明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

【2023年最新版】七五三における父親の服装 | コーデと注意点

はじめに

今日は特別な家族の行事、七五三に関するお話をさせていただきます。七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日。そして、その日に家族で撮る写真は一生の思い出になりますよね。そんな大切な日に、父親としてどのような服装を選ぶべきなのか、そのポイントをお伝えします。

七五三とは何か?

七五三は、お子さまの成長と健康を祈る伝統的な行事です。具体的には、5歳の男の子、そして3歳と7歳の女の子を対象としています。2023年現在でも、多くのご家族がこの行事を大切にし、神社やお寺でお詣りをしています。

七五三の主な流れとしては、まずご家族で神社やお寺を訪れ、参拝や祈祷を行います。その後、家族で記念写真を撮ることが多いです。この写真は、後々のご家族の思い出として大切にされるものです。だからこそ、家族全員の服装はしっかりと考えたいものですよね。

父親の服装の重要性

お子さまやお母さまの服装に比べて、お父さまの服装についての情報は意外と少ないもの。では、お父さまの服装はどうすればいいのでしょうか。家族写真をより美しく、また格調高く仕上げるためには、父親の服装もたいへん重要です。

主役はやはりお子さまたちです。お子さまの衣装やお母さまの着物とのコーディネートを意識しながら服装を選びましょう。たとえば、お子さまが華やかな色の着物を着る場合、お父さまのスーツはダークなカラーで落ち着いたものを選ぶと、全体のバランスがとれます。

また、神社やお寺でのお詣りに適した服装は、ビジネススーツよりも少しフォーマルなものが良いでしょう。一般的には、紺やグレー、ストライプなどのシンプルなデザインのスーツがおすすめです。ネクタイやシャツの色も、派手すぎず、かといって地味すぎないものを選ぶことで、ご家族全員の服装との統一感を出すことができます。

七五三のお祝いは、お子さまの成長を家族みんなで喜ぶ大切な日です。お父さまとしての自分の役割をしっかりと果たし、ご家族の思い出をより一層美しく彩るための服装を選ぶことは、とても意義深いことですね。

七五三の基本知識

2023年も、多くのご家族が七五三のお祝いを迎えます。この特別なイベントにおしゃれに参加したいものですね。ここでは七五三の意義や、一般的な服装についてのマナーを解説します。

七五三の意義とは

七五三は、日本の伝統的な行事として知られ、3歳、5歳、7歳のお子さまたちの成長と健康を祝うものです。三歳と七歳は女の子、五歳は男の子のお祝いとして行います。家族で神社やお寺にお詣りをし、祈祷を受けることで、お子さまのこれからの成長や安全を願います。

この行事は、お子さまの大切な成長の節目として、ご家族みなさんで、記念に残る写真撮影をすることが多くなっています。そんな時の服装選びも気を付けたいポイントとなります。

一般的な服装のマナーとは?

七五三の際の服装は、基本的には和装が主流ですが、近年は洋装での参加も増えてきました。ここでは、和装と洋装、それぞれのマナーについて解説します。

和装のポイント

  • 子供: 主役となるお子さまは、伝統的な着物を着ることが一般的です。色や柄は華やかなものを選ぶことが多いです。女の子はピンクや赤を基調とした着物が人気ですね。
  • 母親: 明るめのパステル系の色の着物を選ぶことが多いですが、お子さまとの色合いを合わせるのもおすすめです。
  • 父親: 男性は、暗めの色の羽織や袴を選ぶことが一般的です。

洋装のポイント

  • 子供: カジュアルすぎない、華やかなドレスやスーツがおすすめです。特に女の子は、白やピンクのドレスが人気です。
  • 母親: フォーマルなワンピースやスーツを選びます。色は、落ち着いたものから、明るめの色のものまでさまざまです。
  • 父親: スーツはもちろん、ジャケットとスラックスの組み合わせも良いでしょう。ネクタイの色や柄、シャツの色をご家族と合わせることで、統一感を出すことができます。

