御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖【tom45】

【和装婚礼】息子の結婚式にもレンタルが最適!母親向けの留袖の準備

はじめに

息子さんの結婚式は、母親にとっても大切なイベントです。特に衣装選びは、最高の一日を迎えるために欠かせません。この記事では、息子さんの結婚式にふさわしい留袖のレンタルについて、基本から詳しく解説します。

息子の結婚式に着る留袖レンタルの基本

結婚式において母親が着用する留袖は、一般的に黒留袖を選ぶことが多いです。黒留袖は、結婚式などの正式な場にふさわしい、最も格式高い着物の一つとされています。黒留袖の特徴は、その豪華な柄と色使いです。背中や袖には家紋が入り、さまざまな模様が織りなされています。これらの柄は、着る人をより一層引き立ててくれます。

また、留袖を選ぶ際は、サイズ選びもたいへん重要です。留袖は、他の着物と同様に自分の身長や体型に合ったサイズを選ぶ必要があります。レンタルの際には、事前にサイズを確認し、必要であれば調整してもらうことが可能です。

なぜ留袖レンタルが選ばれるのか

最近では、留袖をレンタルする方が増えています。その最大の理由は、コストパフォーマンスの良さにあります。留袖は高価なものが多く、一式揃えるとなるとかなりの出費が必要です。ですがレンタルであれば、一定の価格で必要なものが全て揃い、かつ高品質な留袖を着用できます。

また、レンタルの場合は、着付けや小物選びのアドバイスを受けることができ、安心して当日を迎えられます。結婚式は何かと忙しく、特に母親は新郎新婦を支える役割があるため、手軽に留袖一式を揃えられるレンタルを利用して、万全の準備をしておきましょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。お蚕さんが紡ぎ出してくれた絹糸から、上物だけを選りすぐって織り上げた正絹は、平織りでも美しく、さらに、織り柄が入った生地はゆらゆらと揺らめく輝きを放ちます。生地だけでも見応えがあるうえに、手染め・手描き・手刺繍で描き出された絵柄に職人の技術の高さと真心を感じる逸品ばかりです。

ゆめやの婚礼」から、格式高い留袖をご覧いただきましょう。「岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖」は、苔むした岩と流れる清水に、松の木と鷲の家族が、手描き・手刺繍で描かれた五つ紋付きアンティーク黒留袖です。雄と雌のつがいに、5羽の雛が描かれ、たいへん縁起の良い絵柄です。袖口には比翼がほどこされ、正絹の上質さと、絵柄の貫録にあふれた着物です。

留袖レンタルのメリットとデメリット

息子さんの結婚式に留袖をレンタルすることを考えている方にとって、レンタルのメリットとデメリットを理解することはたいへん重要です。留袖レンタルは多くの方にとって便利で経済的な選択肢となり得ますが、一方で注意すべきポイントもあります。ここではその両面を詳しくご紹介していきましょう。

レンタルのメリットを知っておく

留袖レンタルの最大のメリットは、やはりそのコストパフォーマンスの良さにあります。留袖一式はたいへん高価ですが、レンタルであれば一定の価格で必要なものが全て揃います

また、留袖は特別な場でしか着用しないことが多いため、購入しても着る機会が限られてしまいます。レンタルであれば、その都度最新のデザインや自分のサイズに合った留袖を選べます。

留袖レンタルのもう一つの大きなメリットは、専門のスタッフによるサポートを受けられることです。礼装の着付けは細かい決まりがあり、経験がないと難しい場面もあります。ですが、レンタルショップではプロのスタッフがいて、着付けから小物選びまでトータルでサポートしてくれます

また、留袖レンタルを利用することで、時間と労力を大幅に節約できます。留袖一式を揃えるためには、留袖本体はもちろんのこと、帯、草履、バッグなどさまざまな小物を選び揃える必要がありますが、レンタルであればこれらがセットになっているため、一から揃える手間が省けます。

注意が必要なデメリットとは

留袖レンタルには便利で経済的な面が多い一方で、注意すべきデメリットもあります。まず、レンタルの留袖は多くの人が着用するため、どうしても摩耗や傷みが発生しやすいという点です。そのため、レンタルした留袖が新品同様の状態でない可能性もあります。

