着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

振袖イメージ

【成人式】黒い振袖が似合う人の特徴は? 髪型・メイクと着こなし術

目次

はじめに

着物というと、洋服にはない独特の風情と格式を思い浮かべる方も多いでしょう。中でも振袖は、その華やかさと色彩の豊富さから特別な日の装いとして多くの女性に愛されています。成人式や結婚式のお呼ばれなど、人生の節目に振袖を選ぶことは日本の美しい伝統の一つとも言えるでしょう。ここでは、特に「黒い振袖」が持つ魅力とそれが似合う人の特徴を解説いたします。

黒い振袖が似合う人の特徴

黒い振袖はシックで高級感があり、大人っぽい印象を与えることが特徴です。しかし、誰もが黒い振袖を上品に着こなせるわけではありません。では、黒い振袖が似合う人にはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 色白の肌: 黒とのコントラストが美しく、肌がより一層引き立ちます。
  • パーソナルカラーが冬型: 寒色系が得意な方は黒をエレガントに着こなせます。
  • 個性的なメイクやアクセサリーを好む: 黒い振袖はシンプルながら存在感があり、強い印象を与えるアイテムと合わせることで一層の魅力を引き出します。

これらの特徴を持つ方は、黒い振袖というキャンバスに色とりどりの小物や髪型で個性を表現する楽しみを知っています。

振袖と黒色のイメージとは

振袖といえば赤やピンクといった明るい色が主流のイメージがありますが、黒色の振袖もまた独特の良さがあります。黒はどんな色とも調和しやすいという特徴を持ちます。そのため黒い振袖は、帯や帯揚げ、帯締めなどの小物との組み合わせが無限に広がり、自分だけのオリジナルコーディネートを楽しむことができます。

  • シックで大人っぽい雰囲気
  • 他の色との相性が抜群
  • 上品で落ち着いた印象を与える

これらのイメージを踏まえ、黒い振袖は多くの場面で活躍します。特に成人式では、新たな大人としての門出を祝うにふさわしい品格を演出してくれるでしょう。

黒い振袖が似合う人の共通点

黒い振袖が似合う人には、共通する点がいくつかあります。それは単に肌の色や体型だけでなく、その人が持つ「雰囲気」や「オーラ」にも関連しています。

  • 姿勢が良く、落ち着いた振る舞いを持つ
  • 美意識が高く、自分に合ったメイクやヘアスタイルを理解している
  • コーディネートにおいて、差し色やアクセントを効かせるセンスを持つ

黒い振袖を着こなす人は、自分自身を理解し、その上で着物という文化を尊重しながら自己表現を楽しんでいます。そんな女性の姿は、周りの人々にも大きな印象を与えることでしょう。

着物についての深い知識がなくても、このようなポイントを押さえることで黒い振袖の持つ魅力を最大限に引き出し、美しい着こなしを楽しむことができるのです。

黒い振袖を選ぶ理由

黒色の振袖が持つ定番の魅力

着物の世界において、黒色は常に他とは一線を画す色として重宝されています。その魅力は単なる色の選択を超え、日本の美意識、そして格式の高さを象徴しています。

シンプルでありながら、存在感があるのが黒色の特徴だからです。このため黒色の振袖は、柄や刺繍のデザインによって、さまざまな表情を見せます。華やかな色や柄とのコントラストが強く、目を引く効果があります。

また、黒色の振袖は、自分の好みや個性を反映することができる色です。色のバランスや配色に気をつけることで、自分だけのオリジナルなコーディネートを楽しめます。

黒色の振袖はまた、小物選びで個性を発揮しやすいという利点も持っています。髪飾り一つを取っても、鮮やかな花をあしらうも良し、モダンなデザインの飾りを加えるも良し。その日の気分やテーマに合わせて、さまざまな表情を見せることができます。

流行りを超える黒い振袖の存在感

流行りの色や柄は年ごとに変わりますが、黒い振袖は時代を超越した存在感を放っています。黒色は、どんな時代でも、どんな場面でも、着こなすことができる色です。

着物の世界において、色が持つ意味は大変深いものがあります。黒色は一般に落ち着きや権威を象徴し、格式の高い場で好まれる色です。そのため、成人式などの節目の時に黒い振袖を選ぶことは、自分自身の成長を内面からも表現することにつながります。

