20代親族結婚式イメージ

【保存版】結婚式の服装:20代女性親族に人気のドレスと基本マナー

はじめに

結婚式への招待と服装の重要性

結婚式へのお呼ばれは、お二人の大切な瞬間に立ち会うことのできる素晴らしい機会です。そんな大切な日、どんな服装で出席するかは非常に気になる点でしょう。特に親族として参列する際には、一層気を付けたいものです。

結婚式は、新郎新婦の門出を祝う華やかな場。ゲストとして招待される方には、その雰囲気にふさわしい装いが求められます。おしゃれなドレスやフォーマルスーツコーデはもちろん、小物選びに至るまで、一つ一つが大切なポイントとなるのです。

しかし、20代から50代、60代と年代が変われば選ぶ服装も異なります。特に20代の女性親族として参加する場合、若々しくも上品な装いが求められることが多いので、少し悩んでしまう方もいるかもしれませんね。

結婚式の服装は、出席する会場や時間、季節などに合わせて選ぶ必要があります。フォーマルドレスはもちろん、二次会では少しカジュアルなパーティードレスもおすすめです。カラーも春夏は明るい色味、秋冬は落ち着いた色合いが良く、体型カバーも考慮して選ぶと良いでしょう。

どんなデザイン、どんな色、どんな素材が適切かなど、これから紹介する内容を参考に、結婚式の服装選びにお役立ていただければ嬉しいです。

20代女性親族のための服装ガイド

20代女性親族として結婚式に出席する際、気になるのは「若々しく」「上品に」見える服装。ドレスの丈や袖の長さ、色や素材の選び方など、華やかさと上品さを両立させるポイントがあります。

初めて結婚式に親族として参加する方も多いかもしれませんね。失敗したくないからといって、地味すぎる服装や露出しすぎる服装はNG。シンプルでエレガントなラインのドレスや、季節に合った素材のスーツがおすすめです。

例えば春夏の結婚式なら、フレアなスカートやふんわりとしたシフォン素材が良いでしょう。カラーはピンクやブルーなどの明るい色が人気です。一方、秋冬の結婚式では落ち着いたカラーのベルベット素材や、長めの袖がエレガントに見せてくれます。

アクセサリーやバッグ、パンプス選びも大切。小物使いで全体のコーディネートがぐっと引き締まります。シンプルなドレスにパールのネックレスや素敵なクラッチバッグで上品な印象をプラスすることができます。

ゆめやのバッグのラインナップからいくつか、以下にご紹介します。いずれの品もビーズを用いて花が描かれたアンティーク独特の色使いが光るビーズバッグです。ゆめやで取り扱っているアンティーク着物にもよくマッチするこれらのバッグ、単体でのレンタルも承っています。小物でコーディネートに品格を加えたい方、季節感を漂う色を携えたい方におすすめですよ。

20代女性親族向け結婚式の服装マナー

新郎新婦にとって特別な日である結婚。親族としての立場も大切です。20代の女性親族が結婚式に参列する際に心がけたい服装のマナーを解説します。

基本的な服装のマナーと注意点

結婚式の服装選びは、華やかさと品のバランスが大切。上品なドレスやフォーマルスーツを選び、デコルテや腕の露出を控えめにするのが基本です。丈は膝が隠れる長めのものがおすすめ。カラーはネイビーやグリーンなど、派手すぎず地味すぎない色が安心です。

フォーマルドレスは上品な素材とデザインを意識して選ぶこと。カジュアルなアイテムや濃いブラックは避け、アクセサリーもシンプルでエレガントなものを合わせましょう。

年代別(20代、30代、40代、50代)の違いとポイント

年代によって服装のスタイルやポイントも変わります。

  • 20代: 若々しさを活かした華やかなドレスやワンピースが人気。ただし露出は抑え、上品な印象を保つこと。
  • 30代: 落ち着いた色味とデザインのドレスやスーツがおしゃれ。女性らしいシルエットや素材にこだわると良いでしょう。
  • 40代: 40代女性にはエレガントなフォーマルドレスや上質なスーツがふさわしいものです。品のあるアクセサリーでコーディネートを。
  • 50代: 50代女性は格式を重視した服装が求められることも。シンプルなデザインで、素敵な羽織り物やジャケットでまとめると大人の女性らしく仕上がります。

