七五三イメージ

【保存版】七五三、男の子はいつ祝う? 満年齢と数え年の違いを解説

はじめに

七五三とは何か?

七五三は、日本の伝統的な行事として多くのご家族に親しまれています。子どもの健やかな成長を祝い、ご家族で神社に参拝するこの行事は、子どもたちにとっての大切な節目として捉えられてきました。具体的には、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で、神社やお寺で儀式を行います。この行事には、子どもの健康や安全を願う心が根底にあります。

江戸時代から続くこの伝統は、現在も多くのご家族によって受け継がれています。数え年での年齢表現や、特定の歳でのお祝いの方法など、七五三には独特の慣習や文化が色濃く残っています。また、この行事は子どもたちの成長をご家族やご親戚と共に喜ぶことができる、温かいイベントとしても捉えられています。

今日でも、この伝統行事は多くのご家族にとって特別な意味を持ち続けています。お子さまの成長を実感する機会でもある七五三は、親御さんとしても、とても感慨深いものとなっています。

男の子の七五三の特徴

男の子の七五三は、3歳と5歳の2回行われることが一般的です。特に、5歳の七五三が重要視されることが多くなっています。この理由の一つには、5歳という年齢が子どもの成長の大きな節目とされていることが挙げられます。5歳は、子どもが一人前の大人に近づく年齢として昔から特別視されてきました。

衣装の選び方にも男の子特有の特徴があります。3歳の時は、柔らかな色合いの着物が好んで選ばれます。一方、5歳の時には袴が主流となります。袴は、大人への仲間入りを意味するものとして、古くから用いられてきました。また、3歳の七五三では、髪を伸ばし始めることが一般的です。これも、子どもの成長を象徴する「髪置きの儀」として、古くから受け継がれています。

また、七五三にはご家族での写真撮影も欠かせません。成長の記念として、またご家族の大切な思い出として、この日の写真は特別なものとなります。七五三で、成長した男の子の姿を撮影することで、ご家族の絆をさらに深めることができるでしょう。

このように男の子の七五三は、ご家族にとって大切な行事として受け継がれています。そしてこの日の儀式や写真撮影を通して、お子さまの成長やご家族の絆を色濃く感じることができるのです。

七五三の由来と意味

七五三の歴史的背景

七五三は、日本の伝統的な行事として、古くから多くのご家族に親しまれてきました。この行事の起源は平安時代までさかのぼることができます。当時の日本では子どもの幼少期の死亡率がたいへん高かったため、特定の年齢になるまで子どもたちが無事に生き抜いたことを祝う儀式として、七五三が始まったとされています。

江戸時代に入ると七五三はより一般的な行事として広まり、ご家族で神社に参拝し、子どもたちの健やかな成長を願う風習が定着しました。この時代になると、多くのご家庭では、お子さまのために新しい着物を用意し、ご家族揃って参拝することが一つの大きなイベントとして捉えられるようになりました。

七五三は、数え年において男の子の3歳と5歳、女の子の3歳と7歳の時に行われるのが一般的です。これは先述の通り、これらの年齢が人生の重要な節目として古くから考えられていたことに由来しています。

なぜ5歳の男の子を祝うのか?

5歳の男の子の七五三が特に重要視される背景には、歴史的な理由や文化的背景が影響しています。5歳という年齢は、男の子が一人前として社会に参加するための準備を始める時期とされてきました。具体的には、5歳を迎えた男の子はご家族の中での役割が大きく変わり、さまざまな家庭の仕事を手伝うようになることが一般的でした。

羽織袴の着用も、5歳の男の子に見られる七五三での特徴として挙げられます。袴は、男の子が大人への仲間入りを果たす象徴として、「袴着の儀」と呼ばれる儀式のもとで古くから用いられてきました。そのため5歳の七五三では、この袴を着ることが一つの大きなイベントにもなっています。

ゆめやでご用意している5歳祝着から、正装の「五つ紋付黒羽織袴」をご紹介しましょう。正絹ですので、軽くて柔らかいのが自慢です。お子さまが嫌がることなくお召しいただけるでしょう。「五つ紋付黒羽織袴」は基本のアンサンブルですので、サイズを6段階お作りしています。数え年での参拝ですと、実年齢の3歳~4歳になります。まだ小さいですので、肩上げ・裾上げをさせていただきます。ご安心ください。また、貼り付け紋のご要望も承っていますので、お気軽にオーダーなさってくださいね。

男の子の七五三のタイミング

数え年と満年齢の違い

日本の伝統的な年齢の考え方には、数え年と満年齢という二つの考え方があります。これらは見かけ上は同じ「年齢」を示していても、実際の計算方法や意味が異なるため、しっかりと理解しておくことが大切です。

数え年は、生まれたときを1歳として、その後の正月ごとに1歳ずつ加算していく方法です。例えば、12月生まれの子どもは、生まれたときに1歳、翌月が正月ですので、すぐに2歳と数えられるのです。このような考え方は、昔の日本においてはごく一般的でした。

一方の満年齢は西洋の年齢の数え方と同じで、生まれてからの経過年数をもとに年齢を数えます。生まれたばかりの子は0歳で、誕生日を迎えるごとに1歳ずつ加算していきます。

七五三にどちらの年齢で数えるかは、ご家庭や地域によって異なります。そのため、事前に参拝する神社などの施設に問い合わせて確認することがおすすめです。

「5歳」の正解の時期は?

