渋いグリーンに辻が華染めの色振袖【fui60】

結婚式における着物レンタル活用法!東京のレンタル事情やコーデ術も

はじめに

結婚式の着物レンタルの重要性

結婚式は、人生において特別なイベントです。この日は新郎新婦はもちろん、家族や親しい友人にとっても忘れられない瞬間となります。とりわけ日本の伝統的な結婚式においては、着物が重要な役割を担います。特に新郎新婦の装いは式の印象を大きく左右するため、着物選びは慎重に行う必要があります。また、お呼ばれするゲストの立場としても、せっかくだから着物で結婚式に参列したい、と思う方もいらっしゃるでしょう。

着物レンタルは、その選択肢を広げる手段の一つです。留袖や振袖、訪問着などを豊富な展開から選ぶことができ、自分に最適な一着を見つけやすくなっています。また、レンタルならではの利点として、価格の面でも手頃になることが挙げられます。一式購入するとなると高額になる着物を、リーズナブルな料金で利用できます。

着付けや小物のセット、追加オプションも数多くのレンタルショップで提供されています。結婚式当日の準備もこうしたきめ細やかな商品展開によってスムーズになり、安心して特別な日を迎えることができます。予約から返却までの流れもシンプルで、忙しい準備期間中には大きな助けとなります。

東京都内における着物レンタル事情

東京都内にも多くの着物レンタルショップが存在し、それぞれの店舗が異なる特徴とサービス内容を有しています。レンタルショップでは、結婚式用の留袖や振袖、男性用の黒紋付羽織袴など、多種多様な着物を取り揃えています。一千万人以上の人口を抱える日本の首都・東京だけあって、伝統的な着物だけでなくモダンで洗練されたデザインの着物を扱う店舗も多く、伝統的な装いと現代的なセンスを融合させたスタイルを選ぶための選択肢もそれだけ幅広く用意されている点が東京ならではといえるでしょう。

着物のレンタルショップでは、色無地の礼装や華やかな柄の着物、刺繍入りの帯なども用意しています。結婚式のシーンに合わせた幅広いニーズに応える余地があり、また料金プランも多様で、式の時間や参列者の数に応じて最適なプランを選ぶことができます。

東京都内の着物レンタル市場は、その多様性と柔軟性、選択肢の多さにおいて、他の道府県を圧倒する規模になっています。新郎新婦として、またゲストとして結婚式を控える多くの人にとって何ら不自由なく、必要なものが全て揃い、結婚式の準備における不安を解消してくれる磐石の体制にあるといえるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、東京と山梨に店舗を構え、大正時代から昭和初期にかけてのアンティーク着物をメインに取り扱っているレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、着物愛好家の皆さまから、着物初心者の方まで、真心こめてコーディネートさせていただいています。

着物レンタルサービスの内容

振袖と留袖の違い

結婚式における着物選びは、その日の記憶を美しく彩る大切な要素の一つ。振袖や留袖は結婚式においても特に中心的な役割を果たしますが、まずはこれらの違いを理解しておきましょう。

振袖

  • 特徴: 振袖は、袖が大きく長く流れるような形状をしていて、未婚女性の第一礼装として知られています。華やかで色鮮やかなデザインが多く、結婚式や成人式などの特別な日にも好んで選ばれている着物です。
  • 適したシーン: 未婚女性が結婚式の参列者として、または成人式で着用します。結婚式においては、新郎新婦の未婚親族や友人ゲストが振袖を選ぶケースが多数です。

留袖

  • 特徴: 留袖は主に既婚女性の正装とされ、こちらも文字通り袖を短く留めた着物をいいます。伝統的な模様が施され、落ち着いた色合いが特徴的です。現代では色留袖であれば未婚女性も着用できるというのが一般的な見方です。
  • 適したシーン: 結婚式において母親や親族が着用します。特に黒留袖既婚女性の第一礼装であり、新郎新婦の母親が黒留袖を選んでいます。

左から、振袖・黒留袖・色留袖です。

左「渋いグリーンに辻が華染めの色振袖」は、地模様がゆらゆらと輝く、辻が華染めの色振袖です。落ち付いたグリーンの地色に、黄色や黄緑を多く使った辻が華は、淡い色ながらも圧倒的な存在感です。帯は渋めの地色の中に豪華な模様が一面に描かれた現代物を合わせました。

