着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖【tom35】

特別な一日に色留袖を着たい!東京の着物レンタル市場は?選び方は?

はじめに: 色留袖レンタルの基礎知識

留袖は、日本の伝統的な礼装の一つで、特に重要な場面で着用されます。留袖の種類の一つである色留袖は、黒留袖とは異なり、さまざまな色と柄が特徴的な着物です。色留袖は、結婚式などの特別なシーンで親族が着用することが多く、格式高い装いとして知られています。

色留袖とは: 晴れ着としての特別な意味

色留袖は、既婚女性・未婚女性の両方が着用できる格式の高い礼装です。一般的に、色留袖には上品な花や御所車などの古典的な柄が描かれていて、四季の花々や流れる水など、日本の自然を象徴するモチーフが多用されます。これらの柄は、着用者の地位や品格を象徴するとともに、祝福や豊かさを表現しています。

色留袖の特徴的な点は、色彩の豊かさです。伝統的な黒留袖に比べ、色留袖は緑・紫・水色・黄色など多彩な色調が揃えられていて、着用する人の個性や好みに合わせた選択が可能。また、色留袖に五つ紋を入れたものは黒留袖と同格の、最も高い格式となります。一方で紋の数を減らすと格式を下げることができ、訪問着と同じ格で着用できます。

東京でのレンタル市場: 色留袖レンタルの概要

東京では、色留袖のレンタルサービスが数多く提供されていて、さまざまな種類やサイズの色留袖を選ぶことができます。これにより、結婚式などの特別な日に、美しく上品な色留袖を身にまとうことができるのです。

レンタルのメリットは、高い価格であることが多い正絹の着物を、手頃な料金で着ることができる点にあります。また、サイズ調整・着付け・帯の結び方など、着物に関する全てのサポートが受けられる場合が多いため、着物に不慣れな方でも安心して利用することができます。

東京のレンタルショップでは、振袖・訪問着・袴など、色留袖以外の種類の着物も豊富に取り揃えています。卒業式や成人式、親族の結婚式など、さまざまなシーンに合わせた着物を選ぶことが可能。また、レンタルの際には、身長や体型に合わせたサイズ選びが重要であり、専門のスタッフが丁寧に対応してくれます。

アンティークきものレンタル ゆめや は、東京と山梨に店舗を構え、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。黒留袖や色留袖も、上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。

まずは、お若い女性におすすめの色留袖を見てみましょう。「フレッシュピンクに祇園の景色柄の色留袖」は、フレッシュピンクの正絹地に、京都の風景と舞妓さん、鼓や扇が描きだされた、景色柄の一つ紋付き色留袖です。絵柄のあたりがふっくらと盛り上がっていて、上質な着物だということが分かります。落款ではなく、作品名と思われる「祇園の舞」という銘があります。新郎新婦のご姉妹さまがお召しになると、親族席の格が上がりますよ。

色留袖の特別な意味や東京でのレンタル市場の概要について説明しました。次の章では、色留袖レンタルのメリットについて詳しく解説していきます。

色留袖レンタルのメリット

色留袖をレンタルすることには、多くのメリットがあります。特に、コストパフォーマンスの観点と、多様な選択肢から選べる利便性が大きな利点です。

コストパフォーマンス: 値段と品質のバランス

色留袖を購入する場合、特に正絹のものであれば、かなり高価になることが一般的です。一方で、レンタルサービスを利用することで、はるかに手頃な価格で高品質な着物を着用することが可能です。以下に、購入した場合とレンタルした場合のコストを比較してみます。

購入時のコスト

  • 着物本体: 数十万円
  • 帯: 数万円
  • 小物類: 数万円
  • トータル: 数十万〜数百万円

レンタル時のコスト

  • 着物セット一式(着物、帯、小物類): 数万円
  • サイズ調整・着付けサービス: 数千円
  • トータル: 数万円

このように、レンタルは購入に比べて大幅にコストを抑えることができます。また、レンタル料金には着付けサービスが含まれていることが多く、追加の出費を抑えることができるのも大きなメリットです。

多様な選択肢: 取り揃えとスタイルの豊富さ

東京の色留袖のレンタルショップでは、さまざまな種類の色留袖を取り揃えています。色彩豊かなものから、古典的な柄、現代的なデザインまで、幅広い選択肢からお好みの色留袖を選ぶことができます。以下に、レンタル可能な色留袖の種類の例を挙げてみましょう。

