撮影イメージ

【打掛フォト撮影】ロケーションで叶える、一生の記念写真

はじめに

和装での結婚式は、日本の伝統美を体現する格別なイベントです。中でも「打掛」は、花嫁の装いを華やかに彩る重要な要素です。この記事では、打掛とその魅力、さらにロケーション撮影で叶える夢のような一枚について掘り下げて解説していきます。

打掛とは?和装結婚式の魅力

打掛は、花嫁が着用する伝統的で格式高い外衣です。長い裾と豪華な装飾が特徴で、結婚式の重要な場面で着用されます。白無垢も打掛に含まれるため、「白打掛」と言われることもあります。色彩やデザインは多岐にわたり、個々の花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれます。結婚式で和装を着用することの魅力は、このような伝統的な衣装を通じて、日本の美意識や文化を感じられる点にあります。打掛を身にまとうことで、花嫁はただの結婚式の主役を超え、歴史と伝統を継承する象徴的な存在へと昇華します。

ロケーション撮影で叶える夢の一枚

ロケーション撮影は、結婚式の思い出をより特別なものにする素晴らしい方法です。打掛を着た花嫁を、自然光が溢れる美しい景色や、意味深い歴史的建造物の前で撮影することで、芸術作品のような記念写真を残すことができます。ロケーション選びは、カップルの物語や個性を反映させる重要な要素です。神社での撮影は、日本の伝統を感じさせる一方で、海や森など自然豊かな場所での撮影は、和装の優美さを際立たせます。ロケーション撮影は、打掛という伝統的な衣装と、選ばれた美しい撮影地の組み合わせによって、結婚式の記憶を色鮮やかに残すことができるのです。

打掛の選び方

打掛の選び方は、結婚式やロケーション撮影における最も重要なプロセスの一つです。色やデザイン、素材と品質は、その日の花嫁の美しさを最大限に引き出す要素となります。ここでは、色とデザインで伝統美をどのように表現するか、そして、素材と品質が上質な和装の選び方について詳しく解説します。打掛を選ぶ際の細かなポイントにも触れ、花嫁が自分にぴったりの一着を見つけるための具体的なアドバイスを提供します。

色とデザインで伝統美を表現

打掛の色とデザインは、結婚式のテーマや季節、そして花嫁の個性を反映させる要素です。伝統的な赤や白は、幸福と純潔を象徴し、多くの花嫁に選ばれています。しかし、最近では青や緑、ピンクといったさまざまな色の打掛も人気を集めており、より個性的でモダンな結婚式に適しています。デザインに関しては、金糸や銀糸を使った豪華な刺繍季節の花や伝統的な文様が施されたものなど、選択肢は無限大です。色とデザインを選ぶ際には、結婚式の場所や雰囲気、そして何よりも花嫁の個性に合ったものを選ぶことが重要です。

素材と品質で選ぶ、上質な和装

打掛の素材選びは、着心地だけでなく、見た目の美しさにも大きく影響します。絹や羽二重などの高品質な素材は、光沢があり、美しいドレープを作り出します。また、品質の良い素材は肌触りが良く、長時間着用しても快適です。特別な日にふさわしい上質な和装を選ぶことで、花嫁は一日中自信を持って過ごすことができます。また、素材によっては、写真映えするものもありますので、ロケーション撮影を考慮に入れた選択も重要です。最高の品質を求める場合は、専門の和装店やデザイナーに相談するのがおすすめです。

打掛を選ぶ際には、色とデザインで結婚式のテーマや自身の個性を表現し、素材と品質にこだわることで、快適さと美しさを兼ね備えた最高の一着を見つけましょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。結婚式前撮りで着用する打掛やロケーション撮影のご相談もお待ちしております。

着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】
「一生残る婚礼写真」だから、きものにこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。

着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】
プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。 ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「きもの専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。 実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

ロケーション撮影の魅力

ロケーション撮影は、結婚式の記憶を美しく永遠に残すための最良の方法の一つです。特に和装での撮影は、その風情と美しさで、特別な日の感動をより一層深めます。ここでは、美しい景色で映える和装フォトの撮影方法と、記憶に残るシーンをどのように演出するかについて掘り下げていきます。ロケーション撮影の魅力を最大限に活かし、一生の思い出に残る一枚を得るためのヒントを提供します。

美しい景色で映える和装フォト

和装はその伝統と優雅さで、どんな景色にも自然と溶け込みながらも、しっかりと主役を張ることができます。海辺の青、山々の緑、古き良き町並み、またはモダンな建築物など、選ばれたロケーションが持つ色と雰囲気は、打掛やその他の和装の色とデザインを引き立てます。ロケーション選びにおいては、季節の変化を意識し、桜の花が咲き乱れる春紅葉が美しい秋など、自然の美しさを最大限に利用することも一つのポイントです。また、撮影時には自然光を上手に使い、和装の素材が持つ繊細な質感や色の深みを捉えましょう。

