白無垢 綿帽子 イメージ

【2024年最新版】色打掛と白無垢どちらを選ぶ?角隠しの役割とは?

目次

はじめに

色打掛とは?和装婚礼の魅力

結婚式は、人生で最も美しく、記憶に残る瞬間の一つです。特に和装での婚礼は、その伝統と優雅さで、多くの人々を魅了しています。中でも「色打掛」は、日本の結婚披露宴における花嫁の衣装として非常に人気があります。

色打掛とは、豪華な刺繍や絵柄が施された、カラフルな和装の一種です。伝統的に地色は赤が多用されますが、近年では様々な色やデザインのものが登場しています。この衣装は、花嫁の幸せと華やかさを象徴し、結婚式のハイライトともいえる存在です。

伝統とモダニティの融合

色打掛は、古くから日本の結婚式で愛されてきた衣装です。伝統的な意匠が施されながらも、現代の感性を取り入れたモダンなデザインが多く見られます。例えば、古典的な鶴や松の文様から、バラなど現代的な洋花柄、チェック柄といった抽象的な模様まで、多種多様なデザインがあります。

色打掛の役割

結婚式において色打掛が果たす役割は大きいです。これを着用すると、花嫁は伝統的な日本の美を体現し、結婚式の雰囲気を一層盛り上げます。色鮮やかな打掛は、写真や映像でも映え、美しい思い出を残すのに最適です。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやの色打掛をご紹介しましょう。
左端「能舞台の感動が蘇る色打掛一式」鮮やかな朱色にグリーンの松のコントラスト。能面を被った役者がところどころに居て、動きのあるアンティーク着物です。中央「グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」グリーン地にゴールドの豪華な打掛です。刺繍のように見える柄は織り込まれたもので、重厚感があります。右端「花井幸子作、緑の地に桜・紅葉・御所車の色打掛一式」打掛には珍しい明るいグリーン。シンプルな柄に、裾の赤いフキがアクセントになっていますね。

角隠しの役割と歴史

角隠しとは、和装婚礼において花嫁の髪型を美しく見せるためのアイテムです。具体的には、花嫁の髪型の一部を覆う布製の装飾品で、特に「島田髷」や「文金高島田」といった伝統的な日本髪に合わせて使用されます。素材は白絹です。

角隠しの由来

角隠しの起源は江戸時代まで遡ります。由来は諸説ありますが一説によると、女性は嫉妬の感情を抑えきれず鬼になると考えられていたので、角を隠してしとやかな妻になる、という意味がありました。嫉妬のような悲しい感情を味わうことなく、幸福になりますように、との願いも込められています。

現代における角隠し

現代では、角隠しは和装婚礼の一部として、より装飾的な要素が強くなっています。かつてはかつらと共に使用するのが一般的でしたが、最近は地毛で結った新日本髪にも合わせるようになりました。髪型の美しさを引き立てると同時に、花嫁の顔立ちをよりはっきりと際立たせ、全体の衣装との調和を図ります。角隠しは、和装婚礼における重要なアクセントとして、その役割を果たしています。

以上の通り、色打掛と角隠しは、和装婚礼において重要な役割を果たしています。それぞれが持つ伝統と美しさは、結婚式をより特別なものにし、忘れられない思い出を作り出すでしょう。

色打掛の種類とデザイン

伝統的な赤色打掛の意味

和装婚礼において、色打掛は花嫁の装いを一層引き立てる重要な要素です。特に赤色の打掛は、その鮮やかさと深い意味合いを持ち、多くの人々の目を釘付けにします。

赤色打掛の象徴性

赤色は日本の伝統文化において、幸福と繁栄の象徴とされてきました。古来、生命の色、太陽の色として魔をしりぞける力を持つといわれています。今でも「赤は元気色」といったりしますよね。赤色打掛を身に纏うことは、結婚という新しい生活において、幸せと良運を呼び込むとの意味があるのです。

デザインと文様

赤色打掛には、さまざまな伝統的な文様が施されています。例えば、鶴は長寿と幸福を、松は不老長寿の象徴です。これらの文様は、結婚式の祝福と花嫁への願いを表現しています。

色打掛と他の和装との違い

赤色打掛は、他の和装、例えば白無垢や振袖と比べて、その華やかさと豪華さで区別されます。白無垢が純潔を象徴するのに対し、赤色打掛は結婚における華々しさと喜びを表しています

モダンなデザインの色打掛とその特徴

伝統的な赤色打掛に加えて、現代の花嫁たちはさまざまな色とデザインの色打掛を選ぶようになりました。これらのモダンな色打掛は、伝統的な要素を維持しつつ、現代の感性を取り入れたものです。

モダンデザインの多様性

モダンな色打掛は、伝統的な赤以外の色を使用することが多いです。例えば、淡いピンクやエレガントな紫など、さまざまなカラーバリエーションがあります。これらは、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれます

