【2024年最新版】七五三の髪飾りガイド!初心者向けヘアピン活用術

【2024年最新版】七五三の髪飾りガイド!初心者向けヘアピン活用術

はじめに

七五三は、子どもたちの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。この特別な日には、お子さまを美しく装うために、着物や髪飾りにこだわりたいもの。しかし、着物に詳しくない方にとって、どのような髪飾りを選べばよいのか、また、どのように髪に飾ればよいのかは、なかなか難しい問題です。この記事では、七五三にふさわしい髪飾りの選び方や、おすすめの髪飾りセット、そして髪飾りを使った簡単なヘアアレンジ方法についてご紹介します。

七五三の髪飾りには、花やリボン、正絹のつまみ細工、和装に合わせたヘアピンやかんざしなど、さまざまな種類があります。これらの髪飾りは、お子さまの年齢や着る着物の色、デザインに合わせて選びましょう。また、髪飾りを使ったヘアアレンジは、お子さまの髪の長さや好みに合わせて、簡単なものから少し手の込んだものまで、幅広く選ぶことができます。

この記事を通して、七五三の日にお子さまが一層輝くための髪飾り選びのポイントや、おしゃれなヘアアレンジ方法をお伝えします。着物に詳しくない方でも、この記事を読むことで、七五三の準備をより楽しく、そしてスムーズに進めることができるでしょう。

七五三の髪飾りの基本

七五三は、子どもたちの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。この日には、3歳、5歳、7歳の子どもたちが、華やかな着物を身にまとい、神社へと参拝します。着物姿を一層引き立ててくれるのが髪飾り。特に女の子の晴れ姿をかわいらしく彩ってくれるでしょう。ここでは、七五三における髪飾りの基本的な役割と、年齢に応じた選び方についてご紹介します。

髪飾りの役割

七五三で選ぶ髪飾りは、ただのアクセサリー以上の意味があります。髪飾りは着物の美しさを一層際立たせ、お子さまの純粋さや健康を象徴する大切な役割があるからです。髪飾りには、花やリボン、ヘアピンなど、さまざまな種類があり、それぞれが七五三の装いに華やかさを添えます。また、髪飾りは、お子さまの成長を祝う家族の愛情の表れでもあります。

年齢別・髪飾りの選び方(3歳と7歳の女の子向け)

七五三では、年齢によって着る着物や選ぶ髪飾りが異なります。女の子の七五三は3歳と7歳に行われるため、ここでは、3歳と7歳の女の子に適した髪飾りの選び方をご紹介します。

  • 3歳:この年齢の女の子は、ふわふわした髪型に小さな花の髪飾りやリボンを付けることが多いです。色とりどりの小さな花を使ったヘアピンや、柔らかい素材のリボンは、3歳の無邪気さを表現するのにぴったりです。また、髪の量が少ない子でも安心して使えるように、軽い素材のものを選ぶとよいでしょう。
  • 7歳:7歳の女の子は、七五三で最も華やかな着物を着る年齢です。そのため、髪飾りもより豪華なものを選びます。大きな花や豪華なドライフラワー、複数の素材を組み合わせたヘアアクセサリーが適しています。また、髪の長さに合わせて、大きめの簪やヘアピンを選ぶと、より一層の華やかさを演出できます。

ここでアンティークきものレンタルゆめやのお子さま向けかんざしをご紹介します。
左端「紅白の小花と藤の房下がりのつまみ細工かんざし」お子さまらしい紅白のつまみ細工は、3歳・7歳どちらのお子様でもご利用いただけます。日本髪風にまとめた髪に合わせてもいいですし、ふわふわとナチュラルなアップスタイルに合わせても可愛らしいです。中央「淡いピンクの梅や菊が集まったつまみ細工のかんざし」淡いピンクのかんざしは、赤也ピンクの着物の他、濃いめパープルや紺色の着物にも合わせることができます。右端「つまみ細工やレース造花のカラフルなかんざし(こども用)」ビビッドでカラフルなつまみ細工のかんざしは、黒や赤などはっきりした色の着物におすすめです。

