着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

卒業式イメージ

【プロ監修】成人式に!振袖と小物のレンタルガイド | 流れと魅力

はじめに

日本の伝統的な装いとして「振袖」があります。特に成人式や結婚式などの晴れの日には、多くの女性が振袖を着て特別な一日を満喫します。この記事では、振袖やそれに付随する小物の基本知識や、レンタルのメリットについて詳しくお伝えします。

振袖とその小物についての基本知識

振袖は、袖を長く仕立てた着物を指します。主に成人式で着用されることが多いですが、結婚式やお茶会など、他のフォーマルな場でもよく見かけます。振袖一つでも美しさは際立ちますが、それを一層引き立てるのが次のような「和装小物」です。

  • :振袖に合わせて選ぶもので、その色や柄で全体のコーディネートが変わります。
  • 帯締めと帯揚げ:帯を固定するほか、コーディネートのアクセントの役目があります。。
  • 草履と足袋:洋装の靴と靴下にあたります。色や柄で足元の印象が変わります。
  • ショールや羽織:季節や場の雰囲気に応じて選びます。
  • 髪飾り:ヘアスタイルに合わせて選び、振袖の印象を一層華やかにします。

これらの小物を選ぶ際には、振袖の色や柄、自身の好みやイメージ、場の雰囲気などを考慮し、最も似合うものを選びましょう。また、和装小物の中には着用する順番や方法が決まっているものもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

レンタルのメリットとは

振袖や和装小物は高価であることが多く、着る機会が少ないため、購入するのは少しちゅうちょなさるかもしれません。そこでおすすめなのが「レンタル」です。レンタルにはたくさんのメリットがあります。

  • 経済的:購入するよりも料金が抑えられるため、予算内で豪華な振袖や小物を楽しむことができます。
  • 豊富な選択肢:レンタルショップには多くの種類の振袖や小物が揃っており、自分の好みやイメージに合ったものを選べます。
  • 手間が省ける:クリーニングや保管の手間が省けるため、安心して使用することができます。
  • 最新の流行を取り入れやすい:毎年の新作や流行のデザインをレンタルすることができるため、時代遅れになりません。

以上のように、振袖や小物のレンタルは、多くのメリットがあります。特に成人式や結婚式など、人生の大切な節目の日には、自分を最も美しく見せる振袖を選び、一生の思い出をしっかりと残していきましょう。

ゆめやでは、100年以上の歴史があるアンティーク振袖をレンタルでご提供しています。着物文化がもっとも輝いた大正から昭和にかけて作られた振袖は、すべて希少な一点ものです。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、ご希望に合わせて熟練のスタッフがコーディネートいたします。

振袖レンタルの流れと注意点

振袖を身にまとう際には、さまざまな小物や配慮が必要です。特に、初めての方や着物の知識が浅い方は、どのような準備や手順を踏めば良いのか、迷われることもあるでしょう。ここでは、振袖レンタルの流れや注意点を詳しく解説していきます。

レンタルを決める前の下調べ

振袖のレンタルを検討する際、まずはしっかりと下調べを行うことが大切です。下調べのポイントを挙げてみました。

  • 目的の確認:レンタルの目的を明確にします。成人式や結婚式、その他のフォーマルな場など、用途に応じて選ぶ振袖や小物も変わってきます。
  • 予算の設定:レンタル料金は店舗や振袖の種類によって異なります。事前に予算を設定し、それに合わせて店舗を選ぶことがおすすめです。
  • 店舗の選び方:予約の方法やレンタル料金、取り扱っている振袖の種類などを確認し、自分のニーズに合った店舗を選ぶことが重要です。

成人式や結婚式などの用途に合わせた選び方

振袖の選び方は、その用途やシチュエーションによって異なります。

  • 成人式:華やかな柄や色が特徴的な振袖を選ぶことが一般的です。また、自分の好みや身長、体型に合わせてサイズやデザインを選ぶことが大切です。
  • 結婚式:白や黒の振袖は、花嫁や親族の着物と色が被ってしまうため避けましょう。少し控えめな柄や色の振袖を選ぶことがおすすめです。結婚式では、新婦や主役を引き立てることが重要となりますので、その点も考慮しながら選びましょう。
  • その他のフォーマルな場:シンプルなデザインや色の振袖を選ぶと、どんな場面でもしっかりとマッチします。

