【プロ監修】袴と襟(衿)の合わせ方は?卒業式に映える組み合わせ方

【プロ監修】袴と襟(衿)の合わせ方は?卒業式に映える組み合わせ方

はじめに

和装の魅力はその深い歴史と伝統にあります。特に、衿は和装のコーディネートを左右する重要な要素となっています。この記事では、衿の重要性やその魅力について、詳しくお伝えします。多くの方は、着物や袴を成人式や卒業式など、特別な日に着るものとして認識しているかと思います。しかし、その背景にはどのような意味や役割があるのでしょうか。

和装の魅力はその細部に宿るもの。この記事を通して、袴と衿の魅力や重要性について深く理解し、次回和装を着る際には、新しい視点で楽しんでいただければと思います。

袴と衿(襟)について

袴は、主に成人式や卒業式といった特別な日に着る和装の一つです。一方、衿は着物全体のデザインや印象を大きく左右する部分といえます。

袴と衿のポイント

  • 衿は、袴の全体のデザインや印象を左右する。
  • 袴と衿の組み合わせにより、さまざまなスタイルや雰囲気を楽しむことができる。

袴と衿について理解することで、袴や着物の魅力をより深く感じられ
るでしょう。袴の選び方やコーディネートの際にも、この特徴を意識することで、よりすてきな和装スタイルを楽しむヒントになります。

和装における衿(襟)の役割と魅力

和装における衿は、そのデザインや色、柄によって、全体の印象を大きく変えられます。たとえば、レトロな雰囲気を出したい場合や、華やかな印象を求める場合など、衿の選び方や色の組み合わせによって、さまざまなスタイルを表現できます。

衿の役割

  • 和装全体のバランスを整える。
  • 着物や袴のデザインを引き立てる。
  • 着る人の個性や好みを反映する。

衿の魅力

  • 色や柄の組み合わせにより、無限のバリエーションを楽しめる。
  • 小物や帯とのコーディネートで、さらに個性的なスタイルを演出できる。
  • 和装をより深く楽しむための要素となる。

衿の役割や魅力を知ることで、和装を着る際の楽しみや選び方の幅が広がります。特に、初めて和装を着る方や、和装に詳しくない方は、この衿の部分に注目すると、自分らしい和装スタイルを見つけられるでしょう。

ここでご紹介する袴コーディネート「明るい水色に花丸紋様の小振袖」はレース地を重ねた半衿に、ワイン色の袴と同じ色の重ね衿をコーディネートしています。衿元に濃い色を合わせると袴姿全体が引き締まります。そして袴と同じ色ですと、統一感が出ますね。

袴とは何か: 基本知識

和装の世界は、その独自の美しさと深い歴史に満ちています。中でも、袴は特別な場面での着用が多い和装の一つとして知られています。この章では、袴の起源や歴史、男性と女性の袴の違い、さらには袴の種類について詳しくご紹介します。

袴の起源と歴史

袴は、日本の伝統的な衣服として長い歴史を持っています。もともとは男性が着用していたもので、平安時代には貴族の男性の日常着として着用され、その後宮中に勤める位の高い女官が着用するようになりました。明治時代には、女学生の制服として多くの女性が袴を着るようになり、現在では成人式や卒業式など、特別な日に女性が着ることが一般的となっています。

袴の歴史のポイント

  • 平安時代に男性の日常的な衣装として登場。
  • 江戸時代には武士や侍が袴を着用。
  • 明治時代以降、一般女性も袴を着用するようになった。

袴の歴史を知ることで、現代の袴の形やデザイン、色などがどのように進化してきたのか、その背景を感じることができるでしょう。

男性と女性の袴の違い

男性と女性の袴には、いくつかの違いがあります。男性の袴は、シンプルで落ち着いた色や柄が多いのに対し、女性の袴は華やかな色やデザインが特徴的です。また、男性の袴は直線的なデザインが多いのに対して、女性の袴は広がりのあるデザインが多いです。