七五三は、一般的には11月15日前後に行われます。ですが、たとえば「5歳」という場合は、数え年での5歳を指す場合と満年齢での5歳を指す場合があり、どちらを基準にするかは家庭や地域、または神社やお寺によって異なります。

数え年での5歳を基準にする場合は、1月1日~11月15日生れの場合は満年齢での4歳、11月16日~12月31日生れの場合は満年齢での3歳の11月15日に七五三を行うことになります。一方、満年齢での5歳を基準にする場合は、5歳の誕生日を迎えた年の11月15日前後に七五三を行います。

また具体的な日取りについても、11月15日に固定して行うご家庭や、その前後の土日や祝日を選んで行うご家庭など、さまざまです。特に都市部では、11月15日が土日や祝日である場合は、混雑を避けるためにかなり前後した日程で行うご家庭も多いようです。

実際に七五三を行う日を決める際には、神社やお寺の混雑状況、ご家族の都合や風習、気候など、さまざまな要因を考慮して決めると良いでしょう。大切なのは、ご家族みんなが笑顔でその日を迎えること。準備や日程の調整など、少し手間はかかるかもしれませんが、お子さまの成長を祝う大切な日ですので、心を込めてお祝いしましょう。

七五三のお参りと神社

七五三で行う主な行事の流れ

七五三のお祝いにおいて、神社やお寺へのお参りは大切な儀式のひとつです。ご家族揃って神社やお寺に向かいますが、寺社によっては予約が必要な場合もありますので、事前に問い合わせておくと安心です。

  1. 着付けと準備
    この日のために、お子さまには特別な和装を着せることになるでしょう。男の子は羽織袴を選ぶケースが多いようです。この日のために購入するご家庭もあれば、レンタルを利用する選択肢もあります。
  2. 神社やお寺への移動
    ご家族揃って、神社やお寺へ向かいます。公共の交通機関を利用する場合や、自家用車での移動など、それぞれのご家庭の状況に合わせて負担のない手段を選びましょう。
  3. 祈祷の受付
    神社やお寺に到着したら、まずは祈祷受付を済ませます。祈祷の内容や料金、時間などを確認し、必要な手続きを行います。
  4. 祈祷の儀式
    指定された時間に、神前や仏前での祈祷が行われます。ご家族が一緒に祈り、お子さまの健やかな成長を願います。
  5. 記念撮影
    祈祷が無事に終わった後は、神社やお寺の境内での記念撮影を楽しむご家族が多く見られます。この日の特別な装いをしっかり写真に残しておくことは、後々の思い出としても価値があります。
  6. 帰宅や食事
    お参りが終わった後は、ご家族で食事に出かけることも多いでしょう。特別な日に美味しい食事を楽しむことで、思い出がより一層深まります。

男の子と女の子での神社での違い

男の子と女の子、それぞれのお参りには、いくつか違いがあります。

  • 装いの違い
    男の子は袴を中心に選び、女の子は華やかな着物を選びます。また女の子の場合は、髪型や髪飾りにもこだわる家庭が多くなっています。
  • 行事の時期
    男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお参りを行います。このため、神社や寺での儀式の内容やお参りの時期が異なる場合があります。
  • お祝いの内容
    お参りの際に子どもたちに渡されるお守りや記念の品なども、男の子と女の子で異なる場合があります。

2023年のおすすめの参拝日

2023年の七五三のお参りにおすすめの日を紹介します。

  • 11月15日(水)
    伝統的に七五三の日とされていますが、それだけに混雑が予想されます。特に大きな神社では事前の予約が必要な場合があるので、注意が必要です。
  • 11月11日(土)または12日(日)
    11月15日前の土日で、比較的混雑が少ないと予想される日です。ご家族みんなの予定が合わせやすい土日を選ぶご家庭におすすめです。
  • 六曜を活用
    カレンダーには、大安や友引など吉日とされる日がいくつかあります。神社やお寺と、六曜は、直接の関連はありませんが、六曜を重視されるご家庭であれば、その点も考慮に入れると良いでしょう。

