてみました。これらのヘアスタイルを参考にして、結婚式の前撮りをより一層、特別なものとして残してくださいね。

衣裳と合わせた髪型の選び方

結婚式の前撮りは、大切な思い出となる写真撮影の一つです。写真撮影では、衣裳と髪型のバランスはたいへん重要となります。ここからは、和装や洋装、そしてアクセサリーに合わせた、おすすめのヘアスタイルを紹介します。自分らしいスタイルを探して、最も美しい瞬間をキャッチしましょうね。

和装にマッチする前撮り髪型

和装は、日本の伝統的な装いで、一般的にはシンプルで落ち着いたヘアスタイルが求められます。近年はそのなかでも、モダンな雰囲気が出せる洋風のアップスタイルが人気です。

最も人気のある和装の髪型は、シニヨンスタイル。風になびかないようにまとめられた髪が、和装の落ち着いた雰囲気とマッチします。また、前髪をやや低めにセットして、顔の形を綺麗に見せることがポイントです。サイドの髪をナチュラルに流すことで、やわらかい印象に見せることができます。

また、ショートヘアやボブヘアの花嫁さまは、前髪をすっきりと上げて、シンプルなアクセサリーで飾ると、和装の上品さを引き立てることができます。

もちろん、最終的なヘアスタイルの選択は、和装のデザインやご自分の顔の形によっても変わります。ヘアメイクの専門家と相談しながら、ご自分に最も似合うスタイルを見つけてください。

ウェディングドレスに合わせるヘアスタイル

ウェディングドレスは華やかでボリューム感があるものが多いため、そのバランスを取るヘアスタイルがおすすめです。

ロングヘアの花嫁の方は、ダウンスタイルでそのままの長さを活かすのも良いでしょう。サイドの髪を軽く巻いて、ナチュラルなウェーブを出すことで、ドレスの華やかさとのバランスが取れます。

ショートやミディアムの方は、髪の動きを出すために、軽くカールを入れたり、編み込みを取り入れると、よりおしゃれな印象になります。

また、洋装のデザインや、撮影するスタジオの雰囲気によっても、ヘアスタイルの選び方は変わってきます。フォトスタジオや撮影場所の情報を参考にして、ドレスとのバランスを考えながらヘアスタイルを選んでみましょう。

髪型とアクセサリーの組み合わせのポイント

前撮りの際のアクセサリー選びも、ヘアスタイルとの組み合わせがたいへん重要です。選んだヘアスタイルによって、アクセサリーの大きさやデザインが変わることも。

シンプルなヘアスタイルの場合は、大きめのアクセサリーで華やかさを加えると、写真映えします。一方、ボリュームのあるヘアスタイルの場合は、シンプルなアイテムを選ぶと、バランスが取れます。

また、和装には、伝統的な日本のアクセサリー、例えば簪(かんざし)を取り入れると、より伝統的な雰囲気を楽しむことができます。反対に、洋風のアレンジに生花を飾るとモダンな和装スタイルになります。

結婚式当日がナチュラルで、前撮りでしっかりとした和装を選ばれる花嫁さまもいらっしゃるでしょう。日本伝統の格式あるかんざしもご紹介しておきましょうね。「丸い菊と小菊のべっ甲調花嫁かんざし」は、ふんわりと丸い菊の花と小菊に葉っぱの、べっ甲調の花嫁かんざしです。すべての花芯にパール調の細工物が取り付けられ、ビラビラも付いています。たいへん明るく鮮やかな黄色ですよ。文金高島田や和髪に結われるなら、ぜひ、お着けいただきたいですね。

ご自分の好みや、選んだ衣裳に合わせて、アクセサリーを選ぶ楽しみを忘れずに。撮影当日が、最高の日となるよう、準備を楽しんでくださいね。

ここまで、衣裳と合わせた髪型の選び方についての情報をまとめてみました。結婚式の前撮りをより一層、特別なものとして残すためのヘアスタイルの選び方の参考になさってください。

ヘアメイクの予約と準備のポイント

結婚式の前撮り。その一瞬一瞬は、後の人生でも特別な瞬間として心に残るものです。そんな大切な撮影に備え、最も美しいヘアスタイルでのぞむための準備を、しっかりとサポートさせていただきます。

