着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式【utk01】_婚礼ロケーション撮影プラン

白地の色打掛って? 打掛の基礎知識と他の色にない「白打掛」の魅力

はじめに

背景: 色打掛とは?

「色打掛」。この美しい和装は、結婚式の場において、多くの女性たちが憧れる衣装の一つとして知られています。和装と聞けば、すぐに振袖や袴、紋付などが思い浮かぶ方も多いでしょう。しかし、色打掛はそれらの中でも、特に華やかさが際立つ衣装として、多くの女性たちの心をつかんで離しません。

色打掛とは一体どのようなものなのでしょうか。色打掛は、一般的に結婚式での花嫁の衣装として用いられるもので、お色直しのカラードレスのようなものと言えます。白無垢と並ぶ結婚式での主役的存在であり、豪華な柄や文様、そして独特のカラーが特徴的です。

その中でも、ピンクや赤、青や緑、そして黄色など、さまざまなカラーが取り入れられています。それぞれの色には、意味や願いが込められており、選ぶカラーによっても、その日の気分や雰囲気が変わるのも魅力の一つです。

また、色打掛の特徴として挙げられるのが、その柄や文様です。豪華で繊細な柄が、全体を彩り、さらに華やかさを増しています。紋付や振袖にももちろん美しい柄は存在しますが、色打掛にはその中でも特別なものが多いのです。

目的: 白地の色打掛を探す理由

色打掛にはさまざまなカラーがある中で、特に注目を集めているのが「白地の色打掛」です。白というカラーは、純粋さや清らかさを象徴し、特別な日にふさわしい色として、多くの女性たちから愛されています。

白地の色打掛は、その名の通り、白を基調としたものであり、その上に色とりどりの文様や柄が施されています。白い背景に映える赤やピンク、緑や青などの色が、より一層華やかに見えるのです。

白地の色打掛を選ぶ理由としては、その高貴で品のある雰囲気が挙げられます。白は和装や洋装のドレスにおいても、結婚式の場では、多く取り入れられる色であり、その美しさが際立つのです。

また、レンタルする際にも、白地の色打掛は人気が高く、多くのサイトや店舗で取り扱われています。そのため、選ぶ際のバリエーションも豊富で、自分の好みに合わせて選ぶことができるのも魅力の一つです。

色打掛の基本的な知識

カラーの種類: 人気のある色とそのニュアンス

特に結婚式の際の着物は、その色でその日の印象が大きく変わるものです。色打掛にもさまざまなカラーがありますが、それぞれの色には独自の意味や背景、そして女性たちの中での人気度が異なります。

  • : 色打掛の代表的な色とも言える赤は、情熱や愛情を象徴する色として、多くの女性たちから支持されています。結婚式において、幸せな未来を祈願する際に最も選ばれる色の一つです。
  • ピンク: 若々しさやかわいらしさを表現するピンクは、やわらかな印象を与えるので、春や初夏の結婚式にぴったりのカラーです。
  • : 新緑を思わせる緑は、新しいスタートや希望を象徴します。自然の中での結婚式や、和風の結婚式場にもマッチします。
  • : 青は清涼感や落ち着きを感じさせる色です。夏の結婚式には、涼しげな青の色打掛が人気です。
  • 黄色: 明るく、元気な印象の黄色は、秋の収穫を象徴する色としても知られています。華やかさを求める方におすすめです。

色打掛の色は、その日の気分やテーマ、結婚式の季節によって選ぶのがおすすめです。それぞれの色に魅力がありますが、自分らしい色を選ぶことでさらに特別な一日を演出することができるでしょう。

白地の色打掛の特徴

白地の美しさ: 華やかさとその景色

「白」は、清らかさや純粋さを象徴する色として、日本の和装において非常に特別な位置を占めています。特に結婚式という晴れの舞台において、白はその重要性を増してきます。

「白地の色打掛」とは、基調となる色が白で、その上にさまざまなカラーや文様が施された色打掛を指します。白無垢のような真っ白なものとはまた異なり、白地の色打掛は、白を背景として、他の色や柄が際立つデザインとなっています。

