着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

白無垢イメージ

【婚礼】白無垢もウェディングドレスも両方着たい!色直しのアイデア

はじめに

結婚式は一生に一度の大切な日。そんな特別な日に、花嫁が選ぶ衣装はたいへん重要。和装の「白無垢」や洋装の「ウェディングドレス」を選ぶ花嫁が多く、そのどちらも着るという選択をする方も少なくありません。白無垢とウェディングドレス、それぞれに異なる魅力があり、両方を着ることでその日の思い出がより豊かなものになります。

白無垢は、その名のとおり真っ白な衣装で、純粋無垢な花嫁を象徴しています。伝統的な和装で、神前式でよく選ばれます。一方で、ウェディングドレスは華やかで洗練された印象を与え、教会式でよく選ばれる衣装です。ウェディングドレスにはいろいろな色や形があり、自分自身の個性を表現することができます。

両方を着るメリットとしては、まず、写真やアルバムを見た時に、違う印象の花嫁姿を残すことができることです。また、家族や親族・ゲストにも、和装と洋装、どちらの花嫁姿も見せることができ、記憶にも残りやすくなります。さらに、結婚式の雰囲気も一変するので、より盛り上がること間違いなしです。

この記事では、白無垢とウェディングドレスを両方着る際のポイントや注意点、両方を着るメリットやそれぞれの衣装の特徴、そして結婚式の進行に合わせたお色直しのタイミングなど、結婚式を迎える花嫁さまに知っておいていただきたい情報を紹介していきます。また、和装と洋装をどのようにバランスよく取り入れるか、どのように選び、準備を進めていけばよいのかについても触れていきますので、これから結婚式を予定している花嫁さまはぜひ参考にしてください。

白無垢とウェディングドレスの基本知識

白無垢とは何か?

白無垢は、日本の伝統的な結婚式で花嫁が着る白い着物です。その名のとおり、純白であり、花嫁の純粋さや清らかさを象徴しています。もともとは神前式で着用されることが多かった衣装で、近年では神社での結婚式だけでなく、ホテルや式場での結婚式でも選ばれることがあります。

白無垢を象徴する「白」は、昔から邪気を払う色であると考えられてきました。神聖な神前式を迎えるためにふさわしい衣装といえるでしょう。また、白無垢を着ることで、花嫁は新郎の家族に迎え入れられる準備ができているという意味もあります。

白無垢は、真っ白な衣装ではありますが、さまざまな柄がほどこされているのが特徴です。「鶴」や「鳳凰」などの縁起の良い「吉祥文様」と呼ばれるモチーフがほどこされていて、これらは長寿や幸せを願う意味が込められています。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。お蚕さんが紡ぎ出してくれた絹糸から、上物だけを選りすぐって織り上げた正絹は、平織りでも美しく、さらに、織り柄が入った生地はゆらゆらと揺らめく輝きを放ちます。生地だけでも見応えがあるうえに、手染め・手描き・手刺繍で描き出された絵柄に職人の技術の高さと真心を感じる逸品ばかりです。極上の婚礼衣装を取り揃えて、花嫁さま・花婿さま・ご家族さまのサポートをさせていただけることを楽しみにしています。

まずは「ゆめやの婚礼」から、花嫁さまにおすすめの白無垢をご紹介しましょう。「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」は何羽もの羽ばたく鶴が織り出されたアンティーク白打掛一式です。鶴の羽が銀やグレーで織られ、白い中にも表情のあるデザインの白無垢です。正絹特有のアイボリーがかった独特の色合いにうっとりとするほど。掛下・半衿・筥迫なども、すべて正絹でお蚕ぐるみになっていただけますよ。

ウェディングドレスの種類と特徴

ウェディングドレスにはさまざまな種類があります。Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、エンパイアラインなど、さまざまなシルエットがあり、花嫁の体型や好みに合わせて選ぶことができます。

また、ウェディングドレスの色も白だけでなく、アイボリーやシャンパンゴールド、ピンクなど、さまざまなバリエーションがあります。結婚式の雰囲気やテーマに合わせた選択をしましょう。

ウェディングドレスを選ぶ際には、式のスタイルや会場、季節に合わせた選択が大切。例えば、教会式であればトレーンの長いドレスが似合いますし、ビーチウェディングであれば軽やかなドレスが適しています。