七五三のお参りは、ご家族の大切な思い出となる日です。計画的に日程を選び、無事にこの特別な日を迎えられるよう準備を楽しんでくださいね。

男の子の七五三における衣装選び

男の子が着用する七五三の衣装の魅力

七五三のお祝いでは、お子さまの衣装選びが楽しみの一つとなっています。男の子の衣装には格式と伝統が息づいていて、一生の思い出として残る写真撮影にも最適です。

5歳の男の子の七五三の衣装は、羽織袴が主流となっています。袴は江戸時代からの伝統的な男性のフォーマルウェアとして、格式のある場でよく着用されてきました。この格式高い袴を5歳のお子さまが着ることで、その成長をご家族やご親戚が祝うというもので、それは今の時代でも多くのご家庭で受け継がれています。

袴の素材や色、柄にはさまざまな種類があり、一般的に男の子の袴は深みのある色を基調とし、シンプルな柄が選ばれることが多くなっています。このシンプルさが、お子さまの健やかな成長や純粋な笑顔と相まって、たいへん魅力的な姿となります。

5歳の男の子には「ストライプの着物に五つ紋付黒羽織袴」もご用意しています。羽織を脱ぐとストライプの着物です。動きやすいように、着物の裾は短く仕立てました。こちらも、肩上げ・裾上げ・貼り付け紋のご要望を承っています。

着物と袴の選び方

5歳の男の子の七五三での衣装選びのポイントを紹介します。

  • 季節を考慮する
    七五三は11月に行われることが多いので、季節に合わせた厚みのある袴や着物を選ぶと良いでしょう。
  • 色と柄の選び方
    落ち着いた色味のものや、伝統的な柄が一般的です。ただ最近では明るい色や現代的な柄を取り入れたものも人気です。
  • サイズ選び
    お子さまが動きやすく、長時間着ることができるサイズを選ぶことが大切です。事前に試着を行うことをおすすめします。
  • 小物やアクセサリー
    袴や着物だけでなく、羽織や帯、懐剣やお守り袋などの小物も衣装の一部です。これらの小物も合わせてトータル的に選ぶことで、より一層の完成度を高めることができます。

レンタルのメリットと予約のポイント

七五三の衣装を購入するのには、費用や保管の面で負担に感じる方も多いはず。そのため、近年はレンタルを選ぶご家庭も増えています。レンタルのメリットをいくつか紹介しましょう。

  • コストパフォーマンス
    一度しか着ない衣装を購入するよりも、レンタルの方が経済的です。
  • 豊富な種類
    レンタルショップでは、さまざまな種類の袴や着物を取り揃えているため、自分の好みに合ったものを選ぶことができます。
  • クリーニングや保管の手間がない
    使用後は返却するだけなので、クリーニングや保管の手間を気にすることなく利用できます。

レンタルを選ぶ際のポイントとしては、予約時期が大切です。七五三のシーズンは多くのご家庭がレンタルを利用するため、早めの予約がおすすめです。また、可能であればレンタル前にきちんと試着をして、サイズ感やデザインを確認しておきたいところです。

3歳の七五三は、まだ袴を穿く年齢ではありませんので、3歳児が着やすいように仕立てた、かっこいい「忍者ブルーの三歳祝着(男の子用)」をおすすめしています。正絹のブルーやグレーの反物と、黒の反物から、ゆめやで仕立てました。地紋様が織り出された上質な正絹でお作りしています。ふんわりとなめらかな肌触りですよ。ベストと袴は黒です。袴のウエストはゴムにしています。色違いで「忍者グレーの三歳祝着(男の子用)」もご用意していますので、双子さんも安心です。

男の子の七五三の衣装選びは、お子さまの成長を祝う大切な日の一部となります。親御さんやお子さま自身の好みも考慮し、お子さまの笑顔が一番似合う衣装を選んで、特別な日を迎えてくださいね。

七五三の記念撮影について

記念写真の重要性と思い出の作り方

七五三のお祝いといえば、華やかな着物を身にまとったお子さまの姿を記念として残す写真撮影も欠かせません。撮影した写真は、お子さまの成長の節目としてご家族の宝物となることでしょう。

記念写真は、お子さまの成長を物語る大切な記録となります。3歳、5歳、7歳とそれぞれの年齢での微妙な変化、笑顔、そして当日の気持ちを凝縮して残すことができます。特に七五三の写真は、お子さまの無邪気な笑顔や、初めての和装の姿、ご家族の絆を感じさせるものとなります。

写真を撮る際のポイントは、自然な笑顔を引き出すこと。そのため、撮影の前には、リラックスする時間を持つことが大切です。お子さまが大好きなおもちゃなどを用意し、ご家族とのコミュニケーションを取りながら、リラックスした雰囲気を作り上げてください。自然とあふれ出る笑顔は、お子さまの魅力を一層引き立てます。