おすすめのヘアサロンとサービスを探す

前撮りの撮影当日に、髪が思うようにまとまらないというのは避けたいもの。そこで、まずは信頼のおけるヘアサロンを探しましょう。

結婚式や前撮りに特化したサービスを提供しているサロンは多いです。最新のトレンドや、和装に合うヘアスタイルなど、専門的な知識を持ったスタイリストがいるサロンを選ぶことが大切です。フォトスタジオや結婚式場の紹介で、おすすめのサロンを教えてもらうのも一つの方法。また、結婚情報のサイトなどでも、おしゃれで人気のヘアサロンの紹介がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分の髪の長さや質、希望するヘアスタイルを考慮して選ぶのもポイント。ロングヘアやショートヘア、ボブなど、それぞれの髪型に合わせたアレンジが得意なサロンを探すのがおすすめです。

ヘアメイクの予約時に伝えるべきこと

ヘアメイクの予約をする際に、どのような情報を伝えたらよいのか気になりますよね。まずは、撮影の日程や場所、和装や洋装の詳細など、具体的な情報をしっかりと伝えましょう。

また、これまでの経験から「このヘアスタイルは自分に似合わない」と感じるポイントや、逆に「こんな風にアレンジしたい」という希望も伝えると、予約がスムーズに進められます。自分の髪の悩みや、これまでのヘアスタイルの経験も伝えておくと、スタイリストがより的確な提案をしてくれるでしょう。

そして、撮影の雰囲気やイメージも伝えてみてください。例えば「海外のウェディングのようなカジュアルな雰囲気にしたい」というような希望があれば、それに合わせたヘアスタイルやアクセサリーの提案を受けられるかもしれません。

事前のヘアケアと準備のアドバイス

前撮りの日に、髪がしっかりとまとまり、ヘアスタイルが美しく仕上がるためには、事前のヘアケアが欠かせません。

毎日のケアはもちろん大切ですが、撮影の1週間前からは、特にしっかりとヘアケアを意識してみましょう。ヘアトリートメントやヘアマスクを使用して、髪のダメージケアをすると、当日のヘアスタイルがより美しく仕上がります。

また、前撮りの数日前には、ヘアカットやカラーリングをして、髪の形や色を整えるのもおすすめ。ただし、新しいスタイルや色に挑戦するのは、撮影の後にするのが無難です。

さらに、当日のヘアメイク前には、洗髪をして清潔にしておくこと。シャンプー後は、トリートメントやリンスは控えめにし、ヘアスタイリングしやすい状態にしておくと良いでしょう。

これらのポイントを押さえて、前撮りの撮影を迎えてください。美しいヘアスタイルが、最も特別な一日を迎える手助けになれば幸いです。

失敗しない前撮りの撮影のコツ

撮影ロケーションの選び方

前撮りは結婚式の前に行う、特別な撮影です。一生の思い出となる写真を残すため、ロケーション選びはたいへん重要です。

まず、自分たちのイメージを明確にすることが大切。ナチュラルな雰囲気を求めるなら、海外の風を感じさせるサイトや、日本の風情が残る歴史的な場所がおすすめです。また、おしゃれでスタイリッシュな写真を求めるなら、スタジオやモダンな建物の近くでの撮影が良いでしょう。

和装の場合は、日本の風情を感じさせる場所が特に人気。例えば、日本庭園や古い神社、寺院などがおすすめです。これらの場所では、伝統的な雰囲気と和装がマッチして、華やかさが一層引き立つ写真が撮れます。

撮影ロケーションを探す際のポイントは、前もって情報を集めること。結婚情報サイトなどで紹介されている場所や、他の花嫁たちの経験を元にして、自分たちのイメージに合った場所を選びましょう。

当日の天気や季節も考慮することが必要です。雨が降っても大丈夫な場所、季節ごとの風情を楽しむ場所など、条件を絞り込むことで、失敗しないロケーション選びができるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや でも、婚礼のロケーション撮影プランを提供しています。新郎新婦さまの衣装、着付け、ヘアメイク、ロケーション撮影、介添えがセットになったプランです。撮影場所の予約やカメラマンの手配なども、ゆめやが担当いたしますので、お気楽にご利用いただけますよ。

