サーモンピンクに檜扇、四季の花の産着【kod122】

宮参り祝い着: 1000件以上の実績でおすすめ産着を紹介

はじめに

お宮参りとは何か?

お宮参り(宮参り)とは、赤ちゃんが生まれて初めて神社で祈祷を受ける日本の伝統的な行事です。赤ちゃんの無事な成長と健やかな生活を願い、祖父母さまやご両親さまが一緒に神社へ訪れるのが一般的です。また、地域や家族のしきたりによっては、寺でお参りをする場合もあります。

お宮参りは、男の子なら生後31~32日目、女の子なら生後32~33日目に、神社やお寺に参拝する行事です。昔のしきたりでは、赤ちゃん、お父さま、父方のお祖母さまの3名が、お父さまがお育ちになった地域の神社やお寺に、無事に生まれたことのご報告とご挨拶をしていました。父方のお祖母さまが赤ちゃんを抱き、産着(掛け着物)を掛けて、神社やお寺にお披露目するのが、正式なお宮参りです。

現代では、考え方や住まい方が変わったこともあり、お母さまが赤ちゃんを抱かれることが多いようです。ただ、父方のお祖母さまは、この日を楽しみに待っていらした可能性もありますので、ご出席が可能であれば、お祖母さまにも赤ちゃんを抱いていただいたり、祝詞の間はお祖母さまに抱いていただいたりすると、昔のしきたりにも沿ったことになり、今後も円満に進みますよ。

参拝の日程は、季節や地域、赤ちゃんやお母さまの健康状態、家族の考え方やお仕事の都合によってタイミングが変わることもあります。冬に生まれた赤ちゃんは春になってから、夏に生まれた赤ちゃんは涼しくなってからお宮参りを行うケースも見られます。最近は、生後100日のお食い初めと一緒にお宮参りをするご家族や、兄弟姉妹の七五三と一緒にお宮参りをするご家族も増えているようです。

お宮参りに着る産着は、赤ちゃんにとって人生で初めて着る和服となります。柄や色などにもそれぞれに意味が込められ、男の子や女の子、季節に合わせたものを選ぶのが一般的です。お金の用意や着せる方法、レンタルの選び方なども気になるポイントですね。

また、この日はお母さまを始め、父方・母方のお祖母さまなども正式な和装で参拝することが一般的で、家族全員でのお参りとなることも多いです。当日の料金や予約なども考慮する必要があります。土日祝日と大安が重なる日は神社が混み合うので特に注意が必要です。

お宮参りは、赤ちゃんの初めてのイベントであり、人生のスタートを祝う大切な行事です。写真や記念に残す意味でも、準備と進行をしっかりと考える必要があります。

お宮参りでの服装の重要性

お宮参りの服装は、赤ちゃんの人生の第一歩を象徴するものであり、その重要性はとても高いものとされています。特に着物や産着の選び方、色や柄、素材などには意味があります。

また、人気のあるアイテムやおすすめの商品、レンタルする場合の注意点なども親御さんにとって重要な情報となります。

赤ちゃんを抱っこするお母さまやお父さまの服装も忘れてはいけません。和装での参拝が一般的ですが、正しい着付けや配色、季節に合わせた服装の選び方なども学ぶ必要があります。また、神社によっては洋装での参拝も可能な場合もあります。

レンタルを利用する際には、早めに予約をして確認をする、当日の時間に余裕を持って準備するなど、計画的に進めることが大切です。夏や冬などの季節に合わせた生地の選び方や、祝いの席での食事なども考慮する必要があります。

お宮参りの服装は、赤ちゃんやご家族にとって記念となるもので、写真撮影などでも重要な要素となります。豊富な種類の中から、自分の家族にふさわしいものを選ぶ楽しみもありますが、さまざまな準備や注意点もありますので、ガイドやコラムなどを参考にして、最良の選択をするための知識を得ることがおすすめです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を中心に取り扱っています。やわらいかい正絹100%の掛け着物が、趣きのある絵柄で埋め尽くされ、晴れの日にふさわしい品格を備えています。ぜひご覧ください。

