前撮りイメージ

【結婚式】前撮り衣装はレンタルが便利!着物の選び方と撮影前の準備

はじめに

結婚式の前撮りは、一生に一度の大切な瞬間を記録に残す特別な時間です。特に、衣装のレンタルは前撮りの成功に欠かせない要素の一つです。この記事では、前撮り衣装のレンタルの魅力と、撮影前の準備について掘り下げていきます。

「前撮り衣装のレンタル」の魅力とは

前撮りでの衣装レンタルは、多様な選択肢から理想の一着を見つけられる点に大きな魅力があります。和装から洋装、伝統的な振袖、豪華なドレスに至るまで、レンタルサービスは幅広いニーズに応えています。

  • 多彩なスタイル: 和装には、白無垢や色打掛、振袖など、さまざまなスタイルがあります。洋装では、クラシカルな白ドレスやカラードレス、モダンなデザインのドレスが選べます。
  • 料金の透明性: レンタル料金は、セットで提示されることが多く、衣装本体のみならず小物まで含まれているため、予算計画が立てやすいです。
  • 質の高さ: 専門店では、高品質な衣装が豊富に揃っており、細部にわたるデザインや色の選択肢が豊富です。

レンタル衣装を選ぶ際は、撮影のテーマや希望する雰囲気を考慮することが重要です。また、早めの予約が推奨されます。人気の衣装は特に結婚式シーズンの場合早くに予約が埋まることもあるので、計画を立てる際は余裕をもって行動しましょう。

撮影前の準備:必要なものは何か

撮影イメージ

前撮り撮影では、衣装だけでなく、撮影に必要な小物やアクセサリーも重要です。撮影前の準備を万全にするためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

  • 衣装の選定: 結婚式のテーマや場所、季節に合わせて衣装を選びます。和装か洋装か、カラーは何色にするかなど、撮影のイメージに合わせて決めましょう。
  • 小物の準備: 衣装に合わせて、ヘアアクセサリー、靴、バッグなどの小物を選びます。小物一つで全体の印象が変わるため、慎重に選びましょう。
  • 美容・ヘアメイクの予約: 撮影日に向けて、美容院やヘアメイクアーティストの予約を忘れずに行いましょう。新郎新婦の髪型やメイクが印象を大きく左右します。
  • 撮影場所の確認: 屋内スタジオか、屋外のロケーションかによって、準備するアイテムが異なります。撮影場所の事前確認は必須です。

前撮り撮影は、結婚式当日とは異なる自由なスタイルで、カップルの個性を表現するチャンスです。準備をしっかりと行い、一生の思い出に残る美しい写真を残しましょう。

前撮り衣装のレンタル選び方

前撮りの衣装選びは、結婚式の準備の中でも特に心躍る瞬間です。最適なドレスを選ぶためのポイントや、和装の種類と選び方のポイントを解説します。

あなたにぴったりのドレス選びのポイント

ドレス選びは、自分自身を最も美しく見せるための重要なステップです。以下のポイントを参考に、あなたにぴったりのドレスを見つけましょう。

  • 体型に合わせたデザインの選択: 体型に合ったドレス選びは非常に重要です。例えば、Aラインのドレスはどんな体型にも合いやすく、特に細見え効果があります。
  • テーマやロケーションに合わせる: 結婚式のテーマや撮影のロケーションに合わせてドレスを選びましょう。例えば、自然光が豊富な屋外であれば、軽やかな素材や明るい色のドレスが映えます。
  • 色や素材で個性を出す: ドレスは白だけでなく、ピンクやブルーなどさまざまな色があります。また、レースやビーズなどの素材にも注目して、個性を表現しましょう。

ドレス選びでは、自分自身が最も輝く一着を見つけることが大切です。リラックスして楽しむことを忘れずに、ドレス選びを楽しみましょう。

和装での前撮り:選ぶべき衣装の種類

和装での前撮りは、日本の伝統美を表現する素晴らしい機会です。和装にはいくつかの種類があり、それぞれに独特の魅力があります。

  • 白無垢: 純白の美しさを象徴する白無垢は、伝統的な結婚式のイメージを強く反映しています。清楚で荘厳な雰囲気を演出できます。
  • 色打掛: 豪華な刺繍や色彩が特徴の色打掛は、華やかさを演出するのに最適です。よりカラフルでモダンな印象を与えます。

