成人式前撮りイメージ

【やっぱり振袖を着たい!】​25歳での後撮り:撮影準備のポイント

はじめに

振袖という言葉を聞いたときに、多くの方は20歳の成人式をイメージなさるのではないでしょうか。ですが、近年、25歳の女性が振袖を着て写真撮影を行う「後撮り」が注目されています。成人式は特別なイベントですが、25歳の後撮りはまた違った魅力があります。この記事では、25歳での振袖後撮りの魅力と、成人式とは異なる新しい思い出作りについてご紹介します。

25歳での振袖後撮りの魅力

25歳は成人してから数年経った、大人としての自分を感じることができる大切な時期です。振袖を再び着ることで、成人式の時とは違う自分の姿を残すことができます。特に、髪やメイク、小物選びなど、25歳ならではの大人の女性としてのセンスを取り入れることが可能です。

  • 成熟した魅力を引き出す: 20歳の成人式とは違い、25歳の女性はもう少し落ち着いた雰囲気や成熟した魅力を持っています。その姿を振袖で写真に残すことは、特別な思い出となるでしょう。
  • 自分らしいスタイルを楽しむ: 成人式当日はバタバタとした中での撮影となることも少なくありませんが、後撮りならば自分のペースで、好きなスタイルやポーズで撮影を楽しむことができます。
  • 多彩な背景とのコラボ: 25歳の後撮りならではの魅力として、スタジオだけでなく、ロケーション撮影も選ぶことができます。思い出の場所や、自然の中での撮影など、背景とのコラボレーションを楽しむことができます。

25歳になったからこそ着こなせる振袖がありますよね。冒頭でご紹介した「たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖」は、衝撃の総手刺繍の作品です。昭和時代のアンティーク色振袖で、手描きの上に手刺繍が施され、着物の表面が盛り上がるほど。前には鳳凰と鶴、後ろには獅子・松・波・雲・橘・葵・梅などが描かれています。この上品な振袖は、少し経験と年を重ねた25歳の女性にお似合いですよ。

成人式とは別の思い出作り

成人式は一生に一度の特別なイベントですが、25歳の後撮りもまた、人生の中での大切な1ページとなるでしょう。振袖を着ることで、再び20歳の時の気持ちを思い出し、25歳という新しい節目を迎える自分を振り返ることができます。

  • 自分のペースでの撮影: 成人式当日は多くの予定や友達との約束、さまざまなイベントなどがあり、写真撮影の時間が限られていることも。ですが、後撮りならば、自分のペースでゆっくりと撮影を楽しむことができます。
  • 成人式以外の思い出: 20歳の成人式は、家族や友人との思い出が中心となりますが、25歳の後撮りは、自分自身と向き合い、自分を中心にした撮影となるため、新しい思い出を作ることができます。
  • 選べる振袖: 25歳の撮影では、成人式当日とは違った振袖を選ぶことができます。新しい色や柄、流行のデザインなど、違った自分を表現することができます。

振袖という日本の伝統的な衣装を再び身にまとい、25歳の新しい自分を写真に残すことは、一生の思い出となるでしょう。成人式とは違った、新しい節目の記念として、後撮りを検討してみてはいかがでしょうか。

25歳での振袖後撮りとは?

25歳という節目の年齢に再び振袖をまとい、写真に残す。それが25歳での振袖後撮りです。20歳の成人式とはまた異なる、大人の魅力を引き出しながらの撮影となります。成人式の日のあの緊張や、友達とのワイワイした時間も良い思い出ではありますが、25歳の後撮りはそれとは一味違った特別な時間を楽しむことができます。

後撮りの基本的な流れ

後撮りは、基本的には成人式や前撮りと同様の流れで進められますが、25歳という年齢ならではの自由度の高さが魅力となります。

  • 予約: 撮影スタジオやカメラマンを選び、希望の日時を予約します。
  • 振袖の選び方: レンタルする場合や、成人式当日に着用したものを使用する場合など、いくつかの方法が考えられます。色や柄を選ぶ際は、25歳ならではの大人っぽさや流行を取り入れるのも良いでしょう。
  • 撮影当日の準備: メイクや髪型のセット、そして振袖の着付けを行います。
  • 撮影: スタジオや、ロケーションでの撮影を行います。25歳の後撮りでは、自分らしさを前面に出したポーズや表情を楽しむことができます。
  • 写真の選択: 撮影した中から、お気に入りの写真を選びます。
  • アルバム制作: 選んだ写真で、アルバムを作成します。