色のバリエーション

  • 緑、紫、水色、黄色、白など

柄の種類

  • 古典的な御所車、四季の花、流れる水のデザイン
  • 現代的な刺繍や花のデザイン

サイズの選択肢

  • 身長や体型に合わせた多様なサイズ

この豊富な選択肢により、色留袖を着るシーンや個人の好みに合わせた最適な選択が可能になります。結婚式など、特別な日にふさわしい色留袖を選ぶことで、その日の思い出をより豊かなものにしましょう。

スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖」は、丸に花菱の一つ紋付きアンティーク色留袖です。花菱の織り柄がほどこされたスイートグレー色の正絹地に、横向きに幅広のラインが描かれ、ラインの中には鳳凰や、デフォルメされた橘などの花々が描かれています。金駒刺繍もほどこされ、裏地も共布で、こだわりぬいたお誂えの色留袖です。

ここでは、色留袖レンタルのコストパフォーマンスと多様な選択肢がもたらすメリットについて詳しく説明しました。続いては、サイズとフィット感に焦点を当て、色留袖レンタルの鍵となる要素について掘り下げていきます。

サイズとフィット感: 色留袖レンタルの鍵

色留袖レンタルにおいて、サイズ選びとフィット感はたいへん重要な要素です。特に色留袖のような格式高い着物を着る際には、見た目の美しさだけでなく、着心地の良さも重視する必要があります。

サイズの重要性: レンタル時のサイズ選び

色留袖のサイズ選びにおいては、以下のポイントが重要になります。

身長と体型に合わせたサイズ選び

  • 身長に合わせた丈の長さ: 色留袖を選ぶ際には、身長に合わせた適切な長さを選ぶことが大切です。特に着丈と裄丈の長さは重要。長すぎず、短すぎない、ちょうど良い丈のものを選びましょう。
  • 体型に合わせた幅: 色留袖は体型によってもフィット感が異なります。太め、細身など体型に合わせて色留袖を選ぶことが重要です。

着心地の良さ
色留袖を着用する際は長時間にわたることが多いため、着心地が良くなければ不快感を覚えることがあります。レンタル時には、着心地を重視して選ぶことが肝心です。

レンタルショップでは、専門のスタッフがサイズ選びをサポートしてくれるため、着物に不慣れな方でも安心して選ぶことができます。

トータルサポート: 着付けによるサイズ調整と試着のサービス

色留袖のレンタルサービスでは、以下のようなトータルサポートが提供されることが多いです。

着付けによるサイズ調整
身長や体型に合わせて着付けをすることで微調整が可能です。このサービスにより、レンタルの色留袖でもまるでオーダーメイドのようなフィット感を得ることができます。しかしながら、丈が長すぎたり短すぎたりするものは着付けで調整ができない場合があるため、自分の体形に合った色留袖を選ぶことを心がけましょう。

プロの着付けサービス
色留袖の着付けは複雑であり、専門の技術が必要です。多くのレンタルショップには、プロの着付け師が所属していて、完璧な着姿に整えてくれます。

アフターサポート
着用中のトラブルや疑問に対応するアフターサポートも重要です。何か問題が生じた場合に、迅速に対応してくれる体制が整っていることが望ましいです。

色留袖レンタルにおけるサイズの重要性とトータルサポートについて詳しく解説しました。続いて、予約方法と色留袖レンタルにおけるオプションサービスに焦点を当てて詳しく見ていきます。

予約方法とオプション

色留袖レンタルを利用する際に、スムーズに予約することができて、適切にオプションを選択できることは、満足できるレンタルをするために不可欠です。特に重要な日に色留袖を着用する場合は、事前の準備が大切になります。

スムーズな予約のステップ

色留袖をレンタルする際には、おおむね以下のステップで予約を進めます。

1.レンタル店選び
東京には多くの着物レンタル店があります。店舗の評判・取り扱う色留袖の種類・価格・サービス内容を比較して選びましょう。

2.来店予約またはオンライン予約
店舗によっては、事前に来店の予約が必要です。また、オンラインで色留袖の種類を選んで予約することも可能です。

3.着物の選択
店舗によっては、色・柄・サイズが異なる色留袖を多数取り扱っています。目的のシーンや好みに合わせて選びましょう。

4.サイズの確認
身長や体型に合わせたサイズ確認は、レンタル店のスタッフが行います。正確なサイズを伝え、実際に試着してみることが大切です。

5.レンタル日の確定
使用する日を事前に確定しましょう。ピークシーズンに利用する場合は早めの予約をおすすめします。

6.オプションの選択
帯や小物などのオプションも同時に選びます。これらは色留袖の印象を大きく左右します。色留袖との調和を意識して選びましょう。

7.支払いと確認
支払いをする前に、レンタルの詳細を再確認しましょう。特にキャンセルポリシーや汚損の際の賠償などについては事前に確認をしておきます。内容に問題がなければ支払いを済ませ、予約を完了しましょう。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。

レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からご連絡ください。着物に詳しいベテランスタッフから、折り返しお返事させていただきます。

アクセサリーや小物のレンタルのオプション

留袖の着こなしを引き立てるために、店舗によっては以下のようなオプションを選ぶことができます。


色留袖に合わせた上品な帯を選びましょう。帯の種類が色留袖の印象を大きく変えます。なお、色留袖は格が高い着物になるため、帯の格も同格または格上のものを合わせます。そのため、名古屋帯ではなく袋帯を選びましょう。

帯締め・帯揚げ
帯だけでなく、帯締めや帯揚げも色留袖を引き立てる重要な役割があります。色や素材にこだわって選びましょう。

草履・バッグ
草履やバッグも色留袖とのコーディネートが重要です。シーンに合わせた上品なデザインを選びます。

髪飾り
結婚式など特別な場合は、髪飾りもレンタルできます。色留袖に合った華やかな髪飾りを選ぶとよいでしょう。

ここでは、色留袖レンタルの際の予約方法とオプション選択について説明しました。次章は、門出にふさわしい留袖選びのポイントを詳しく解説していきます。

門出にふさわしい色留袖選び

人生の特別な節目に色留袖を着ることは、日本の伝統的な美意識を表す意味でも、素晴らしい方法です。色留袖を選ぶにあたっては、年代やスタイル、さらには紋の有無や数といった要素が重要になります。

年代とスタイル: 色留袖選びのポイント

色留袖を選ぶ際に考慮すべき年代とスタイルの要素は以下のとおりです。

年代に合わせた選択
色留袖は年齢によって選ぶ柄や色が異なります。若い女性は華やかな柄や明るい色の留袖を、年配の女性は落ち着いた色合いや古典的な柄の留袖を選ぶ傾向があります。

式典やイベントのスタイル
結婚式、親族の卒業式など、着用するイベントに合わせて色留袖を選びます。格式の高い式典ではより伝統的なスタイルを、カジュアルなイベントでは少しモダンなデザインを選ぶことも一つの方法です。

色と柄の選択
色留袖は多種多様な色や柄があります。自身の好みや、着用するシーンに合わせて選ぶことが重要です。伝統的な流れや四季を表す柄、華やかな花のデザインなど、多様な選択肢があります。

五つ紋の色留袖: 伝統と格式を感じる選択

五つ紋の色留袖は、日本の礼装において最も格式が高いとされる着物です。以下の点を考慮して選びましょう。

五つ紋の意味
五つ紋は、着物の両袖・背中・胸元の両側に紋を配したもので、正式な礼装としての地位を示しています。特に結婚式などの正式な場では、紋が入った色留袖を選ぶことが一般的です。ただし、結婚式で色留袖を着用するのは通常新郎新婦の親族である場合が多く、立場によっては五つ紋ではなく、格が低い三つ紋や一つ紋を着ることもあります。

紋の種類とデザイン
紋にはさまざまな種類があります。現在の自分の家紋やご実家の家紋、レンタルの場合には家柄に関係なく使うことができる通紋があります。どの紋を用いても問題ありません。

上品で格式の高いデザイン
五つ紋の色留袖は、上品さと格式を兼ね備えたデザインが求められます。伝統的な柄や色合いを選ぶことで、格式高い装いを実現できます。

ゆめやの留袖から「消炭色に若松と丸紋の色留袖」をご紹介いたしましょう。それほど古い着物ではないので、ゆめやの中では現代物に分類されます。表地は正絹ですが、裏の比翼はおそらく化繊か、化繊が混じっている生地だと思われます。裏地ですので見た目にはもちろん問題ございませんし、着心地も悪くありません。絵柄は若松に丸紋様で、プリントのような感じですが、鶴・雲・花芯には金駒刺繍がほどこされて、品良い佇まいです。着物に合わせて帯もシックな色でまとめました。新郎新婦のご親族さまで年配の方におすすめの、五つ紋付色留袖です。

ここまで、特別な門出にふさわしい色留袖の選び方について説明しました。色留袖選びにおいては、年代やスタイル、伝統的な要素を考慮することが重要です。次の章では、レンタルの際の注意点とアドバイスについて詳しく見ていきます。

レンタルの際の注意点とアドバイス

色留袖のレンタルは、特別な日を華やかに彩る素晴らしい選択肢ですが、レンタル衣装の管理や扱い方には特に注意が必要です。以下の点を念頭に置くことで、レンタル色留袖を最大限に活用し、思い出深い一日を過ごすことができます。