ゆめやのアンティーク振袖を着用シーン別にご紹介します。左端・成人式にふさわしい華やかな装いです。「荒波に船出する乙女心が描かれた五つ紋付色振袖」鮮やかな緋色の地に、荒波に漕ぎ出す帆船を描いた振袖。金駒刺繍や銀泥で豪華に彩り、人生の門出を祝福します。金糸で鶴を織り出した帯や赤紫の帯揚げを合わせ、さらに異国の帆船を帯留めに配してワンランク上の着姿に。

中央・結婚式を祝福するコーディネートです。「明るい水色に花丸紋様の振袖」光に合わせて紗綾型の地紋が浮かぶ、すがすがしいコバルトブルーの小振袖。御簾を背景に梅や椿、牡丹や菊、橘を花薬玉のように描き、随所に手刺繍を施して豪華に仕上げました。コントラストがきいたピンク色の帯を合わせて、アンティークらしい配色にこだわっています。

右端・フォーマルなシーンにふさわしい格調高い装いです。「グリーンの色無地に手刺繍の三つ紋の色振袖」深い緑に葉や実の地紋が浮かぶ、三つ紋入りの振袖。華やかな色糸で手刺繍した紋が、洗練された振袖のワンポイントです。帯は白地に花を織り出した丸帯を合わせて、華やかさを加えました。帯や小物によって、カジュアルからドレスアップまで多彩な装いをお楽しみいただけます。

レンタル契約時の注意点

振袖をレンタルする際には、いくつかの注意点があります。

  • 契約内容の確認:レンタル期間や料金、返却方法など、契約内容をしっかりと確認しましょう。
  • 汚れやダメージの確認:レンタルする振袖や小物に汚れやダメージがないかどうか、事前に確認しておくことが大切です。
  • キャンセルポリシーの確認:急な予定変更やキャンセルが生じた際のポリシーや料金を確認しておきましょう。
  • 返却日の確認:返却日を過ぎると、追加料金が発生することがあるため、返却日をしっかりと確認しておくことが重要です。

ここまで、振袖レンタルの流れや注意点について詳しく解説しました。ポイントをしっかり押さえて、お気に召す振袖を選んでみてくださいね。

振袖の基本的な小物とその役割

振袖を着る際には、さまざまな小物が必要です。これらの小物は、振袖をより美しく見せるだけでなく、しっかりと着付けるためにも重要。ここでは、振袖に関連する基本的な小物とその役割について詳しく解説していきます。

和装小物の一覧とその役割

振袖を美しく着こなすための和装小物はたくさんあります。まずは、主要な和装小物の一覧と、それぞれの役割をご紹介いたします。

  • :振袖の腰部分を固定し、シルエットを美しく見せるためのアイテムです。
  • 帯締め:帯を固定するほか、装飾的な役割もある紐です。
  • 帯揚げ:帯の上部分を固定し、帯の色や柄を引き立てる役割があります。
  • 伊達衿:振袖の衿に重ねるようにして使います。顔周りに差し色を加える効果があります。
  • 半衿:長襦袢の衿の部分に付けて衿元の汚れを防ぐために用います。清潔感を出す役割もあります。
  • 草履:和装の際に履くサンダルのような靴です。
  • 足袋:和装の際に履く、指が二本に分かれた靴下です。
  • バッグ:和装に合う手提げのバッグです。

これらの小物は、振袖を着る際には欠かせないものです。選び方や使い方によって、印象が大きく変わりますので、しっかりと選びましょう。

帯締め、帯揚げ、伊達衿などの基本的な小物の選び方

振袖を選ぶ際には、それに合わせて小物も選ぶ必要があります。特に、帯締め帯揚げ伊達衿などの基本的な小物の選び方は、初めての方には難しく感じるかもしれません。ですが、ポイントを押さえれば、簡単に選ぶことができます。

  • 帯締め:振袖の色や柄に合わせて、コーディネートを考えます。シンプルな振袖には、華やかな帯締めを選ぶと、アクセントになります。
  • 帯揚げ:帯の色やデザインに合わせて選びます。帯揚げは、帯の上に巻くため、帯との相性が大切です。
  • 伊達衿:振袖の首元に合わせて、色や柄を選びます。