和装と洋装のバランスの取り方

白無垢とウェディングドレスを両方着る際には、そのバランスを考えることが重要です。和装と洋装を上手に組み合わせることで、結婚式全体の印象がグッと引き締まります

例えば、挙式で白無垢を着用し、披露宴ではウェディングドレスにお色直しするという方法があります。挙式では厳かで落ち着いた雰囲気を演出し、披露宴では華やかで明るい雰囲気を作り出すことができます。

また、披露宴でのお色直しで再度和装に戻るという選択もあります。ゲストを驚かせる演出になり、結婚式全体を盛り上げることができます。ただし、和装に着替えるには、洋装よりも時間がかかってしまうことを考慮する必要があります。

和装と洋装をバランス良く取り入れることで、結婚式全体の印象がより豊かになり、ゲストにも思い出に残る素晴らしい一日となるでしょう。

着るシーンとコーディネート

結婚式の中での白無垢の着用シーン

白無垢は、結婚式においてたいへん重要な衣装です。特に神前式では、花嫁が白無垢を着用することが一般的とされています。白無垢は純白で、花嫁の純潔と新しいスタートを象徴しています。また、家族や親族との時間を大切にするために、披露宴前前撮りの際にも白無垢を着ることがあります。

白無垢を着る際には、その他の小物や髪型も合わせることが重要です。花嫁は、伝統的な日本髪にセットすることもあれば、最近では洋風にセットすることもあります。また、綿帽子や角隠しといった帽子のような飾りも特徴的です。

ゆめやの婚礼から、洋髪が似合う白無垢をご紹介しましょう。衣装を着替え、ヘアスタイルを整えるだけで、白無垢からドレス、ドレスから白無垢へのお色直しを短時間ですませることができます。

オフホワイトに鶴や松のビーズやスパンコールが輝く白打掛」は、オフホワイト色の正絹地に鶴・松・牡丹・藤の花が織り出され、鶴の羽根や松の葉などの要所要所を銀糸の手刺繍とビーズやスパンコールで加飾した、アンティークの白打掛です。半衿は、白糸と金糸で、鶴・松・竹・小菊が手刺繍された正絹を合わせ、帯・帯締め・帯揚げや、筥迫・末広・懐剣は、白で統一しました。打掛が真っ白ではなくオフホワイトのため、小物の白さが際立つコーディネートになりました。

ウェディングドレスを着る最適なタイミング

ウェディングドレスを着る最適なタイミングは、披露宴二次会といった、華やかな雰囲気の中でゲストをお迎えする時間帯です。ウェディングドレスは、花嫁が最も輝く瞬間を演出し、ゲストに素晴らしい印象を与えることができます。

披露宴では、ウェディングドレスを着て入場することで、会場内の雰囲気が一気に華やかになり、ゲストの注目を集めることができます。また、ウェディングドレスは、花嫁自身が選び、自分自身を最も美しく見せることができる衣装ですので、自信を持って着用することが大切です。

ウェディングドレスを選ぶ際には、会場の雰囲気や自身の体型、好みを考慮し、最も似合うデザインを選びましょう。また、ドレスの色やデザイン、素材など、細部にまでこだわりを持ち、トータルコーディネートを楽しむことができます。

シーンに合わせたコーディネートのポイント

結婚式においては、シーンに合わせたコーディネートがたいへん重要です。白無垢とウェディングドレス、どちらもその日の主役である花嫁が最も輝くための衣装です。

白無垢を着る際には、和装に合わせた小物や髪型を選び、全体のバランスを考えることが大切です。ヘアスタイルや小物によって、伝統的な雰囲気を作り上げることもできますし、洋風と和風が調和した雰囲気にすることもできます。

一方ウェディングドレスを着る際には、ドレスのデザインや色に合わせたアクセサリーを選び、花嫁自身の個性を表現することが大切です。また、ドレスのトレーンやベールなどのアイテムを上手に取り入れることで、より華やかな印象を与えることができます。

両方の衣装を着ることで、和洋折衷の結婚式を演出することができ、ゲストにとっても思い出深いものとなるでしょう。結婚式の一日を通して、さまざまなシーンで異なる衣装を楽しむことで、花嫁自身も思い出に残る特別な一日となるはずです。