どちらのスタイルを選ぶにしても、家族みんなでのコーディネートを意識すると、写真撮影時にも統一感が出て、素敵な思い出の1ページとなるでしょう。

最後に、足元のポイントを少し。和装の場合、足袋や適切な草履を選ぶこと。洋装の場合、父親は黒の靴、母親はフォーマルなパンプスを選ぶと、さらにしっかりとした印象になります。

服装選びは、お子さまの成長を祝う大切な行事の一部。七五三の日を迎える前に、ご家族みなさんで服装の相談や準備を楽しんでくださいね。

父親の服装の選び方

七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。家族全員が華やかに装い、神社での参拝や家族写真の撮影を楽しむことが多いのです。その中でも、父親の服装選びは意外と難しいものです。今回は、父親のための服装の選び方を紹介します。

スーツの基本コーディネート

スーツは七五三の時期によく着用される服装のひとつです。でも、何を基準に選べば良いのでしょうか。

カラー選び

  • グレー: この色は非常に汎用性が高く、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使いやすい。特に、お母さまやお子さまの着物の色と合わせやすい色であるため、おすすめのカラーです。
  • ブルー: 若々しさを演出してくれるカラーで、七五三のお祝いの雰囲気にもぴったりです。ただし、派手すぎるブルーは避け、落ち着いた色合いを選びましょう。

シャツとネクタイの組み合わせ

  • シャツ: 白や薄いブルーが無難です。無地かストライプ、チェックなどの柄も良いですが、派手なデザインは避けるよう心がけましょう。
  • ネクタイ: 色や柄に気を付けましょう。基本的にはシャツやスーツのカラーとのバランスを考えて選びましょう。

靴や小物の選び方

  • : 黒やダークブラウンの革靴が基本。ビジネススーツと同じく、きちんと感が必要です。
  • ベルト: 靴と同じ色を選ぶのが一般的。例えば、黒の靴なら黒のベルトを合わせることで、全体のコーディネートが統一されます。

ポイント

  • 洋装の際、主役はお子さまですので、お父さまの服装はあくまで控えめに。
  • お母さまやお子さまの衣装と色を合わせることで、家族写真が一層引き立ちます。
  • スーツは、普段着用するビジネススーツでも問題ありませんが、フォーマルスーツを用意している場合は、それを選ぶのも良いでしょう。

和装の場合のポイント

和装を選ぶ際の基本は、フォーマルさと家族の衣装とのバランスを保つことです。

着物の選び方

  • : 紺や黒が基本。洋服と同様、派手な色は避けること。
  • : 一般的には無地や落ち着いた柄が良いでしょう。

足元の選び方

  • 足袋と草履が基本。色は白や黒が無難です。
  • 七五三の参拝時には、草履を履くことが一般的です。

小物や帯の選び方

  • : 着物の色や柄に合わせて選びます。ご家族の衣装とのバランスも忘れずに。
  • 小物: 扇子やハンカチなど、基本的には控えめなアイテムを選びましょう。

和装を選ぶ際は、事前にレンタルの情報を確認するなど、準備が必要です。特に、初めて和装を選ぶ際は、着付けの方法や小物の選び方など、知っておくべきポイントが多いので、ガイドや専門家の意見を参考にすると良いでしょう。

七五三は家族の大切な思い出となる日。お父さまも自分の服装に気を使い、この特別な日をしっかりと祝う気持ちを忘れずに楽しみましょう。

アンティーク着物レンタルゆめやではお父さまの着物のレンタルも行っております。ここでは七五三のお父さまにおすすめの着物スタイルをご紹介いたします。

左端「明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き」は、着物では高級とされる大島紬のアンサンブルにベージュの袴を合わせています。華やかさもありながら落ち着いたお父さまを演出します。中央「亀甲十字の大島紬にひげ紬の羽織のアンサンブル」亀甲十字織りの大島紬は立体感もありおしゃれです。右端「泥染のマウスグレーに亀甲柄の大島紬アンサンブル」袴を着用しないアンサンブルスタイルは気軽に着物を楽しみたい方におすすめです。

