七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える親御さんにとって、どの髪飾りを選び、どのように用意するかは、悩みの種かもしれません。

そこで、本記事では、七五三の日本髪に合う髪飾りを用意するすべとして、レンタルサービスに着目し、その方法を詳しくご紹介します。髪飾りの選び方やレンタルサービスの利点、さらにおすすめのコーディネート方法まで、分かりやすく解説しますので、どうぞ最後までお読みください。

七五三の髪飾り:レンタルの魅力

七五三のお祝いでは、お子さまたちが日本髪や着物で装うことが一般的です。特に7歳の女の子には、華やかな髪飾りが欠かせません。ここではまず、どんな髪飾りをレンタルすべきか、簡単に触れたうえで、レンタルの利点についてもご紹介しましょう。

7歳の女の子にぴったりな髪飾りの選び方

7歳の女の子には、華やかでありながらも可愛らしい髪飾りが似合います。選ぶ際には、次のポイントを参考にしてください。

髪飾りのデザインは、着物の色や柄に合わせて選ぶと全体のバランスがよくなります。たとえば、赤やピンクの着物には、同系色の花の髪飾りがよく合います。また、紫や黒の着物には、白や金の髪飾りを合わせると華やかさが際立ちます。

つまみ細工は、日本の伝統的な手工芸で、一つ一つ手作業で作られる美しい髪飾りです。細やかな花びらが重なり合ったデザインは、特別な日の装いにぴったりです。特に七五三には、桜や菊などの季節の花をモチーフにしたつまみ細工がおすすめです

7歳の女の子には、大きすぎず軽い髪飾りが適しています。重すぎると髪の毛が引っ張られてしまい、長時間の着用が苦痛になることがあります。レンタルを利用する場合は、事前にサイズや重さを確認し、お子さまに試着させてから選ぶと安心です。

レンタルサービスの利点

七五三のような一度きりの行事には、高価な髪飾りを購入するよりもレンタルが非常に経済的です。たとえば、高品質なつまみ細工の髪飾りを購入する場合、数万円することがありますが、レンタルなら同じクオリティの髪飾りを数千円で借りることができます。これにより、家計に優しく、必要な費用を大幅に抑えることができます。

たとえばこちらは、ゆめやでレンタル可能な、梅の花でしょうか、色とりどりのつまみ細工の小花が、たくさん付けられた、こども用のかんざしです。ビラビラかんざし、房下がりかんざし、日本髪を結うときに着けるかんざしがセットになっています。赤をメインとして、ピンク・薄桃・オレンジ・黄色・紫の花に、グリーンの葉っぱなど、カラフルでかわいらしいかんざしです。どのようなお色の着物でも挿していただけます。やや大きめですので、3歳の七五三ではなく、7歳でお挿しになるほうがよろしいでしょう。

このように、レンタルサービスを利用することで、すてきなアイテムを手軽に利用でき、七五三の準備がぐっと楽になるでしょう。

髪飾り単品のレンタル手順

七五三のお祝いには、華やかな着物とともに美しい髪飾りが欠かせません。「着物は代々所有しているものを使いたいが、似合う髪飾りが無い」という方も多いのではないでしょうか。そんな時は、髪飾りを単品でレンタルすることもおすすめです。ここでは、髪飾り単品のレンタル手順と、レンタル時の注意点について詳しく解説します。

髪飾りのみのレンタル流れ

髪飾りを単品でレンタルする手順は、以下の通りです。

  1. レンタルショップの選定:信頼できるレンタルショップをインターネットや口コミで探します。
  2. 髪飾りの選択:ウェブサイトやカタログから、つまみ細工やかんざし、リボンなど、七五三用の気に入った髪飾りを選びます。
  3. レンタル期間の設定:七五三当日だけでなく、準備や返却の余裕を持たせた期間を設定します。
  4. 注文と支払い:多くの場合、オンラインで注文し、クレジットカードや銀行振込などで支払いができます。
  5. 髪飾りの受け取り:指定日時に髪飾りが届きます。破損や欠品がないか確認し、問題があればすぐに連絡します。
  6. 使用と返却:七五三当日に髪飾りを使用し、使用後は指定された方法で梱包し、返却します。クリーニングは不要ですが、レンタルショップの指示に従います