成人式後の振袖撮影の特徴

25歳での振袖撮影は、成人式当日とは異なる幾つかの特徴があります。

  • リラックスした雰囲気での撮影: 20歳の成人式では、式の流れや他の予定に追われがちですが、25歳の後撮りではゆったりとした時間の中で撮影を楽しむことができます。
  • 成熟した自分を表現: 20歳と25歳、この5年間で自分自身がどれだけ成長したのか。その変化や成熟した部分を、振袖を着ながら表現することができます。
  • 撮影場所の選び放題: 成人式でスタジオ撮影をなさった方は、25歳の後撮りではロケーション撮影を選ばれてはいかがでしょうか。思い出の場所や、自然の中での撮影など、自分の好きな場所での撮影が楽しめます。
  • 細かい部分へのこだわり: 小物や髪型、メイクなど、細かい部分へのこだわりを持って撮影することができます。自分らしさをさらに引き立てるためのアイテムを取り入れるのもおすすめです。

アンティークきものレンタル ゆめや では、成人式のロケーション撮影プランを利用して、後撮りをしていただけます。お気に入りの振袖を選んでいただき、着付けに必要な小物・ヘアメイク・着付け・カメラマン・画像データなどが、全てセット料金に含まれています。カメラマンや撮影場所の手配も、ゆめやにおまかせいただいて大丈夫ですよ。

成人式とは一味違った、25歳での振袖後撮り。これからの人生の新たなスタートとして、また、過去を振り返る大切な時間として、この特別な撮影を楽しんでください。

なぜ25歳で後撮りする人が増えているのか

振袖を身にまとう機会と言えば、多くの人が20歳の成人式を思い浮かべるでしょう。ですが、近年25歳での振袖後撮りも選択肢に入れる女性が増えています。そんな25歳での後撮りの魅力とは何なのでしょうか。

18歳、21歳とは異なる25歳の意味

25歳という年齢は、18歳や21歳とは異なる特別な意味を持っています。

  • 社会人としての成熟: 20歳の成人式から数年が経ち、多くの女性は社会人としての経験を積んでいきます。その間に得た経験や考え方の変化を、振袖という特別な衣装をまといながら写真に残すことができるのです。
  • 自分を再確認する時: 25歳は、これまでの人生を振り返り、今後の方向性を見つめ直す大切な時期。そんな節目の年齢での振袖撮影は、新たなスタートを切る前の、自分自身へのご褒美とも言えるでしょう。

「せっかくだから」の想い

「せっかくだから」、この一言には多くの女性の思いが込められています。

  • 高価な振袖を再利用: 成人式で選んだ振袖は、高価なもの。せっかく購入したり、家族から受け継いだりした振袖を、再び身にまとい、その価値を最大限に活かしたいという想いがあります。
  • 友達や家族との再撮影の機会: 成人式の日は忙しく、十分な撮影時間を確保できなかったと感じる女性も少なくありません。25歳の後撮りは、友達や家族とゆっくりとした時間を持ちながら、撮影を楽しむことができます。

未婚の女性が選ぶ理由

近年、結婚の平均年齢は上昇していて、25歳で未婚の女性も増えてきました。振袖は未婚女性の最も格式が高い着物であり、既婚の女性は着ることができません。そのため、25歳でも未婚の女性であれば、振袖後撮りを選ぶことができるのです。また、振袖後撮りを選ぶ背景には以下のような理由も考えられます。

  • 自分らしさを表現: 25歳の後撮りでは、成人式の時よりも自由度が高く、自分らしいスタイルやポーズでの撮影を楽しむことができます。
  • 新しい自分を発見: 20歳と25歳では、見た目や表情、雰囲気が変わっていることが多いです。その変化を写真に残し、自分自身の成長を感じることができるのです。
  • 振袖としての最後のチャンス: 一般的に、30歳を超えると未婚の女性であっても振袖を着る機会は少なくなります。25歳での後撮りは、振袖を身にまとう最後のチャンスになるかもしれません。