白無垢とウェディングドレスの着付けとヘアメイク

和装の着付けと注意点

白無垢の着付けには、プロの技が必要とされ、細部にわたって気を使う必要があります。

まず、白無垢を着る際には、体のラインを整えることが重要です。タオルなどを使って補正することもあれば、和装ブラなど補正下着を着用することもあります。

次に、衿元の調整に注意が必要です。白無垢の衿元は、清楚で美しい印象を与えるためには、緩すぎず、かつ、窮屈すぎないように調整する必要があります。また、帯は締めすぎず、適度な締め付けで整えます。締めすぎると体に負担がかかり、結婚式を楽しむことができなくなってしまいます。

着付け師と事前に十分な打ち合わせを行い、自分の体に合った着付けをしてもらいましょう。また、結婚式当日は長時間着ることになるため、着付けの際には快適さも考慮する必要があります

ウェディングドレスの着付けと注意点

一方で、ウェディングドレスの着付けには、補正下着やペチコートが必要となります。それらを使用することで、ドレスのシルエットを美しく見せたり、ドレスの広がりを調整し、動きやすさを確保したりすることができます。

また、バックスタイルにも注意が必要。多くのウェディングドレスは、背中が開いているデザインが多いため、ブラジャーのストラップや補正下着が見えないように注意しましょう。ドレス担当者と相談し、適切なアンダーウェアを選びましょう。

ウェディングドレスを着る際には、ヒールの高い靴を合わせることが一般的ですが、長時間立っていることになるため、足の痛みにも注意が必要です。必要であれば中敷きを使用するなどして、足の痛みを軽減することができます。

和装と洋装でのヘアメイクのポイント

ここで、和装と洋装でのヘアメイクのポイントについて紹介します。和装では、伝統的な日本髪にセットします。地毛でセットできない場合には、かつらを使うことも一般的です。また、最近では和装に合うような洋髪にセットすることもあります。

一方、ウェディングドレスを着る際のヘアメイクは、ドレスのデザインや雰囲気に合わせて、華やかでエレガントなスタイルが選ばれることが多いです。ベールやティアラ、フラワーを使用することで、花嫁らしさを演出することができます。

ナチュラルな造花が一輪ずつに分かれたかんざし」は、菊やダリア、野イチゴの花に木の実や葉っぱなど、たくさんのナチュラルな造花がセットされたかんざしです。青・水色・グリーン・赤・白・紫など、天然の色ばかりで揃えられています。まとめて留めても、バラバラに留めても、かわいらしく仕上がります。ご招待客のお迎えと、新郎新婦入場で、挿す位置や数を変えるだけで、別の衣装のような印象になりそうですよ。

和装と洋装では、使用する小物やメイクのスタイルが大きく異なるため、事前にヘアメイクアーティストと十分な打ち合わせを行い、納得のいくスタイルを選びましょう。また、結婚式当日には時間に余裕を持って準備を行うことで、スムーズに着替えることができます。

結婚式会場とロケーションの選び方

白無垢とウェディングドレスに合う会場の選び方

結婚式において、白無垢やウェディングドレスといった衣装選びはたいへん重要なポイント。また、和装と洋装、それぞれの衣装に合わせた、最適な会場を選ぶことが大切です。

まず、白無垢を選ぶ場合は、和の雰囲気を感じさせることができる神社や和風の式場がおすすめです。神前式を執り行うことができ、和装にふさわしい厳かな雰囲気を楽しむことができます。また、和風の式場では、家族や親族と一緒にアットホームな雰囲気の中、結婚式を挙げることができます。

一方で、ウェディングドレスを選ぶ場合は、華やかでモダンなホテルの式場やチャペルがおすすめです。ホテルの式場では、豪華な演出や洗練されたサービスを受けることができ、非日常的な空間で特別な一日を過ごすことができます。チャペルでは、クリスチャン式の結婚式を執り行うことができ、ウェディングドレスにふさわしい神聖な雰囲気を楽しむことができます。

また、会場選びにおいては、小物や装飾品も重要なポイントです。白無垢には、和風の小物や装飾品を合わせることで、より伝統的な印象を与えることができます。ウェディングドレスには、エレガントな小物や装飾品を合わせることで、豪華で上品な印象を与えることができます。