和装を選ぶ際は、衣装の色や柄だけでなく、小物や髪型との調和も考慮することが重要です。また、着付けや動きやすさも考慮して、最適な一着を選びましょう。

着物とは何か:撮影での役割と意味

着物は、特別な日の装いとして、日本の女性にとって重要な役割を果たしています。この章では、着物の歴史的背景と文化的意味、そして着物を選ぶ際のポイントについて詳しく見ていきましょう。

着物の歴史と文化的意味

着物は、日本の伝統的な衣装の一つであり、人生の節目によく着用されます。現在の着物の形が誕生したのは平安時代頃で、着る人の体型を選ばない直線裁ちという方法で作られていました。

  • 日本の象徴: 着物は日本の伝統的衣装として、広く知られています。結婚式や前撮りで着物を着用するのは、日本の美しい伝統です。
  • 豊かな文化の表現: 着物は、日本の四季や自然、伝統文化を表す柄が多用され、日本の豊かな文化を象徴しています。
  • 家族の絆を象徴: 家族から受け継いだ着物を着ることは、家族の絆を感じる瞬間でもあります。

着物は、ただの衣装ではなく、日本の伝統と文化、家族の愛などを表現する重要な役割を担っています。

着物を選ぶ際のポイント

着物を選ぶ際は、いくつかのポイントを考慮することが重要です。以下の点に注意して、あなたにふさわしい着物を選びましょう。

  • 色と柄の選択: 自分の肌色や好みに合わせて色を選びます。また、柄は季節やイベントのテーマに合わせて選ぶとよいでしょう。
  • サイズとフィット感: 着物は体に合わせて調整可能ですが、サイズ感が重要です。着付けを考慮して、適切なサイズを選びましょう。
  • 小物とのコーディネート: 小物も着物と調和するように選びます。小物一つで全体の印象が大きく変わります。

着物選びは、自分自身を表現する楽しい時間です。個性を活かしつつ、伝統の美しさを尊重するバランスを見つけましょう。

白無垢と色打掛の違いと選び方

結婚式において、白無垢と色打掛はそれぞれ独特の美しさと意味を持つ和装衣装です。この章では、白無垢と色打掛のそれぞれの意味と着用シーン、選び方について詳しく見ていきます。

白無垢の伝統的な意味と着用シーン

白無垢は、日本の結婚式における伝統的な花嫁衣装です。純白で統一されたこの衣装は、清らかさと新たな始まりを象徴しています。

  • 清純と純潔の象徴: 白無垢は、「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味を持ち、花嫁の純潔と清純を象徴します。
  • 神聖な儀式への尊重: 結婚式という神聖な儀式に対する尊重と敬意を表現するために着用されます。
  • 着用シーン: 通常、神前式や仏前式などの和婚で着用され、格式高い雰囲気を演出します。

ゆめやでは、前撮り撮影にもお選びいただけるアンティーク白無垢をご用意しております。左「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」は、正絹地にたくさんの鶴が銀、グレーの糸を使って織り込まれている上品な一着です。

中央「クリーム色やピンク色にも輝く、鶴と花々の白打掛」は、生成りの正絹地が光の加減でピンクやクリーム色に表情を変えます。さらに鶴や牡丹、アヤメなどの柄も金銀・七色にきらめく糸を使って織り込まれ、さまざまな色にきらめくアンティーク白無垢です。右「菱形に四季の花丸紋様白鶴刺繍の打掛一式」は菱紋や花丸紋などの地模様に、鶴や菊、梅などがところ狭しと織り出されています。純白のなかに柄が艶やかに浮かび上がる素晴らしい正絹白無垢です。

白無垢を選ぶ際は、そのシンプルな美しさを最大限に引き立てるために、小物選びが重要になります。特に髪飾りや帯などのアクセサリー類は慎重に選びましょう。

色打掛の種類とセレクトのコツ

色打掛は、豪華な柄や色彩が特徴的な結婚式用の上着を指します。さまざまなデザインから選べます。

  • 華やかさと個性の表現: 色打掛はその華やかなデザインで、花嫁の個性や華やかさを表現します。
  • 色の選択: 赤、金、青など、さまざまな色があります。結婚式のテーマや個人の好みに合わせて色を選びましょう。
  • 柄の種類: 鶴、松、桜など、日本の自然や伝統を象徴する柄が多用されます。シーンに合わせて、意味深い柄を選ぶとよいでしょう。