ゆめやでは大正から昭和にかけて作られた、アンティーク黒振袖を多数ご用意しています。刺繍や絞りなど贅を尽くした正絹の黒振袖は、今では作ることができない希少な一点ものです。周りの振袖と被ることなく、自分らしい着こなしをお楽しみいただけます。

白松に花薬玉と鼓の黒振袖」深い黒地に鮮やかな絵柄が映える、大正時代に作られた黒振袖です。花薬玉や鼓、扇といった優雅でおめでたい柄を大胆に描き、随所に刺繍が施された豪華絢爛な仕立てです。格調高い五つ紋付きで、成人式はもちろん婚礼にもおすすめです。

成人式での黒い振袖のコーディネート術

成人式におすすめの黒い振袖スタイリング

成人式は、新たな成人として社会に一歩を踏み出す大切な日です。そんな記念すべき日にふさわしい着物として、黒い振袖は多くの女性から支持を受けています。黒い振袖が選ばれる理由には、その落ち着いた色合いがどんな場でも品格を保ちつつ、若々しい華やかさを演出できるからでしょう。

ここでは、成人式におすすめの黒振袖のスタイリングをご紹介します。

黒い振袖のスタイリングポイント

  • 色のバランス: 黒はどんな色とも相性が良いため、帯や小物で色を加えて自分だけの個性を表現することができます。例えば、赤やピンクの帯を選ぶことで華やかさが増し、白や淡い色の帯を選ぶと上品で柔らかな印象に。
  • 柄の選び方: 黒地に大きな花柄や古典的な模様が入った振袖は、洗練された大人っぽいイメージを与えます。また、モダンなデザインや抽象的な柄は、個性的でモダンなスタイルを演出します。
  • 帯の結び方: 成人式の振袖は、豪華で華やかでいて、少し変わった結び方に挑戦することで、他の人とは違うスタイルを楽しむことができます。
  • 髪型とヘアアクセサリー: 洗練された黒い振袖には、シンプルながらも存在感のある髪飾りを選びます。ヘアスタイルは、振袖の雰囲気に合わせて、クラシカルなアップスタイルや流行のゆるふわヘアにすると良いでしょう。

成人式に映えるコーディネート例

振袖の特徴帯の色帯の柄小物
大胆な花柄赤色金糸の織り込み黒色の帯締め
古典的模様白色細かい花柄白の草履、白色の帯揚げ
モダンなデザインピンクグラデーションビビッドな色の帯締め

成人式で着る振袖はただ華やかなだけでなく、自分自身を最も美しく見せてくれる一着であることが大切です。黒い振袖は、色や柄、帯の選び方次第でさまざまなスタイリングが楽しめます。肌の色や髪の色に合わせて、最も自分を引き立てる組み合わせを見つけてください。

ゆめやの黒振袖から、成人式におすすめのコーディネートをご紹介します。「縞の波に松竹梅の黒振袖」黒地を埋め尽くすほど、松竹梅や亀甲紋を大胆に描いた黒振袖です。黒地の艶や鮮やかな色柄が美しく、大正時代に作られたアンティークとは思えないほど。金地に竹を織り出した帯と、赤色の帯揚げ・帯締めでまとめた格調高い装いです。

中央「御所車と帳幕の上を鳳凰が舞う黒振袖」手描き友禅に手刺繍をたっぷり施した、贅を尽くした黒振袖です。前身頃に御所車、左肩には鳳凰が舞う色とりどりの華やかな絵柄です。蜀江紋様の金地の帯に白い絞りの帯揚げ、地紋様を織り出した白い帯締めを合わせてコーディネートのアクセントとしました。

右端「黄金色に輝く水辺の風景の色振袖」一幅の風景画のような、モダンなデザインの振袖です。金糸を織り込んだ上品な光沢を放つ黒地に、ぼかしや金銀泥ですっきりと絵柄が施されています。揺らぐ水面のような帯を合わせて、さりげなく個性を添えて。帯揚げと帯締めは鮮やかな緑色でまとめて、モダンな雰囲気を引き立てました。

コーディネートを際立たせる小物選びのポイント

振袖のコーディネートにおいて小物は、全体の雰囲気を左右する重要な要素です。特に黒い振袖は、選ぶ小物によっては印象が大きく変わります。ここでは、黒い振袖に合わせる小物選びのポイントとおすすめのアイテムをご紹介します。