和装小物のサイズや色の選び方

和装小物を選ぶ際のサイズや色の選び方のポイントをまとめてみました。

  • サイズ:和装小物のサイズは、自分の体型や好みに合わせて選びます。特に、草履や足袋のサイズは、しっかりと合わせることが重要です。
  • :和装小物の色は、振袖の色や、全体のバランスを考えて選びましょう。和装小物は振袖に比べると目立たないものの、全体の印象を決めるとても大切なものです。ポイントを押さえて、振袖を引き立てることができるような和装小物を選びましょう。

成人式や結婚式での振袖小物のコーディネート術

特別な日のための振袖。その美しさをより引き立てるためには、小物のコーディネートも欠かせません。ここからは、成人式や結婚式などの大切な日に振袖を着る際の小物のコーディネートのコツを紹介いたします。

お呼ばれや結婚式での振袖の小物の合わせ方

結婚式や成人式など、お呼ばれの場面で振袖を着る際は、その場の雰囲気や自分のスタイルに合わせた小物を選ぶことが大切です。以下に、主な場面ごとの小物の合わせ方のポイントを挙げてみます。

  • 結婚式:華やかな雰囲気に合わせて、金や銀の帯締めや輝くアクセサリーを選ぶと良いでしょう。また、帯やバッグも色鮮やかなものを選ぶと、全体の印象が華やかになります。
  • 成人式:伝統的な雰囲気を重視し、落ち着いた色の帯や小物を選ぶことで、格式を保つことができます。

ゆめやの振袖から、結婚式におすすめのコーディネートをご紹介します。「大きな熨斗目に吉祥柄の総絞りの色振袖」黒の総絞り熨斗目や御所車、梅や菊を表現した振袖です。絵柄に色鮮やかなラメ糸で手刺繍を施し、豪華なアクセントとしました。金地の帯と、つまみ細工で彩った帯締めを合わせて華やかな装いに。

こちらは成人式におすすめのコーディネートです。「桃花色に花車の振袖」桃花色の地に牡丹や鉄仙、菊や橘が咲き誇る花車を描いた五つ紋付きの振袖。金彩や金糸で絵柄を加飾して、立体感を演出しています。帯は赤地に梅や菊、紅葉を織り出した袋帯を合わせて艶やかに。桃色と赤色でまとめた、若々しさを引き立てる装いです。

どちらの場面でも、小物の色やデザインを振袖と合わせることで、統一感を出し、全体のバランスを取ることがポイントです。

色や柄の組み合わせのポイント

振袖のコーディネートでは、色や柄の組み合わせがたいへん重要です。以下に、色や柄の組み合わせの基本的なポイントを挙げます。

  • ベースの色:振袖の主色に合わせて、小物の色を選ぶことで、全体のバランスが取れます。
  • アクセントの色:振袖の柄やデザインに合わせて、小物の色をアクセントとして取り入れることで、華やかさをプラスすることができます。
  • 柄の組み合わせ:振袖の柄と小物の柄を合わせる際は、大柄と小柄、または柄と無地の組み合わせがおすすめです。

以上のポイントを参考にしながら、自分の好みや振袖のデザインに合わせて、小物の色や柄を選ぶことが大切です。

ゆめやではお客様のお好みや仕上がりのイメージを丁寧にヒアリングして、理想の振袖スタイルをご提案いたします。「着物一枚に帯三本」といわれるほど、合わせる帯や小物によって振袖の印象は大きく変わります。着物に精通したスタッフが振袖に合わせて小物の色柄をお見立てし、自分だけの振袖コーディネートをお楽しみいただけるようサポートいたします。

現代風とレトロ風のコーディネート例

最近は、伝統的なスタイルだけでなく、現代風レトロ風のコーディネートも人気です。以下に、それぞれのスタイルのコーディネート例を挙げてみます。

  • 現代風:明るくて派手な色の振袖に、シンプルな小物を合わせることで、モダンな雰囲気を出すことができます。鮮やかな色の帯や帯締めを選ぶことで、現代的な印象を強調することができます。
  • レトロ風:古典的な色や柄の振袖に、アンティーク調の小物を合わせることで、レトロな雰囲気を楽しむことができます。落ち着いた色の帯や小物を選ぶことで、時代を感じるコーディネートとなります。