親族としての特別なマナー

親族としての立場には特別なマナーが必要です。

  • ドレスコードの確認: 新郎新婦の希望するドレスコードがあれば、必ずそれに従いましょう。
  • 控えめな装い: 花嫁のドレスを引き立てるため、派手な装いは避けるように。
  • 身だしなみのチェック: 髪型やメイク、ネイルもきちんと整え、全身のバランスを考慮すること。
  • 礼装の選び方: 親戚の位置づけに応じた礼装の選び方があります。母親や姉妹ならばフォーマルドレス、いとこならば華やかなパーティードレスが適切でしょう。
  • 小物の選び方: バッグや靴などの小物も全体の印象を左右します。華やかさをプラスするパールのネックレスや、シンプルで上品なバッグがおすすめ。

以上、20代女性親族として結婚式にお呼ばれする際の服装の基本とマナーをご紹介しました。近年のトレンドなども取り入れつつ、場の格式や自分の立場を意識して、素敵に着こなすことができると嬉しいものです。何よりも新郎新婦の幸せな日を、おしゃれで心地よい装いで楽しんでいただくことが大切です。

結婚式でおすすめのドレスとコーディネート

人気のドレスデザイン

結婚式と言えば、一生に一度の晴れ舞台。参列者にとっても、最高の装いで参加する機会となります。ドレス選びは女性にとって特に重要なポイントとなるでしょう。

最近の結婚式では、年代に合わせたドレス選びが人気となっています。20代から60代まで、幅広い年代の女性がさまざまなドレスで参列しています。デザインについての最新情報を、少し紹介していきたいと思います。

若々しい印象を求める20代に向けては、フレアなデザインやふんわりとしたシフォン素材のドレスが人気。ピンクやブルーの明るい色味が特におしゃれで、気軽に着こなせるスタイルが豊富にあります。

30代、40代女性からの支持が高いのは、エレガントなラインと素材の高級感が特徴のドレス。カラーはネイビーやグリーン、定番のブラックなどが人気で、華やかさをプラスするのもおすすめです。

50代女性、60代の方には、上品で落ち着いた色のロングドレスがおすすめ。袖付きのデザインや、ウエストを美しく見せるカットが多いので、体型カバーも安心です。素材にはサテンやシフォンが用いられ、大人の女性の風格漂うアイテムが多いようです。

近年ではマタニティドレスやプラスサイズのドレスも増えてきており、どんな方にもぴったりの一着が見つかる時代となりました。

ドレスの選び方と選びのポイント

結婚式にお呼ばれした際のドレス選びは楽しいものですが、何を基本に選べば良いのか迷う方も多いかと思います。そこで選び方とそのポイントについてお伝えします。

  • 年代に合わせた選び方: 20代は華やかな色、30代はエレガントなライン、50代女性は上品なロング丈など、年代に合わせてドレスを選ぶと失敗が少なくなります。
  • 場の雰囲気を考慮: フォーマルな披露宴とカジュアルな二次会では、マッチする服装も変わります。場の雰囲気に合わせたドレスを選ぶよう心がけましょう。
  • 体型に合ったデザイン: 腕やウエストなど、自分の体型に合わせてドレスを選ぶと、より美しく見えます。例えば袖付きのデザインなら、腕をカバーできる利点も。
  • カラーの選び方: 季節や自分の肌の色に合ったカラーを選ぶと全身のバランスが取れます。冬にはダークグリーン、春夏には明るいブルーなどが素敵です。
  • 小物とのコーディネート: バッグや靴、アクセサリーとのバランスも重要。ドレスの色と合わせるか、あえてコントラストをつけるなど、全体のバランスを考慮しましょう。