宮参りの服装選びの基本

産着について

宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて人々の前に姿を見せる大切なイベントです。この初めての神社仏閣拝礼における服装は、産着といいます。

産着は、文字通り赤ちゃんが生まれて初めて着る着物です。祝着(熨斗目・のしめ)という、赤ちゃんを包むように掛ける着物のことで、掛け着物ともいいます。赤ちゃんの健やかな成長と幸福を願う意味が込められています。産着は華やかな柄や色が特徴で、赤や黄色、水色などが人気です。龍や桜、松などの吉祥の模様が施されることも多く、地域や家族の伝統に合わせて選ぶことが一般的です。

最近では、レンタルサービスの利用も増えており、多種多様なデザインや色から選ぶことができます。また、購入する場合でも、インターネットでの検索や質問が容易になり、お母さまやお父さまも安心して選ぶことができるようになりました。

祖父母さまから受け継いだ産着を使うご家族も多く、その際にはクリーニングや仕立て直しなどの準備が必要です。伝統と新しさが交錯するこの宮参りの服装選びは、赤ちゃんの一生に一度のイベントをより思い出深い記念として残す素晴らしい機会となります。

宮参りの服装選びは、赤ちゃんの成長やご家族の希望、地域の風俗などを考慮する必要があります。赤ちゃんに合った選び方をすることで、この特別な日をより美しく、かわいい姿で迎えることができるでしょう。

男の子と女の子での服装の違い

宮参りの際の赤ちゃんの服装には、それぞれの性別に合わせたおすすめがあります。この違いを理解することで、赤ちゃんにふさわしい着物を選ぶ際のガイドラインとなります。

男の子の服装

男の子の宮参りでは、地域や家族の伝統に基づいて、勇ましい柄や色が選ばれることが一般的です。龍や鷹、松などの力強いデザインが人気で、色に関しては黒や紺、濃いグレーなどが主流です。背中に家紋を付けるスタイルも、男の子らしさを強調するために用意されることが多いです。

最近では、宮参り専門のレンタルショップでも、男の子向けの豊富な商品一覧が用意されています。初めてのお参りに不安を感じるお母さまやお父さまも、プロのアドバイスや商品の紹介を受けられるため安心です。

ゆめやの男の子用掛け着物をご覧いただきましょう。いずれも五つ紋付のアンティークです。

左端「松に富士山」は、幻想的な松の姿が印象的です。

中央「雲海に龍」は、迷いのない筆致にたくましさを感じます。入子菱の地模様が織り出され、紐も共布となっていて、たいへん高級な作りです。

右端「流水に松竹梅」は、穏やかな風景が描き出され、お子さまの穏やかな人生を願う絵柄です。かなり厚めの羽二重ですので、冬のお宮参りにおすすめです。

 

女の子の服装

女の子の宮参りでは、華やかで可愛らしい柄や色が選ばれます。桜や花車、牡丹などの美しい花の模様や、ピンクや水色などの柔らかい色が特に人気です。ベビードレスのような洋風のデザインも選ぶことができます。

女の子の掛け着物も、ゆめやでたくさんご用意しています。カラフルな3つをご紹介いたしますが、ここに載せきれないほどたくさんございますので、ぜひお宮参りの一覧でご覧ください。

 

女の子の着物はレンタルだけでなく、購入する方も多く、その際には、長く記念に残る商品を選ぶことが大切です。一生に一度のイベントのため、最高の質のものを選びたいと考えるご家族にとって、専門店での購入もおすすめの方法となります。

男女共通のポイント

男の子と女の子の違いを考慮しつつも、共通のポイントとして、着せる際の簡単さや、赤ちゃんの体調を最優先に考慮する必要があります。また、写真撮影や家族との食事など、その日のスケジュールやシーンに合った服装の選び方が求められます。

男の子や女の子別での宮参りの服装選びは、性別に応じた柄や色、スタイルの違いを楽しむ素晴らしい機会です。地域の風俗やご家族の希望、そして赤ちゃんの成長と健康を最優先に考え、最適な服装を選ぶことで、この特別な日を一層華やかに迎えることができるでしょう。

季節ごとの服装(夏・冬)

