【七五三】母親の衣装も着物レンタルで揃えられる?種類と選び方は?

はじめに

七五三はお子さまの成長を祝う大切な日です。この特別な日には、母親もお子さまと共に華やかな着物を身に纏い、家族で記念の瞬間を美しく彩りたいものです。しかし、着物や和装に詳しくない方にとって、着物選びやレンタルの手順は少々難しく感じられるかもしれません。そこで、この記事では、七五三での母親向け着物レンタルについて、基本から詳しくご紹介します。

着物レンタルは、特別な日のために高価な着物を購入する代わりに、必要な時に必要な期間だけ着物を借りるサービスです。このサービスを利用することで、価格を抑えつつも、七五三という一生に一度のイベントを華やかに演出することができます。レンタルの着物は、訪問着や色無地、紋付など、さまざまな種類があり、サイズや色、柄も豊富にそろっています。また、着付け小物一式がセットになっているため、着物に不慣れな方でも安心して当日を迎えることができます。

この記事では、着物レンタルの流れ、選び方のポイント、気をつけるべきこと、さらにはおしゃれなコーディネート例まで、母親が七五三で着物をレンタルする際に知っておくべき情報を網羅的にご紹介します。着物や和装に詳しくない方でも、この記事を読むことで、七五三の日をより特別なものにするための準備が整うでしょう。

七五三で母親が知っておくべき着物レンタルの基礎

七五三には、母親もまた美しい着物を身に纏って祝いたいものです。しかし、着物を所有していない、または特別な日のために新しい着物を用意するのが難しい方にとって、着物レンタルは非常に便利な選択です。着物レンタルを利用することで、高価な購入費用を抑えつつ、多種多様なデザインや色柄の中から選ぶ楽しみも味わうことができます。

なぜ七五三で着物をレンタルするのか

七五三で着物をレンタルする理由は多岐にわたります。まず、着物は購入すると非常に高価であり、特に正絹のものやデザイナーズ着物は数十万円することも珍しくありません。また、着用機会が限られているため、コストパフォーマンスの観点からもレンタルが選ばれます。

さらに、レンタルならではのメリットとして、専門のスタッフによるコーディネートや、小物一式がセットになっていることが挙げられます。これにより、着物に慣れていない方でも安心して当日を迎えることができます。また、最新のトレンドを取り入れた着物や、季節に合わせた色や柄を選ぶことができるため、ファッションとしても楽しむことが可能です。

着物レンタルの流れと準備

着物レンタルを利用する際の流れは、まず予約から始まります。人気のシーズンや週末は特に予約が集中するため、早めの予約がおすすめです。予約時には、着用日、着物の種類(訪問着、色無地など)、色や柄の希望、サイズなどの詳細を伝えましょう。多くのレンタルショップでは、ウェブサイト上で商品を確認することができるため、事前に確認し、希望のスタイルを選んでおくことも可能です。

予約後、実際に店舗を訪れて試着を行うことが一般的です。この時に、専門のスタッフがサイズの確認を行い、小物選びもサポートしてくれます。また、着付けに必要な小物一式がセットになっていることが多いですが、特別な希望がある場合はこの段階で相談するとよいでしょう。

当日は、予約した時間に店舗へ行き、着付けをしてもらいます。レンタルした店舗に着付けサービスが付随していない場合には、事前に着物を受け取り、美容院など着付けサービスを提供している別の店舗で着付けをしてもらいましょう。着付け後は、そのまま七五三のお参りや撮影に向かうことができます。レンタルした着物は、使用後に店舗に返却するか、一部のサービスでは宅配便での返却も受け付けています。返却時には、特に汚れや破損がないかをチェックするため、丁寧に扱うことが大切です。

このように、着物レンタルサービスを利用することで、準備から当日の流れまでスムーズに進めることができ、七五三をより一層楽しむことができます。

母親のための七五三着物レンタルガイド

七五三のための着物を選ぼうと思っても、選択肢が非常に多いため、着物に詳しくない人にとってはどこから手をつけていいか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、サイズの選び方や試着の重要性、色やデザインの選び方のポイントを解説します。これらのポイントを押さえることで、七五三の日に母親もお子さまも、最高の一日を過ごすことができます。

サイズの選び方と試着の重要性

着物を選ぶ際、最も重要なのはサイズ選びです。サイズが合わない着物は見た目の美しさを損なうだけでなく、着心地も悪くなります。特にレンタルの場合、事前に試着する機会が限られているため、サイズ選びは慎重に行う必要があります。

