着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

成人式前撮り撮影プラン_緋色に菊の花薫る振袖【fui06】

【プロ監修】成人式の振袖、レンタルの相場は? 価格帯と準備のコツ

はじめに

振袖レンタルとは何か?

振袖は、成人式や結婚式などで、独身女性が特別な日に着用する日本の伝統的な衣装です。この美しい衣装は、多くの女性にとっての憧れ。ですが、振袖一式を揃えるとなると、その価格はたいへん高くなることが多いです。そこで活用できるのが、振袖のレンタルサービスです。振袖レンタルは、振袖、帯、小物一式を一定期間借りることができます。最近では、さまざまな柄や色、デザインの振袖がレンタルできるため、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

レンタルの料金は、購入するよりもかなり安く抑えられる傾向にあり、多くの方が利用しています。さらに、レンタルならではのメリットとして、着付けやクリーニング、保管の手間が不要である点が挙げられます。これらのサービスがセットになっているため、振袖を着る機会が少ない方でも、気軽に振袖を楽しむことができるのです。

成人式で振袖をレンタルするメリット

成人式は、一生に一度の大切なイベントです。この特別な日には最高の装いでのぞみたいと思うのは当然のこと。振袖レンタルを利用することで、成人式を彩るすてきな振袖を手軽に着ることができます。

レンタルの一つ目のメリットは、費用を抑えられること。振袖一式を購入すると、それだけで数十万円以上かかることが多いですが、レンタルならばその一部の価格で済みます。特に、成人式には美容室でのヘアメイクや記念撮影など、他にもさまざまな費用がかかるため、振袖にかかる費用を抑えることができれば、その分他の準備に余裕を持たせることができます。

二つ目のメリットは、多様な選択肢から選べること。振袖レンタルショップでは、古典的な柄から最新のデザインまで、さまざまなスタイルの振袖を取り揃えています。これにより、自分の好みや成人式のテーマに合わせて、最適な一着を選ぶことができます。

三つ目のメリットは、準備が簡単であること。振袖をレンタルすると、必要な小物一式がセットになっているため、自分で一から揃える必要がありません。また、当日はプロのスタッフが着付けをしてくれるため、着崩れる心配もありません。

これらのメリットを活かして準備を進めていくことで、思い出に残る一日を過ごすことができるでしょう。

振袖レンタルの相場と価格

成人式の振袖レンタル価格の平均は?

成人式の振袖レンタルの価格はさまざま。多くの場合の価格は一式レンタルで10万円から30万円程度とされていますが、選ぶ振袖やプランによってはそれ以上になることも珍しくありません。この価格には、振袖自体のレンタル料金のほかに、帯、小物、着付け、ヘアメイク、中には前撮りなどが含まれている場合もあります。ですが、プランの内容や提供されるサービスはレンタルショップによって異なるため、価格だけでなく内容をしっかりと確認することが重要です。

価格が変動する主な理由

振袖レンタルの価格が変動する主な理由は、振袖のブランドやデザイン、使用されている素材、サービスの充実度によるものです。例えば、有名な作家が手がけた振袖や高級な素材を使用したもの、細かい刺繍や絞りが施されている振袖は価格が高くなる傾向にあります。また、着付けやヘアメイクをプロの美容師が担当する場合や、前撮りや記念写真の撮影がセットになっている場合も、価格が上がる要因となります。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。補修をしながら大切に受け継いできた100年ものの着物は、しっとりとした日本の色で満たされ、手描きや手刺繍で彩られています。着物をご覧いただければ、価格にもご納得いただけるでしょう。小物は髪飾り以外のフルセットでお届けいたしますので、どうぞご安心ください。

まずは「波打つ水面に扇・牡丹・菊・橘の五つ紋付色振袖」をご覧いただきましょう。爽やかな水色の水面に波が打ち、扇や花々が手描き・手刺繍された、アンティークの五つ紋付色振袖です。扇・牡丹・菊・橘などの絵柄に手刺繍や金駒刺繍がほどこされています。波の絵ではありますが、ちっとも荒々しくなく、これから先の大人としての人生が穏やかであることを願っているようです。