パパが意識すべきポイント

お子さまやお母さまの服装との合わせ方

七五三は家族全員の大切な行事。主役はお子さまですが、お父さまの服装にも気をつけたいところです。この日の服装選びに迷ったら、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 家族の服装とのバランスを取る
    七五三の日の家族写真は、一生の思い出に。だからこそ、ご家族の服装との統一感を意識するのは大切。特に、お母さまやお子さまの和装に合わせて、父親もフォーマルな洋装やスーツを選ぶのが一般的です。色や柄の選び方も、家族とのコーディネートを心がけましょう。
  • 主役はお子さまであることを忘れずに
    お父さまの服装が派手すぎると、お子さまの着物や衣装が引き立たない恐れが。基本的には落ち着いた色のスーツやジャケットを選び、シャツやネクタイでアクセントをつけるのがおすすめ。
  • 色の選び方
    七五三の日には、多くのお父さまがグレーや紺、ブルーのスーツを選ぶことが多いです。お母さまやお子さまの着物の色に合わせて、スーツの色を選ぶのも良い方法です。
  • スーツの格を気にする
    七五三は格式のある行事。一般的にビジネススーツよりもフォーマルスーツがふさわしいのではないでしょうか。大きめのストライプの入ったものや、薄い色のスーツは避けるのが無難です。
種類説明おすすめの色
和装お子さまやお母さまの和装に合わせる白、黒、紺
フォーマルスーツ神社での参拝などにグレー、紺、ブルー
ビジネススーツカジュアルすぎないものダークグレー、黒

写真撮影時の注意点

七五三の写真撮影は、その日の思い出を残す大切なもの。お父さまは、以下のポイントを意識して準備をしましょう。

  • 主役はお子さま
    この日の主役はお子さまです。写真撮影時には、お子さまが最も良く映る位置や角度を選び、自分の位置を調整するのがコツ。
  • 明るい色のシャツやネクタイは避ける
    撮影時には、派手な色のシャツやネクタイは避け、基本的な白や淡い色のシャツを選ぶのがおすすめ。これにより、お子さまの衣装やお母さまの着物が引き立ちます。
  • 小物のチェック
    靴やベルト、ネクタイピンなどの小物も忘れずにチェック。特に靴は、汚れや傷が目立たないように前日に磨くなどの準備をしておきましょう。
  • 撮影のマナーを守る
    神社での撮影時には、他のご家族の撮影を邪魔しないように気をつける。また、神社のマナーガイドを事前に確認し、参拝時の服装や行動に注意を払うこと。

このように、お父さまも七五三の日に気をつけるポイントは多いですが、準備をしっかりと行い、ご家族みなさんで楽しむことが大切です。お子さまの成長を祝うこの特別な日を、素敵な思い出として残しましょう。

七五三の写真撮影と父親の服装

子供の成長をお祝いする行事、七五三。特に2023年は多くの家族がこの大切なイベントを迎えるでしょう。七五三は、3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝う行事ですが、その際には神社でのお参りや写真撮影が行われます。母親や子供の衣装には着物が選ばれることが多いのですが、父親の服装はどうすれば良いのでしょうか。今回は、七五三の写真撮影時の父親の服装に関する情報を紹介します。

撮影のタイミングと服装の選び方

七五三の撮影のタイミングですが、一般的にはお子さまの年齢に応じた時期に行われます。しかし、具体的な時期やマナー、料金の相場などは神社や撮影サービスにより異なるため、事前に確認が必要です。

そして、お父さまの服装の選び方のポイントを解説します。

スーツの選び方

  • 一般的にはフォーマルスーツがおすすめですが、ダークな色のビジネススーツでしたら、黒や紺、グレーなどが無難でしょう。
  • 派手な色や柄のスーツは避けるようにしましょう。主役はお子さまですから、主役を引き立てる格好がふさわしいです。
  • ストライプのスーツもOKですが、コントラストの強いものは避けた方が良いでしょう。