現代的な文様とデザイン

モダンな色打掛には、伝統的な文様に加え、現代的なデザインが取り入れられています。たとえば、自然をモチーフにした抽象的なデザインや、西洋の影響を受けたモダンな花柄などがあります。「和モダン 色打掛」で検索してみましょう。

レンタルの選択肢

現代では、色打掛のレンタルサービスも充実しており、さまざまなスタイルから選ぶことが可能です。レンタルサービスを利用すると、花嫁は結婚式のテーマや自身の好みに合わせて、最適な色打掛を選べるでしょう。

伝統的な赤色打掛とモダンなデザインの色打掛、どちらも和装婚礼において花嫁を輝かせ、特別な日をさらに美しく演出します。花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれる色打掛は、その人らしさとともに、和装の美しさ、日本の花嫁の美しさを120%アップグレードする衣装といえるでしょう。

角隠しの美しさとその重要性

角隠しと花嫁の髪型の調和

和装婚礼において、角隠しは花嫁の髪型を美しく見せるための頭飾りです。これは、婚礼の和装に欠かせない装飾品であり、特に「島田髷」や「文金高島田」などの伝統的な日本髪に合わせます。白無垢に合わせる綿帽子よりも顔や表情がはっきりと見えるのが、主な特徴です。

角隠しの役割

  • 髪型の美しさを強調:角隠しは、花嫁の髪型の一部を覆う白布です。清潔感があり、より洗練された外観を作り出します。
  • 全体のバランスを整える:和装全体のバランスを考慮し、角隠しが髪型と和装との調和を図ります。
  • 汎用性:角隠しは綿帽子と違い、挙式、披露宴どちらでも着用できます。白無垢から色打掛に衣装チェンジする場合も、付け替えの手間がなくお色直しの時間を短縮できるでしょう。

選び方とデザイン

  • 伝統的なデザイン:伝統的な角隠しは、花嫁の髪型に合わせた形状で、装飾は白地に崩し紋などが施されています。
  • 流れるようなシルエット:角隠しは一枚の幅広の布で、流れるようなシルエットが自慢です。

角隠しの着用方法

  • 髪型との調和:角隠しは、花嫁の髪型に応じて適切に配置され、全体の見栄えを高めます。
  • 安定性と快適さ:角隠しは安定して着用できるように設計されており、長時間の儀式にも適しています。

ここで、角隠しに合わせる花嫁かんざしをご紹介しましょう。
左「丸い菊と小菊のべっ甲調花嫁かんざし」べっ甲調のかんざしはシンプルで上品です。清楚な花嫁を印象付けます。白無垢の他、色打掛に合わせても綺麗です。右「べっ甲調に金や赤の蒔絵の漆塗り風、花嫁かんざし」漆塗り風の赤いかんざしはとても華やかで、豪華さがあります。色打掛や黒引き振袖に合わせることをおすすめします。

結婚式における角隠しの役割

角隠しは単なる装飾品以上の意味を持ち、結婚式における花嫁の美しさと品格を象徴します。

結婚式での象徴的な意味

  • 花嫁の美しさの象徴:角隠しは、花嫁の優雅さと美しさを際立たせるための重要な要素です。加えて、新しい家に嫁ぐ者の凛とした強さ、潔さなども感じます。
  • 和装の伝統を継承:角隠しは和装婚礼の伝統を継承し、文化的な価値を加えています。

役割と機能

  • 視覚的なバランス:角隠しは花嫁の顔立ちと髪型に視覚的なバランスをもたらし、全体の和装を引き立てます。
  • 儀式的な重要性:角隠しは結婚式の儀式において、花嫁の重要な役割を象徴するアイテムです。

和装婚礼において、角隠しは単なるアクセサリー以上の意味を持ち、花嫁の髪型と和装の調和を図ります。そのデザインと機能は、婚礼の伝統と花嫁の美しさを際立たせるために大切な役割を担っています。角隠しは、和装婚礼のエレガントな伝統文化として、今もなお多くの花嫁に選ばれ続けているのです。

色打掛と白無垢の違い

両衣装の特徴比較

和装婚礼において、色打掛と白無垢は花嫁に提供される二つの選択肢です。もちろん、どちらも同じ日に着られます。これらの衣装は、それぞれ異なる伝統と意味を持ち、花嫁の個性や婚礼のテーマに合わせて選ばれます。

色打掛の特徴

  • 色彩の豊かさ:色打掛はその名の通り、多彩な色使いが特徴です。赤をはじめとする鮮やかな色が多用されます。
  • 豪華な装飾金糸や色鮮やかな刺繍で、様々な文様が施されています。
  • 華やかな印象:色打掛はその豊かな色彩と装飾で、結婚式に華やかさを添えます。