このように、25歳での振袖後撮りが選ばれる理由には、さまざまな思いや背景があります。成人式の時とは違った、新しい自分を発見できる特別な撮影。一度しかない20代の中盤を、最高の記念に残すための選択として、この撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。20歳のときよりも、ちょっと大人っぽく、落ち着いた雰囲気の振袖をお召しになってはいかがでしょうか。

25歳にお似合いの振袖に、シックな総絞りがあります。20歳では着るのをためらった方もいらっしゃるでしょう。「色とりどりの青海波に白い椿の総絞り色振袖」は、24万粒とも言われる絞りを、一つ一つ手巻きで絞った、総絞りの振袖です。カラフルな青海波に、椿の花が絞り出されています。貫禄がありますね。帯揚げ・帯締めの色や結び方を変えると、もっと大人っぽくなります。ぜひゆめやにコーディネートさせてください。ほかにも、総絞りの振袖をたくさん集めていますので、ゆめやの振袖から、どうぞご覧くださいね。

撮影の準備とポイント

25歳での振袖後撮りを決意したら、撮影の準備が始まります。それでは、どのようなポイントを気にすればよいのでしょうか。撮影場所の選び方、振袖のレンタル方法や費用、撮影時期と注意点を見ていきましょう。

撮影場所: スタジオ VS ロケーション撮影

撮影場所の選び方は、その人の好みや希望によって異なります。

スタジオ撮影

メリット

  • 天気に左右されません。
  • プロの照明や背景を利用して理想的な写真を撮ることができます。
  • メイクやヘアセットの施設が充実している場合が多いです。

デメリット

  • 一般的な背景になることが多いです。
  • 撮影時に緊張してしまう場合があります。
  • 人気のスタジオは予約が取りづらいことがあります。

ロケーション撮影

メリット

  • 自分の好きな場所での撮影が可能です。
  • 季節や自然の風景を活かした写真を撮ることができます。
  • 他の人とは違ったオリジナルの写真を撮ることができます。

デメリット

  • 天気や季節に左右されます。
  • 場所によっては事前に撮影許可が必要になり手間がかかります。
  • 一般的にスタジオ撮影よりも時間と費用がかかります。

自分の好みや撮影したいイメージに合わせて、スタジオ撮影とロケーション撮影のどちらを選ぶかを決めましょう。

レンタル振袖の選び方と費用

撮影の際に着る振袖は、自前で持っているものを利用するか、レンタルするかを選ぶことができます。

自前の振袖を利用する場合

  • レンタル料金が不要です。
  • 成人式の時に使用した思い出の振袖を再利用できます。
  • 自分のサイズに合わせて調整や補修が必要な場合があります。

レンタル振袖を選ぶ際のポイント

  • 予算内での選択: 撮影用の振袖レンタルはさまざまな価格帯があるので、予算に合わせて選ぶことが大切です。
  • 色や柄の選び方: 25歳の撮影では、少し大人っぽい色や柄を選ぶことで、異なる雰囲気の写真を撮ることができます。
  • 小物やアクセサリーのセット: 振袖に合わせて、帯や帯締め、髪飾りなどの小物も考えてみましょう。

撮影時期と撮るべきポイント

25歳での振袖撮影の時期は、成人式とは異なり、自分の好きなタイミングを選ぶことができます。以下のポイントを考慮して、最適な時期を選ぶと良いでしょう。

  • 四季を活かした撮影: 春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色。それぞれの季節の風景を背景に、四季折々の風情を楽しむことができます。
  • 平日と休日: 休日は多くの人が撮影を予約するため、平日を選んで余裕を持って撮影することをおすすめします。

撮るべきポイント

  • 表情: 自然な笑顔や真剣な表情など、いろいろな表情を試してみましょう。
  • 姿勢: 背筋を伸ばし、きちんとした姿勢で撮影することで、振袖の美しさが引き立ちます。
  • 小物や背景: 振袖の色や柄に合わせて、背景や小物を選び、写真の全体的なバランスを考えることが大切です。

