七五三イメージ

【2023年最新版】七五三、女の子はいつお参りする? 時期と流れ

はじめに

七五三の由来と起原

七五三は、日本の伝統的な行事として、多くのご家族にとって大切なお祝いの一つですね。この行事の名前の由来は、子どもの成長を祝う年齢、すなわち3歳、5歳、7歳に関連しています。女の子は3歳と7歳、男の子は5歳の時に、成長を祝う儀式が行われるのです。

なぜこの特定の年齢で祝われるのでしょうか。実は、これには深い意味が隠されています。昔の日本では、子どもの死亡率が高かったため、無事に3歳、5歳、7歳を迎えることができれば、健やかに成長している証と考えられていました。そのため、これらの年齢での生存を祝うことが始まったのです。また、江戸時代には、これらの年齢での髪型や服装の変更、そして神社でのお詣りが一般的に行われるようになりました。神様にお祈りする場合は神社へ、ご先祖様にお祈りする場合はお寺へ出かけます。この記事では、神社への参拝について話を進めさせていただきますね。

現代でも、多くの家族がこの伝統を受け継ぎ、お子さまの健やかな成長を神社でお祈りします。お詣りをする際は、男の子も女の子も、和装で神社に参拝することが多いです。このように、七五三は日本の文化として受け継がれ、今も多くの家庭で大切にされている行事です。

2023年の七五三の考え方

2023年に七五三を迎えるお子さまを持つ親御さんは、いつから準備を始める方がいいのでしょうか。また、今の時代に合わせて、どのように七五三を祝うのが良いのでしょうか。

一般的に、七五三のお参りは11月15日前後に行われることが多いです。ですが、この日は全国で多くのご家族が七五三のお参りをするため、神社はたいへん混雑します。そのため、少し前後して10月や12月にお詣りを行うご家族も増えてきています。特に、平日を選ぶことで、ゆっくりとお詣りをすることができるでしょう。

また、2022年までの七五三では、新型コロナウイルスの影響も考慮して、スタジオでの写真撮影や家族だけでのお祝いが人気でしたが、2023年の七五三は神社への参拝や家族写真の撮影や、一緒に特別な食事をするなど、さまざまなお祝いの方法が考えられます。

着物のレンタルも、早めに予約をすることがおすすめです。特に、女の子の着物はデザインや色が豊富なため、早めに選ぶことでお子さまの好みに合ったものを選ぶことができます。また、写真撮影を考える場合は、カメラマンやスタジオの予約も忘れずに行いましょう。

七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。準備や日取りなど、さまざまなことを考える必要がありますが、何よりもお子さまの笑顔と健やかな成長を祝う気持ちを大切にして、この特別な日をご家族みなさんで楽しみましょう。

これからも、お子さまの成長を見守りながら、日本の伝統を受け継ぐ七五三を祝っていきたいものですね。

七五三のタイミング

七五三イメージ
七五三

「七五三」とは、日本の伝統的な行事で、お子さまの成長を祝う儀式です。女の子・男の子ともに、この日は着物や袴を着て、神社でお詣りを行います。では、この七五三はいつ行うのでしょうか。また、満年齢と数え年にはどんな違いがあるのでしょう。気になるポイントをしっかり解説します。

女の子の祝う年齢と時期

女の子の場合は、七五三は3歳と7歳の2回お祝いします。3歳の時は「髪結い」、7歳の時は「帯解き」と呼ばれる儀式が行われます。

  • 3歳: 3歳は、初めて髪を伸ばしはじめる儀式をを迎えます。この年の女の子は、かわいい着物を着て、神社でお祝いの祈祷を受けます。
  • 7歳: 7歳の女の子は、成長を祝い初めて大人と同じような帯を結ぶ儀式、「帯解き」を行います。この年も、神社でのお詣りとともに、家族との記念撮影などが行われることが多いです。

七五三の主な時期は11月15日前後とされていますが、地域や家庭の慣習によって、10月や12月に行うこともあります。

満年齢と数え年、それぞれの意味

日本には「満年齢」と「数え年」という二つの年齢の数え方があります。

  • 満年齢: 誕生日を基準として年齢を数える方法です。現在、一般的に使われる方法で、実際に生まれてからの経過年数を示します。
  • 数え年: 生まれた時を1歳と数え、毎年の年始に1歳加算する方法です。昔の日本では、この数え年で年齢を数える習慣が一般的でした。

七五三では、数え年での年齢を基準に祝うのが一般的です。そのため、実際の満年齢での2歳や4歳の子どもも、数え年での3歳や5歳として七五三の祝いを迎えることが多いのです。