宮参りは赤ちゃんが生まれてから初めてのお参りという重要な行事であり、その際の服装選びには季節に合ったものが求められます。夏と冬の服装選びのポイントを以下に詳しく解説します。

夏の服装

夏場の宮参りでは、暑さ対策が重要なポイントとなります。赤ちゃんの体温調整が難しいため、薄い生地の着物や絽など、通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。

色合いも夏にふさわしいものを選ぶことがおすすめです。例えば、男の子は水色や浅いグレー、女の子はピンクや白など、涼しげな色が人気です。また、涼しげな花の柄なども夏の季節感を出す効果があります。

加えて、赤ちゃんが暑さで不機嫌にならないよう、必需品として扇子や日除けの帽子、よだれかけなどの小物も用意しておくと安心です。記念写真の際には取り外すことも可能なので、華やかさと機能性を両立させましょう。

冬の服装

冬の宮参りでは寒さ対策が求められます。特に北海道など寒冷地では寒さが厳しいため、しっかりとした生地や重ね着を考慮する必要があります。重ねる際は、肌着や長襦袢などもチェックして、赤ちゃんの体温を保つ工夫が重要です。

色に関しては、冬の季節に合った深い色や落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。黒地や紺色、濃い赤などが人気で、女の子には艶やかな模様などもおすすめです。

冬の寒い時期には、赤ちゃんを暖かく包むためのケープや帽子などの小物も用意すると良いでしょう。また、訪問着付けサービスを利用することで、寒い中、外に出ることなく準備ができるので、お母さまにとっても赤ちゃんにとっても安心です。

オールシーズン共通のポイント

季節ごとの特徴を取り入れつつ、最も大切なのは赤ちゃんの快適さです。サイズ選びや素材選びなど、赤ちゃんにとって着やすい服装を選ぶことが、宮参りの成功への第一歩です。

レンタルや購入の際は、季節に合った商品の一覧をチェックするとともに、専門のスタッフに相談して、体調や成長に合わせた選び方をすると良いでしょう。

宮参りの服装選びは、赤ちゃんの健康と快適さを最優先に考慮するとともに、季節感を取り入れた美しい着付けを楽しむ素晴らしい機会です。地域の風俗や伝統にも触れながら、この特別な日を迎えるための準備を楽しんでください。

赤ちゃんのお宮参り着物の選び方

着物の種類一覧

赤ちゃんのお宮参りにおいて、着物の選び方はたいへん重要です。この初めてのお参りの際には、いくつかの着物の種類が用意されており、それぞれの特徴を理解することが必要です。以下、着物の種類の一覧を詳しく紹介します。

産着(うぶぎ)(熨斗目)(掛け着物):新生児が初めて着る着物で、長襦袢の上から着せるものです。お祝いの意味を込めて、友禅染めなど華やかな模様が多く使われます。赤やピンク、水色など明るい色が人気です。

ロンパース式産着:最近の流れとして、赤ちゃんにとって着やすいロンパース式の産着が人気です。着付けが簡単で、授乳やおむつ交換の際にも便利です。

ベビードレス・スーツ:洋装の選択肢も増えています。記念写真にも映え、親御さんとのコーディネートも楽しめます。

着物の選び方には、赤ちゃんの性別や季節、地域のしきたり、ご家族の好みなどさまざまな要素が影響します。たとえば、京都や大阪などの地域では伝統的な装いが求められることが多いです。また、夏場は涼しい素材のもの、冬は暖かいものを選ぶ必要があります。

赤ちゃんのサイズや成長、体調も考慮に入れると良いでしょう。肌着を重ね着せる方法や、抱っこ紐との併用なども考え方の一つです。また、豊富な商品がレンタルで用意されているので、購入する必要がない場合もあります。

赤ちゃんのお宮参り着物の種類一覧では、産着(祝着)、ロンパース式産着、ベビードレス・スーツなど、多岐に渡る選択肢が存在します。季節や地域、家族の伝統や赤ちゃんの成長に応じた選び方をすることで、初めてのお参りをより特別なものにすることができます。着物の選び方に不安がある場合は、専門店のスタッフに相談するのも良い方法です。