ゆめやでは色とりどりの色打掛を取り揃えています。左「唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」は、赤やオレンジを基調とした暖色系の色打掛です。梅や牡丹、菊などたくさんの花が咲き誇る中を鶴が優雅に舞っています。唐織による重厚感ある豪華なアンティーク色打掛です。

中央「色とりどりのぼかしに花尽くし鶴尽くしの色打掛一式」は、たくさんの色をぼかしながら配色することで、上品にまとめあげた一着。四季折々の花を背景に、鶴の群れが美しく羽ばたいています。右「マリンブルーに花籠の色打掛一式」は、正絹のきらめきが際立つマリンブルーの色打掛です。キャスケードブーケのような花籠が大きく描かれており、伝統的な和装に洋装のテイストも感じられる素敵な一枚。華やかな洋髪で着用いただくのもおすすめです。

色打掛を選ぶ際は、全体のバランスを考慮して、ドレスアップします。また、色打掛の豪華さを引き立てるために、小物はシンプルにするのが一般的です。色打掛は、花嫁の華やかさを最大限に引き出す衣装であり、結婚式において重要な役割を果たします。

前撮りでの小物選びとコーディネートのコツ

前撮り撮影において、衣装だけでなく、小物の選び方も重要です。小物一つで全体の印象が変わり、写真の魅力を大きく引き出します。ここでは、撮影におすすめの小物と、髪型とアクセサリーの選び方について解説します。

小物で差をつける:撮影におすすめのアイテム

前撮りの小物選びは、全体のコーディネートを考えながら行うことが大切です。以下のアイテムが特におすすめです。

  • ヘアアクセサリー: 和装の場合は簪(かんざし)が、洋装の場合はティアラやフラワーヘアピースが適しています。髪型と調和するデザインを選びましょう。
  • ブーケ: 洋装によくマッチするアイテムです。ドレスの色やスタイルに合わせて、ブーケの色や形を選ぶとよいでしょう。
  • 扇子: 和装に合わせると、上品で伝統的な雰囲気を演出できます。色や柄を衣装に合わせて選びましょう。
  • 足元: ドレスに合わせたエレガントなヒールがおすすめです。和装の場合は、草履を選びます。

小物は、細部までこだわることで、写真全体の印象を高められます。個性を活かしつつ、全体の調和を考えることが大切です。

髪型とアクセサリーの選び方

髪型とアクセサリーは、前撮りの印象を大きく左右します。以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 髪型の選び方: 挙式のテーマやドレス、和装のスタイルに合わせて、髪型を決めます。洋装ならばエレガントなアップスタイルやゆるふわカール、和装ならば伝統的な日本髪がおすすめです。
  • アクセサリーの選び方: ネックレスやイヤリングはドレスに合わせて選びます。派手過ぎず、シンプルでエレガントなものが望ましいです。和装の場合はアクセサリーは控えめにし、衣装の美しさを引き立てるようにします。

ゆめやでは、こだわりのヘアアクセサリーも豊富に取り揃えていますので、当店のアンティーク着物にあわせたトータルコーディネートが可能です。

例えば画像左「百合の造花にパールビーズのかんざし」は、ヘアスタイルをよりエレガントな印象にしてくれます。中央の「赤いダリアに金銀紅の水引がアレンジされたかんざし」のように、大きめの飾りをワンポイントにしたヘアスタイルも素敵ですね。和装と洋装でヘアアクセサリーにメリハリをつけるなら右の「白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし」はいかがでしょうか。

髪型とアクセサリー選びでは、全体のバランスを見ながら、自分らしさを表現することが重要です。撮影当日は最高の状態で臨めるよう、事前の準備を怠らないようにしましょう。

前撮り撮影の流れと準備のポイント

前撮り撮影は、結婚式の大切な一部として、カップルにとって特別な思い出になります。撮影の流れと準備のポイントを把握しておくことで、スムーズで楽しい撮影が可能になります。

撮影の流れ:予約から当日まで

前撮り撮影の成功は、事前の計画にかかっています。以下のステップを踏んで、撮影をスムーズに進めましょう。

  1. 撮影日程の決定と予約: 撮影日程は早めに決め、撮影スタジオやカメラマンを予約します。人気のシーズンは特に早めの予約が必要です。
  2. 衣装の選択とレンタル: 結婚式のテーマや希望に合わせて衣装を選び、必要であればレンタルします。和装や洋装、小物などもこの時に選びましょう。
  3. ロケーションの選定: スタジオ内での撮影か、屋外でのロケーション撮影かを決め、場所を選びます。屋外の場合は天候にも注意が必要です。
  4. 美容・ヘアメイクの予約: 撮影当日のヘアメイクのスタイルを決め、必要なら美容師やメイクアップアーティストを予約します。
  5. 撮影プランの確認: 撮影のシーンやポーズ、必要な小物など、詳細なプランを事前にカメラマンと話し合っておきます。