価格差が出るポイント

振袖レンタルにおいて価格差が出るポイントはいくつかあります。一つは、レンタルする振袖自体のクオリティです。新作や人気のデザイン、高級ブランドのものは価格が高くなります。次に、レンタルプランの内容です。一式で提供されるアイテムの数やサービスの充実度によって価格が異なります。また、時期によっても価格が変動することがあり、特に成人式のシーズンは需要が高まるため、早めの予約が必要です。予約のタイミングやキャンセルポリシーも確認しておきましょう。

成人式の振袖レンタルを選ぶ際は、価格だけでなく、提供されるサービスや付属アイテムの内容をしっかりと確認し、自分の予算と希望に合った最適なプランを選ぶことが重要です。また、試着をして自分に似合うデザインや色を選ぶこと、事前にクリーニングやメンテナンスが行き届いているかを確認することも忘れてはなりません。これらを踏まえることで、納得のいく振袖レンタルができます。

ゆめやの振袖はほとんどが時代を経てきたアンティークです。昭和以降に仕立てられた現代物もありますが、アンティークでも現代物でも、品質にはかなりの自信を持っています。まずは、上質の正絹100%であること。次に、手縫い・手描き・手刺繍など、工程の全てが職人の手作業であること。肌触りの良さと、絵柄の重厚感は、他店様の着物とは一線を画すところです。

自慢の振袖から「緋色に菊の花薫る振袖」をご覧いただきましょう。大正時代のアンティークきもの「菊の花薫る訪問着」の復刻版の振袖です。緋色地をベースに、縦のラインに添って白菊・乱菊・小菊があしらわれています。正統派の着付けでお召しいただくほかに、ブーツや帽子で大正ロマン風にアレンジしてもかわいらしいですよ。

成人式の振袖レンタルで注意すべき点

予算設定の重要性

成人式の振袖レンタルにおいて、予算の設定はたいへん重要です。振袖一式をレンタルする際には、レンタル料金以外にもさまざまな費用がかかりますので、事前にしっかりと計算しておく必要があります。

まず、振袖レンタルの相場は、先ほどご紹介したように、10万円から30万円程度とされています。ですが、これはあくまで基本的なレンタル料金であり、選ぶ振袖のブランドやデザイン、小物の豊富さによって価格は大きく異なります。

予算を設定する際には、振袖レンタル料金の他に、着付けやヘアメイク、前撮り撮影などの費用も考慮に入れる必要があります。これらのサービスを利用すると、全体での費用はかなりの金額になることが予想されるため、予算オーバーしないよう慎重に計画を立てましょう。

また、予算設定の際には、万が一のための余裕を持っておくことも大切です。何かトラブルが発生した際に、追加で費用がかかることも考えられますので、予備の予算を設けておくと安心です。

ゆめやの振袖レンタルは、着物1着に、帯・バッグ・草履・帯揚げ・帯締め・長襦袢・足袋など、着付けに必要な小物をフルセットでご用意いたします。髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みで要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいています。詳しくは商品ページの下部でご確認ください。

振袖レンタルの料金に含まれるもの、含まれないもの

振袖レンタルを利用する際には、レンタル料金に何が含まれているのか、しっかりと確認しておく必要があります。一般的に、振袖レンタルの料金には、振袖本体、帯、長襦袢、重ね衿、帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどの基本的なアイテムが含まれています。

ですが、これ以外にも着付け小物や足袋、髪飾りなどが必要になる場合がありますので、これらのアイテムがレンタル料金に含まれているのか、別途料金がかかるのか、などを確認しておくことが大切です。

また、着付けやヘアメイク、前撮り撮影などのサービスは、レンタル料金に含まれていない場合があります。これらのサービスを利用する際には、別途料金がかかることがありますので、事前に確認し、予算に組み込んでおくことが重要です。

追加料金が発生するオプション

振袖レンタルを利用する際には、追加料金が発生するオプションもあります。例えば、特別なブランドの振袖を選んだり、刺繍や金彩などの手の込んだデザインを選ぶと、追加料金がかかることがあります。

また、着付けやヘアメイクをプロのスタッフに依頼すると、その分の料金が追加されます。特に、成人式当日は多くの人が振袖を着るため、美容室や着付けスタッフはたいへん混み合います。確実にプロのスタッフに頼みたい場合には、早めに予約を入れておきましょう。

