着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

ゆめやTOP画像_卒業式イメージ

【プロ監修】シンプルでおしゃれなスタイル実現!シーン別袴スタイルガイド

はじめに

シンプルでおしゃれな袴の世界へ

袴は、日本の伝統的な和装の一つで、特に卒業式などのフォーマルな場でよく見かけます。最近では、シンプルでおしゃれなデザインの袴が人気を集めており、着物や振袖と合わせることで、一層華やかな装いを楽しむことができます。この記事では、袴の魅力や選び方、シンプルかつおしゃれなコーディネート方法について詳しくご紹介します。

袴の基本知識

まずは、袴の基本について触れてみましょう。袴は、着物や振袖に重ねて穿く、スカートのような形をした伝統的な和装です。もともとは男性の衣装として用いられていましたが、明治時代に女性も穿くようになりました。現代では、卒業式を迎える女の子たちにとって、袴は成長の節目を彩る特別な衣装となっています。

シンプルで洗練されたデザイン

シンプルな袴は、洗練された雰囲気を醸し出します。無地や控えめな柄が特徴で、落ち着いた色合いのものが多いです。黒、白、赤などの基本色から、紫や緑、水色などのバリエーションも豊富です。これらの袴は、着物や振袖の柄を引き立てる効果があり、全体のコーディネートをより美しく見せます。

卒業式らしいすっきりとしたコーディネートを見てみましょう。「紺桔梗色の矢羽根紋様に四季の花の小振袖」に「灰色の無地の袴 (L)」を合わせました。正絹の錦紗縮緬地に、矢羽紋様と扇面紋様が描きだされたアンティーク小振袖と、シンプルなグレーの袴です。学校にふさわしい色合いで、春の喜びが伝わってきそうな組み合わせですね。

サイズとフィット感

袴を選ぶ際には、サイズとフィット感が重要です。身長や着物の丈に合わせて袴の長さを選ぶことで、バランスの良い着こなしが可能になります。大人の女性はもちろん、小学生や中学生の女の子用のサイズもあり、成長に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

コーディネートのポイント

袴をシンプルに、そしておしゃれに着こなすためには、小物選びが重要です。バッグや草履、帯などの和装小物を上手に選ぶことで、全体の印象が大きく変わります。たとえば、無地の袴には刺繍の入った草履を合わせると、さりげないアクセントになります。また、帯の色や柄を袴の色に合わせることで、統一感のあるスタイリッシュな装いを実現できます。

着付けと準備

袴の着付けは、着物とは少し異なるポイントがあります。特に、帯の結び方や袴の長さの調節には注意が必要です。初めて袴を着る場合は、着付け教室でのレッスンを受けるか、プロの着付け師に依頼することをお勧めします。事前に詳細な確認や準備をしておくことで、当日は安心して袴を楽しむことができます。

レンタルサービスの活用

最近では、袴のレンタルサービスも充実しています。特に、卒業式などの一度きりのイベントのために、高額な袴を購入するのはためらわれるという方には、レンタルがおすすめです。豊富な種類から自分に合った袴を選ぶことができ、価格も購入するよりも手頃です。また、レンタルならではのサービスとして、着付けや小物のセット、アフターケアまで提供されることが多いので、安心して利用できます。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、卒業生の皆さまを応援させていただきます。

袴は、ただの伝統衣装ではなく、着る人の個性を表現するすてきなファッションアイテムです。自分に合った袴を見つけて、特別な日を美しく彩りましょう。次の章では、具体的な袴の種類やデザインについて詳しく解説します。

袴の基本:シンプルながらも洗練されたデザイン

袴は、伝統とモダニティを兼ね備えた日本の美しい衣装です。この章では、特にシンプルで洗練された袴のデザインに焦点を当て、その魅力と選び方について掘り下げていきます。

無地やシンプルな柄の魅力

シンプルな袴は、その洗練された美しさで多くの女性たちを魅了しています。無地やシンプルな柄の袴は、着る人の個性や着物の美しさを引き立てるため、たいへん人気があります。以下に、その魅力をいくつかご紹介します。