結婚式の服装マナーも忘れずに。露出の多いドレスや、白や真っ黒などのカラーは避けるなど、場の格式を重視した選び方が求められます。

おしゃれなコーディネートとアクセサリー

ドレス選びだけでなく、コーディネート全体が大切です。特にアクセサリー選びはドレスの印象を大きく変えるポイントとなります。

  • ネックレス: 胸元の開いたドレスには、華やかなネックレスがおすすめ。シンプルなドレスなら、ちょっぴり派手めのデザインもOKです。
  • イヤリング: 耳元を飾るアクセサリーは、全体のバランスを取りながら選ぶと良いでしょう。

結婚式場所別のおすすめ服装

結婚式にお呼ばれした際、場所やテーマに応じた服装の選び方を間違えないようにするのは大切なことですね。ここでは、チャペル式、ホテルの披露宴、そして二次会という三つの異なるシーンにおけるおすすめの服装についてお話ししましょう。

チャペル式結婚式の服装

チャペル式の結婚式は、ロマンティックで厳かな雰囲気が漂う場所です。そのため女性ゲストの方々にとっては上品でエレガントな装いが求められます。

30代、40代女性の方は、落ち着いた色味のロングドレスがおすすめ。ネイビーやダークグリーンなどの深いカラーに控えめなアクセサリーを合わせると、大人の女性らしい上質な印象を与えることができるでしょう。

50代女性の方には、素材にこだわったフォーマルドレスを選ぶと良いでしょう。シフォンやサテンなどの高級感のある生地は、年代を問わず美しく着こなせるアイテムです。

親族や新郎新婦の母親であれば、さらに格式のある着物も選び方の一つ。黒留袖や色留袖は、日本の結婚式場での正式な礼装とされています。

ゆめやの色留袖からいくつかご紹介しましょう。いずれも淡い色使いがシックで、それでいて品のある贅沢感も醸していますね。姉妹や主役に近い親族にあたる方、普段なかなか着用する機会のない色振袖にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

靴やバッグなどの小物選びも忘れずに。パールのネックレスやシンプルなパンプスなど、清楚で優雅なアイテムを取り入れてみてくださいね。

ホテルの披露宴向けの服装

次に、ホテルで行われる披露宴。華やかなパーティーが展開されることが多いので、より華やかな装いが求められます。

20代の若い女性は、トレンドの色やデザインを取り入れたドレスが人気。ピンクやブルーなどの明るいカラーにフレアなどのデザインが、フェミニンで可愛らしい印象を高めます。

30代、40代女性には、シンプルなワンピースにエレガントなジャケットやショールを羽織るスタイルがおすすめ。シルバーのアクセサリーやシックなブラックのパンプスを合わせると、大人っぽく漂うスタイルに仕上がるでしょう。

50代女性は、少し長めの丈のフォーマルワンピースを選ぶと落ち着いた美しさが演出できます。

二次会のカジュアルな服装

結婚式の二次会は、一般的にカジュアルな雰囲気が多いですね。ですから、気取りすぎずに楽しいパーティーを堪能する装いを考えましょう。

若い20代、30代の女性には、華やかなパーティードレスがおすすめ。スリーブの付きのショート丈やラメや刺繍入りのデザインは、気軽なパーティー感を演出します。

40代、50代女性の方には、少し控えめな色合いのパンツスーツや、スカートとジャケットのセットアップがおしゃれ。シンプルなデザインに素材感や小物で遊びを加えると、カジュアルながらも品のある印象になりますね。

二次会ではバッグや靴などの小物も楽しんでみてください。シルバーやゴールドのクラッチバッグ、少し派手なパンプスなどの普段使いしにくいアイテムも、二次会なら楽しむことができるでしょう。

以上、シーン別の服装について解説しました。トレンドや自分の体型、年代に合った素敵な装いで、結婚式を盛り上げてみてくださいね。何よりも、新郎新婦の幸せな日に参加する喜びを、全身で感じ、楽しんでください。