髪飾りレンタル時の注意点

髪飾りをレンタルする際には、いくつかの注意点があります。

  • レンタル条件の確認:レンタルショップごとに条件が異なるため、レンタル期間や料金、返却方法などを事前に確認しましょう。特に延滞料金や破損時の対応は重要です
  • サイズとデザインの選定:髪飾りはサイズやデザインが豊富です。お子さまの髪型や顔の形に合わせて、適切なサイズとデザインを選びましょう。
  • 予約のタイミング:七五三の時期はレンタルの需要が高いため、早めに予約を行うことが大切です。人気のデザインは早く埋まることが多いので、迅速な手続きを心がけましょう。
  • 破損や紛失の対応:レンタル品の取り扱いには注意が必要です。破損や紛失が発生した場合、追加料金が発生することがあります。丁寧に扱い、保管場所にも気を付けましょう。
  • レンタル品の状態確認:受け取った髪飾りが写真や説明通りの状態であるか確認します。傷や汚れがある場合はすぐにレンタルショップに連絡しましょう。
  • レンタル保険の確認:一部のレンタルショップでは、破損や紛失に備えたレンタル保険を提供しています。安心して利用するために、保険の有無や内容を確認しましょう

これらの注意点を守ることで、安心して髪飾りのレンタルを利用できます。

着物と髪飾りのセットレンタル

七五三の特別な日には、華やかな着物と美しい髪飾りをセットでレンタルすることもおすすめです。着物と髪飾りをセットでレンタルすることで、統一感のあるすてきなコーディネートが簡単に実現します。また、セットレンタルはコスト面でもお得な場合が多く、手軽に利用できるのが魅力です。ここでは、着物と髪飾りのセットレンタルの料金や予約方法について詳しくご紹介します。

着物と髪飾りのセットレンタル料金

セットレンタルの料金は、レンタルショップやセット内容によって異なりますが、おおむね以下のような要素で決まります。

基本料金

セットレンタルの基本料金には、着物と髪飾りのレンタル費用が含まれます。料金は、着物の種類やデザイン、髪飾りの品質やデザインによって異なります。

オプション料金

基本料金に加えて、オプションとして以下のようなサービスが追加される場合があります。

  • 着付けサービスプロの着付け師による着付けが含まれる場合、追加料金が発生します。自宅での着付けや店舗での着付けが選べることが多いです。
  • ヘアセットサービス:髪飾りと一緒にプロのヘアセットが含まれる場合、追加料金が発生します。七五三用の日本髪スタイルや洋風のアレンジなど、希望に応じたスタイルが選べます。
  • クリーニング料金:返却時のクリーニング費用が含まれる場合もありますが、別途料金がかかることもありますので、事前に確認しておきましょう。

セットレンタルの具体例

以下に、一般的なセットレンタルの料金例をいくつか挙げます。

  • シンプルセット:着物(シンプルなデザイン)+髪飾り(つまみ細工やリボン)=15,000円~20,000円
  • スタンダードセット:着物(華やかなデザイン)+髪飾り(つまみ細工やかんざし)+着付け=30,000円~40,000円
  • プレミアムセット:着物(ブランド品や豪華なデザイン)+髪飾り(高級つまみ細工やかんざし)+着付け+ヘアセット=50,000円~70,000円