サイズを選ぶ際には、身長や体重はもちろん、体型に合わせた調整が可能かどうかも確認しましょう。多くのレンタルショップでは、試着をする際に専門のスタッフが着物の着付けを行いながら、細かなサイズを確認してくれます

また、着物のサイズ選びでは、帯や小物のサイズも重要です。特に帯は着物の印象を大きく左右するため、体型に合ったものを選ぶことが大切です。予約時や試着時に、スタッフに相談しながら最適なものを選びましょう。

色やデザインで印象が変わる!選び方のポイント

着物の色やデザイン選びは、七五三の記念写真や当日の雰囲気を左右する重要な要素です。色選びでは、季節感を意識すると同時に、お子さまの着物との色合わせも考えましょう。例えば、秋の七五三では、落ち着いた色合いの着物を選ぶと季節感が出ます。また、お子さまが明るい色の着物を着る場合は、母親は少し控えめな色でバランスを取るとよいでしょう。

デザインについては、シンプルなものから華やかなものまで幅広くあります。この日だけの特別な装いを楽しむためにも、普段とは違うデザインに挑戦してみるのもおすすめです。ただし、あまりにも派手なデザインは場にそぐわないこともあるため、七五三の意味や格式を考慮して選ぶことが大切です。

最後に、レンタル着物を選ぶ際は、事前にインターネットで情報収集を行い、店舗に訪れる前にいくつか候補を絞っておくとよいでしょう。また、店舗のスタッフに相談しながら、自分に合った着物を見つけることが重要です。

七五三レンタル着物の種類と特徴

七五三という特別な日には、お子さまと一緒に母親もまた特別な装いでその日を彩りたいものです。レンタル着物は、そんな願いを叶える手段の一つとして、多くの方に選ばれています。ここでは、母親向けの七五三レンタル着物の種類とその特徴、さらには季節に合わせた着物選びについて解説します。

訪問着、色無地、付下げの違い

七五三で母親が選ぶことができるレンタル着物には、主に訪問着、色無地、付下げがあります。これらはそれぞれ異なるシーンや格式に合わせて選ばれるもので、七五三のようなフォーマルな場ではどれも適切な選択肢となります。

  • 訪問着は、フォーマルな場にふさわしい着物で、結婚式や披露宴にゲストとして呼ばれた際や、お宮参りなどでも着用されます。豊かな色彩と繊細な柄が特徴で、七五三で母親が着用するには最適な選択です。
  • 色無地は、名前の通り無地の着物で、シンプルながらも上品な印象を与えます。小物でアクセントをつけることで、さまざまな表情を楽しむことができます。
  • 付下げは、訪問着に次ぐフォーマル度で、比較的控えめな柄が特徴です。七五三のようなセミフォーマルな場に最適で、落ち着いた大人の魅力を演出します。

これらの着物を選ぶ際には、自分の好みはもちろん、七五三の会場や家族の着物との調和も考慮するとよいでしょう。七五三はあくまでもお子さまが主役。そのため、お子さまよりも控えめな柄の着物を選ぶようにしましょう。

季節に合わせた着物選び

七五三は秋に行われることが多いため、季節に合わせた着物選びが重要です。秋には、落ち着いた色合いの着物や、秋の草花をモチーフにした柄が適しています。また、気温の変化に対応できるよう、袷(あわせ)の着物を選ぶとよいでしょう。

  • 秋の色合いとしては、深みのある赤や黄色、オレンジ、茶色などが挙げられます。これらの色は、秋の自然と調和し、温かみのある雰囲気を演出します。
  • に関しては、紅葉や菊、萩といった秋の草花が好まれます。これらの柄は、季節感を表現するとともに、着る人の上品さを引き立てます。
  • 素材は、秋の気候に合わせて、暑すぎず寒すぎないの着物が適しています。袷の着物は、二重になっているため、秋口から晩秋にかけて快適に過ごせます。

ゆめやの着物レンタルでは、七五三の時期にぴったりな訪問着を取り扱っています。

藤紫色と中紅色のぼかしに春秋花柄の訪問着【hou13】
春霞のようにも、秋の日暮れのようにも見える藤紫色と中紅色のぼかしに、牡丹、菊、紅葉、梅、藤などが淡い色で手描きされた現代物の正絹の訪問着です。帯は季節に合わせられるように、正絹の帯を2本用意しています。秋には饅頭菊と菊の柄、春には牡丹の帯を締めてください。秋から春にかけての着物です。

七五三での着物選びは、ただ自分が好むものを選ぶだけでなく、季節感やシーンに合わせた選択が求められます。これらのポイントを押さえることで、より一層、七五三の日を特別なものにすることができるでしょう。