25歳の振袖撮影は、自分らしいスタイルで、最高の一枚を撮影するチャンスです。事前の準備や撮影のポイントをしっかりと押さえて、最高の思い出を作りましょう。

撮影のメリットとデメリット

25歳での振袖後撮り。実際のところ、25歳での撮影には多くのメリットがある一方で、注意すべきポイントもあります。そこで、このセクションでは、その両面を詳しく探っていきます。

25歳での後撮りの大きなメリット

25歳という年齢は、成人してから数年が経過し、自分自身の価値観やライフスタイルが定まってきた頃。この時期の振袖撮影には、以下のようなメリットが考えられます。

  • 自分のペースでの計画: 成人式のように日程が固定されていないため、自分の都合に合わせて撮影日を選べます。
  • 豊富な選択肢: 時間に余裕があるため、さまざまな着物や小物、スタジオやロケーションなどから理想の撮影を組み立てることができます。
  • 成熟した表情: 20歳の成人式とは違い、25歳の自分の成熟した魅力や表情を写真に残せます。
  • 思い出のアップデート: 成人式の振袖写真と比較して、5年の成長を感じることができます。
  • 家族や友達との撮影: 友人や家族との共同撮影も考えられ、大切な人との絆を写真に残すことができます。

撮影に伴う注意点とデメリット

ですが、全てが良いことばかりとは限りません。25歳での後撮りには、以下のようなデメリットや注意点も存在します。

  • 費用の問題: 振袖のレンタルや撮影、メイクなど、成人式のときと同様の費用がかかることがあります。ただし、計画的に準備を行えば、コストを抑えることも可能です。
  • 撮影日の調整: 仕事に就いている場合は、平日の撮影が難しく、休日に合わせる必要があるかもしれません。
  • 準備の手間: 成人式のときと同様、撮影に向けての準備が必要となります。衣装の選び方やメイク、ヘアセットなど、細かな点を調整する手間がかかります。
  • 過去との比較: 成人式の写真と比較することで、自身の変化に焦りを感じることがあるかもしれません。

25歳での振袖撮影は、多くのメリットを享受できる一方で、デメリットや注意点も考慮する必要があります。ですが、撮影を通して得られる経験や思い出は、一生の宝となることでしょう。

もう1枚、総絞りの振袖をご紹介させてください。「練色に唐草と菊の総絞りの色振袖」は、暖色系の淡色に包まれた、総絞りの色振袖です。この色はお若いうちにこそ似合いますので、早めにお召しいただきたいですね。写真撮影だけでなく、ご親戚やご友人の結婚式でも、好印象の振袖ですよ。

振袖撮影の際の頻出質問と回答

振袖撮影についてよく寄せられる質問に回答していきましょう。回答を参考になさって、撮影計画をよりスムーズに進めてください。

「いつ撮るのが一番良いの?」という質問の答え

振袖撮影のタイミングは、それぞれの方のスケジュールや希望に応じて自由に選べるのが魅力です。ただし、以下のポイントを考慮すると、より良い撮影ができるでしょう。

  • 季節を考慮する: ロケーション撮影の場合は、四季折々の景色や天候が写真に大きく影響します。例えば、桜の季節には桜を背景に、秋には紅葉を楽しむことができます。
  • 平日を選ぶ: 週末は多くの方が撮影を希望するため、平日を選ぶことで余裕を持って撮影することができるでしょう。また、撮影費用も休日より平日の方が安い場合もあります。
  • 成人式前後は避ける: 成人式前後は多くの方が撮影を希望するため、混雑が予想されます。

「撮影の相場はどれくらい?」という疑問への回答

振袖撮影の費用は、選ぶプランやスタジオ、レンタルする振袖の種類によって大きく変わります。一般的な相場を以下に示しますが、詳細は各撮影スタジオや着物レンタル店に問い合わせることをおすすめします。

  • 基本的な撮影プラン: 20,000円〜50,000円
  • 振袖レンタル: 30,000円〜200,000円(借りる時期、デザインやブランドによる)
  • 追加オプション: メイクやヘアセット、小物レンタルなどのオプションにより追加料金がかかります。

