着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

向日葵色に大胆な竹紋様の小振袖【hak08】

​【小学校】卒業式の袴をレンタルで揃える!小学生向けの袴の選び方

はじめに

卒業式と言えば、人生の節目の一つ。特に小学校の卒業式は、お子さまにとっても大切な日となるでしょう。近年、小学校の卒業式にを選ぶご家族さまも増えてきました。今回は、そんな卒業式に「袴」を選ぶ理由について深掘りしていきます。

小学生の卒業式に袴レンタルを選ぶ理由

袴とは、伝統的な日本の衣装の一つで、卒業式をはじめとした式典に着ることが多い衣装です。小学生の卒業式に袴を着ることは、近年非常に人気となっています。では、なぜ多くの人々が袴を選ぶのでしょうか。

華やかさで一際目立つ
袴は、色と柄のバリエーションが豊富。特に女の子の袴は、ピンクや水色など、華やかなカラーがとても人気です。この日一番の主役であるお子さまが、一層輝く姿を見ることができるでしょう。

伝統的なスタイルを楽しむ
着物とセットで楽しむ袴は、日本の伝統的な美を感じることができます。式の時には、先生や同級生からも褒められること間違いなし。

レンタルで手軽に利用
袴のレンタルサービスが増えてきたことで、購入するよりも手軽に利用することが可能に。サイズや色、柄を確認した上で、店舗で予約し、当日に着付けをしてもらうこともできます。

写真映えする
卒業式の写真は、家族の宝物。袴には、カメラに映える華やかなデザインがたくさんあります。

全体の統一感を出す
小学校によっては、卒業式での服装にルールがあることも。袴を選ぶことで、全体の統一感を出すことができます。特に、色や柄を統一して袴をレンタルすることで、一体感のある卒業式になること間違いなし。一方で、進学する中学校の制服着用を規則付けている学校もあるようです。

以上のような理由から、袴は小学生の卒業式の衣装として、多くの人々に選ばれています。また袴のレンタル店では、フルセットでの利用や小物の取り揃えもあり返却も簡単なため、とても便利です。しかし、予約の際には身長やサイズ、希望のカラーや柄に合わせて早めの予約をおすすめします。お子さまに合った袴を見つけるためにも、事前の下見や店舗での試着が必要です。

アンティークきものレンタルゆめやの小学生におすすめの袴コーディネートをご紹介しましょう。

左端「赤い総絞りの菊の花に金駒刺繍の訪問着」赤の布地を絞り加工をすることで、柔らかいピンク色の着物に見えますね。可愛らしい訪問着に濃いめピンクの袴を合わせたコーディネートは可愛らしい小学生だからできる組み合わせですね。中央「明るい水色に花丸紋様の小振袖」鮮やかなブルーの小振袖。紺や黒の袴を合わすと大人っぽい印象になりますが、可愛らしいワイン色の袴を合わせることでお子さまらしいコーディネートが完成します。右端「オリーブ色に淡いバラの小振袖」はツヤ感のあるオリーブ色の小振袖にバラや梅が描かれているとてもシンプルなアンティークの着物です。派手なのは苦手というお子さまにもおすすめの上品な袴コーディネートです。

小学生に適した袴の種類と特徴

卒業式に向けて、袴を選ぶ際、多くの親御さんが悩むのが、どのタイプの袴を選べばいいのかということです。実は、小学生用の袴にもさまざまな種類や特徴があります。ここでは、ジュニアサイズの袴の特徴男の子と女の子の袴の違い、そしてレトロモダンや大正ロマンスタイルの魅力について詳しくご紹介します。

ジュニアサイズの袴の特徴

ジュニアサイズの袴は、その名の通り小学生向けに作られたサイズ感で設計されています。一般的な袴とはデザインなどはほとんど変わりません。

サイズの幅が広い
ジュニアサイズは、小学生の身長や体型に合わせて設計されています。そのため、とても身体にフィットしやすいです。

デザインのバリエーションが豊富
子供向けの商品ということもあり、カラフルなカラーやキュートな柄が取り揃えられています。ピンクや水色、赤や紫など、華やかな色合いが人気です。

