着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式【utk11】

打掛での前撮り・フォトウェディング完全ガイド! 着こなしと選び方

はじめに

結婚を控えた花嫁の皆さんに向けて、和装の中でも特に華やかな「打掛」に焦点を当て、前撮りの際の打掛の魅力やその選び方について深く掘り下げていきます。

打掛での前撮りとは?

打掛とは、結婚式や婚礼の際に花嫁が着る、伝統的な和装の一つです。特に挙式時には白無垢と同様に人気があり、赤やピンク、青といった鮮やかな色や、鶴や緑などの伝統的な柄が織り込まれたものがあります。その打掛を着て結婚式前に撮影するのが「前撮り」です。実際の結婚式の日は忙しく、しっかりとした写真撮影の時間が取れないことも。前撮りは、そのような花嫁の皆さんにとって、大切な思い出をしっかりと残しておくための特別な機会となっています。

前撮りの場所は、スタジオでの撮影やロケーション撮影などがあります。自分の好みや予算、撮りたい雰囲気に合わせて、場所やフォトスタジオを選ぶことができます。打掛を着た花嫁は、その美しい色や柄、刺繍などのディテールが映える場所での撮影がおすすめ。たとえば、伝統的な日本の風情を感じることができる神社や庭園、古い町並みなどは、打掛の美しさを引き立てること間違いなしです。

今回の記事で得られる情報

この記事では、打掛を選ぶ際のポイントや、打掛の種類、カラーや柄の選び方について詳しく紹介していきます。また、前撮りの際の撮影スタイルや、おすすめのヘアメイク、小物の選び方、予算や費用に関する情報もしっかりとお伝えしていきます。

  • 打掛の基本的な知識とその魅力
  • 前撮りの際の打掛の選び方や、人気の色や柄
  • 予約や相談、店舗選びのポイント
  • 費用や料金に関する実際の情報
  • その他、前撮りに関する気軽なアドバイスや情報

和装の中でも特にゴージャスな打掛。もちろん、結婚式の当日に着ることもすてきですが、前撮りでゆっくりとその美しさを堪能するのもおすすめです。この記事を通して、皆さんの前撮りがさらに特別なものとなるような情報をお届けできればと思います。

打掛の基礎知識

日本の伝統的な結婚式や婚礼で、華やかな姿を見せる花嫁。その中心となるのが「打掛」です。まずは、打掛についての基本的な知識をわかりやすくご紹介していきます。

打掛とは何?

打掛は、結婚式や婚礼の際に花嫁が主に着用する、日本の伝統的な和装の一つです。長い歴史を持ち、特に結婚式の場での装いとして、多くの人に親しまれてきました。

特徴としては、

  • 豪華な色彩と柄
  • 伝統的な文様や刺繍
  • 振袖よりもゴージャスな雰囲気

などが挙げられます。結婚式の場では、その瞬間の特別さや華やかさを感じさせてくれる、まさに主役にふさわしい衣装と言えるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。花嫁衣裳は得意ジャンルですので、色打掛をどんどんご紹介いたしますね。

まずは「枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式」をご覧いただきましょう。相良刺繍と、中国の蘇州刺繍で総刺繍された、アンティーク色打掛一式です。満開の枝垂桜が華やかですね。この絵柄が全て手刺繍なのです。熟練の職人が、上質の絹糸を使って手刺しした手刺繍は、現代のプリントの色打掛とは違い、ぽってりとした高級感の漂う仕上がりです。

打掛と振袖、白無垢の違い

打掛、振袖、白無垢。これらは全て和装の一部として、結婚式や婚礼に関連する場面でよく目にする衣装です。では、それぞれの違いは何でしょうか?