2023年、2024年、2025年のおすすめの日柄

七五三の日取りを決める際には、良い日柄を選ぶことが大切です。特に、神社でのお詣りや記念撮影を行う日は、ご家族みなさんが安心して過ごせるように、良い日を選ぶことをおすすめします。

以下は、2023年・2024年・2025年のおすすめの日柄を一覧にして紹介します。大安や仏滅などの六曜は、神社やお寺とは関係のない数え方ですので、本来ならば七五三の日程には影響しないのですが、大安や友引の日を好まれるご家庭が多いようです。

良い日柄備考
2023年11月1日, 4日,7日, 10日, 14日, 17日,20日, 23日, 26日,29日いずれも大安や友引などの良い日
2024年11月2日,5日,8日,11日,14日,17日,20日,23日,26日,29日同上
2025年11月1日,4日,7日,10日,13日,16日,19日,21日,24日,27日,30日同上

上記の日に加えて、神社の混雑を避けるために、平日を選ぶことも考え方の一つです。また、当日の体調や天候、その他の都合も考慮に入れて、日取りを決めることが大切です。

以上、七五三のタイミングや女の子の祝う年齢、満年齢と数え年の違い、おすすめの日柄を紹介しました。この大切な日をご家族みなさんで楽しみ、お子さまの成長にしっかりと感謝する時間にしてくださいね。

七五三の服装について

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事として、多くの家族が神社でお詣りや写真撮影を行う特別な日です。このセクションでは、女の子の七五三の服装についてのポイントを紹介します。

女の子の着物の選び方

七五三でのお詣りの際、お子さまに着ていただく着物を選ぶ日も、七五三にまつわるイベントの中心に近い日となります。そこで、気を付けたいポイントを以下に一覧で紹介します。

  • 年齢に合わせた選び方:
    • 3歳: カラフルで可愛らしいデザインが人気。防寒のためや紐を隠すために被布を着せる場合は、着物は細い帯や紐で簡単に結ぶだけで大丈夫です。被布を着せない場合や脱ぐ可能性がある場合は、兵児帯などの柔らかくて華やかな帯を結びましょう。
    • 7歳:初めて大人と同じような帯を結ぶ日ですので、少し大人っぽいデザインや伝統的な柄が選ばれることが多いです。
  • 季節による選び方: 七五三は11月に行われることが多いため、秋をイメージした柄や色合いが人気です。10月や12月に参拝するご予定であれば、季節感を考慮して選ぶと良いでしょう。
  • 髪型との合わせ方: 着物のデザインや色に合わせて、髪型や小物を選ぶこともポイント。7歳ともなれば、ヘアメイクや髪飾りにもこだわりを持つ女の子もいらっしゃるでしょう。

お祝いの日に、お子さまが最も輝くような着物を選ぶのは楽しい時間の一つですね。良い思い出となるよう、家族みんなで選びましょう。

レンタル衣装と自前の衣装、どちらが得?

七五三の着物を準備する際、レンタルと自前の衣装、どちらを選ぶべきか迷う親御さんも多いのではないでしょうか。それぞれのメリットを考えてみましょう。

レンタルのメリット

  • 着付けや小物一式がセットで揃う。
  • さまざまな種類から選ぶことができる。
  • 一回限りの使用なので、クリーニングや保管の心配がない。

自前の衣装のメリット

  • 気に入ったものを何度も着ることができる。
  • 家族の中で受け継がれることで、思い出が増える。
  • 他の行事や写真撮影時にも使用できる。

どちらを選ぶかは、家庭の考え方や予算、使用する機会などによって異なります。どちらの方法も、その日を特別にするための大切な準備の一部です。

ゆめやの七五三レンタル着物は上質で華やか。アンティーク着物ならではの個性的な柄も多く写真映えもします。

左端「瑠璃色に四季の花と鶴が舞う七歳祝着」は吉祥柄が織り出された瑠璃色の綺麗な祝い着です。中央「マゼンタに扇面百花繚乱の七歳祝着」鮮やかなマゼンダの着物に扇や手毬が手描きで施された女の子らしい逸品です。右端「ピンク色に牡丹と梅、赤地に家紋と市松紋様の七歳祝着」は、大きな家紋や花が描かれたインパクトのある着物で、市松模様がアクセントになって引き締まった印象です。