男性の袴のデザイン女性の袴のデザイン
色や柄落ち着いた色華やかな色
デザイン直線的広がりのある形
用途結婚式や式典卒業式や成人式

男性と女性の袴の違いを知ることで、それぞれの袴の魅力や特徴をより深く理解できます。

袴に合わせる着物の種類: 振袖、小紋、付け下げなど

袴に合わせる着物はさまざまな種類があります。振袖は、成人式などでよく着られる着物で、長い袖が特徴的です。小紋は、シンプルな柄の着物で、日常的に着用されています。訪問着は、結婚式などのフォーマルな場面で着られる着物で、華やかなデザインが特徴的です。

袴に合わせる着物の種類と特徴

  • 振袖: 長い袖が特徴。成人式などで着られる。
  • 小紋: シンプルな柄。日常的に着ることができる。
  • 訪問着: 華やかなデザイン。結婚式などのフォーマルな場で着られる。

着物の種類や特徴を知ることで、自分の好みやシーンに合わせて着物を選べるようになります。また、和装の魅力をさらに深く感じられるでしょう。

和装の世界は、その深い歴史や独自の美しさに魅了される方も多いです。袴の起源や男性と女性の袴の違い、さらには袴に合わせる着物の種類など、和装の基本的な知識を学ぶことで、和装をより楽しめます。

ここでは振袖+袴のコーディネートと小紋+袴のコーディネートをご紹介します。

左端「綺麗なワインレッド地に花薬玉の振袖」袖の長い振袖を合わせると豪華さがありますね。振袖を合わせる場合は袴は無地がおすすめです。袖の長い部分が袴の柄にかかってくる可能性がありますので。中央「グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた小紋」全体的に柄の入った小紋の着物に袴を合わせると華やかさがあります。柄が多い小紋の場合、袴は無地または裾模様にされることをおすすめします。右端「珊瑚色に花々が染められた小紋」可愛らしいピンク色の小紋に白の袴を合わせると可愛らしくなります。また、黒や紺の袴を合わせると上品なコーディネートになります。

着物の衿(襟): 和装の主役

和装における着物は、その美しさと格式を持つアイテムとして知られていますが、実はその着物の美しさを引き立てる大切な要素があります。それがです。この章では、着物の衿に焦点を当て、その種類や特徴、そして選び方について詳しくご紹介します。

衿(襟)の種類と特徴: 重ね衿など

和装にはさまざまな衿の種類があります。特に、袴や着物に合わせる衿は、その種類や特徴によって、異なる印象を与えます。

  • 半衿(はんえり): 長襦袢に縫い付けて使用する衿で、白や色つきのものがあります。
  • 伊達衿(重ね衿): 装飾的な要素として使用される衿で、主に振袖や訪問着に使われます。

衿の種類や特徴を知ることで、それぞれの和装に適した衿の選び方や、その魅力を深く理解できます。

衿(襟)の色と柄の選び方

衿の色や柄の選び方は、袴や着物の全体の印象を大きく左右します。たとえば、成人式や卒業式などの華やかな場面では、金色や赤、紫などの鮮やかな色の衿を選ぶことで、一層の華やかさを加えられます。一方、日常の着物やレトロな雰囲気を楽しむ場合は、グレー、青、白などの落ち着いた色の衿がおすすめです。

  • 華やかな場面: 金色、赤、紫
  • 日常やレトロ: グレー、青、白

着物や袴に合わせる衿の色や柄は、そのシーンやスタイル、また個人の好みに合わせて、さまざまな選択肢があります。自分らしい衿の色や柄を選ぶことで、和装の楽しみをさらに深められます。

和装小物と衿(襟)の組み合わせ: アクセサリーや飾りの役割

袴や着物の衿は、その単体の美しさだけでなく、和装小物との組み合わせによって、さらに魅力的なスタイルを作り上げられます。たとえば、帯揚げや帯締め、そして帯飾りやアクセサリーなど、さまざまな和装小物を衿と合わせてコーディネートすることで、独自のスタイルや印象を演出できます。

