明治神宮 本殿入り口

【結婚式】明治神宮・明治記念館で神前式を挙げたい!魅力と料金相場

はじめに

明治神宮で行う神前式の挙式とは

神前式イメージ

明治神宮は、東京の都心に位置し、その広大な敷地と緑豊かな自然に囲まれた神聖な神社です。明治神宮では日本の伝統と格式を重んじた厳かな神前式が執り行われており、多くの新郎新婦にとって一生に一度の特別な瞬間となっています。

神前式とは文字通り神前での挙式を指し、新郎新婦が神前で誓いを立てることで結ばれるという古来の形式を取っています。神前式は神社あるいはホテルや結婚式場に併設の館内神殿で行われますが、明治神宮での挙式はその中でもきわめて格式の高い儀式として知られており、日本の伝統を重んじる新郎新婦にとっては、まさに理想的な場所といえるでしょう。

この記事で紹介する内容

この記事では、明治神宮での神前式による挙式について詳しく解説していきます。挙式の流れや必要な準備、予約方法から、実際の式場の様子、料金の内訳に至るまで、あらゆる情報を網羅していきます。挙式を彩る和装やドレス、披露宴でのおもてなしに関する情報も交えながら、新郎新婦が明治神宮での結婚式をスムーズに、そして最高のものにしてもらえるような内容となっています。

挙式を控えたカップルはもちろん、明治神宮での結婚式に興味がある方や、日本の伝統的な神前式について知りたいという方にとっても役立つ内容となっています。明治神宮での神前式挙式に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

明治神宮の挙式の魅力

厳かで歴史的な雰囲気

明治神宮 回廊

明治神宮での結婚式といえば、何と言ってもその厳かで歴史的な雰囲気が挙げられます。明治神宮は日本を代表する神社の一つとして知られており、多くのカップルから結婚式場としても選ばれています。明治神宮は明治天皇昭憲皇太后を祀っており、日本の伝統と格式を感じることができる場所です。

挙式の会場となる明治神宮「奉賽殿」明治記念館「儀式殿」は、いずれも日本建築の美しさを堪能することができます。神前式は、日本古来の儀式を重んじる形式で行われ、新郎新婦はもちろん、参列した家族や友人も、その厳粛な雰囲気に心から感動することでしょう。特に、神職による祝詞や雅楽の演奏は、他の結婚式場では味わえない特別な時間を演出してくれます。

式の流れも非常にシンプルでありながら、日本の伝統美を随所に感じることができるため、外国人ゲストを招待する際にも日本の文化を紹介する絶好の機会となるでしょう。また式後の写真撮影では、明治神宮の豊かな自然や歴史的な建造物を背景に、美しい写真を残すことができます。

緑豊かな神聖な空間

明治神宮の挙式の魅力として、緑豊かな神聖な空間を挙げることができます。明治神宮は東京都渋谷区に位置していながら、都心とは思えないほどの豊かな緑に囲まれています。こうした神聖な場所での挙式は、新郎新婦はもちろん参列者にとっても忘れられない思い出となるでしょう。

庭園は四季折々の花が咲き乱れ、訪れる人々を魅了してやみません。春には桜が咲き誇り、夏には緑が生い茂り、秋には紅葉が庭園を彩り、冬には雪が静かに庭を覆います。これらの自然の美しさが、挙式の思い出をより色鮮やかなものにしてくれることでしょう。

新郎新婦が神前で誓いを立てる姿は、まさに神聖そのもの。参列者もこの神聖な雰囲気に包まれながら、新郎新婦の門出を祝福することができます。

このように明治神宮での挙式は、厳かで歴史的な雰囲気緑豊かな神聖な空間が魅力となっており、新郎新婦及び参列者にとって一生の思い出となることは間違いないでしょう。明治神宮での挙式を考えているカップルは、ぜひ一度現地を訪れ、その魅力をご自身の目でも確認してみてください。

神前式の流れと注意点

挙式とは、二人の結ばれる瞬間を祝い、その誓いを共有する大切な儀式です。特に明治神宮での神前式は、その厳かな雰囲気と日本古来の伝統が息づいており、多くのカップルにとって憧れの挙式スタイルとなっています。

