少人数結婚式イメージ

【プロが監修】身内だけの結婚式 | 少人数での費用と相場、注意点

はじめに

結婚式の身内だけのスタイルとは?

結婚は一生に一度の大切な節目。その結婚式をどんなスタイルで挙げるかは、多くのカップルにとって悩みの種ですよね。近年、新郎新婦とその家族や親しい親族だけで行う、少人数の結婚式が人気を集めています。

この少人数での結婚式、身内だけのスタイルは、アットホームな雰囲気を楽しめるのが特徴です。リゾート地での挙式や、小さなチャペルでの挙式など、場所も選びやすくなるでしょう。

会場については結婚式場はもちろん、レストランやホテルの個室、ガーデンなど、選び方は無限に広がります。また規模が小さくなることで、費用を抑えたり、より豪華な料理を提供したり、写真撮影にこだわったりと、自分たちの希望を叶えやすくなります。

一方、友人や会社の同僚など、招待する範囲をどこまで広げるかが悩みの種になることもあるでしょう。その辺りのポイントについては、後ほど詳しく解説しますね。

少人数で行う結婚式のメリットとデメリット

少人数で行う結婚式、特に家族や親族だけの挙式は、多くのメリットがあります。まず、何と言っても気軽な雰囲気があること。大人数のゲストを招待する必要がないので、フォーマルすぎず、親しい人たちと心温まる時間を過ごせます。

費用の面でもメリットが多いですね。少人数だからこそ会場の選び方が自由になり、料理やドレス、装飾にお金をかけたり、逆に節約してシンプルな結婚式にしたりと、自分たちの予算に合わせたプランが可能になります。

その他、招待する人数が少ないため、招待状の準備や席次表の作成などの手間が省ける点も魅力でしょう。特に結婚の準備は多くのカップルが忙しい中で行うもの。少しでも負担を減らすことができるのは大きなメリットです。

しかしこのスタイルにはデメリットも存在します。例えば友人を招待しない選択をした場合、その友人との関係が変わってしまう可能性も。また挙式の規模が小さくなると、人前式や教会式などの選択肢が減ることもあるでしょう。

このようなメリットとデメリットをしっかりと考え、ふたりに合った結婚式を挙げるための準備を進めることが大切です。人数をどれだけにするか、どんな会場で挙げるか、どのような料理を準備するかなど、検討するポイントは多いですが、この記事で少しずつ解説していきますね。最終的には、身内だけの暖かい結婚式が成功するよう、全力でサポートします!

これからの内容で、少人数の結婚式、特に身内だけの結婚式の魅力や準備の方法など、詳しくお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ゆめやでは、豊富なレンタル着物から好きな留袖や羽織袴を選べる家族や親族向けのお得なセットプランも用意しています。ご両親プランやご姉妹プランなど組み合わせもいくつかございますので、結婚式の規模に応じてご活用いただければと思います。

結婚式場の選び方

結婚式場の選び方は、新郎新婦にとって非常に重要な決断となります。ここで、それぞれのスタイルや規模に合わせた結婚式場の選び方について詳しく解説します。

身内だけの結婚式におすすめの結婚式場

身内だけで行う結婚式は、親しい人たちと心温まる時間を共有することができる特別な場になります。少人数の規模での挙式が求められるケースでは、リーズナブルでアットホームな雰囲気が楽しめる会場がおすすめです。

例として、料亭や小さなゲストハウス、ホテルの個室などが適しています。東京や大阪などのエリアには、少人数向けの式場も多く存在します。特に30人程度のゲストを招いて行う場合、料理にこだわりを持つ方には、料亭での会食が良いでしょう。

式場選びのポイントとして、食事や演出にどれだけこだわることが可能か、料金や制度、挙式の流れなどの相談がしやすいかどうかも考慮したい点です。

ドレスや和装の衣装選び、花の装飾など、自分たちのイメージに合わせた演出がしやすい場所を検討することも重要な要素となります。親族や両親への感謝の気持ちを伝える時間も、身内だけの結婚式ならではの魅力です。