打掛

  • 色や柄がたいへん豪華
  • 一般的には赤やゴールドを基調としたものが多い
  • 結婚式の際の花嫁の衣装として主に使用される

振袖

  • 若い女性が着る。成人式などでよく見る
  • 袖がたいへん長く、色鮮やかなデザインが特徴
  • 結婚式の二次会や友人の結婚式にも使用されることがある

白無垢

  • 純白の着物
  • 無垢とは「純粋」という意味
  • 神前結婚式などで主に使用される

このように、それぞれに独特の役割やシーンがあり、それぞれの魅力が詰まっています。

和装の美しい色彩とは?

和装は、その色彩の美しさで多くの人を魅了してきました。打掛をはじめ、和装には伝統的な色の組み合わせや柄が多く存在します。たとえば、赤やピンク、緑や青など、日本独特の色味が生かされています。

以下は、和装でよく使われる色とその特徴をまとめたものです。

  • : 祝い事や縁起の良い場面で使用されることが多い
  • : 清涼感や上品さを感じさせる
  • : 自然や生命力を連想させる
  • ピンク: 若々しさやかわいらしさを表現する際に使用

これらの色を基調とした柄や、鶴や花などの伝統的な文様が施されたものも多くあります。和装の色彩は、日本の四季や自然を感じさせ、その繊細さや深みが多くの人を引き込んできました。

ここからは「打掛の魅力的な色選び」に関して解説していきます。

打掛の魅力的な色選び

結婚式や婚礼において、中心となる花嫁の打掛。その色選びは、華やかな場をさらに盛り上げる要素となります。ここでは、その色選びのポイントや、魅力的な色の組み合わせについて詳しくお伝えしていきます。

色の選び方のポイント

打掛の色選びは、まさに花嫁の「こだわり」の一つ。結婚式の雰囲気や、自分の好み、また着る場所や季節によっても選ぶ色は異なってきます。

以下に、色選びの際のポイントをいくつかまとめました。

  • 自分の肌の色との相性: 色が自分の肌の色と合うかどうかを考慮することは大切です。特に打掛は顔からすぐ下の部分にかかるため、肌の色とのバランスがたいへん重要となります。
  • 季節感: 結婚式の開催時期に合わせた色を選ぶことで、より一層の季節感を演出することができます。
  • 式場やロケーションの雰囲気: スタジオでの撮影や、神社での挙式など、場所の雰囲気に合わせて色を選ぶことも大切です。

ゆめやでも婚礼のロケーション撮影プランをご用意しています。着物を選んでいただくだけで、小物のコーディネートも、撮影場所の手配も、全てゆめやにおまかせいただいてOK! 新郎新婦の衣装・小物・着付け・ヘアメイク・プロカメラマンによる撮影・撮影データがセットになったプランです。ゆめやの着物はアンティークですので、日本庭園や古い西洋建築物など、時代にマッチした撮影場所をピックアップしていますよ。

白地に対する赤や黄、紺のコントラスト

和装の中でも、打掛は特に色彩が魅力的。特に白地に赤や黄、紺といった色を組み合わせることで、そのコントラストが一層引き立ちます。

  • : 熱情や情熱を表現する色。白地との組み合わせは、華やかさを演出するのに最適です。
  • : 明るく、温かみのある色。白地との組み合わせで、さらにその鮮やかさが増します。
  • : 落ち着きや深みを感じさせる色。白地と組み合わせることで、より一層格式を感じさせます。

紺や緑、紫などのこだわりカラー

打掛の色には、黒や緑、紫などの特定のカラーが取り入れられることが多いです。これらのカラーは、伝統的な意味合いを持っていて、特別な日の装いとして最適です。

  • : 格式高い、高貴な色。黒が基調の打掛はゴールドの刺繍などが映え、豪華さがあります。
  • : 若さや新しい生命を象徴する色。緑を取り入れることで、新たなスタートを祝福する意味があります。
  • : ぜいたくや高貴さを感じさせる色。紫を基調とした打掛は、格式のある場や格式を重んじる家庭で選ばれることが多いです。