小物選びの基本

  • 色の取り入れ方: 赤や金色は黒とのコントラストが美しく、華やかさを演出してくれます。また、淡い色を選ぶことで、柔らかく上品な雰囲気に仕上げることができます。
  • バランスの良い組み合わせ: 派手な振袖にはシンプルな小物を、シンプルな振袖には目立つ小物を選ぶと全体のバランスが取れます。
  • 季節感の考慮: 成人式は1月に行われることが多いので、季節に合わせた小物選びも大切です。たとえば、冬の季節感を反映したシックな帯締めや帯揚げを選ぶと良いでしょう。

小物選びの詳細ポイント

  • 帯締めと帯揚げの選び方: 帯締めは振袖の帯にしっかりとしたアクセントを与える役割を果たします。黒い振袖には、金や銀のラメが入ったものを選ぶと高級感が増します。帯揚げは帯締めと色を合わせるか、あるいは振袖の色柄に含まれている色を選ぶことで全体のまとまりを演出できます。
  • 髪飾りの選び方: 振袖の雰囲気に合わせた髪飾りを選ぶことで、顔まわりを華やかに見せることができます。大きな花飾りや繊細なビーズ装飾のものなど、振袖に合わせて選ぶと良いでしょう。
  • 草履とバッグの選び方: 草履とバッグは、同じ色や柄で揃えると統一感が出ます。

着物になじみの薄い方にとって、振袖のトータルコーディネートはハードルが高いと感じることも。ゆめやでは着物に精通したスタッフが、お客様の魅力を最大限に引き出す振袖コーディネートをご提案いたします。200着以上の振袖から理想の1枚をお選びいただき、帯・帯揚げ・帯締め・重ね衿・草履・バッグなどの衣装小物をお見立ていたします。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、お客様のお好みに合わせてサポートいたします。

黒い振袖に合う髪型・ヘアカラーの選び方

髪型やヘアカラーの選び方もコーディネートにおいて非常に重要な要素となります。ここでは、黒い振袖をより美しく着こなすための髪型やヘアカラーの選び方について解説します。

振袖にマッチする髪型の例

振袖に合う髪型を選ぶ際、和装にふさわしい伝統的なヘアスタイルから現代風にアレンジしたスタイルまでさまざまな選択肢があります。以下に、黒い振袖にマッチするいくつかの髪型を挙げます。

古典的な和風髪型

  • 花魁風おだんご: 伊達兵庫髷と呼ばれる本格的なものでなくとも豪華で華やかな雰囲気を演出し、黒い振袖のシックな色合いを引き立てます。
  • ねじり髪型: シンプルながらも凛とした美しさがあり、振袖の高級感をさらに高めます。

モダンにアレンジした髪型

  • ローポニーテール: 洗練された印象を与え、成人式の振袖に新鮮な感覚をプラスします。
  • ハーフアップ: 顔周りをスッキリと見せつつ、振袖の豪華さとバランスを取るのに最適です。

アクセサリーを取り入れた髪型

  • 花飾りや簪(かんざし)を使ったアレンジ: 黒い振袖に赤や金色のアクセサリーを加えることで華やかさが増し、着物の印象を一層引き立てます。
  • ビーズやリボン: かわいらしさやモダンな感覚を髪型に加え、個性を表現することができます。

和風美を引き立てるヘアカラーの選び方

振袖とのコーディネートにおいて、ヘアカラーは意外にもその人の印象を左右する大きな要素です。黒い振袖に合うヘアカラーを選ぶ際は、以下のポイントに注意しましょう。

ヘアカラー選びの基本

  • 自分の肌色に合わせる: 自分のパーソナルカラーに合ったヘアカラーを選ぶことで、自然な美しさが引き立ちます。
  • 振袖の色とのバランス: 黒い振袖と合わせたときのことも考えましょう。ただし基本は、パーソナルカラーが間違いありません。

おすすめのヘアカラー

  • ダークブラウン: どんな肌色にも合わせやすく、振袖の黒色をより引き締めます。
  • マホガニー: 深みのある赤味がかったブラウンは、黒い振袖との相性が抜群で、上品な印象に。
  • アッシュ系カラー: シックな振袖にモダンな雰囲気をプラスし、高級感をさらに際立たせます。