ムードや雰囲気を盛り上げるロケーション選び

結婚式のムードや雰囲気を盛り上げるためには、ロケーション選びが重要です。結婚式の会場によっては、その場所自体が持つ歴史や文化、自然の美しさが、式の雰囲気をより一層引き立ててくれることでしょう。

たとえば、海が見える会場での結婚式は、開放感があり、リゾートウェディングのような雰囲気を楽しむことができます。また、緑豊かな庭園や花畑が広がる会場では、自然と一体となりながら、アットホームで温かみのある雰囲気を楽しむことができます。

ロケーション選びにおいては、その地域の気候や季節も考慮する必要があります。たとえば、海辺のロケーションは夏に最適ですが、冬には風が強くなり、凍えてしまうことが考えられます。そのため、季節や天候に合わせたロケーション選びが求められます。

また、結婚式のスタイルやテーマに合わせてロケーションを選ぶことも重要です。カジュアルなパーティーを希望するなら、ビーチやレストランといったカジュアルな場所がおすすめ。一方で、フォーマルな結婚式を希望するなら、歴史ある教会や格式高いホテルの式場がおすすめです。

プランナーと相談しながら決めていくポイント

結婚式の会場やロケーション選びにおいては、プロのアドバイスを受けることがたいへん重要です。ウェディングプランナーは、多くの結婚式を手がけていて、さまざまな要望に応じた提案をしてくれます。

プランナーとの相談では、まず自分たちの希望や予算をはっきりと伝えることが大切です。プランナーの提案やアドバイスを参考にしながら、最適な選択をしましょう。

また、会場やロケーション選びにおいては、費用も重要なポイント。プランナーと相談して、予算内で最適な選択をしましょう。

結婚式は一生に一度の大切なイベントです。プランナーとしっかりと相談し、自分たちにとって最適な選択を行うことで、思い出に残る素晴らしい結婚式を実現しましょう。

注意点とお役立ち情報

白無垢とウェディングドレスを着る際の注意点

結婚式は人生で最も美しい瞬間の一つです。特に、衣装選びはたいへん重要なポイントです。白無垢とウェディングドレス、それぞれに気を付けるポイントがありますので、しっかりと把握しておきましょう。

白無垢を選ぶ際には、和装特有の着付けが必要となります。白無垢はたいへん繊細で、素材もデリケートですので、着る際には十分な注意が必要です。また、白無垢は体をしっかりと固定するため、若干窮屈に感じることがあります。ですが、美しい姿勢を保つためには欠かせません。

一方、ウェディングドレスは、その豪華さと華やかさが魅力ですが、ドレスによっては重量があり、長時間着ていると疲れてしまうことがあります。特に、披露宴では動き回ることが多いので、動きやすさも考慮に入れて選ぶことが必要です。また、ドレスのデザインによっては、着脱が難しいものもありますので、事前に確認しておきましょう。

白無垢とウェディングドレス、両方を着用することを希望する花嫁も多いです。その場合は、時間配分とスケジュールの調整が重要です。事前にプロのプランナーと相談し、スムーズな着替えができるように計画を立てておきましょう。

お色直しのタイミング

結婚式において、お色直しは大切な演出の一つ。花嫁が新しいドレスや和装に着替えることで、会場の雰囲気も一新され、ゲストに新たな印象を与えることができます。ですが、適切なタイミングでお色直しをすることが必要です。

通常、お色直しは披露宴の途中で行われます。最初に白無垢やウェディングドレスで入場し、祝辞や乾杯などを終えた後に、別の衣装に着替えるのが一般的です。お色直しのタイミングは、披露宴の流れや演出により異なりますが、ゲストが食事を楽しんでいる最中や、余興が行われている時間帯がおすすめです。

お色直しには時間がかかるため、事前に十分な時間を確保しておくことが大切。特に、洋装から和装への着替えは、細かい手作業が多くなるため、予想以上に時間がかかることがあります。プロのアシスタントやプランナーと相談し、スムーズに着替えられるように準備を整えておきましょう。

事前に知っておきたい役立ち情報

結婚式を成功させるためには、事前の準備が欠かせません。特に、衣装選びにおいては、事前に知っておきたい情報がたくさんあります。

まず、白無垢やウェディングドレスは、購入することもできますが、レンタルすることが一般的です。レンタルの場合は、予約が必要なことが多いので、できるだけ早めに検討を始めましょう。また、衣装にはさまざまな種類がありますので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。式場やプランナーに相談しながら、納得のいく選択をしましょう。