リゾート地やチャペルでの結婚式

リゾート地やチャペルでの結婚式は、特別感と非日常を楽しむことができる選択肢です。沖縄や九州などのリゾート地では、海を背景にした結婚式が行えます。フラワーの装飾やオープンエアのパーティーなど、自然と一体となった挙式が可能です。

チャペルでの結婚式も、その雰囲気と格式から多くのカップルに選ばれています。東京近郊には、美しいガーデンを併設したチャペルが点在します。結婚式の季節に合わせて、その季節の花を取り入れたウェディングも素敵です。

リゾート地やチャペルでの結婚式を考える際、ゲストの交通費や宿泊費の負担、式場の選び方、準備の進行など、計画的に進める必要があります。でも、世界に一つだけの特別なウェディングを演出するチャンスですので、想いを込めて準備を楽しんでください。

結婚式場の選び方は、自分たちの価値観やゲストへのおもてなし、費用など多岐にわたる要素が絡み合います。一般的な選び方から特別なスタイルまでさまざまな選択肢がありますので、じっくりと検討して理想の結婚式を叶えてください。

費用と節約のポイント

身内だけの結婚式の費用相場

親しい家族や親族だけで行う身内だけの結婚式では、費用相場も一般的な結婚式とは異なります。

身内だけの結婚式では、会場の選び方や料理の準備など、親しみやすいアットホームな雰囲気が重視されます。例えば20人ほどの親しい人たちを招待する場合は、リゾートやレストランなどの少人数向けの会場がおすすめです。全国には多くの式場がありますが、身内だけの挙式に合わせたエリアで探すことがポイントです。

一般的に身内だけの結婚式の費用は40万円前後と言われています。当日の衣装や料理、写真撮影などの費用を考えると、この金額はケースによって多少変わります。会場によっては、少し贅沢な食事や特別な演出なども取り入れることができるでしょう。

結婚式の準備として、まずはどのような式場を選ぶか、ドレスや和装、花の装飾など、こだわりたい部分にどれくらいの予算を割くかを検討しましょう。親族だけの結婚式だからこそ、両家の意見をしっかりと取り入れ、素敵な時間を過ごす準備をしていきましょう。結婚式場の相談やプランの提案など、ブライダルフェアへの参加もおすすめです。

結婚式を成功させる節約方法

結婚式は幸せな日ですが、費用がかかるのも事実。しかし、少なくとも予算を抑えつつ、心に残る挙式を行う方法もあります。結婚式を成功させる節約方法をいくつか紹介しましょう。

まず、挙式の規模を決めることが大切です。少人数の家族や親しい友人だけの結婚式ならば、リーズナブルな会場を選ぶことができます。料亭や小さなホテルなど、30人程度で行える場所は意外と多いもの。そういった場所を探し、詳細について問い合わせをすることから始めてみましょう。

衣装や装飾の選び方も節約のポイントです。ウェディングドレスや和装など、式に合わせて選ぶことはもちろん素敵ですが、レンタルや中古の衣裳を選ぶことも一考の余地はあります。花やテーブルの装飾もシンプルにすることで、上品な雰囲気を醸しつつ予算を抑えることが可能です。

ゆめやの婚礼のページもぜひご覧ください。セットプランをはじめとして、白無垢や打掛など婚礼用のアンティーク衣装をレンタルにて豊富に取り揃えております。

ゲストに対するおもてなしも欠かせませんが、料理の内容や会食の形式を工夫することで、ここでも節約ができます。例えば料理は少し贅沢なものを少なくして、心のこもった手紙や小さなギフトで感動を呼ぶことも素敵です。