七五三での母親の着物レンタルで気をつけること

七五三に母親として着物をレンタルする際にいくつかの注意点があります。特に、レンタル期間や返却のルール、アクセサリーや和装小物の選び方には、細心の注意を払う必要があります。これらを理解し、適切に対応することで、七五三の日をより美しく、そしてスムーズに迎えることができるでしょう。

レンタル期間と返却のルール

着物レンタルを利用する際、最も重要なのがレンタル期間と返却のルールを理解しておくことです。多くのレンタルショップでは、レンタル期間は通常、数日間から一週間程度と設定されています。この期間内に着物を返却する必要がありますが、返却期限を過ぎると追加料金が発生する場合があります。

また、着物や小物を汚したり、破損したりした場合には、修理費用や弁償費用を請求されることもあります。レンタル契約を結ぶ前に、これらのルールをしっかりと確認し、不明点は事前に質問しておくことが大切です。

アクセサリーや和装小物の選び方

七五三の着物姿をより美しく見せるためには、アクセサリーや和装小物の選び方も重要です。着物の色や柄、シーンに合わせて、帯締めや帯揚げ、草履やバッグなどを選ぶことが大切です。

特に、色無地の着物を選んだ場合は、小物でアクセントをつけることで、全体の印象が大きく変わります。また、お子さまとの色合わせを考えることも、家族写真をより美しくするコツの一つです。レンタルショップによっては、着物とセットで小物をレンタルできる場合もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。小物選びに自信がない場合は、プロのスタイリストに相談するのも一つの方法です。

これらのポイントを押さえることで、七五三の日に母親としても美しく、そして心からその瞬間を楽しむことができるでしょう。

七五三レンタル着物の価格と予算計画

七五三で着物を着るためには、着物だけではなく小物まで準備する必要があります。しかし、着物とその小物一式を揃えるとなると、価格が気になるところです。レンタル着物は、そんな悩みを解決してくれる便利な選択肢ですが、どのような価格帯があるのか、また予算をどのように計画すればよいのか、具体的に見ていきましょう。

レンタル着物の価格帯と含まれるもの

レンタル着物の価格は、セット内容や着物の質、デザインによって大きく異なります。一般的に、七五三用のレンタル着物セットは、10,000円から50,000円程度の範囲で提供されています。この価格には、着物本体だけでなく、帯、草履、バッグ、さらには着付け小物一式が含まれていることが多いです。高価なセットでは、より上質な素材の着物や、細やかなデザイン、特別な色無地や紋付きの着物が選べることもあります。

価格帯を知ることは大切ですが、何がセットに含まれているのかを確認することも重要です。例えば、着付けに必要な小物が全て揃っているか、または追加料金が必要なアイテムがないかなど、事前にチェックしておくと安心です。また、予約する時期によっては、早割りプランが適用されることもあるため、計画的に予約をすることをおすすめします。

予算を抑えるためのコツ

七五三の着物レンタルで予算を抑えるためには、いくつかのコツがあります。まず、早めの予約を心がけましょう。特に人気のシーズンや週末は、予約が集中しやすいため、早割りプランの適用や、希望する着物を確実に予約するためにも、早めの行動がおすすめです。

次に、必要なものが全て含まれたフルセットを選ぶことで、追加で発生する費用を抑えることができます。フルセットであれば、着付けに必要な小物やアクセサリーもセットに含まれているため、当日を安心して迎えることができます。

また、レンタルショップによっては、家族で複数の着物をレンタルする場合の割引プランを提供している場所もあります。お子様だけでなく、母親や父親、兄弟姉妹で揃えたい場合には、このようなプランを利用すると全体のコストを抑えることが可能です。

ゆめやには、このような場合にぴったりのレンタルプランがあります。お子さまと一緒に着物を選ぶことで、調和の取れた着物姿を親子で披露することができるでしょう。

七五三・家族プラン お子さま2人と母親のセット(計3点)【set21】
七五三のお子さま2人と母親、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物は自由に選ぶことができます。ゆめやのアンティーク着物は大変軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。母親は訪問着フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

最後に、レンタル期間を適切に選ぶこともポイントです。必要最低限の期間でレンタルすることで、余計な延長料金を避けることができます。事前にスケジュールを確認し、着用日の前日に受け取り、翌日には返却するスケジュールを組むとよいでしょう。

七五三の着物レンタルを利用することで、特別な日をより美しく、そして経済的に彩ることができます。価格と予算の計画をしっかりと立て、お子さまの成長を家族で喜び合う一日を最大限に楽しんでください。