年齢に応じた髪飾りの選び方を理解することで、七五三の日にお子さまがより一層輝くことができます。大切なのは、その子の個性や着物のスタイルに合わせて選ぶこと。お子さまの健やかな成長と幸せを願いながら、最適な髪飾りを選んでみてください。

髪飾りの種類と特徴

七五三は子どもたちが主役です。子どもたちをより一層輝かせるために、髪飾りは欠かせません。髪飾りにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。ここでは、髪飾りの中でも特に人気のあるヘアピンと簪(かんざし)、そして和装に合う髪飾りの素材と色の選び方について詳しく見ていきましょう。

ヘアピンと簪(かんざし)の違い

ヘアピンと簪(かんざし)は、七五三における髪飾りの中でも特に人気のあるものです。これらは見た目だけでなく、使用する際の目的や機能においても異なります。

ヘアピンは、その名の通りピン形状をしており、髪の一部を留めたり、髪型を固定するために使用されます。一方、簪は長い棒状であり、髪をまとめるのに役立つだけでなく、装飾品としての役割もあります。ヘアピンは洋服にも着物にも調和しますが、簪は着物に合わせることが多く、特に正絹の着物と組み合わせることで、その美しさが際立ちます。

ヘアピンは使いやすさから小さなお子さまにも人気があり、リボンや花などさまざまなデザインがあります。簪は、より格式の高い場にふさわしい髪飾りとされ、細工が施されたものや、貴重な素材で作られた高級なものも多くあります。

着物に合う髪飾りの素材と色選び

着物に合わせる髪飾りを選ぶ際には、素材と色の選び方が重要です。素材に関しては、正絹や木、金属、ドライフラワーなど、自然素材や伝統的な素材が好まれます。これらの素材は、着物の自然な美しさを引き立て、装いに深みを加えます。

色選びにおいては、着物の色や柄、季節に合わせて選ぶことがポイントです。例えば、七五三の時期には紅葉をイメージした赤やオレンジが美しいです。また、お子さまの年齢によっても選ぶ色が異なります。3歳の女の子には淡い色の髪飾りがよく似合い、7歳の女の子には少し落ち着いた色のものが適しています。

3歳のお子さまの祝着と髪飾りをご紹介します。赤ちゃんから子どもらしくなる3歳。まだまだ可愛らしい盛りですね。そんなお子さまには可愛らしい祝着を着せてあげたいものです。「アップルグリーンに羽子板、花手鞠の三歳祝着」こちらは、アップルグリーンの柔らかい色にオレンジ色が映えてナチュラルな雰囲気の祝着です。被布を朱赤で合わせることによりまた違った雰囲気にもなります。そんな着物に合わせる髪飾りも柔らかいお色がいいですね。「グラデーションの八重梅と絞りのぽんぽんのかんざし(こども用)」つまみ細工とぼんぼりの丸さが可愛らしさを一掃引き立てます。

大人っぽさにも憧れが出る、7歳のお子さま。シックな葡萄色の祝着はいかがでしょうか。「葡萄色の壺垂れ紋様にブルーグレーの花紋様の七歳祝着」葡萄色とグレーという落ち着いた色合いで大人顔負けの着物姿になります。そんな大人っぽい雰囲気の着物には、「菊と梅の花が紫色でまとめられた、つまみ細工のかんざし」こちらのような大きめのつまみ細工のかんざしをワンポイントでつけるのもおすすめです。

着物に合う髪飾りを選ぶ際は、全体のバランスを考えることが大切です。着物の色や柄、お子さまの年齢や性格に合わせて、最適な髪飾りを選びましょう。適切な髪飾りを選ぶことで、七五三の日の装いがより一層美しく、記憶に残るものになります。