白無垢の特徴

  • 純白の美しさ:白無垢は、純白を基調とした衣装で、清らかさと純潔を象徴しています。
  • シンプルな装飾:白無垢は比較的装飾が控えめで、素材の美しさが際立ちます。
  • 優雅な印象:シンプルでありながらも、輝く純白が清楚と優雅さを演出し、花嫁をより美しく見せます。

色打掛と白無垢を並べてみました。一目でわかる違いは、やはりカラーでしょう。形や着付け方法は同じです。「織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」とても華やかな織り柄で作られている色打掛ですね。白無垢と比べると色の多さだけではなく、柄の多さも感じられます。「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」白地に白や銀色で刺繍が施されていますが、色打掛に比べると柄もシンプルですね。清楚な印象があります。

和装選びでの注意点

和装を選ぶ際には、いくつかの注意点を考慮してください。これらは花嫁の個性や結婚式のスタイルを最大限に引き立てるために役立ちます。

婚礼のテーマとの調和

  • 結婚式のテーマ挙式のテーマや場所に合わせて、色打掛か白無垢を選びます。厳かな神前式には白無垢を、明るく楽しい披露宴には色打掛がよいでしょう。白無垢から色打掛への衣装チェンジもポピュラーです。
  • 個性との合致:花嫁の個性や好みに合わせた和装を選ぶと、より自分らしい式を演出できます。「私は絶対、色打掛!」「純白の白無垢がいい!」といったこだわりは貫きましょう。

体型や着心地の考慮

  • サイズの確認:和装は体型に合わせて選びます。試着して着心地を確認しましょう。サイズは、色打掛も白無垢も着物の上から羽織り、ひきずって歩くスタイルなのでフリーサイズでほぼ問題ないでしょう。打掛の下に着る着物、掛下はサイズ確認が必要です。
  • アクセサリーの選択:髪飾りや小物も和装の雰囲気に合わせたもの、べっ甲のかんざし、櫛などを使い、全体の調和を図ります。

予算とレンタルの選択

  • 予算の設定:和装は価格帯が幅広いため、予算に合わせた選択が必要です。
  • レンタルサービスの利用予算や一回限りの使用を考慮して、レンタルサービスを利用するのもおすすめです。

色打掛と白無垢は、それぞれ異なる魅力を持つ和装です。これらの衣装は花嫁の美しさを際立たせるだけでなく、結婚式の雰囲気を大きく左右します。和装を選ぶ際には、これらの点を考慮して衣装を選び、最も自分らしい、忘れられない結婚式を創り出してください。

結婚式での色打掛の着こなし方

和装衣装としての色打掛の魅力

結婚式における花嫁の衣装として、色打掛はその豊かな色彩と繊細なデザインで、特別な日の装いを華麗に彩ります。色打掛は、伝統的な和装の美しさと現代的なスタイルが融合した魅力溢れる花嫁衣装です。

色打掛の特徴

  • 多彩な色使い:色打掛は、その名の通り伝統的な赤からモダンなパステルカラーまで、幅広い色の選択肢があります。
  • 細やかな装飾:豪華な金糸の刺繍や伝統的な文様が施されており、花嫁を華やかに飾ります。

着こなしのポイント

  • 髪型との調和:島田髷や文金高島田などの伝統的な髪型と合わせると、和装の美しさが引き立ちます。髪型は角隠しでまとめます。
  • 小物の選び方:簪(かんざし)や櫛などの髪飾り、花嫁特有の小物も、色打掛のカラーに合わせて選んでください。

挙式と披露宴での衣装変更について

現代の結婚式では、挙式と披露宴で衣装を変更することが一般的です。この衣装変更は、結婚式の印象を変え、異なる魅力を花嫁にもたらします。

挙式での色打掛

  • 挙式のスタイル:挙式では、白無垢や伝統的な柄を配した色打掛を選ぶ花嫁が多いです。これは、神聖な儀式にふさわしい装いを意味します。
  • 色打掛の役割:色打掛は挙式において、花嫁の主役としての地位を際立たせ、伝統への敬意を表現します。古くは色打掛は白無垢よりも、わずかに格が低い衣装として、挙式で着ることはありませんでした。近年は、色打掛は白無垢とほぼ同格とされ、挙式に着る人も多くなっています。

披露宴での衣装変更

  • 披露宴の雰囲気:披露宴では、より現代的で華やかな色打掛やドレスに変更する花嫁が多いです。
  • 衣装選びのポイント:披露宴の雰囲気やテーマに合わせて衣装を選び、ゲストに新たな印象を与えます。

色打掛は、和装衣装の中でも特に華やかで美しい選択肢です。挙式と披露宴での衣装変更は、その日の感動をさらに深め、花嫁をより輝かせます。色打掛の着こなし方を工夫すると、結婚式はより記憶に残る美しいイベントとなるでしょう。