この白地の美しさは、まるで新雪のような清楚さと、そこに映し出される景色の華やかさを併せ持ちます。具体的には以下の点が挙げられます。

  • 清潔感: 白は清潔さを感じさせる色です。そのため、白地の色打掛を身にまとうことで、清楚で上品な雰囲気を醸し出すことができます。
  • 他の色との相性: 白は、ほとんどの色と相性が良いと言われています。特に赤やピンク、青や緑などの鮮やかな色とのコントラストが美しく、色打掛の柄や文様が一層引き立ちます。

白地の色打掛を選ぶ際のポイントとして、自分の好みや結婚式のテーマ、そして季節を考慮することがおすすめです。例えば、春の結婚式ならば、桜の花をあしらったデザインや、淡いピンクとの組み合わせが最適です。

ゆめやの打掛の中で白地の打掛をご紹介しましょう。「立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」こちらは、白地に花が全体的に描かれ、前身頃には御所車がメインに描かれています。裾や袖口には赤色が使用されていますので、白地でも引き締まった印象になりますね。御所車の由来や意味はこちらの記事で詳しく解説しておりますので、参考になさってみてください。

色の組み合わせ: 白地に合うカラーとその組み合わせ

白地の色打掛に施される色や柄は、その華やかさを一層引き立てる要素となっています。特に、以下の色は白地との組み合わせが非常に人気です。

  • : 結婚式において最も定番とされる色。白地との組み合わせでは、情熱や愛情が際立ちます。
  • ピンク: 若々しさや優雅さを感じさせる色。春の結婚式や、ロマンチックな雰囲気を求める方におすすめです。
  • : 落ち着きや深みを持つ色。夏の結婚式や、海をテーマにした結婚式にマッチします。
  • : 新しいスタートや希望を感じさせる色。自然をテーマにした結婚式や、外での結婚式に合います。

これらの色を基に、さまざまな文様やデザインが白地の色打掛に施されます。例えば、赤とピンクを組み合わせた桜のデザインや、青と緑を用いた川や山のデザインなど、多彩な組み合わせが楽しめます。

結婚式のテーマや季節、そして自分の好みに合わせて、白地の色打掛の色やデザインを選ぶことで、より一層特別な一日を迎えることができるでしょう。

他の色との比較

赤や紺、紫など: 白地と別のカラーの違い

和装の世界は、さまざまな色や模様で彩られています。特に、結婚式という晴れの舞台においては、多くの選択肢が出てきます。ここでは、白地の色打掛と、赤や紺、紫といった他の代表的なカラーとの違いを詳しく見ていきましょう。

  • : この色は、情熱や愛情、幸福を象徴する色として、結婚式には欠かせないカラーとなっています。特に日本の伝統的な式においては、赤い打掛が人気があります。
  • : 落ち着きや格式を感じさせる紺は、格式のある結婚式や冬の結婚式におすすめの色です。白地とは対照的に、深みや重厚感が魅力となっています。
  • : 豪華さや神秘性を持つ紫は、派手さが欲しい時や、秋の結婚式にピッタリのカラーです。

これらのカラーと白地の最も大きな違いは、その背景色の印象です。白地の色打掛は、背景が白いため、上に施される柄や文様が際立ちます。一方、赤や紺、紫といったカラーは、その色自体が強い印象を持つため、柄や文様とのバランスを取ることが大切となります。

カラーニュアンス: いろいろなカラーの中の白地の位置づけ

和装の中には、無数のカラーニュアンスが存在します。白地の色打掛は、その中でも非常に特別な位置づけを持っています。

  • 清潔感: 他のどの色よりも、白は清潔さや純粋さを強く感じさせる色です。そのため、白地の色打掛は、新しい門出や、純粋な愛情を感じさせる結婚式に最適です。
  • 柔らかさ: 白は、他の色と比べても柔らかな印象を与えます。そのため、優しい雰囲気や、自然を感じさせる結婚式にもぴったりです。
  • 引き立て役: 白地の色打掛は、上に施される柄や文様を引き立てる役割を果たします。赤や青、緑など、さまざまな色の文様が、白地の上で一層鮮やかに映えます