シャツとネクタイ

  • シャツは白や薄い色がおすすめです。
  • ネクタイの色や柄は、母親や子供の着物と合わせると統一感が出ます。ピンクや赤などの華やかな色を選びましょう。

靴と小物

  • 靴は黒のドレスシューズやビジネスシューズが無難です。靴下も黒が良いでしょう。
  • ベルトや時計などの小物も、派手すぎず落ち着いたものを選びましょう。

お母さまやお子さまが和装を着る場合、お父さまも和装にするのもおすすめです。気を付けたいのは、全体の雰囲気とバランスです。お母さまやお子さまの衣装と合わせて、適切な服装を選ぶことが大切です。

家族全員での記念写真の際のポイント

家族全員での記念写真は、一生の思い出となるもの。そこで、服装のコーディネートは特に重要です。

  • 全体の色合いを意識する
    撮影する場所や背景、そして家族の服装の色を考えて、全体の色合いを意識しましょう。例えば、お母さまがピンクの着物を選ぶなら、お父さまのネクタイやお子さまの小物もピンク系で合わせると良いでしょう。
  • フォーマル度を統一
    お母さまが格式のある着物を選んだ場合、お父さまも同じ格くらいのフォーマルなスーツを選ぶように心がけましょう。
  • アクセサリーや小物も忘れずに
    記念写真では、小物やアクセサリーもアクセントになりこだわりたいポイントです。特に、ネクタイやベルト、時計などは、全体の雰囲気を左右することがありますので、注意が必要です。

以上、七五三の写真撮影時の父親の服装についてのガイドでした。この大切なイベントを迎える際は、しっかりと準備をして、ご家族みなさんで素敵な一日を過ごしましょう。

七五三当日の服装のマナー

七五三と言えば、お子さまたちの成長をお祝いする日本の伝統的な行事です。そして、この大切な日には、家族一同で神社に参拝し、記念写真を撮ることが一般的です。そんな特別な日にふさわしい服装はどのようなものでしょうか。今回は、七五三の服装のマナーに関して詳しく解説していきます。

お詣りの際の服装のふさわしさ

お詣りは、神様にお子さまの健やかな成長を祈る大切な時間。そのため、参拝時の服装はとても重要です。お子さまだけでなく親御さまの衣装にも気をつけたいところですね。

和装

  • 子供: 着物や袴が一般的。7歳、5歳、3歳のお子さまに合わせた衣装
  • 母親: 訪問着や色無地など、華やかだけど落ち着いた雰囲気の着物
  • 父親: 紺や黒の羽織りと袴がおすすめです。

洋装

  • 子供: フォーマルなドレスやスーツ。ピンクやブルーなどの明るい色が多い
  • 母親: ワンピースやスーツ。派手すぎない色合いや柄を選ぶこと
  • 父親: ビジネススーツやフォーマルスーツ。ネクタイやベルトも忘れずに用意

参拝時の服装は、きちんとしたものを選ぶことが基本。また、靴は歩きやすいもの、特に子供はスニーカーやサンダルは避け、きちんとした靴を選んでください。

アンティーク着物レンタルゆめやではご自宅で着物の下見をしていただけるプランお母さま・お子さまと一緒にレンタルしていただけるプランなどご用意しております。ご家族みなさまでゆっくりと衣装選びをしてください。