前撮り撮影も、追加料金がかかるオプションの一つです。前撮り撮影をすることで、成人式当日よりもゆっくりと撮影を楽しむことができますし、さまざまなポーズや背景で撮影をすることが可能。ですが、その分、撮影料金や衣装代が追加されますので、予算に余裕がある場合に検討するとよいでしょう。

ゆめやの前撮りは「成人式前撮りプラン「一生残る写真」だから、きものにこだわりたい 」として別途プランをご用意していますので、ぜひチェックなさってくださいね。2月から12月限定で、東京都内でのロケーション撮影プランや、振袖フルセットをお得な価格でレンタルできるプランとなります。

ここまで、成人式の振袖レンタルにおいて注意すべき点について解説しました。予算の設定、レンタル料金に含まれるものの確認、追加料金がかかるオプションについて知っておくことは、スムーズなレンタルをするためにたいへん重要です。事前にしっかりとリサーチし、計画を立てておくことをおすすめします。

予約と準備の方法

成人式の振袖レンタル、いつ予約すべき?

成人式は一生に一度の大切なイベントです。その日を迎えるためには、事前の準備が欠かせません。特に振袖のレンタルに関しては、早めの予約が必要。多くの人が成人式を迎える1月には、振袖の需要が高まりますので、予約は少なくとも半年以上前に済ませておくことが理想的です。

具体的な時期としては、成人式を迎える前の年の春から夏にかけてがおすすめです。この時期に予約を済ませると、豊富な選択肢の中から自分に合った振袖を選ぶことができます。また、人気の柄や色、デザインは早めに予約が埋まってしまう傾向があるため、早めの予約が大切です。

予約の際には、振袖の料金やレンタルセットに含まれるアイテム、追加料金が発生するオプションなど、詳細をしっかりと確認しましょう。また、予算設定も重要なポイントです。自分がどれくらいの予算で振袖をレンタルしたいのか、事前に計算しておきましょう。

成人式前の準備と確認事項

予約が完了したら、振袖を着るために必要なさまざまな小物類が準備できているかを確認しましょう。レンタルサービスの中に、帯や草履、バッグ、着付けをするための小物など、全て揃っていたら問題ありません。もし、不足しているアイテムがあれば、レンタルショップに相談するか、振袖に合うものを事前に購入しておきましょう。

さらに、成人式当日のスケジュールも確認しておく必要があります。振袖の着付けやヘアメイクの時間、成人式の開始時間などを確認し、時間に余裕を持って準備できるようにしましょう。美容室の予約も早めに済ませておくと安心です。

試着とサイズ選び

振袖の予約をする前に、忘れずに試着を行いましょう。試着することで、サイズが合っているか、色や柄が思っていたものと違っていないか、などを確認できます。特にサイズは大切なポイントで、きちんと合っていないと当日不快に感じることがあります。

サイズ選びのポイントとしては、身丈と裄丈を正確に測ることです。着丈は身長に合わせて調整することができます。レンタルショップのスタッフに相談しながら、自分に合ったサイズを選びましょう。

試着をする際には、成人式当日に着る下着を一緒に持っていくとよいでしょう。下着を着用して試着することで、より正確なサイズ感を確認することができます。また、帯や小物も一緒に試着し、全体でのコーディネートを確認しましょう。

ゆめやの振袖は、東京店山梨店で試着していただくことができます。ご試着希望の振袖を選んでいただきますのでご試着専用ページからお申し込みください。ご試着の際に小物をご確認いただくこともできます。遠方の方は、着物のみとはなりますが、ご自宅で試着していただけるプランをご用意しています。まずは実物をご覧くださいね。

振袖の予約と準備は、成人式を迎える上でたいへん重要です。余裕を持って行動し、自分が納得できる予約ができるようにしましょう。

コーディネートとアクセサリー

振袖と帯のコーディネートのコツ

振袖を着る際に、帯の選び方とコーディネートはたいへん重要なポイント。振袖は華やかなデザインが多く、帯とのバランスを考えることで、一層美しく見せることができます。コーディネートの際には、色合いや柄のバランスを考慮しましょう。