前撮りのポーズや表情の注意点

前撮りの撮影では、自然なポーズや表情が求められます。ですが、どんなポーズや表情が良いのか、迷うことも多いでしょう。

まず、自分自身をリラックスさせることが大切。緊張していると、表情が硬くなりがちです。深呼吸をして、撮影を楽しむ気持ちでのぞみましょう。

また、和装の場合は、髪型やアクセサリー、衣装のデザインなどを活かすポーズがおすすめ。例えば、シニヨンやポニーテールなどのヘアスタイルなら、サイドからのアングルや、背中を強調するポーズが素敵に見えます。

表情に関しては、笑顔はもちろんのこと、目元や口元の細かい動きにも気を付けると、写真がより魅力的に仕上がります。特に、和装は顔立ちや表情が強調されるので、微笑みや目の動きを意識してみてください。

フォトスタジオやプロのカメラマンは、多くのポーズのアイディアや表情のコツを知っているので、自分たちの希望やイメージをしっかりと伝えて、アドバイスを受けることも忘れずに。

前撮りの日の髪のセットのための小物と準備

前撮りの日、特に和装での撮影は、ヘアメイクが重要なポイントとなります。髪の長さや質感、そして当日のコンディションに合わせて、準備をしておくことが大切です。

撮影の前に、髪の状態を整えるためのアイテムを用意しておくと安心。シンプルなヘアスタイルから、少し凝ったアレンジまで、さまざまなスタイルが考えられますが、それぞれに合った小物が必要になります。

例えば、ショートやミディアムの方は、ヘアピンやヘアゴム、そして髪を動きのあるスタイルに仕上げるためのスプレーやワックスが必要。一方、ロングヘアの方は、編み込みやアップスタイルを楽しむためのアイテムが欠かせません。

また、前撮りの日の風や湿度などの気象条件によっては、髪のセットが崩れやすくなることも。そんな時に役立つのが、ヘアスプレーやヘアミスト。髪の動きやボリュームをキープするためのアイテムを、必ず持参しましょう。

さらに、ヘアアクセサリーの選び方もポイント。華やかなものや、シンプルで上品なものなど、多種多様。自分の好みや撮影のテーマに合わせて選ぶことで、写真が一層引き立ちます。

前撮りの撮影は、一生の思い出となる大切な時間。準備をしっかりとして、最高の一日を過ごしてくださいね。

先輩花嫁たちの前撮りヘア実例とアドバイス

ゼクシィやウエディングナビなど結婚情報誌からのピックアップ事例

結婚式に欠かせないのが前撮り。特にヘアスタイルは、その日の印象を大きく左右する要素です。ゼクシィやウエディングナビなどの結婚情報誌で情報収集をしていらっしゃる花嫁さまも多いことでしょう。ここでは、結婚情報誌や結婚情報サイトの新着情報で話題になっている、先輩花嫁たちの前撮りヘアの例を紹介します。

最近のトレンドは、シンプルかつナチュラルなヘアスタイル。ウェディングドレスや和装に合わせた、風になびくようなゆるふわな髪の動きが人気となっています。このようなスタイルは、自然体のまま撮影を楽しむことができるので、おすすめです。

また、ショートやミディアムの花嫁には、サイドにまとめたり、前髪を上げて華やかに見せるアレンジがピックアップされています。特に、ボブやショートの方は、小物やアクセサリーを使用してポイントをつけることで、一気に華やかな印象になります。

ロングヘアの花嫁は、編み込みやシニヨン、ハーフアップなど、さまざまなアレンジが楽しめるのが魅力。とくに、海外の風を感じさせるようなボヘミアンスタイルや、シンプルで洗練されたスタイリッシュなアレンジが取り上げられています。

ヘアアクセサリーも大きなポイント。例えば、和装には伝統的なかんざし、ウェディングドレスにはシンプルなパールのアクセサリーが人気。撮影スタジオや結婚情報誌などの新着情報で紹介される事例を参考にして、自分のスタイルに合ったアイテムを探すのも楽しいものです。

前撮りヘアで後悔しないためのアドバイス

前撮りのヘアスタイルを選ぶ際に、何より大切なのは、自分自身を最も美しく見せること。

まず、前撮りは結婚式当日とは異なり、もう少しカジュアルな雰囲気で撮影を楽しむことができます。だからと言って、手を抜かず、しっかりとヘアメイクの準備をすることがポイントです。特に、髪の状態や、当日の気温・湿度に合わせたヘアスタイルの選び方は、後悔しないための大事な要素となります。