ヘアカラーの明るさ

  • 明るすぎない色味を選ぶ: 全体のコーディネートにもよりますが、黒い振袖とのコントラストを考慮して派手すぎる明るいカラーは避けることをおすすめします。

振袖との色のコントラスト

  • 振袖の小物や帯の色を活かす: 帯や帯揚げの色が赤やピンクなどの場合、それらと調和するヘアカラーを選ぶことで、全体のまとまりが生まれます。

振袖はただ着るだけでなく、髪型やヘアカラーとの組み合わせ次第でその魅力が大きく変わります。黒い振袖を着る際には、これらのポイントを参考にしながら自分に似合う最適なスタイルを見つけてください。

黒い振袖を着る時のメイク・アクセサリーの工夫

黒い振袖を選ばれる方は、シックで高級感のある装いを好む傾向にあります。成人式などの特別な日には、振袖の色や柄に合わせたメイクやアクセサリーを選ぶことで、一層の華やかさを加え自分らしさを表現することができます。ここでは、黒い振袖に似合うメイクのテクニックとアクセサリーの選び方を解説します。

黒い振袖にふさわしいメイクのテクニック

着物を着用する際のメイクはナチュラルが基本であり、黒い振袖に合わせるメイクも派手になりすぎず着物の雰囲気を活かした上品な仕上がりが理想です。黒色の落ち着いた基調に映えるよう、ポイントメイクには赤やピンクなどの色を上手に取り入れましょう。

ファンデーション

  • 肌の色を自然に見せるため、パーソナルカラーに合わせたファンデーションを選びます。
  • 高いカバー力よりも、透明感自然なツヤを重視した仕上がりが黒い振袖との相性を高めます。

アイメイク

  • アイラインは細めに引き、目の形をはっきりさせることで、クリアな眼差しを演出します。
  • アイシャドウは、肌になじむベージュやブラウンをベースに、黒い振袖の帯や小物に合わせた色を差し色として加えると良いでしょう。

チーク・リップ

  • チークは少し高めの位置にさりげなく入れ、若々しく健康的な印象にします。
  • リップは振袖の帯や帯揚げに使われている赤色やピンク色を参考にし、全体の印象を引き締める色を選びます。

メイク時のポイント

  • きちんとしたイメージを持たせるため、眉は自然な形に整え、あまり細くも太くもなりすぎないようにします。
  • 目元やリップに色を効かせるときは、バランスを見てどちらか一方を強調し、他は控えめにすると上品にまとまります。

メイクの流れ(例)

ステップ使用アイテムポイント
1. ベースメイク透明感のあるファンデーション肌になじませる
2. アイメイクアイライン・アイシャドウ目の形を強調
3. チークローズピンクなど頬骨の少し上
4. リップ振袖に合わせた色唇の形を整える
5. フィニッシュミスト・パウダーメイクを長持ちさせる

着物のメイクは、顔全体のバランスを考えることが重要です。普段使いのメイクとは違った方法でより華やかに、かつエレガントな雰囲気を醸し出すことが可能です。

振袖に調和するアクセサリーの選び方

原則、着物を着用するときはアクセサリーを避けます。しかし、近年はファッションの幅が広がってきており、おしゃれ目的で着用する場合も見受けられるようになってきました。アクセサリーは、振袖の雰囲気を左右する大切な要素です。黒い振袖の場合、本来着物が持つシンプルながらも存在感のある雰囲気に、アクセサリーがモダンな印象を際立たせる役割を果たします。

アクセサリーの基本ルール

  • 振袖の色や柄と調和するものを選びます。
  • 華やかさを加えつつも、派手になりすぎないように配慮します。

アクセサリーの種類と選び方

アクセサリーの種類選び方のポイント
耳飾り黒い振袖に映える赤やピンクなどの色石や、パールを選ぶ
ネックレスなるべくシンプルで洗練されたデザインを
ブレスレット腕の動きに合わせて適度な輝きを放つものを
指輪手元をエレガントに見せる繊細なデザインを

アクセサリー選びのコツは、振袖の帯や帯締め、帯揚げなどの小物との組み合わせを意識することです。赤や金色など、帯に使われている色をアクセサリーにも取り入れることで、統一感が生まれ、より洗練された印象になります。

また、耳飾りやネックレスなどのアクセサリーは、着物の華やかさを引き立てる要素として大変効果的です。黒い振袖には、シンプルでモダンなデザインのアクセサリーが特によく合います。ゴージャス過ぎるアイテムは振袖の魅力を際立たせるどころか、競合してしまうこともあるので注意が必要です。