また、結婚式には多くの費用がかかります。衣装選びにおいても、予算は重要なポイントです。事前に予算をしっかりと決め、その範囲内で最適な選択を行うことが大切。プランナーと相談しながら、無理のない計画を立てましょう。

ゆめやの婚礼」なら、1着レンタルするよりも、セットでレンタルする方がだんぜんお得です。白無垢・色打掛・黒引き振袖などから、お好きな婚礼衣装を選んでいただけますので、どうぞご覧になってください。

結婚式は一生に一度のイベントです。しっかりと準備を行い、最高の一日を迎えるために、事前に知っておくべき情報をしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

白無垢とウェディングドレスを着る際のポイントのおさらい

結婚式において、花嫁の衣装はたいへん重要です。特に、白無垢とウェディングドレスは、それぞれの持つ魅力と注意点がありますので、しっかりとおさらいしましょう。

白無垢は、日本の伝統的な結婚式、特に神前式でよく選ばれる和装です。その純白の美しさと繊細な刺繍は、花嫁を一層引き立ててくれます。ですが、着る際には、体をしっかりと固定するため、窮屈に感じることがあります。また、素材がデリケートであるため、扱いには十分な注意が必要です。

ウェディングドレスは、その豪華さと華やかさが魅力的です。さまざまなデザインやスタイルがありますので、自分に合ったものを選ぶことができます。ですが、ドレスの重量や着脱の難しさも考慮する必要があります。披露宴での動きやすさも重要なポイントです。

また、白無垢とウェディングドレス、両方を着ることを希望する場合は、時間配分とスケジュールの調整が重要です。プロのプランナーと相談し、スムーズなお色直しができるように計画を立てましょう。

結婚式をすてきに彩るための最終チェック

結婚式を迎える前の、最終チェックをしましょう。まず、衣装の選び方ですが、自分の体型や好み、式場の雰囲気に合ったものを選ぶことが重要です。白無垢やウェディングドレスの予約は早めに済ませ、必要であれば小物も一緒に選んでおくとよいでしょう。

撮影に関しても、前撮りや披露宴中の写真撮影の計画を立てておくと、スムーズに進行することができます。家族や親族との撮影も忘れずに計画に入れておきましょう。

式場や披露宴会場の最終確認も忘れずに。招待したゲストが快適に過ごせるよう、会場の雰囲気や座席の配置をチェックしておくことが重要です。

最後に費用の最終確認を行いましょう。結婚式は多くの費用がかかるイベントですので、予算内で無理なく計画を立てることが大切です。事前にプランナーと相談し、納得のいく結婚式を迎えられるように準備を整えておきましょう。

これから結婚式を迎える皆さんへのエール

結婚式は、おふたりの新しい門出を祝う大切なイベントです。準備の過程も大変かもしれませんが、それは決して無駄ではありません。事前の準備と計画をしっかりと行えば、すてきな一日を過ごすことができます。

白無垢やウェディングドレスを選ぶことは、多くの花嫁にとって大切な機会です。自分に合った衣装を選び、美しい姿で家族や友人、そして大切な人とすてきな時間を過ごしてください。

結婚式は、おふたりの新しいスタートの場です。これから始まる新しい生活に希望と喜びを持って、最高の一日を迎えてください。おふたりの幸せを心からお祈りしています。

〈参考記事〉
https://weddingphoto.onestyle.co.jp/howto/column239
https://shiromukuya.com/columns/select_point/
https://wakon-style.jp/iroha/6507/
https://wakon-style.jp/iroha/6395/
https://shiromukuya.com/columns/shinzenshiki/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/hairstyle-makeup/japanese-hairstyle/08/https://shiromukuya.com/columns/shiromuku_komono/
https://www.wacoal.jp/bridal/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

校舎と桜・入学式イメージ

入学式に着物を着る人への完全ガイド!選び方から着方まで解説

はじめに 入学式は、お子さまの新たなスタートを祝う大切な日です。この特別な日に、着物を着て式に臨むことは、ただの服装としての選択だけではなく、文化と伝統を身にまとうという、大切な選択といえるでしょう。日本の格式ある行事に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!