まず、色合いについてですが、振袖と帯の色は全く違うものを選ぶのがおすすめ。同系色の場合には、振袖と帯で濃淡をつけるようにすると、全体が締まって見えます。華やかにしたい場合には、金色の帯を使うのがおすすめ。また、個性的な雰囲気にしたいときは、振袖と反対色の帯を選ぶとよいでしょう。

柄に関しては、どのような帯結びにするかによって選ぶとよいでしょう。お太鼓結びにする場合は、お太鼓柄を選びます。それ以外の変わり結びをする場合には、全体に柄が入っている全通柄を選ぶことをおすすめします。ゆめやの振袖に全通柄の帯を結ぶとこうなります。華やかな変わり結びが楽しめますよ。

オプションで選べるアクセサリーとは?

振袖のコーディネートをより華やかにするためには、アクセサリーの選び方も重要です。多くのレンタルショップでは、振袖一式に加えて、アクセサリーをオプションで選ぶことができます。ここでは、振袖に合わせたアクセサリー選びのポイントを紹介します。

一般的に振袖に合わせるアクセサリーとしては、かんざし、帯留め、帯締め、帯揚げなどがあります。これらのアクセサリーは、振袖の色や柄に合わせて選ぶと良いでしょう。例えば、振袖が赤系の色の場合は、ゴールドやピンクのアクセサリーが合う傾向があります。

また、アクセサリーを選ぶ際には、季節も考慮しましょう。冬の成人式では、暖色系のアクセサリーを選ぶと季節感が出ます。逆に、夏の成人式では、涼しげな青や緑のアクセサリーを選ぶとよいでしょう。

夏の成人式におすすめの振袖もご紹介しておきましょうね。「灰白色の花菱に牡丹と菊が描かれた単衣の色振袖」は、単衣ですので、真夏の着物ではないのですが、夏に袷をお召しになるよりも断然単衣のほうがよろしいかと思います。少し灰色が混じった白に、牡丹や菊の花が手描きされ、金駒刺繍まで施してあります。夏の成人式のほか、夏の結納や、結婚式のお呼ばれなどにもおすすめの、単衣の振袖です。

振袖に合わせたヘアスタイルとメイク

振袖に合わせたヘアスタイルメイクも、トータルコーディネートを完成させる上で重要です。ヘアスタイルは、振袖の色やデザインに合わせて、華やかなアップスタイルや編み込みなどを選ぶと良いでしょう。また、かんざしを使ってヘアスタイルに華やかさをプラスするのもおすすめです。

メイクに関しては、振袖が華やかなため、いつもよりやや濃いめがおすすめ。ですが、全てを濃くすればよいというわけではありません。ベースメイクは立体感を持たせず、マットな質感にするのがポイント。一方で、目元や唇にはしっかりと色をのせて、振袖の華やかさに負けないようにしましょう。

成人式は一生に一度のイベントです。振袖と帯、アクセサリー、ヘアスタイルとメイク、全てにおいて納得のいく選び方をして、すてきな一日を迎える準備をしましょう。

費用を抑える方法

振袖レンタルで料金を抑えるコツ

成人式の振袖レンタルにはさまざまな価格帯がありますが、予算に合わせて賢く選ぶことが重要です。料金を抑えるコツとしては、まず「一式セット」を選ぶことをおすすめします。これには振袖、帯、小物など必要なアイテムが全て含まれていて、個別にレンタルするよりも総合的にコストを抑えることができます。

また、早めの予約もポイントです。成人式の振袖レンタルは需要が高い時期に価格が上がる傾向にあるため、余裕を持って予約することで料金を抑えることが可能。さらに、有名作家の振袖や高級ブランドの振袖は値段が高くなる傾向がありますが、個性的な柄や色でコーディネートを楽しみたい場合は、リーズナブルな価格帯の振袖でも十分すてきに着こなすことができます

安いレンタルプランの選び方

安いレンタルプランを選ぶ際には、何が含まれているのかの詳細を確認することが大切です。安価なプランでも、着付けやヘアメイク、写真撮影などがセットになっている場合があります。また、クリーニング料金が含まれているかどうかも確認しておきましょう。クリーニング料金が別途必要な場合は、全体では思ったよりも高くなってしまうことがあります。

また、レンタルショップによっては、早期予約割引や平日割引などさまざまな割引プランを提供している場合がありますので、これらを活用することでさらに料金を抑えることが可能です。レンタルショップのスタッフに相談し、最適なプランを選びましょう。

ファミリーでの共用は可能?