お得な着物セットレンタルの予約方法

次に、着物と髪飾りのセットレンタルをお得に利用するためのポイントを押さえておきましょう。

  • 早期予約のメリット:七五三のシーズンはレンタル需要が高く、人気のデザインやサイズは早めに予約が埋まります。早期予約特典として割引や追加サービスが提供されることが多いので、公式ウェブサイトやレンタルショップのキャンペーン情報をチェックしておきましょう。
  • キャンペーンや割引の活用:レンタルショップではシーズンごとにキャンペーンや割引が実施されます。家族で複数のセットを同時にレンタルする場合や友人紹介による割引を活用することで、費用を抑えられます
  • 比較サイトの利用:比較サイトを利用することで、複数のレンタルショップの料金やサービス内容を簡単に比較できます。
  • 利用者の口コミを参考にする:口コミやレビューを参考にすることで、サービスの質やスタッフの対応、着物や髪飾りの状態を確認できます。
  • 直前予約の注意点:直前予約では選べるデザインやサイズが限られるため、早めに予約することが望ましいです。ただし、直前割引が適用される場合もありますので、情報をチェックしておきましょう。

着物と髪飾りのセットレンタルは、七五三の準備を効率的に進めるための便利な方法です。料金や予約方法、キャンペーン情報をしっかりと把握して、お得に利用しましょう。

七五三の日本髪スタイル

レンタルについてご理解いただけたら、ここからはいよいよヘアスタイルやコーディネートについてご紹介しましょう。

七五三はお子さまたちの成長を祝う大切な行事で、その際には伝統的な日本髪スタイルが人気です。特に7歳の女の子には、華やかでありながらも品のある日本髪が似合います。しかし、初めての方にとっては、日本髪の特徴やその歴史を理解するのは少し難しいかもしれません。ここでは、日本髪の魅力と歴史、そして7歳の女の子にぴったりな日本髪スタイルについて詳しくご紹介します。

日本髪の特徴と歴史

日本髪は、古くから日本で親しまれてきた伝統的な髪型です。その歴史は非常に古く、奈良時代には既に存在していました。江戸時代には、さまざまなスタイルの日本髪が登場し、庶民から武家の女性まで広く愛されました。特に、結婚式や成人式、七五三などの祝い事には、日本髪が欠かせないものでした。日本髪は、その美しさと伝統を守りながら、時代とともに進化してきたのです。

日本髪の最大の特徴は、その独特な形状と美しい装飾です。日本髪の形状には、「前髪」と「後ろ髪」の二つの部分があります。前髪は、額にかかるように垂らし、優雅なカーブを描きます。一方、後ろ髪は、複雑に結い上げられ、ボリューム感を出すことが一般的です。これにより、上品で立体的なシルエットが生まれます。

また、日本髪には、さまざまな髪飾りが使用されます。つまみ細工やかんざしなどが代表的です。つまみ細工は、色とりどりの花を模した細工で、七五三には特に人気があります。かんざしは、髪をしっかり固定するためのもので、装飾的なデザインが施されています。髪飾りは、着物の色や柄に合わせて選ぶことで、全体のコーディネートが引き立ちます。

7歳の女の子に合う日本髪スタイル

7歳の女の子には、少し大人びた雰囲気のある日本髪スタイルがぴったりです。以下に、いくつかの具体的なスタイルをご紹介します。

ちんころスタイルは、前髪を軽くまとめて後ろに流し、後ろ髪を高く結い上げるスタイルです。このスタイルは、元気で明るい印象を与え、7歳の女の子にとても似合います。髪飾りには、色鮮やかなリボンやつまみ細工の花を使うと、より華やかさが増します。

銀杏返しは、髪を銀杏の葉の形に結い上げるスタイルです。このスタイルは、シンプルでありながらもエレガントな印象を与えます。髪飾りには、シンプルなかんざしを使うと、上品な雰囲気が引き立ちます。

花嫁結いは、髪を豪華に結い上げ、多くの髪飾りを使うスタイルです。このスタイルは、特別な日の装いにぴったりで、7歳の女の子でも大人っぽく見せることができます。つまみ細工やかんざしをふんだんに使って、華やかさを演出します。