ドレスのレンタルと購入のメリット

レンタルのメリットとサービス

結婚式などの華やかな場に招待された際、着るドレスに迷う女性は多いことでしょう。そんな時に考えたいのが、ドレスのレンタル。レンタルには多くのメリットがあります。

まずは、豊富な種類から選べること。パーティードレスからフォーマルドレス、マタニティドレスまで、どんなイメージにも合わせやすいアイテムが見つかるでしょう。年代や体型、カラーなどを考慮して、ぴったりの一着を選ぶ楽しみがあります。

経済的な利点も大きいです。一度しか着ないかもしれないドレスを購入するより、レンタルする方が費用を抑えられます。特に最近ではオンラインでのレンタルサービスも増えており、便利かつおしゃれな選択肢が広がっています。

さらに、専門のスタッフがサイズ調整やコーディネートの提案をしてくれるサービスもあります。自分で選ぶのが不安な方にも安心して利用できるでしょう。

レンタルには大人っぽくエレガントなデザインからカジュアルなデザインまで幅広く取り揃えられているため、30代、40代女性から50代女性までどんな年代にも対応できるのが嬉しいポイントです。

ただし、レンタルの際には返却方法の確認や期間を守ることなど、注意点もあります。サイズやカラー、素材などの細部に気を付け、自分に合うものを選ぶことが大切です。

購入する際のメリットとおすすめ商品

ドレスの購入も、レンタルとは違った楽しみとメリットがあります。

購入の最大の利点は、何度でも着用できること。お呼ばれが多い方や、気に入ったデザインのドレスを見つけた際には、購入をおすすめします。特に人気のブランドからの新作は、旬のトレンドを取り入れたエレガントなラインが魅力です。

購入することで、自分の体型にぴったり合わせたサイズ調整や、好みのアクセサリーとのコーディネートも楽しめます。ベージュやネイビー、ブラックなどの上品なカラーから、若々しいピンクやブルーなどの明るい色味まで、自分らしいスタイルを表現できます。

20代から50代までの大人の女性に向けて、以下の商品をおすすめします。

  • シンプルなラインのロングドレス: フォーマルな場にふさわしく、体型カバーもしやすいです。
  • 花柄のフレアドレス: 春夏のウエディングやパーティーにぴったりで、女性らしい印象を与えます。
  • エレガントなシフォンワンピース: 軽やかな素材で動きやすく、どんな場面でも美しく着こなせます。

購入する際には、セットで合わせる小物や靴、バッグなども考慮して、全身のコーディネートを楽しんでみてください。

サイズ選びと返却方法

ドレス選びの際、最も重視されるべきはサイズ選びです。自分の体型に合ったドレスを選ぶことで、美しいシルエットを演出できるからです。

  • サイズ選び: 体型や年代に合わせてサイズを選びましょう。ウエストや胸元、腕の部分など、細部に注意してフィッティングすることが必要です。店舗ではプロのスタッフがサイズを測ってくれる場合も多いので、安心して相談できます。
  • 返却方法: レンタルの場合、返却方法と期限を守ることが大切です。事前にしっかり確認し、返却期限を守りましょう。最近では宅配での返却サービスも多く提供されているので、利用する際はその点もチェックしておきましょう。

ドレスのレンタルと購入のメリットについてお伝えしました。

2023年の最新トレンドと人気アイテム

最近のトレンドと人気カラー

2023年、結婚式やパーティーの会場では、新しいトレンドとカラーが目立っています。お呼ばれの女性ゲストにとって、人気のカラーとデザインを取り入れることは、自分をよりおしゃれに演出する大切なポイントです。

最近のトレンドは、エレガントなラインと素材の組み合わせ。特に30代、40代女性におすすめしたいのは、上質なレースやシフォンを使ったドレスです。これらの素材は、大人の女性らしい上品な印象を与えます。

カラーに関しては、定番のネイビー、ブラックはもちろん、近年はダークグリーンやベージュも人気のようです。どんな肌色にも合わせやすく、季節を問わず着用できる色味なので、選ぶ際の候補にしてみても良いでしょう。

50代女性には、落ち着いた色合いのグレーやブラウンがおすすめ。上質な素材と合わせることで、高級感漂うスタイルが完成します。

結婚式の親族や親戚の方々も、年代に合ったカラーとデザインを選ぶことで、おしゃれで素敵な装いが楽しめるはずです。いとこや姉妹とも、しっかりとコーディネートを楽しんでみてください。