これらのメイクとアクセサリーの工夫により、黒い振袖を着る際の魅力を最大限に引き出し、すてきな一日を過ごすための準備をしましょう。

自分に似合う振袖を見つけるポイント

似合う振袖の選び方とは

振袖選びは、成人式などの記念すべき日に華を添える大切な一歩です。似合う一枚を見つけるためには、着物の知識に加えて、自身の特徴を活かす視点が必要となります。

まず、振袖選びにおいて重要なのは「色」です。同じ黒地の振袖でも、自分のパーソナルカラーに合った明度、彩度の色味が多いほうがしっくりきます。特に、顔周りは合っている色を選ぶことで顔の印象が大きく変わります。

次に「柄」の選び方です。振袖の柄はその人の個性を表現する要素であり、自分がどのようなイメージを周りに与えたいかを考えて選ぶことが大切です。また、小柄な方は大きな柄が特徴の振袖を選ぶと柄に負けてしまいがちです。細かい柄を選ぶことで、体型のコンプレックスをカバーできます。逆に、身長が高い方は小さな柄が散りばめられた振袖よりも、大柄の振袖をモデルのように着こなしましょう。

また、振袖は「帯」のコーディネートで印象が大きく変わります。帯は振袖の色や柄にマッチした色を選ぶのが基本ですが、差し色として反対色を選ぶと全体のバランスにアクセントが加わります。例えば、黒い振袖には赤い帯を合わせることで、華やかさと高級感を同時に演出できます。

試着時には、さまざまな振袖を実際に着てみて、自分の肌や身体のラインに合う色や柄、帯の組み合わせを見つけることが大切です。レンタルサービスを利用する場合は、予約時に自分のパーソナルカラーや希望するイメージを伝えておくと、相性の良い振袖を提案してもらえることもあります。

個性を活かした振袖スタイリングのコツ

振袖のスタイリングは、ただ単に美しい着物を選ぶだけでなく、小物使いや髪型、メイクに至るまで総合的な美しさを追求することで、個性を最大限に活かせます。

  • 黒い振袖を歴史的に見ると、江戸時代には「喪服」として着られていた色です。しかし、明治時代になると、西洋の影響で黒は「格式の高い色」として見られるようになりました。現代では、黒は「シックでモダンな色」として人気があります。黒い振袖を着るときは、その変遷を意識して、自分のイメージに合ったコーディネートを楽しんでみてください。
  • 黒は強い色なので、柄が多すぎるとごちゃごちゃした印象になります。逆に、柄が少なすぎると地味になります。黒い振袖を選ぶときは、自分の体型や好みに合わせて、柄の大きさや配置を見てみましょう。
  • 黒い振袖は、着物の中でも最も洋風にアレンジしやすい色です。例えば、黒い振袖に洋風の柄やデザインを取り入れると、和洋折衷のおしゃれなスタイルになります。

自分だけの振袖スタイルを完成させるには、試着を重ね、さまざまな組み合わせを試してみるのが一番です。コーディネート次第でガラリと変わるのが着物の魅力。自分の個性や好みを反映させつつ、多くの女性が振袖で輝けるように、慎重に選び抜く時間を楽しんでください。

「着物一枚に帯三本」といわれるほど、合わせる帯や小物によって振袖の印象は大きく変わります。画像はどちらも「梅の花に檜扇、御所車の黒振袖」を着用していますが、それぞれ帯と小物の取り合わせを変えています。左は吉祥文様の帯にスカイブルーの帯揚げ、白黒のコントラストがきいた帯締め・半襟を合わせて現代的に仕上げています。一方、右は鶴を織り出した丸帯に赤色の帯揚げ・帯締め、金糸が輝く半襟を合わせた伝統を活かした装いです。

同じ黒振袖でも、コーディネート次第でまったく異なる着姿になることがお分かりいただけるのではないでしょうか。ゆめやではお客様のお好みや仕上がりのイメージを丁寧にヒアリングして、理想の振袖スタイルをご提案いたします。

振袖と一緒に考えたいヘアスタイル

成人式や結婚式などで振袖を着用する際は、ヘアスタイルも同じくらい重要です。振袖の美しさを引き立てるために、以下の点を考慮してヘアスタイルを選びましょう。

ヘアスタイルの選び方

振袖のスタイルに合わせる

  • 古典的な振袖: 華やかなアップスタイルや伝統的な日本髪がマッチします。
  • 現代的な振袖: ハーフアップやダウンスタイルにモダンなヘアアクセサリーを加えると良いでしょう。