赤ちゃんにおすすめの柄と色

赤ちゃんのお宮参りに際し、着物の選び方の中でも特に重要な要素が、柄と色の選び方です。赤ちゃんにおすすめの柄と色について解説します。

色の選び方

赤ちゃんの肌にふさわしい色は、明るく優しい色調です。以下のような色が多く選ばれます。

  • :赤はお祝いの色として、生命力や健やかな成長を願う意味が込められています。
  • ピンク:女の子に人気の色で、愛らしさを引き立てます。
  • 水色:男の子におすすめの色で、清らかな印象を与えます。
  • :純粋さや清潔感を象徴する色で、男の子にも女の子にも合います。

柄の選び方

柄にもそれぞれ意味があり、赤ちゃんに合うものを選ぶと良いでしょう。

  • :男の子におすすめの柄で、力強さや勇敢さを象徴します。
  • :女の子に人気の柄で、美しさや華やかさを表現します。
  • 花車:花車の柄は、無事な成長と幸福を願う意味があります。
  • 牡丹:豊かな生活を願う象徴とされ、男の子にも女の子にも合う柄です。

ゆめやの産着の中から、「深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の産着」をご紹介しましょう。赤・ピンク・オレンジでたいへん女の子らしい色でありながらも、青や紫が使われているため、お父さまの黒紋付やスーツとも一体感が出ますし、お母さまやお祖母さまが寒色系の着物を着られても、よく映えるかと思います。

また、地域や家族の伝統に従い、特別な柄を選ぶ場合もあります。古くから伝わる友禅染めなどの技法で作られた伝統的な柄が用いられることも多いです。

その他のポイント

赤ちゃんの顔立ちや、お母さまやお父さまの服装、祖父母さまの希望なども考慮に入れると良いでしょう。また、記念写真撮影の際に映える色や柄を選ぶのも一つの方法です。

赤ちゃんのお宮参り着物の柄と色の選び方は、性別、地域の風俗、ご家族の意向など多岐に渡ります。お祝いの意味を込めた色や柄を選ぶことで、この特別な日をより華やかに、そして感動的なものにすることができるでしょう。不安な方は専門店に相談するなどして、赤ちゃんにとって最もふさわしい着物を選びましょう。最近では、おしゃれで現代的なデザインも増えていて、個性を出すことも可能です。お宮参りは一生に一度の大切なイベントですので、じっくりと選ぶ時間を楽しんでください。

買う vs レンタル: どちらがおすすめ?

赤ちゃんのお宮参り着物を選ぶ際に悩むポイントの一つが、購入するかレンタルするかの選択です。どちらにもメリットとデメリットがあるため、家庭の状況や希望に合った選択をすることが大切です。

購入する場合

メリット

  • 記念に残る:購入した着物は家族の大切な記念品となり、将来的にも受け継がれることが多いです。兄弟姉妹やご親戚にお子さまが生まれたときにも使うことができます。
  • 自由に選べる:自分たちの好みに合ったデザインや素材、色を選ぶことができます。

デメリット

  • 費用:高品質な着物は価格も高く、初めてのお祝いに大きな負担となる場合があります。
  • 保管:保管場所やクリーニングなど、後の手間が必要になることが多いです。

レンタルする場合

メリット

  • 費用を抑えられる:購入に比べて費用が抑えられます。最近はさまざまなプランやセット料金があり、お得に利用できる場合も多いです。
  • 手間いらず:使い終わった後のクリーニングや保管の手間が不要で、気軽に利用できます。
  • 豊富な選択肢:多くのレンタルショップでは、さまざまな種類やデザインの着物を取り揃えていて、選びやすいです。

デメリット

  • 選べる範囲が限られる:一部の専門店を除き、好みに合ったものがない場合があります。
  • 記念に残らない:記念として着物を残すことはできませんが、記念写真撮影などで思い出を残すことは可能です。

レンタルなら、どうぞ、ゆめやのお宮参りもご検討くださいね。お子さまのお衣装はもちろん、お母さまやお父さまの装いもご案内しています。ほかのレンタルショップには無い、アンティークの格式高い産着を取り揃えています。お宮参りでのレンタル着物に関する記事もご覧ください。