七五三で母親が輝く!おしゃれな着物コーディネート

せっかく七五三で着物を着るのであれば、華やかな姿を披露したいものです。しかし、着物選びやコーディネートに不安を感じる方も少なくありません。ここでは、トレンドを取り入れたモダンな着物スタイルと、家族写真に映える着物選びのポイントをご紹介します。着物レンタルを上手に利用して、七五三の日をより特別なものにしましょう。

トレンドを取り入れたモダンな着物スタイル

最近の着物スタイルは、伝統的な美しさを保ちつつも、モダンな要素を取り入れたデザインが人気です。特に七五三では、母親が現代的な感覚を反映した着物を選ぶことで、お子さまの着物とも相性が良く、おしゃれな家族写真を残すことができます。

  • 色選び:黒や紫、グレーといった落ち着いた色味に、花や紋様でアクセントを加えることがトレンド。淡い色の着物にすることで、お子さまの鮮やかな着物とのバランスを取りやすくなります。
  • 小物使い:着物の色や柄に合わせて、帯や帯揚げ、草履といった小物を選ぶことが重要です。モダンなスタイルを目指すなら、シンプルながらもデザイン性の高い小物を選びましょう。
  • 着付け:着物の着付け方にも流行があります。最近では、少しカジュアルな印象の着付けが好まれる傾向にあります。プロの着付け師に相談しながら、自分に合ったスタイルを見つけてください。

家族写真に映える着物選び

七五三での家族写真は、一生の思い出になります。そのため、写真に映える着物選びが重要です。母親の着物は、お子さまの着物と調和しつつも、家族全員が映えるような選び方を心がけましょう。

  • 色の調和:家族写真では、全員の着物の色が調和していることが大切です。お子さまの着物が華やかな場合は、母親は少し控えめな色を選ぶとよいでしょう。
  • 柄の選び方:大きな柄の着物は目立ちますが、写真ではバランスが取りにくくなることも。細かい柄や色無地の着物を選ぶと、家族写真全体のバランスが取りやすくなります。
  • レンタルの利用:着物レンタルサービスを利用することで、最新のトレンドに合わせた着物を選ぶことができます。また、小物一式がセットになっているため、コーディネートに悩むことなく、家族写真に最適な着姿を完成させることが可能です。

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な日です。母親としても、この特別な日にはおしゃれを楽しみ、家族での幸せな時間を存分に味わってください。上記のポイントを参考に、七五三での着物選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

七五三はお子さまの成長を祝う大切な行事です。この特別な日には家族全員が華やかな装いで参加したいものです。母親としては、お子さまの晴れ着に合わせた、上品な着物を選びたいもの。しかし、着物に詳しくない方にとっては、どのような着物を選べばよいのか、またレンタルサービスをどう利用すれば効果的なのかが分からないことも多いでしょう。

この記事では、七五三における母親向けの着物レンタルについて、基礎知識から選び方、注意点、そしておしゃれなコーディネートのポイントまでをご紹介しました。レンタルを利用するメリットは多岐にわたりますが、最も大きなポイントは、高品質な着物を手軽に、そして経済的に利用できることにあります。また、サイズや色、デザインの選択肢が豊富であるため、自分にぴったりの一着を見つけることができます。

重要なポイントを再確認しましょう

  • レンタルサービスの選び方:信頼できるレンタルサービスを選ぶことが重要です。サービスの評判やレビューをチェックし、提供される着物の種類や品質、レンタルの流れを事前に確認しましょう。
  • 着物の選び方:七五三のシーンに合わせた着物を選ぶことが大切です。訪問着や色無地など、フォーマル度に応じた着物を選び、色や柄で季節感を表現することもポイントです。
  • サイズと小物の選び方:着物の見栄えを左右するサイズ選びは非常に重要です。また、帯や草履、バッグなどの小物もトータルコーディネートを考えて選びましょう。
  • 予約のタイミング:人気のレンタルサービスや着物は早くから予約が埋まることがあります。計画的に早めの予約を心がけましょう。

七五三の日は、お子さまだけでなく、家族全員にとって記憶に残る一日となります。母親自身も美しい着物を身に纏い、この特別な日を心から楽しんでいただければ幸いです。着物レンタルを上手に利用して、七五三をより思い出深いものにしましょう。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-mama-kimono/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

【七五三】男の子の袴をレンタルで用意したい!着物選びと予約・準備

【七五三】男の子の袴をレンタルで用意したい!着物選びと予約・準備

はじめに 七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う日本の伝統的な行事のひとつです。中でも5歳の男の子の七五三は、人生で初めて袴を身にまとう特別な日。多くの親御さんがこの日に、袴をお子さまに着せたいと思っていることでしょう […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!