おすすめの髪型と服装の流れ

七五三の写真撮影をする際の髪型は、その日の記念に残る大切なポイントとなります。おすすめの髪型や、当日の流れを簡単に解説します。

  • 3歳の女の子: おだんごや編み込みなど、シンプルで可愛らしい髪型が人気。小さな髪飾りを着けると、より華やかな印象に。
  • 7歳の女の子: より大人っぽいアップスタイルや編み込みの組み合わせなどがおすすめ。帯や着物の色と合わせて髪飾りを選ぶと、一体感のあるコーディネートが楽しめます。ロングヘアーでしたら日本髪もおすすめです。

お子さまらしい可愛いかんざしもご紹介いたします。

左端「つまみ細工やレース造花のカラフルなかんざし(こども用)」は、どんなカラーの着物にも合わせやすいカラフルなつまみ細工のかんざしです。中央「黄色いモコモコ梅に房下がりとビラビラのかんざし(こども用)」元気いっぱいのお子さまには淡い黄色のかんざしもおすすめです。右端「ピンクの縮緬と絞りで梅の花のかんざし(こども用)」ピンクのつまみ細工のかんざしは、あどけなさが残る3歳のお子さまにおすすめです。

当日の流れ

  1. まず、家族で神社にお参り。祈祷や祝詞の後、一緒に写真撮影を楽しむ。
  2. スタジオや自宅での家族写真撮影。撮影時は、表情やポーズに気を付けて。
  3. お参りや撮影が終わったら、家族で食事を楽しむのも良いでしょう。

七五三の日は、家族みんなで楽しむ大切な日。しっかりと準備をして、その日を迎えるのがおすすめです。

七五三の写真撮影について

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事で、特に3歳、5歳、7歳のお子さまの成長を祝うものです。この行事のハイライトの一つが、記念写真。どの家庭でも、この大切な瞬間をしっかりと残したいという気持ちが強いものです。ここからは、七五三の写真撮影について深く掘り下げてみましょう。

家族との記念写真の撮り方

七五三の記念写真は、単にお子さまの姿だけを撮るのではなく、ご家族みなさんでの撮影が一般的です。そして、その中でも特に人気があるのが、祖父母さまや親御さん、そしてお子さまという大人数での家族写真。大人数なので、どのようにして、家族全員の良い表情やポーズをとらえるかが重要となります。

ポイント一覧

  • 表情を自然に: 一番のポイントは、無理にポーズをとるのではなく、自然な表情を心がけること。特に小さなお子さまたちは、カメラを意識しすぎることが多いので、自然体での撮影が望ましい。
  • 衣装のチェック: お子さまの着物や袴はもちろん、大人の服装も統一感が出るように心がける。色合いやデザインを合わせることで、一枚の写真にまとまりが出ます。
  • 背景の選び方: どちらかというと、シンプルな背景がおすすめ。家族の表情や衣装が引き立つように、無駄なものは避けることが大切。

記念写真は一生の思い出となるもの。少しの工夫や準備をすることで、より一層素敵な写真を残すことができるでしょう。

出張撮影と神社での撮影、どちらがベスト?

七五三の写真撮影には、主にスタジオでの撮影と、神社でのお詣りの際の撮影の二つの方法が考えられます。どちらがより良いのか。それぞれのメリットを確認してみましょう。

スタジオでの撮影

  • 安心の環境: スタジオは撮影専用の環境なので、天気や他の来場者に左右されることがありません。
  • 充実の機材: 専用の照明や背景、さまざまな小物を利用することができるので、多彩な撮影が可能です。
  • プロのカメラマン: スタジオのカメラマンは撮影のプロ。お子さまの表情や家族のバランスを絶妙に捉えてくれます。

神社での撮影

  • 自然な環境: 本物の神社の雰囲気や自然な光が、写真に深みや雰囲気を出してくれます。
  • 記念の意味: 七五三のお詣りを行ったその場所での撮影は、思い出深いものとなります。
  • 家族全員の自然体: お詣りの後の自然な家族の姿を撮ることができるのも、神社での撮影の魅力です。

どちらがベストかは、家族の希望や考え方次第。お子さまの様子やご家族の希望をしっかりと確認しながら、最適な撮影方法を選んでください。

カメラマンの選び方と料金

七五三の撮影を任せるカメラマンの選び方は、たいへん重要です。良いカメラマンに撮ってもらえば、その差は明らかです。以下に、カメラマン選びのポイントをいくつか紹介します。

カメラマン選びのポイント一覧

  • 実績や経験: カメラマンの過去の作品や経験をチェック。特に子どもの撮影に慣れているカメラマンはおすすめ。
  • 料金: 良いカメラマンは料金が高い場合が多いですが、それに見合った価値があるかどうかを判断することが大切。
  • 打ち合わせの重視: 事前にしっかりと打ち合わせを行い、ご家族の希望や要望を伝えることで、理想の写真を手に入れることができます。