次に、レンタルの留袖はサイズが限られているため、自分の体型にぴったり合うものがない可能性もあります。着物は身長や体型に合わせてサイズを選ぶ必要があるので、事前にしっかりとサイズを確認し、試着をすることが重要です。

また、レンタル期間にも注意が必要です。留袖をレンタルする際には、使用日の前後に余裕を持って予約することが大切です。特に結婚式当日は忙しいため、前日には留袖を受け取り、試着する時間を確保しておくとよいでしょう。

さらに、レンタルショップによっては、キャンセル料がかかる場合があります。急な予定変更があった場合のキャンセル料について、予約の際にキャンセルポリシーをよく確認しておく必要があります。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。かんざし/髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みにより、要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいております。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけでOKです。

留袖レンタルは多くのメリットがありますが、デメリットも理解した上で慎重に選ぶことが大切です。上記のポイントを参考にして、すてきな結婚式の一日を迎えられるよう準備していきましょう。

留袖選びのポイント

留袖選びは結婚式においてたいへん重要な役割を果たします。息子さんや娘さんの結婚式は一生に一度の大イベントであり、母親として華やかで格式高い衣装を選びたいところです。留袖は和装の礼装であり、結婚式にふさわしい装いです。ですが、留袖選びにはさまざまなポイントがあるため注意が必要です。素材からデザイン、サイズ選びまで、しっかりと吟味し、自分に合う留袖を選び出すことが大切です。ここでは、留袖選びの際に重要なポイントを紹介していきます。

正絹とは? 留袖の素材について

留袖を選ぶ際には、素材にも注目して選びたいところです。正絹は黒留袖で最も一般的な素材であり、高級感があります。正絹は繭から作られる天然の繊維であり、その光沢感と滑らかな質感が特徴です。通気性が良く、湿度の調節をしてくれるため、着心地もたいへん良いとされています。

ですが、正絹はデリケートな素材であり、水濡れや摩擦に弱いため、取り扱いには注意が必要です。留袖をレンタルする際は、正絹であることを確認し、着用後の手入れや保管についてもアドバイスを受けるとよいでしょう。

また、留袖には正絹以外にもさまざまな素材があります。例えば、ポリエステル製の留袖は手入れが簡単で、価格も比較的手頃であるため、近年人気があります。ですが、正絹に比べると光沢感や着心地は劣るとされています。

素材選びは留袖の印象を大きく左右するので、自分の予算や用途に合わせて選ぶことが大切です。また、素材によってはアレルギー反応を引き起こすこともありますので、事前に確認し、体調に合わせて選ぶようにしましょう。

ゆめやの着物は全て正絹です。しかも、昔の職人さんが手作業で作り上げた正絹がほとんどですので、たいへん柔らかく、極上の光沢にあふれています。ゆめやの留袖から、芸術品のような1着をご紹介しましょう。「御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖」は、黒地に御簾と芙蓉や菊の花が手描き・手刺繍で描き出された、大彦の五つ紋付黒留袖と、着物愛好家が憧れる龍村の帯のコーディネートです。帯には桐の花が生き生きと描き出されています。またとない美術品のような、秀逸な作品の組み合わせですよ。

家紋の意味と選び方

家紋は一族や家庭を象徴するマークであり、留袖に染め出すことで格式を高めてくれます。家紋はさまざまなデザインが存在し、それぞれに意味があります。

留袖を購入して家紋を入れる際は、自分の家系に伝わる家紋を使用するのが一般的です。ですが、家紋が分からない場合や、特定の家紋がない場合もあります。そういう場合は、自分で家紋を選ぶことも可能です。レンタルの場合は貼付け紋で対応できる店舗もあります。

家紋を選ぶ際は、その意味や由来を理解し、自分や家族にとって意味深いものを選ぶとよいでしょう。また、デザインが華やかな家紋を選ぶことで、留袖の印象をより豪華にすることができます。

留袖に家紋を入れると、留袖がより格式高い装いとなり、結婚式にふさわしい衣装となります。自分の家系に伝わる家紋を大切にすることは、先祖への敬意を表し、一族の絆を感じるきっかけにもなるでしょう

留袖の予約と準備

留袖のレンタルを検討する際には、予約の時期や必要な準備物など、さまざまなことを考える必要があります。特に結婚式の日程が決まったら、早めに留袖の予約をすることが大切です。留袖はたいへん人気が高く、特に結婚式の人気シーズンになると予約が殺到することが予想されます。早めに予約をすることで、自分の好みに合う留袖を確保することができ、当日の準備もスムーズに進むでしょう。