  • 帯揚げ: 衿と同じ色や柄のものを選ぶことで、統一感のあるスタイルを作れます。
  • 帯締め: 衿の色とは異なる、アクセントとなる色のものを選ぶことで、ポイントとして効果的です。
  • 帯飾りやアクセサリー: 衿の色や柄に合わせたものを選ぶことで、さらに華やかな印象を演出することができます。

和装小物と衿の組み合わせは、その選び方やコーディネートの方法によって、和装の魅力をさらに引き立てられます。自分の好みやスタイルに合わせて、和装小物と衿の組み合わせを楽しむことで、和装の世界をさらに楽しめるでしょう。

ここでは、袴に合わせる小物(半幅帯・重ね衿・バッグ)をご紹介します。

半幅帯は着物・袴とセットになっていることが多く見える部分も2〜3cmほどですので、差し色として色選びすることをおすすめします。襟の中でも長襦袢に縫い付けている半衿は無地の白が一般的ですが、写真のように白や金で刺繍が施されたものも人気があります。バッグも袴コーディネートには欠かせない小物です。「乳白色に赤い椿のビーズバッグ」はシックな袴コーディネートに合わすとバッグが引き立ちポイントとなります。明るめの袴コーディネートに合わすとさりげなく着物を引き立てます。

袴の色と柄の選び方

和装の中でも袴の魅力は、その色と柄の組み合わせによってさまざまな表情を持たせられることです。袴の色や柄の選び方には、そのシーンや季節、また個人の好みや体型に合わせてコーディネートすることが大切です。この章では、袴の色と柄の基本的な知識や選び方について、詳しくご紹介します。

色の基本: 赤、白、黒、紫、緑などの意味

袴や着物の色は、ただ美しいだけでなく、それぞれの色が持つ意味や象徴するものがあります。

  • : 赤は華やかさを象徴する色として、成人式や結婚式などのお祝いの場面でよく選ばれます。魔除けや厄除けの意味をもつ、パワーあふれる色です。
  • : 白は純粋さや清潔を意味し、結婚式の白無垢は、けがれのない花嫁の純真さをあらわしています。
  • : 黒は格式や落ち着きを表現する色で、訪問着や留袖などの格式のある和装によく用いられます。
  • : 紫は貴族や上品さを象徴する色として、特別な場面や格式のある場での着用が適しています。
  • : 緑は自然や若々しさを表現する色で、春や夏の季節に合わせて選ぶことが多いです。

これらの色を選ぶ際には、その場面やシーン、また自分自身の好みやイメージに合わせて、最適な色を選ぶことが大切です。

袴の色選びは着物との調和を左右する重要なポイントです。ここではゆめやおすすめの袴をご紹介しましょう。

左端「濃紅色の無地の袴 (M)」華やかさを象徴する赤の袴は晴れの日にはふさわしいお色です。黒や紺の濃いめの着物に合わせることで一層華やかさが出ますね。中央「生成り色の無地の袴 (M)」清潔感のある白の袴は、どんな色の着物にも合わせやすいです。右端「抹茶色の無地の袴 (M)」和風感あるモスグリーンの袴はからし色やエンジ色、オフホワイトなど、くすみカラーのん着物に合わせるとレトロ感のある袴コーディネートになります。

和装の柄: 菊、桜、小花、地紋などの特徴と選び方

袴や着物の柄は、その繊細さや美しさで和装の魅力を引き立てます。特に、以下のような柄は、和装の代表的なものとして知られています。

  • : 菊は長寿や幸福を象徴する柄で、お祝いの場面などでよく選ばれます。
  • : 桜は春の訪れや儚さを表現する柄で、春の季節に合わせての着用がおすすめです。
  • 小花: 小花の柄は、日常の着物やカジュアルな場面での着用に適しています。
  • 地紋: 地紋は着物を織り方でつける繊細な模様が特徴で、格式のある和装や特別な場面での着用が適しています。