挙式の流れ

神前式の流れは非常に独特であり、慎重な進行が求められます。挙式当日は、新郎新婦が神職のもとに進み、神前での誓いを立てます。親族や友人が参列する中で、厳かな雰囲気の中で式が進められます。

儀式の途中では、誓杯の儀、神楽の奉納、玉串拝礼といった伝統的な儀式が行われ、各所に日本の美しい文化と伝統を感じることができます。挙式後に披露宴を設けた場合は新郎新婦と親族、ゲストが披露宴会場へ移動します。披露宴では豪華な料理やドリンクが振舞われ、花嫁の美しいドレス姿も披露されるなど、お祝いの気持ちがさらに高まります。

注意すべきポイントと予約のコツ

神前式をスムーズに、かつ心に残るものにするためには、いくつか注意すべきポイントがあります。まず、挙式日の予約は早めに行うことが重要です。特に春や秋、土日祝日は予約が殺到するため、希望する日時に挙式を行いたい場合は、できるだけ早めに予約を済ませましょう。

また、神前式では和装が主流となるため、衣装の準備や当日の着付けにも相応の時間がかかることを考慮してスケジュールを立てる必要があります。事前にしっかりとリハーサルを行い、当日の流れを確認しておきましょう。

予約時には、挙式料金や衣装、美容室などのオプションサービスについても確認し、予算に合わせたプランを選びましょう。明治神宮の神前式は非常に人気があるため予約が取りづらい場合もありますが、平日やオフシーズンを狙うと比較的スムーズに予約が取れることがあります。

明治神宮での神前式は、その厳かさと伝統が魅力的。事前の準備と注意点をしっかりと押さえ、素晴らしい一日を迎えましょう。

明治神宮の結婚式場と料金

式場の特徴と選び方

明治神宮イメージ

明治神宮に限らず、神前式の結婚式場を選ぶ際には、まずその神前式の本質について理解することが大切です。

神前式は日本古来の伝統に基づいた儀式であり、その格式高い式進行は、日本の精神性と美学を象徴しています。明治神宮の式場選びでは、以下の特徴を考慮することが重要です。

  • 歴史と伝統: 明治神宮は日本を代表する神社の一つであり、長い歴史と伝統を持ちます。結婚式場としての格式も確立していて、神職による本格的な神前式を行うことができます。
  • 自然の中の結婚式: 明治神宮は都心とは思えないほど豊かな緑に囲まれており、四季折々の自然を感じながら結婚式を挙げることが可能です。
  • アクセスの良さ: 「奉賽殿」のある明治神宮、「儀式殿」のある明治記念館は、いずれも東京都心に位置。明治神宮はJR原宿駅や地下鉄明治神宮前駅、明治記念館はJR信濃町駅や地下鉄青山一丁目駅、同・国立競技場駅などから徒歩でアクセスできる立地の良さも魅力の一つです。

結婚式場を選ぶ際には、以下の点を検討しましょう。

  • ゲストの人数とスタイル: 少人数でのアットホームな式か、多くの親族や友人を招待する豪華な式かによって、適切な会場が異なります。
  • 予算: 結婚式にかける予算は人それぞれ。料金プランをしっかりと確認し、希望に合った式場を選びましょう。
  • 見学: 実際に足を運び、式場の雰囲気やスタッフの対応を確認することが大切です。平日や土日に開催される見学会や試食会に参加し、細部にわたるサービスを体感しましょう。
  • 衣装との調和: 和装での神前式には、伝統的な衣装が映えます。式場の雰囲気に合った衣装を選ぶことも忘れずに。

格式高い明治神宮での神前式にも、ゆめやのアンティーク着物がお役に立ちます。100年以上の歴史を紡いできた数々の衣装は、明治神宮での結婚式をより一層華やかに彩るでしょう。例えば「菱形に四季の花丸紋様白鶴刺繍の打掛一式」は菱紋や花丸紋などの地模様と鶴、菊、梅などの絵柄が織り出された正絹白無垢です。純白の正絹地に模様が艶やかに浮かび上がり、上品な華やかさを演出してくれます。

羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」は、白・銀・グレーの糸で淡いコントラストを表現。優雅に舞う鶴の羽を銀糸で描くことで、羽ばたく鶴たちの奥行や躍動感さえ感じられる見事な正絹白無垢です。

以上の点を踏まえた上で、二人の希望にぴったり合った結婚式場を選んでください。神職の祝福を受け、家族や友人に見守られながら、新たな門出を飾る場所として、明治神宮の結婚式場は特別な意味を持つでしょう。

料金プランと費用の内訳

結婚式場を選ぶ際、気になるのはやはり料金ではないでしょうか。明治神宮での結婚式の費用はさまざまな要因によって異なりますが、一般的には以下の内訳を考慮する必要があります。

  • 挙式費用: 神職の祝詞、装花、音楽、写真撮影など挙式に直接関わる費用です。
  • 施設利用料: 結婚式場の使用料です。庭園や控室の利用も含まれます。
  • 食事会費用: 披露宴や会食で提供される料理や飲み物の費用です。明治神宮では、日本料理を中心とした豊富なメニューから選べます。
  • 衣装費用: 新郎新婦の和装やドレス、小物のレンタルや購入費用です。
  • 美容室利用料: 花嫁のヘアメイクや着付けにかかる費用です。

これらの基本的な費用に加えて、招待するゲストの人数や選ぶ衣装の種類、追加のサービスなどによって、最終的な料金が変動します。また、平日と土日、祝日では料金が異なることもありますので、事前にしっかりと確認しましょう。

具体的な料金プランについては、以下のような形で例示されています。

項目内容費用
挙式 明治神宮挙式+披露宴プラン(60名)料理、衣装、装花など¥2,872,648
7・8月挙式 明治神宮挙式+披露宴プラン(30名)料理、衣装、装花など¥2,190,524
明治記念館 儀式殿での挙式のみプラン(2名)衣装、介添料など¥574,650
(※上記の表は一例であり、実際の料金とは異なります。)

ここまでも触れてきたように、明治神宮の神前式は2つの式場から選ぶことができます。一つは明治神宮にある「奉賽殿」、もう一つは明治神宮外苑の明治記念館にある「儀式殿」があり、それぞれ異なる雰囲気を持つ式場となっています。上記のようにプランも異なりますので、ご自身の好みやご都合に合わせて選ぶようにしましょう。

結婚式場選びは、数多くある式場の中から二人にとって最適な場所を見つけ出す旅でもあります。明治神宮の結婚式場は、その中でも有力な選択肢となるかもしれません。

挙式の際の衣装と持ち込み可能なアイテム

挙式という一生に一度の節目を迎えるにあたって、衣装選びは花嫁にとって最も心躍る瞬間の一つではないでしょうか。明治神宮での厳かな神前式を彩る和装か、華やかなドレスを選ぶかは、結婚式のコンセプトや個人の好みが大きく反映されるところ。また会場の雰囲気や予定している儀式の流れに合わせて、持ち込みたいアイテムがあれば、その方法や支払いについても押さえておきたいところです。

和装とドレスの選び方

日本の伝統的な結婚式である神前式では、格式高い和装が選ばれるのが一般的です。その一方、西洋風の披露宴を組み合わせてドレスを着用することもあります。明治神宮のように歴史ある結婚式場では、その空間にふさわしい衣装を選びたいもの。では、どのように衣装を選ぶのがよいのでしょうか。

まず和装ですが、日本の結婚式では白無垢や色打掛が一般的です。白無垢はその名の通り純潔で清楚な印象を与える和装で、新しい人生のスタートを象徴する衣装でもあります。それに対して色打掛は、華やかな色と細やかな刺繍で花嫁の美しさを際立たせます。結婚式場の庭園や控室を背景にした写真は和装ならではの趣深さがあり、ゲストにも日本の美を体感してもらえるでしょう。

一方、ドレス選びにおいては、スタイルや雰囲気が重要です。Aライン、マーメイドライン、プリンセスラインなど、自分の体型に合わせたドレスを選ぶことで、結婚式の主役としての輝きを放つことができます。また挙式だけでなく、披露宴や二次会で着用するドレスを変えることで、さまざまな印象をゲストに与えることも可能です。