どちらを選ぶべきか

  • 家庭の伝統や特別な希望がある場合:購入してお祝いの意味を込めたり、家族に受け継がせたいという願いがある場合は購入がおすすめです。
  • 初めてで何を選んで良いかわからない、予算を抑えたい場合:豊富な種類から選び、費用を抑えたい場合はレンタルがおすすめです。

購入とレンタル、どちらにもそれぞれの魅力と考慮点があります。自分たちの生活スタイルや希望、予算などを総合的に考慮し、赤ちゃんの大切なお宮参りの日にふさわしい選択をしましょう。どちらを選ぶにしても、その日が一生の思い出になるように、着物選びを楽しんでください。何か不安な点や疑問があれば、着物専門店に相談するなどして、安心して準備を進めましょう。最近では、オンラインでのレンタルサービスも増え、選ぶ方法も多岐に渡ります。

もちろん、お父さまなどお宮参りにおける大人の男性向け服装や、お母さま向けの着物など、ご家族の着物も用意が必要です。こちらも忘れずに準備しておきましょう。

宮参りの準備と注意点

必要なアイテム一覧

赤ちゃんの宮参りには、特別な日としてさまざまなアイテムが必要です。赤ちゃんの正装は、白羽二重の内着、産着、帽子、よだれかけの4点ですが、季節や地域、神社のしきたり、家族の伝統などによって異なることがあります。以下は一般的に必要なアイテムの一覧です。

内着:白羽二重の内着かベビードレスを着るのが正式ですが、ロンパースの上に産着を着せるご家族も増えています。内着は白色が基本ですが、普段の服装の上から産着を羽織らせるご家族も増えています。内着は一部分しか見えないので、簡略化されているようです。簡略する場合は、衿元に装飾のないものを選ぶと、撮影の際に写ってしまうことが少なくなります。ただし、地域やご家庭によって考え方が異なるので、事前に相談して、準備するようにしましょう。

産着:内着の上から赤ちゃんに着せます。熨斗目掛け着物と呼ぶ場合もあります。

帽子:赤ちゃんの頭を飾る帽子も重要なアイテムです。和装では「大黒帽子」を合わせるのが正装です。上部が平たくて丸い形をしていて、縁起の良い柄が刺繍されているものもあります。

小物:よだれかけ、肌着、抱っこ紐など、赤ちゃんの快適を考慮した小物も忘れずに。

写真撮影用アイテム:記念写真を残すためのカメラや三脚など。最近では、プロの出張撮影サービスも人気です。

授乳関連:授乳ケープやおむつなど、赤ちゃんのケアに必要なアイテムも用意しましょう。

お祈り用品:地域によっては「紐銭」「帯銭」を用意する場合もあります。神社でお渡しする初穂料の用意も忘れずに。

季節のアイテム:夏場は暑さ対策、寒い時期は保温対策として、扇子やカイロなどの季節のアイテムも準備すると良いでしょう。

その他の付属品:地域によって、特定の模様や、着用の際の小物が求められることがあります。具体的な準備については、訪れる神社や着付けを担当する業者に事前に確認しましょう。

以上のアイテムを準備する際に、レンタルと購入のどちらを選ぶかはご家庭の予算や希望によります。レンタルは手軽で費用を抑えられる一方、購入は記念に残せる利点があります。初めての方は、専門の着付け業者に相談することもおすすめです。プロの手によって、赤ちゃんを美しく着付けてもらうことができ、安心して宮参りを迎えられます。

当日の状態や体調に合わせて調整することも忘れずに。赤ちゃんの健やかな成長と家族の幸福を願う宮参り。その特別な日を迎えるための準備をしっかりと行い、素晴らしい一日を過ごしましょう。

当日の準備とタイミング

赤ちゃんの宮参りは初めての大切な行事です。当日の準備とタイミングは細部にわたり計画を立て、スムーズに行えるようにしましょう。

タイミングの選び方

宮参りのタイミングは地域や家庭によって異なりますが、一般的には生後30日程度で行うことが多いです。神社の予約状況や家族の都合、季節や赤ちゃんの体調なども考慮し、最適な日程を選びましょう。最近では、夏の暑さや冬の寒さを避けて、快適な季節を選ぶご家庭も増えています。