振袖は一生に一度の大切なイベントで着用するものであるため、家族間で共用するという選択肢もあります。姉妹や親戚間でサイズが合う場合は、妹の成人式翌日に姉の結納などで振袖を共用すれば、大幅に費用を抑えることができます。ただし、サイズ調整や手入れなどが必要になる場合がありますので、事前に確認しましょう。

また、家族で共用する場合でも、アクセサリーや小物を変えることで、異なるコーディネートを楽しむことができます。振袖の色や柄に合わせて小物を選ぶと、自分らしさを表現することができます。

振袖レンタルにはさまざまな選択肢がありますが、予算に合わせて賢く選び、すてきな成人式を迎えましょう。

まとめ

成人式の振袖レンタルのポイント再確認

成人式の振袖レンタルを成功させるためには、事前の準備と知識が重要です。紹介した内容を踏まえ、振袖選びのポイントを再確認しましょう。振袖のレンタル価格は、一式で10万円から30万円程度が相場とされていますが、これには着付けやヘアメイク、前撮りなどの費用が含まれている場合があります。自分の予算と必要なサービスをしっかりと把握して、不要なオプションサービスが含まれている場合には、他のプランを検討することが大切です。

また、柄や色についても、成人式当日にふさわしいものを選びましょう。古典的な柄や、赤や白を基調とした色合いの振袖が多く選ばれていますが、最近では黒や紫など、さまざまな色が登場しています。自分の好みや肌の色、体型を考慮して選ぶと、より美しく着こなせるでしょう。

お得にレンタルするための最終チェックリスト

振袖レンタルで失敗しないために、最終的なチェックポイントを確認しておきましょう。

  • 予算: 予算内で全ての希望するサービスが受けられるかどうか再確認してください。
  • 柄と色: 振袖の柄や色が成人式の雰囲気に合っているかどうか、再度確認しましょう。
  • サイズ: サイズが合っているかどうか、予約前に試着して確認しておきましょう。また、着付けの際には専門のスタッフがいるかどうかも確認しておくと安心です。
  • 付属品: 必要な小物が全て揃っているかどうか、リストアップしてチェックしましょう。
  • レンタル期間: レンタル期間が成人式当日まで十分かどうか、確認してください。前撮りやリハーサルがある場合は、それも考慮に入れる必要があります。
  • キャンセルポリシー: キャンセル時の料金が発生しないかどうか、事前に確認しておくと安心です。

振袖レンタルですてきな成人式を!

最後にもう1着。「亀甲七宝紋様の扇に松や波の黒振袖」は、アンティークの黒振袖ですが、あまりにたくさんの絵柄が描かれているため、もとの黒が見当たらないほどです。松や扇などの吉祥柄が満載で、粋にカッコ良くキメたいお嬢さんにぴったりですよ。

振袖は一生に一度の成人式を彩る大切な衣装です。レンタルを利用すれば、価格を抑えつつ、豊富な選択肢から自分にぴったりの一着を見つけることができます。今回紹介したポイントを参考にしながら、自分らしい振袖を選び、すてきな成人式を迎えましょう。振袖レンタルは、手軽に多様なオプションを楽しむことができるため、利用者からの評判も上々です。最後になりますが、振袖選びはとても楽しい時間ですので、ぜひじっくりと時間をかけて、2024年、最高の一着を見つけてください。

〈参考記事〉
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/furisode-220901
https://www.kimonoichiba.com/media/column/268/
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/sunpou/
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/coordinate-210302
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/other-210305

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

八芳園イメージ

【結婚式場】東京・八芳園での挙式&披露宴、費用とプラン詳細を解説

はじめに 結婚式というのは人生で一度きりの大切なイベント。その日一日がとても特別なものとなります。そんな特別な日を最高の気持ちで迎えるためには、まずは会場選びから慎重に始めなくてはなりません。 今回は、東京都港区白金台に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!