一般的にスタジオ撮影の場合は、セット料金が設定されていることが多いです。一方、出張撮影やロケ撮影の場合は、移動費や撮影時間に応じた料金が設定されることが多いです。詳しい料金やオプションについては、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

七五三の記念写真はご家族の宝物となるもの。たっぷりと手間や時間をかけて、最高の一枚を手に入れましょう。

七五三を祝う準備

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事です。特に、3歳、5歳、7歳の女の子や男の子が、神社でお詣りすることで知られています。このような大切な日を迎えるための準備は、しっかりと行うことが大切です。

お参りの前撮り、その利点とは

お詣りの前に、スタジオや自宅で写真撮影を行うことが一般的となってきました。このような前撮りのメリットとしては、当日の混雑を避けることができる点や、ご家族みなさんの最高の瞬間をキャッチすることができる点が挙げられます。

  • 混雑を避ける: 七五三の主な時期は、10月から12月にかけてで、特に11月15日前後は多くの家庭が神社を訪れるため、たいへん混雑します。前撮りを行うことで、スムーズに撮影を行うことができます。
  • 家族写真の撮影: 家族全員での写真もしっかりと残すことができるので、お子さまの成長とともにご家族の絆も深まる瞬間をキャッチすることができます。

神社の予約方法と注意点

七五三のお詣りは、神社で行われることが一般的です。予約の方法は、神社や地域によって異なることがありますが、以下の点を確認しながら予約を行うと良いでしょう。

  • 予約のタイミング: 10月や11月にお詣りを希望する場合、早めに予約をすることをおすすめします。特に、11月15日は多くのご家庭がお詣りを行うため、早めの予約が必要です。
  • 料金: 神社によっては、お詣りの料金が必要な場合があります。事前に確認し、準備をしておきましょう。
  • 服装: 着物を着ることが一般的ですが、神社によっては、特定の服装や色が推奨されることもありますので、事前に確認すると安心です。

七五三のお祝い、一般的な流れ

七五三のお祝いの一般的な流れは、まず神社でのお詣りから始まります。その後、ご家族や親戚と一緒に食事をすることが多いです。

  1. 神社でのお詣り: お子さまの健やかな成長を祈るため、ご家族みなさんで神社を訪れます。神社では、特定の儀式が行われ、お詣りが終わると、記念に写真撮影をすることが一般的です。
  2. 家族との食事: お詣りが終わった後は、ご家族や親戚と一緒に食事を楽しむことが多いです。お子さまの成長を祝いながら、美味しい食事とともに楽しい時間を過ごします。

このように、七五三のお祝いは、お子さまの大切な節目を祝う日本の伝統的な行事です。しっかりとした準備を行い、ご家族みなさんで楽しい時間を過ごしましょう。

新型コロナウイルスと七五三

新型コロナウイルスの影響が広がる中、日本の伝統的な行事である七五三も変化を迎えました。このセクションでは、2023年の七五三の状況と、安全にお祝いを行うための対策について紹介いたします。

2023年の七五三の状況

2023年、多くの家族が待ち望んだ七五三のお祝い。2023年も新型コロナウイルスの影響は色濃く残っていて、コロナ前のようなお祝いが難しい状況となっています。それでも、お子さまの成長を祝うこの大切な時期に、家族で安心してお祝いをしたいという気持ちは変わりません。

七五三の主な行事と言えば、神社でのお詣りやスタジオでの写真撮影。2023年の七五三の特徴は以下のとおりです。

  • 神社の混雑: 多くの地域で11月15日が七五三の主な日程となっていますが、今年は平日や少し時期をずらすことで混雑を避けるご家族が増えています。
  • スタジオ撮影: 写真スタジオでは、前後の時間との間隔を空けるなどの措置を取りながら、家族写真や記念写真の撮影が行われています。また、事前予約の重要性が増しているのが特徴です。
  • 着物レンタル: ご家庭での準備や自宅での写真撮影が増えたことから、レンタルの着物や袴の需要も変化。特に女の子のきれいな着物や男の子の袴、そして3歳の子供用の袴に似たズボンなどが注目されています。