アンティークきものレンタルゆめやの「松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」はパステル色で松や花が描かれていますが、背面には亀・松・竹が金色で刺繍されていて豪華絢爛な打掛になってます。花嫁さまは後ろ姿も重要です。こちらも裾や袖口に赤い生地が使われていて引き締まった印象の打掛に仕立てられています。

結婚式のテーマや、その時の気分に合わせて、白地の色打掛を選ぶことで、より一層特別な一日を迎えることができるでしょう。一生に一度の大切な日に、自分らしい色打掛を選び、最高の思い出を作りましょう。

色打掛のレンタルと購入

費用と相場: レンタルと購入の違い

結婚式には多くの準備が必要ですね。その中でも、花嫁の衣装選びは特に重要なポイントとなります。特に、色打掛の選び方、購入とレンタルのメリット・デメリットは悩むところでしょう。

まず、レンタルのメリットですが、以下のような点が挙げられます。

  • 費用: 色打掛を購入するとなると、それなりの出費が必要です。しかし、レンタルであれば、一時的に利用するだけなので、その費用を抑えることができます。
  • 手間: 購入した場合、結婚式後の保管や管理が必要となりますが、レンタルであれば返却するだけですので、その後の手間がありません。

一方、購入のメリットは以下の通りです。

  • オリジナリティ: 自分の好みに合わせてカスタマイズしたり、特別な柄や文様を選ぶことができます。また、後世に受け継ぐことも可能です。
  • 思い出: 結婚式の際に着たものを手元に残すことで、大切な思い出として永遠に保管することができます。

費用の面で考えると、レンタルの方が一般的にはリーズナブルです。特に、一流ブランドや有名なデザイナーの色打掛を選ぶ場合、購入すると数百万円以上もすることがあります。一方、レンタルであれば、数十万円程度で利用することができるケースも多いです。

自宅での保管: 色打掛の保管方法

色打掛を購入した場合、結婚式が終わった後の保管方法について考える必要があります。色打掛は、素材や柄、文様など、非常にデリケートなものですので、適切な方法で保管しないと、劣化してしまう可能性があります。

以下、基本的な保管方法について説明します。

  • 湿度と温度の管理: 色打掛は湿度や温度の変化に弱いです。保管する場所は、湿度が60%以下、温度が15〜25度程度のところが理想的です。
  • 直射日光を避ける: 直射日光は色あせの原因となりますので、避けるようにしましょう。
  • 虫除け: 色打掛は、虫がつきやすいので、定期的に風通しを良くするなどの対策が必要です。
  • 専用の袋やケースに入れる: 専用の袋やケースに入れて保管することで、ホコリや汚れを防ぐことができます。

購入した色打掛は、一生の思い出として大切に保管してください。時折、取り出して眺めたり、手入れをすることで、その美しさを長く保つことができるでしょう。

結婚式場での色打掛の使い方

色の選び方: 結婚式場の景色やテーマに合わせて

結婚式は、一生の中で特別な一日です。そのため、結婚式場で着る衣装、特に色打掛の色選びは、非常に重要なポイントとなります。色打掛の色は、結婚式の雰囲気やテーマ、さらには式場の景色との相性を考える必要があります。

まず、結婚式場の景色や雰囲気に合わせることをおすすめします。

  • 緑豊かなアウトドアの式場: 緑の中で行われる結婚式では、ピンクや水色などの柔らかい色の色打掛が映えます。
  • 都会的なホテルの式場: 華やかなゴールドや赤、青など、存在感のある色打掛がおすすめです。
  • 伝統的な神社やお寺での式: 伝統的な雰囲気に合わせて、落ち着いたカラー、例えば、紺や緑の色打掛を選ぶと良いでしょう。

また、結婚式のテーマやコンセプトによっても、色打掛の色を選ぶポイントが異なります。

  • シンプル&モダン: 白地に金や銀の文様が施された色打掛がおすすめ。
  • ロマンティック: ピンクや赤の色打掛で、情熱的な雰囲気を演出。
  • トラディショナル: 紺や緑の色打掛で、格式ある雰囲気を。