ゆめやの婚礼衣装から、緑色の色打掛をご紹介いたしますね。「龍村製緻密な織りの色打掛一式」は、着物愛好家垂涎の的である龍村美術の色打掛です。龍村は帯で有名ですが、打掛も手掛けているのですよ。カラフルな鳥が数えきれないほど何羽も織り出されています。いったい何色の糸を使っているのでしょうか。昔ながらの伝統を大切にしながら、今も龍村は進化し続けています。

前撮りでの打掛の着こなし術

花嫁の前撮りは、結婚式の大きなイベントの一部です。この特別な撮影のために、打掛の着こなし術を学ぶことは、素晴らしい写真を残すための重要なステップとなります。

花嫁の着こなしのポイント

打掛の美しさを最大限に引き出すための着こなしのポイントはいくつかあります。

  • 和装のバランス: 和装は、着物だけでなく、小物や帯、ヘアメイクとのバランスが大切です。全体の調和を意識しながら、打掛の色や柄を生かすことがポイントとなります。
  • 体型に合わせた着方: 打掛は、体型に合わせてきちんと着ることで、より一層華やかさが増します。
  • 小物の選び方: 打掛に合わせた小物選びも忘れてはいけません。和装の小物は、全体のアクセントとして機能します。

水色や黒を取り入れたお洒落なアプローチ

伝統的な赤や白以外にも、水色や黒といった色を取り入れることで、より現代的な打掛の着こなしを楽しむことができます。

  • 水色: 清楚で優雅なイメージを持つ水色は、新しい始まりや清純さを象徴します。特に春や夏の前撮りにぴったりの色です。
  • : 落ち着きや格式を感じさせる黒は、上品でありながらも存在感があります。他の色とのコントラストを楽しむことができるため、さまざまなアプローチで着こなすことが可能です。

水色もご紹介しておきましょうね。「マリンブルーに花籠の色打掛一式」は、アンティークではないのですが、品質に間違いはありません。上質の正絹100%だから、この艶と輝きが出るのです。糸を紡ぎ出してくれるお蚕さんの口は、三角の形をしています。ですから、出てくる糸も実は三角なのですよ。そのプリズム効果でこのように上品に輝くのです。澄み切った空の下には花畑、中ほどには花籠が織り出されています。

肌触りや衣装の重さとの相性を考慮して

撮影は数時間にわたることもあるため、肌触りや衣装の重さとの相性はたいへん大切です。

  • 肌触り: 肌に直接触れる部分もあるため、肌触りが良いものを選ぶことが大切です。
  • 衣装の重さ: 着物や打掛の素材や重さによって、動きやすさが変わってきます。長時間の撮影を考慮して、動きやすく、また季節に合わせた素材を選ぶことがポイントです。

フォトウェディングの際の打掛の選び方

結婚式は特別な日。フォトウェディングは、一生の思い出となる写真を残す大切な時間です。そして、フォトウェディングの衣装として、和装の打掛はたいへん人気があります。この章では、フォトウェディングでの打掛の選び方について紹介していきます。

結婚式場での撮影か、別の場所での撮影か

結婚式場での撮影は、挙式や披露宴の空間を最大限に生かし、その雰囲気の中での打掛姿を写真に収めることができます。一方、別の場所での撮影、例えばロケーションフォトウェディングを選ぶ場合は、自然の中や歴史的建造物、街並みなど、さまざまな背景を選ぶことができます。

結婚式場での撮影の魅力

  • 着物や小物との色の組み合わせが、式場の装飾や照明と合わせて一体感を持つ。
  • 挙式や披露宴の直前、直後に撮影することで、その日の感動や喜びをそのままの姿で写真に収めることができる。

別の場所での撮影の魅力

  • 自分たちの好きな場所やテーマに合わせたロケーションを選ぶことができる。
  • 自然の中や都会の中、季節の風物詩など、さまざまな背景を選ぶことができる。

ゆめやの婚礼ロケーション撮影プランは東京都内での撮影となりますが、大自然もいっぱいありますよ。日本庭園や洋風建築物など、アンティーク着物にぴったりのスポットをご用意しています。