このように、現在の七五三は昔とは異なる形でのお祝いが増えています。それでも、お子さまの健やかな成長を祈る気持ちは変わりません。

安全にお祝いを行うための措置

家族での七五三のお祝いを安心して行うためには、いくつかの措置を考える必要があります。まだ今年も、新型コロナウイルスへの対策が大切です。

以下に、安全に七五三のお祝いを行うためのポイントを一覧でまとめました。

神社の混雑を避ける

  • 11月15日以外の日程を選ぶ
  • 平日や早い時間帯を狙う
  • 地域によっては混雑しない神社を選ぶ

スタジオ撮影の安全対策

  • 事前予約をしっかりと行う
  • スタジオ内の換気や消毒の状況を確認する
  • スタッフとの距離を保ちながら撮影を楽しむ

着物や袴の対策

  • レンタルの際は、事前に店舗での消毒や清掃の状況を確認する
  • 家庭での着付けや、自宅での撮影を検討する

そして、何より大切なのは、家族の体調管理。お子さまや親御さんの健康を第一に考え、無事に七五三のお祝いができるよう心がけましょう。

2023年の七五三は昔とは異なる形でのお祝いが増えている中、家族の健康と安全を守るための工夫が求められます。それでも、この特別な日を家族みんなで楽しく、安心して迎えられるよう工夫をすることで、きっと素敵な思い出が残ることでしょう。

ゆめやでは自宅にいながらレンタル着物の下見ができるプランや、ご家族まとめてお得にレンタルできるプランをご用意してます。ご兄弟や親御さんと一緒にコーディネートが楽しめるプランもおすすめです。

まとめ

子どもの成長は早いもの。特に、日本の伝統行事である「七五三」は、お子さまの成長をご家族で祝う大切な時期となります。特に2023年、涼しい秋の風が吹き始める10月から12月にかけて、多くの家族がこの行事を迎えるでしょう。

2023年の七五三、女の子の準備チェックリスト

七五三は3歳、5歳、7歳の子どもたちが神社でのお詣りや写真撮影を行う行事です。特に女の子は、この時期に初めて本格的な着物を着ることが多いのです。

女の子の準備一覧

  • 着物の選び方: 多くの場合、レンタルを利用する親御さんも多いでしょう。種類や料金、レンタルの期間などを確認して、予約は早めに!
  • 髪型の準備: 髪を伸ばしている場合は、髪を結うスタイルが人気。ヘアメイクの予約も忘れずに。
  • 神社の選び方: 地域ごとに有名な神社や、家族写真撮影が得意な神社もあります。行く神社を決める際には、混雑を避けるため平日を選ぶのも良いでしょう。
  • 写真撮影のポイント: スタジオでの撮影も、自然光の下での撮影もそれぞれの良さがあります。家族みんなで相談して決めましょう。

準備を進める中で、3歳、5歳、7歳という年齢ごとの特色や意味を理解することも楽しいですね。例えば、3歳は「髪置」で髪を伸ばし始めることを意味し、5歳は男の子の「袴着」、7歳は女の子の「帯解」を意味します。このように日本の伝統を深く知ることで、七五三の意味もさらに深まるでしょう。

七五三の思い出を大切に

七五三は、お子さまの成長を感じることができる、ご家族にとっての大切な行事です。そのため、写真撮影やお詣り、ご家族での食事など、この日のための準備や行事を楽しむことが大切です。

まずは、写真撮影。この日のために特別に選んだ着物や、お子さまの無邪気な笑顔をキャッチすることで、一生の思い出として残るでしょう。特に、プロのカメラマンに撮影を頼むと、ご家族みなさんの自然な表情や、着物の美しさをしっかりと捉えてくれます。

次に、神社でのお詣り。親御さんや祖父母さまとともに、お子さまの健やかな成長を祈るこの儀式は、ご家族の絆を深める大切な時間。神社の境内の風景や、祈祷の言葉、そしてお子さまのお詣りの様子を心に刻むことで、この日の大切さを感じることができます。

最後に、ご家族での食事やお祝い。ご家族みなさんで集まり、お子さまの成長を祝うこの時間は、日常の忙しさから解放され、家族の絆を感じることができる特別な時間です。特に、ご家族での写真撮影や、料理の写真などを撮ることで、この日の思い出を形に残すことができます。

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統行事です。この日のための準備や、当日の行事を通して、家族の絆を深め、お子さまの成長を感じることができます。2023年の七五三を迎える皆さん、この特別な日を心から楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

京紫色に流水と雛菊の七歳祝着【kod25】

【2023年最新版】​七五三で着たい高級着物: 選び方やメリット

はじめに 日本の伝統文化として、着物は私たちの生活に深く根付いています。特にお子さまのお祝いごとには、この美しい衣装が欠かせません。今回は、お子さまの成長を祝う大切な行事である「七五三」と、それにふさわしい「正絹の高級着 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!