ゆめやの振袖から現代風とレトロ風、それぞれのコーディネートをご紹介します。左は現代を意識したコーディネートです。「緋色に菊の花薫る振袖」大正時代に考案されたデザインですが、現代にも通じる新しさがあります。すっきりとした緋色の地に、さまざまな菊を縦ラインにあしらいました。菊の着物に合わせて帯も菊模様、帯留めにも菊を選んだ、まさに菊づくしの洗練されたコーディネートです。

右はレトロ感を活かしたコーディネートです。「ブルーやマゼンダの染め分けの本紋地に、手描き・手刺繍で花車の色振袖」大きく本紋を織り出した地に、色とりどりの花が咲き乱れる花車を描いたアンティーク振袖です。はっきりとした色柄の随所に刺繍をあしらい、遠目にも着映えします。黒と銀の市松紋様の帯で全体を引き締め、帯揚げ・帯締め・重ね衿は振袖に合わせて華やかな色でまとめました。その時代ならではの美を活かした装いです。

どちらのスタイルも、自分の好みや振袖のデザインに合わせて、小物を選ぶことがポイントです。振袖のコーディネートを楽しみながら、特別な日を迎えてください。

小物のレンタルの際のポイント

振袖を着る際、小物もその美しさを引き立てる大切な要素の一つです。特に、成人式や結婚式などの特別な日には、小物の選び方やコーディネートが重要となります。ですが、使う機会が少ない小物を全て揃えるのは大変ですよね。そこで、小物のレンタルがおすすめです。小物のレンタルの際のポイントについて詳しくお伝えしましょう。

小物一式をレンタルする際のメリット

振袖や着物の小物を一式レンタルすることには、以下のようなメリットがあります。

  • コスト削減:小物一式を購入すると、かなりの費用がかかります。レンタルなら、高い小物も手頃な価格で利用することができます。
  • コーディネートの一貫性:小物一式をレンタルする場合は、全体のコーディネートが統一されているため、バランスの良いスタイルを楽しむことができます。
  • 持ち運びの手間減少:成人式や結婚式の当日は、多くの荷物を持って移動することが多いです。レンタルの場合は、小物も含めて一括で受け取り・返却ができるため、持ち運びの手間が減少します。

以上のメリットを考えると、特別な日のための小物は、レンタルすることをおすすめします。

ゆめやではバッグや草履、ショールや髪飾りなどの小物類も、こだわり抜いた逸品をご用意しています。ご試着時にはたくさんの小物から、振袖姿をより一層輝かせるものを組み合わせていただけます。着物のプロの視点で万全のフォローをいたしますので、振袖・帯と合わせて小物のコーディネートもお楽しみください。

単品でのレンタルの際の注意点

一方、特定の小物だけをレンタルする際には、以下のような注意点があります。

  • 予約の重要性:人気のある小物や特定の色、デザインのものは、早めに予約しておくことが大切です。成人式のシーズンなど、需要が高まる時期の予約を考える場合は、早めの対応が必要です。
  • サイズ確認:足袋や草履など、サイズが必要な小物は、事前にサイズを確認しておくことが大切です。また、レンタル前に試着することで、サイズ感やフィット感を確かめることができます。
  • 返却期限の確認:レンタルした小物は、返却期限を守って返すことが必要です。遅れると追加料金が発生することもあるため、注意しましょう。

小物のレンタルを検討する際には、上記のポイントを参考にして、最適な選択をしてください。振袖をより美しく着こなすための小物選びを、楽しんでくださいね。

振袖小物の保存方法とお手入れ

振袖を美しく保つためにはお手入れが必要ですが、小物も適切な保存とお手入れが必要です。特にレンタルの場合は、返却時に汚れやダメージがあると、追加料金がかかることも。そこで、小物の適切な保管方法やお手入れのポイントについてお伝えします。