中央「御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖」は、黒地に御簾と芙蓉や菊の花が手描き・手刺繍で描き出された、大彦の五つ紋付黒留袖と、着物愛好家が憧れる龍村の帯のコーディネートです。帯には桐の花が生き生きと描き出されています。またとない美術品のような、秀逸な作品の組み合わせですよ。

右「ジャスパーグリーンに扇の手刺繍の色留袖」は、ジャスパーグリーン色のぼかしがほどこされた正絹地に、ドロンワークの手刺繍でたくさんの扇が描きだされた、現代物の一つ紋付き色留袖です。扇の中には菊・牡丹・七宝・亀甲などの吉祥紋様が、細かい手刺繍で豪華にほどこされています。扇の色に取りいれられた黄色系の帯を結んで、やわらかくまとめました。

都内の着物レンタルサービスにおいても、これらの着物が各店舗豊富に取り揃えられていて、結婚式のテーマやゲストの立場、個人の好みなどに合わせた選択が可能となっています。セットで提供される帯や小物についても、それぞれの着物の特徴を引き立てるようプロの目線で厳選されています。

シーンに合わせた訪問着の選び方

訪問着は、結婚式をはじめフォーマルな場での女性の装いとして重宝されている着物の一つです。着物レンタルショップでは、さまざまな種類の訪問着が提供されていて、シーンに合わせた選び方が可能となっています。

訪問着の特徴

  • デザイン: 比較的控えめながらも洗練されたデザインが特徴。細かな柄や刺繍が上半身にまで施されていて、その一枚絵のような絵羽模様で準礼装としての地位を保っています。
  • 適用シーン: 結婚式のゲストとしてはもちろん、お茶会やパーティーなど、フォーマルからカジュアルまでさまざまな場で着用されます。

選び方のポイント

  • 式のフォーマル度: 結婚式の場合は、新郎新婦との関係や式のフォーマル度に合わせて選ぶことが大切です。親族であればやや格式高い紋の入った訪問着を、友人ゲストとして参列する場合はモダンで洗練されたデザインなどを選んでもよいでしょう。
  • 色と柄の選択: 訪問着の色や柄は、出席する行事の格式や個人の個性などを反映させる要素となります。柔らかな色合いやシンプルな柄から華やかで目立つデザインまで、店舗によって幅広く選べますが、結婚式のお呼ばれで着用するのであれば上品な淡い色、あるいは古典柄や吉祥文様など気品ある色柄をチョイスするのがよいでしょう。

紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」は、幻の染物として人気の高い「辻が花」染めの訪問着です。紅藤色から瑠璃色へのぼかしが施され、花々が描き出されています。デフォルメされているので花々の種類は定かではありませんが、春にも秋にもお召しいただける訪問着です。絵柄の面積は広いのですが、地色にしっとり感があり、絵柄も細かいので、派手すぎるということはないでしょう。

着物のレンタルショップでは、こうしたポイントも踏まえながら、個々のニーズに合わせた訪問着を提案してくれます。経験豊富なスタッフのアドバイスに耳を傾けながら、ご自身にぴったりの一着を見つけられるようにしましょう。

着付けとカラーコーディネート

着付け師の役割と選び方

新郎新婦であれゲストであれ、結婚式での着物姿というものは一生の記念に残る大切な一場面です。そのため、上手に着付けられるかどうかはたいへん重要なポイントとなります。着付け師は着物を美しく着こなすためのキーパーソンであり、着物の魅力を最大限に引き出すための技術とセンスを持っています。

着付け師の役割

  • 着物の正しい着方を教え、着崩れを防ぐ。
  • 着姿を美しく見せるための細かな調整を行う。
  • 帯の結び方や小物の使い方で個性を表現する。

着付け師の選び方

  • 経験: 結婚式用の着付けの経験が豊富な着付け師を選ぶことが重要です。特に留袖や振袖など、特別な着物であればそれだけ専門的な技術が必要です。
  • センス: 自分の好みや結婚式のテーマに合ったセンスを持つ着付け師を選ぶこと。ポートフォリオや過去の仕事実績をウェブサイトやSNSなどで確認し、そのスタイルが自分に合っているかどうかを確認しましょう。