価格にも自信があります。撮影の曜日や、選ぶ衣装によって価格が変わる店舗が多い中で、ゆめやの婚礼ロケーション撮影プランは一定料金です。いつ撮っても、何を着ても、同じ価格なのは安心ですよね。他店さまとの比較を表にしてみましょう。

費用と魅力を読み解く方法

打掛の選び方は、もちろん費用も考慮しなくてはなりません。ただ安いからといって選んでしまうと、後悔することも。打掛の魅力と、それに見合った費用をしっかりと読み解く方法について考えてみましょう。

打掛の魅力を知る

  • 打掛の色や柄、刺繍などの細部までしっかりと見て、その美しさやこだわりを感じる。
  • 打掛の歴史や伝統を知ることで、その背景にある意味や価値を理解する。

費用とのバランスを取る

  • 打掛のレンタル料金や、それに付随する小物やヘアメイクの費用をしっかりと確認する。
  • 費用と打掛の魅力とを天秤にかけ、自分たちの予算や希望に見合ったものを選ぶ。

色の組み合わせをどう選ぶべきか

打掛の色選びは、フォトウェディングの大きなポイントの一つ。伝統的な赤や白、現代的なカラー打掛などの中から、どの色を選ぶかで、撮影の雰囲気も大きく変わります。

伝統的な色の打掛

  • 赤や白は、結婚式や婚礼において、縁起の良い色として伝統的に選ばれてきました。
  • 赤は華やかさや幸福を、白は純潔や清らかさを象徴します。

ゆめやの婚礼衣装から、白地に赤や金が印象的な「立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」をご紹介しましょう。気品にあふれ、まるで後光が差しているかのような美しさの、アンティーク色打掛です。御所車・檜扇・つづら・宝尽くし・鼓などが手刺繍で施してあります。

手刺繍という大切な技術は、根気と気力と芸術性とを兼ね備えた人が、何十年もの修行をして受け継いでいきます。熟練の職人になっても、1枚の着物に5年の歳月をかけて手刺繍を施すのだそうです。せっかくゆめやに来てくれた打掛です。手入れや補修をしながら、これからもたくさんの花嫁さんに着ていただきたい着物です。

現代的なカラー打掛

  • ピンクや青、緑など、さまざまなカラーが登場しています。
  • 自分たちの好きな色や、撮影する場所の雰囲気に合わせて選ぶことができる。

ゆめやにもカラフルな色打掛をご用意しています。「花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式」は、デザイナー花井幸子さんが作られた色打掛、裏の紅絹には銘が織られています。花嫁衣裳には珍しい緑色の地に、桜・紅葉・撫子・菊・牡丹が描かれ、御所車も進む、百花繚乱の華やかな打掛です。花井先生は日本舞踊の名手とのことですので、その流れで着物のデザインもなさったのかもしれませんね。

フォトウェディングは、一生の思い出となる大切な時間。打掛の選び方や、撮影の方法など、さまざまな要素が絡み合っています。ですが、最も大切なのは、二人の思い出として残る写真を撮ること。自分たちの好きなものを選び、最高の一日を迎えてください。

打掛を魅せる前撮りの撮影術

結婚式の前撮りは、最も特別な瞬間を残す大切な機会です。打掛を中心に撮影する場合に、その魅力を最大限に引き出す撮影術を知ることは、さらに思い出深い写真を残すための鍵となります。

色彩豊かな背景の選び方

打掛の美しい色彩を引き立てるためには、背景の色の選び方もポイントです。

  • 自然の緑: 新緑の季節や、紅葉の時期は、打掛の赤や白とのコントラストが美しく映えます。
  • 伝統的な建築物: 木造の神社や寺などの建築物は、打掛の伝統的な柄や色と相性が良いです。
  • 現代的なロケーション: グラフィティのある壁や、都市の風景なども、打掛との対比で新しい魅力を引き出します。