アクセサリーや小物がセットで利用可能
フルセットでのレンタルが多いため、小物や飾りもセットで揃います。髪飾りやブーツ、草履など、コーディネートに必要なものがセットで用意されているので安心です。

身長によっては、大人用の袴の中から選べることも。お子さんの成長に合わせてサイズを選びましょう。

男の子と女の子の袴の違い

袴の選び方は、男の子と女の子で少し異なります。

女の子の袴
色や柄の種類が豊富で、特にピンクや紫、クリーム色などが人気です。また、フリルやリボン、花のデザインが施されているものも多く見られます。

男の子の袴
落ち着いた色合いのものが中心で、黒や紺色が基調となっています。柄も控えめで、シンプルなデザインが主流です。

レトロモダンや大正ロマンスタイルの魅力

近年、レトロモダンや大正ロマンといったスタイルが注目されています。

レトロモダンの特徴
過去のデザインを現代風にアレンジしたもの。水色やピンク、クリーム色といった優しいカラーが特徴的で、おしゃれなデザインが豊富です。

大正ロマンの特徴
大正時代の風情を感じることができるスタイル。細やかな刺繍や、レースの装飾が施されており、上品でありながらも華やかさを兼ね備えています。

袴を選ぶ際のポイントとして、小学生らしさを忘れず、同時に特別感も出すことが大切です。そのため、レトロモダンや大正ロマンといったトレンドを取り入れつつ、自分の好みや、卒業式の雰囲気に合わせて選んでみるといいでしょう。

袴レンタルの基礎知識

卒業式に華を添える袴。その袴をレンタルする際、知っておくとよい基礎知識についてお伝えします。袴レンタルの際には流れや注意点、そして一緒にレンタルすべきアイテムなど、考慮すべきポイントがいくつか存在します。こちらで、その詳細をしっかりとご案内いたします。

レンタルの流れと注意点

袴のレンタルはとても簡単。ただし、スムーズにレンタルを行うために、以下の流れと注意点を抑えておくと安心です。

1.事前に店舗を訪問
まず、袴をレンタルする予定の店舗を訪問し、商品の取り揃えやサイズ感を確認します。店舗を訪れる前に、予約をしておくとスムーズです。

2.希望の袴を選ぶ
色や柄、サイズなど、希望に合わせて袴を選びます。写真や店内のディスプレイを参考にしながら、最適なものを見つけることができます。

3.予約を行う
卒業式の日程を伝え、袴の予約を行います。この際、返却の日程も確認しておきましょう。

4.当日、袴を受け取る
事前に確認していた店舗で、袴を受け取ります。この際、追加で小物や飾りが必要であれば、店舗で対応してもらうことができます。

5.卒業式が終わったら返却
卒業式が無事終わったら、予約した店舗へ袴を返却します。

注意点

  • 予約は早めに!人気の色や柄はすぐに予約が埋まることも。
  • 袴のサイズは成長に合わせて調整が必要な場合があります。そのため、サイズ選びには十分な注意が必要です。

アンティークきものレンタルゆめやでは、自宅で実際に試着していただける「自宅で下見プラン」をご用意しております。パソコンやスマホで見ていても実際の着物の良さは分かりづらいものです。実際にお手に取り、生地を確かめていただきお子さまの雰囲気に合うかどうかを自宅で確認していただけます。

予約のタイミングと注意事項

袴のレンタルにおいて、予約のタイミングは非常に重要です。

予約の最適なタイミング
一般的に、卒業式の3カ月以上前には予約をすることがおすすめです。特に、人気のある店舗や色、柄の場合は、さらに早めの予約が求められます。

注意事項

  • 予約時には、サイズや身長の変動を考慮して、適切な袴のサイズを選んでください。
  • 予約の際には、キャンセルや変更に関するポリシーも確認しておきましょう。

袴と一緒にレンタルすべきアイテム

袴だけではなく、一緒にレンタルすべきアイテムも存在します。


袴のスタイルを引き立てるための必須アイテムです。帯は色や柄が豊富に取り揃えられているので、袴とのコーディネートを楽しむことができます。

小物
草履ブーツ髪飾りなど、袴のコーディネートをさらに引き立てる小物もレンタルするとよいでしょう。髪飾りはレンタルプランに含まれていないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