着物レンタルショップでも経験豊富な着付け師を紹介しているほか、インターネットで検索すれば東京近郊を拠点に出張による着付けを行っている着付け師なども数多く見つけることができます。それぞれが個々のニーズに合わせたサービスを提供しているため、信頼できる着付け師さえ見つけることができれば、結婚式当日をさらに特別なものにすることができますよ。

コーディネートとアドバイスの重要性

着物を選ぶ際は、ただ着物本体の美しさで選ぶのではなく、トータルコーディネートを考えることが大切です。着物の色や柄のほか、帯の選び方、小物使いまで、全体の調和が求められます。

コーディネートのポイント

  • 色のバランス: 着物と帯を同系色に揃えれば、統一感のあるシックな装いに。逆に色の対比を活かしてアクセントをつけると、華やかな印象を作ることができます。
  • 友人との調和: 例えば披露宴で同じテーブルになる予定の友人ゲストが着物で揃える場合は、訪問着・振袖など着物の種類を統一した上で、着物の色をそれぞれ変えてみる、というのも楽しいかもしれません。

プロのアドバイスに耳を傾ける

  • 専門家からのアドバイスを受けることで、自分では気付かないような組み合わせや新しいスタイルが発見できる場合も。
  • レンタルショップでは着物初心者でも安心して選べるよう、経験豊富なスタッフが親切にサポートしてくれます。

一人一人に合った最適な着物スタイルを見つけるためにも、プロの意見を参考にしてみて損はないでしょう。着物レンタルショップではこうしたコーディネートのアドバイスが得られるため、着物選びにおける不安を大きく軽減できるはずです。

ゆめやのレンタルは、着物を選んでいただくだけで、帯・帯揚げ・帯締め・草履・バッグなど、実際のご着用に必要な全ての小物が付属いたします。コーディネートはゆめやスタッフにおまかせいただいてもかまいませんし、ご自分で選んでいただくこともできます。かんざし/髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みによって要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいています。

結婚式場や結納の場における和装

結婚式場での和装のトレンド

近年、結婚式における和装の人気が再び高まっています。東京など都市部の結婚式でも、伝統的なスタイルとモダンな要素が融合した和装が若い人の中に数多く見られます。和装は、その美しさと格式を重んじる日本の結婚式においてきわめて重要な役割を果たしています。

和装のトレンド

  • 色の使い方: 伝統的な色使いに加え、洗練されたモダンなカラーが取り入れられています。淡い色合いや鮮やかな色彩の組み合わせが、新しい和装スタイルを生み出しています。
  • デザインの革新: 伝統的な柄にモダンな要素を加えたデザインも多く見られます。特に若い世代からは、個性的な刺繍や帯のデザインなどが注目されています。

結婚式場での和装の意義
和装は日本の文化と伝統を色濃く反映するアイテムであり、結婚式場においてもその重要な役割を担っています。それは現代的な流行の発信拠点である東京のような大都市にあっても例外ではなく、伝統とモダンが調和した和装が多くのカップルから選ばれています。

結納での和装

結婚式だけでなく、結納などの前行事でも和装は用いられています。特に正式結納においては両家の両親も和装を着用し、家族全体の統一感ある装いでその場を格式ある雰囲気へと高めています。

結納での和装の選び方
結納の場で和装を着用する場合は、正式結納か略式結納かで少し選び方が異なります。

  • 正式結納: 新郎は五つ紋付羽織袴、新婦は振袖。両家の父親も五つ紋付羽織袴を、母親は黒留袖か五つ紋の色留袖を着ます。
  • 略式結納: 略式結納では新婦が振袖や訪問着を着るのに対し、新郎は洋装(スーツ)が一般的です。親の側も、女性(母親)のみ訪問着や付下げ、色無地といった和装を選びます。

和装を選ぶ際は、結婚式場の雰囲気や自身の立場、役割に合わせた選択が大切です。例えば親族の場合は新郎新婦との関係性を考慮した上で、格式に見合った着物を選ぶ必要があります。

