スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖【tom35】

結婚式での兄弟姉妹の服装ガイド:年代別の選び方からマナーポイントまで完全解説

結婚式は、新郎新婦の人生の新たな門出となる晴れの日です。新郎新婦はもちろん、家族や親族、友人が参列するに当たっても、結婚式という格式の高い場にふさわしい衣装を着用するのがマナーになります。中でも親族として結婚式に参列する際は、それぞれの立場に合った服装を選ぶことがとても重要です。

新郎新婦の兄弟姉妹が結婚式に参列する場合は、両親や親類と共に、ゲストを迎える側の一員という大切な立場になります。そのため服装は、参列者への敬意を示せるような立場にふさわしい礼装を身に着けることが大事です。女性であれば正装である色留袖や振袖、洋装ならブラックロングドレスなどの正装が考えられますが、いずれを選ぶかは結婚式のスタイルや自身の好みによって違ってきます。

結婚式の形式も、現代では伝統的な和式から洋式の教会婚など、多様なものがあります。昼の結婚式と夜の披露宴など、時間帯によってもふさわしい服装は変わるので、それぞれのシーンにふさわしい装いを選ぶ必要があります。最近は海外挙式も人気となっていて、リゾート地での結婚式にはその風土に合った服装が求められることもあります。

この記事では、結婚式における新郎新婦の兄弟姉妹の服装に関わる基本知識を、洋装と和装の両方についてご紹介します。結婚式での基本的な服装マナーや年代別にふさわしい服装から、海外挙式に参列する際の注意点、親族全体のコーディネートのヒントやNGポイントに至るまで、詳しく解説します。この記事を読むことで、兄弟姉妹の結婚式に出席する際に、結婚式への参列が初めての方や経験が少ない方でも、安心して準備をすることができるでしょう。

\最高の一日に最高の着物を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

基本の服装マナー

結婚式の服装の基本ルール

結婚式というのは、人生の中でも特別な瞬間。その大切な場に参加するゲストとして、自分の服装や装いに気を配るのは当然のことですね。まずは、結婚式での基本的な服装マナーを知っておきましょう。

結婚式場によっては、ドレスコードが設けられている場合もあります。事前に招待状や式場のサイトで確認して、適切な服装を心がけることが大切です。一般的には、男性はブラックスーツやダークスーツ、女性は控えめな色のドレスやスーツがおすすめとされています。白やシルバーなどの明るいカラーは、新婦のドレスとかぶるため避けるのが無難。露出が多いデザインや派手な色も控えるのがポイントです。

また、昼の結婚式と夕方以降の披露宴では、服装のスタイルやカラーにも違いがあります。昼間は生地の光沢感や派手さを抑えるのがベター。夜の披露宴では比較的華やかな服装でも良いでしょう。

男性・女性それぞれのマナー

男性の場合、結婚式では正装が求められます。ブラックスーツやグレースーツは定番ですね。ネクタイの選び方や靴の色、小物のコーディネートも意識すると、さらに洗練された印象を持ってもらえるでしょう。

女性の服装は少し複雑です。ドレスの選び方一つとっても、新婦や両家の立場、出席する時間帯、また自分の年齢や立場によって適切なドレスのスタイルや色などが変わってきます。20代や30代前半の未婚の方は、洋装のほか振袖や色無地の和装が適しています。既婚者やもう少し年齢層が上の方は、留袖や訪問着といった格式のある和装や、洋装の場合は落ち着いたカラーのドレスがおすすめ。

アクセサリーやバッグ、シューズの選び方も大切です。派手すぎるものや大きすぎるアイテムは避け、全体のコーディネートを意識して選びましょう。

ゲストとしての立場を理解する

結婚式は新郎新婦の大切な日。ゲストとして参列する皆さんも、その日の主役を祝福する立場です。ですから服装選びはもちろんのこと、その日の振る舞いや態度にも気を配る必要があります。

ゲストとしての立場をしっかりと理解し、適切な服装やマナーを守ることで、新郎新婦や両家の両親、そして他のゲストからの印象も良くなることでしょう。何より、新郎新婦やその家族に感謝の気持ちを持ちながら結婚式を楽しむのが一番ですね。

ゆめやは、アンティーク着物をメインとしたレンタルショップで、大正時代や昭和初期からの礼節と格式を重んじた和装を得意としています。結婚式にご出席の立場に応じた着物をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