結婚式の準備は大変ですが、節約しながらも心温まる挙式を行うコツは多く存在します。最も大切なのは、新郎新婦の気持ちをゲストに伝えることです。

ウェディングプランの探し方

少人数結婚式にぴったりのプラン紹介

少人数の結婚式は、親しい友人や家族だけを招いて行う、アットホームな雰囲気の挙式が魅力です。ここでは、少人数結婚式にぴったりのプランの紹介をしていきます。

30人程度のゲストを招待する小規模な結婚式の場合、式場選びは大切なポイントとなります。一般的にはホテルやチャペルではなく、レストランやゲストハウスなどの少しカジュアルな会場がおすすめです。会費も抑えられ、親しい人たちとの親密な時間を楽しむことができるでしょう。

食事の内容も、少人数ならではのこだわりを見せるチャンスです。例えば新郎新婦とゲストとの思い出の料理を用意するなど、感動を共有する演出が可能です。

当日の写真撮影にも工夫が必要です。少人数だからこそ、全員と一緒に素敵な写真を撮ることができるので、ぜひプロの写真撮影を依頼しましょう。特別な思い出の1枚が、きっと後の記念になるはずです。

少人数結婚式の準備は、予算を抑えつつも親しい人々とのつながりを大切にする点が魅力です。そのため、招待人数や会場、料理など、具体的なプラン作りには細心の注意が必要となります。誰とどのように過ごすのか、二人でじっくりと話し合い、最良の選択をしましょう。

ゼクシィなどで探すブライダルフェア

ブライダルフェアは、結婚式の準備において非常に参考になるイベントです。新郎新婦が式場を探し、ドレスや料理、演出などの具体的な内容をチェックできる場所です。

ゼクシィなどの結婚情報サイトでは全国のブライダルフェア情報を掲載しており、エリアやスタイル、費用などから自分たちに合うフェアを探すことができます。参加は無料の場合も多く、気軽に参加できるでしょう。

ブライダルフェアでは、結婚式場の雰囲気を感じ、料理を試食したり、衣装を試着したりすることができます。プランナーとの直接の相談も可能で、自分たちの希望を詳しく伝えるチャンスでもあります。

ゲストとして親や友人を招待することも可能です。親しい人たちの意見も取り入れつつ、準備を進めることができるでしょう。

最近では、オンラインでのブライダルフェアも増えており、自宅からでも参加できるようになっています。忙しいカップルにとっても、気軽に情報収集ができるのが嬉しいポイントです。

試食会やお客様の声をチェック

結婚式場選びの際には、試食会への参加や、過去に式を挙げた利用客の声をチェックすることも欠かせません。

試食会では、披露宴で提供される料理を事前に味わうことができます。おもてなしの一環として重要な料理ですから、この機会に気に入ったものを選ぶことが大切です。試食会では会場の雰囲気やスタッフの対応も感じ取ることができるでしょう。

利用客の声は、結婚式場の公式サイトなどでチェックすることができます。実際に結婚式を挙げた方々の率直な感想や評価が記載されており、自分たちの希望に合うかどうか判断する上での参考になります。

自分たちのスタイルに合った結婚式場を見つけるためには、プランの紹介からブライダルフェア、試食会などをうまく活用し、準備期間を有意義に過ごすことが必要です。大切な人々との思い出深い一日になるよう、検討を楽しんでください。

おしゃれな演出と衣装の準備

家族・親族向けの演出のアイディア

ここでは、少人数での挙式や披露宴において、家族や親族を深く感動させる演出のアイディアをいくつかご紹介します。

まずは、人前式を選び、親しい親族の方々と一緒に食事会を行うプラン。結婚式場を探し、リゾートやレストランでアットホームな雰囲気を楽しむことができます。おすすめの料理や招待したゲストとの会話、笑顔あふれる写真撮影など、心温まる時間を提供できるでしょう。

親族と一緒に花嫁の成長を振り返るビデオメッセージは、感謝の気持ちを伝える素敵な演出です。プロのカメラマンによる写真撮影と合わせて、結婚式の後も家族と共に見返すことができる内容とすると良いでしょう。