記憶に残るシーンを演出

ロケーション撮影のもう一つの魅力は、撮影そのものが特別なイベントとなり、結婚式の一部として記憶に残ることです。打掛をはじめとする和装を着た新郎新婦が、選ばれた美しい場所で過ごす時間は、まるで映画のワンシーンのようにロマンチックです。撮影では、ポーズや表情だけでなく、周囲の景色との関わり方も重要です。例えば、風になびく打掛の裾、手に持った小物との相互作用、自然の中での自然体の姿など、細かなディテールにも注意を払いましょう。また、撮影プランには、和装での演出だけでなく、洋装やカジュアルな衣装での撮影を含めることで、より多様なシーンを残すことができます。

撮影前の準備

和装でのロケーション撮影では、衣装だけでなくメイクや髪型、小物選びも大切な要素です。これらの要素が組み合わさることで、一層華やかで上質な和装フォトが完成します。撮影前の準備は、撮影当日のスムーズな進行はもちろん、撮影結果にも大きく影響するため、十分な時間をかけて行うことが重要です。ここでは、メイクと髪型、小物選びに焦点を当て、和装フォトの完成度を高めるポイントを紹介します。

メイクと髪型で和装に華を添える

和装に合わせたメイクと髪型は、撮影の全体的な雰囲気を左右します。特に、打掛や白無垢などの伝統的な和装を選ぶ場合は、クラシカルな美しさを表現するために、落ち着いた色味のメイクや、伝統的な髪型を選ぶと良いでしょう。一方で、モダンなデザインの打掛を選ぶ場合は、少し大胆なメイクやアレンジも素敵です。メイクは自然光下での撮影を考慮し、ナチュラルでありながらも、しっかりとした印象を与えるようにしましょう。また、髪型は和装の雰囲気に合わせて、洋装のウェディングドレスとは異なる独特の魅力を演出します。事前にヘアメイクのプロと相談し、試し撮りを行うことも一つの方法です。

小物選びで完成度を高める

和装フォトの完成度をさらに高めるためには、小物選びも非常に重要です。扇子やかんざし、帯締めなど、伝統的なアイテムを取り入れることで、より一層和装の美しさを引き立てることができます。また、撮影ロケーションの雰囲気に合わせた小物を選ぶことで、撮影のテーマやコンセプトがより鮮明になります。小物は、和装の色やデザイン、撮影のシーンに合わせて慎重に選び、全体のバランスを考えましょう。小物一つ一つが、撮影の印象を大きく左右するため、細部にまでこだわることが大切です。撮影前の準備段階で、メイクや髪型、小物選びにしっかりと時間をかけることで、撮影当日はよりリラックスして臨むことができます。

フォトウェディングプランの選び方

フォトウェディングプランは、結婚式の記念として、または結婚式に先駆けて行う前撮りとして、多くのカップルに選ばれています。和装でのロケーション撮影は特に人気があり、その日のためだけに特別な打掛を選び、美しい日本の風景の中で撮影を行います。しかし、多様なプランとオプションがあるため、自分たちにとって最適なプランを選ぶことは簡単ではありません。ここでは、フォトウェディングプランを選ぶ際のポイントと、オプションや変更ポリシーについて解説します。

プランの種類と内容の理解

フォトウェディングプランは、スタジオ撮影、神社や庭園などのロケーション撮影、または両方を組み合わせたものなど、さまざまな種類があります。プランに含まれる内容は、撮影時間、衣装の数、ヘアメイクの有無、写真の枚数やアルバムの種類によって異なります。また、撮影場所によっても料金が変わることがあるため、事前に詳細を確認し、希望に合ったプランを選ぶことが大切です。プラン内容の確認時には、衣装の品質やフォトグラファーの経験も重要なポイントになります。和装や打掛の種類、色、デザインの選択肢も多いため、自分たちのイメージに合ったものが選べるかどうかも確認しましょう。

オプションと変更ポリシー

多くのフォトウェディングプランには、基本プランに加えて様々なオプションが用意されています。追加の衣装やアクセサリー、ヘアメイクの変更、撮影写真の追加注文など、希望に応じてカスタマイズすることが可能です。また、ロケーション撮影の場合は、撮影場所の変更オプションも重要です。天候や季節によって撮影場所を変更できるかどうか、また変更に伴う追加料金が発生するかどうかも事前に確認しておくと安心です。プランやオプションを選ぶ際には、後から変更が必要になった場合のポリシーも確認し、柔軟に対応できるサービスを選ぶことをお勧めします。フォトウェディングプランを選ぶ際は、自分たちの希望や予算に合った内容を、細部にわたって検討することが重要です。

ロケーション選びのポイント

ロケーション撮影は、フォトウェディングの魅力を最大限に引き出す重要な要素です。美しい景色の中での撮影は、和装の美しさを一層引き立て、忘れられない記念写真を残すことができます。しかし、撮影地選びにはいくつかのポイントがあり、事前の検討が必要です。ここでは、自然光と景観を生かした撮影地選びと、アクセスと参列者の快適性に焦点を当てて解説します。