未婚のご家族・ご親族におすすめの装い 新郎新婦とゲストの間で場を取り持つこともあるご家族やご親族は、華やかで格式がありながらも、動きやすい和装が良い場合もあります。成人式でお召しになった中振袖でも大丈夫ですが、少し袖丈の短い小振袖はいかがでしょうか。小振袖でしたら、蝶のように式場を飛び回ることができますよ。

既婚のご家族・ご親族におすすめの装い 既婚者の落ち着きを見せたいところですが、華やかさも忘れてはいけません。黒留袖や色留袖をお召しにならない場合は、品のある訪問着でもよろしいかと思います。新郎新婦のお姉さまかお妹さまかによって、色合いや華やかさを加減しましょう。

お母さま・お祖母さま・ご姉妹さまにおすすめの装い 黒留袖や色留袖をお召しになる場合は、こちらからご覧ください。紋の数が多いほど格式が高くなりますので、お母さま・お祖母さま・お姉さま・お妹さまの順番もご考慮のうえお選びになってくださいね。

結婚式に参加する際の服装やマナーのポイントを意識して、より素敵な一日を過ごしてください。

\プロの助言で理想の婚礼衣装に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

年代別のおすすめ服装

20代向けの服装ポイント

20代の結婚式のゲスト服装は、何よりも華やかさと若々しさを前面に出すのがおすすめです。この年代はまだ自分のスタイルを模索している方が多いかと思います。具体的にはどのような装いが好ましいのでしょうか。

まず、人気はカラードレスです。パステルカラーや明るい色のワンピースは、若さを強調するのに最適。ただし、白や黒は新郎新婦や親族との色がかぶってしまうため、基本的には選ばない方が良い色です。またジャケットやボレロを羽織ることで、格式のある場でもきちんと感を出すことができます。

靴やバッグ、アクセサリーに関しても、派手すぎないものを選ぶことが大切です。特に華やかなドレスを選んだ場合は、小物は控えめなデザインのものを選ぶのがポイントとなります。

30代、40代、50代と年代別の選び方

30代の方は、20代と比べると落ち着いた装いが求められることが多くなります。しかし、それでも華やかさは欠かしたくないもの。控えめな色のドレスなど基本的なフォーマルの装いに、カラフルなアクセサリーやバッグでアクセントをつけるのがおすすめです。

40代の方は、より落ち着いたカラーのスーツやドレスを選ぶことが一般的。シルバーやベージュ、ネイビーなどの落ち着いた色を基調としたコーディネートが好まれます。アクセサリーも上品で控えめなものを選ぶと、年齢にふさわしい印象を与えることができます。

50代の方は、さらに格式を意識した服装が求められます。略礼装や正礼装のような、格式のある場に適した服装を選びたいものです。特に新郎新婦の母親や親戚として出席する場合は、黒の留袖や洋装のフォーマルドレスを選ぶのが一般的です。

海外挙式での注意点

最近、海外挙式を選ぶカップルが増えています。異国の風情と結婚式の雰囲気が絶妙に組み合わさり、一生の思い出として特別な日を迎えることができます。そんな海外挙式に参列する際のゲストの服装にも、いくつかの注意点があります。

まず、国や地域によっては特定の色やデザインがNGとされる場合があります。事前に新郎新婦や結婚式場に確認することをおすすめします。また海外の式場は冷房が効いていることが多いので、羽織るものを持参することも忘れずに。

リゾート地での挙式の場合は、カジュアルな服装がOKとされることも。ただしあまりにもカジュアルすぎると失礼に当たることもありますので、適度な華やかさと格式を保ちつつ、適切な服装を選ぶことが大切です。

以上、年代別のおすすめの結婚式ゲスト服装と海外挙式での注意点を解説しました。

\最高の一日に最高の着物を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

兄弟姉妹の服装選びのコツ

男性(兄・弟)のスーツコーデ

結婚式の服装選びはゲストとしてのマナーを表現する大切なポイントです。特に新郎新婦の親族として出席する兄弟にとって、その選び方はさらに重要となります。

男性が結婚式に参列する際は、一般的にはブラックスーツやグレーのスーツがおすすめです。これらの色はフォーマルな場にふさわしい色であり、格式の高い結婚式場での装いとして適しているからです。基本的には黒のスーツが無難で、特に親族として参加する場合には推奨されることが多いです。