ここで一つ、ゆめやでレンタル可能な、とても可愛らしい髪飾りをご紹介しましょう。日本髪を結うときに使う、赤い手絞りの正絹の髪飾りです。前髪の付け根とまげの間に小さな髪飾り、まげの後ろに大きな髪飾りを使います。喜びにあふれた、明るくかわいらしい色合いの赤色です。髪の長さが鎖骨より下、前髪は鼻より下であれば、ご自分の髪で日本髪や新日本髪を結うことができます。かんざしに加えてお使いいただければ、さらに豪華になり、品格も上がります。花嫁さんにもおすすめの髪飾りです。

最近では、伝統的な日本髪にモダンな要素を取り入れたスタイルも人気です。たとえば、髪をゆるく巻いてボリュームを出し、モダンなリボンやビーズを使った髪飾りを合わせると、現代的な印象を与えつつも伝統を感じさせるスタイルになります。

七五三の着物と髪飾りのコーディネート

七五三は、お子さまたちの成長を祝う特別な行事であり、その際には華やかな着物と日本髪が欠かせません。特に7歳の女の子には、美しい髪飾りと着物のコーディネートが重要です。ここでは、冒頭でご紹介した7歳の女の子にぴったりの髪飾りの選び方をより詳しく掘り下げたうえで、具体的なコーディネート例をご紹介します。

7歳の七五三の着物に合う髪飾りの選び方

7歳の女の子の七五三の着物に合う髪飾りを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮することが大切です。まず、着物の色や柄、そして全体の雰囲気に合わせて髪飾りを選ぶことで、統一感のあるコーディネートが完成します。

着物の色と髪飾りの組み合わせ

着物の色に合わせた髪飾りを選ぶことで、全体の調和が取れます。たとえば、赤やピンクの着物には、同系色のつまみ細工の花やリボンがよく合います。紫や黒の着物には、白や金の髪飾りを合わせると、華やかさが際立ちます。

髪飾りのデザイン

髪飾りのデザインは、着物の柄やスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。シンプルな着物には、少し華やかなつまみ細工やリボンの髪飾りが映えます。一方、柄の多い着物には、シンプルなかんざしやざしを選ぶことで、全体のバランスが取れます。

髪飾りのサイズと重さ

7歳の女の子には、大きすぎず軽い髪飾りが適しています。重すぎる髪飾りは、髪の毛を引っ張ってしまい、長時間の着用が苦痛になることがあります。レンタルを利用する場合は、事前にサイズや重さを確認し、お子さまに試着させてから選ぶと安心です

髪飾りと着物のコーディネート例

ここでは、具体的な髪飾りと着物のコーディネート例をご紹介します。これらの例を参考にして、七五三の特別な日を華やかに演出しましょう。

例1:赤い着物とピンクのつまみ細工
赤い着物には、ピンクのつまみ細工の髪飾りがよく合います。つまみ細工の花びらが重なり合ったデザインは、華やかさと可愛らしさを引き立てます。リボンを加えることで、より一層華やかな印象になります。

例2:紫の着物と白のかんざし
紫の着物には、白のかんざしを合わせると上品なコーディネートになります。かんざしには、シンプルなデザインのものを選び、アクセントとして金や銀の装飾を加えると、エレガントな雰囲気が際立ちます。

例3:黒の着物と赤のリボン
黒の着物には、赤のリボンの髪飾りを合わせると、シックでモダンな印象になります。リボンの素材にこだわり、シルクやサテンなどの高級感のあるものを選ぶと、より一層すてきな仕上がりになります。

髪飾りと着物のコーディネートは、全体のバランスと調和を意識することが大切です。お子さまの個性や好みに合わせて、最適な組み合わせを見つけてください。

七五三の記念撮影におすすめの髪飾り

七五三の記念撮影は、一生の思い出になる特別な日です。その瞬間をさらに輝かせるために、髪飾りの選び方には特別なこだわりが必要です。ここでは、他の章では触れていない視点から、記念写真撮影用としての髪飾りの選び方と、手作りの髪飾りの種類についてご紹介します。