レンタル後の返却前の保管方法

レンタルした振袖の小物を返却する前の保管には、以下のポイントを心がけてください。

  • 通気性を保つ:小物を保管する際は、湿気を避けるために通気性の良い場所を選びましょう。特に、草履やバッグなどは湿気に弱いため注意が必要です。
  • 直射日光を避ける:色あせを防ぐため、直射日光の当たらない場所での保管をおすすめします。
  • 平らに保管:帯やショールなど、折れやシワになりやすい小物は、平らに保管することで形を整えておくことが大切です。
  • 重ねない:小物同士を重ねて保管すると、色移りや型崩れの原因となることがあります。小物は個別に保管しましょう。

これらのポイントを守ることで、レンタルした小物を美しい状態で返却することができます。

汚れやシワを防ぐためのポイント

ご自分の小物を美しく保つためには、日常のお手入れも欠かせません。以下、汚れやシワを防ぐためのポイントをご紹介します。

  • 汚れをすぐに落とす:飾りや帯締めなどの小物に汚れが付着した場合は、すぐに柔らかい布で優しく拭き取りましょう。
  • 湿気を取る:雨や湿度の高い日には、小物を使用した後によく乾かしてから保管してください。湿気取りシートを利用するのもおすすめです。
  • 帯のシワ伸ばし:帯がシワになった場合は、柔らかい布などを広げ、帯の裏側に当てて、その上から手で優しくシワを伸ばしてください。当て布をした上で帯地の裏からアイロンをかけることもできます。ただし、金糸などを使った帯にはアイロンをかけてはいけません。
  • 定期的な点検:小物の状態を定期的に点検し、必要に応じてクリーニングや修理を行いましょう。

これらのお手入れのポイントを心がけることで、小物を長く美しく保つことができます。特に、レンタルの小物は次に利用する方にも美しい状態で届けるため、お手入れの際は十分な注意を払ってくださいね。

ゆめやのレンタルなら、お手入れや保管の心配なく着物をお楽しみいただけます。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。着物のメンテナンスは、全てゆめやにお任せください。着用機会ごとに異なる着物に挑戦したり、合わせる帯や小物を変えてコーディネートの幅を広げたり、レンタルならではの手軽さで着物の魅力を追求していただけます。

まとめ

多くの方が成人式や結婚式などの特別な日に振袖を着ることを楽しみにしています。また、振袖だけでなく、小物も欠かせません。今回の記事を通して、振袖や小物のレンタルの魅力や注意点、保管方法とお手入れについて詳しくご紹介しました。

振袖と小物をレンタルすることの魅力

振袖と小物のレンタルには多くのメリットがあります。

  • コーディネートの自由度:振袖とともに、合わせる小物も自由に選ぶことができ、自分の好みやイメージに合わせたコーディネートを楽しむことができます。
  • 豊富な選択肢:レンタル店には多種多様な振袖と小物が取り揃えられており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。
  • 経済的:着る機会の少ない振袖や小物を購入するよりも、レンタルの方が経済的です。

これらのメリットを考えると、特別な日のために振袖や小物をレンタルすることは、たいへん魅力的な選択です。

次に着用する時のためのポイント

次回振袖を着る際には、以下のポイントを心がけてみてください。

  • 事前の予約:人気の振袖や小物は早めに予約が埋まってしまうことがあります。事前に確認と予約をしておくことをおすすめします。
  • サイズや色の確認:小物のみレンタルする場合は、サイズや色を事前に確認して、自分の振袖との相性を確かめておきましょう。
  • お手入れの方法:レンタルした振袖や小物のお手入れ方法を店舗のスタッフに詳しく聞いて、適切なケアを心がけてください。

以上、振袖と小物のレンタルに関する情報をまとめました。特別な日をより華やかに、そして心地よく過ごすために、今回の記事で学んだ知識を活かしていただければ幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

〈参考記事〉
https://kashikimono.com/content/hurisodetoha
https://kimono-rentalier.jp/column/furisode/wedding-oyobare-kimono-furisode/
https://komamonoya-yui.com/blog/useful-information/5445/
https://ichiru.net/column/if-wrinkle-is-possible-to-obi-what-should-i-do/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

太鼓帯イメージ

入学式、40代の母親はどの着物を着たらいい?服装マナーとコーデ術

はじめに – 40代母親にふさわしい入学式のための着物選び 入学式は、お子さまの大切な門出を祝う特別な日です。特に母親として、この日にふさわしい着物を選ぶことは、大切な役割の一つ。しかし、何を着ればいいのか、どんな小物を […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!