ただスーツを選ぶだけではなく、コーディネートのポイントも押さえておきたいですね。ネクタイの色やデザイン、小物の選び方など、細かい部分での工夫が求められます。靴やベルト、ポケットチーフの選び方など、全体のバランスを考えて選びましょう。

身につけるアイテムの質もスーツの色やデザインと同じくらい大切です。特に靴は清潔感を保ち、きちんとした印象を与えるための重要なアイテム。一般的には黒の革靴がおすすめです。

このように、男性の結婚式の装い選びは、基本を押さえつつ細部にまで気を配ることが求められます。紹介したポイントを参考に、素敵なコーディネートを楽しんでください。

女性(姉・妹)のドレス・和装コーデ

女性にとって、結婚式に出席する際のドレス選びは、楽しみの一つですね。ですが、これが新郎新婦の親族としての参列となる場合は、どんなドレスが適しているのかと迷うこともあるでしょう。

一般的には落ち着いた色のドレスがおすすめです。特に黒やネイビー、グレーなどのダークカラーや、ベージュなどがフォーマルな場にふさわしいとされています。また、肌の露出を控えめにすることも大切です。深いVネックや大胆なカットのドレスは控えると良いでしょう。

アクセサリーやバッグの選び方もポイントです。シルバーやゴールドのシンプルなアクセサリーを選び、華やかさを引き立てるのがおすすめです。バッグは小ぶりなものを選ぶと、全体のバランスが取りやすいですね。

和装を選ぶ場合は、留袖や振袖などの正装が適しています。特に親族として参列する場合は、格式のある着物を選ぶと良いでしょう。

ご姉妹さまにおすすめの「クリームイエローに牡丹や菊が咲く小振袖」をご紹介しましょう。地模様として立涌が織り出された、艶のある綸子地に、牡丹や菊などの春秋柄が手描き・手刺繍されています。親族らしい控えめさと、アンティーク着物の貫禄が、見応えのある小振袖です。

ドレスや和装の選び方に迷ったら、専門店での相談もおすすめです。経験豊富なスタッフが、あなたに合った服装をアドバイスしてくれることでしょう。

選びのポイントと人気のデザイン

結婚式に出席する際の服装選びは、その時の立場や関係性、式のフォーマットなどさまざまな要因も考慮する必要があります。新郎新婦の親族として参列する場合は、その選び方はさらに重要となります。

最近のトレンドとしては、シンプルなデザインの服装が人気です。無駄を省いたシンプルなデザインはどんな結婚式のスタイルにも合わせやすく、上品な印象を与えることができます。

また、結婚式の会場や時間帯によっても適切な服装は変わってきます。昼間の式や披露宴では、控えめな色やデザインが好ましいとされます。夜のパーティーではもう少し華やかな装いもマッチします。

このように、結婚式の服装選びは状況に応じて変わるものです。基本的なマナーやエチケットを守りつつ、自分のスタイルを楽しむことが何より大切です。

\プロの助言で理想の婚礼衣装に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

必要な小物と持ち物リスト

結婚式に合わせた小物の選び方

服装やマナーはもちろん大切ですが、その中でも特に忘れてはならないのが「小物」です。正しい選び方や合わせ方を知ることで、より華やかで素敵な装いを楽しむことができます。

女性がゲストとして出席する際の基本となるのは「控えめなデザイン」。衣装についても派手な色や大きなアイテムは避け、シンプルで上品なものを選ぶようにしましょう。靴やバッグ、アクセサリーなどの小物も同様に、控えめな色やデザインを心がけることが大切です。

靴に関しては、結婚式場の床や歩く距離などを考慮して、ヒールの高すぎないものを選ぶと安心です。バッグは小さめのものを選び、必要なもののみを持ち歩くようにしましょう。さりげないアクセサリーも装いのアクセントとして効果的です。

結婚式の場にふさわしい色を選ぶこともポイントです。一般的には、白やシルバー、ベージュなどの落ち着いたカラーがおすすめです。あまりに華美すぎると、新郎新婦やその親族に失礼にあたることもあるので注意しましょう。

出席する際の必要な持ち物

結婚式に出席する際は、着る服装や小物はもちろん大切ですが、それ以外にも忘れてはならない必要な持ち物があります。ここでは持ち物リストをご紹介します。

まず、用意をするのであれば「お祝いの品」。新郎新婦へのお祝いの気持ちとして渡すのであれば、しっかりと準備しておきたいものです。結婚式場によっては特定の物品の持ち込みが制限されている場合もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