次に、自分の普段の髪型やファッションスタイルを考慮しつつ、少しアップグレードしたヘアスタイルを選ぶこともおすすめ。

また、撮影前にヘアスタイルのトライアルをすることも大切。スタジオやヘアメイクサロンで、前撮り用のヘアスタイルを試してみることで、当日になって慌てることなく、自分の理想のスタイルを実現することができます。

ゼクシィやウエディングナビなどの結婚情報誌や結婚情報サイトで情報を収集することはもちろん、ゆめやのサイトからも、なにかヒントを見つけていただき、理想のヘアスタイルを実現してくださいね。

まとめ

前撮り髪型の選び方の要点を再確認

結婚式の前撮りは、結婚式を前にしたスペシャルな瞬間をキャッチする撮影です。ヘアスタイルは写真の印象を大きく左右する要素となります。まず、自分の髪の長さや質、そして撮影のテーマや衣装のデザインを考慮することが必要です。長い髪の場合は、編み込みやシニヨン、ハーフアップなど、さまざまなアレンジが楽しめます。ショートやミディアムの場合は、サイドを遊ばせたり前髪を上げたりなどの少しの変化で、大きく雰囲気を変えることができます。

また、和装や洋装、それぞれの衣装に合わせたヘアスタイルを選ぶことが大切です。和装には、伝統的なアップスタイルやシンプルなシニヨン、モダンな洋風アレンジがおすすめです。洋装には、風になびくようなナチュラルな動きを持ったハーフアップやボヘミアンスタイルのほか、シンプルでスタイリッシュなシニヨンやポニーテールなどが似合います。

前撮りの日の気候や、自分の普段のスタイルを考慮し、少しアップグレードしたヘアスタイルを選ぶことも重要です。また、撮影前にヘアスタイルのトライアルを行い、当日のヘアメイクの準備をしっかりとすることで、撮影をより楽しむことができます。

素敵な前撮り写真を残すための最後のアドバイス

前撮りの撮影は、結婚式の大切な記念となるもの。素敵な写真を残すためにはいくつかのポイントがあります。まず、前撮りは結婚式当日とは異なり、もう少しカジュアルな雰囲気で楽しむことができます。とは言え、ヘアメイクの準備は手を抜かずにしっかりとすることが大切です。

次に、ヘアスタイルの選び方。自分らしさを最大限に活かしながら、撮影で一歩踏み出したヘアスタイルを選ぶことがおすすめです。また、ヘアアクセサリーも大きなポイントとなります。シンプルなパールのアクセサリー、かんざし、ティアラ、生花など、ご自分のスタイルに合わせてアイテムを選ぶのも楽しいものです。

最後に、撮影のスタジオや場所の選び方。自分たちの結婚式のテーマや雰囲気に合わせて、最適な場所を選ぶことで、写真の雰囲気も大きく変わります。また、撮影の際には自分の心地よさや自然な笑顔を大切にすることで、より素敵な写真が残せるでしょう。

以上のポイントを踏まえて、素敵な前撮りの撮影を楽しんでください。もしも、前撮りの衣装やプランをご検討中でしたら、ぜひ、ゆめやの婚礼前撮りプランも候補に加えてくださいね。

〈参考記事〉
おしゃれ花嫁のボブヘアアレンジ実例集|結婚式の髪型に迷ったら… | ARCH DAYS
https://withbrides.co.jp/hairstyle-halfup#toc12
https://archdays.com/column/2021/07/27/77631
https://zexy.net/article/app001911041/
【前撮り】ロケーション撮影のおすすめスポット&プラン【結婚式】 | 花嫁ノート (bridal-esthe.com)

ヘアアレンジ50イメージ

【プロ監修】卒業式での母親の着物選び | おすすめの種類と色・柄

はじめに お子さまが、学び舎での日々を思い返しながら、新しい門出へと歩み出す卒業式。そんな特別な日に、着物で参加したいと考えるお母さまも多いのではないでしょうか。日本の伝統的な服装である着物は、卒業式のような晴れのシーン […]
帯揚げ【oba068】

【着物の帯揚げ完全ガイド】基本の結び方からアレンジテクニックまで

はじめに 日本の伝統的な装い、着物。幼い頃から人生の節目に、誰もが身にまとった経験があるのではないでしょうか。着物は、その色や柄だけでなく、着方や帯の結び方にもさまざまな魅力が詰まっています。特に、帯の結び方は、多種多様 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!