また、留袖を着用する際には、サイズや小物の準備もたいへん重要です。サイズが合っていないと着心地が悪くなり、せっかくの結婚式が台無しになってしまいます。レンタルショップでサイズを測ってもらい、必要であれば調整をお願いすることが重要です。小物に関しても、留袖に合う帯や草履、バッグを選ぶことで、より一層の華やかさを演出できます。

留袖は着慣れないと着付けが難しいため、心配な人は事前にプロの着付け師に、当日の着付けをお願いしておくと安心です。また、当日バタバタしないためにも、事前に着付けにかかる時間を確認しておくとよいでしょう。結婚式前には、留袖の着付けの練習をしておくこともおすすめです。ひととおりの着付けを知っておくと、着崩れの際に、自分で素早く直すことができます。

準備をしっかりと行い、留袖を美しく着こなすことで、息子さんや娘さんの大切な日を華やかに彩りましょう。

いつから予約すればいい?

留袖の予約は、結婚式の日程が決まったら早めに行ないましょう。特に結婚式のシーズンは留袖の予約が殺到するため、早めに予約を入れておくことで、サイズやデザイン、自分の好みに合う留袖を確保できます。

レンタルショップにはさまざまなデザインやサイズの留袖を用意しています。ですが、人気のデザインやサイズはすぐに予約が埋まってしまうことがあります。特に、結婚式が多い春や秋は予約が集中しやすいので注意が必要です。

夏は、本来ならば結婚式シーズンではありませんでしたが、式場のお得なプランによって、夏に結婚式を行うカップルも増えてきました。そこで、夏用の黒留袖もご紹介しておきますね。青海波に宝船の夏用五つ紋付黒留袖」は、正絹の絽で仕立てられた、夏用のアンティーク五つ紋付黒留袖です。金・銀・白・グレーの青海波に、にぎやかな宝船が手描きされています。宝船の帆の中には、撫子・桔梗・七宝・松などが描かれた、おしゃれな黒留袖です。裏も絽で仕立てられています。

また、留袖をレンタルする際には、レンタル料金以外にも、クリーニング代や送料、保険料などがかかる場合があります。これらの費用も含めて予算を考え、余裕を持って準備を進めることが大切です。留袖は格式高い衣装であり、結婚式をより一層華やかにするアイテムです。早めの準備で、結婚式を完璧に彩りましょう。

準備しておくべきこと

留袖を着用する際には、多くの準備が必要となります。留袖自体の準備はもちろんのこと、着付けに必要な小物や、当日スムーズに準備を進めるためのポイントを押さえておくことが大切です。

まず、留袖を選ぶ際には、自分の体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。留袖は一般的にフリーサイズで作られていますが、体型によっては合わない場合もあります。レンタルショップで試着をし、サイズをしっかりと確認しましょう。また、サイズ調整が必要な場合は、レンタルショップに相談して早めに対応をお願いしましょう

留袖を着る際には、帯や草履、バッグなどの小物もたいへん重要です。これらの小物を留袖と合わせて選ぶことで、全体のコーディネートが引き立ちます。特には留袖の印象を大きく左右するアイテムなので、慎重に選ぶ必要があります。草履やバッグも留袖との色合わせを意識して選び、全体のバランスを整えましょう。

留袖の着付けはたいへん複雑であり、慣れていないと難しいことが多いです。事前に着付けの練習をしておくか、プロの着付け師に依頼することをお勧めします。特に結婚式当日は忙しいので、スムーズに着付けができるように準備をしておきましょう。

着付けとヘアメイク

留袖は、結婚式での母親の正装としてたいへん人気がありますが、美しく着こなすためには正しい着付けとヘアメイクが必要不可欠です。留袖は、その豪華な刺繍や柄が特徴であり、着る人の品格を高めるために、細部にわたり注意を払いながら着用する必要があります。ここでは、留袖を美しく着こなすための着付け技法と、ヘアメイクとのバランスを取るためのポイントをご紹介します。

留袖を美しく着こなす技法

留袖を美しく着こなすためには、まずサイズ選びが重要です。留袖は一般的にはフリーサイズで提供されていますが、身長や体型によっては調整が必要な場合があります。レンタルショップでは、専門のスタッフが体型に合わせて調整を行ってくれるため、安心して利用できます。