これらの柄を選ぶ際には、その場面やシーン、また自分自身の好みやイメージに合わせて、最適な柄を選ぶことが大切です。

シーズン別の袴の選び方: 春秋、冬、夏

袴の選び方は、その季節によっても異なります。以下に、各季節に合わせた袴の選び方をご紹介いたします。

  • 春秋: 春や秋の季節には、桜や菊などの季節の花をあしらった柄や、落ち着いた色合いの袴がおすすめです。
  • : 冬の季節には、暖かみのある色合いや、雪や松などの冬を感じさせる柄の袴が適しています。
  • : 夏の季節には、さわやかな色合いや、涼しげな柄の袴を選ぶことで、夏の和装を楽しめます。

季節に合わせて袴を選ぶことで、その時期ならではの和装の魅力を最大限に引き立てられます。

卒業式におすすめの袴と衿(襟)の組み合わせ

卒業式は、学生生活の大きな節目となる特別な日です。そのため、袴や和装の選び方には特にこだわりたいですよね。今回は、卒業式にピッタリの袴と衿の組み合わせについて、詳しくご紹介します。

卒業式の袴のトレンドとポイント

近年の卒業式では、伝統的な和装だけでなく、モダンな要素を取り入れた袴も人気です。特に、以下のようなトレンドが見られます。

  • : モダンな袴では、従来の赤や白、黒だけでなく、グレーなどの落ち着いた色合いや、金色や青などの鮮やかな色が人気です。
  • : 菊や桜などの伝統的な柄に加え、小花や地紋など、繊細で洗練された柄の袴も増えています。
  • 小物: 和装小物として、半幅帯や半衿などを上手に取り入れることで、袴の印象を一新できます。

卒業式の袴を選ぶ際のポイントとしては、自分の体型や好み、またその日の気候や校風などに合わせて、最適な袴を選ぶことが大切です。

和装とフォーマルのバランス: 上品な組み合わせの秘訣

卒業式は、フォーマルな場面であるため、和装の選び方には注意が必要です。特に、以下のようなポイントを押さえることで、上品な組み合わせを作り出せます。

  • : 落ち着いた色合いの袴や、淡い色の袴を選ぶことで、フォーマルな場面にもふさわしい印象を持たせられます。
  • : 菊や桜などの伝統的な柄は、卒業式においても定番です。しかし、小花や地紋などの繊細な柄も、上品な印象を与えられます。
  • 小物: 半幅帯や半衿などの和装小物を取り入れることで、袴の印象を一層引き立てられます。

和装とフォーマルのバランスを取ることで、卒業式においても、自分らしい和装を楽しめます。

着付けのポイント: 衿(襟)の付け方や重ね方

卒業式の袴をより美しく見せるためには、着付けの方法にも工夫が必要です。特に、衿の付け方や重ね方には、以下のようなポイントがあります。

  • 衿の付け方: 衿は、着物のラインに沿ってきれいにつけることが大切です。特に、半衿や衿の重ね方に注意を払うことで、袴の印象を一層引き立てられます。
  • 衿の重ね方: 衿の重ね方によっても、袴の印象が大きく変わります。重ね衿を差し色として取り入れることで、卒業式にふさわしい印象を持たせられます。

着付けの方法によっても、袴の魅力を最大限に引き立てられます。卒業式の日には、自分らしい和装で、特別な一日を楽しんでください。

袴と衿(襟)のお手入れと保管方法

和装は日本の伝統的な服装であり、特別な場面でのみ身につけることが多いです。そのため、適切なお手入れと保管方法を知っておくことで、長く美しい状態を保てます。この章では、袴と衿のお手入れや保管のポイントについて詳しく解説します。

正絹や縮緬の袴のお手入れ方法

正絹や縮緬の袴は、その質感や光沢が魅力的ですが、お手入れ方法を間違えると、傷んでしまいます。以下のポイントを参考に、正絹や縮緬の袴のお手入れを行いましょう。

  • 汚れた場合: 汚れた場合は、すぐに乾いた布でやさしく汚れを取り除きます。水や洗剤は使用せず、必要に応じて専門のクリーニング店に持ち込むことをおすすめします。
  • 保管時の注意: 直射日光を避け、風通しの良い場所で保管しましょう。また、湿度を一定に保つため、除湿剤と一緒に保管すると良いでしょう。
  • シワの取り方: シワがついた場合は、中温でアイロンをかけることでシワを取りのぞけます。ただし、アイロンの熱が直接当たらないように、薄い布を挟んでからかけることが大切です。

