和装の結婚式を親族のみで!そのメリットと着物・会場選びのポイント

和装の結婚式を親族のみで!そのメリットと着物・会場選びのポイント

はじめに

和装での結婚式の魅力とは

日本の伝統美を象徴する、和装での結婚式。カップルにとっても特別な意味を持つ和装結婚式は、その厳かな雰囲気と華やかな衣装、そして神聖な儀式が魅力となっています。特に、白無垢や色打掛を身にまとう花嫁の美しさは、ご自身にとっても一生の思い出に残る光景となるでしょう。

和装での結婚式は神社をはじめ格式ある結婚式場で行われることが多く、とりわけ神社やホテルの神殿を式場とする神前式は特に格式のある挙式方法として知られています。日本の伝統に根差したこのスタイルは、新郎新婦はもちろん、参列する家族や親族にとっても、日本の文化と歴史を感じさせる貴重な体験となります。

親族だけで行う結婚式の、特別な意義

親族だけで行う結婚式には、家族や親族間の絆を深める特別な意義があります。少人数での挙式は、親しい間柄の人たちと共に穏やかで心温まる時間を過ごすことができます。身内だけで執り行う形式の結婚式では、家族一人ひとりとの絆を大切にしながら、一緒に過ごす時間をより深く味わうことができます。

特に親族のみで行う和装結婚式は、家族の歴史や伝統を感じられる貴重な機会となります。中でも神社での挙式は日本古来の美と精神性を象徴し、家族の新たな門出を祝うには最適な場所といえます。挙式中の儀式は、新郎新婦だけでなく、親族にとっても厳かで感動的な瞬間を提供します。

また、少人数での式にあっては家族や親族との会話や交流の時間も多くなり、新たな絆を深める機会が得られる点もメリットといえます。結婚式後の会食や披露宴では、レストランや料亭での和食を楽しみながら、身内だけで親密な時間を過ごすことができます。こうしたひとときも、新郎新婦と家族にとって一生忘れられない思い出となることでしょう。

和装での結婚式は、日本の伝統と文化を尊重し、家族の絆を深められるスタイルです。このような式においては、家族の愛情やサポートが重要な役割を果たし、それらによって新郎新婦の新たな人生の門出を祝う特別な日となります。

和装結婚式の基礎知識

和装結婚式とは?その流れと特徴

和装結婚式は、日本の伝統と文化を重んじるカップルが結婚の大切な節目を祝うための素晴らしい選択肢となります。いわゆる和婚においては、新郎新婦が伝統的な和装を身に纏い、神聖な雰囲気の中で結婚の誓いを交わします。一般的に、和装結婚式は次のような流れで行われます。

  1. 準備段階:結婚式の数カ月前から準備が始まります。衣装選び、式場予約、招待状の発送などが含まれます。
  2. 衣装選び:新郎は紋付羽織袴、新婦は白無垢や色打掛を選びます。伝統的な着付けとヘアメイクも重要な要素です。
  3. 挙式:神社や結婚式場での神前式が中心です。格式ある神殿で、神前にて厳かな儀式が行われます。
  4. 披露宴:挙式後、親族や友人を招いての食事会が開かれることも多くあります。和食を基調とした料理が提供されます。
  5. 写真撮影:挙式や披露宴の大切な瞬間を記録するため、プロのカメラマンによる撮影が行われます。

和装結婚式の特徴として、伝統的な日本の美が際立つことが挙げられます。特に新婦の白無垢色打掛は日本の結婚式の象徴とされ、その華やかで美しい姿は参列者の心に深い印象を残します。また、厳かな神前式の儀式は、その一つひとつが二人の新たな門出を祝福するとともに、家族や親族の絆を深める大切な役割を果たします。

神前式とは?深まる家族の絆

神前式は、和装結婚式の中でも特に人気のあるスタイルです。神社で執り行われるこの式は、古来の日本における婚礼の伝統を今に伝えています。神前式の主な特徴は以下の通りです。