  • 控えめな美しさ: 無地の袴は、控えめながらも深い美しさを持ち合わせています。着物の柄や色を邪魔することなく、全体のバランスを整えます。
  • 幅広いコーディネート: シンプルなデザインの袴はどのような着物にも合わせやすく、コーディネートの幅が広がります。特に、振袖や小紋などの着物に合わせると、一層の華やかさを演出できます。
  • 洗練された雰囲気: シンプルながらも洗練されたデザインは、大人の女性にふさわしい上品な雰囲気を作り出します。

色の選び方:赤、黒、白などのバリエーション

袴の色選びは、コーディネート全体の印象を左右する重要なポイントです。赤、黒、白をはじめとする基本色から、紫や緑、水色などの色まで、選択肢は豊富にあります。色選びの際には以下のポイントに注意しましょう。

  • 着物との調和: 袴の色は、着る着物の色や柄と調和させることが大切です。例えば、白や淡い色の着物には、赤や紺などの袴が映えます。
  • シーンに合わせた色選び: 卒業式や成人式など、袴を着用するシーンによっても色を選ぶことが重要です。フォーマルな場では落ち着いた色合い、カジュアルな場では明るい色や柄が適しています。
  • 個性を表現する色: 袴は自分の個性を表現するアイテムでもあります。自分の好きな色や似合う色を選ぶことで、より特別な一日を演出できます。

ゆめやの卒業式から「薄いピンク地に菱文様と春秋柄の小振袖」と「抹茶色の無地の袴 (M)」の組み合わせをご紹介しましょう。ほんのりと淡いピンク色の正絹地のアンティーク小振袖と、抹茶色の袴で、淡い色同士のコーディネートです。着物の黄色やオレンジ色と、袴の色が似ているので、すんなりと溶け込みましたね。華やかだけれども派手過ぎない、ほど良いコーディネートになりました。

以上のように、シンプルながらも洗練された袴は、さまざまな魅力を持ち合わせています。着物との組み合わせ、シーンや個性に合わせた色選びを楽しみながら、自分だけのおしゃれな袴スタイルを見つけてください。次の章では、袴のサイズとフィット感について、さらに詳しくご紹介します。

サイズとフィット感:大人から子どもまで

袴を選ぶ際に最も重要なのは、サイズとフィット感です。袴は、着る人の体型や身長に合わせて選ぶ必要があり、特に成人式や卒業式などの大切な日には、完璧にフィットするサイズを選ぶことが大切です。ここでは、大人用と子ども用の袴サイズについて詳しくご紹介します。

大学生や成人式用の袴サイズ

大学生や成人式に参加する女性にとって、袴は特別な意味を持ちます。成人の節目を祝う衣装として、袴はその人のスタイルや個性を表現する重要なアイテムです。以下に、大学生や成人式用の袴サイズ選びのポイントをご紹介します。

  • 身長に合わせたサイズ選び: 身長に合った袴の長さを選ぶことが最も重要です。袴の裾が地面につかないよう、適切な丈を選ぶ必要があります。
  • 体型にフィットするデザイン: 体型に合わせて袴の幅や形を選ぶことで、スタイリッシュな着こなしが可能です。特に、細身のデザインやフレアタイプの袴は、スタイルを美しく見せる効果があります。
  • 着物との組み合わせ: 袴を選ぶ際には、合わせる着物のデザインや色との調和も考えましょう。振袖や訪問着など、さまざまな種類の着物に合わせやすいデザインを選ぶことが大切です。

小学生や女の子向けのサイズ展開

子ども用の袴も、成人式や卒業式などのフォーマルなシーンで人気が高まっています。特に小学生や中学生の女の子にとって、袴は成長の節目を祝う特別な衣装です。子ども用の袴サイズには以下の特徴があります。