留袖を着る際には、裾の長さを調整し、背中が美しく見えるようにすることが大切です。また、帯は留袖の印象を大きく左右するアイテムであるため、帯の結び方一つで全体の雰囲気が変わってきます。帯をしっかりと締め、美しい形を作り上げることで、留袖の美しさが引き立ちます。

着付けの流れは、まず下着をきちんと着用し、その上から留袖を着るという順序です。留袖を着る際には、前をしっかりと合わせ、帯を美しく結びます。帯の結び目は、できるだけ均等になるように心がけましょう。帯締めや帯揚げなどの小物も忘れずに、全体のバランスを考えながらコーディネートしましょう。

留袖を着る際には、補正パッドを使用することで、より美しいシルエットを作り上げられます。補正パッドは、胸やお腹周り、お尻など、気になる部分に合わせて使用することで、留袖が美しくフィットし、着崩れを防げます。

着付けが完了したら、全体のバランスをチェックし、必要に応じて微調整を行います。留袖の裾や袖の長さ、帯の位置など、細部にわたりチェックし、完璧な状態で結婚式に臨みましょう。

ヘアメイクとのバランスを考える

留袖を着る際には、ヘアメイクもたいへん重要です。留袖は格式高い衣装であるため、ヘアメイクもそれに合わせて華やかで上品なものを選びましょう。

ヘアスタイルは、留袖の豪華な柄や色に負けないように、ボリュームを持たせたアップスタイルがお勧めです。ただし、あまりにも派手なヘアスタイルは留袖の美しさを引き立てるどころか、逆に損なってしまうことがあるので注意が必要です。

メイクに関しては、留袖の色や柄に合わせた、落ち着いた色合いを選ぶことが大切です。特に口紅やチークは、留袖の色とバランスを取るように、控えめな色を選びましょう。また、アイメイクに関しては、目元を強調することで、全体の印象を引き締められます。

ヘアアクセサリーも留袖に合わせて選ぶことが重要です。留袖に合わせた花をモチーフの髪飾りや、上品なビジューを使ったものなど、華やかでありながらも品のあるアイテムを選びましょう。

ゆめやの髪飾りですと、この二つがおすすめです。左「椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし」は、表に出てくる部分が丸い形の、バチ型かんざしです。描かれたのは椿と鉄線(クレマチス・鉄仙)でしょうか。描いたあとに金粉をまぶし、花芯には七色のに輝く細工をほどこして、エレガントな仕上がりになっています。三味線のバチの形をしたバチ型かんざしよりも、やわらかい雰囲気のあるフォルムと絵付けです。

右「べっ甲に牡丹とトルコ石のバチ型かんざし」は、べっ甲に大きな牡丹の花が描かれたバチ型かんざしです。たっぷりと重ねられた白い顔料がふっくらと盛り上がり、牡丹の華やかさを感じます。金銀の彩色や、金粉の散らしも加わって、たいへん美しい作品です。花芯に埋められているのはトルコ石でしょうか。鮮やかでくっきりとしたブルーで、大人っぽい雰囲気に仕上がっています。また、足の一部が鋭角にするという、髪から落ちにくい工夫がしてあり、安心してお過ごしいただくことができます。

ヘアメイクと留袖のバランスを取ることで、結婚式での母親の装いはより一層美しく、印象的なものとなります。

結婚式当日の流れ

結婚式は人生の中で最も思い出に残るイベントの一つであり、準備から当日の流れまで、全てがスムーズに進むように計画することが重要です。特に留袖を着用する母親の立場では、事前の準備と当日の流れをしっかりと理解しておく必要があります。留袖は格式高い礼装であり、その着こなし方やマナーを守ることが求められます。

着替えから披露宴までの流れ

結婚式当日は早めに起床し、準備に取り掛かります。まずはヘアメイクと着付けです。式場でのヘアメイクと着付けでしたら、少ないスタッフで花嫁さまやご親族さまの準備を兼務することもあるため、2時間程度かかる可能性を考慮し、余裕を持ってスタートしましょう。留袖は、正しい方法で着付けることが重要です。プロの着付け師に依頼する方が安心ですが、自分で着る場合は事前にしっかりと練習しておきましょう。