神社の予約と選び方

お参りする神社の選び方は、ご家族の信仰や地域の風習、アクセスの便利さなどを考慮します。予約は必ず行い、祈祷の内容や料金、時間などを確認しておきましょう。

当日の準備

衣装:前述のアイテム一覧を参照して、必要な衣装や小物を準備します。特に、産着や着物の着付けは難しいため、専門の業者に依頼することもおすすめです。

赤ちゃんのケア:当日は赤ちゃんがいつもどおりのリズムで過ごせるよう、授乳や睡眠のタイミングを計画します。予約時間に遅れないよう、余裕を持って動くことが大切です。

記念写真:記念写真は家族みんなの楽しい思い出になります。プロの撮影を予約するか、自分たちで撮影するかを決め、必要な準備をします。近年ではお宮参りをしない代わりに記念撮影のみ行うというご家庭もあるようです。

その他の注意点

  • 赤ちゃんの体調が悪い場合は無理をせず、予約を変更しましょう。
  • 交通機関や駐車場の混雑を考慮し、早めに出発すると安心です。
  • 赤ちゃんを抱っこしての長時間のお参りは大変なので、式の流れや時間を事前に神社で確認し、準備しておくと良いでしょう。
  • 宮参り後の食事の場所も予約しておくとスムーズです。特に、授乳が可能な場所を選ぶと便利です。

赤ちゃんの健やかな成長を願う宮参り。初めての方でも、準備とタイミングをしっかりと計画すれば、素晴らしい一日にすることができます。家族みんなで、この特別な日を心から楽しみ、感謝の気持ちを新たにしましょう。親子の絆を深めるこの日が、赤ちゃんの一生の宝物となるよう願いを込めて。

お客さまの声から学ぶ、失敗しないためのポイント

宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を祈る重要な行事です。ですが、初めての経験であるため、多くの親御さんがどのように準備を進めるべきか、さまざまな疑問や不安を抱えることが一般的です。ここでは、実際に宮参りを経験したお客さまの声から学び、失敗しないためのポイントを紹介します。

着物の選び方と着付け

女の子と男の子の着物の選び方:女の子はピンクや赤の華やかな柄、男の子は青や黒地の着物が人気です。柄や色の選び方で、赤ちゃんの可愛らしさをさらに引き立てましょう。

着付け:「着物の着方がわからず、大変だった」という声も多いです。レンタルセットを利用したり、専門の着付け業者に依頼することで、安心して当日を迎えられます。

当日のタイミングと準備

季節と服装:「夏場の暑さで赤ちゃんが不機嫌だった」「冬のお宮参りで風邪をひかせてしまった」など、季節にうまく対応できなかったことへの後悔を耳にします。季節に合わせた服装の準備をして、冷暖房の効いた場所での授乳や休息を計画すると良いでしょう。

授乳と睡眠の調整:赤ちゃんのリズムを乱さないよう、授乳や睡眠のタイミングを事前に計画しましょう。余裕を持ったスケジュール作りがおすすめです。

記念写真の撮影

プロの撮影:記念写真は一生の宝物。プロに依頼することで最高の一枚が残せると、多くのお客さまが満足しています。

自分で撮影:自分で撮影する際は、光の当たる場所や背景なども考慮しましょう。いつでも撮れるようにカメラの準備を怠らないようにしましょう。

その他の注意点

祖父母さまとのコミュニケーション:お宮参りは家族みんなのイベントです。祖父母さまや親戚さまとのコミュニケーションを図り、全員が楽しめる計画を立てましょう。

事前の確認:「神社の予約を忘れていた」といったトラブルも。予約の確認や、当日の流れをしっかりと把握することが重要です。

宮参りの成功は、細部の準備と計画にかかっています。事前に確認や準備を進めることで、赤ちゃんもお母さまもお父さまも笑顔でこの特別な日を迎えられるでしょう。失敗しないためにも、多くの人々の声に耳を傾け、自分たちに合った方法で準備を進めてください。宮参りは赤ちゃんの第一歩、この一日を温かく、そして美しく過ごしましょう。

