神前式イメージ

神社での挙式を家族のみで行いたい!少人数のメリットと神前式の流れ

はじめに

結婚式は二人の新たな門出を祝う特別な日です。さまざまなかたちを持つ結婚式において、家族のみで行う神前式とは、一体どのようなものなのでしょうか。この記事では、心に残る結婚式を実現するための神前式のメリットと、家族のみで行う結婚式の魅力、神前式を選ぶにあたっての準備などについて詳しくご紹介します。

家族のみで神前式の結婚式を考えるメリット

伝統と格式を重んじる神前式は、主に神聖な神社で行われる結婚式です。この神前式を家族のみで執り行うことについては、多くのメリットがあります。

家族のみで行う神前式のメリット

メリット説明
費用を抑えられる家族のみの少人数であれば、必要な費用を抑えることが可能です。
準備がしやすい招待人数が少ないため、招待状の準備や会場の予約などの手間が減少します。
家族の絆を深める家族が集まることで、より家族の絆を深めることができます。
和婚の魅力を堪能できる日本の伝統的な衣装や儀式をじっくりと味わうことができます。
式の進行がスムーズ参列者が少ないため、式の進行がスムーズに行われ、時間に余裕を持って進めることができます。

このように、神前式で家族のみを招待することは経済的な面はもちろん、精神的なメリットも大きいのです。家族だけの温かい雰囲気の中で、二人の新しい門出を祝うことができます。

家族が中心となる結婚式の魅力

結婚式は新郎新婦の二人だけでなく、その家族にとっても忘れがたい一日となります。家族が中心となる結婚式は、特に次のような魅力があります。

  • 家族の歴史や文化を尊重することができる
  • 家族間でのコミュニケーションが深まる
  • 少人数ならではのアットホームな雰囲気を楽しめる
  • 家族それぞれの想い出に残る時間を共有できる

これらの魅力は、家族だけの結婚式ならではのもの。大勢を招待する披露宴にはない、親密さと温もりがあります。家族のみの結婚式では、新郎新婦の家族が一堂に会し、これまでの感謝を伝えるとともに、これからの絆を深めていく大切な時間となるのです。

神前式を選ぶ際の心の準備

神前式を選ぶ際には、心の準備も必要です。神前式は単にその形式を重んじるだけではなく、その背景にある精神性を理解し、参列する家族もその精神を共有する必要があります。

以下は、神前式を選ぶ上で押さえておきたい準備です。

  • 神社との打ち合わせ:式場となる神社との事前の打ち合わせは、神前式を行う上で欠かせません。儀式の流れや作法を事前に学んでおくことで、当日の不安を和らげることができます。
  • 精神的な清浄:神前式では、心身の清浄が求められます。事前に心を落ち着け、自身を見つめ直す時間を持つことも重要です。
  • 家族とのコミュニケーション:家族との絆を深める結婚式であるため、事前に家族それぞれの想いや希望を共有しておくことも大切です。

神前式を選ぶことは、新郎新婦のみならず参列する家族全員にも心の準備が求められる儀式となります。ただ一日を過ごすのではなく、家族の記憶に深く刻まれるかけがえのない一日を創り上げるための大切なプロセスなのです。

アンティークきものレンタルゆめやでは100年以上の歴史がある、白無垢・色打掛・引振袖などさまざまな婚礼衣装をご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティークの婚礼衣装は全て貴重な一点ものです。正絹の着物ならではの柔らかさ軽やかさに身を包み、特別感のある花嫁姿を叶えていただけます。

次の章では、家族のみで行う神前式の具体的な流れや、参列者が心がけるべき点について掘り下げていきます。

神前式の基本とは?結婚式の流れを理解する

結婚式という一生に一度の節目を、伝統ある神社で神前式として執り行う選択は、格別なものです。これを家族だけで行うともなれば、そのシンプルさがかえって新郎新婦と家族の結びつきを強固なものにします

神聖な神殿の雰囲気の中で行う一連の儀式は、厳かで、ありのままの日本の美を体感できる瞬間となります。ただ、その挙式がどのような流れで行われるのか、どのようなマナーや心得が必要なのかは、詳細にわたって知っておく必要があるでしょう。