七五三におすすめの髪飾りアレンジ

七五三では、お子さまをより一層輝かせるために、髪飾りにもこだわりたいものです。しかし、どのような髪飾りを選び、どのようにアレンジすればよいのか、迷われる方も多いでしょう。ここでは、自宅で簡単にできる髪飾りアレンジと、もう少し手間をかけて華やかに仕上げるプロのアレンジ方法をご紹介します。

自宅で簡単にできる髪飾りアレンジ

最初に自宅で簡単にできる髪飾りアレンジを紹介します。髪飾りを使って簡単にアレンジができるため、七五三当日の慌ただしい中でも、かわいらしく仕上げることができます。まずは、基本となるヘアスタイルを決めましょう。七五三では、お子さまの髪を一つにまとめる「お団子ヘア」や、髪を半分に分けて下ろす「ハーフアップ」が人気です。髪の長さによってアレンジを決めましょう。

お団子ヘアには、大きめの花の髪飾りや、華やかなリボンを組み合わせると、一層の華やかさを演出できます。ハーフアップの場合は、小さめの花やヘアピンを散りばめることで、上品で優雅な印象に。どちらのスタイルも、ヘアピンやゴムを使って基本形を作り、その上から髪飾りを付け加えることで、簡単に美しいアレンジが完成します。

プロによる仕上がりのような髪飾りアレンジ

もう少し手間をかけて、プロのような華やかな髪飾りアレンジに挑戦してみませんか?このアレンジでは、まず髪のボリュームを出すことから始めます。軽くカールを加えたり、ボリュームスプレーを使用したりして、髪にふんわりとした動きをつけると、髪飾りがより一層引き立ちます。

次に、着物に合わせた髪飾りを選びます。七五三の着物には、正絹やつまみ細工の繊細な髪飾りが似合います。特に、赤や紫などの鮮やかな色の髪飾りは、着物の色と相まって、華やかな印象を与えてくれます。また、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使った髪飾りは、ナチュラルで優しい雰囲気を演出し、写真映えも抜群です。

アレンジのポイントは、髪飾りを均等に配置すること。特に、後ろ姿が美しく見えるように、髪飾りを後頭部やサイドにも配慮してつけるとよいでしょう。最後に、全体のバランスを見ながら、細かい調整を行います。プロのようなアレンジは少し時間がかかりますが、お子さまの七五三をより特別なものにするために、ぜひ挑戦してみてください。

七五三の髪飾りについての疑問

七五三の準備をする際、特に初めての方にとって、髪飾り選びやその使用方法に関する疑問や不安があるのは自然なことです。ここでは、七五三の髪飾りに関するよくある疑問に答えていきます。

髪が短い子でも大丈夫?髪飾りの工夫

髪が短い女の子でも、七五三で髪飾りを楽しむことは十分可能です。髪の長さに合わせた工夫を凝らすことで、どんな髪型にも合うすてきなスタイルを作り出すことができます。

  • ヘアバンドやヘアピンの活用:髪が短い場合、ヘアバンドや小さめのヘアピンを使うとよいでしょう。これらは髪にしっかりと固定でき、動きが多いお子さまにも安心です。また、ヘアバンドは髪を華やかに見せることができるので、七五三の装いにぴったりです。
  • つまみ細工や小花のアクセサリー:つまみ細工の小さな花や、小花をあしらったヘアピンも短い髪にはおすすめです。色とりどりの花を使うことで、和装に合わせた華やかな印象を与えることができます。
  • リボンを使ったアレンジ:リボンを使って、髪の後ろで小さなリボンを結ぶのもかわいらしいアレンジです。リボンの色を着物や帯の色に合わせると、統一感のある装いになります。