まとめ

お宮参りで着せる服装の選び方の要点

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて神社へ参拝する大切な行事です。このセレモニーでは、赤ちゃんに産着や着物などの特別な服装を着せるのが一般的です。以下は、お宮参りで着せる服装の選び方の要点です。

性別に応じた服装:男の子は黒や青などの産着が人気で、女の子は艶やかな色と柄の着物やベビードレスがおすすめです。

季節に合わせた選択:夏は涼しい生地、冬は暖かい素材を選び、赤ちゃんが快適に過ごせるようにします。

地域の伝統を尊重:地域によって伝統的な着せ方や柄があります。祖父母さまや親御さんから受け継いだ着物を使用することも一般的です。

レンタルや購入の選択:一回限りの使用ならレンタルがおすすめ。多くの商品があり、専門店ではサイズ調整やクリーニングも行えます。

必要なアクセサリーの用意:帽子などのセット品を考慮することも大切です。帽子には縁起のよい模様があるものが人気で、男の子には特におすすめです。

このように、赤ちゃんの性別や季節、地域の風俗、費用などを考慮し、お祝いの意味を込めた服装を選ぶことが重要です。京都や大阪などの地域では特に伝統がありますので、情報収集と準備をしっかりと行いましょう。

ママとパパのためのかんたんチェックリスト

お宮参りの準備は、特に初めての親御さんにとっては大変なことも多いです。以下のチェックリストが参考になるでしょう。

服装の準備:事前に赤ちゃんのサイズを確認し、着物や着せる小物を用意します。

神社への予約:祈祷の日程を決め、神社への予約をお忘れなく。

季節に合った対策:夏は暑さ対策、冬は暖房の確認など、赤ちゃんが快適に過ごせるよう配慮します。

記念撮影の準備:記念に残る写真撮影をする場合は、事前にカメラやスタジオの予約を。

予算の確認:着物の購入やレンタル、神社への初穂料など、必要な費用を確認しておきます。

準備の際は、親戚や友人からのアドバイスも大いに役立つでしょう。無理なく楽しいお宮参りにするために、事前の準備を怠らないよう心掛けましょう。

今後のお子さまの成長を祝うセレモニーに向けて

お宮参り後、赤ちゃんの成長と共にさまざまなセレモニーが待っています。その中でもお食い初めや七五三などは、お子さまの成長を祝う重要な行事です。

お食い初め:生後100日頃に行う食事のセレモニーで、家族での食事が中心となります。正式な服装で記念写真を撮ることが多いです。

七五三:3歳、5歳、7歳の節目で行う祝いです。人気の着物やベビードレスを使用する場合も多く、しっかりとした準備が必要です。

 

お子さまの成長はあっという間です。お宮参りから始まる成長の節目を大切にし、記念に残る美しい瞬間をご家族で楽しんでください。地域や季節、家族の伝統に忠実に、そして何より赤ちゃんの健やかな成長を願いながら、これからのセレモニーに向けて準備を進めましょう。

以上が、お宮参りにおける服装の選び方の要点、ご両親のためのかんたんチェックリスト、そして今後のお子さまの成長を祝うセレモニーに向けてのまとめです。参考にしていただければ幸いです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【初心者必見】黒の振袖の魅力解説|成人式での選び方とスタイリング

成人式は人生の大きな節目であり、この特別な日に選ぶ振袖の色やデザインは、その日の思い出をさらに華やかに彩ります。特に黒の振袖は、シックで大人っぽい雰囲気を持ち、その格式高い印象から多くの女性に選ばれています。 黒の振袖は […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【着物のプロが監修】七五三:母親の着物服装ガイド

はじめに 七五三は、お子さまが無事に3歳、5歳、7歳へと成長したことを祝う、日本の伝統的な行事です。江戸時代から続く伝統であり、親子一緒にお参りをする大切な機会であるため、日本の伝統衣装である和装を、晴れ着として選ぶこと […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!