  • 厳かな雰囲気:神聖な神社の神殿で行われる儀式は非常に格式高く、荘厳な雰囲気が漂います。
  • 家族の参加:新郎新婦だけでなく、両家の家族や親族も重要な役割を果たします。一緒に儀式に参加し、新たな家族の絆を深める機会となります。
  • 伝統的な儀式:神前式では、神に向かって誓いを立てる「誓詞奏上」や、神への感謝と祈りを捧げる「玉串奉奠」など、伝統的な儀式が行われます。
  • 感動的な瞬間:親族が見守る中、新郎新婦が結婚の誓いを新たにする瞬間は、感動的で心に残るものです。

神前式での結婚は、日本の伝統と文化を尊重しつつ、家族との絆を深める特別な機会を提供してくれます。このような和装結婚式は、主役である新郎新婦はもちろん、参列する親族にとっても忘れられない思い出となるでしょう。

式場選びのポイント

神社選びのコツと注意点

和装結婚式を挙げるにあたって、神社選びは非常に重要です。神社は、結婚式の雰囲気や思い出に大きな影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。以下は神社選びの際の主なポイントです。

  • 立地とアクセス:親族には高齢者がいるケースも。ゲストの利便性を考慮し、アクセスしやすい場所にある神社を選ぶことも大切です。
  • 式のスタイルと規模:親族のみの小規模な式を希望する場合、それに適した神社を選ぶ必要があります。規模感や雰囲気が式のイメージに合っているかを確認しましょう。
  • 神社の歴史と格式:神社の持つ歴史や格式も重要な要素です。神社の歴史が深ければ、それだけ厳かな雰囲気も楽しむことができるでしょう。
  • 施設と設備:披露宴や会食が可能な施設があるか、また、着付けやヘアメイクの準備スペースが十分かどうかも確認しましょう。
  • 費用と予算:神社によって挙式の費用は異なります。予算内で収まるか、追加費用が発生しないかなどを事前に確認することも大切です。

親族だけでの挙式に適した式場の特徴

親族だけでの和装結婚式を計画する際には、挙式会場の選び方にも特別な注意を払う必要があります。親族だけの挙式に適した式場の特徴は以下の通りです。

  • プライベート感のある空間:親族だけの挙式では、プライベートな雰囲気が重要です。他のゲストとの接触が少ない、静かで落ち着いた空間が理想的です。
  • 親密な雰囲気を演出できる設計:親族が間近で挙式を見守れるような配置など、式場の設計が親密な雰囲気を演出できることも大切です。
  • 充実したサポート体制:少人数での挙式では、スタッフのサポートも重要になります。親族のニーズに応えられる柔軟な対応ができるかを確認しましょう。
  • アットホームな食事会の開催が可能:挙式後の食事会は家族の絆を深める大切な時間です。おいしい和食や懐石料理を提供するレストランが式場内にあるかを確認しましょう。
  • 撮影スポットの豊富さ:親族だけで行う挙式では、写真撮影も行いたいもの。自然豊かな庭園や伝統的な建築がある式場は、記念写真にも最適です。

親族だけで過ごす結婚式の成功のためにも、以上のようなポイントを考慮しながら式場を選んでみましょう。和装結婚式において一層親族との絆が深まり、一生の思い出に残る経験にもなることでしょう。

費用と節約のコツ

和装結婚式の相場と費用の内訳

和装結婚式を計画する際には、費用の見積もりも大切です。一般的な和装結婚式の相場は、以下のような内訳で構成されます。

  • 挙式費用:式場での挙式費用が含まれます。神前式の場合、神社によって費用は異なり、一般的には数十万円程度が相場です。
  • 衣装費用:新郎新婦の和装(白無垢、色打掛、羽織袴など)のレンタルまたは購入費用です。レンタルの場合、衣装一式で10万円から20万円程度が一般的です。
  • 美容・着付け費用:ヘアメイクと着付けの専門家によるサービス費用。平均的には5万円から10万円程度です。
  • 写真・ビデオ撮影費用:挙式や披露宴の記録のための撮影費用。5万円から10万円の範囲が一般的です。
  • 披露宴・会食費用:式場レンタル、食事、飲物などの費用。式場や内容によって大きく異なりますが、一人当たり1万円から数万円が相場です。
  • その他の費用:招待状、引き出物、装飾、移動費用など、その他の経費も考慮に入れる必要があります。また、神社への謝礼として支払う初穂料は挙式費用に含まれないケースもあり、相場も神社の格式などにより異なるため確認が必要です。