髪飾りを長時間キープするコツ

七五三の日は、朝から夕方まで長時間にわたり、写真撮影やお参りなどで忙しいものです。そんな中で髪飾りをきれいにキープするには、いくつかのポイントがあります。

  • 固定をしっかりと:ヘアピンやかんざしを使う場合は、髪飾りがずれないようにしっかりと固定しましょう。特に、動きが活発なお子さまの場合は、安全性も考慮してしっかりと留めることが重要です。
  • ヘアスプレーの使用:髪飾りをセットした後、ヘアスプレーを軽く吹きかけると、形が崩れにくくなります。ただし、お子さまの髪に使用する場合は、肌に優しいものを選ぶようにしてください。
  • 予備の髪飾りを用意する:万が一のために、予備の髪飾りを用意しておくと安心です。小さなヘアピンやリボンなど、簡単に付け替えられるものを選ぶとよいでしょう。

これらの工夫を凝らすことで、七五三の一日を通して、お子さまの髪飾りを美しく保つことができます。大切な一日を、最高の状態で迎えられるように準備をしましょう。

七五三の前撮りにおすすめの髪飾り

七五三の前撮りは、お子さまの成長を祝う大切な瞬間を残す特別なイベントです。この日のために選ぶ髪飾りは、着物と調和し、お子さまのかわいらしさを一層引き立てる重要な役割を果たします。ここでは、前撮りにふさわしい髪飾りの選び方と、特におすすめの髪飾りをご紹介します。前撮りの写真を見返すたびに、その時の感動が蘇るような、特別な髪飾りを選んでみましょう。

前撮りで映える髪飾りの選び方

前撮りで映える髪飾りを選ぶには、いくつかのポイントがあります。まず、着物の色や柄に合わせて、髪飾りを選ぶことが大切です。例えば、着物が華やかな柄であれば、シンプルな髪飾りが良く、逆に着物がシンプルな場合は、華やかな髪飾りでアクセントをつけるとバランスが取れます。

また、お子さまの年齢に合わせたサイズやデザインを選ぶことも重要です。3歳のお子さまであれば、小さめの花やリボンを使った髪飾りが可愛らしく映ります。7歳のお子さまであれば、少し大きめの花や、つまみ細工のような伝統的な技法で作られた髪飾りが似合います。

さらに、前撮りの場所や背景にも注目しましょう。自然光の下での撮影であれば、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使った髪飾りが自然と調和し、美しい写真になります。スタジオ撮影であれば、光の反射を考慮して、キラキラと輝く小物を加えると、より華やかな印象になります。

前撮りにおすすめの特別な髪飾り

前撮りに特別な髪飾りを選ぶことで、お子さまの晴れ姿をより一層引き立てることができます。ここでは、前撮りに特におすすめの髪飾りをいくつかご紹介します。

  • つまみ細工の髪飾り:伝統的な技法で作られたつまみ細工の髪飾りは、繊細で上品な美しさが特徴です。小さな花を一つ一つ手作りでつくり上げることで、他にはない特別感を演出できます。
  • 正絹のリボン:正絹で作られたリボンは、光沢があり、着物との相性も抜群です。色や柄を着物に合わせて選ぶことで、統一感のある装いになります。
  • 着物に合うドライフラワー:ナチュラルな雰囲気を好む方には、ドライフラワーを使った髪飾りがおすすめです。季節感を取り入れることができ、温かみのある写真に仕上がります。

これらの髪飾りは、前撮りだけでなく、七五三当日にも使用できるため、一石二鳥です。お子さまの髪型や好み、着物のスタイルに合わせて、最適な髪飾りを選んでください。大切な一日を美しく彩る髪飾りで、忘れられない思い出を作りましょう。

七五三の髪飾りを長く使うための保管方法

七五三の髪飾りは、その日だけの特別なアイテムではありますが、適切に保管すれば何度も使うことができます。特に、高品質な素材で作られた髪飾りは、妹や親族など次の世代へと受け継ぐこともできます。大切な思い出と共に、髪飾りを長持ちさせるための正しいお手入れ方法と保管時の注意点をご紹介します。