家族や両親とのコーディネート

記念写真を撮る際や、家族写真を残すときには、家族全員の服装のバランスが重要です。

和装

  • 色や柄を揃えることで、統一感を出す
  • お父さまの着物やお母さまの帯、お子さまの着物の色を合わせるなど

洋装

  • 同じカラーや柄を選ぶことで、統一感を出す
  • お父さまのスーツの色、お母さまのドレスの色、お子さまのドレスやスーツの色を合わせる

コーディネートのポイントは、全員が同じテーマやトーンでまとめること。おしゃれでありながら、家族一丸となった雰囲気を出すことが大切です。

季節や料金に応じた服装選びのポイント

七五三は、11月15日前後に行われることが多いですが、地域や家族の都合によっては時期が前後することも。そのため、季節に応じた服装選びが必要です。

春夏

  • 涼しい素材の着物や薄い素材の洋服を選ぶ
  • 暑さ対策として扇子やうちわを持っていくことも

秋冬

  • 暖かい素材の着物や厚手の洋服を選ぶ
  • 寒さ対策として、ストールやカーディガンを持っていってもいいでしょう

料金に関しては、レンタルする場合と自宅で用意する場合で違いがあります。レンタルの場合、多くの選択肢があり、手軽に高品質な服装を楽しむことができます。一方、自宅で用意する場合、ご家族の手持ちの服や着物を利用することで、コストを抑えることが可能です。どちらの方法を選ぶかは、ご家族の予算や好みに応じて選んでください。

いずれの場合も、服装選びの際には、事前に確認や準備をしっかりと行うことが大切です。

以上、七五三の服装のマナーについての解説でした。この大切な日を、家族全員で楽しく迎えるための服装選びの参考にしていただければ幸いです。

まとめ

七五三での父親の服装の重要性

七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。この日の主役はもちろん、7歳、5歳、3歳のお子さまたちですが、家族全員がその記念の一部として写真に収められることも多いです。だからこそ、お父さまの服装選びもたいへん重要になります。

多くの方は、ビジネススーツやカジュアルな服を着ることが多いと思いますが、七五三の際には、少しフォーマル感のあるスーツや和装を選ぶことがおすすめです。フォーマルスーツの定番であるグレー、紺、ブルーなどのカラーは、神社でのお詣りや写真撮影時にもふさわしいです。

お母さまやお子さまが着物や洋装を選ぶ際、その色や柄とお父さまの服装とのバランスを考えるのも大切です。例えば、お母さまがピンクの着物を選んだ場合、父親はグレーのスーツや紺のビジネススーツを選ぶことで、全体の色合いが統一され、写真撮影時にも美しい雰囲気を演出することができます。

また、シャツやネクタイ、靴の選び方もポイントとなります。シャツは白や薄いブルーなどの落ち着いた色、ネクタイはストライプや無地、さりげない柄のものを選ぶと、派手すぎず、フォーマルな雰囲気を出すことができます。靴は黒やダークブラウンの革靴がおすすめです。アクセサリーやベルトもシンプルで品のあるものを選べば、おしゃれな印象を与えることができます。

まとめとポイントの再確認

七五三の準備は、ご家族全員での記念写真を残すため、お母さまやお子さまだけでなく、お父さまの服装も重要です。家族写真を見返すたびに、その日の気持ちや雰囲気を思い出すことができるよう、服装選びには十分な注意が必要です。

以下、ポイントを簡潔に再確認しましょう。

  • 主役はお子さまですが、お父さまの服装も写真撮影やお参りの際には大切です。
  • フォーマルスーツや和装の色選びは、ご家族とのバランスを考える。
  • シャツやネクタイ、靴の選び方も重要。品のあるものを選びましょう。

以上のポイントを意識して、七五三の際のお父さまの服装選びを楽しみながら、家族みんなで美しい思い出を作りましょう。

七五三は、お子さまの成長を祝う行事として、ご家族みなさんで楽しみたいものですね。この大切な日、家族全員がおしゃれに着飾って、記念の日を迎えるために参考になさってくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

漆黒の夜に花々の間を舞う蝶の七歳祝着【kod33】

【完全マスター】プロが解説! 七五三の着物の正しい着付け方ガイド

はじめに 七五三は、日本の伝統行事の中でも特に華やかで感慨深いものの一つです。大切なお子さまの成長を祝うこの日、晴れやかな気持ちで過ごすためには、前もっての準備や知識が大切。そこでここでは、七五三に関する基本的な流れやポ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!