おすすめの撮影プラン

七五三の記念撮影では、さまざまな撮影プランが考えられます。以下に、おすすめのプランを紹介します。

  • スタジオ撮影
    一般的に人気なのはスタジオでの撮影。背景や小道具を使用してプロのカメラマンが撮影することで、高品質な写真を残すことができます。
  • ロケーション撮影
    外での自然光の中で撮影する方法。神社や公園など自然の中での撮影は、お子さまの自然な表情を引き出します。
  • 家族みんなでの撮影
    七五三のお祝いは、ご家族みんなのイベント。ご家族全員での撮影は、その時のご家族の絆や愛情を写し出すことができます。

撮影プランを選ぶ際は、ご家族の希望やお子さまの性格なども考慮して、最も良い方法を選ぶことが大切です。

家族や親戚との撮影のコツ

七五三の記念撮影では、ご家族やご親戚とのグループ撮影も欠かせません。その際の撮影のコツを紹介します。

  • 配置の決め方
    お子さまを中心にご家族やご親戚を配置すると、バランスの良い写真になります。特に小さいお子さまや年配の方は前列に配置すると、表情がはっきりと写ります。
  • 自然なポーズ
    かしこまった姿勢よりもリラックスした自然なポーズの方が、写真に温かみが出るでしょう。お子さまとのコミュニケーションを取りながら、自然な笑顔を引き出してください。
  • 衣装のコーディネート
    お子さまの着物や袴の色に合わせてご家族の衣装の色味を揃えてみると、統一感のある写真になります。
  • 撮影場所の選び方
    ご家族やご親戚との撮影に関しても、スタジオだけでなく神社や公園など屋外で行うことができます。撮影場所を選ぶ際は、その場所の雰囲気や背景、照明などを考慮して、最適な場所を選んでください。

七五三の記念撮影は、ご家族の大切な思い出として長く残るものです。上記のポイントを参考に、素敵な写真を残してくださいね。

ゆめやでは、ご家族揃って和装で参拝や写真撮影をなさることをおすすめしています。お父さまやお母さま、ご兄弟姉妹さまの着物をセットでレンタルできる、お得なプランをご用意していますので、どうぞご覧ください。

まとめ

男の子の七五三をより美しく記念に残すためのポイント

七五三は、3歳、5歳、7歳という特別な年齢の子どもたちの成長と健やかな未来を祝う日本の伝統行事です。特に男の子の3歳の七五三は、その無邪気な笑顔と、初めての和装の姿がご家族の宝物として長く心に刻まれるでしょう。

美しく記念に残すためには、以下のポイントが大切です。

  • 着物選び:5歳の男の子の七五三の衣装は、袴が一般的です。色や柄を選ぶ際にはお子さまの好みや性格も考慮して、最も似合うものを選びましょう。
  • 髪型の工夫:特に3歳の男の子は、髪を伸ばして七五三の日に特別な髪型にすることも多いものです。髪の健やかな成長を祈る意味も込めて、可愛らしい髪型を選んでください。
  • 撮影のコツ:記念写真は、その日の雰囲気やご家族の絆を長く残すためのもの。自然な笑顔やご家族みんなの姿を写すことで、後々、温かい思い出として振り返ることができます。

今年の七五三の準備と楽しみ方の再確認

2023年も、多くのご家族がこの伝統的な行事を楽しみにしています。ご家族の笑顔や絆を深めるこの特別な日を最高の思い出として残すために、準備と楽しみ方を再確認してみましょう。

  • 日程の確認:七五三は11月15日に行われることが多いですが、神社や地域によっては日程が異なる場合も。土日や大安の日は混雑が予想されるため、予定を立てる際はカレンダーをチェックしてください。
  • 和装の選び方:男の子も女の子も、七五三の和装はその年齢の特徴や可愛らしさを引き立てるもの。早めの準備を心がけ、選び方のポイントを再確認して、最も似合う衣装を見つけてください。
  • 撮影の楽しみ方:家族写真やご親戚とのグループ撮影など、さまざまなシチュエーションでの写真撮影を楽しむことができます。事前にポイントを押さえて、最高の1枚を撮影してください。

今年の七五三も、ご家族みんなでの大切な時間として、準備から楽しみましょう。お子さまの成長と健康を祝うこの日を、ご家族みんなで心から楽しみ、美しい思い出として、永遠に残せるようにしてくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【七五三】7歳の女の子向け! おすすめの髪型とヘアアレンジガイド

はじめに 七五三は、子どもたちの成長を祝い、健やかな成長を願う日本の伝統的な行事です。特に7歳は、七五三の三つの節目の中で最も大きな節目です。この年齢ともなれば、子どもたちはより大人びた一歩を踏み出そうとしています。そん […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!