親族へのサプライズプレゼントや手紙の読み上げなど、感謝の気持ちを直接伝える演出も人気。新郎新婦の心からの言葉やギフトが、家族・親族との絆を深める一助となります。

全体の流れや具体的なプランなどは、式場の相談窓口で詳しく検討することが可能です。挙式や披露宴の規模、予算などに応じて、最適な演出を提案してもらえるでしょう。大切な家族・親族との一日をより特別なものにするための演出を、結婚式にぜひ取り入れてみてください。

結婚式で着用する衣装の選び方

結婚式での衣装選びは、新婦にとって特に楽しいもの。ドレスや和装の選び方、準備のポイントについて、少し解説します。

まず、結婚式での衣装は、挙式のスタイルや会場、季節に合わせて検討することが大切です。神前式であれば、白無垢などの和装が一般的。一方、チャペルでの教会式では、洋装のウェディングドレスがおすすめです。

ドレス選びの際、身長や体型、好みのスタイルなどを考慮すると、自分に合った素敵なドレスが見つかります。また、ヘアメイクやアクセサリー、花束との相性も忘れずに。

和装の場合、着物の色や柄、装飾などにこだわりを持つ方も多いですね。挙式のエリアや季節、自分のイメージに合わせて、専門のブライダルショップで相談するとよいでしょう。ゆめやでもさまざまな和装の衣装を提供しているので、参考にしてみてください。もちろん、先程ご紹介した家族・親族向けのようなセットプランを新郎・新婦にもご用意しています。

衣装の費用やレンタルの流れ、当日の着付けなど、多くのポイントが挙げられますが、大事なのは自分たちの気に入った衣装を選ぶこと。挙式の準備や式場での相談など、少しずつ進めて、最高の一日を迎える準備を楽しんでください。

結婚式の前後の流れ

挙式前の準備マニュアル

特に新婦として、最も美しい姿でゲストに紹介されるこの大切な日は、細部に至るまで気を配りたいものです。挙式前の準備には多くのポイントがありますが、以下のようなステップが一般的な流れとなります。

  1. 式場探し: まず最初に式場の探し方を考えなければなりません。人数や予算、エリアに応じてホテルやリゾート、レストラン、ゲストハウスなどの選択肢があります。人気の場所は早めに予約することが必要です。自分たちのイメージに合った場所を見つけることから始めます。
  2. ゲストの招待: 親族や親しい友人など、少人数でアットホームな結婚式を希望するカップルも多いです。招待状のデザインや文章にこだわりを持ち、手作りする方も少なくありません。
  3. 衣装と美容: ウェディングドレスや和装の選び方は特に重要です。前撮りの写真撮影もこの段階で行うことが多く、ヘアメイクやアクセサリーにも気を使います。
  4. 料理と演出: 披露宴での食事会はゲストに楽しんでもらう重要な部分です。料理のメニューや演出、装飾など、細部にわたって相談し、プランを立てます。
  5. その他の準備: 引き出物の選び方や、ゲストとの連絡方法、費用の管理など、多岐にわたる準備が必要となります。
  6. 最終確認: 当日の流れや挨拶、進行の確認など、細かい点を再確認します。何も漏れがないか、担当者と共にチェックしましょう。
  7. リハーサル: 式場でのリハーサルを行い、当日を迎える準備を整えます。

挙式前の準備は多岐にわたりますが、計画的に進めていくことで、スムーズな進行が可能となります。さまざまなオプションや特別なプランがありますので、自分たちの希望に合った内容を検討してみてください。

結婚式後の感想やゲストへの贈り物

結婚式が無事に終わった後も、忘れてはいけないことがいくつかあります。

  • ゲストへの感謝: ゲストへの贈り物やお礼の言葉を忘れずに。親しい友人や親族に感謝の気持ちを形にして伝えることが大切です。
  • 写真やビデオの整理: 結婚式で撮影された素敵な写真やビデオを整理し、アルバムにまとめるなどして、後で楽しむことができます。
  • 費用の精算: 結婚式の費用や会費など、お金の精算も忘れずに行いましょう。
  • 二次会や記念パーティー: もし二次会や記念パーティーを考えているなら、その準備も忘れずに。ここではもう少しカジュアルな雰囲気で楽しむことができます。
  • 新生活の始まり: 新郎新婦としての新しい生活が始まるわけですから、それぞれの役割や予算の管理など、話し合いをしておくと良いでしょう。