着付け用品
袴の着付けに必要な用品も、レンタルすることが可能です。特に、初めて袴を着る際には、着付け用品のレンタルがおすすめです。

袴レンタルを行う際には、事前の下見や予約をしっかりと行い、当日を迎えるよう心がけてくださいね。

袴のコーディネートとアクセサリー

卒業式に向けて、袴の準備を進める中、コーディネートアクセサリーの選び方に迷うことも多いのではないでしょうか。ここでは、袴との相性抜群な組み合わせや、アクセサリーの選び方などを詳しくご紹介します。

着物と袴の組み合わせのポイント

袴を特別に魅せるのは、その上に合わせる着物の存在です。どんな着物を選べば、袴が一層引き立つのでしょうか

色の組み合わせ
袴の色と対照的な色の着物を選ぶと、袴が引き立ちます。例えば、黒の袴にはピンクや水色の着物がマッチします。

柄とのバランス
袴がシンプルな場合、華やかな柄の着物を選ぶことで、バランスの取れたコーディネートが完成します。反対に、袴が華やかな柄の場合は、シンプルな着物がおすすめです。

季節感を意識する
春の卒業式には、桜や花柄の着物がぴったり。袴との相性もよく、季節感を出すことができます。

オシャレな足袋やぞうりの選び方

袴のコーディネートに欠かせないのが、足元のアイテム。足袋やぞうりの選び方について見ていきましょう。

足袋の色と柄
一般的に、足袋は白が基本です。ワンポイントで刺繍がや友禅で模様が施されているものも人気があります。

草履の形やデザイン
袴には、やや厚めの草履がおすすめです。カラーは袴や着物に合わせて、シンプルなものから柄入りのものまで、多岐にわたります。

足のサイズに合わせる
足袋や草履は、自分の足のサイズに合ったものを選びましょう。特に草履は、袴の裾が地面につかないよう、適切な高さを選ぶことが大切です。

小学生のお子さまは草履を履き慣れないという方もいらっしゃると思います。ゆめやの袴向けの草履は、鼻緒が柔らかいものも多くあります。

左端「黒白の土台に黒い鼻緒と赤い椿の草履」黒白の土台に柔らかい布製の黒の鼻緒の草履。鼻緒部分には椿が刺繍されてアクセントになっています。中央「ブルーと黒にドット柄の鼻緒、椿の手刺繍の草履」鮮やかなブルーにドット柄の鼻緒という、とてもキュートな草履です。ピンクや赤の袴に合わせるととても可愛らしい雰囲気になりますね。右端「黒と赤の土台と梅の手刺繍の草履」少し大人っぽい雰囲気もある、鼻緒が手刺繍の豪華な草履です。鼻緒が少し太めに作られていますので、柔らかく履きやすくなっています。

袴に合う髪型やアクセサリーの提案

袴のコーディネートをさらに際立たせるのは、髪型アクセサリー。以下に、袴に合わせやすいスタイルをご紹介します。

髪型
女の子の場合、アップヘアや編み込み、ハーフアップなどがおすすめ。髪の毛をまとめることで、袴や着物のデザインがより一層引き立ちます。

アクセサリー
耳飾りやネックレスなど、シンプルなものを選ぶと、袴や着物とのバランスが取りやすいです。特に、和風のデザインのアクセサリーは、袴のコーディネートにぴったりです。また、学校行事だということを忘れず、控えめなおしゃれを心がけましょう。

髪飾り
袴のコーディネートには、かんざしやリボン、花などの髪飾りを取り入れると、より華やかな雰囲気に。特に、袴の色や柄に合わせて髪飾りを選ぶと、一体感のあるコーディネートが完成します。

小学生のお子さまも袴を着られる際には、きちんと美容院などでヘアセットをされる方もいらっしゃいますし、お母さまがご自宅でセットというご家庭もあるかと思います。ヘアスタイルはダウンスタイルやアップスタイル、ポニーテールにされるお子さまも。髪飾りを付け足すことで、袴コーディネートが華やかになります。