その豊かなデザインと色彩によって、特別な日をより華やかに彩ってくれる和装。伝統的な着物からモダンなスタイルまで、幅広い選択肢から自分に合った一着を見つけられるようにしましょう。

料金とオプションについて

着物レンタルの料金体系

結婚式での着物レンタルを検討する際は、料金体系を理解しておくことも大切です。レンタルショップでは、さまざまなニーズに応じた柔軟な料金プランを用意してくれていて、予算に応じて最適な着物を選ぶことができます。

一般的な料金体系の概要

  • 基本料金: 基本料金には、着物一式(着物、帯、小物など)のレンタルが含まれます。この料金は、着物の種類や品質、デザインによって異なります。
  • 追加料金: 追加オプションや特別なリクエストがある場合は、追加料金が発生することがあります。例えば、特別な帯結びや高級小物の利用などがこれに該当します。

料金プランの選び方

  • 予算の設定: まず、自分の予算を明確に設定します。その範囲内で最適なプランを選ぶようにするのが賢い選び方です。
  • 必要なアイテムの確認: 必要なアイテムがそのセットに全て含まれているか確認しましょう。その上で必要があれば、それに応じて追加オプションを選択します。

料金体系はショップによって異なるため、複数のショップを比較検討するのがベター。事前に予約や相談をしておくことで、予算に合った最適なプランを見つけやすくなりますよ。

追加オプションとその価値

着物レンタルにおける追加オプションは、さらに個性的で印象的な装いを実現してくれます。レンタルショップではそうしたオプションも多数用意されていて、結婚式の装いを特別なものにするために大きな役割を果たしてくれます。

主な追加オプション

  • 高級小物の利用: 例えば特注の帯や高級な髪飾りなど、普段ではなかなか手に入らないアイテムをレンタルできます。
  • 着付けサービス: 専属の着付け師の派遣や当日ゆとりをもった時間の確保など、専門の着付け師による着付けの各種サービスが用意されています。
  • 撮影サービス: 結婚式当日の美しい姿を残すための、プロによる撮影サービス。記念に残る写真を撮影してもらうことができます。

オプションの価値

  • 追加オプションを利用することで、より個性的で印象的な着姿を実現することが可能になります。特に結婚式のような特別な日には、自分だけのスタイルを追求するだけの価値があるといえるのではないでしょうか。
  • 普段着慣れない着物だからこそ、オプションで得られる安心感はかけがえのないもの。結婚式の記憶をより色鮮やかにし、後にすてきな思い出として振り返ることができるはずです。

着物のレンタルショップでは、結婚式の日を一層特別なものにするべく、上記のほかにもさまざまなオプションを用意しています。オプションの利用を検討する際は、自分のスタイルや予算に合わせた最適な選択をするようにしましょう。

予約と試着の流れ

予約するまで・予約してからの順序

着物レンタルをスムーズに進めるためには、予約前後の流れを理解しておくことが欠かせません。レンタルショップでは通常、次の流れに従って予約が進められます。

予約の手順

  • 店探しと選定: まずはインターネットや口コミを利用して、評判の良い着物レンタルショップをリストアップします。
  • 問い合わせ: 電話やメール、サイトの問い合わせフォームなどを通して、予約可能日や料金プラン、提供しているサービスの詳細などを確認します。
  • 予約申し込み: 日程が決まったら、具体的な予約を行います。この際に、希望する着物の種類や色、サイズなどの希望を伝えます。
  • 試着日の決定: 予約が確定したら、試着の日にちを選びます。試着は結婚式の数カ月前に行うのが一般的です。
  • 試着と最終決定: 試着の日には可能であればさまざまな着物を試着してみて、最終的な選択を行うようにします。スタッフのアドバイスも参考にするとよいでしょう。
  • 詳細の確定、契約: 着物の種類やサイズ、追加オプションなどの詳細が決定したら、それらの確認と最終的な契約を行います。