自分の顔立ちを活かす

  • 丸顔: ボリュームを上に持ってくることで顔がシャープに見えます。
  • 面長: サイドにボリュームを持たせてバランスをとると良いでしょう。

ヘアアクセサリーの使用

  • かんざし: 伝統的な振袖には、金や銀のかんざしを使って格調高い雰囲気に。
  • リボンやフラワー: カジュアルな振袖には、色とりどりのリボンや造花で楽しい印象に。

ヘアスタイルのトレンド

トレンドを取り入れつつも、伝統的な要素を大切にすることが重要です。以下は最近のトレンドです。

  • ルーズなアップスタイル: ゆるやかにまとめたアップスタイルが女性らしさを演出します。
  • 編み込み: 編み込みを取り入れたスタイルが若々しく、動きが出ます。
  • アシンメトリー: 一方に寄せたスタイルが個性的な印象を与えます。
振袖スタイルヘアスタイルヘアアクセサリー
古典的アップスタイル / 日本髪かんざし
現代的ハーフアップ / ダウンスタイルリボン / フラワー

ヘアスタイルは振袖との調和だけでなく、その日の天気やイベントの性質、持続性も考えながら決めると良いでしょう。また、前もって美容院でリハーサルをしておくことで、当日のスムーズな準備につながります。振袖とヘアスタイルのバランスを考えて、特別な日の装いを完璧に仕上げましょう。

まとめ

黒い振袖で一生の思い出を

成人式は日本の女性にとって、新たな門出を祝う特別な日です。この記念すべき日に選ばれる振袖は、その後の人生においても色褪せることのない思い出となるでしょう。中でも、黒い振袖はその色の持つ深い魅力と共に、時を経ても変わらない美しさを保ち続けます。

その理由は、黒色が単なる「色」としてではなく、一つの「印象」として記憶に残るからです。振袖をまとう人の姿は、華やかなイベントの中でさえ際立ち、多くの人々の目に映えるのです。

黒い振袖を選ぶことは、自分自身をより上品かつ大人っぽく見せる効果があります。振袖の色や柄、コーディネートによって異なる印象を与えることができ、特に黒はその全てを引き立てる力を持っています。赤や白、ピンクなどの帯や帯揚げと組み合わせることで、振袖はさらに華やかさを増し、高級感あふれる着こなしに仕上がります。また、小物選びにもこだわり、草履やバッグ、飾りを上手に取り入れることで、黒い振袖の魅力を最大限に引き出すことができます。

この節目の日に、振袖と共に過ごす時は、女性としての美しさと個性が輝く瞬間です。黒い振袖は、そんな女性の魅力を存分に引き出し、成人としての新しいスタートを飾るのにふさわしい選択なのです。

黒い振袖で成人式を迎えるあなたへのアドバイス

黒い振袖で成人式を迎える際に大切な、いくつかのポイントをお伝えします。まず、振袖を選ぶ際は、黒を基調としつつも柄や帯の色で個性を表現することが大切です。たとえば、赤や黄色など明るい色の帯を選ぶと、黒い振袖に活気を与えることができます。また、帯締めや帯揚げにおいては、黒い振袖との相性を考えコントラストが美しい色を選ぶのがポイントです。

振袖を着る際のメイクや髪型も重要な要素です。メイクは自分のパーソナルカラーに合わせ、肌の色を美しく見せる色を選ぶと良いでしょう。髪型は、振袖の雰囲気に合わせてシックでエレガントなものを選ぶことで、全体のバランスが取れたコーディネートになります。

黒い振袖を着ることのもう一つの魅力は、写真映えすることです。成人式の写真は、家族や友人と共に楽しむ大切な記念になります。黒い振袖は、どのような背景にも映え、写真に残る姿は時を経ても色褪せることがありません。

〈参考記事〉
https://www.shaleny.com/furisode/4254/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【成人式】振袖レンタルの値段を解説!相場とコスパは?メリットは?

はじめに 振袖レンタルを選ぶ理由とは? 成人式は、若者が大人の仲間入りをする大切なイベントです。この特別な日には、多くの女性が華やかな振袖を身にまといます。しかし、振袖はその素材と製造技術によって価格が高く、また保管やク […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!