神前式での挙式の流れ

神前式での結婚式は、神前ならではの儀式と作法があります。以下にその流れを詳しくご紹介します。

神前式での挙式の流れ

順番儀式内容
1参進(さんしん)斎主と新郎新婦、家族が神殿に向かって進む儀式です。
2修祓(しゅうばつ)新郎新婦とその家族が斎主によるお祓いを受け、身を清める儀式です。
3祝詞奏上斎主が神様へ祝詞を読み上げます。
4三三九度の儀新郎新婦が互いに盃を交換することで、結びつきを示す儀式です。三献の儀とも。
5神楽奉納巫女が神様に音楽や舞を捧げる儀式です。
6指輪の交換お互いの結びつきを象徴する結婚指輪を交換します。
7誓詞奏上新郎新婦が神前で夫婦としての誓いの言葉を読み上げる儀式です。
8玉串奉奠新郎新婦が神前に玉串をお供えします。
9退場斎主あいさつの後、一同が神殿を後にします。

以上が一般的な儀式の流れですが、神社や地域によって儀式の順序や有無は異なるため、事前に神社に確認しておくことが必要です。料金や予約に関する詳細、撮影や会食についても神社とよく相談しておき、自分たちの結婚式に合わせたプランを考えましょう。

家族のみの挙式におけるマナーと心得

家族のみで行う神前式においても、挙式の美しさを保つためのマナーと心得があります。和婚の精神を尊重し、その場の雰囲気にふさわしい振る舞いを意識しておきましょう。

家族のみの挙式におけるマナーと心得

マナーと心得詳細
衣装の選び方新郎は羽織袴、新婦は白無垢や色打掛といった伝統的な和装が原則。両親は和装、洋装とも選べます。
持ち物の配慮神社へのお参りと同様、身の回りの品は極力少なくして参列します。
移動時の注意神殿内では静かに行動し、移動時も余計な音を立てないように気を付けましょう。
撮影のルール神社によっては撮影が制限される場合があるため、事前に確認が必要です。可能な場合でも、フラッシュの使用や大きな音は避けるようにしましょう。
立ち振る舞い神前式では、厳格な立ち振る舞いが重んじられます。大声での私語は慎み、礼儀正しく行動することが求められます。
神様への感謝神前ですので神様への感謝の気持ちも忘れずに、儀式に臨みたいものです。
後の食事会について挙式後は通常、家族だけで食事をともにします。ここでも和やかな雰囲気で、新しい絆を深められるよう心がけましょう。

神前式の挙式とそれに伴うマナーや心得は、伝統を大切にする心と行動が求められます。結婚式の主役である新郎新婦はもちろんのこと、参列する家族もこの貴重な瞬間を精一杯楽しみ、厳かな挙式にふさわしい心構えで臨んでいただきたいと思います。

ゆめやでは貴重なアンティーク婚礼衣装をお得な価格でレンタルしていただける「結婚式向け和装プラン」をご用意しています。ご新郎様は羽織袴、ご新婦様は白無垢や色打掛、引振袖からお好きな婚礼衣装をお選びいただけます。抱え帯・草履・筥迫・末広といった婚礼小物もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでお貸出しいたします。一生に一度の花嫁衣装にふさわしいアンティーク着物で、特別感のある晴れの日をお迎えください。

家族のみの神前式の費用と相場

家族のみで行う神前式は、その貴重な瞬間を最も身近な人々と分かち合える心温まる儀式です。

少人数での神前式は神聖な挙式でありながら、経済的な負担を軽減しつつ伝統的な美しさを保ちたいカップルにとっても理想的な選択肢となっています。神社での結婚式は格式高いホテルや結婚式場での披露宴に比べて比較的安価であることがその理由です。

以下、家族のみでの神前式にかかる費用と相場について、詳細をお伝えします。

経済的なメリットと費用の抑え方

経済的な意味での神前式における最大のメリットは、挙式に必要な人数が少なくなることで、会場費や食事、招待状などの費用を抑えることができる点にあります。

家族のみの挙式で費用を抑える方法はいくつかありますが、主なものを以下にご紹介します。

  • 予約のタイミング:結婚式の予約は、時期によって価格が変動することがあります。オフシーズンを狙って予約することで、通常よりもお得な料金で挙式を行うことが可能です。
  • 衣装の選択:白無垢や色打掛などの和装は、新品を購入するよりもレンタルする方が経済的です。また、親族の持ち衣装を利用することも費用を抑える一つの方法です。
  • 料理の工夫:挙式後の会食では、料理の内容をシンプルにすることで費用を削減できます。とはいえ、家族のみの少人数であれば高級感のあるものから手軽なものまで幅広い選択も可能となるでしょう。
  • 装花や装飾をシンプルに:神社の自然な美しさを活かし、装花や装飾を最小限に抑えることで大幅なコストダウンが見込めます。