色の選び方一つで、結婚式の印象が大きく変わることも。自分の好みや結婚式のテーマを大切にしつつ、式場の景色や雰囲気とのバランスを考えて選びましょう。

ここで、白地の色打掛と他のお色の打掛を比べてみましょう。左端「オフホワイトに鶴や松のビーズやスパンコールが輝く白打掛」白打掛は、白無垢の雰囲気もあり、金や銀の刺繍が施され清楚であり豪華さもある上品な花嫁衣装ですね。中央「枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式」朱色に枝垂れ桜やオシドリの総刺繍が豪華さを増しています。色打掛といえば、赤のイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。右端「花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式」明るめグリーン地の色打掛は珍しいかもしれません。しかし柄や裾の赤色が効いていてとても華やかな雰囲気となっています。

カラーのかぶり: 他のゲストとの色の被りを避けるためのヒント

結婚式では、新婦が一番輝くことはもちろんのこと、ゲストとの衣装の色かぶりも気になるポイントの一つかと思います。特に、新婦の親戚や友人が似たような色の和装を着ることが考えられるので、事前の対策やコミュニケーションが大切です。

  • 結婚式の招待状に記載: 招待状に新婦の色打掛の色やテーマを記載することで、ゲストに事前に知らせることができます。
  • SNSやウェブサイトでの情報発信: 結婚式の前に、自身のSNSや専用の結婚式サイトで色打掛の色やテーマを共有。これにより、ゲストが参考にして衣装を選ぶ際のヒントとなります。
  • 招待客との直接のコミュニケーション: 親しい友人や家族には、直接自分の色打掛の色やテーマを伝えることで、色かぶりを避けることができます。
  • 衣装レンタル店との相談: 衣装レンタル店に自身の色打掛の色を伝え、ゲストへの提案をお願いすることも一つの方法です。

色かぶりを避けるための工夫やコミュニケーションは、新婦だけでなく、ゲストにとっても安心感をもたらします。お祝いの場である結婚式で、心地よく楽しい時間を過ごすための一助となることでしょう。

まとめ

白地の色打掛の魅力: まとめとしての白地の特徴

色打掛の中でも、白地の色打掛はその美しさと柔らかさで非常に人気があります。白は、純粋さや神聖さを象徴する色として、日本の和装文化の中で長い間愛されてきました。白地の色打掛は、そんな白の美しさをベースに、さまざまなカラーや文様で装飾され、一段と華やかに、そして格式高く見せてくれます。

具体的な魅力として挙げられるのは、以下の通りです。

  • 万能な色合い: 白地はどんなカラーや結婚式のテーマとも相性が良く、柔軟に組み合わせることができます。
  • 上品さ: 白地の色打掛は、他のカラフルな色打掛と比べても、特に上品な印象を与えてくれます。
  • 時代を超えたデザイン: 伝統的な文様はもちろん、モダンな柄まで、白地をベースにしたデザインは時代を超えて愛され続けます。

選び方のポイント: 最後のアドバイス

色打掛を選ぶ際のポイントは、自分の好みや結婚式のテーマ、そして着る場所や時期など、多くの要素を考慮する必要があります。しかし、その中でも特に重要なのは、自分自身が「これだ!」と思える一枚を見つけることです。

選び方のアドバイスとして、以下をお伝えします。

  • 試着は欠かさず: 実際に着てみることで、色や柄が自分に合っているか確認できます。
  • アドバイスを求める: レンタルショップのスタッフや、経験豊富な家族・友人の意見を参考にすることで、選ぶ幅が広がります。
  • 予算を意識する: 色打掛のレンタルや購入には、それなりの費用がかかります。予算を意識しながら、最も気に入った一枚を見つけるよう努力しましょう。

最後に、色打掛は結婚式という大切な日のためのもの。選ぶ過程も、結婚準備の楽しいひとときとして、心から楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

アンティークきものレンタルゆめや東京店

【2023年最新版】着物レンタルの料金相場は?予約方法や注意点も

はじめに 着物は、その美しさや格式、歴史的背景から多くの人々に愛されています。日本の伝統的な衣装であり、特別な日の衣装として、多くの方が選ぶ服装となっています。最近は、着物レンタルを行う店舗が増えていて、特別なイベントの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!