ここでは、ゆめやおすすめのかんざしをご紹介しましょう。左端「グラデーションの八重梅と絞りのぽんぽんのかんざし(こども用)」淡い色のつまみ細工が可愛らしいですね。お子さま用に小ぶりに作られていますので、ショートカットやボブのシンプルな髪型にも使っていただきやすいです。中央「紅白のつまみ細工と造花のかんざし」紅白のつまみ細工が豪華さと可愛らしさを出しているかんざしです。ふわっとしたアップスタイルの髪型におすすめです。右端「ナチュラルな造花が一輪ずつに分かれたかんざし」一輪ずつに分けてありますので、編み込みのハーフアップの髪型にもつけていただきやすい造花のかんざしです。造花といっても生花のような華やかさがありますね。

袴のサイズと選び方

卒業式を迎えるにあたり、袴の選び方は非常に大切です。身長や体型、さらには好みの色や柄まで、選ぶポイントはたくさん。ここでは、袴のサイズや選び方について詳しくご紹介いたします。

身長や年齢に合わせた袴のサイズの選び方

小学生の卒業式用の袴は、大人用のものとは異なり、サイズや形が特化されています。

身長に合わせたサイズ選び
身長によって袴の長さは異なります。適切なサイズを選ぶことで、着付け時の快適さや動きやすさが実感できます。例えば、130cm前後の子には、袴の長さが80cm程度のものがおすすめです。身長が高いお子さんは、大人用の袴の中から選べることもあります

年齢に応じたデザイン
年齢に応じて、柄やデザインの種類も豊富に取り揃えられています。小学生らしい華やかで明るいデザインのものを選ぶのがおすすめです。

着付け時の袴の長さの調整方法

袴の長さは、卒業式当日の動きやすさ見た目のバランスに影響します。

帯の位置調整
着付け時に帯の位置を少し上げることで、袴の長さを調整することができます。この方法は簡単で、着付けの際に試してみるとよいでしょう。

足袋や草履の高さを利用
足袋や草履の高さも、袴の見え方に影響します。少し高めの草履を選ぶことで、袴の裾が地面につきにくくなります。

袴の色や柄で印象が変わる!選び方のコツ

袴の色や柄によって、卒業式の印象は大きく変わります。

明るい色の袴
春を感じさせる明るい色の袴は、小学生の卒業式にぴったり。ピンクや水色、クリーム色など、柔らかな色合いの袴が多くの店舗で取り揃えられています。

おすすめの組み合わせ
黒の袴に赤やピンクの着物、紫の袴にクリーム色の着物など、袴と着物の色をコントラストさせる組み合わせは、卒業式の場に映えること間違いなしです。

袴の選び方一つで、卒業式の日の印象は大きく変わります。お子さまの好みや、当日の雰囲気を考えながら、最適な袴を選んでくださいね。

お子さまらしい袴姿を実現するには着物と袴のカラーコーディネートが重要なポイントです。黒の着物でも、クリーム色やピンクの袴を合わせることで可愛らしい雰囲気が出来上がります。ここではゆめやの小学生におすすめの袴をご紹介します。

左端「生成り色の無地の袴 (M)」生成色の袴は、黒や紺などの濃い色の着物のほか、明るいピンクやグリーンの着物とも相性が良いお色です。かっこいい着物を可愛く着たい方におすすめの袴です。中央「山吹色の無地の袴 (M)」レトロな雰囲気やクラシックな感じを出したい方におすすめの山吹色の袴。グリーンやエンジ色の着物との相性は抜群です。右端「濃紅色の無地の袴 (M)」白地の着物や、ピンク・ブルーの着物に合わせると個性的で可愛らしい小学生らしいコーディネートができます。

お手持ちの着物に袴を組み合わせても良いですし、着物と袴のセットでのレンタルもございます。お子さまのお好みを聞いてみてくださいね。

袴の着付けと注意点

卒業式では、お子さまが初めて袴を身につけることが多いです。しかし、袴の着付けは意外とデリケート。正しい着付け方法注意点を把握することで、卒業式をより一層華やかに迎えることができます。