和装やドレスはレンタルすることが一般的ですが、試着は事前に必ず行うようにしましょう。直前になってサイズが合わないといったトラブルを避けるためです。明治神宮の結婚式においてはプラン内で衣装が指定されている(持ち込みが有料になる)場合もありますので、見学の際などに確認しておくとよいでしょう。

花嫁の持ち込みアイテムについて

結婚式における持ち込みアイテムは、花嫁の個性を出すためにも非常に重要です。花嫁の髪飾りや結婚指輪、特別なアクセサリーなどがありますが、これらは、式の雰囲気をより一層引き立てるものにもなります。

持ち込みアイテムについては明治神宮側との打ち合わせが必要です。持ち込むことで追加料金が発生する場合や、持ち込みができないアイテムもあるためです。予約時や見学時に持ち込みアイテムについて詳しく確認しておくことが大切です。

いずれにしても、式の準備は早めに始めることが肝心です。特に持ち込みアイテムや衣装に関しては、早めにイメージや準備をしておくことで、より多くの選択肢の中から理想のものを見つけることができます。

明治神宮での記念写真撮影

結婚式といえば、その瞬間、瞬間を残す写真は後々までの宝物となります。特に、格式高く厳かな空間で行われる明治神宮での挙式や華やかな披露宴は、日本の伝統と美しさが際立ちます。それぞれの瞬間を最良の方法で残すためにも、撮影のポイントと写真データの取り扱いなどについては慎重に計画しておきましょう。

披露宴や記念写真の撮影ポイント

明治神宮には、豊かな自然に囲まれた庭園があり、結婚式の記念写真に最適なスポットが点在しています。特に神前式において、厳かな雰囲気の中で神職による儀式が執り行われる瞬間は結婚式のハイライトともいえます。他にも、明治神宮の敷地内には豪華な室内スペースなども点在しており、和装やドレスが一層映える写真を撮影することができます。ここでは、記念写真の撮影ポイントを紹介しましょう。

神前の儀式

  • 挙式中の新郎新婦や親族の厳かな表情
  • 神職の祝詞や儀式の一部始終
  • 背景に広がる神聿の森と歴史を感じさせる建築美

明治記念館内の豪華なロビーや階段

  • 新郎新婦が階段を降りるロマンチックなシーン
  • ゲストとの集合写真での笑顔の瞬間
  • 豪華なインテリアを背景にした個性的なポーズ

庭園の自然光を活かした撮影

  • 季節ごとに色を変える木々や花々を背景に
  • 緑豊かな景色の中でのリラックスした表情
  • 光と影を使ったアーティスティックな撮影

記念写真を撮影する際には、式場とも事前に相談し、撮影可能な場所、時間帯、そして許可された撮影スタイルなどを確認しておくことが大切です。また、撮影を任せるカメラマンの選定には、明治神宮や明治記念館の魅力を最大限に引き出せる技術とセンスが求められます。

写真データの取り扱いと注意事項

結婚式の写真撮影後、大切なのは写真データの取り扱いです。一生に一度の思い出ですから、生涯にわたって大切に保管し、家族や友人と共有したいと考えることでしょう。写真データの取り扱いについては、以下の点に注意してください。

写真データの保管方法

  • オンラインストレージや物理メモリなどにバックアップをとる
  • ハードコピーとしてアルバムにしておく
  • 長期的なデータ保全のためフォーマットを確認する

著作権や肖像権の確認

  • 撮影した写真の著作権はカメラマンや式場にある場合が多いため、写真を個人で見て楽しむ以外の目的で用いる場合は利用可能な範囲を確認する
  • ゲストの中にはSNSなどへ写真を公開することを希望しない方もいるため、事前に了承を得る

追加注文や編集の可否

  • 写真の追加注文や編集を希望する場合、可能なサービスと料金を事前にチェックする
  • 特別な編集を希望する場合は、その詳細を撮影前に相談する

美しい結婚式の記念写真を安全に、そして美しく残しておくためには、その場所と保存方法、利用方法やその際のルールまで正しく認識しておくことが不可欠です。

まとめ

明治神宮でかなう理想の結婚式

婚礼イメージ

明治神宮での結婚式は、日本の伝統美と厳かな雰囲気に包まれ、一生の記憶に残る特別な日になることでしょう。神職による儀式、格式高い神前式、そして美しい自然に囲まれた庭園での写真撮影は、まさに新郎新婦の、さらには家族の理想を形にする瞬間です。