撮影当日は、予定よりも時間がかかることを考慮して、余裕を持ったスケジュールを立てることが重要です。

ゆめやの「前撮りプラン」なら、ヘアメイクやカメラマン、当日の着付け、介添えまですべての手配を当店で対応いたします。また、東京都内に限られますが、ご希望のロケーションがあればあわせて手配しますのでご相談ください。

新婦様、新郎様それぞれに、ゆめや自慢のアンティーク着物・袴よりお好きな1着をお選びいただけます。プランには着付け小物一式、髪飾り、バッグや草履などの小物がすべて含まれますので安心です。都内以外のロケーション撮影をご希望の方は、「衣装レンタルプラン」をご利用ください。撮影は含まれず、衣装のみをレンタルいただけるプランです。お申込み、試着のご予約はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

前撮りでの着付けとメイクのポイント

撮影当日の着付けとメイクは、写真の印象を大きく左右します。以下のポイントに注意して、最適な準備をしましょう。

  • 着付けのポイント: 和装の場合は、着崩れしないようにプロの着付け師に依頼するのがベストです。洋装の場合は、ドレスに合わせてインナーを選びます。
  • メイクのポイント: ナチュラルで上品なメイクが基本です。屋外撮影の場合は、変化する光に対応できるメイクを心掛けます。また、撮影に長時間かかることを考慮して、メイクの持続性も重要です。

撮影当日は、忘れ物がないように事前にチェックリストを作成し、リラックスして撮影に臨むことが大切です。事前の準備をしっかりと行うことで、スムーズで楽しい前撮り撮影が実現します。

まとめ

この記事では、前撮り衣装のレンタルのメリットと注意点、そして大切な日を美しく残すためのポイントをまとめています。結婚式前の撮影は、カップルにとって忘れられない思い出を作る大切な機会です。適切な準備と知識を持つことが、その特別な瞬間を最高のものにします。

前撮り衣装のレンタルのメリットと注意点

前撮り衣装のレンタルは、さまざまなスタイルを手軽に試せることが最大のメリットです。しかし、いくつかの注意点もあります。

メリット

  • 多様な選択肢: さまざまなスタイルやデザインから選べるため、理想の衣装を見つけやすいです。
  • コスト効率: 購入するよりも経済的で、高品質な衣装を手頃な価格で利用できます。
  • アクセサリーや小物も含まれる: 衣装に合わせたアクセサリーや小物がセットで用意される場合が多く、トータルコーディネートが楽になります。

注意点

  • 早めの予約が必要: 人気の衣装は早くから予約が埋まるため、計画的に進める必要があります。
  • サイズとフィット感の確認: 試着をしてサイズ感を確かめ、必要なら調整を依頼しましょう。
  • キャンセルポリシーの確認: 予約後の変更やキャンセルにはポリシーがあるため、事前に確認が必要です。

あなたの大切な日を美しく残すために

前撮り撮影は、結婚という新たな門出の記念として、カップルにとって大切なものです。以下のポイントに留意して、素晴らしい写真を残しましょう。

  • 事前準備を念入りに: 衣装、ロケーション、美容・ヘアメイクの予約は事前にしっかりと計画しましょう。
  • 自分らしさを大切に: 衣装や小物選びは、自分たちの個性や好みを反映させることが大切です。
  • リラックスして臨む: 撮影当日は緊張せず、リラックスして自然体でいることが、最高の写真を残す秘訣です。

前撮り撮影は、これから始まる二人の人生の素晴らしいスタートを切るための一歩です。この特別な日を最大限に楽しみ、美しい思い出として残してください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

神前式イメージ

【着物のプロ監修】神前式の引き振袖・結婚式で輝く和装のすすめ

はじめに 結婚式は、一生に一度の特別な日です。特に、日本の伝統的な神前式では、花嫁が身にまとう衣裳がその日の美しさを際立たせます。ここでは、神前式での和装の意義と適した引き振袖の選び方についてご紹介します。 神前式での和 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!