品質と保全: レンタル衣装の管理

色留袖のレンタルを選ぶ際に考慮すべき点は以下のとおりです。

品質の確認
レンタルする色留袖の品質を確認しましょう。特に正絹の色留袖はデリケートなので、汚れや傷がないかどうかを、事前に丁寧にチェックしておくことが必要です。

取り扱いポリシー
レンタル店ごとに色留袖の取り扱いポリシーが異なります。返却時の汚れや損傷に関する規定を事前に理解しておきましょう。

信頼できるレンタル店選び
信頼できるレンタル店を選ぶことはたいへん重要です。品質が高く、良い状態の色留袖を提供する店を選びましょう。

特別な日の準備: レンタル衣装衣装の扱い方

レンタルした色留袖を扱う際のアドバイスは以下のとおりです。

取り扱いの注意
色留袖は正絹などのデリケートな素材で作られているため、着用中や着脱する際には特に注意が必要です。引っ掛けたり、強く引っ張ったりしないようにしましょう。

汚れや損傷を避ける
食事の際は特に注意して、色留袖が汚れないようにしましょう。また、アクセサリーなどで色留袖を傷つけないように注意が必要です。

返却前の準備
返却前には、色留袖を丁寧にたたんで、付属品を確認しましょう。レンタル店の指示に従って期日までに色留袖を返却しましょう。

レンタルの色留袖の管理と扱い方についての注意点とアドバイスをお届けしました。これらのポイントを念頭に置いておくことで、レンタルの色留袖を安心して楽しむことができます。次は、この記事のまとめとして、色留袖レンタルの魅力と利便性について総括します。

まとめ: 美しい門出を彩る色留袖レンタル

本記事では、色留袖レンタルの基本から、選び方、レンタルの際の注意点までを詳細に解説してきました。色留袖は、特別な日にふさわしい装いです。また日本の伝統的な美しさを体現する重要な衣装でもあります。ここで、総合的なアドバイスと、東京での色留袖レンタルの魅力を振り返りましょう。

参考となるポイント: 総合的なアドバイス

適切なレンタル店選び
品質の高い色留袖や豊富な選択肢を提供する信頼できるレンタル店を選びましょう。

サイズとフィット感の確認
自身の体型に合った色留袖を選びましょう。ある程度であれば着付けで調整することはできますが、長すぎたり短すぎたりするものは調整ができないため、自分の体形に合った色留袖を選ぶことが大切です。

オプションの活用
帯や小物などのオプションを上手に活用し、トータルコーディネートを楽しみましょう。

事前の予約と準備
イベント日に合わせて早めの予約をし、当日の準備を怠らないようにしましょう。

レンタル衣装の丁寧な扱い
色留袖はデリケートな素材でできているため、慎重に扱い、返却時には損傷がないかどうか状態を確認しましょう。

お客様に選ばれる理由: 東京での色留袖レンタルの魅力

東京での色留袖レンタルは、以下の理由から多くのお客様に選ばれています。

多様なスタイルとデザイン
年代やシーンに合わせた多様なスタイルとデザインの中から選べます。

コストパフォーマンス
高品質な色留袖を手頃な価格でレンタルでき、特別な日を彩ることができます。

トータルサポート
サイズ調整から着付けまで、プロフェッショナルなサポートが受けられます。

文化的な価値
日本の伝統文化を身近に感じることができ、特別な日をより意義深いものにします。

この記事を参考に、あなたの大切な日にふさわしい色留袖を選び、美しく、忘れがたい一日を迎えてください。東京での色留袖レンタルは、伝統的な装いを楽しめるとともに、現代的な便利さを体感することができます。色留袖のレンタルを通して特別な体験をお楽しみください。

左「スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖」、中央「フレッシュピンクに祇園の景色柄の色留袖」、右「シメント色に鶴と菖蒲の五つ紋付色留袖

〈参考記事〉
https://www.ichiri.ne.jp/kitsuke/blog/p21286/
https://www.kimonomachi.co.jp/site/size/index.html
https://www.yumeyakata.com/formal/formal_sizeinfo.html
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/itsutsumontoha/
https://kimono-rentalier.jp/column/wedding/wedding-kimono-shinzoku-tomesode/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/1258/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

ヘアスタイルイメージ

【着物のプロ解説】結納における母親の立場と役割、服装の選び方は?

はじめに この記事では、結納における母親の役割とその重要性、特に服装選びの基本に焦点を当て紹介しています。母親としての立場を理解し、適切な服装でこの大切な日を迎えるための基礎知識を確認していきましょう。 結納とは:両家の […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!