また、手鏡や化粧品などの美容アイテムも忘れずに。写真を撮る機会が増える結婚式では、メイクのチェックや化粧直しが必要となることも。結婚式の時間や場所によっては、披露宴や二次会など長時間の参列となることも考えられますので、必要なものをしっかりと準備しておくことをおすすめします。

その他、結婚式当日のタイムスケジュールや招待状なども忘れずに持って行きましょう。これらを忘れると当日困ることもあるので、事前にリストアップしておくことをおすすめします。

NGなアイテムと注意点

結婚式に参列する際に、避けるべきアイテムや注意点もあります。ここでは、そのポイントを詳しく解説いたします。

まず服装に関しては、白一色や黒一色などの極端な色は避けるようにしましょう。特に白は新婦の色と考えられることが多いので、他の色を選ぶことをおすすめします。

また、露出の多いドレスやカジュアルすぎる服装も避けましょう。結婚式はフォーマルな場ですので、きちんとした装いを心がけることが大切です。靴やバッグ、アクセサリーに関しても、派手すぎるものやカジュアルなものは避けるようにしましょう。

持ち物に関しても注意が必要です。過度に大きなバッグや不要なアイテムは持ち込むべきではありません。結婚式場でのマナーとして、必要最低限のものだけを持ち込むことが推奨されています。

結婚式に参列する際のマナーや礼儀もしっかりと意識してください。特に新郎新婦やその親族との関係を考慮しながら、適切な服装や持ち物を選ぶことが大切です。

\最高の一日に最高の着物を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

その他の親族とのコーディネート

親、おじ、おば、いとことの服装の関連性

結婚式は、新郎新婦を祝福する大切な場。だからこそ、親やおじ、おば、いとこといった親族が一堂に会する特別な場面で、服装の関連性も意識しておきたいものですね。

まず基本として、やはり女性は和装であれば留袖、洋装であればワンピースやドレスが一般的。留袖は格式が高く、結婚式などのフォーマルな場にふさわしい装いとされています。特に両親やおじ、おばといった年齢層の高い方は、礼装として留袖を選ぶ方が多いです。一方、いとこや若い女性の場合は、色留袖や振袖を選ぶのも良いでしょう。洋装の場合はシルバーやベージュなど落ち着いた色のドレスがおすすめです。

ご姉妹さまにおすすめの色留袖をもう少し見てみましょう。「フレッシュピンクに祇園の景色柄の色留袖」です。やわらかなフレッシュピンクの正絹地に景色柄がほどこされた、一つ紋付の色留袖です。気持ちの優しいご家族なのだな、と思わせてくれる色柄です。生地の織りが膨れ織りのようになっていて、金糸も織り込んであります。ふっくらとした良い着物ですよ。

男性の場合はブラックスーツやグレースーツが基本。ただし新郎の父や直接の親族など、特に重要な役割を持つ方はタキシードを選ぶのも良いでしょう。靴やネクタイ、ポケットチーフなどの小物もカラーやデザインを揃えることで、全体のコーディネートをまとめ上げるポイントとなります。

親やおじ、おば、いとこ間での服装の関連性を意識することで、結婚式の雰囲気や統一感が生まれ、より一層華やかな雰囲気を演出することができます。

親族全員でのコーディネートのメリット

結婚式場に入った瞬間に、親族全員の服装が統一されていると、それだけで締まった印象を与えることができます。親族全員でのコーディネートのメリットについても少しご紹介しましょう。

まず、統一感が生まれることで親族としての団結力や一体感を感じることができます。特に新郎新婦の親や近い親戚が同じテーマの服装で揃えることで、ゲストからの注目度もアップします。写真や映像に残る記録も美しく、後から見返すときにも統一感があればより素敵な思い出となるでしょう。

親族間での服装のマナーや選び方の不安を解消できる点も大きなメリットと言えるでしょう。結婚式前の準備期間は、新郎新婦はもちろん親族も多忙を極めることが多いもの。その中で事前に服装のテーマやカラーを決めておけば、親族の皆さんが安心して服装を選ぶことができます。

ゆめやでは、新婦+留袖プラン、留袖+ご姉妹プラン、ご両親プランなど、お得なレンタルセットをご用意しています。ぜひ皆さまご一緒にお選びください。

ゼクシィやネットでのおしゃれなコーデ情報の探し方

近年では、結婚式の服装に関する情報を得る手段としてゼクシィやインターネットがたいへん便利です。特に多くの方が参考にしているゼクシィは、結婚に関するさまざまな情報が満載。服装やアクセサリーの選び方、最新のトレンドなどが詳しく解説されています。