結婚式は一生に一度の特別な日です。その後の感想やゲストへの贈り物など、挙式後のこともしっかりと考え、素敵な思い出を作りましょう。ブライダルフェアや顔合わせ、結納など、結婚式にまつわる他の事項についても同様に大切に考え、進めていくことがおすすめです。

まとめ

身内だけの結婚式を素敵に行うためのポイント

結婚式は人生の中でも特別なイベントの一つ。この大切な日を親しい家族や親族だけで過ごす少人数の挙式が、近年多くのカップルに選ばれています。10人から30人程度の人数で挙げるアットホームな挙式は、親しい人たちとの深い結びつきを感じられる素敵なものとなるでしょう。

少人数の結婚式を行う際のポイントとして、会場の選び方が重要です。リゾート地の小さなチャペルやレストランを式場として選べば、家族や親族と過ごす贅沢な時間を過ごすことができます。全国各地に少人数向けの結婚式場がありますので、探してみましょう。

少人数だからこそできる演出や食事の内容にこだわることもポイントです。料理を一品ずつ丁寧に紹介する会食スタイルや、新郎新婦とゲスト全員でのフォト撮影など、身内だけでの結婚式ならではの演出を取り入れると良いでしょう。

招待する友人や親しい人たちとの準備も忘れずに。ドレスコードを設定してゲストにも楽しんでもらったり、特別な挨拶や手紙を用意するなど、親しい人たちと一緒に楽しむための工夫も楽しいものです。

少人数での結婚式は費用を抑えやすいというメリットもあります。挙式だけでなく、その後の二次会なども規模に合わせて計画すると、全体の予算をうまくコントロールできるでしょう。無料での相談やプランの提案も多いので、じっくりと考えて行うと良いでしょう。

無料相談やお子様向けの対応など、他に考慮すべきこと

身内だけの結婚式では、ゲストとの距離が近く、親しい人たちとの絆を深めることができますが、その分、細かい配慮が必要な場合もあります。

例えば親族に小さなお子様がいる場合、その対応も考慮すべきことの一つです。ホテルやリゾート地での結婚式なら、子供用の食事や託児サービスがあるかも事前に確認しておきましょう。お子様が楽しんでもらえるような演出やプレゼントの用意も喜ばれることでしょう。

結婚式の準備は大変なもの。その中で、無料相談や専門のプロのサポートは非常に有用です。結婚式場やブライダルフェアでは無料相談も可能な場合が多いので、気軽に利用して準備に役立てましょう。

挙式のスタイルも考慮すべき点です。人前式や神前式など、少人数の結婚式に合ったスタイルを選ぶと良いでしょう。規模に合った衣装や装飾、花などのアイテム選びも、式全体の雰囲気を一層高める要素となります。

以上、身内だけで過ごす結婚式の素晴らしさと、その準備や考慮すべき点についてお伝えしました。少人数での挙式は、ゆっくりと親しい人たちと過ごせる温かい時間を提供してくれます。今回の記事が結婚を控えた皆さんにとって、参考になる内容でしたら幸いです。

ゆめやでも専用のお問い合わせフォームを備え付けております。レンタル着物の試着お申し込みに限らず、結婚式の和装に関するご相談があればお気軽にお聞かせくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

お宮参りイメージ

【プロが監修】レンタル着物でお宮参り | 母親向け完全ガイド

はじめに お宮参りの意義と母親が注目される理由 お宮参りは、赤ちゃんがこの世に生まれて初めて神社に詣でる、大切な行事です。この日は、お子さまが健やかに成長することを祈る祝いの日。その主役とも言えるのが、赤ちゃんとその母親 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!