これらの方法を活用することで、神前式は経済的な制約があるカップルにとっても充実した挙式となりえます。

必要な費用の内訳とその節約方法

神前式においては、挙式にかかる費用には以下のような内訳があります。

  • 挙式料:神社での神前式には、初穂料(神様への奉納金)が含まれる場合と別途必要な場合があります。
  • 衣装費:新郎新婦の和装レンタル料や着付け、ヘアメイクの費用も必要です。
  • 写真撮影:プロのカメラマンによる撮影費用。
  • 会食の費用:家族のみ参加する小規模なものであっても、食事の提供には費用がかかります。

これらの費用に関しては、以下の点が節約の参考になります。

  • 挙式料:神社によっては平日や特定の時間帯に割引がある場合もありますので、事前に確認しておきましょう。また初穂料は神社や地域によって基準が異なります。可能であれば複数の神社を比較し、相場を把握しておきましょう。
  • 衣装費:早期予約割引を利用したり、衣装を複数一緒にレンタルすることで割引が適用される場合があります。
  • 写真撮影:写真は必要最低限の枚数に抑え、アルバム制作はオンラインサービスを利用するなどでコストを下げることができます。
  • 会食の費用:食事のコースを調整するか、普段から親しみのあるレストランで個室予約を行うなどして、会食の費用を抑えることが可能です。

以上のように、家族のみの神前式は精神的のみならず経済的にも大きなメリットがあり、さらに細やかな配慮と工夫を凝らすことで予算内に収まりつつ素晴らしい結婚式を挙げることができるでしょう。

ゆめやではご新郎・ご新婦向けのベーシックプランのほか、ご家族で着物をお召しいただけるプランもご用意しています。ご両親は羽織袴と黒留袖、ご姉妹は留袖や訪問着、振袖など多彩な着物からお選びいただけます。生涯の思い出に残る、こだわりの和の結婚式をお手伝いいたします。

結婚式場の選び方:家族のみの挙式に適した神社

結婚式を挙げる場所選びは、二人の新たな門出における最初の大切な決断の一つです。特に家族のみで行う挙式では、その場の雰囲気や家族間の心地よい距離感がより一層重要視されます。

和婚を選ぶ新郎新婦にとっては神前式の執り行われる神社はただの会場ではなく、結婚という儀式の重みや二人の誓いを神様に奏上する神聖さを感じられる場所であり、その式場選びは特に慎重に行いたいものです。以下、家族のみでの神前式に適した場所選びのポイントをご紹介します。

都内の人気神社とその特徴

東京都内には数多くの神社がありますが、結婚式に特に適した神社を選ぶ際にはその歴史や境内の雰囲気、斎主の存在、アクセスの良さなど、多くの要素が考慮すべきポイントとなります。以下に都内で人気のある神社をいくつか挙げ、それぞれの特徴を紹介します。

  • 明治神宮:日本でも屈指の広大な境内を持ち、多くの花嫁に選ばれる由緒正しい神社です。清らかな気持ちで誓いを新たにするにはうってつけの場所といえるでしょう。
  • 東京大神宮:都心にあるにもかかわらず落ち着いた雰囲気が漂う神社で、「東京のお伊勢さま」とも呼ばれ、また縁結びの神様としても知られています。
  • 浅草神社:都内きっての観光地、浅草にある神社です。和の風情を大いに感じられる浅草という土地柄も和婚の雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

上に紹介した神社はそれぞれに独特の特徴を持っています。結婚式場選びにおいてはアクセスの便利さや神社の歴史、境内の雰囲気や祀られている対象など、確認しておきたいポイントはさまざま。せっかく数多くの神社があるのですから、それぞれをよく比較しながらお二人や家族にぴったりの神社を選ぶようにしてください。