  • 成長に合わせたサイズ展開: 子どもの成長は早いため、袴のサイズ選びには特に注意が必要です。身長や体型に合わせたサイズ展開がされているため、子どもの成長に合わせた選択が可能です。
  • 動きやすさを重視: 子ども用の袴は動きやすさが重視されています。運動会や学校行事など、活発な動きが伴う場面でも快適に過ごせるように工夫されていることが多いです。
  • カラフルで可愛らしいデザイン: 子ども用の袴は、カラフルで可愛らしいデザインが特徴です。明るい色や花柄など、子どもらしい元気な印象を与えるデザインが豊富にあります。

ゆめやの袴は、いちばん大きなLLサイズから、L、M、S、SSサイズまで、5段階のサイズ展開でご用意しています。学校の先生や大学生から小学生まで、あらゆる体型の方にフィットする袴を見つけていただけることと思います。左「濃い灰色に花鎖の手刺繍の袴 (LL)」は、袴丈が約99cmですので、身長163~167cmの方にちょうど良いサイズです。右「深紅色の無地の袴 (SS)」は、袴丈が約83cmですので、身長145~147cmの方向けとなります。

袴のサイズとフィット感は、見た目の美しさはもちろんのこと、着心地にも大きく影響します。大人用、子ども用それぞれのニーズに合わせたサイズ選びをすることで、特別な日をより快適で思い出深いものにすることができます。次の章では、着物と袴の組み合わせについて、より詳しくご紹介していきます。

着物との組み合わせ:和服としての袴

袴と着物の組み合わせは、和服の魅力を最大限に引き出す重要な要素です。この章では、着物と袴が織りなすハーモニーと、特に教育現場で愛用される和装スタイルについて詳しくご紹介します。

着物と袴のハーモニー

着物と袴の組み合わせは、日本の伝統的な美を現代に伝える素晴らしいスタイルです。ここでは、そのハーモニーを生み出すポイントをいくつかご紹介します。

  • 色と柄の組み合わせ: 着物と袴の色や柄の組み合わせは、全体の印象を大きく左右します。着物が華やかな柄の場合は、シンプルな袴を選ぶとバランスが取れます。逆に、着物がシンプルな場合は、袴に少し柄や色を取り入れるとよいでしょう。
  • 素材と質感の調和: 着物と袴の素材や質感も重要です。例えば、光沢のある着物にはマットな質感の袴が合います。季節感も考慮し、冬なら暖かみのある素材、夏なら涼しげな素材を選ぶことがポイントです。
  • 小物でアクセント: 袴スタイルをさらに引き立てるためには、帯やバッグ、草履などの小物選びも大切です。小物を上手に組み合わせることで、より洗練された和装スタイルを演出できます。

先生や教員も愛用する和装スタイル

日本の学校では、卒業式などの式典で先生や教員が袴を着用することがあります。この和装スタイルは、卒業式の礼装として定着していて、卒業を祝うための格式高い選択と言えるでしょう。以下に、教育現場で好まれる和装スタイルの特徴をご紹介します。

  • 格式と品格を重視: 学校の式典では、格式と品格を重視した和装が求められます。シンプルで落ち着いた色の袴や着物を選ぶことで、威厳と品位を表現できます。
  • 機能性と快適さ: 教員は長時間立つことが多いため、機能性と快適さも重要です。動きやすく、着崩れしにくい袴や着物を選ぶことが望ましいです。
  • 伝統の尊重: 教育の場では、伝統の尊重も大切な要素です。伝統的なデザインや色合いを取り入れた和装は、教育者としての責任と尊厳を象徴します。

着物と袴の組み合わせは、日本の伝統美を現代に伝えるだけでなく、着る人の品位やスタイルを表現する手段です。特に教育現場での和装は、格式と伝統を重んじる姿勢を示す重要な要素となっています。次の章では、アクセサリーや小物の選び方について、さらに詳しく掘り下げていきます。

アクセサリーと小物の選び方

和装を完成させる上で、アクセサリーや小物の役割はたいへん大きいです。特に袴スタイルでは、草履やバッグ、帯などの小物が全体の印象を大きく左右します。この章では、和装の小物を上手に選ぶコツとコーディネートのポイントをご紹介します。