ここでアンティークきものレンタルゆめやの神社挙式や披露宴におすすめの和装をご紹介しましょう。
左端「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」白無垢は、神社での挙式におすすめ。あなたの色に染まります。という決意の表れの白は花嫁にふさわしい色です。
中央「グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」掛下は白を着用していますので、白無垢からのお色直しも簡易にできる色打掛。挙式とは雰囲気を変えて華やかさと豪華さを重視してみてはいかがでしょうか?
右端「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒引き振袖」黒弾き振袖は、披露宴や前撮りにおすすすめ。着物でも最上級の格を持つ振袖ですので、なかなか着る機会はありません。またロケーションでの撮影にも黒は引き立ちますのでおすすめです。

コストを抑えるための効果的な方法

和装結婚式の費用を抑えるために、以下のような節約のコツがあります。

  • シーズンオフを狙う:挙式・披露宴のシーズンオフに行うことで、式場費用を抑えることが可能です。
  • 衣装のレンタル:新郎新婦の和装は購入するのではなくレンタルで済ませることで、大幅なコストカットが期待できます。
  • 披露宴の規模を小さくする:親族だけを招待することで、食事や飲物のコストを減らすことができます。
  • 装飾をシンプルに:式場の装飾もシンプルにすることで、コストを抑えられます。自然の美しさを活かした式場選びも効果的です。
  • 招待状や引き出物の工夫:手作りの招待状や、価格は手頃ながらも心のこもった引き出物を選ぶなどで、余分な費用を削減できます。
  • プランナーとの相談:式場プランナーともよく相談して、予算内で最適なプランを立てるようにしましょう。

これらの節約のコツを活用しながら、夢に描いた和装結婚式を予算内で行えるようにしましょう。費用を抑えつつも、記憶に残る素晴らしい結婚式は十分に実現可能ですよ。

和装の選び方とマナー

花嫁の着物選びのポイント

和装結婚式における花嫁の着物選びは、式の印象を大きく左右する重要な要素です。以下は着物選びの際の主要なポイントです。

  • 結婚式のスタイルに合わせる:挙式の形式(神前式や人前式など)や式場の雰囲気に合わせて着物を選びます。神前式では伝統的な白無垢が一般的です。
  • 色とデザインの選択:白無垢の純白から、華やかな色打掛まで、色とデザインの選択肢は豊富です。自分の好みや式のテーマに合わせて選びましょう。
  • レンタルか購入かを検討:予算や将来の利用を考えて、着物をレンタルするか購入するかを決めます。上述の通り、レンタルであればコストを抑えることができます。
  • 小物の選び方:着物に合わせた髪飾り帯締めなどの小物も大切です。トータルでのコーディネートを意識しましょう。
  • 試着と着付けの確認:実際に着物を試着し、動きやすさや着心地を確認することが大切です。当日の着付けを担当する着付け師とも事前に打ち合わせを行いましょう。

親族の服装マナーと配慮すべき点

親族の服装選びも、和装結婚式において重要なマナーとなります。親族が遵守すべきポイントは以下の通りです。

  • 格式に合わせた服装:式の格式や新郎新婦の衣装に合わせた、落ち着いた色合いの着物を選ぶようにしましょう。
  • 目立ち過ぎない配慮:花嫁を引き立てるため、派手すぎるデザインや色は避け、上品で控えめな装いを心がけます。
  • 年齢や立場に応じた選択:年配の親族は留袖を、若い親族は色留袖振袖訪問着などを選ぶのが一般的です。
  • 小物の選び方:シンプルで上品な小物を選び、全体のバランスを考慮します。
  • 事前のコーディネート確認:式の前に親族で服装について話し合い、統一感のあるコーディネートを目指します。両家で格式の差が出ないようにも心がけたいものです。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやのおすすめの黒留袖をご紹介しましょう。
唐草に花束のカメオのような黒留袖」はアンティークならではの個性的なカメオのような柄の黒留袖です。黒留袖は花や鶴の柄が多いのですが、こちらはとてもおしゃれですね。新郎新婦の晴れの日に個性的な黒留袖で花を添えてはいかがでしょうか?