髪飾りの正しいお手入れ方法

七五三の髪飾りを長く美しく保つためには、使用後のお手入れが非常に重要です。特に、花やリボン、正絹や細工物を含む髪飾りは、丁寧な扱いが必要です。

  • ホコリや汚れを取り除く:使用後は、柔らかいブラシや乾いた布で、ホコリや汚れを優しく取り除きます。ドライフラワーや造花の場合は、柔らかいメイク用のブラシなどを使ってみてください。
  • 形状を整える:リボンや布製の飾りは、形が崩れていないか確認し、必要に応じて軽くアイロンをかけて形を整えます。素材によっては直接アイロンを当てずに、布を間に挟むようにしてください。
  • 湿気を乾かす:湿気を避け、風通しの良い場所で自然乾燥させます。色あせや素材の傷みの原因となるため、直射日光は避け、陰干しをしましょう。

髪飾りの保管時の注意点

髪飾りを保管する際には、以下の点に注意してください。

  • 湿気を避ける:湿気はカビや素材の劣化の原因となります。防湿効果のあるケースや、乾燥剤を一緒に入れておくとよいでしょう。
  • 圧迫を避ける:他の物に圧迫されないように、髪飾り専用の箱や袋に入れて保管します。特に、形が崩れやすい飾りや、細工物は、形を保つために、柔らかい布などを一緒に入れると効果的です。
  • 直射日光を避ける:色あせを防ぐため、直射日光の当たらない場所で保管してください。また、温度変化が激しい場所も避けると、素材の劣化を最小限に抑えられます。

これらのお手入れと保管方法を守ることで、七五三の髪飾りを長く、次の機会や次の世代にも引き継ぐことができます。大切な記念日のアイテムを、長く愛用しましょう。

まとめ

七五三のお祝いは、子どもたちの健やかな成長を願う大切な日です。この特別な日に、子どもたちをより一層輝かせるのが髪飾りです。本記事では、七五三における髪飾りの選び方から、年齢別のアレンジ方法、そして保管方法に至るまで、幅広く情報をご紹介しました。ここで、重要なポイントを改めておさらいしましょう。

七五三の髪飾り選びでは、まず、お子さまの年齢に合ったスタイルを選ぶことが大切です。3歳の女の子には小さめの花やリボンを使った飾りが、7歳の女の子には少し大きめの花や伝統的な簪(かんざし)を使った飾りが似合います。また、髪飾りを選ぶ際には、着物の色や柄との調和も考慮する必要があります。着物に合わせる髪飾りは、色合いが重要で、着物がシンプルな場合は華やかな飾りでアクセントをつけるとよいでしょう。

髪飾りのアレンジ方法については、基本的なヘアスタイルから始め、慣れてきたら徐々に複雑なアレンジに挑戦するのがおすすめです。簡単なヘアピンの使い方から、プロの技を取り入れたアレンジまで、お子さまの髪質や長さに合わせて選びましょう。また、髪飾りを長時間キープするためのコツとして、しっかりと固定するための小物の使用や、髪型を整えるためのスプレーなどが役立ちます。

最後に、髪飾りは正しく保管することで、長く美しさを保つことができます。使用後は、汚れを優しく拭き取り、直射日光を避けた涼しい場所に保管してください。また、形を保つために、適切な箱や袋に入れて保管することが推奨されます。

七五三の髪飾りは、子どもたちの晴れの日をさらに特別なものにします。適切な髪飾りを選び、美しいアレンジを施すことで、子どもたちの笑顔が一層輝くことでしょう。この記事が、七五三の準備をする皆さんのお役に立てれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kasya.jp/blog/blog-15570/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

深緋色のぼかし辻が花の振袖【fui05】

【最新】顔合わせで振袖レンタルを利用するメリット&選び方のポイント

はじめに 顔合わせは、結婚式に向けての重要なイベントの一つです。この特別な日に、花嫁となる方は美しい振袖姿で両家の顔合わせに臨むことになります。しかし、振袖は購入すると高価なもの。そこで、最近では振袖レンタルという選択肢 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!