試着と着物選びのポイント

着物選びにおいて、試着は最も重要な行程の一つです。試着を通じて、自分に最も適した着物を選ぶことができます。

試着のポイント

  • サイズ感の確認: 着心地や見た目のバランスを確認し、自分に合ったサイズの着物を選びます。
  • 色やデザインの選択: 結婚式のテーマや個人の好みに合わせて色やデザインを選びます。スタッフのアドバイスを参考にしながら、自分に似合うスタイルを見つけましょう。
  • 動きやすさの確認: 結婚式当日は長時間着物を着用するため、動きやすさも重要なポイントです。歩いたり座ったりする動作をその場で試してみましょう。

ワンポイントアドバイス

  • 結婚式の雰囲気や立場に合わせた着物を選ぶことも大切です。新郎新婦の親族ならば格式の高い留袖を、友人であれば華やかな振袖訪問着を選ぶのが一般的です。
  • 試着時には帯や小物の組み合わせも試し、トータルでのコーディネートをイメージすることが重要です。

レンタルショップでも、こうしたポイントに基づいた詳細なアドバイスをしてくれるはずです。着物の予約や試着は丁寧に進めて、結婚式当日に最適な着物を着用できるようにしましょう。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。折り返しお返事させていただきます。

左から、花嫁さまとお母さまのセットお母さまとご姉妹さまのセット2月~12月の振袖オフシーズンにご利用いただけるお得なプランなどをご用意していますので、ぜひご検討ください。

まとめ

着物レンタルの選び方の総括

この記事を通じて、着物レンタルの選び方について詳しく解説してきました。大切なのは、自分のスタイルと結婚式のテーマに合った着物を選ぶこと。着物レンタルを利用するに当たっては、以下の点に留意しましょう。

  • 種類とデザインの選定: 留袖、振袖、訪問着など、参加するシーンや立場に合わせた着物を選びます。
  • 料金とオプション: 予算内で最適なプランを選び、必要に応じてオプションを追加します。
  • 試着と予約: 事前の試着でサイズやデザインを確認し、できる限り早めに予約を済ませます。

着物のレンタルショップは多種多様にあり、その特色もそれぞれにあります。自分に合ったショップを見つけることで、結婚式当日をより特別なものにすることができるでしょう。

結婚式で着物を楽しむために

結婚式は新郎新婦にとって、人生で一度きりの大切なイベント。それと同時に、お呼ばれするゲストにとっても特別なひとときとなります。だからこそ、着物の準備は丁寧に行いたいもの。和装を選ぶ際には、以下を心にとどめておいてください。

  • 早めの準備: 着物は早めに選び、予約を済ませておくことで、直前になって慌てることがなくなります。早期割引などの金銭的なメリットも。
  • 自分に合った選択: 自分の体型や好み、結婚式のテーマに合った着物を選びましょう。
  • プロの意見を参考に: プロの和装スタッフの意見は貴重です。迷ったときは積極的に相談しましょう。
  • リラックスして楽しむ: 何よりも、この特別な日を楽しむことが最も重要です。着物はその日をより美しく、思い出深いものにしてくれます。

結婚式に向けた和装の準備は一見たいへんに思えるかもしれませんが、これらの点を踏まえることで、円滑に用意を行うことが可能となります。着物のレンタルサービスは、その多様な選択肢と高品質なサービスで、結婚式を一層輝かせてくれるでしょう。

〈参考記事〉
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/houmongi/377/
https://www.buysellonline.jp/blog/houmongi-obi-tpo

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

マゼンダ色に花薬玉の七歳祝着【kod118】

【7歳の七五三】四つ身とは?女の子の着物の選び方とレンタル方法

七五三は、お子さまたちの成長を祝う日本の伝統的な行事の一つです。特に7歳の女の子にとっては、初めて帯を締めるという重要な節目となります。この特別な日に、どのような着物を選ぶかは、多くの親御さんにとって大きな悩みの一つでし […]

ひとつ前の記事

スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖【tom35】

特別な一日に色留袖を着たい!東京の着物レンタル市場は?選び方は?

はじめに: 色留袖レンタルの基礎知識 留袖は、日本の伝統的な礼装の一つで、特に重要な場面で着用されます。留袖の種類の一つである色留袖は、黒留袖とは異なり、さまざまな色と柄が特徴的な着物です。色留袖は、結婚式などの特別なシ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!