ゼクシィのサイトやアプリを利用する際には、まずは「結婚式服装」や「親族の服装」といったキーワードで検索してみましょう。多くの記事やコーディネート例が掲載されているため、自分の求めている情報を簡単に見つけることができます。

ネット上には結婚式やフォーマルな場に関するブログやサイトもたくさん存在します。これらのサイトを活用しながらさまざまな情報を集めることで、自分にぴったりの服装やアイテムを見つけるヒントとすることができます。

結婚式の日は新郎新婦はもちろん、親族やゲストも華やかに、そして心地よく過ごしたいもの。しっかりとした準備と情報収集を心がけて、素敵な一日を迎えましょう。

\プロの助言で理想の婚礼衣装に出会える。安心のサポートで最高の一日を!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

兄弟姉妹としての結婚式の服装のポイント

結婚式は、新郎新婦はもちろん、出席するすべてのゲストにとっても大切なイベントです。特に兄弟姉妹として参列する場合は、その立場を意識して服装を選ぶことが求められます。今回の記事では、結婚式に出席する際の服装の選び方やポイントについて解説してきました。

兄弟姉妹が結婚式に参加する際の基本は、フォーマルな服装を選ぶことです。結婚式場の格式や雰囲気に合わせるためのもので、このことはマナーとして守るべき点です。女性の場合は、和装では留袖か振袖、洋装ではフォーマルワンピースやアフタヌーンドレスなどがおすすめです。男性はブラックスーツやダークスーツが一般的です。ネクタイの色やデザイン、靴の選び方もマナーに合わせて気を付けましょう。

兄弟姉妹としての立場を考慮することも重要です。親族としての出席となると、ゲストよりも一歩前に出る役割が多いことを意識すると良いでしょう。たとえば挨拶をする場面があったり、新郎新婦のサポートをしたりという場面も考えられます。そのため、華やかさを持ちつつも控えめな装いを選び、自分の役割をしっかり果たせるように気を配ることが大切です。

服装選びで失敗しないための最後のアドバイス

結婚式の服装選びは、多くの女性にとって悩みの種です。ですがこの記事で紹介してきたような基本的なポイントやマナーを押さえれば、安心して結婚式に出席できるでしょう。

  1. 色の選び方:白や黒は新郎新婦を中心に据える色とされているため、ゲストや兄弟姉妹がこれら白や黒一色の服装を選ぶのは避けるのが一般的です。極端に明るいカラーも控えると、格式ある場でのマナーを守ることができます。
  2. スタイルの選び方:服装のスタイルも大切です。派手なデザインや露出の多いドレスは避け、きちんとした印象の服装を選ぶようにしましょう。
  3. アクセサリーや小物の選び方:アクセサリーや小物も、全体のコーディネートに合わせて選ぶことがポイントです。シルバーやゴールドのアクセサリー、控えめなバッグや靴を選ぶことで、全体のバランスを取ることができます。

最後に、結婚式の服装選びで一番大切なことは、新郎新婦への祝福の気持ちを忘れないことです。服装はその気持ちを形にしたもの。心からのお祝いの気持ちを込めて、最良の装いを選びましょう。

以上、結婚式に出席する際の服装の選び方やポイントについて解説してきました。この記事が、結婚式に出席する際の参考となれば幸いです。

\最高の一日に最高の着物を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

〈参考記事〉
https://dress-cons.com/ikina/?p=4679
https://www.mwed.jp/articles/11387

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

マゼンダ色に花薬玉の七歳祝着【kod118】

【7歳の七五三】四つ身とは?女の子の着物の選び方とレンタル方法

七五三は、お子さまたちの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つです。特に7歳の女の子にとっては、初めて帯を締めるという重要な節目となります。この特別な日に、どのような着物を選ぶかは、多くの親御さんにとって大きな悩みの一つでし […]

ひとつ前の記事

ストロー色に藤の花尽くしの訪問着【hou139】

名古屋帯の結び方マスターガイド:基本からバリエーションまで完全解説!

日常の中で、特別な日や出会いを彩る「着物」。その着物を華やかに仕上げる存在、それが「名古屋帯」です。名古屋帯は、色彩や模様そして結び方で、着物のコーディネートを一段と引き立てます。帯の中でも特に扱いやすいと言われ、シンプ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!