新郎新婦の姉妹や叔母様におすすめなのは、色留袖。「シメント色に鶴と菖蒲の五つ紋付色留袖」淡いブルーとグレーの間のような落ち着いた色目で華やかさもあります。五つ紋ですので、格は黒留袖と同格になります。黒留袖以外の着物で参列したい親族の方におすすめです。

せっかくの結婚式だから着物で参列したという方におすすめの訪問着。「青磁色グラデーション辻が花の訪問着」親族だけど、色留袖は少し格式が高いかな。また友人で参列する場合におすすめです。上品なグリーンにグラデーションと辻が花がとても綺麗です。

和装結婚式では新郎新婦だけでなく、親族にも服装マナーが求められます。適切な服装選びによって、和装結婚式の美しさと調和を高めることが可能となります。

結婚式当日の流れと準備

挙式の流れと参列者への配慮

和装結婚式の挙式は、日本の伝統的な美しさと厳粛な雰囲気がなによりの特徴です。挙式当日の一般的な流れは以下の通りです。

  1. 着付けとヘアメイク:式の数時間前に、新郎新婦は着付けとヘアメイクを行います。プロの着付け師とヘアメイクアーティストが完璧な装いにしてくれます。
  2. 挙式前の写真撮影:挙式前に新郎新婦や家族、親族で写真撮影を行います。美しい和装を一生の記録に残すための大切な時間ですね。
  3. 挙式の進行:神社や式場での挙式は、一般的に30分から1時間程度です。神前式では、神職による祝詞や玉串奉奠などの儀式が行われます。
  4. (参列者への配慮):特に高齢の親族や小さなお子さまがいる場合、椅子の配置や休憩のためのスペースを設けておくことも考慮しておきましょう。
  5. 退場:挙式後、新郎新婦が退場します。

和装結婚式の特別な演出と装飾のアイデア

和装結婚式では、伝統的な演出や装飾が一層の華やかさを加えてくれます。以下はそうした演出と装飾のアイデアです。

  • 伝統的な生花の装飾:式場や神殿を季節の生花で飾ることで、自然な美しさを演出します。日本の伝統的な花などを使用するとよいでしょう。
  • 和楽器の生演奏:挙式や披露宴での和楽器による生演奏は、和装結婚式ならではの雰囲気を醸し出します。箏・琴や尺八などが人気です。
  • 和婚式専用のフォトブース:和装に合わせたフォトブースを設置し、ゲストが自由に記念撮影を楽しめるようにします。敷地内に設置ができるかどうかは事前に確認しておきましょう。
  • オリジナルの折り紙装飾:テーブルや式場に折り紙で作った装飾品を配置するなどで、日本の伝統的な工芸を手軽に取り入れることができます。

こうした演出と装飾が和装結婚式を一層特別なものにし、新郎新婦だけでなく、参列する親族にも思い出深い体験を提供します。伝統と現代の融合を楽しめる、美しい和婚を実現しましょう。