家族のみでの挙式における服装と準備

家族のみで行う挙式は、家族が集い結婚という新たな門出を祝う厳かな儀式です。神社で行われる神前式には、やはり日本古来の伝統が息づく和婚がふさわしく、新郎新婦の衣装選びは特に重要な役割を果たします。

儀式の正統性を保ちながら家族の絆を深めるための準備には、細心の注意と丁寧な心遣いが求められます。

身内だけの神前式での衣装選び

神前式では、新郎は黒紋付羽織袴、新婦は白無垢や色打掛を選ぶことが一般的です。これらの衣装が神聖な儀式にふさわしい格式を有しているためです。

白無垢はその白色が新婦の清らかさや純潔を象徴し、一方の色打掛は華やかさを加えます。また現代においては、神前式でもドレスのような洋装の着用を可能としている式場も一部で存在します。細部にまで目を向けた衣装選びは、神前式の荘厳さを際立たせると同時に、家族の記憶にも新たな色彩を添えるでしょう。

以下は、神前式での衣装選びにおいて考慮すべきポイントをまとめたものです。

衣装の種類特徴選ぶ際のポイント
白無垢神聖さの象徴肌の色や式のテーマに合わせる
色打掛華やかさを演出会場の雰囲気や季節を考慮
紋付羽織袴男性の正装挙式では色はが原則
洋装モダンな選択和装とのバランスを考える

左からご新郎様の羽織袴、ご新婦様の白無垢・色打掛です。ご新婦様の衣装は挙式では白無垢を着用し、披露宴や食事会では色打掛にお色直しすると印象がガラリと変わります。ゆめやでは正絹の白無垢をはじめ、多彩な色柄の色打掛をご用意しています。花嫁様のお好みや理想のイメージに合わせて、豊富な婚礼衣装から運命の一着をお選びいただけます。

和装を選ぶ場合、専門の着付けやヘアメイクも必要になります。事前の予約や準備が重要であるため、美容院や着付け師との打ち合わせも忘れないようにしましょう。

挙式当日に家族が注意すべき点

家族のみで行う挙式においては、新郎新婦だけでなく参列する家族もまた、挙式の一端を担います。特に神前式では厳粛な雰囲気の中で神様に対する敬意を表す行動が求められるため、以下の点に注意して準備することが大切です。

  • 服装の選び方:母親は五つ紋の黒留袖やアフタヌーンドレス、父親は黒紋付羽織袴やモーニングコートを選びましょう。
  • マナーと作法:神社における礼節や作法をあらかじめ学んでおき、失礼のないように行動しましょう。
  • 持ち物の確認:式に必要な持ち物(スピーチ用の原稿、心付けなど)は事前に用意しておき、当日の忘れ物がないようにします。
  • 時間管理:時間に余裕を持って会場に到着しておくことで、落ち着いて挙式に臨むことができます。

左からお父様用の羽織袴、お母様用の黒留袖、ご姉妹用の振袖です。ご姉妹は未婚の方なら振袖がおすすめです。既婚の方はお母様と同じく黒留袖が基本ですが、色留袖をお召しいただいても問題ありません。事前にご親族間で、お召しになる着物の種類を確認しておくと安心です。

家族だけで行う挙式は、両家の結びつきを強固にする機会となり、参列者一人ひとりが厳粛な儀式を構成する大きなピースの一部となります。挙式当日まで計画的に準備を行い、家族全員で結婚という神聖な誓いの瞬間を気持ちよく共有できるようにしましょう。

家族だけで行う会食の工夫と流れ

結婚式は新郎新婦の門出を祝う大切なイベントですが、特に家族だけで行う会食は、心温まる親密な時間をより一層紡いでくれます。神前式から場所を変えて家族とともに過ごす会食は、洗練された和の雰囲気を演出しながら、家族間の絆をより一層深める機会になるでしょう。

挙げる場所を活かした会食のアイデア

会食の場所としては、結婚式場内のレストラン、ホテル、あるいは神社の境内に併設された施設などが考えられます。場所によって異なる特色を活かし、忘れられないひとときを演出しましょう。