結婚式の心象風景を彩る明治神宮の神前式は、その場の空気感、美しく整えられた祭壇、歴史を感じさせる装飾など、細部にまでこだわりが感じられます。披露宴では豪華な館内で和装にもドレスにも合う空間が提供され、おもてなしの心を込めた料理がゲストを迎えてくれます。新郎新婦の衣装選びから式場の見学、予約、さらには試食会や試着まで、結婚式を迎える準備の段階においてもスムーズに進められることでしょう。

平日と土日の違いによる料金体系、花嫁の控室や親族の席次、写真撮影の詳細など、明治神宮での結婚式には多くの細やかな配慮があります。平日であれば少人数の挙式も可能で、その分予算を抑えることができます。一方で土日は親族や友人を招待しての大規模な披露宴に適しており、伝統と格式を重んじた結婚式を挙げることができます。

明治神宮と明治記念館のいずれも、都心の各駅から徒歩でアクセスできる交通の便利さも大きな魅力です。神聖な場所で新たな人生を歩み始める二人にとって、またそれを見届ける親族やゲストにとっても、大きな価値となるでしょう。

明治神宮の結婚式場は、さまざまな衣装や小物のレンタルサービス、おいしい料理、そして緑豊かな庭園など、さまざまなニーズに応える豊富な選択肢を提供してくれています。

それだけに、式場の雰囲気を事前に体感するための見学会や試食会、披露宴と衣装の雰囲気を確かめるための試着会など、事前準備は確実に行いたいものです。美しい自然に囲まれた明治神宮では結婚式だけでなく二次会や家族のみの会食も対応しており、よりアットホームな雰囲気でのお祝いも可能です。

挙式の準備を始める最初の一歩

結婚式という新しい人生の扉を開くためには、準備を始める最初の一歩が非常に大切。多くのカップルが憧れる明治神宮での挙式ですが、その実現には計画的な段取りが必要です。

まずは挙式や披露宴をどのようなスタイルで行いたいか、二人でしっかりと話し合うことがスタートラインとなります。和装で伝統的な儀式を望むのか、それともモダンなドレスで洗練された雰囲気を求めるのか、そのイメージを固めることから始めましょう。

次に、具体的な日時と人数を検討し、明治神宮に予約の可否を問い合わせます。人気の会場ですので、特に土日は時期が間近になると予約が埋まっていることがほとんどです。そのため早めの行動が必要です。

予約が取れたら、次は衣装や料理、写真撮影などの詳細を決定していきます。和装か洋装か、どのような料理をゲストに提供するか、写真はどのようなスタイルで残すかなど、豊富な選択肢の中から二人にとって最適なものを選びましょう。

式場を実際に見学し、雰囲気を感じ取ることも忘れてはいけません。実際に足を運び、式場スタッフの説明を聞き、館内の設備や庭園の美しさを目で見て確かめることで、より具体的なイメージが湧いてくるはずです。さらに持ち込み可能なアイテムがあるか、支払い方法やキャンセルポリシーはどのようになっているかなど、細かな点も確認しましょう。

これら一連のプロセスを踏むことで、明治神宮での理想の結婚式に一歩ずつ近づいていくはずです。美しい着物を着て、伝統に根ざした場で行う挙式は、門出に立つ新郎新婦だけでなく、二人の新たな始まりを祝福しに来てくれた家族やゲストにとっても忘れられない時間となることでしょう。

〈参考記事〉
https://www.meijikinenkan.gr.jp/wedding/
https://wedding.mynavi.jp/contents/special_contents/kyoshikitype_shinzen/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

白無垢イメージ

【婚礼】白無垢で撮る!素敵なフォトウェディング | 準備と選び方

はじめに 白無垢で行うフォトウェディングの魅力とは? フォトウェディングとは、結婚式自体は行わずその代わりに記念撮影のみを行うこと。「白無垢でのフォトウェディング」とはその名の通り、伝統的な白無垢を纏った和装で行うフォト […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!