記念撮影で映える髪飾りの選び方

記念撮影で髪飾りが映えるためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

光の反射を考慮した選び方

写真撮影時には照明や自然光が重要な役割を果たします。光を反射する素材を使った髪飾りは、写真に美しい輝きをプラスします。たとえば、パールやビーズが散りばめられた髪飾りは、光を反射して写真に華やかさを加えます

動きに強い髪飾り

お子さまは動きが活発なため、撮影中に髪飾りが崩れないよう、しっかりと固定できるタイプの髪飾りを選ぶことが重要です。コームやクリップ付きの髪飾りは、髪にしっかりと留まり、動いても崩れにくいのでおすすめです。

自然な素材を使った髪飾り

写真に自然な風合いを加えるために、布や紙などの自然素材を使った髪飾りも人気です。特に、和紙を使った花飾りは、七五三の伝統的な装いにもマッチし、ナチュラルな美しさを引き立てます。

テーマに合わせたデザイン

写真撮影のテーマや背景に合わせて髪飾りを選ぶことも大切です。たとえば、神社での撮影なら伝統的な和風デザインの髪飾りが合いますし、スタジオ撮影で洋風のセットがある場合は、モダンなデザインの髪飾りが映えるでしょう。

手作りにおすすめの髪飾りの種類

手作りの髪飾りは、独自のデザインが楽しめるだけでなく、お子さまとの共同作業としても素晴らしい思い出になります。ここでは、特に記念写真撮影におすすめの手作り髪飾りの種類をご紹介します。

フラワークラウン

フラワークラウンは、花を使ったクラウンタイプの髪飾りです。生花や造花を使って作ることができ、ナチュラルな雰囲気を演出します。特に、秋の七五三では紅葉や菊の花を使ったフラワークラウンが季節感を出すのにぴったりです。

ビーズとリボンのコンビネーション

ビーズとリボンを組み合わせた髪飾りは、華やかで写真映えします。ビーズの輝きとリボンの柔らかさが合わさることで、豪華な雰囲気を演出できます。手作りキットも多く販売されているので、初心者でも挑戦しやすいでしょう。

フェザーアクセサリー

フェザーを使った髪飾りは、軽くてふんわりとした印象を与えます。白やピンクのフェザーを使うと、柔らかい雰囲気が出て、お子さまの可愛らしさを引き立てます。フェザーにパールやビーズを組み合わせることで、さらに豪華な髪飾りが作れます。

刺繍入りの布花飾り

刺繍を施した布を使った花飾りは、手作り感がありながらも高級感があります。特に、着物の柄に合わせた刺繍を施すことで、全体のコーディネートが引き立ちます。刺繍入りの布花飾りは、手間がかかる分、特別感のある一品になります。

手作りの髪飾りは、世界に一つだけの特別なアイテムです。記念写真撮影の際には、お子さまと一緒に手作りの髪飾りを作って、思い出の一ページを彩ってみるのもすてきですね。

まとめ

七五三の特別な日は、お子さまたちの成長を祝う大切な瞬間です。着物や髪飾りのレンタルサービスを利用することで、手軽に華やかですてきな装いを楽しむことができます。また、着物と髪飾りをセットでレンタルすることで、統一感のあるコーディネートが簡単に実現し、記念写真も一層美しく残せます。あるいは、手作りの髪飾りを取り入れ、オリジナリティあふれる特別な日の装いを楽しむこともすてきな選択です。

本記事が、七五三の準備に役立ち、すてきな思い出作りの一助となれば幸いです。七五三の特別な日を、最も美しい姿で迎えるために、ぜひ今回の情報を参考にしてみてください。

<参考記事>
https://www.kyonomiyabi.jp/hs1b.html
https://kotobank.jp/word/%E9%8A%80%E6%9D%8F%E8%BF%94%E3%81%97-31408

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2025年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!