着付けが終わったら、式場へと向かいます。式場に到着したら、まずは受付を済ませ、新郎新婦とあいさつを交わします。その後は、指定された席に着席し、式が始まるのを待ちます。

式が始まると、新郎新婦の入場、誓いの言葉、指輪の交換といったプログラムが進行します。式の間は、母親は感動の瞬間を優雅に見守り、写真を残すことも大切です。

式を済ませると、披露宴が始まります。披露宴では、新郎新婦との思い出を語ったり、祝福の言葉を贈ったりすることが期待されることもあります。準備しておいたスピーチを堂々と行い、新郎新婦を祝福しましょう。

披露宴がお開きになると、新郎新婦が親元から飛び立つ時間です。感謝の言葉を伝え、新たな門出を祝福し、自宅へと戻ります。

両家の親御さんとして留意すべきこと

結婚式は両家の親御さんとして、新郎新婦をサポートし、祝福する大切な役割を果たす場です。留意すべきこととして、まずは服装に気を付けることが挙げられます。留袖は格式高い礼装であるため、それに見合った小物や髪型を選び、全体のバランスに気を付けましょう。

また、新郎新婦とのコミュニケーションを大切にし、事前に式の流れや役割について確認しておくことも重要です。不明な点や不安なことがあれば、遠慮せずに新郎新婦や式場のスタッフに相談しましょう。

当日は緊張や感動で気持ちが高ぶることもあるかと思いますが、落ち着いて臨み、新郎新婦をサポートすることが最も大切です。この特別な日を心から楽しみ、新郎新婦にとって最高の思い出となるように努めましょう。

まとめ

この記事では、息子さんの結婚式の際に着用する、留袖をレンタルするポイントについて解説しました。最後に、紹介した重要なポイントを振り返りましょう。

留袖レンタルで失敗しないために

結婚式はお母さまにとっても、娘さんや息子さんの大切な節目となるイベントです。お母さまが留袖を美しく着こなし、結婚式を彩るためには、準備が欠かせません。

まず最初に、留袖のレンタルを検討している場合は、十分な時間を持って準備を始めることが大切です。留袖はたいへん人気があり、特に結婚式シーズンになると予約が殺到します。早めに行動することで、自分の好みに合った留袖を確実に手に入れられます。

留袖の選び方も重要なポイントです。留袖は黒留袖と色留袖の二種類があり、どちらを選ぶかは式場や新郎新婦の衣装によって異なります。また、留袖にはさまざまな柄や刺繍が施されており、それぞれに意味が込められています。自分自身や家族にとって意味深いものを選ぶことで、結婚式がより一層特別なものとなります。

次に、留袖を美しく着こなすためには、着付けのプロフェッショナルに依頼することをおすすめします。着物は複雑な衣装であり、正しく着用することでその真価を発揮します。プロの着付け師に依頼することで、留袖を美しく、そして快適に着用することができます。

また、小物選びも留袖の印象を大きく左右します。帯や草履、バッグなど、留袖に合った小物を選ぶことで、全体のバランスを整え、より洗練された印象を与えられます。

最後に、留袖をレンタルする際には、契約内容をしっかりと確認し、返却期限や返却方法を把握しておくことが大切です。万が一の事態に備えて、レンタルショップの連絡先をメモしておくと安心です。

結婚式は一生に一度の大切なイベントです。お母さまが留袖を美しく着こなし、結婚式を華やかに彩るためには、十分な準備と注意が必要です。準備をしっかりと行い、すてきな一日を迎えましょう。

ゆめやの婚礼なら、留袖だけをレンタルなさるよりも、花嫁さまとのセットご姉妹さまとのセットご主人さまとのセットで、ご家族一緒にレンタルなさる方がお得です。手織り・手描き・手刺繍で仕立てられた至極のアンティーク着物の中から、お気に召す着物をご自由に選んでいただけます。ぜひご覧ください。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

御所車と花薬玉の黒振袖【fuk38】

【着物のプロ監修】黒地のアンティーク着物の選び方!初心者向けガイド

はじめに 着物は、その美しさと伝統により、多くの人々を魅了し続けています。特にアンティーク着物は、時を超えた品格と物語を纏い、着る人に深い満足感を与えてくれます。 この記事では、アンティーク着物の中でも特に人気の高い「黒 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!