色打掛レンタルの選び方

レンタル衣装のメリットと注意点

色打掛のレンタルは、結婚式において経済的かつ実用的な選択です。レンタルは特に、一度限りの使用や予算の範囲内で最高の品質を求める花嫁に適しています。

レンタルのメリット

  • コスト削減:レンタルすると、購入に比べて大幅なコスト削減が可能です。
  • 高品質な衣装へのアクセス:レンタルを利用すると、通常は手が届かない高級な色打掛を選べます
  • メンテナンスの手間不要:レンタル衣装は、クリーニングや保管の必要がありません

注意点

  • 早めの予約:人気の衣装は早くから予約が埋まるので、早めの行動が必要です。
  • サイズと状態の確認:レンタル衣装は多くの人が使用するため、サイズや状態をしっかりと確認してください。
  • キャンセルポリシーの確認:予期せぬ事態に備え、キャンセルポリシーを確認しておきましょう。

サイズやデザインの選び方

色打掛のレンタルにおいて、サイズの確認とデザインの選び方は重要です。自身に合った衣装を選ぶと、結婚式の日をより美しく、快適に過ごすことができます。

サイズの選び方

  • 正確な採寸:正しいサイズを選ぶためには、事前に正確な採寸を行います。
  • フィッティングの利用:可能であれば、フィッティングを行い、実際に着てみてのフィット感を確認します。

デザインの選び方

  • 結婚式のテーマに合わせる式のテーマや場所に合ったデザインを選ぶと、全体の調和がとれます。
  • 個人の好みを反映自分自身が好む色やデザインを選び、自信を持って着用しましょう。

色打掛選びのポイント

  • 色の意味を理解する:色打掛の色にはそれぞれ意味があります。例えば、赤は縁起の良い色とされています。
  • 小物とのバランス:色打掛と合わせる小物(かんざしや帯など)も、全体のバランスを考えて選びます。全て一式揃ったレンタルプランが便利です。

色打掛のレンタルは、結婚式を彩るすてきな選択肢です。自分にとって最適な衣装と出合い、特別な日をさらに美しく演出してください。

ゆめやでは、「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)」や「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)」などのお得なプランを取り扱っています。着物を自由に選ぶことができますので、撮影だけなのか、挙式に使用するのかお客さまのニーズにお応えすることができます。

まとめ

色打掛と角隠しの美しい調和

和装婚礼において、色打掛と角隠しは花嫁の美しさを引き立てる重要な要素です。色打掛の豊かな色彩と繊細な装飾、角隠しの伝統的な美しさが組み合わさり、花嫁はその日だけの特別な輝きを放つでしょう。

色打掛と角隠しの組み合わせ

  • 色彩の調和:色打掛の色と角隠しのシルエットが調和して、結婚式の装いに深みを加えます。
  • 伝統とモダニティの融合:伝統的な角隠しと現代的な色打掛の組み合わせは、古典と現代の美を見事に融合させます。

花嫁の個性を反映

  • 個性的な選択:花嫁の個性や好みに合わせた色打掛と角隠しを選択し、一生の思い出に残る装いを実現します。

あなたの特別な日に和装を選ぶ理由

和装は、結婚式の雰囲気を格別なものにし、日本の伝統を感じさせる衣装です。色打掛や角隠しを身に着けると、花嫁はその日の主役となり、日本の伝統を受け継ぐ者として、特別な存在感を放ちます。

和装の魅力

  • 伝統的な美しさ:和装は日本の伝統的な美しさを体現し、結婚式をより格式高いものにします。
  • 記憶に残る瞬間:和装は結婚式の一瞬一瞬をより美しく、記憶に残るものとして、昇華させてくれるでしょう。日本の美しさ、伝統の奥深さが強く心と記憶に刻まれます。

特別な日の選択

  • 個性の表現:和装の選択は、花嫁の個性やスタイルを表現できます。
  • 感動を与える装い:和装はゲストにも感動を与え、自国のアイデンティティーを強く意識する結婚式となるでしょう。

和装、特に色打掛と角隠しは、結婚式において花嫁を最も美しく見せる選択肢です。これらの装いは、伝統と現代の美が融合した独特の魅力を放ち、花嫁の特別な日を一層輝かせることでしょう。

伝統的和婚の鉄板スタイル!色打掛に角隠しを検討したい方は以下のサイトも参考にしてください。

<参考記事>
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/small-articles/14/
https://wakon-style.jp/iroha/6404/#5

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【和装の結婚式】黒引き振袖での前撮りガイド!一生の思い出を美しく残す

はじめに 結婚式は人生の中でも特別な瞬間であり、多くの女性がその記念すべき日に最高の装いを求めます。中でも、和装での前撮りは、結婚式の前に行う大切な儀式の一つとなっており、特に黒引き振袖を選ぶ花嫁は年々増加しています。こ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!