「撮影後の衣装はどうすればいい?」という疑問の解消

振袖撮影が終わった後の衣装についての心配もよく耳にします。以下のポイントで、その疑問を解消します。

  • レンタルの場合: 撮影が終わったら、指定された日時に衣装を返却するだけです。返却時には、汚れやダメージがないかどうかを店舗と一緒に確認します。
  • 自前の衣装の場合: 撮影後は、きちんとクリーニングをして保管することをおすすめします。着物は湿気や直射日光を避け、風通しの良い場所での保管が必要です。

振袖撮影に関する質問は多岐にわたりますが、ここで取り上げた質問はよく耳にするものです。振袖撮影を検討中の方は、これらの情報を参考にして、楽しい撮影の一日を迎えてください。

まとめ

この一連の記事を通して、25歳での振袖後撮りの魅力やポイント、さまざまな疑問への答えをお伝えしてきました。最後に、全てをまとめ、振袖撮影の際の要点や、撮影のすすめを再びお伝えいたします。

25歳での振袖後撮りを考える際のポイント

25歳での振袖後撮りは、成人式とは違う新しい自分を感じられる撮影となります。その際の主要なポイントを挙げてみましょう。

  • 自分らしさを大切に: 20歳の成人式と比べて、25歳ではもっと自分らしいスタイルや表現を楽しむことができます。
  • 振袖の選び方: 気に入った色や柄の振袖を選ぶ際は、レンタルも利用可能です。
  • 撮影場所の選択: スタジオやロケーション撮影、季節や背景など、撮影のシチュエーションは自分の希望に合わせて選ぶことができます。
  • コスト面の配慮: 撮影やレンタルの費用は、予算や希望に応じて選択することが大切です。

一生の思い出を残す撮影のすすめ

人生には、特別な瞬間や記念すべき日々があります。そして、その瞬間を形に残すのが写真撮影です。25歳での振袖後撮りは、自分自身の成熟した姿を残す素晴らしい機会となるでしょう。

  • 自分を振り返る時間: 25歳という歳は、20代半ばの大切な時期です。この時の自分を写真に残すことで、後々、自分自身の成長を振り返ることができます。
  • 家族や友達との絆を深める: 撮影は一人だけでなく、家族や友達と一緒に行うこともできます。共に過ごす時間は、絆を深める大切な時間となります。

撮影を通して、25歳の今の自分を最高の状態で残すことができます。何年かたった後に、この時の写真を見返すことで、懐かしい思い出や当時の感動をよみがえらせることができるでしょう。

最後に、撮影は自分自身のため、そして大切な人たちのための特別な時間です。準備から撮影、そして写真を手にするまでの一連の流れを楽しみながら、最高の一日を迎えてください。

〈参考記事〉
https://www.saganokan.com/furisode/content/8023/
https://strawberry-wedding.jp/articles/4143
https://brapla.com/column/photos/481f42f0-a4ab-42d5-8711-b84c16c369db#
https://www.arc-web.com/kids/menu/20th/
http://studio.kimono-hearts.co.jp/plan_girl/
https://www3.yumeyakata.com/furisode/catalogue.html?fd_bridge_id=SzVnK04xamFNVlY1cmZQeTNkV251Zz09LS1ZZDJaSnduRTFpcWJsVWtJZTBRai9RPT0%3D--64710f8b1c84247bff668858ce3cdcea3ebad84e&_gl=1aq539t_gaMTk3NTMyNjM0NS4xNjk2MTQzMzUz_ga_CR34S3WJE5*MTY5Njk0MjkwOC4xMC4xLjE2OTY5NDM0MjUuNjAuMC4w

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式【utk07】

【着物のプロが監修】白無垢で結婚式!色直しの衣装選びとタイミング

はじめに 結婚式。それは多くの女性が夢見る、一生に一度の特別な日。和装、洋装、さまざまな衣装を選ぶ中で、特に注目されるのが「白無垢」と「お色直し」です。日本の結婚式の伝統に欠かせないこれらの要素について、今回はじっくりと […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!