ゲストにぴったりなバッグやシューズの選び方

結婚式やパーティーでの服装は、ドレスだけではなく、バッグやシューズも大切な要素。特に20代、30代の女性にとって、上品なアクセサリーの選び方は重要なマナーとなっています。

バッグ選びのポイントは、ドレスと同じくらいの華やかさが求められます。小ぶりのクラッチバッグや、パールをあしらったデザインは、フォーマルドレスとも相性が良く、女性らしさを引き立ててくれます。

シューズ選びでは、パンプスが一般的な選択肢です。ヒールの高さは、自分の体型やドレスの丈に合わせて選ぶと良いでしょう。ブラックやシルバーは定番ですが、最近ではネイビーやベージュも人気。母親や親戚の方々へ向けても、足元から華やかさを演出するアイテムが多く取り揃えられています。

バッグやシューズは、全身のコーディネートを引き締める役割を果たします。二次会や披露宴に参列する際、ぴったりのアイテムを選び、おしゃれな印象を高めてみてください。

和装小物としてレンタルを行なっているゆめやのバッグですが、独特の輝きを放つアンティークのビーズをふんだんに用いたバッグは、洋装にもよく似合います。ドレスの色味も引き立てるビーズバッグ単体でのレンタルも可能ですので、深緑やゴールド、乳白色など色彩豊かなラインナップからお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

おしゃれなヘアスタイルとメイクのコーディネート

結婚式やパーティーの装いを一層魅力的にするためには、ヘアスタイルとメイクのコーディネートも欠かせません。ゲストとしての立場を意識し、自分に似合うスタイルを選ぶことが大切です。

ヘアスタイルは、ドレスのデザインや首元、袖の長さに合わせて選ぶと良いでしょう。例えばノースリーブや背中が開いたドレスの場合、アップヘアで首元をすっきりと見せるのがおすすめ。40代、50代女性にも、簡単にできるシンプルなスタイルが多く紹介されています。

メイクは、自分の肌色とドレスのカラーに合わせて色味を選ぶと華やかになるでしょう。例えばネイビーやブラックのドレスには、ピンクやブルーのアイシャドウで目元を明るく演出。リップにはピンクや赤を取り入れると、全身のコーディネートがふんわりとまとまります。

年代別の結婚式服装ガイド

20代前半と後半の違いとおすすめ

20代前半の女性にとって、結婚式は友人や親戚のお祝いの場が多くなることでしょう。この年代の服装は、華やかさと若々しいエレガントさを大切にしたいものです。人気のあるアイテムとして、カラフルなワンピースや、脚のラインを美しく見せるスカートなどが挙げられます。おしゃれなデザインの靴やバッグ、アクセサリーとのコーディネートも楽しんでいただきたいですね。

一方、20代後半の方は、より成熟した印象を演出する方が良いでしょう。定番のブラックやネイビーなど、落ち着いた色のドレスがおすすめです。肩や背中の露出を控えめにし、上品なパールのネックレスなどでエレガントにまとめると素敵です。

この年代では、ファッションに自分らしさをプラスし、自信をもって出席することが大切です。選び方のポイントとして、自分の体型に合ったサイズとデザインを選ぶことが基本でしょう。二次会などのカジュアルな場では、少し遊び心を取り入れてもOKです。

30代、40・50代、60代など年齢別に対応の服装

30代女性になると、結婚式といえば親族や職場の方々からの招待が中心になるというケースも多いですね。この年代では、品のあるフォーマルドレスやスーツを選ぶと好印象です。シンプルなデザインのアイテムに素材感のある小物を合わせると、大人の女性らしさが漂います。

40代女性、50代女性になると、より格式の高い結婚式に参列する機会も増えてくるかもしれません。この時期の服装は、落ち着いた色味のロングドレスや、エレガントなパンツスーツがおすすめ。袖付きやボレロを利用することで、体型カバーも考慮できます。靴やバッグはシルバーやゴールドなど、高級感のあるアイテムを選ぶと良いでしょう。