美しい和装を引き立てる撮影テクニック

撮影時のテクニックで、和装の美しさをより一層引き立てることができます。

  • 光の利用: 日の出や日の入りの柔らかな光は、打掛のシルクの質感や刺繍の輝きを際立たせます。
  • アングルの工夫: 低い位置からのアップアングルや、高い位置からのダウンアングルは、被写体の存在感を増す効果があります。
  • ボケを利用: 背景のボケを利用して、打掛や花嫁をメインに浮かび上がらせることで、フォトウェディングの写真に深みを持たせることができます。

こだわりのポイントで魅せるフォトウェディング

フォトウェディングの撮影では、細部にこだわることで、写真の仕上がりを見た時に深い感動を与えることができます。

  • 小物の映え: 打掛の柄と同じモチーフの小物や、色合いを合わせた帯締めなど、小物の取り入れ方も撮影のポイントとなります。
  • ヘアメイクとの調和: 和装に合わせたヘアメイクは、打掛の色や柄との調和を意識して選ぶと、より一層の完成度を高めることができます。
  • 被写体の表情: 自然な笑顔や、しっとりとした表情など、その瞬間の感情を大切に捉えることで、撮影された写真に深いストーリーを感じさせることができます。

まとめ

日常の喧騒から一歩離れ、特別な一日を迎える結婚式。その前撮りの中で、和装の「打掛」が華やかに彩る姿は、まさに非日常の美しさです。これまでの情報をもとに、打掛前撮りの魅力と、次に進むステップとしてのポイントをまとめていきます。

打掛前撮りの魅力を最大限に

打掛の持つ色彩と伝統的な柄は、まさに和装の中のアート。前撮りでその魅力を最大限に引き出すためには、

  • 色の選び方: 打掛には多彩な色があります。その中で特に赤や白、黒などの基本色から、黒や緑、紫といったこだわりのカラーまで、打掛の色は撮影の大きな魅力となります。
  • 着こなし術: 打掛の着こなしは、自分の体型や好み、さらには撮影のテーマに合わせて、最適な方法で着ることが大切です。気軽に店舗で相談することで、自分に合った打掛の着方を見つけることができます。
  • 撮影のテクニック: 美しい打掛をさらに引き立てる撮影テクニック。色彩豊かな背景の選び方や、撮影のアングル、光の使い方など、撮影のプロフェッショナルと一緒に考えることで、一生の思い出となる写真を残すことができます。

次に進むステップとしての選び方のポイント

前撮りを終えて、次に進むステップとして考えるべきことは、

  • フォトウェディング: 前撮りだけでなく、結婚式当日の撮影も考える場合は、どのようなスタジオやロケーションでの撮影を選ぶかが大切です。打掛の色や柄、自分のこだわりを生かした撮影プランを組むことで、一生の思い出となる写真を残すことができます。
  • 衣装の選び方: 打掛だけでなく、白無垢や色打掛など、他の和装も考慮する場合は、どのように組み合わせるかがポイントとなります。伝統的な組み合わせや、自分の好みに合わせたオリジナルの組み合わせなど、多くの選択肢があります。
  • 予算の考慮: 打掛や和装のレンタル、撮影の費用など、予算をしっかりと考えることも大切です。自分の希望と現実的な予算をしっかりと合わせることで、無駄なく前撮りを楽しむことができます。

打掛の前撮りに関する情報をお届けいたしました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。打掛の前撮りを通して、一生の思い出を形に残すことができるように心から願っています。打掛の美しさと、撮影の楽しさを存分に味わい、最高の一日を迎えてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ_ham

袴で卒業式を華やかに!近くのレンタル着物店で探すポイントと注意点

はじめに 春の卒業式に向け、準備を始めた方もいるのではないでしょうか。特に、女性にとって卒業式の衣装選びは楽しみの一つですよね。卒業式では、袴を着る人も多く、その中でも最近はレンタルが注目を集めています。そこで今回は、卒 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!