以下の表には、挙げる場所ごとに工夫できるポイントをまとめました。

挙げる場所工夫できるポイント
結婚式場内レストラン施設の充実した設備を利用して、プライベート感あふれる空間を演出
ホテル高級感ある料理とサービスで特別な時間を提供
神社の境内施設歴史と伝統を感じる空間で、和のテイストを前面に出した会食

会場の雰囲気に合わせた食事はもちろん、家族が楽しめるメニュー構成にすることが大切です。バリアフリーの確認や移動のしやすさなどにも十分配慮し、全ての参列者が安心して過ごせるように心がけましょう。

家族の絆を深める会食の演出方法

家族だけで行う会食は、披露宴に比べて格式ばらない自由な雰囲気が魅力です。ここでは、会食の時間を通じて親族の絆を深める演出方法をご紹介します。

まず、食事の開始前には新郎新婦から参加してくれた家族への感謝のあいさつを行い、家族間の結びつきを再確認するのがよいでしょう。これには以下のポイントがあります。

  • 新郎新婦からのあいさつ:これまでの感謝の気持ちや、これからの夫婦としての抱負などを語ると喜ばれるでしょう。
  • 家族紹介の時間:お互いの家族をより深く知るきっかけになります。

食事中には、以下のような工夫ができます。

  • 共有の思い出話:両家の思い出のエピソードなどを共有すれば、親密さも増すでしょう。
  • 写真や映像の上映:新郎新婦の幼少期からの成長を振り返り、二人の歩みを家族と共に喜びます。

会食の最後には、以下のような心温まる催しもおすすめです。

  • 家族での記念撮影:一家に一枚、記念となる写真を残しましょう。
  • 両親への手紙の朗読:新郎新婦から両親へ感謝の手紙を読み上げます。

家族だけでの会食は、少人数だからこそ可能な温かみのある演出で、新郎新婦と親族のつながりをより強くする貴重な時間となります。工夫次第で生涯忘れられない、すてきな一日にすることができますよ。

ゆめやでは伝統の花嫁姿を叶える、色打掛や引き振袖をご用意しています。色打掛は、重厚感漂う華やかな装いが人気です。一方、引き振袖は特別感がありながら親しみやすさもあり、通常の着物感覚で着こなせると支持されています。どちらも白無垢からのお色直しにピッタリの晴れやかな装いです。

神前式を行う上での注意点と対策

神前式は、その厳かな雰囲気と伝統的な日本の美しさを象徴する結婚式です。しかし、神社での挙式にはいくつかの注意点があり、押さえておきたいポイントがあります。

家族のみでの挙式における注意点

家族のみで執り行う神前式は家族の絆を深める絶好の機会ですが、注意点も存在します。以下はその注意点と、それに対する対策を示しています。

注意点対策
会場の広さと雰囲気家族だけの小規模な式には、親密さを演出できる程度の広さの神社を選びましょう。
バリアフリーの確認神社は古くからの建築物が多いため、高齢者や障がいを持つ方にとって移動が困難な場合があります。事前にバリアフリー設備を確認し、必要に応じて介助の手配をしましょう。
衣装の選択と着付け神前式では和装が基本ですが、白無垢や色打掛などは種類が豊富にあり、衣装選びの段階でも迷うことがあります。当日の着付けの時間も考慮し、早めの予約を心がけましょう。
撮影に関する制約神社によっては撮影が制限される場所があるため、事前に撮影に関するルールを確認し、プロのカメラマンとも打ち合わせを行いましょう。
天候への依存神社の境内は屋外であることが多く、天候に左右されやすいため、雨天の場合は会場屋内への移動や雨具の準備などの想定が必要です。

このように、家族のみで行う神前式には、その形式ならではの注意点が存在します。それぞれのポイントを確認しておき、計画的に対策を講じておきましょう。

少人数ならではの注意点と工夫

少人数での神前式は、家族間の対話と絆を深める絶好のチャンスとなりますが、同時に特有の注意点も抱えています。これらを解消するための工夫は以下のようになります。

料金に関する工夫

  • 相場の理解と把握:少人数であっても、神前式の料金は変わりません。神社の初穂料や衣装代など、必要な費用の相場を理解しておきましょう。
  • 追加料金への注意:衣装やヘアメイク、写真撮影など追加で発生する料金についても事前に詳細を把握しておき、後から高額な請求に驚かないようにしたいものです。