衿(襟)の形を保つためのポイント

和装の美しさを引き立てる衿の形を保つためのポイントを以下にまとめました。

  • 衿の形状: 衿の形状を整えるためには、着る前に衿をきちんと整え、着物を着る際に衿が崩れないように注意が必要です。
  • アイロンの使用: 衿にシワがついた場合、アイロンを使ってシワを伸ばします。ただし、直接アイロンを当てるのではなく、薄い布を挟んでからかけることで、衿を傷めずにシワを取れます。

和装を長持ちさせるための保存方法

和装を長持ちさせるための保存方法についてのポイントをご紹介します。

  • 風通し: 和装は風通しの良い場所での保管が最適です。直射日光や湿度が高い場所は避け、定期的に風を通してあげると良いでしょう。
  • 除湿: 和装の保存場所には、除湿剤や防虫剤を置くことで、湿度を一定に保ち、虫害を防げます。
  • 和装のたたみ方: 和装をたたむ際は、シワを伸ばしながら丁寧にたたむことが大切です。また、定期的にたたみ直すことで、シワを予防できます。

袴や和装は、適切なお手入れと保管方法を守ることで、長く美しい状態を保てます。大切な和装を守るために、上記のポイントを参考に、日常のお手入れや保管を心がけてください。

まとめ

袴は日本の伝統的な文化を体現するものであり、多くの方が人生の大切な節目である成人式や卒業式などの特別な日に身に着けます。その際、袴や衿の選び方、お手入れや保管方法など、気をつけるべきポイントが多数存在します。この記事を通して、それらのポイントを詳しく解説してきましたので、最後にその要点をまとめ、和装をより長く、そして美しく楽しむためのアドバイスをお伝えします。

袴と衿(襟)を選ぶ際の注意点

袴や衿を選ぶ際には、以下の点に特に注意を払いましょう。

  • 色の選び方: 袴や衿の色は、その人の雰囲気や好み、そして着るシーンに合わせて選ぶことが大切です。特に成人式や卒業式では、自分らしさを表現するための要素として色を選ぶことがおすすめです。
  • 柄の選び方: 袴や衿の柄も、色同様に大切な要素です。季節やシーンに応じて、華やかな柄やシンプルな柄を選ぶことで、和装の魅力を引き立てられます。
  • 素材の選び方: 袴や衿の素材は、その質感や風合いが大切です。特に正絹や縮緬などの高級な素材は、その光沢や質感が魅力的ですが、お手入れや保管には注意が必要です。

和装を楽しむためのアドバイス

和装をより楽しむためのアドバイスとして、以下の点を心がけてください。

  • 自分らしさを大切に: 和装は、自分自身を表現するためのものです。そのため、自分らしい色や柄、スタイルを選ぶことで、和装の楽しさをより深く感じられます。
  • お手入れと保管の大切さ: 和装は適切なお手入れと保管を行うことで、長く美しい状態を保てます。そのため、定期的なお手入れや、適切な保管方法を心がけることが大切です。
  • 和装の知識を深める: 和装に関する知識を深めることで、その魅力や楽しさをより深く感じられます。書籍やワークショップなどを通して、和装の知識を深めることをおすすめします。

最後に、和装は日本の伝統的な文化を体現するものです。そのため、その魅力や楽しさを知り、大切にすることで、より豊かな人生を送ることができるでしょう。これからも、和装を楽しみながら、その魅力を存分に味わってください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

成人式前撮りイメージ

【やっぱり振袖を着たい!】​25歳での後撮り:撮影準備のポイント

はじめに 振袖という言葉を聞いたときに、多くの方は20歳の成人式をイメージなさるのではないでしょうか。ですが、近年、25歳の女性が振袖を着て写真撮影を行う「後撮り」が注目されています。成人式は特別なイベントですが、25歳 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!