自然光と景観を生かした撮影地選び

ロケーション撮影では、自然光とその場所の景観が重要な役割を果たします。自然光は、被写体を自然で柔らかい光で包み込み、和装の色彩や素材の美しさを際立たせます。そのため、撮影地と時間帯を選ぶ際には、光の方向や強さを考慮する必要があります。例えば、朝や夕方の柔らかい光の中で撮影すると、よりロマンティックで幻想的な雰囲気を演出できます。また、撮影地の景観も重要で、日本の美しい自然や歴史的な建造物、神社などが、和装の雰囲気に合った背景となります。撮影地選びでは、これらの要素を考慮し、和装と調和する美しいロケーションを選ぶことがポイントです。

アクセスと参列者の快適性

ロケーション撮影を行う際には、アクセスの良さも重要な考慮事項です。撮影地までの移動が容易であること、駐車場が近くにあること、公共交通機関でのアクセスが良いことなどが、撮影当日のスムーズな進行に貢献します。また、参列者がいる場合は、彼らの快適性も考慮する必要があります。例えば、高齢の親族が参加する場合は、バリアフリーのアクセスや休憩できる場所があるかどうかを確認することが大切です。撮影地選びでは、これらの実用的な側面を考慮し、すべての参加者が快適に過ごせる場所を選ぶことが重要です。

当日の流れと注意点

フォトウェディングの当日は、計画的に進行させることで、スムーズな撮影を実現できます。ここでは、撮影当日の流れと、天候や状況に応じた撮影のコツについて解説します。和装での撮影は、特に準備とタイミングが重要となるため、事前にしっかりと計画を立てておくことが大切です。

スムーズな撮影のためのスケジュール

撮影当日は、メイクやヘアセットから始まり、着付け、そして実際のロケーションでの撮影と続きます。各プロセスには十分な時間を確保し、余裕を持ったスケジュールを組むことが重要です。特に、和装の着付けは時間がかかることが多いため、予定よりも早めにスタートすることをおすすめします。また、移動時間や撮影地での準備時間も考慮に入れて、スケジュールを立てましょう。撮影の流れは、フォトグラファーやスタジオと事前に相談し、当日のタイムラインを明確にしておくことが望ましいです

天候や状況に応じた撮影のコツ

ロケーション撮影では、天候が大きな影響を与えます。晴れた日は自然光を最大限に活用できますが、曇りや雨の場合は、撮影プランを変更する必要があるかもしれません。不測の天候に備えて、屋内ロケーションや雨天でも撮影可能な場所を事前にリサーチしておくと良いでしょう。また、強い日差しの下では、影が強調されてしまうことがありますので、日陰や適度に日差しを遮ることができる場所を選ぶなど、光のコントロールも重要になります。撮影地の状況や天候に応じて、柔軟に対応できるプランを準備しておくことが、成功への鍵となります。

フォトウェディングの撮影当日は、事前の準備と計画がとても重要です。スムーズな撮影のためには、詳細なスケジュールの計画が必須であり、天候や撮影地の状況に応じた対策も欠かせません。撮影プランやスケジュールは、プロのフォトグラファーやスタジオと密に連携し、事前にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

打掛を着用してのロケーション撮影は、結婚式の準備の中でも特に記憶に残る素晴らしい経験となります。ここでは、打掛を選んでロケーション撮影を行うことの大切さと、その結果として残る美しい記念写真の価値についてお話しします。

打掛ロケーション撮影で叶える理想の結婚式

打掛は、その豪華な装飾と色彩で、日本の伝統美を象徴する衣装です。ロケーション撮影を行うことで、この美しい衣装を自然光の下や歴史ある建物の中で、最も美しく記録に残すことができます。撮影に選ばれるロケーションは、その風景や雰囲気が写真に深みを加え、結婚という一生の記念にふさわしい背景となります。和装での撮影は、ただ写真を残すだけでなく、日本の伝統を大切にする心、そして二人の結びつきを表現する方法の一つです。

未来に残る美しい記念写真の価値

打掛を着用して行うロケーション撮影は、ただ美しい写真を残すだけでなく、結婚という新しい人生の門出を、日本の伝統的な美しさと共に祝福する素晴らしい方法です。未来に残る記念写真は、その時の幸せな記憶をいつまでも新鮮に保ち、家族の歴史の一部として大切にされるでしょう。最後に、和装でのフォトウェディングを成功させるためには、計画的な準備とプロフェッショナルなサポートが不可欠です。美しい和装で、かけがえのない一日を最高の形で残しましょう。

〈参考記事〉
https://weddingphoto.onestyle.co.jp/howto/column24
https://kimono.tagaya.co.jp/news/japanese_wed_useful_tips/detail/23978/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

グラデーションの松に群れ飛ぶ鶴の五つ紋付黒引き振袖【fuh73】

【花嫁必見】引き振袖の構造と魅力を徹底解説!嬉しいコーディネート例付き

はじめに:引き振袖の基本構造とその魅力 引き振袖は、日本の伝統的な衣装であり、特に結婚式などのフォーマルな場において花嫁の装いとして重宝されています。この豪華で華やかな着物は、その独特の構造とデザインにより、日本文化の深 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!