会食・披露宴の計画

親族だけの会食の魅力と準備のポイント

和装結婚式に続けて行われる親族だけの会食も、親密で温かい雰囲気を醸し出す和やかな場となります。以下はその魅力と準備のポイントです。

  • 親密な雰囲気の醸成:親族だけで行う会食は、両家の絆を深めるための絶好の機会となります。新郎新婦と親族が身近に感じられる、温かみのある雰囲気を作り出してくれます。
  • 料理の選択:和食を中心としたメニューが一般的です。季節感のある食材を使った料理を選ぶとよいですが、親族の好みやアレルギーなども考慮しましょう。
  • 会場選び:親族だけの会食には、落ち着いた雰囲気のレストランや料亭などが適しています。個室を予約することで、よりプライベートな空間を確保できます。
  • 装飾と演出:シンプルながらも心温まる装飾を施し、親族の絆を象徴するような演出を考えましょう。家族や親族の写真を飾らせてもらうのもよいでしょう。
  • コミュニケーション:会食中は、親族間のコミュニケーションを促すための工夫が大切です。話しやすい席順の配慮や、和やかな話題の提供ができるようにしましょう。

料亭やレストランでの和食の楽しみ方

和装結婚式における会食では、料亭やレストランでの和食が一般的です。和食の楽しみ方には次のようなポイントがあります。

  • 季節感を味わう:和食では季節の食材を活かした料理が特徴です。四季折々の食材を使った料理を楽しめるのが和食の醍醐味といえるでしょう。
  • 美しい盛り付け:和食の盛り付けは芸術的で美しく、目で楽しむことも大切です。季節の花や葉を使った盛り付けは特に印象的です。
  • 伝統的な食器の使用:提供される食器もまた、和食の楽しみの一つです。食器の形や色、素材にも注目しましょう。
  • 落ち着いた雰囲気での食事:料亭やレストランでは、静かで落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめます。親族との会話を楽しみながら、心地よい時間を過ごせます。
  • 和食独特の味わい:繊細で上品な味わいの和食を堪能し、特別な日の記憶に残る食事体験をしましょう。

和装結婚式を無事に終えた後、親族だけで行う会食は、普段の食事とは違った特別なものとなります。大切な人々と共に過ごす時間を、美しい和食とともに存分に楽しんでください。

まとめ

和装結婚式でかなう特別な一日

和装結婚式は、日本の伝統と美を感じられる特別な結婚式です。白無垢や色打掛を身に纏った花嫁の姿、神聖な神前式での厳かな儀式、そして親族と過ごす心温まる会食は、一生の記憶に残る瞬間となるはずです。和装結婚式による魅力を、以下に再掲します。

  • 伝統的な美しさ:和装と神社で彩る挙式は、日本の伝統的な美しさを象徴します。
  • 親族との絆:家族や親族と共に過ごす時間は、絆を深める貴重な機会となります。
  • 個性的な演出:和食や生演奏など、和装結婚式ならではの演出が可能です。
  • 心に残る写真:和装での記念撮影は、美しく特別な思い出として手元に残ります。

親族のみで過ごす和婚の深い意義

親族のみで過ごす和婚には、深い意義があります。少人数での挙式と会食は、次のような利点があります。

  • 親密な雰囲気:親族だけの小規模な式は、より親密で温かい雰囲気を作り出します。
  • コミュニケーションの機会:親族間のコミュニケーションが深まり、絆をより強固にできます。
  • オリジナリティの追求:親族の好みや価値観に合わせた、オーダーメイドの式を実現できます。
  • 経済的な負担の軽減:規模を小さくすることで、経済的な負担も軽減できます。

和装結婚式は、日本の美しい伝統を現代に受け継ぐ素晴らしい選択肢といえます。家族や親族と共に過ごす一日は、新郎新婦にとっても、参列する家族や親族にとっても、忘れがたい特別な思い出となるでしょう。この日が新たな人生の始まりを祝福し、親族の絆を深める貴重な時間となるよう、しっかりと準備をしてくださいね。

〈参考記事〉
https://wakon-style.jp/iroha/6010/
https://akane-kimono.com/trivia-detail.html?f=502

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【着物のプロが監修】30代のための色打掛選び方ガイド!大人花嫁の髪型も完全サポート

はじめに 結婚式は人生の節目となる大切な一日であり、その日に華を添える一つが花嫁の装いです。30代の花嫁にとって、色打掛は和装での結婚式を行う上で非常に魅力的な選択肢となります。色打掛は、その豊富な色彩と繊細な刺繍、伝統 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!