初めての袴の着付けの基本

袴の着付けは、正しい手順を踏むことで美しく、また快適に過ごすことができます。

下着の着用
袴を着る前には、下着として肌着を着用します。これは汗を吸収し、袴を汚れから守る役割があります。

着物の着付け
着物は右側が下(手前)にくるように着ます。帯を締める際は、女の子の場合は腰の少し高めの位置にしっかりと締めます。

袴の履き方
袴は、足元から順にゆっくりと履いていきます。

袴のしわや型崩れを避ける方法

袴の美しさを最大限に引き出すためには、しわや型崩れを避けることが大切です。

保管方法
袴は畳む際、帯や小物と一緒に押し付けずに保管します。また、湿気の少ない場所での保管がおすすめです。

着付け時の注意
着付け時は、袴を無理に引っ張ったりせず、ゆっくりと身につけるように心掛けます。

型崩れ対策
着用後は、しっかりと型を整えてから保管します。これにより、次回使用時も美しい形を保つことができます。

袴の着付けでの一般的な失敗例とその対処法

袴の着付けは、慣れないと失敗しがち。しかし、よくある失敗例を知ることで、スムーズに対処することができます。

袴の裾が長すぎる
これは、帯の位置が低すぎることが原因の場合が多いです。帯を少し上げて、袴の裾の位置を調整します。

帯がゆるんでしまう
しっかりと帯を締めることが重要です。特に子供は動き回ることが多いため、帯の締め具合には注意が必要です。

袴がずれる
袴の紐をしっかりと結ぶことで、ずれを防ぐことができます。また、着付け時に紐の位置を確認することも大切です。また、歩き方などを事前にレクチャーしておくことで、防げる可能性もあります。

袴の着付けは、最初は難しく感じるかもしれませんが、正しい方法を覚えることで、美しく、そして快適に袴を楽しむことができます。お子さまの大切な日を、袴の着付けでさらに特別なものにしてあげてくださいね。

まとめ

小学生の卒業式は、お子さまにとって、小学校生活の集大成となる特別な日です。その特別な日に、袴を身にまとうことで、お子さまの晴れやかな気持ちと、親御さんの誇らしい気持ちをより一層高めることができます。

小学生の卒業式を彩る袴レンタルの魅力

多彩な選択肢
袴レンタルを利用することで、多くの商品の中から、お子さまの好みや卒業式のテーマに合わせた袴を選ぶことができます。特に、人気のあるカラーや柄は早めの予約をおすすめします。

完璧なサイズフィット
身長や体型に合わせて袴のサイズを選ぶことができるので、動きやすさや見た目の美しさを確保することができます。

着付けのサポート
着物や袴の着付けは初めての親子にとって難しいもの。しかし、レンタル店では着付けのサポートや、必要な小物までフルセットでのレンタルが可能です。

経済的
一度きりの使用のため、購入するよりもレンタルの方が経済的です。さらに、品質の良い商品をお手頃な価格で利用することができます。

トータルコーディネート
袴の他にも、帯や小物、髪飾りなど、トータルでのコーディネートが楽しめます。特に、カラーや柄を合わせてセットでレンタルすることで、バランスの良い着こなしができます。

袴は、卒業式の主役であるお子さまの姿をより一層華やかに演出してくれます。そして、その華やかさは、親御さんや先生、友人たちの目にも映り、心に深く刻まれることでしょう。

袴レンタルの魅力を知って、小学生の卒業式を最高の思い出として残しましょう。あの時、袴を選んで本当に良かったと、後になっても感じることができるはずです。

〈参考記事〉
https://www.haregi.com/kids-hakama
https://ange-official.com/column/jr-hakama_select/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式【utk01】_婚礼ロケーション撮影プラン

白地の色打掛って? 打掛の基礎知識と他の色にない「白打掛」の魅力

はじめに 背景: 色打掛とは? 「色打掛」。この美しい和装は、結婚式の場において、多くの女性たちが憧れる衣装の一つとして知られています。和装と聞けば、すぐに振袖や袴、紋付などが思い浮かぶ方も多いでしょう。しかし、色打掛は […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!