コミュニケーションの工夫

  • 家族の意見を取り入れる:少人数の挙式では、家族一人ひとりの意見が式の内容に大きく反映されます。事前に家族会議を開くなどして、みんなの希望をできるだけ取り入れたいものですね。

場所と移動の工夫

  • アクセスの良い神社の選定:参列者の移動の利便性を考慮し、公共交通機関から近い、あるいは駐車場が完備された神社などを選びましょう。
  • 移動の負担を減らす:挙式と会食を同じ場所、または近場で行うことで移動の負担を軽減しましょう。

少人数ならではの神前式の留意点を押さえた上で、より良い式を行うためには多角的な視点での工夫が必要となります。家族全員が一丸となって、思い出に残る神前式を作り上げましょう。

まとめ

家族だけの神前式で心に残る結婚式を

結婚式は人生の一大イベント。中でも神社で行う神前式は、厳かな雰囲気の中で新郎新婦が神様に誓いを立てる、非常に特別なものです。他方、家族だけで行う結婚式は、家族間の絆を深めつつ新たな家族の歴史の始まりを祝福する、温もりある時間を与えてくれます。

今回の記事のまとめとして、神前式を家族だけで行う場合にその結婚式をより心に残るものにするためのポイントをおさらいしましょう。

神社での式には、三三九度、誓詞奏上、玉串奉奠など、和婚ならではの厳かな要素が満載です。これら全てが神前式に特有の流れを構成し、結婚という新しい門出にふさわしい重みと格式をもたらしてくれます。家族だけで行う神前式は、その重みをより身近に感じられる機会でもあります。

家族だけの神前式のメリットとは?

家族だけの挙式は、個々の家族との関係を深めるための絶好のチャンスです。参列者が少人数であればあるほど一人ひとりとの時間を大切にでき、思い出に残る瞬間を多く作ることができるでしょう。また、準備から当日の進行に至るまで家族全員で協力し合うことで、絆も一層深まるはずです。

心に残る挙式のためのポイント

  • 挙式の流れを理解する:神前式の流れには特有の作法があります。事前に流れを確認しておき、挙式当日にスムーズに進行できるように準備しましょう。
  • 衣装の選び方:新郎新婦の衣装は、和婚の象徴でもあります。白無垢、色打掛、紋付羽織袴など、伝統的な衣装を選ぶことで神前式の雰囲気をより一層引き立てることができます。
  • 神社の選定:家族の人数や移動の利便性を考慮し、なるべくアクセスの良い神社を選びましょう。神社によってはバリアフリーの設備が整っていないこともあるので、高齢者の家族がいる場合は特に注意が必要です。

挙式後の配慮
挙式後は、家族での会食が一般的です。家族だけを招待しているため、料理の選び方や会場の雰囲気作りにはより細やかな配慮ができるでしょう。

以上のポイントを押さえておけば、家族だけの神前式は、新郎新婦はもちろんのこと、参加する家族にとって忘れられない思い出となるでしょう。二人の新たな門出を祝う特別な日を神聖な場で、また家族だけで過ごすことの魅力と意義を感じていただければ幸いです。

〈参考記事〉
https://zexy.net/mar/manual/kiso_style/chapter2.html
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/ready/program/23/
https://wakon-style.jp/iroha/4368/
https://wakon-style.jp/iroha/6526/
https://one8-p.com/blog/15624.html
https://weddingdress.jp/column/41844/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

振袖イメージ

【プロ監修】写真だけの結婚式を和装で彩る!理想をかなえるポイント解説

はじめに 結婚式と言えば、多くの方が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では、写真だけで結婚の記念を残す「フォトウェディング」が注目を集めています。特に和装でのフォトウェディングは、その美しさと日本の伝 […]

ひとつ前の記事

ゆめやTOP画像_訪問着イメージ

振袖と訪問着、成人式や結婚式にどう選ぶ? 着物を気軽に楽しむコツ

はじめに:振袖と訪問着の基本知識 着物は日本の伝統的な衣服であり、その中でも特に「振袖」と「訪問着」は、女性の華やかな装いを代表する和装です。これらは、特別な日のお祝いや式典に着用されることが多く、それぞれに独自の魅力と […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!