草履やバッグで完成させる和装

草履とバッグは、袴スタイルを引き立てる重要なアクセサリーです。以下に、選び方のポイントをいくつかご紹介します。

  • 草履の選び方: 草履は袴や着物の色と調和させることが大切です。シンプルな袴には、少し華やかな草履を合わせるとよいでしょう。また、履き心地も重要なので、長時間歩いても疲れにくいものを選ぶことがポイントです。
  • バッグのコーディネート: バッグは草履とセットで選ぶと、統一感が出てスタイリッシュになります。着物の柄や色を活かすためにも、バッグは控えめなデザインを選ぶのがおすすめです。
  • 草履とバッグの組み合わせ: 草履とバッグを同じ色や素材で揃えることで、洗練された印象を与えます。色合いを揃えることで、全体のバランスが整い、より完成度の高い和装になります。

帯の選び方とコーディネート

袴スタイルにおける帯の役割はとても重要です。袴で使用する「袴下帯」は成人式の振袖で使用するような一般的な帯(幅30cmほど)とは異なり、幅が半分ほどと小さく「半幅帯」とも呼ばれます。袴下帯は着物と袴を結びつけるアイテムであり、スタイルを左右する要素となります。ここでは、袴下帯の選び方とコーディネートのポイントを解説します。

  • 袴下帯の色と柄の選び方: 袴下帯は袴や着物の色と調和させることが重要です。袴がシンプルな場合は、帯で色や柄を取り入れてアクセントをつけるとよいでしょう。逆に、袴や着物が華やかな場合は、帯は控えめなデザインを選ぶのがポイントです。
  • 伊達締めと帯板の活用: 袴下帯を結ぶ前に、伊達締めを巻き、腹部に帯板を当てます。伊達締めと帯板は、着物のシルエットを美しく見せる効果があります。
  • 帯結びの工夫: 帯結びにもさまざまな種類があり、その日の気分やシーンに合わせて変えることで、同じ着物や袴でも異なる印象を与えることができます。帯結びを工夫することで、より個性的な和装スタイルを楽しむことができます。

袴スタイルを引き立てる草履やバッグ、帯の選び方とコーディネートは、和装の完成度を高める上でたいへん重要です。小物選びに少しの工夫を加えるだけで、和装の印象は大きく変わります。

ゆめやのレンタルなら、必要な小物はベテランのゆめやスタッフが全てコーディネートしてお届けいたしますので安心ですよ。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、まずはどうぞご相談ください。

次の章では、シーン別の袴の選び方について、さらに詳しく掘り下げていきます。

シーン別袴の選び方:卒業式から謝恩会まで

袴はさまざまなシーンで活躍する和装ですが、特に卒業式や謝恩会などのフォーマルな場では、その選び方が重要になります。ここでは、卒業式と謝恩会にふさわしい袴スタイルとコーディネートについて詳しくご紹介します。

卒業式にふさわしい袴スタイル

卒業式は、学生生活の節目となる大切な日です。この日に着る袴は、記念に残る特別なものになります。以下に、卒業式にふさわしい袴スタイルのポイントをご紹介します。

  • 格式を重んじたデザイン: 卒業式では、格式を重んじたデザインの袴が適しています。シンプルながらも品のあるデザインを選ぶことで、卒業式の重要な日にふさわしい装いになります。
  • 着物との調和: 着物と袴の組み合わせは、色合いや柄のバランスが重要です。振袖や訪問着など、華やかな着物にはシンプルな袴を合わせることで、全体のバランスを整えます。
  • 小物でアクセント: 草履やバッグ、帯などの小物は、袴スタイルを引き立てる重要な要素です。特に卒業式では、フォーマルな小物を選ぶことで、より一層の華やかさを演出できます。

鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖」と「紺色の無地の袴 (L)」の組み合わせなら、格式高い装いになります。白に赤で鹿の子絞りと板締め絞りがほどこされた上質の正絹地に、花々が手描き・手刺繍で描き出された、品格のある豪華な小振袖と、学生らしい紺色の袴のコーディネートです。