60代になると、主に親戚の親族としての出席が増えることでしょう。この年代ではきちんと感を重視しながらも、品の良い華やかさも忘れずに。黒のフォーマルドレスや、シックな色の和装などがふさわしいでしょう。何よりも大人っぽく、自分らしい装いで出席することが大切です。

親族の中でも母親、叔母、姉妹、いとこなどの服装

結婚式にお呼ばれする際、親族としての立場も大切にしたいものですね。特に母親の方は、新郎新婦の親として目立たないよう、品のあるフォーマルドレスや和装を選びます。色はグレー、ネイビーなど控えめなものが良く、派手なアクセサリーは避けた方が無難です。

叔母やいとこなど少し離れた親族の方々は、華やかながらも落ち着いた色のワンピースやスーツがおすすめです。特に40代女性、50代女性などの場合、大人のエレガントな印象を意識すると良いでしょう。

姉妹など近い親族の場合は、新郎新婦の希望をしっかりと確認することが大切ですね。おしゃれで明るい色のドレスも選べる場合が多いですが、派手すぎず、丁度良い華やかさを心がけたいものです。何よりも、結婚式の主役である新郎新婦を引き立てる装いを心がけると良いでしょう。

以上、年代別に適切な結婚式の服装についてのガイドでした。最近のトレンドや自分の体型、参列する結婚式の雰囲気などをしっかりと考慮して、最適な服装を選ぶようにしましょう。

まとめ

結婚式の服装選びのおさらいとチェックポイント

結婚式は新郎新婦にとって人生の重要な節目であり、出席者にとっても特別な場です。とりわけ、女性ゲストの服装選びは悩むポイントでしょう。20代から60代までの年代別に、場の雰囲気に合ったドレスやスーツの選び方を再度おさらいします。

  • 20代: 若々しい華やかさを演出したい方は、ピンクやブルーなど明るいカラーのワンピースがおすすめ。レースやフレアなど可愛らしいデザインも人気です。
  • 30代: 落ち着いたエレガントなスタイルを求める方は、ネイビーやグリーンなど上品な色のドレスを。小物とのコーディネートも忘れずに。
  • 40代、50代: フォーマルな場での失敗を避け、格式ある装いを心がける方には、黒やグレーのロングドレスがふさわしいでしょう。
  • 母親、親族: 花嫁や花婿の母など親族の方は、立場に応じた格式の高いフォーマルドレスや留袖を選ぶのがマナーです。

服装選びの際は、袖の長さや丈、カラーなど、規定されたマナーをしっかりと理解することが大切です。冬の結婚式では暖かい素材、夏には涼しい素材を選ぶなど、季節に応じた選び方も重視しましょう。小物やアクセサリーで全体の印象を引き締める工夫も欠かせません。

最近の結婚式ではカジュアルなものも増えていますが、新郎新婦の意向や結婚式の形式をしっかり確認し、フォーマルからカジュアルまで幅広く準備しておくと安心です。

おしゃれでふさわしい服装で結婚式を楽しむコツと、フォーマルスーツコーデのアイデア

結婚式はお祝いの場でもありますから、素敵な服装で楽しむことが大切です。自分らしさを表現しつつ、上品な印象を与えることもできるフォーマルスーツのコーディネートという選択肢もあります。

スーツ選びの基本としては、年代や季節、式のフォーマットを意識して選ぶこと。30代、40代女性にはシンプルでエレガントなブラックやネイビーのスーツが合うでしょう。50代女性向けには、シルバーのアクセサリーを合わせると高級感が漂うコーディネートが可能です。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

少人数結婚式イメージ

【プロが監修】身内だけの結婚式 | 少人数での費用と相場、注意点

はじめに 結婚式の身内だけのスタイルとは? 結婚は一生に一度の大切な節目。その結婚式をどんなスタイルで挙げるかは、多くのカップルにとって悩みの種ですよね。近年、新郎新婦とその家族や親しい親族だけで行う、少人数の結婚式が人 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!