モダンな謝恩会に映える袴コーディネート

謝恩会は、卒業式とは異なる雰囲気の中で楽しむイベントです。ここでは、謝恩会に映えるモダンな袴コーディネートのポイントをご紹介します。

  • カラフルでモダンなデザイン: 謝恩会では、少しカジュアルでモダンなデザインの袴がおすすめです。鮮やかな色合いや現代的な柄の袴を選ぶことで、謝恩会の楽しい雰囲気に合わせることができます。
  • 自分らしさを表現: 謝恩会は自分らしさを表現する絶好の機会です。自分の好きな色やデザインを選ぶことで、個性を際立たせることができます。
  • アクセサリーで差をつける: 謝恩会では、アクセサリーや小物で差をつけることも重要です。ユニークなバッグや帯、オリジナルの髪飾りなどを取り入れることで、他とは違う特別なスタイルを作り出すことができます。

雰囲気を変えたいなら、袴の紐の結び方を式典と謝恩会で結び変えたり、袴だけ着替えたりする方法もありますね。ゆめやの袴もかわいらしいデザインや色のものがございますよ。左「生成り色の無地の袴 (L)」は、紐の結び方で表情が変わります。中央「濃いピンク色にグレーの縦ストライプの袴 (L)」も、紐の結び方で変わりますし、地のストライプが華やかです。右「深紅色に桜の手刺繍の袴 (S)」は、桜の刺繍が品の良い印象です。

卒業式から謝恩会まで、シーンに合わせた袴の選び方とコーディネートは、その日の記憶をより美しく彩ります。各シーンにふさわしい袴スタイルを選び、特別な日をより際立たせましょう。次の章では、この記事のまとめとして、袴を選ぶ際の総合的なアドバイスをお伝えします。

まとめ

シンプルでおしゃれな袴で特別な日を

この記事を通して、袴の魅力とその選び方、さらにはシーン別のコーディネートについてご紹介しました。袴は日本の伝統的な衣装でありながら、現代のファッションとしてもたいへん魅力的です。ここでは、袴を選ぶ際の総合的なアドバイスとして、重要なポイントをまとめてお伝えします。

  • デザインの選択: 袴を選ぶ際は、シンプルで洗練されたデザインを選ぶことが大切です。着物や振袖とのバランスを考え、全体の調和に気を配りましょう。
  • サイズとフィット感: 身長や体型に合ったサイズを選ぶことが、袴の着こなしの基本です。特に、成人式や卒業式などのフォーマルな場では、正しいサイズ選びが重要となります。
  • 小物の選び方: 草履やバッグ、帯などの小物は、袴スタイルをさらに引き立てます。小物選びによって、和装の印象が大きく変わるため、慎重に選ぶことが推奨されます。
  • シーンに合わせたコーディネート: 卒業式や謝恩会など、異なるシーンに合わせた袴のコーディネートが可能です。その日の雰囲気や自分のスタイルに合った袴を選びましょう。
  • 自分らしさを大切に: 袴は自分自身を表現するためのアイテムです。自分の好きな色や柄、デザインを選び、特別な日を自分らしく彩りましょう。

袴を着ることは、日本の文化と伝統を感じることができる素晴らしい経験です。シンプルでおしゃれな袴を選んで、人生の特別な日をより美しく、思い出深いものにしましょう。この記事が、袴選びの参考になれば幸いです。

〈参考記事〉
https://yamanaka-kimono.com/renewal/130326/
https://kimono-haregi.com/hakama-content/obi/
https://blog.kimonomachi.co.jp/life_event/graduation_ceremony/12906/
https://kimono-news.jp/3424/
https://sakuto.jp/kimono-column/hakama-kitsuke-need/#i-8
https://kitsuke-school.jp/basic/922/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

白無垢イメージ

【結婚準備】白無垢の着付けとレンタルの料金相場 | 選び方のコツ

はじめに 結婚式の準備は、多くのカップルにとって一生に一度の大切なステップです。中でも、花嫁の装いは特別な意味を持ちます。日本の伝統的な結婚式において、白無垢は花嫁の純潔と美を象徴する衣装として特に重要な役割を果たす存在 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!